2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【飯田橋】東京観光専門学校 11学科目【市ヶ谷】

1 :名無し専門学校:2006/10/07(土) 23:27:33
次スレです!

2 :名無し専門学校:2006/10/07(土) 23:28:48
2ゲット!

3 :名無し専門学校:2006/10/07(土) 23:30:16
前スレ
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/senmon/1154192767/

関連スレ
・学スタ
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/senmon/1146142880/
・雑談
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/senmon/1155965214/

4 :名無し専門学校:2006/10/07(土) 23:30:20
早いね

5 :名無し専門学校:2006/10/07(土) 23:31:14
書き込むときのお約束【決まり】
・書き込むときはもう一度、内容を見直すこと
・生徒は2chでは私人扱いになります。誹謗中傷を書き込むのは(・A ・) イクナイ!
・先生は2chでは公人扱いになります。先生については伏せ字で、ただし誹謗中傷は(・A ・) イクナイ!

・誹謗中傷を書いている人がいても反応しないで下さい
反応したあなたも荒らしです

決まりを守らない香具師は本気で通報されちゃいます。
誰が見ているかわからないからne
ご利用は自己責任でお願いします。


6 :綾波レイ ◆UmfzPDX9ts :2006/10/07(土) 23:32:30
>>1
お疲れさま…

7 :名無し専門学校:2006/10/07(土) 23:35:33
まぁ誰がみててもいいんじゃない?

8 :名無し専門学校:2006/10/07(土) 23:39:45
/   /  .:::i :      \       :::::..\
    /,〃/ /::..::/::/i: ::.   :..   `;:.. ` 、....    :::;:::::ヽ、
   ゛ //::/ /:::::/:/ !:|';::.   ::::....  ';::, . `、::::::..   `、 `
    ゛'!/|:/::::/∠、__|!: ;:::::...  ::::::::..  ';::';::... ;:::::::::... :::':,
        |!|i,リ |!'7タヽ、':;:::::::::... ::::;::::.  ';::';::::::.;:::::::::::::::::::',
    、- ‐ '"   l ''゛ ‐''゛ ;::i:;::::::::::i:::;:::::.  ;::'::::::::::::::::::::::::::::',
    ヽ`         . ,!::::':;::::::i::::l:;:::: ;:::::::::::::::::::::::::::::::i::'、
     '、..,_      . : : :l:;/<';::::i::;'::::';::. ;:::::::::::::::::::::::::::i;:::lヽヽ
      i   ``'   . : : : : ゛(ソ_;';l'ノ::::::::'l::;l::::::::::::::::::::::;::::lヽ! ``
        l     . : : : : /`'゛ : :!::::::::::::::::`:::::::::::::::::::;'、:::l `
      !   . : ;、 '": : : : : : : /::::::::::::::::::::::::::::::::::::;' ';::l 
      !、. : : : : : : : : : : : : : /:/!::::i::::::::::::::::;ヘ::::ノ
        ̄`` ''ヽ、: : : : :  /': : l::|!:l;:::::::/|::/ |:;'
             '; : :   : : : : |! ! l::::/ !l  !
               ヽ  . : : : : : : : :';/_ `         さぁ、はじめようか
              ヽ _; : -‐ '" ̄``'' ""`゛!
          _,、 :-‐ '" . : : : : : : : : : : : : : : :|


9 :名無し専門学校:2006/10/07(土) 23:41:31
           l   l    |   |  |  0   |
            |   l   | ー-  |  l⌒) - l
             |  -‐|    |    |   | 丿   |    /⌒ヽ
           |   |    |    |  |ノ     l   |    ヽ
             l    _!   |    !__,! ‐  一 |   l     ヽ、
         /⌒ヽ l ‐ \  |, ノ⌒) ()    l    〉-‐  l
         l〉   )ヽ、   ヽノ (ノO (ノ  (つ ヽ、 | ノ)  |
        /  人 ヽ、        (⌒)     ヽノ (ノ  |
          l     ヽ、\,        )丿 / ノ/ o     l
        ヽ  ノ \,/     /  (ノ       () ヽ  l
         \    /        /     (⌒ヽ    |
          ヽ、       /  /  l      しノ      |
           ヽ、  /   /    |           l
            ヽ、          l          /
             ヽ、           |          /
              ヽ         l        /

         「最低だ…………  オレって………………」

10 :名無し専門学校:2006/10/07(土) 23:46:40
   /:{´/7 イ                ヘ::. \ヽ `ヽ :::l::::::',
  //l/ //      / /         ヽ:::::..ヽ\ }:.  :l::::::',
  l´/l /l      / /           ヽ、ノ:〉 l::::.. :l::::::',
   / l.V :/l  .:/ .::/ /   /    / l:..l::....l::...\:::ノ:::::::::..:l::::::l
  .l |/l :l :/:/:{ / l  .::::l  / .::∧:l::::ヽ::::::ヽ:::::ヽ::::::::::::::l:::::l
  { l /l l l /|:/| .::l  .:::/l ./:l .:/_'lヽ、::ヽ:::::ヽ、::ヽi:::::::::l::::l
   ', V::/l::l :/―-ト、∧:::/ ',::| Vこ ̄,, ̄ヽ|〉::::::::\:::l::::::::::l::l
   ', V ::l:| ハ z'''心  V  `| r'てバ`=  /:::\::::::::::::l:::::::::::リ
    ',  l: il:::ヘ` 、い'       .Uiリ ノ /:::::::::l::::::::::::l:::::::l/
    ', l:ヽ:ト:::ハ //z i     /Z ̄  ノ /:::::l:::::::::::::l::::/ あたしにんにくラーメンチャーシュー抜き
     ヽl l |ヽ:::ヽ、  ノ          イ ::::イ::::::::::/:l::/  
      ',::::l  l:::\  ヽ ___    // :://::/:::/:/l/
       ', :l', l:::::::`ヽ、       ..:::::/ //:://l/
        N ヽ l:::::iヘV:へ、    _.::イ/ /イイヘ
          \::|    `(ーこ_:::::://彡イ:::::',
           \     〕::::l::::::::/:::::::::',:::::::::::l,
             _.--'7/ ノヽ:L:::/:::::::::::::}:::::::::::::\
       __.......-=7::::::::// /ヽ/ :::::::::::::l彳',:::::::::::/:::ヽ、
   r''"´ ̄   //:::::::::/ く    ::::::::::::::::::〉:::::::ヽヽ:::::::::ヽ、
  /     /:::::::::/   ヽ    :::::::::::<::::::::::::::\::::::::::::>.、

11 :名無し専門学校:2006/10/07(土) 23:49:10
            rー-y、,__
            | / /"::::::::::::::::::`'--''ー''"::-、_
        ー-=リ|_ry':::::::::::::::;::r::'"⌒`ー-:::'^ヽ\ `j
       、r'7:::::::T|l:;:::/'" ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\;::ヽ,
       /ノ::::l::::/-'ソ:::::::::::::::::::::::;::::::::::::::::::::::::::::::::ヽリ,
      /ハ/:::/::リ'"7'":::::::::/::::/::::ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ,
       /:::/::::ハ/:::::/:::/:::/// |::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::L,
       /:::/:::::::/:::::/ハ/:/-/ー-、,|::l::::;:::::::リ,ハ:l:::::::::::::::::::ヽ,_
      l:::/::::/ハr'⌒リ|'  、_,、r-、 lハ:::リ::::l'|__ト_|::::::::::::::r,ヽ, ̄
      l/:::::::/:::::'i(' j l   ‘ ヒ,'ツ '!  |ハ/ ' T l;:::::|:::|:::ハ:| `
      ノ:::::::/::::::::::\_,;   `”'    ' '-=ー,y 〉::l::ハ:l '
     /:::::::/:::::::::::/::::iハ,__         ,j   `/ハ/ ,リ
    /:::::::::/::::::__;:ノ:::::::リ|_j'|   |`  ,、,'"   /リ::::l::|,
   /::::::::::::ノ::::::|ー|:::::::::;;;;| |ヽ,  ヽ,_/   / ー-'<⌒`'ー-
  //:::::::::::;;i::::::::i |:::r-yri j_, \  _,、,rイ`- 、,   |
 ノ/::::::::::::;::::::___:r ,レ' ,/ ,! | '`ヽ, `'"|  `ヽ   ヽ  |
 lハ::::::::::::i:::::::!、)`i  '    |    \ / ̄.|    ,〉 |
  {:::::::::::::i::::::::;/`'ヽ     ヽ,ー-,_  \   l   /  l
,ノ:::::::::::::i::::::::/____\     `i `'=rー-y'ー'r<,___ \
/ハ:::::::::::i::::/~/    ̄'\     |  ヾ` ̄'ーラ`yー''"  ヽ

12 :名無し専門学校:2006/10/07(土) 23:51:08
またいつもの展開に…

13 :名無し専門学校:2006/10/07(土) 23:52:00
進歩のねぇスレだな

14 :名無し専門学校:2006/10/07(土) 23:58:53
アニオタ入ってくるな! 失せろ!

15 :名無し専門学校:2006/10/08(日) 00:19:12
こんなのアニメに入るわけが無いだろがぁ
絵も字ヲタ消えろ

16 :名無し専門学校:2006/10/08(日) 00:52:02
今年は国内管理者何人ぐらい受かるんだろう??
20人くらい受かればいいほう??

17 :名無し専門学校:2006/10/08(日) 09:10:37
白い蝶がひらりと舞う。
薄闇の中、目前に広がるのは無限とも思える地下空洞だ。闇は緊張にこわばった思考や恐怖とでもいうべき息苦しい感情を呑み込むかのように奥へ奥へと続く。
地下空洞はいくつもの枝道に分岐し、立ち入る者を迷宮(ラビリンス)へといざなう。不規則に設置された照明がぼんやりと進むべき道を照らす。
モビルスーツがひとつ、その空洞を歩行速度で進んでいた。人の形をしているが全長は人間の十倍もある、その巨大な鉄の機械は暗闇をものともせずに進み続ける。
全身が真新しい白の塗装が施されたモビルスーツは、型式番号RX‐78ガンダムと呼ばれるものだ。
ガンダムの腹の中、画期的な操縦系コア・ブロック・システムのコクピットの中ではひとりの男がシートに座し、二本のコントロール・レバーを握りしめている。
二五歳のわりには幼さの残る顔だが、瑠璃色に輝く瞳には老練の落ち着きを宿している。短く刈られた黒い髪と、鍛えた末の引き締まった顎の線は兵士という言葉を匂わす。
(スズ少尉。目標が潜んだと予測されるエリアに到達します。ご武運を)




18 :名無し専門学校:2006/10/08(日) 09:11:15
正面メイン・スクリーンの上に設置されたサブ・モニターに映る若い女性オペレーターに頷いて返すと、白いガンダムのパイロット、スズはごくりと生唾を呑み込んで周囲に目を走らせる。
コクピットの内壁、コア・ブロック・システムの構造物、ガンダムの外装といったあらゆるものを突き抜けて、視線は外界へ達せられるように思える。今、スズの視界はガンダムのものと同じだと言えた。
 岩肌が露出している地下空洞は鍾乳石のようなものが無数と言えるほど垂れ下がり、中には地面から屹立するものもある。敵モビルスーツが潜むにはうってつけの場所だ。
 突然、ガンダムのすぐ横の石柱が爆破でもされたように崩れる。次いでガンダムが立つ地面の周囲が爆ぜる。金属と鉱物が激突し、雷鳴に近い音をさせる。
 スズは反射的にフットペダルを踏み込むとガンダムをその場から離れさせた。直後にそれまでいた場所に銃弾が殺到する。破壊のエネルギーに満ちたそれらは石柱や地面を徹底的にたたき壊す。


19 :名無し専門学校:2006/10/08(日) 09:12:31
スズはメイン・スクリーンの端に出力された情報を読みとる。コンピューターは今の攻撃から敵の選択火器、機種、射撃点を割り出している。
コンピューター・グラフィックに変換されてメイン・カメラの視界が映るスクリーンには敵機の潜む位置が明滅する矢印で示されている。
スズは反撃に転じるために右手のコントロール・レバーのトリガーに指をかける。それを絞り込むだけで火器管制装置(FCS)に連動したガンダムの持つマシンガンが反撃の咆哮をあげるはずだ。
が、トリガーを押し込むことはできなかった。
左側面モニターに何かがきらめいたのを感じたスズはガンダムの方向を変える。左腕に持たせてあるシールドで胴体全部を覆うようにした直後、
驚異的な振動がコクピットを襲い、スズはシートベルトが身体に食い込んでくる痛みに耐えなければならなかった。
スズはその間にも周囲に気配を走らせる。今のは小型ミサイルかロケット弾の類だ。直撃させてしまったものの、シールドとガンダムの装甲はそれに耐えきる強度を見せた。
だがそれで安心できるものではない。ルナ・チタニウムの装甲材がいかに優秀であろうが今のような破壊力のあるものをそう何度も防ぎきる保証はどこにもない。


20 :I'm In Love Again:2006/10/08(日) 09:19:09
On my life,just someone just like you One who let me do
Come into my world and change my fantasy,yeah

Came along on my same day single eyes Brighten now my life
Baby,listen to love again

I'm walking your happy day is a everywhere in the love
Can't this way,what a through this way But now I know,wow!

I'm telling everyone my now! Then I will give you all my roads
Say love again stopping Love again never bring it down

I'm telling everyone my now! Then I love you for last my life
Nothing can be stopping cold I believe on the love again...


21 :I'm In Love Again:2006/10/08(日) 09:20:41
*Who said that you should walk out?
Who said that love was over?
Who said that you should walk out?
Who said that love was gone?

Hold on,wait one minute Think you need remind me
I was the one Never let you be without on need it

Another think About what you be missing you know,you should think
I could be together wicked expect it Whatever long love you was saving

I was the one hail to jump up your place time(I was the one!)
I'm when the burning love to so much new
I was the that over he stay and never mind(I was the one!)
I'm when you need it so boy I could come in mind

22 :CANT' STOP FALLIN' IN LOVE:2006/10/08(日) 09:22:02
My life meant nothing to me Then a guy like you came along
Everything is moving so fast I gotta get my feet on the ground,wow

Unhappy days are over 'Cause I can always be with you
Lying in your arms day by day Makes me feel oh so brand new

Can't stop fallin' in love Tell me you will be true forever baby
I just can't stop dreaming of you everyday (Everywhere)

Say you love me baby Say you will always be mine
You'll never break my heart

I just can't stop fallin' in love (Can't stop fallin' in love)
Baby you became (Baby you became)
Makin' love with you is all I wanna do(wanna do)

Can't stop fallin' in love (Can' stop fallin' in love)
Give your heart and soul (Give your heart and soul)
Stay with me this time
And we'll make history,you and me

23 :END OF THE CENTURY:2006/10/08(日) 09:23:59
End of the century Misery, can it be chaos who's the boss Suffer a great loss
Man woman child No longer exist Only the good ones will be missed
Life love cherish it all Who will be left to conquer
The end is coming Don't start running There's nowhere to run Don't grab a gun
All over the land here this roar No one knows what's in store
Look for the star, he's on his way No one knows what's in store
Love your self and all around In a brink of an eyes
You won't hear a sound Your heart is pounding at raided speed
Man will always feel the need for greed

Let's go for it
Now you can't miss
Al-Though-This-Was-The-Be-Gining
Beware because the end is here

24 :END OF THE CENTURY:2006/10/08(日) 09:25:23
The sky is falling Eyes are balling
You had your chance To make your stance
Love is a must life don't lust No time to fuss People start to cuss
cry out who's going to care Have no doubt have no fear
Believe in me I'll show you the way Some people think the year 2G
is so scaring, lets wait and see The world will shot down
most won't admit People go crazy people catch fits
Fire breaks out One way to stop Play hiphop non stop stop
Remembe these words And what I said You jusy might wake up brain dead

The feeling is Amazing(Ohh boy!)
I want you(Come on and Get me!)

Some just say the world changing Many people will agree
Many changes we are seeing I just say...
It's the end...It's the end
It's the end of the century


25 :Colors:2006/10/08(日) 09:29:53
Feeling blue
I'm thinking of you
Oh,I was a fool to let you walk away
Tears in my eyes today make my world
The color of blue

Red with a twist
Orange of the fire,yeah
Green of tourmaline
Yellow mellow hello,hello
Paint me a smile
I am covered and colored with one,only one

'Cause baby I'm alone,alone without you
What am I supposed to do?
I'm alone,alone without you
I'm the color of blue

26 :名無し専門学校:2006/10/08(日) 10:39:01
ここにもヲタはやっぱりいるもんだねぇ

27 :名無し専門学校:2006/10/08(日) 18:40:23
このスレはアニメ専用にいっなったんだよ?


28 :名無し専門学校:2006/10/08(日) 19:00:40
>>27
実際アニヲタ多いけどなw

29 :名無し専門学校:2006/10/08(日) 19:45:08
>>27
おまいの日本語の不自然さの方が問題だろう。

30 :名無し専門学校:2006/10/08(日) 22:14:53
変なスレ

31 :名無し専門学校:2006/10/08(日) 23:15:16
            ,、‐ ''"  ̄ ``'' ‐- 、
        /イハ/レ:::/V\∧ド\
       /::^'´::::::::::::i、::::::::::::::::::::::::::::\
     ‐'7::::::::::::::::::::::::ハ:ハ::|ヽ:::;、::::::::::::丶
     /::::::::::::::/!i::/|/  ! ヾ リハ:|;!、:::::::l
    /´7::::::::::〃|!/_,,、   ''"゛_^`''`‐ly:::ト
      /|;ィ:::::N,、‐'゛_,,.\   ´''""'ヽ  !;K
        ! |ハト〈  ,r''"゛  ,       リイ)|
          `y't     ヽ'        //
         ! ぃ、     、;:==ヲ  〃 >>6
         `'' へ、   ` ‐ '゜   .イ 綾波!来てくれたんだね!
              `i;、     / l
                〉 ` ‐ ´   l`ヽ 嬉しいよ!
            / !       レ' ヽ_
         _,、‐7   i|      i´   l `' ‐ 、_
     ,、-‐''"´  ノ,、-、 / 、,_ ,.、- {,ヘ  '、_    `ヽ、_
   / i    ,、イ ∨ l.j__,,、..-‐::-:;」,ハ、 '、` ‐、_   ,`ヽ


32 :名無し専門学校:2006/10/08(日) 23:19:08
        _ ,/  ̄ `ヽ、
      /´  トーチ<`ヽ、 ``'' ‐、,_
     / / / l        \_ヽ 、 i
    / /  /            `\ヾi、
   l  /  /  / i リ   i、     ヽ、l
  i  ノ /  /  l ∧   l\ ヽ  i, \
  ノ / / /// i ヽ i;  |i ' ,i  l  |i、 l、
  ヽ// / /iノ| !_|ヽ!i; i;  l!  'i |i  |li i;
  ノ レヽ! | |l|_;;:コ|ニl| i; i; l|_∠| /!;i  /!|ハl
ヽ、ヾ|〈シヽ ト|!ゞ'='゙-ツト;i; トi lャラく;l! /! / |!/ !
 ,ゞ、_ゝヽ!ヽ|   "´  \|ヽ!`"゛/ ノリ' /
´_> > `;┐         :i ',  ク゛/
´ //// ',        ィメ>'  / ,.、,_ ,..._
/イ /_/  ゝ,   一 ==r‐ァ‐''"/ _/ >-‐ 、スイカ食べるか?
,/ '/ /    \  ゛ ̄ (゙\`マ -‐ト-.r '`';ーく__\
, '/  '、      ^'x ; ,, ,、ィヽ \\ ,)/ ノ / ノ  
/    `' ーァ、  ;;:/  / ̄iヽ `々゛  、   /
       | ヽ  ;ノ 〈  ',ヽ `、  :i ノ    |  

33 :名無し専門学校:2006/10/08(日) 23:19:41
            rー-y、,__
            | / /"::::::::::::::::::`'--''ー''"::-、_
        ー-=リ|_ry':::::::::::::::;::r::'"⌒`ー-:::'^ヽ\ `j
       、r'7:::::::T|l:;:::/'" ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\;::ヽ,
       /ノ::::l::::/-'ソ:::::::::::::::::::::::;::::::::::::::::::::::::::::::::ヽリ,
      /ハ/:::/::リ'"7'":::::::::/::::/::::ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ,    >>32
       /:::/::::ハ/:::::/:::/:::/// |::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::L,    あー火事先輩!!
       /:::/:::::::/:::::/ハ/:/-/ー-、,|::l::::;:::::::リ,ハ:l:::::::::::::::::::ヽ,_   スイカいただきマース!!!
      l:::/::::/ハr'⌒リ|'  、_,、r-、 lハ:::リ::::l'|__ト_|::::::::::::::r,ヽ, ̄
      l/:::::::/:::::'i(' j l   ‘ ヒ,'ツ '!  |ハ/ ' T l;:::::|:::|:::ハ:| `
      ノ:::::::/::::::::::\_,;   `”'    ' '-=ー,y 〉::l::ハ:l '
     /:::::::/:::::::::::/::::iハ,__         ,j   `/ハ/ ,リ
    /:::::::::/::::::__;:ノ:::::::リ|_j'|   |`  ,、,'"   /リ::::l::|,
   /::::::::::::ノ::::::|ー|:::::::::;;;;| |ヽ,  ヽ,_/   / ー-'<⌒`'ー-
  //:::::::::::;;i::::::::i |:::r-yri j_, \  _,、,rイ`- 、,   |
 ノ/::::::::::::;::::::___:r ,レ' ,/ ,! | '`ヽ, `'"|  `ヽ   ヽ  |
 lハ::::::::::::i:::::::!、)`i  '    |    \ / ̄.|    ,〉 |
  {:::::::::::::i::::::::;/`'ヽ     ヽ,ー-,_  \   l   /  l
,ノ:::::::::::::i::::::::/____\     `i `'=rー-y'ー'r<,___ \


34 :名無し専門学校:2006/10/08(日) 23:20:14
      :::/:/:': : : ': :!:|:   ヽ:.  \      ヽ
    :::i:/.:'/:,: .:/.: :!.:l:    `   \    i
    :::/.; '//: :!: : :i: ト.     、         i
   :::,!'.: :レ'; ; : ; :l: : : :ヽ    i. 、   、    :}
   :::/: /;/;': ;、:ハ: ト、: 、: ヽ ト、|、ヽ.   ト、   リ
   :::!,/:レ: |: ハ|_ヾiヾ: ヽ:. ト、,!_ヽ、ト、  i ヽ ,イ
   :::iハ.:i :i: :ゝ-┬ェ,\:、ヽ:|リ-rェ,-ゞヽ !  ヽ,!    >>32
    :::',:i.: :|: :ミゝ`¨   ` リ  ¨´ ノ冫i   /   ごめんんなさい、
     :::/; :イ:ヾ:>         イィ:   ィ:}  
     :::{.;ハ:. ; :ヽ.   ``    彡':  ,ィ/ リ     スイカアレルギーなの。
     :::ゞ ヽハ: :.\  ´ `   <イ: ノノ
         :::リ ヾ: :; :ト _,.イ ソ: :,イ{
           ::: ' Y、__ ニ-  |,/`リ
         :::,  ^ゝ      へ、
      ::: -‐'´    ` ̄7´/ ,.ィ^ヽ、
  :::/´      ̄`¨`ー ∠´ /´/// `7ヽ _
 :::/           /  /   /  / /   `ヽ、


35 :名無し専門学校:2006/10/08(日) 23:20:47
   ,、-‐'"             /  r' |.j,!
   |   、     _,..、 -‐ '" ' ‐-、,____`ヽ,
.   |   ` i-‐ ' "   ,、,        ヽ'
    |      |,-‐/ミ、/:::::\、_
    |   _,,.-‐"~::::::::::::::::::::::::::::::``‐、-、_ 
     !  7/:::::::::::/ハ::::、:、::::::::::::::::::ヾ‐i`〉
    |  '/:::::::/::__;∠!∧:ヽヽ\::ヽ::::、ヾ|/:ヽ
     i ' i':;::/レ/   ヾヽ〉ゞ\_>_ヽ、レハ:i::::i   >>35
     l  W'ヘ|(  0 ! ! 0  ヽヾ|ノノ|::|::::|    それってもしかしてガチなの?
      l  ヽノ >;;,,, ' ヽ、   .ノ /'‐i:::|::|::::|
      i   !、   ‘    `"!!! ._〉ヾ!|./::::|
-‐/ ̄,`" ‐- 、_\⊂===ニ二)  .ノ‐ '゛|/::::::|
フ_4゛ \     ̄`‐- 、 ___ ,、 ‐ ⌒ ヽ!::::::::l|
ニ-‐'-、  `ー-         ̄ `'' "` ‐`‐、|:|
   ,.> ,、-i‐っ‐- 、. _           ` ヽi
  (_,ノ'゛ /`ヽ     `` ‐- 、          ヽ
      /   ヽ、,、 -‐ '' "〈 `` 、_    _,人
    i            i  '/ ̄l ̄::|:::::::::i
     i              |  /::|:::::::|:::::::|::|:::|:|


36 :名無し専門学校:2006/10/08(日) 23:26:52
またエヴァ厨か…

37 :名無し専門学校:2006/10/08(日) 23:28:51
エヴァ好きだね〜

38 :名無し専門学校:2006/10/08(日) 23:32:37
岩倉や昭鉄と変わらんな

39 :名無し専門学校:2006/10/08(日) 23:34:22
>>38
そこの生徒だった奴がここにいるからな

40 :名無し専門学校:2006/10/08(日) 23:36:34
なんかネタないの?

41 :第壱話 使徒、襲来:2006/10/08(日) 23:43:31
その日、少年は運命に導かれ、第三新東京市に到着した。その少年は、仕方がない、といった様子で、ポケットから一通の封書を取り出した。
その中には、大きく『来い』と書かれた紙と、もう一枚、『お願い。来て、シンちゃん。
駅まで、同封した写真の人、葛城ミサトさんにお迎えに行って貰うからね』と可愛い丸文字で書かれた紙、それに、一枚の写真と、見知らぬカードが入っていた。
写真には、妙齢で胸の大きな美女の上半身が写っており、胸の谷間に矢印がつけられていて、『ここに注目!』とか書かれている。
写真の裏には、待ち合わせの日付と時間、場所が書かれていた。
「・・・ここだよね?」
もう一度、封書の中身を確かめて、場所と時間を確認すると、腕時計を見て、ため息をついた。
「・・・仕方ない、シェルターに行こう」呟いて、少年は視線を前に転じた。
「・・・?」ふと、少年の視界に、陽炎のようなものが映った。
それは、どこかの制服姿の女の子だった。次の瞬間、あたりにいた鳥が一斉に羽ばたき、少年は視線を空に向けた。
鳥たちが飛び去るのを見送って、視線を元に戻したが、少年の目は先ほどの女の子を映し出すことは出来なかった。
あたりは静寂に包まれ、初めからそこには少年しか居なかったかのようだった。
「・・・」黙り込んでしまった少年は、次の瞬間、身体を突き抜ける振動を感じて、その振動の元らしき山の方を見た。
「?!」山の陰から、轟音を建てて軍のヘリコプターが出てきたのが見えた。
(なんだろう?)
少年が見ているうちに、ヘリコプターはどんどん山から離れて行き、それを追うように異形の存在が巨大な足音を建てながら現れた。
少年にとって、それは映画を見ているかのようだった。

42 :第壱話 使徒、襲来:2006/10/08(日) 23:46:41
<作戦本部>
大きなディスプレイに、異形の存在が映し出されている。
『正体不明の存在、なおも進行中!』オペレーターの声が響く。
仮設本部内には、怒声が飛び交っている。それを聞いて、両手を背後で組んだ初老の男が呟くように言った。
「・・・20年ぶり・・・いや、15年ぶり・・・か?」「ああ、間違いない・・・使徒だ」
そう答えたのは、椅子に腰掛け、サングラスを掛けた男だった。
もう一人、その男に寄り添うように立っている女性は、何も言わなかった。
「・・・しかし・・・」「・・・なんだ?」
「・・・呆けるには、まだ早かろう?」初老の男にそう言ったサングラスの男の顔には、嫌らしい笑みが浮かんでいた。
やがて、呆然と異形の存在を見上げていた少年は、自分のすぐ近くに戦闘機が落っこちていることに気付いた。異形の存在が足をあげた。
少年は、その足が踏み降ろされるのはどこか、それすらもわからずに、ただ呆然としていた。
すぐに足が踏み降ろされた。そこには、先ほど見つけた戦闘機があり、踏み潰された戦闘機は、轟音を建てて爆発した。
(っ!)少年はとっさに手で顔を庇ったが、すぐに、何の衝撃も襲ってこない事に気付いた。
「・・・ごめーん、お待たせ!・・・早く乗って!」
そう声をかけられて初めて、自分の前に青い車があり、それが爆風から自分を護ってくれた事に気付いた。
その車のドアは開いていて、中からどこかで見たような、サングラスをした美女が乗り出していた。
「早く!」「は、はい!」
その美女の叫ぶような声に、少年は慌てて返事をして車に乗り込んだ。
「しっかり捕まっててよ!」美女はそう言うと、ギアを入れてアクセルを踏み込んだ。爆音と共に、強烈なGが少年を襲う。
次の瞬間、車が止まっていたところに、異形の存在の足が踏み降ろされていた。

43 :第壱話 使徒、襲来:2006/10/08(日) 23:48:08
<作戦本部>
UN・・・国連軍の攻撃が続いている。
『目標は依然健在。なおも第三新東京市に向かい進行中』
再び、オペレーターの声が響く。
「ええい、総力戦だ!厚木と入間も全てあげろ!」
「出し惜しみはなしだ!なんとしても殲滅しろ!」
興奮のあまり、軍人の一人が持っていた鉛筆をへし折った。
「・・・なぜだ?直撃のはずだ!」
「戦車大隊は全滅・・・誘導兵器も砲爆撃もまるで効果無し・・・か・・・」
「駄目だ!この程度ではらちがあかん!」
興奮しきっている軍人達を後目に、落ち着いた様子で初老の男が言った。
「・・・やはりATフィールドか?」
「ああ。使徒に通常兵器はきかんよ」
こちらも落ち着いた様子で答えたサングラスの男に、軍人達は一瞬だけ、険しい視線を向けた。
次の瞬間、軍人達の前の電話が鳴った。
「・・・はっ!了解しました!予定通り発動いたします」
電話を取った軍人は、そう答えて電話を切ると、忌々しげに告げた。
「諸君、N2作戦の発動許可がおりたぞ」

44 :第壱話 使徒、襲来:2006/10/08(日) 23:49:59
少年は、微かに震える自分の身体を両手で抱いて、車を運転している美女の横顔をそっと覗いた。
確かに写真の女性だ。
すると、この人が待ち合わせの人、葛城ミサトなのだろうか?
少年は少し眉をひそめた。
(・・・この人・・・かな?)
「ごめんねー、遅くなって。碇シンジ君」
美女は、少年に語りかけた。
シンジと呼ばれた少年は、慌てて美女から目をそらした。
「あ、あの・・・葛城、さん、ですよね?」
「ミサト・・・で良いわよ」
そう名乗ったミサトは、横目でちらっと俯いているシンジの様子を見て、内心、喝采をあげた。
ここに来る前に写真で見た時より弱々しく、思わず護ってあげたくなる雰囲気のシンジ
の美少年ぶりに、ミサトは久々に体中の血がたぎるのを感じた。

45 :第壱話 使徒、襲来:2006/10/08(日) 23:51:56
ミサトは、知る人ぞ知るショタコンなのだ。
絶世の、とは言えないまでも十分に『美少年』のハードルをクリアしていて、なおかつ
弱々しい雰囲気のシンジは、飛んで火に入る夏の虫、ネギをしょってやってきた『カモ』そのものだった。
カッターシャツと黒い学生ズボンに身を包んでいるシンジに、サングラスの下のミサトの瞳は、興奮と欲望にキラキラと輝いていた。
「は、はい・・・」
小さく答えるシンジに、ミサトは、必ずモノにする、と決意を固め、早速、シンジの心をつかむために行動を開始した。
「大丈夫?怪我は無い?」
「え、ええ」
シンジはやはり小さく答えて、ちらっとミサトを見ると、ミサトと視線が合い、慌ててシンジは俯いた。
(くーっ!たまらないわぁ、可愛いっ!写真よりよっぽど可愛いじゃない!)
表情だけは真剣ながら、内心ではシンジの様子に大喜びだった。
ふと気になってバックミラーを見ると、異形の存在の周囲を飛び回っていた軍用機達が、離れていくのが見えた。
「・・・ちょっとぉ、まさかこんな街中でN2爆雷を使う訳ぇ?!」
思わず叫んだミサトは、少なからず焦っていた。

46 :第壱話 使徒、襲来:2006/10/08(日) 23:56:14
思わず叫んだミサトは、少なからず焦っていた。
ふっざけんじゃないわよぉ!せっかくの美少年を殺す気ぃ?!そんなこと、させないわよぉ!)
「えっ・・・」
「伏せて!」
ミサトはそう叫びながら、困惑した様子のシンジに覆い被さった。
(らぁっきぃー!こんな可愛い子を抱きしめられるなんてぇ!もう死んでも良いわぁ!)
そんなことを瞬間的に考えているミサト。
次の瞬間、車を衝撃が襲った。爆風の衝撃に、何度も転がる車。
やがて車が止まり、ぎゅっと目を閉じていたシンジは、自分が、何か柔らかい感触のものに包まれている事に気付いた。

47 :第壱話 使徒、襲来:2006/10/08(日) 23:58:07
「・・・?」
「ったぁー・・・大丈夫、シンジ君?」
ミサトは、どこかにぶつけたのだろう、後頭部をさすりながら訪ねた。
「えっ・・・あっ」
その声で、自分がどういう状態になっているのかわかったシンジは、慌ててミサトから
離れようとしたが、車は横倒しになっており、自分の上にミサトが覆い被さっているので、
どうやっても離れられなかった。
「・・・大丈夫?シンジ君、怪我は無い?」
ミサトが心配そうにもう一度訪ねた。
もちろん、自分の豊満な胸にシンジが顔を埋める形になっていることは欲望に基づく綿密な計算の結果である。
「え、ええ。大丈夫・・・だと、思います」
シンジは、首筋まで真っ赤にしながらくぐもった声で答えた。
(うっふっふっ・・・耳まで真っ赤にしちゃって・・・可愛いんだからぁ、もう!)
ミサトがそんなことを考えているとは知らず、シンジは必死に身体の反応を抑えていた。
(勃っちゃだめだ、勃っちゃだめだ、勃っちゃだめだ・・・)

48 :第壱話 使徒、襲来:2006/10/09(月) 00:00:06
必死に念じるシンジをちらっと見てから、ミサトは名残惜しいのを堪えて、割れているフロントガラスを殴りつけて完全に壊し、そこから脱出した。
続いてシンジも車の外に出てくる。
「・・・全くぅ・・・死んだらどうするのよ、戦自の馬鹿どもが・・・」
呟いたミサトは不安げに自分を見つめるシンジに気付いた。
「シンジ君、本当に平気?」「え、ええ・・・大丈夫です」
自分を心配してくれているミサトに、シンジは警戒を解いた。(悪い人じゃないみたいだ・・・)
・・・ミサトが何を考えているかを知ったら、シンジはどんな顔をするだろうか?
(くっくっくっ。ウブなのね。ほっとした顔をしちゃって・・・笑ったらさぞかし可愛い
んだろうなぁ・・・うー、笑顔が見てみたいっ!)
「・・・とにかく、これを何とかしないとね。ちょっち、手伝って貰えるかしら?」「は、はい!」
横倒しになっている車を、背中で押す二人。二人の努力の末、車はどすんと倒れた。
「ふぅ、助かったわ、ありがと」「い、いえ。僕の方こそ、助けていただいて、ありがとうございます。葛城さん」 シンジは慌てて頭を下げた。
「ミサト、で良いわよ。改めてよろしくね、碇シンジ君」
そう言いながら、ミサトは、サングラスを取ってシンジに微笑みかけた。

49 :名無し専門学校:2006/10/09(月) 00:13:34

こらこら、もういい加減にしたらどうよ!

自己満は別でやってくれ。

50 :名無し専門学校:2006/10/09(月) 00:21:59
>>41-48
そういう話は別スレで書いてくれ。

51 :名無し専門学校:2006/10/09(月) 00:36:43
俺思ったんだけどさ、
アニヲタに荒らされちゃうくらいなら始めから
このスレは立てる必要性がなかったんじゃないか?

52 :名無し専門学校:2006/10/09(月) 08:50:18
くだらないアニメのネタはやめろ!アニメネタなら2度と書き込むな!

53 :名無し専門学校:2006/10/09(月) 09:15:54
この先のゼミうまくいくかな〜。。

54 :名無し専門学校:2006/10/09(月) 09:25:22
もうゼミがどうなってもいいよ

55 :第壱話 使徒、襲来:2006/10/09(月) 10:27:27
<作戦本部>
「その後の目標は?」
『ただいま電波障害のため、確認できません』
「あの爆発だ。ケリはついている。・・・残念だが、君たちの出番は無かったな」
サングラスの男を横目で見ながら、自信たっぷりに軍人の一人が言った。
『センサー回復します』
オペレーターが報告し、すぐに別のオペレーターが少し動揺した声で報告した。
『ば、爆心地にエネルギー反応!』
「な、なんだと!」
軍人の一人が立ち上がって叫んだ。
『モニター回復します』
オペレーターが報告し、モニターに映像が映った。
そこには、爆発前とほぼ同じ姿のままの使徒がいた。
「な、なんてことだ・・・」
「化け物め!」
軍人の一人が机を殴りつけ、立っていた者は力無く座り込んだ。

56 :第壱話 使徒、襲来:2006/10/09(月) 10:28:33
「・・・ええ、心配はご無用、彼は最優先で保護してるわ。カートレイン用意しといて。
そう。直通の奴。・・・ええ。迎えに行くのはあたしが言い出した事だもの。責任は持つわ。・・・それじゃ」
ミサトは電話を切った。
(しっかしもうサイテー・・・せっかくレストアしたばっかだったのに、早くもベコベコ。
ローンが後33回と修理費・・・おまけに一張羅の服も台無し・・・可愛い男の子だから
気合い入れてきたのにぃ・・・いいえ、まだよっ!さっきのことでポイントは稼げたはず
だから、これくらいは誤差の範囲内よっ!がんばっ、ミサト!可愛い男の子をゲットするのよぉー!!)
そう自分を奮い立たせているミサトに、シンジが声を掛けた。
「あの・・・ミサトさん」
「え?なに?シンジ君」
シンジは後部座席をちらっと見た。
「・・・良いんですか?これ・・・」

57 :第壱話 使徒、襲来:2006/10/09(月) 10:30:08
後部座席には、他の車から無断拝借したバッテリーが山になっていた。
「ああぁ、良いのよ。今は非常時だからね。それに、車動かなきゃしょうがないでしょ?
それにあたし、これでも国際公務員だしね。万事おっけーよ!」
かるぅーく言ってのけるミサト。
「・・・そう、ですか・・・」
シンジはそう言って、俯いてしまった。
(くぅっ!それよ!その憂いを含んだ顔がたまらないのよぉ!)
ミサトは、勝手なことを考えながら、ルノーのアクセルを踏み込んだ。

58 :第壱話 使徒、襲来 :2006/10/09(月) 10:43:35
<作戦本部>
モニターに映る使徒は、静かに爆心地にたたずんでいる。
「予想通り自己修復中か」
声を掛けたのは初老の男。
「そうでなければ、単独兵器としては役にたたんよ」
そう答えたのはサングラスの男。
その時、使徒を映し出していたモニターが砂嵐のような画面に変わった。
「おおぅ!」
「なっ、なんだ!」
戸惑う軍人達に対して、初老の男とサングラスの男は、冷静に話し合っていた。
「・・・ほう。大したものだ。機能増幅まで可能なのか」
「おまけに知恵もついたようだ」
「この分では、再度侵攻は時間の問題だな・・・」
そう言ってからサングラスの男は、自分の傍らに立つ、もう一人の人物を横目で見た。
「・・・」
その人物は悲しそうな表情をして、モニターを見つめていた。

59 :第壱話 使徒、襲来 :2006/10/09(月) 10:44:44
『ゲートが閉まります、ご注意下さい』
アナウンスが響き、車ごと台車に乗せたカートレインがゆっくりと動き出した。
「・・・特務機関・・・ええと、なーぶ?」
「それはドイツ語でね、ネルフって読むのよ」
ゲートにかかれていた文字を読んだシンジに、ミサトは優しく訂正を入れた。
(ふふふっ・・・こうして、あたしの知性をシンちゃんに印象づければ、シンちゃんも、
知的なあたしにメロメロよっ!名付けて、『知的なお姉さん作戦』!作戦開始よっ!)
そんな事をミサトが考えているとは気付かずに、シンジは、間違えた自分が恥ずかしそうな表情で言った。
「ネルフ・・・ですか」
「そう。国連直属の非公式組織よ」
「・・・父さんと、母さんがいるところ、ですね・・・」
「そうね。ご両親の仕事、知ってる?」
「・・・人類をまもる、大切な仕事だって先生が言ってましたけど・・・」


60 :第壱話 使徒、襲来 :2006/10/09(月) 10:50:18
<作戦本部>
サングラスの男達と軍人達が、向かい合っている。
「これより、作戦の指揮権は君に移った。お手並みを拝見させて貰おう」
どこからか掛かってきた電話を置いた軍人が、嫌そうに言う。「了解です」
サングラスの男は、表情を変えずに言った。 軍人の一人が、不機嫌そうに言う。
「碇ゲンドウ君。我々の所有兵器では、目標に対し効果が無いことは認めよう。
・・・だが、君なら勝てるのかね?」碇と呼ばれたサングラスの男は、怪しげな髭を揺らしながら自信を持って言い放った。
「・・・そのためのネルフです」 「・・・期待しているよ」
軍人達は悔し紛れにそう言うと、本部から退場していった。
『目標は未だ変化無し』 『現在稼働迎撃システム7.5%』
「国連軍もお手上げか。どうするつもりだ?」初老の男が訪ねた。
「初号機を起動させる」 「初号機をか?だが、パイロットがいないぞ?」
「問題ない。もうじき着く」ゲンドウがそう言うと、側に立っていた女性が、初めて口を開いた。
「・・・シンちゃん・・・」


61 :第壱話 使徒、襲来 :2006/10/09(月) 10:51:26
「・・・これから、父のところに行くんですか?」
「そうね。そうなるわ・・・そうだ。ねぇ、IDカード貰ってない?」
「カード・・・?これですか?」
そう言って、シンジは懐から封書を丸ごと取り出してミサトに渡した。
「ありがと。・・・これ、読んどいてね」
かわりに『ようこそNERV江』とかかれたファイルを手渡され、思わず裏を見てみると、『極秘』とはんこが押されていた。
「・・・」
シンジはぱらぱらと軽くファイルをめくって見ている。
ミサトは、シンジに渡された手紙を見た。
(・・・あちゃー・・・あの髭オヤジ・・・来い、だけじゃわからないでしょうに・・・
もう片方も、同じ様なものか・・・これじゃ、シンちゃんも、何もわからないでしょうに
・・・それじゃ、何の説明もされないで、ここまで来たの?シンちゃんったら・・・)
ミサトはそう考えながら、シンジを見た。
「・・・どうかしましたか?」
「ううん、なんでもないわ」
「・・・うわぁ・・・」
突然、シンジが声を上げた。
車の外の風景が変わったのだ。
「・・・ジオフロント・・・本当にあったんだぁ・・・」
「そう。これがあたし達の秘密基地ネルフ本部。世界再建の要、人類の砦よ」

62 :第壱話 使徒、襲来 :2006/10/09(月) 10:52:35
「っかしいわねー、この道で良いはずなのに・・・」
ネルフ本部の通路を歩きながらぼやくミサト。
「これだから、大きいところって嫌なのよねぇ」
「・・・さっき通りましたよ、ここ」
シンジがちょっとだけファイルから顔を上げて言った。
「・・・大丈夫。システムってのは利用するためにあるんだからね」
ミサトが、額に大きな汗を垂らしながら微笑んだ。

『技術部長、赤城リツコ博士、赤城リツコ博士、
至急、作戦部長、葛城ミサト一尉までご連絡下さい』
「・・・呆れた。また迷ったのね」
金髪黒眉の美女がプールから上がり、ウエットスーツを脱ぎながら呟いた。

63 :第壱話 使徒、襲来 :2006/10/09(月) 11:01:09
ミサトとシンジがようやく見つけたエレベーターを待っている。
ようやく到着したエレベーターのドアが開くと、その向こうには金髪黒眉の女性が立っていた。
その女性を見たミサトが少し引きつりながら言った。
「・・・あ、あらぁ、リツコ・・・お久しぶりぃー」
「・・・何やってたの、葛城一尉。私たちには人手も無ければ時間も無いのよ」
リツコと呼ばれた女性は、冷たい口調で言った。
「ゴミン!」ミサトは片手を顔の前にあげて謝った。
リツコは、やれやれといった表情でミサトを見ると、シンジに視線を移した。
冷たいリツコの視線を受けたシンジは、少し怯えた表情でミサトを見た。
「この子がサードね」「そう。マルドゥック機関の報告によるサードチルドレン、碇シンジ君よ。・・・シンジ
君、これはここの技術部長、赤城リツコ博士よ」
ミサトがそう言った。当然の事ながら、リツコに対する口調と、シンジに対する口調は
全く違う。リツコにはわざと冷たく、シンジには出来るだけ優しく話しかけている。
「・・・『これ』はないでしょう。・・・シンジ君、赤城リツコよ。よろしくね」
リツコは、ミサトとシンジを見比べてため息をつき、今度は出来るだけ優しく言った。
「は、はい。よろしくお願いします」
シンジも今度は優しく言われたからか、少しほっとしたような表情でお辞儀した。
(・・・なるほどね。ミサトの悪い病気が出るわけだわ・・・)
そう考えて、もう一度ため息をついて、リツコはエレベーターのボタンを押した。

64 :第壱話 使徒、襲来 :2006/10/09(月) 11:03:09
<作戦本部>
「・・・では、冬月先生。後をお願いします」
ゲンドウの脇に立っていた女性が、初老の男に頭を下げて言った。
「うむ。シンジ君によろしくな、ユイ君」
冬月と呼ばれた初老の男が頷くと、ゲンドウが反応した。
「ユ、ユイ!私も・・・」 「駄目です!」
ユイと呼ばれた女性は、ゲンドウに鋭いまなざしを向けて言った。
「・・・ユイぃ・・・」 「私はあなたを許した訳じゃありませんからね!」
ユイはそう言って、足音も荒くエレベーターに乗り込んでいった。
「・・・一年ぶりの親子の対面か・・・」 「ううう・・・シンジぃー・・・」
ユイの乗ったエレベーターの方を見ながら呟いた冬月の横で、ゲンドウは滝のように涙を流していた。
『司令!使徒が動き出し・・・』
振り向いて報告しようとしたオペレーターは、ゲンドウが泣いているのを見て絶句した。
「ん?どうかしたかね?」
ゲンドウを無視することにした冬月がオペレーターに尋ねると、オペレーターは動揺しながらも改めて報告した。
「は、はい!使徒が動き出しました!」
「そうか。・・・総員、第一種戦闘配置」
冬月の命令は速やかに伝達されたが、総司令であるはずのゲンドウはいまだに涙を流したままだった。

65 :名無し専門学校:2006/10/09(月) 12:16:29
このスレ初めて見たけどこのスレ意味が分からない!

66 :べーべん:2006/10/09(月) 13:01:55
俺のためのスレだ

俺は神様だ

てんさいだ


67 :名無し専門学校:2006/10/09(月) 16:06:03
消えろ!とにかく消えろ!

68 :名無し専門学校:2006/10/09(月) 16:15:04
誰が?

69 :名無し専門学校:2006/10/09(月) 16:17:36
鉄マニのスレにしたら、

70 :名無し専門学校:2006/10/09(月) 16:20:05
鉄ヲタのスレだけはなしでしょ

71 :名無し専門学校:2006/10/09(月) 16:23:03
こんなスレ早く潰したほうがいいんじゃない?

72 :名無し専門学校:2006/10/09(月) 16:24:56


73 :名無し専門学校:2006/10/09(月) 18:22:00
無様だな…

74 :第壱話 使徒、襲来 :2006/10/09(月) 18:40:33
『使徒接近中!総員第一種戦闘配置!繰り返す・・・』
以上のような放送が流されているエレベーターの中、ミサトとリツコは小声で話し合っていた。
「・・・ですって」
「あら、それは一大事ね」
相変わらず冷静なリツコに、ミサトは少し眉を寄せた。
「で、本当に初号機って動くの?まだ一回も動いたことないんでしょ?」
「・・・そうね。起動確率0.000000001%。オーナインシステムとはよく言ったものだわ」
「それって動かないってこと?」
「あら、失礼ね。0じゃないわ。理論上はね」
「数字の上ではね。・・・でも、どちらにしろ、もう、動きませんでした、じゃすまされないわよ」
「・・・わかっているわ。嫌になるほどね」
リツコの声に、ミサトは黙り込んでシンジを見た。
シンジは、熱心にファイルを見ている。
その時、エレベーターが到着し、ドアが開いた。
「さ、こちらよ、シンジ君」
リツコが先頭に立って歩き出した。

75 :第壱話 使徒、襲来 :2006/10/09(月) 18:41:31
やがて三人は、真っ暗な部屋に着いた。
リツコとミサトは、お構いなしに部屋に入っていく。
「・・・あ、あの・・・真っ暗ですよ?」
シンジが部屋の入り口でおずおずと言うと、ミサトが振り返って言った。
「大丈夫よ。シンジ君。さぁ、いらっしゃい」
「は、はぁ・・・」
シンジは不安そうにその部屋に入った。
リツコが立っている辺りまで来ると、突然、部屋の明かりがついた。
「っ・・・か、顔!?巨大ロボット!?」
シンジは突然目の前に現れたものに驚き、慌ててファイルをめくる。
リツコは、それを見て口の隅に笑みを浮かべて説明した。
「・・・探しても載ってないわよ。・・・人の造り出した究極の汎用人型決戦兵器。人造
人間エヴァンゲリオン、その初号機。建造は極秘に行われた。我々の最後の切り札よ」
「こ、これが・・・これが父さんと、母さんの仕事ですか?」
震える声が、シンジの動揺をあらわにしていた。

76 :第壱話 使徒、襲来 :2006/10/09(月) 18:42:16
「・・・そうよ、シンちゃん」
突然、自分たちが来た方とは反対側から声が聞こえ、シンジは反射的に視線を動かして、
そちらの方のドアのところに声の主、碇ユイを見つけた。
「か・・・母さん・・・」
「・・・久しぶりね、シンちゃん。元気そうね・・・」
ユイの声は、感動の再会に、微かに震えていた。
「・・・」
しかし、シンジは目を背けて黙り込んだ。
「・・・シンちゃん?どうしたの?母さんに顔を見せて」
ユイは、微かに震えながら愛する息子に歩み寄っていった。
「・・・何の用」
ぼそっと言ったシンジの言葉に、ユイの身体は凍りついた。
「え・・・?」
「・・・一年も・・・いや、ずっと・・・ずっと仕事ばかりで放って置いたくせに、今更
僕に何の用なんだよ!僕を捨てたくせに!」
そう叫んだシンジに、ユイは慌てて駆け寄った。

77 :第壱話 使徒、襲来 :2006/10/09(月) 18:44:08
「ち、違うわ、シンちゃん!」
息子の肩をつかもうとしたユイの手は、瞳に涙を浮かべたシンジに振り払われた。
「何が違うんだよ!僕が・・・僕が、どんな気持ちで先生の家に行ったのか・・・知らなかったくせに!」
「シ、シンちゃん・・・」
ユイは真っ青になって身体を震わせている。
その時、ズシン、と辺りが揺れた。
「・・・ユイ君、取り込み中失礼だが、使徒がこちらに気付いたようだ」
壁につけられたモニターがついて、冬月の姿が現れた。
「・・・ふ、冬月・・・先生・・・」
ユイは、両目に涙をためてモニターを見た。
「・・・済まないが、どうにかならないかね?碇の奴は、さっきから放心状態でね」
冬月は、少し動揺しながらそう言った。
「・・・わ、わかりました」
ユイはそう言って目に浮かんだ涙を拭くと、正面からシンジを見た。

78 :第壱話 使徒、襲来 :2006/10/09(月) 18:45:14
「・・・シンちゃん。お願いがあるの。これに乗って」
「なっ・・・」
シンジは母から何を言われるのかと、希望と恐怖を胸に俯いていたが、思いも寄らなかった事を言われ、動揺して母を見た。
「ごめんなさい・・・シンちゃん・・・」
ユイは苦しそうに告げた。
「ど、どういうことだよ!何で僕なんだよ!」
「ごめんなさい・・・他の人では無理なの・・・」
ユイの言葉に、シンジは助けを求めてミサトを見た。
「・・・シンジ君。あなたが乗るのよ」
ミサトは、真剣な表情でシンジを見つめ返した。
「・・・ミ、ミサトさん・・・」
「・・・さぁ、シンジ君。時間がないわ。このままでは、人類は滅んでしまうわ」
「な、何がなんなんだよ!いきなり呼ばれて、そんなこと言われても、わかんないよ!」
シンジは、だだをこねるように叫んだ。

79 :第壱話 使徒、襲来 :2006/10/09(月) 18:53:49
「・・・ユイ博士。レイを乗せましょう」
シンジの様子を見て、リツコがため息をついて進言した。
「なっ!で、でも・・・」
「サードは搭乗を拒否しています。時間がないのです」
「・・・」
ユイは俯いていたが、少しの沈黙の後で、呟くように告げた。
「・・・リッちゃん、レイを起こして、初号機のデータをレイに書き換えて」
「了解」
短く答えたリツコに、ミサトは抗議した。
「無理よ!あんな怪我をしているのに・・・死んじゃうわ!」
「・・・葛城一尉。今は、少しでも可能性がある方にかけなければならないのよ」
「・・・」
リツコに諭され、黙り込むミサト。
「ミーちゃん、ごめんね・・・」
ユイが堪えきれない涙をこぼしながら呟いた。

80 :第壱話 使徒、襲来 :2006/10/09(月) 18:54:49
「ユイ博士・・・」
ミサトはそう呟いて、ユイの出てきた扉に向かったリツコの後ろ姿をちらっと見た。
(・・・やっぱり、僕はいらない子なんだ・・・『僕自身』を必要にしてくれる人なんて、一人もいないんだ・・・)
シンジは、俯いて自分の思考に捕らわれてしまった。
「・・・」
しばらくして、ミサトとユイが反対側の扉から出ていった。
少しして、そちらのドアが開き、自動操縦式移動ベッドが部屋に入ってきた。
その音に気付き、そちらを見るシンジ。
その時、轟音と共に部屋が揺れた。
何とか倒れるのを堪えたシンジが、移動式ベッドの方を見ると、ベッドは倒れ、一人の少女が床に投げ出されていた。
「っ!」
慌てて少女に掛けより、抱き起こすシンジ。
「・・・危ない!シンちゃん!レイ!」
いつの間に戻ってきたのか、ユイがシンジに向かって叫んだ。

81 :第壱話 使徒、襲来 :2006/10/09(月) 18:55:45
シンジがはっとして頭上を見ると、鉄骨が自分に向かって落ちてくるのに気付いた。
「・・・!」
シンジは、手の中の少女に覆い被さった。
ガァン!
部屋の中に轟音が鳴り響いた。
「・・・」
こちらもいつ戻ってきたのか、リツコが呟いた。
「何で起動しているの!?・・・護ったと言うの?彼を・・・」
「・・・いける」
こちらはミサト。
シンジは、自分が助かった事に気づき、恐る恐る頭上を見た。
そこには、大きな手のひらがあった。初号機がシンジ達を護ったのだ。
「・・・っくぅ・・・」
すぐ側から苦痛に呻く声が聞こえ、シンジは慌ててそちらを見た。
シンジの腕の中には蒼銀色の髪の毛をした美しい少女がいて、その少女が、苦しんでいたのだ。

82 :第壱話 使徒、襲来 :2006/10/09(月) 18:56:38
「・・・」
シンジは、その少女の背中に回した手がぬるっとしたのを感じて、目の前に持ってきて見た。
シンジの手は、紅い液体で染まっていた。
「・・・だ、大丈夫、シンちゃん、レイ!?」
一瞬、呆然としていたユイが叫びながら駆け寄ってきた。
「・・・か、母さん・・・この娘、なんでこんな怪我なのに・・・」
「・・・」
シンジの問いに、ユイは応えられなかった。
「・・・シンジ君の代わりに、これに乗るためよ」
リツコが冷たく言った。
「リッちゃん!」
「本当のことでしょう、ユイ博士」
リツコにそう言われて、ユイは再び俯いてしまった。
「シンジ君、この娘は綾波レイ、あなたと同じEVAのパイロット候補よ。あなたが乗らない限り、この娘が乗ることになるわ」
リツコにそう言われて、シンジは手の中の少女を見つめた。

83 :第壱話 使徒、襲来 :2006/10/09(月) 18:57:28
「・・・逃げちゃ駄目だ逃げちゃ駄目だ逃げちゃ駄目だ・・・逃げちゃ・・・駄目だっ!
・・・やります!僕が乗ります!」
苦しむ少女を見て、シンジは決断して叫んだ。
「・・・シンちゃん!」
ユイが顔を上げてシンジを見た。
その時、蒼銀の髪の少女、綾波レイも、苦痛の中で微かに暖かさを感じて、目を開けていた。
(・・・何?暖かい・・・誰かに抱かれているみたいな感じ・・・)
レイの瞳に映ったのは、真剣な顔をして自分を大事に抱える美少年の顔だった。
「母さん、僕が乗るから・・・この娘を、早く!」
「ええ!・・・ミーちゃん!手を貸して!」
ユイは力強く頷くと、ミサトの手を借りて、レイをベッドに乗せると、リツコを見た。
「・・・リッちゃん、シンちゃんをお願い」
「はい」
リツコはユイに頷き返し、ユイ達が部屋を出て行くのを確認すると、シンジを見た。
シンジの表情は、大事な決断をした男の顔をしていた。
(・・・あ・・・良い顔になってるじゃない。この子、こんな顔も出来るんだ。ちょっと
凛々しいかな・・・でもミサトが見たら大騒ぎね・・・)
そう考えて苦笑すると、リツコはシンジに説明を始めた。

84 :EPISODE:01 ANGEL ATTACK:2006/10/09(月) 20:30:33
『エントリープラグ、注水を開始します』
そのアナウンスと共に、シンジの乗っているプラグの中にオレンジ色の液体が入ってきた。
「う、うわぁっ!な、なんだ、これっ!」
先ほどの顔が幻であるかのように、シンジは慌てている。
「大丈夫よ。LCLで肺が満たされれば、呼吸が出来るわ」
リツコの冷酷な宣言が聞こえた。
シンジは、耐えられるところまで息を止めて耐えていたが、堪えきれなくなって息を吐いて液体を吸い込んだ。
「・・・き、気持ち悪い・・・」
「我慢なさい!男の子でしょう!」
ミサトの叱責が飛ぶ。
「・・・葛城一尉」
発令所の上、司令塔からゲンドウの声が聞こえた。
「はっ!なんでしょう、碇司令?」
緊張した表情でそちらを仰ぐミサト。

85 :EPISODE:01 ANGEL ATTACK:2006/10/09(月) 20:43:17
「・・・首になりたいかね?」
ゲンドウは冷酷な声で言った。
「・・・」
さすがに、発令所には一言も声がなかった。
少し怒鳴りつけただけで、解雇を示唆されるとは。
その場に居た者達は、ゲンドウとユイがシンジを溺愛していることを思いだし、シンジの機嫌を損ねないようにしよう、と誓うのだった。
当のミサトはといえば、全身を真っ青にして汗をだらだら流している。
その時、発令所のドアが開き、ユイが入ってきた。
「・・・あら、ゲンちゃん。無理を言っちゃだめよ」
「ユ、ユイ!」
「ユイ博士!」
ゲンドウはやや青ざめながら、ミサトは、助かった、という表情でユイを見たが、ユイの口からは容赦のない言葉が出た。
「・・・せめて、減棒三ヶ月くらいにしてあげないとね」
「う、うむ。そうだな」
ゲンドウはほっとしながら頷き、ミサトは、滝のように涙を流した。

86 :EPISODE:01 ANGEL ATTACK:2006/10/09(月) 20:48:40
「・・・き、起動プロセス、開始して!」
呆気にとられていたリツコが、気を取り直して言った。
『は、はい!主電源接続』
『全回路動力伝達』
『第二次コンタクト開始』
『A10神経接続異常なし』
『初期コンタクト全て異常なし』
『双方向回線開きます』
「やるわねぇ」
ようやく気を取り直したミサトが言った。
「当たり前じゃないの。私のシンちゃんよ」
ユイが嬉しそうな表情で当然のごとく宣言した。
発令所内は、少しざわめいている。
「・・・でも問題はこれからですよ」
リツコの言葉に、ユイは唇を噛んだ。
「・・・あら?マヤ、報告はどうしたの?」
リツコが促すと、ショートで黒髪のオペレーターは、慌てて報告を開始した。
「あっ、は、はい・・・シンクロ率・・・62.3%・・・」

87 :EPISODE:01 ANGEL ATTACK:2006/10/09(月) 20:53:50
今度は、発令所は静まり返った。
「・・・ハーモニクス、全て正常です」
「な、なんなの、あの子・・・初めて乗った初号機で、60%を越えるなんて・・・」
ミサトが、思わず呟いた。
「・・・それも訓練もなしにね」
リツコが後を継ぐように言うと、ユイがシンジに声を掛けた。
「・・・シンちゃん、良い調子よ」
声を掛けられて、初めて、シンジは母の存在に気付いた。
「か、母さん?あの娘はどうしたの?まさか・・・」
シンジの声が微かに震え、顔は恐怖にゆがんでいる。
「大丈夫、大丈夫よ、シンちゃん。レイは病室に寝かせてきたわ。今は鎮静剤を打って眠っているわ」
言い聞かせるような母の声に、シンジはほっとした表情を見せた。
「そう・・・良かった・・・」
そう言って微笑んだシンジの顔は、発令所の主モニターに大きく映し出されていた。
それは、シンジにとっても会心の笑顔だっただろう。

88 :EPISODE:01 ANGEL ATTACK:2006/10/09(月) 20:54:48
この瞬間、シンジは多くの女性オペレーターの心を虜にしたのだった。
何と言っても、ショタコンであるミサトは当然として、常に冷静沈着なリツコまでもが、どきっとしてしまったのだ。
「・・・せ、先輩・・・」
リツコの側に座っているオペレーターのマヤが、リツコに声を掛けた。
「・・・えっ!な、なに、マヤ、どうしたの!?」
少し焦ったようなリツコの声など気にもせずに、マヤは頬をピンク色に染めて言った。
「あ、あの・・・初号機の彼・・・なんて名前ですか?」
「ふふっ・・・マヤちゃん。あの子は、私の可愛い息子、シンちゃんよ!」
リツコより先にユイが答えた。
自慢の息子がこの場の女性達全てを魅了したことが、嬉しくて仕方ないのだ。
「・・・マヤ、それは後にしなさい。オペレートを続けて」
「は、はい!」
リツコの冷たい声に、マヤは冷水を浴びせられたようになって、慌てて自分の仕事を開始した。

89 :EPISODE:01 ANGEL ATTACK:2006/10/09(月) 20:55:46
「・・・発進準備完了」
「了解」
技術部長であるリツコが確認して、作戦部長であるミサトが了解する。
「・・・碇司令、よろしいですか?」
ミサトは、一応、ゲンドウに確認を取った。
「・・・うむ。使徒を倒さねば、人類に未来はない」
ゲンドウは、少し間を空けてから言った。
「はっ!」
「・・・ただし、わかっているだろうな、葛城一尉?」
ゲンドウの言葉に、ミサトは冷や汗を流しながら必死に頷いた。
「は、はい!」
「ゲンちゃん!」
「な、なんだ、ユイ」
突然飛んできたユイの声に、ゲンドウはびびりまくりながら辛うじて返事をする。
「・・・ミーちゃん?」
突然、ユイに声を掛けられ、ミサトは思わず直立浮動してユイに向き直った。
「は、はい!」
「・・・信頼してますからね」
「はい!」
ミサトが頷くと、ユイはにっこり笑って言った。

90 :EPISODE:01 ANGEL ATTACK:2006/10/09(月) 21:12:24
「・・・シンジに何かあったら、個人的な実験に付き合って貰いますからね」
「・・・は、はい・・・」
ミサトは、先に倍する冷や汗を体中にだらだら流しながら、辛うじて頷いた。
ユイの『個人的な実験』に参加したがる者は、最初の頃はユイの美貌もあり、
後を絶たなかったが、その者達がその後、決まって行方不明になっている事が
知れ渡ると、その後は波が退くように参加希望者は減り、今では誰もユイの実験
には参加しようとはしないのだ。
その事を知っているミサトは、思わず背筋を震わせた。
「・・・エヴァンゲリオン初号機、発進!」
その号令と共に、プラグ内のシンジを、強烈なGが襲う。
(・・・死なないでよ、シンジ君。あたしのためにもね・・・)
ミサトのその想いは、まさに切実たるものだった。

 第壱話 完


91 :名無し専門学校:2006/10/09(月) 21:19:12
2年ってクラス替えないんだね。他クラスの人とも、もうちょっと交流持ちたいな。

92 :名無し専門学校:2006/10/09(月) 21:27:50
>>91
クラスは違うが、授業で一緒になる機会が多いから、
俺は別に構わないが?

93 :名無し専門学校:2006/10/09(月) 21:55:34
2年になったらクラス替えあるよ、

94 :名無し専門学校:2006/10/09(月) 21:58:29
もはや、あってもなくてもいいような…

95 :名無し専門学校:2006/10/09(月) 22:02:01
今15と16は同じ担任で17は違うけど2年時には3クラスになって担任も3人着くて聞いたけど、

96 :名無し専門学校:2006/10/09(月) 22:02:44
>>95
誰から?学科長?

97 :名無し専門学校:2006/10/09(月) 22:16:54
知ってる人は余りいないだろけど保護者会の時に話してたよ、と行った人から聞いたけど、

98 :名無し専門学校:2006/10/09(月) 22:30:16
明日からは学校か…
3日間も休みだと行く気になれないだよなぁ

99 :名無し専門学校:2006/10/10(火) 02:10:24
なんか幼稚なレスばかりで読む気になりませんね。
早くスレをたたみなさい

100 :名無し専門学校:2006/10/10(火) 07:00:34
なんかクラスのつくりが異様に操作された気がする・・・。

101 :名無し専門学校:2006/10/10(火) 16:47:32
書き込むときのお約束【決まり】
・書き込むときはもう一度、内容を見直すこと
・生徒は2chでは私人扱いになります。誹謗中傷を書き込むのは(・A ・) イクナイ!
・先生は2chでは公人扱いになります。先生については伏せ字で、ただし誹謗中傷は(・A ・) イクナイ!
・sage進行
・誹謗中傷を書いている人がいても反応しないで下さい
反応したあなたも荒らしです

決まりを守らない香具師は本気で通報されちゃいます。
誰が見ているかわからないからね
ご利用は自己責任でお願いします。

102 :池沼軍団:2006/10/10(火) 19:02:31
★5 チーズバーガー
★5 伊予くん
★3 ロンちゃん
★2 トクターマン
★3 南京錠
★5 リンちゃん
★3 M木
★4 スリザリン(異臭)
★? あざーす
★2 high

103 :名無し専門学校:2006/10/10(火) 19:30:19
池沼のご紹介
ロンちゃんは遅刻が多い。
リンちゃんの行動は謎?まぁあれはただの池沼だな。
あざーすは最近見てないどころか、後期になったら一回も見てない。
チーズバーガーはいつも変わらずすぐ切れるとそれと首を振る!危険だよ。
>>102
high?って何?


104 :名無し専門学校:2006/10/10(火) 19:47:34
マック物語
店員:いらっしゃいませ、ご注文をどうぞ。
客:じゃあちーずばーが単品で下さい。
店員;分かりました。100円でございます。
店員:ありがとうございました。
買い終わって店をでようとした時、奴が後ろで並んでいたのを気付かなかった。
奴が何を買うか見てたら、奴はちーずばーが単品じゃなく、セットで買っていた。


105 :名無し専門学校:2006/10/10(火) 19:50:43
○林は少し勝手すぎないか?授業料払うだけでも高いのに、アクセス取ろうと思ったら、研修旅行と同じ日にするし。
ま、研修旅行は任意だし、俺はアクセス検定の方を選ぶよ

106 :名無し専門学校:2006/10/10(火) 20:28:35
レーイプ!

107 :名無し専門学校:2006/10/10(火) 20:41:29
>>103
日本語にしたら?

108 :名無し専門学校:2006/10/10(火) 22:56:32
何か話題ないの?

109 :sage:2006/10/11(水) 01:04:54
>>108
国内管理者について

110 :名無し専門学校:2006/10/11(水) 10:30:57
そゆうネタは避けろ落ちた人何人かいるからさあ

111 :奇形児太郎:2006/10/11(水) 13:34:43
はあはあはあはあ

112 :んっ:2006/10/11(水) 16:12:47
あかさたなはまやらわだぷよ

113 :名無し専門学校:2006/10/11(水) 16:33:03
低レベルなカキコが増えたなぁ

114 ::2006/10/11(水) 17:02:41
黙れカス

115 :名無し専門学校:2006/10/11(水) 17:59:58
>>114
低脳。sageろ。

116 :みんな:2006/10/11(水) 19:19:35
みんくるみんくるみんくるみんくるみんくるみんくるみんくるみんくるみんくるみんくるだろ
この意味分かる人だけ話しに着いて来れるだろ

117 :名無し専門学校:2006/10/11(水) 20:27:58
>>116
死ね。

118 :第弐話 見知らぬ、天井:2006/10/11(水) 20:40:23
「・・・っ!」
シンジは突然目を覚ました。
「・・・知らない、天井だ・・・」
見たことのない天井が目に入り、そう呟いたシンジは、
体中が汗でべっとりとしている事に気付いた。
「・・・風呂に入りたいな・・・」
そう言いながら、シンジは、首だけを動かして辺りを見回した。
・・・シンちゃん!」
突然ドアを開けて入ってきたのは、ユイだった。
どうやら、あのまま仕事を続けていたらしく、白衣のままだった。
「母さん・・・」
起きあがって母の顔を見たシンジは、なぜ自分がここにいるのか、
その理由をなんとなく思い出した。
(確か、父さんと母さんに呼び出されて・・・へんな怪獣と戦争やってて・・・)
「シンちゃん・・・」
ユイはベッドの側に歩み寄ると、突然、シンジを抱きしめた。
「っ・・・か、母さん?」
「・・・ごめんね・・・シンちゃん・・・」
戸惑うシンジを、ユイは精一杯抱き締めて、涙声で詫びた。
「・・・」

119 :名無し専門学校:2006/10/11(水) 20:40:39
116
117
WDsine

120 :第弐話 見知らぬ、天井:2006/10/11(水) 20:40:57
ユイの胸の中で、シンジは、あの『エヴァンゲリオン』の前で母と話した事を思い出した。
「・・・母さん・・・」
「シンちゃん・・・ごめん、ごめんね・・・」
ユイは、ただ涙を流しながら、何度もシンジに謝った。
「・・・母さん・・・教えてよ・・・何で・・・」
シンジのその言葉に、ユイはシンジから離れ、じっとその瞳を見つめた。
「・・・わかったわ。私の知っていること、全て教えてあげるわ」
ユイがそう言ったので、シンジは、少しほっとした。
内心、拒絶されたらどうしよう、と恐怖していたのだ。
「まず・・・あの化け物の事から・・・」
話し出したユイの顔には、奇妙な諦めの色がたゆたっていた。
「・・・あの化け物は、『使徒』と呼ばれているわ」
「使徒?」
「そう。キリスト教やユダヤ教で言うところの、神の使い、つまり、天使の事よ」
「な・・・」
シンジは、突拍子も無いことを言われ、目を丸くした。

121 :第弐話 見知らぬ、天井:2006/10/11(水) 20:41:27
「・・・もちろん、実際に神の使いだという証拠は何もないし、
彼らについてわかっていることは何も無いわ。
生態、種類、生息数なども・・・」
「そ、それじゃ、どうして・・・」
「通称よ。正体不明の化け物、じゃ呼びにくいでしょ」
そう言って微かに微笑んだユイは、もう一度、シンジを腕の中に抱えた。
「・・・」
「で、私たちネルフは、いつかあると予想されていた使徒の襲来に備えるため、
結成されたのよ」
「予想って・・・」
「そう。私たち人類は、使徒が存在していることを知っていたのよ」
ユイはそう言って、遠くを見つめて語りだした。

122 :第弐話 見知らぬ、天井:2006/10/11(水) 20:41:58
セカンドインパクト。
それは、西暦2000年9月15日に起こったとされる、南極への巨大隕石の衝突だとされてきた。
だが、それは偽りにすぎなかったのだ。
真実はこうだ。
1999年、南極のそれまで未発見だった地下空洞で、氷付けになっていた謎の生命体が発見された。
早速、国連から極秘裏に調査隊が送られ、彼らはその生命体について調査を始めた。
同じ頃、南極の地下空洞と同じものが、日本の小田原の地下にあることがとある学者によって発見された。
日本政府は国連と協力して、極秘裏に地下空洞を掘り起こし、そこで、南極の謎の生命体と同じような存在を発見したのだ。
それらは、南極のものがアダム、日本のものがリリスと呼称されることになった。
そして精力的な研究の結果、アダムとリリスは対になる存在であることがわかった。
そして運命の日、研究を続けていた科学者達は、アダムの力が異常に高まっている事に気付いた。
彼らはアダムを押さえようとしたが、人類の手ではどうしても押さえきれず、 その力は地球上を駆けめぐり、何億人もの人が死んだ。
そして、力を使い果たしたアダムは、胎児の状態にまで還元したのだ。

123 :第弐話 見知らぬ、天井:2006/10/11(水) 20:43:22
「・・・これがセカンドインパクトの真実よ」
「い・・・隕石じゃ無かったんだ・・・」
「ええ。世間にはそう知らせておけば、混乱も少なく、
人類全体の復旧も早まると考えられたのよ」
ユイの言葉は、シンジにとっては驚くべきものだった。
「・・・」
「・・・でも、人類にとっては幸運なことに、それまでのアダムの研究データは、
日本に運び込まれていたの。その研究にあたったのが、私たちだったのよ」
「・・・」
「・・・私たちは、セカンドインパクトで色々なものを失ったわ。
だから、同じ事を二度と繰り返させないために、必死になって研究したの。
・・・でも・・・それがシンちゃんに辛い想いをさせていたなんて・・・」
ユイはそう言って、シンジをギュッと抱きしめた。
「・・・か、母さん・・・」
「ごめん・・・ごめんね、シンジ・・・」
「・・・母さん・・・」
シンジも、そっとユイの背中に手を回した。

124 :第弐話 見知らぬ、天井:2006/10/11(水) 20:49:20
「・・・話を続けるわね。研究を続けていくうちに、アダムとリリスの他にも、
使徒はまだたくさん居る事がわかったの。
そして、アダムが力を失った今、使徒はリリスを目指して
この第三新東京市に向かってくることも・・・」
「・・・」
「・・・使徒とリリスが接触すればリリスの力は暴走し、
サードインパクトが発生して、人類は、今度こそ滅びるわ。
・・・だから、使徒に対抗するために、私たちは決戦兵器を造ったの」
「それが・・・あのロボットなの?」
「そう。汎用人型決戦兵器、エヴァンゲリオン。
あなたが乗ったのは、その初号機よ」
「エヴァンゲリオン・・・初号機・・・」
「・・・エヴァのコントロールには、精神を接続する事が必要なの」
「・・・それって・・・もしかして・・・機械を埋め込んだりするの?」
恐る恐る言うシンジに、ユイはくすっと笑った。

125 :第弐話 見知らぬ、天井:2006/10/11(水) 20:50:06
「・・・いいえ。出来るだけそんなことはしたくなかったから、
私たちはもっと別の方法を選んだわ。・・・エヴァに人の精神をコピーして、
パイロットと直接シンクロさせる・・・この方式を選んだおかげで、
他のロボットには出来ない人間的な動きと、パイロットのイメージ通りに動く兵器が出来たのよ」
「・・・」
「・・・初号機はテストタイプ・・・今のところ、全世界で二体しかない
エヴァンゲリオン、そのうちの一体なの。そして、コピーしてあるのは・・・私の精神なのよ・・・」
「・・・か、母さん・・・」
「・・・でも、私には動かせなかった・・・初号機に、拒絶されたの・・・
だから、少しでも初号機とシンクロすることの出来る可能性のあるあなたに、
乗って欲しかった・・・ごめんね・・・ごめんね・・・」
ユイは、微かに瞳に涙を浮かべた。
「・・・母さん・・・自分で・・・乗るつもりだったんだね・・・」
「・・・ええ。貴方達には、明るい未来を見せたかったから・・・」
シンジはユイの想いを知り、俯いた。

126 :第弐話 見知らぬ、天井:2006/10/11(水) 20:51:28
「母さん・・・」
「でも、私には動かせなかった・・・」
「・・・僕しか・・・乗れないの?」
「・・・もう一人・・・いるわ」
ユイが、辛そうに言った。
「・・・もしかして、あの女の子?」
「そう・・・あの子の名前は、綾波レイ。最初のエヴァンゲリオン・・・ プロトタイプの零号機のパイロットよ」
「・・・零号機・・・」
シンジは少し眉をひそめて呟いた。
「そう。零号機は、実験機として造られたの。でも、安定性が悪くて・・・あの怪我は、起動実験に失敗した時のものよ」
「・・・そ、そんな・・・あんな酷い怪我・・・」
「・・・零号機にコピーしてある精神と、完全にシンクロできなかったの。
それで、拒絶されてしまって・・・エマージェンシーシステムが作動し・・・」
辛そうに喋るユイ。
「・・・エントリープラグが排出されて・・・プラグが床に落ちて・・・ その時の衝撃で・・・あんな怪我を・・・」
「そうだったんだ・・・」
「・・・」
黙り込むユイ。

127 :第弐話 見知らぬ、天井:2006/10/11(水) 20:52:02
「か、母さん・・・そう言えば、その・・・綾波って娘、大丈夫だったの?」
「・・・ええ。運良く命には別状は無かったわ」
「そう・・・でも、乗せられようとしてたよね?」
「・・・初号機を動かせるのは、あなたかレイしかいないから・・・」
「・・・そう」
「・・・シンちゃん、お願い!初号機に乗って、使徒を倒して!」
「か、母さん・・・」
「・・・ごめんね・・・」
一言だけそう言ったユイに、シンジは拳を握って言った。
「・・・わかったよ」
「シンちゃん・・・」
「僕にしかできないんだろ?」
「・・・うん。ごめんね・・・辛い想いをさせて・・・」
「良いんだ。・・・父さんと母さんと、一緒に暮らせるなら・・・」
シンジがそう言うと、ユイの顔は引きつった。

128 :名無し専門学校:2006/10/11(水) 20:53:19
今電車を待ってるんだけど暇だ

129 :第弐話 見知らぬ、天井:2006/10/11(水) 20:55:43
「・・・そ、それがね・・・」
シンジはそのユイの様子に、不安を感じて言った。
「・・・母さん・・・一緒に・・・暮らせるんだろ?」
「その・・・」
「・・・」
黙り込むシンジを見て、ユイは慌てて弁解した。
「そ、その、今、母さん達は、上の街に家を買ってそこに住んでるんだけど・・・
実は、レイも一緒なの。研究所でお世話になった人の娘だったんだけど、
その人が亡くなってしまって、身よりもなかったから、私達が引き取ったのよ。
で、あんまり大きい家じゃないから・・・その・・・シンちゃんが住むには
部屋数が足りなくて・・・」
ユイがそう言うと、シンジは表情を消して言った。
「・・・そう・・・わかったよ」
「わ、わかってくれた?」
「・・・母さん達が、僕をいらないって事がね!」
シンジはそう叫んで母を突き放した。

130 :第弐話 見知らぬ、天井:2006/10/11(水) 20:56:48
「ち、違うのよ、シンちゃん!」
ユイは慌てて否定したが、シンジは横を向いた。
「何が違うんだよ!どうせ、僕なんかとは一緒に居たくないんだろ!」
「シンちゃん!」
「・・・出てってよ・・・」
「し、シンちゃん?」
「・・・出て行ってよ!」
「シンジが叫んで、ユイを睨み付けた。
・・・シンちゃん・・・」
ユイは、がっくりと肩を落とした。
「・・・」
そのまま黙り込むシンジに、ユイは一度時間をおいた方が良いと判断し、 病室から出て行った。
シンジは、浮かんできた涙を乱暴に手で拭い、ベッドから降りた。
「・・・」
黙って病室から出て、辺りを見回す。
すると右の方から、からからと移動ベッドが動いてくる音がした。
そちらを見ると、看護婦が付き添ってベッドを押してくるのが見えた。
「・・・あっ・・・」
シンジは、そのベッドの上を見て、小さく声を上げた。

131 :第弐話 見知らぬ、天井:2006/10/11(水) 20:57:27
そこには、あの蒼銀の髪の少女が横たわっていたのだ。
「・・・」
少女も、立っていたシンジを見て、驚いた顔をした。
「・・・き、君は・・・」
「あ・・・あの時の・・・」
少女が声を上げると、看護婦は立ち止まった。
「・・・」
「・・・あの・・・助けてくれて・・・ありがと・・・」
少女は、頬を微かにピンク色に染めて言った。
「う、うん。あの・・・君は・・・?」
「・・・あ、あたしは綾波レイ。あなたは・・・もしかして・・・碇、シンジ君?」
レイは、確認するように訪ねた。
「え・・・う、うん。・・・どうして、僕のこと・・・」
「・・・だって、いつもゲンちゃんとユイさんが、あなたの自慢をしてるから、ね」
不思議そうなシンジにレイが微笑んで応えると、シンジは複雑な表情を見せた。
それは、憂うような、哀しむような、嬉しいような、不思議な表情だった。

132 :第弐話 見知らぬ、天井:2006/10/11(水) 21:01:58
「・・・」
思わず、その顔に見とれてしまうレイ。
(・・・写真で見たより綺麗で、繊細な顔立ちなのね!
・・・それに、何とも言えない不思議な表情をするのね。
・・・謎の美少年、か・・・惚れちゃいそう・・・)
そう考えて、思わずため息をつくレイに、看護婦が囁きかけた。
「・・・レイちゃん、もしかして、惚れちゃった?」
「な、ななな・・・」
瞬間的に真っ赤になったレイを見て笑い、その看護婦はシンジに言った。
「ごめんね。病室に連れてかなきゃならないから・・・」
「あ、はい。すみませんでした」
シンジが慌てて言い、道を開けた。
「・・・シンちゃん、またね。・・・良かったら、お見舞いに来てね」
レイが人なつこく言い、看護婦がシンジに軽く頭を下げ、移動ベッドを押してその場から去っていった。
シンジは、複雑そうな表情のまま、レイを見送った。

133 :第弐話 見知らぬ、天井:2006/10/11(水) 21:02:50
やがて綿密な検査の結果、以上がないことがわかり、病室にミサトがやってきた。
「・・・シンジ君、調子はどう?」
「あ、ミサトさん・・・」
にこにこしながら近寄ってきたミサトを見て、そう応えるシンジ。
「検査の結果は聞いたけど、本当に大丈夫?」
「え、ええ。すみません。ご心配をおかけして・・・」
頭を下げたシンジに、ミサトは笑顔で応えた。
「ううん。あたしの方こそ、謝らなきゃ。
・・・ごめんね。こんな事に巻き込んじゃって・・・」
「・・・良いんです。それより、どうかしたんですか?」
「うん。実はね、シンジ君。・・・あたしが、あなたの身柄を預かることに
なったのよ。しばらくは、あたしと一緒に暮らして貰うことになるわ」
真剣な顔をしてそう言うミサト。
(この間の様子からして、シンジ君はご両親と一緒に居たいと思ってるはず
・・・何とか、納得して貰わなきゃ・・・)
そう考え、出来るだけ自然な形で言ったつもりのミサトだが、実際には、
めちゃくちゃ不自然になってしまっている。

134 :第弐話 見知らぬ、天井:2006/10/11(水) 21:03:40
「・・・そう・・・ですか・・・」
「・・・ごめんね。あたしなんかで・・・」
少し悲しそうに言うミサト。
(・・・悲しそうな表情を見せておけば、優しそうなシンジ君のことだから、のってくると思うけど・・・)
「・・・そ、そんなことありません!僕も、ミサトさんと一緒に暮らしたいです!」
見事にミサトの策略に引っかかり、叫ぶように言うシンジ。
「・・・ありがと、シンジ君・・・」
「そ、そんな、お礼なんて言わないで下さい。
・・・こちらこそ、ご迷惑をおかけします・・・」
シンジは、丁寧にミサトに頭を下げた。
「・・・それじゃ、これからよろしくね、シンジ君」
そう言って会心の笑みを浮かべるミサト。
「は、はい!」
つられて、シンジも照れくさそうな笑みを浮かべた。
(くぅーっ!・・・やっぱり、この笑顔は最高だわぁ! ぜぇーったいにモノにしてやるんだからぁ!)
頭ではそんなことを考えながら、顔は無邪気な笑みを浮かべているミサト。

135 :第弐話 見知らぬ、天井:2006/10/11(水) 21:04:11
「・・・それじゃ、外で待ってるから、これに着替えてね」
そう言ってミサトは持っていた袋をシンジに渡して病室を出ていった。
「・・・いい人みたいだな、ミサトさん・・・」
シンジは、受け取った袋を見て呟いた。
着替え始めたシンジの姿を、監視カメラが見ていた。

「・・・ミサトもよくやるわね・・・」
監視カメラに写ったシンジを見ているのは、金髪の科学者だ。
彼女は、ショタコンの親友に頼まれて、その着替えシーンを録画していたのだ。
もちろん、報酬が約束されている。
「・・・それにしても・・・これは意外と・・・」
彼女−リツコは、無意識に舌なめずりして呟いた。
・・・十分、ショタコンの素質がありそうだった。

136 :第弐話 見知らぬ、天井:2006/10/11(水) 21:05:18
着替え終わったシンジは、自分の姿を見下ろした。シンジの格好は、ネルフに来たときの白いシャツと黒い学生ズボンだった。
ちゃんと洗濯されているらしい。
自分の姿を確認したシンジは、着替えた病院服を袋に入れて持ち、廊下に出た。
「・・・お待たせしました」 「ううん、良いのよ。・・・さ、行きましょ」
廊下で待っていたミサトはシンジを見て微笑んで言った。
歩き出した二人は、通路の先に一人の髭オヤジが立っていることに気付いた。
「・・・父さん・・・」 そう。それは碇ゲンドウ、シンジの父だった。
「し、シンジ・・・」 ゲンドウは、久しぶりの対面に緊張し、微かに震える声で愛する息子に呼びかけた。
ユイに怒られ、ケイジでシンジに会えなかったゲンドウは、シンジが気付いたとの報告を受け、慌てて病院に駆けつけてきたのだ。
「・・・」 シンジは、一瞬だけ複雑そうな顔をすると、表情を消して言った。
「・・・ミサトさん、行きましょう」「え?・・・ええ・・・」
戸惑った様子で敬礼するミサトをよそに、シンジは足早にゲンドウの横を通り過ぎた。
「し、シンジ・・・」
最愛の息子に避けられたゲンドウは、両目から滝のように涙を流していた。

137 :第弐話 見知らぬ、天井:2006/10/11(水) 21:09:25
二人を乗せたミサトの車は、とある公園に到着した。
「・・・ここは・・・?」
「・・・まぁいいから、とりあえず降りて」
不思議そうな顔をしているシンジに言うと、ミサトは先に立って崖っぷちにある手すりの側に立った。
「・・・?」
「さあ、見てご覧なさい」
ミサトに促され、シンジは、眼下に広がる街を見下ろした。
夕日に照らされて、ぽつぽつと立っているビルの影がのびている。 建物も少なく、破壊された跡もある。
「・・・寂しい街ですね」
「・・・ふふっ・・・そろそろ時間よ」
ミサトは腕時計を見てそう言い、笑みを浮かべた。
「・・・?」
シンジが首を傾げたとき、サイレンが鳴り響いた。
同時に、街の様子が一変した。
「・・・うわぁ・・・ビルが生えてくる・・・」
「・・・ここが使徒迎撃専用都市、第三新東京市・・・私達の街・・・ そして、あなたが守った街よ・・・」
ミサトの言葉を聞いて、シンジは感動を覚えながら、みるみる変わっていく街に、すっかり見とれていた。

138 :第弐話 見知らぬ、天井:2006/10/11(水) 21:11:02
「・・・すごい・・・」
呟いたシンジに、ミサトはそっと言った。
「シンジ君・・・ありがとう・・・この街を・・・私達を護ってくれて・・・」
「・・・ミサトさん・・・」
「・・・ここね・・・あたしのお気に入りの場所なの。
・・・でも、今まで誰も連れてきた事、無いのよ・・・」
「・・・」
「・・・シンジ君にね、見て貰いたかったの。あたしのお気に入りの場所を・・・」
聞きようによっては告白にも聞こえる言葉に、シンジは驚いてミサトの顔を見つめた。
「・・・ミ、ミサトさん・・・」
「・・・あは、ごめんね。こんなこと言って・・・。さ、行きましょ」
ミサトは少し恥ずかしそうに言った。
もちろん、全て計算ずくである。
対使徒専門特務機関ネルフの作戦部長を任されるだけあって、 ミサトの作戦立案能力は、かなりのものだった。
(・・・こうして少しずつ、シンジ君の心を掴むのよ! ・・・目指せ『女指揮官と年下の部下の禁断の恋』よぉぉっ!)
自分の車に戻りながら、ミサトはシンジに見えないようにほくそ笑んだ。恐るべき策士である。

139 :第弐話 見知らぬ、天井:2006/10/11(水) 21:12:46
スーパーによった二人は、夕食の買い物を始めた。
「・・・今夜はシンジ君の歓迎会よ!」
ミサトは張り切ってレトルトものを買いあさっている。
(・・・全部レトルト・・・それにビール・・・どういう生活をしてるんだろ?)
かごの中を調べたシンジは、首を傾げた。
「・・・どうしたの、シンジ君?」
「え、いえ・・・」
思わず口ごもったシンジに、ミサトは微笑みかけた。
「・・・今日はちょっと急だったからあれだけど、今度はあたしが手料理をごちそうしてあげるからね」
張り切っていうミサトに、シンジは愛想笑いを見せた。
コンフォートマンション17・・・ネルフが買い上げたマンションに到着した。
「・・・さあ、ここよ。・・・シンジ君の荷物は先に届いているはずよ。さ、入って」
ミサトは自室のドアを開けると先に入った。
「・・・お、お邪魔します・・・」
そう言ったシンジに、ミサトは少し怒った顔をして言った。
「違うわよ。今日から、ここがあなたの家なのよ」
「あ・・・た、ただいま・・・」

140 :第弐話 見知らぬ、天井:2006/10/11(水) 21:13:45
俯いて上目遣いにおずおずと言うシンジ。
「・・・お帰りなさい」
ミサトは、自分に出来る目一杯優しい声で応え、内心ほくそ笑んだ。
(・・・『優しい家族計画』発動よ!これでシンジ君の心をときほぐすのよ!)
「・・・じゃ、あがって。遠慮しなくて良いからね」
「は、はい」
気さくに言ったミサトに続いてシンジがその部屋に上がると、そこには、 とんでもない光景が広がっていた。
「・・・」
シンジは、絶句して目を見張った。
そこは、まるで夢の島のようだった。
廊下や部屋の中にうずたかく積まれたゴミの山。
ビールの空き缶やコンビニ弁当の殻などが、無造作に置かれている。
そして、部屋の隅の方には、シンジのスポーツバッグと何かのケースが、 ぽつんと置かれていた。
「・・・あら?シンジ君の荷物、どこかしら?」
ミサトは、部屋の惨状など全く気にもせずに、辺りを見回して言った。
「・・・そこにあります」
「それにしちゃ、少なすぎない?」

141 :第弐話 見知らぬ、天井:2006/10/11(水) 21:15:15
そう言ったミサトに、シンジは少し悲しそうな顔をした。
「・・・必要、ありませんから・・・」
その顔を見て、ミサトは少し眉を寄せたが、何も言わずに自分の部屋に向かった。
(・・・取り敢えず、片づけなきゃ・・・)
シンジは、ミサトが自分の部屋に入っていったのを確認すると、キッチンに行き、
まずは洗い物から始めた。
両親と同じ家で暮らしていた幼い頃から、家事の出来ない両親に代わって
全てをやっていた事もあり、その手際は特筆すべきものだった。
山のように積まれていた食器が、あっという間に綺麗になっていく。
雑巾を洗い、絞って棚を拭き、そこに食器を並べて行く。
途中で棚から発見した、一度も使われた形跡のないゴミ袋に、ゴミを種別して手早く捨てていく。
シンジを誘惑するため、着替えに手間取ったこともあり、ミサトがリビングに戻った
時には、少なくともリビングとキッチンは、すっかり綺麗になっていたのだった。
ミサトが、それを見て目を丸くしたのは言うまでもない。
・・・悪いわねぇ。掃除までして貰っちゃって・・・」
ミサトは、美味しそうにビールを飲みながら言った。
「良いんです。お世話になるんですから。・・・もし良ろしければ、僕が家事を全てお引き受けしましょうか?」
シンジがそう言うと、ミサトは目を輝かせた。
「え?いいの?」
「ええ。小さい頃からやっていましたし、先生の家でもやっていましたから」

142 :第弐話 見知らぬ、天井:2006/10/11(水) 21:21:05
そう応えながら、シンジは別のことを考えていた。
(・・・あの様子じゃ、ミサトさんに任せたら、とんでもないことになりそうだし・・・僕はまだ死にたくないし・・・)
結構失礼なことを考えるシンジ。
「・・・悪いわね。それじゃ、お願いしようかしらね?」
ミサトはそう言って微笑んだ。
(・・・ラッキー!シンジ君ってばすごい手際良いし、この様子なら、
洗濯も料理も期待できそうだし・・・これはますます燃えてきたわぁ!ぜえぇったいに落とすわよぉ!)
そんなことを考えながら、ミサトは慣れた様子でレトルト食品を暖め、取り出してきてテーブルに並べた。
「・・・あれ?ミサトさん、こっちの冷蔵庫は?」
シンジも手伝おうと思いキッチンに行くと、先ほどは気付かなかったことに気がついた。
なぜか、冷蔵庫が、大きい方と小さい方と、二つあるのだ。
「・・・あ、小さい方ね?そっちは良いわ。まだ寝てると思うから」
「・・・寝てる?」
答になっていないミサトの返事に、シンジは思わず首を傾げた。
仕方なく、大きい方の冷蔵庫を開けて中を確認する。
「・・・ビールばっかり・・・あ、氷・・・おつまみ?・・・どういう生活・・・って、さっきの通りか・・・」
先ほど片づけたゴミの山を思い出し、シンジはため息をついた。

143 :第弐話 見知らぬ、天井:2006/10/11(水) 21:21:43
レトルトだらけの夕食が終わり、手際よくゴミを片づけて行くシンジ。
その後ろ姿を見ながら、ミサトはにやにやしていた。
(・・・くぅっ!燃えるわぁ!かいがいしく世話をしてくれる美少年と、それを優しく見守る
大人の雰囲気たっぷりの美女!たまらないわ!)
「・・・ふぅ」
やがて、シンジが片づけを終えてミサトの方を振り返った。
瞬間的に、ニヤニヤ笑いを優しげな微笑みにかえたミサトは、先ほどまで考えていた事
などまるで感じさせない、邪気のない様子で言った。
「ご苦労様、シンジ君。こっちはもう良いから、お風呂にでも入っていらっしゃい」
「は、はぁ・・・それじゃ・・・そうさせてもらいますね」
そう言ったシンジに、ミサトがにやっと笑って、からかうように言った。
「・・・背中、流してあげようか?シ・ン・ちゃん!」
「なっ・・・い、良いですよ!そんなの・・・」
シンジは、顔を真っ赤にして慌てて断った。
「ふふっ。それじゃ、入ってきなさい」
「は、はい」
シンジが頷いてスポーツバッグから数少ない私服を取り出して風呂に向かうと、
ミサトの顔がだらしなくゆるんだ。

144 :第弐話 見知らぬ、天井:2006/10/11(水) 21:23:06
「・・・へへへぇ・・・」
本当にだらしない表情でシンジの荷物を見るミサト。
(・・・シンちゃんの服、シンちゃんの下着、シンちゃんの・・・)
そんなことを考えながら、ミサトはシンジが風呂に入ったことを確認して、
そのバッグの方にそろそろと歩み寄っていった。
・・・まるで痴女である。
(・・・えーと・・・着替えに、Tシャツが2,3枚と・・・短パンが2枚・・・だけ?
・・・まさか、これだけしか持ってないの!?)
バッグの中身を見て驚いたミサトは、そのバッグの横にもう一つ、見覚えのない
ケースが置かれているのに気付いた。
(・・・あら?こんなの、うちにあったかしら?)
考えながらそのケースを開けてみると、そこには、大きな弦楽器・・・チェロが収められていた。
「・・・チェロ?・・・まさか・・・シンちゃんが?」
そう言いながら、ミサトはシンジが正装してチェロを弾くシーンを思い浮かべ、思わずにやけた。
(・・・意外と、って言っちゃなんだけど・・・シンちゃんに似合いそうねぇ・・・
聞いてみたいわね・・・それに、着替えがたったこれだけなんて・・・
ユイ博士と碇司令に報告の必要があるわね・・・)

145 :第弐話 見知らぬ、天井:2006/10/11(水) 21:23:59
この時、戦自の防衛大学を主席で卒業したほどのミサトの頭脳は、自らの欲望を満たすため『だけ』にフル回転していた。
この事を、シンジを溺愛している二人に言えば、シンジの身の回りのものを買う金くらいは、簡単に出してくれるだろう。
もし断られたとしても、現状でシンジが好意を抱いている自分がシンジとゲンドウ達の間に
立って仲直りの仲介をするからと言えば、あの二人なら必ずこちらの言うことを聞くだろう。
ついでに自分好みの服を買って着せれば・・・などと計算しているのだ。
(ついでに黒のタキシードなんか着せちゃって、二人だけの時にチェロを演奏して
貰ったりして・・・んきゃー!シンちゃん、格好いいっ!)
・・・やはり、策士である。
やがて風呂から上がってきたシンジは、ミサトに一言挨拶して、荷物を持って宛われた部屋に入っていった。
そこは、この家にしてはかなり綺麗な部屋で、シンジが手を下すまでもなく、十分人間の生活できる部屋だった。
「・・・ふぅ・・・」
ベッドに横になったシンジの脳裏に、先日の戦いの様子が思い浮かんできた。

146 :第弐話 見知らぬ、天井:2006/10/11(水) 21:24:45
射出された初号機。
少し離れた正面には、先ほど直接見た異形のモノ『使徒』が立っていた。
「・・・シンジ君、良い?」
ミサトの声が、急激な制止Gに顔をしかめていたシンジに、現状を認識させた。
「は、はい!」
「・・・エヴァンゲリオン初号機、リフトオフ!」
ミサトの声と共に初号機を固定していたアームが外れ、初号機は上半身を微かに
前に倒し、手をだらりとぶら下げた。
「み、ミサトさん、どうすれば・・・」
「シンジ君!落ち着いて!まず、歩くことだけを考えて・・・」
ミサトが、ディスプレイに映るシンジに言った。
「歩く・・・」
シンジが呟いた時、初号機は足を踏み出した。
「おお・・・」
その映像を見て、発令所にざわめきが起こった。
「歩いた・・・」
リツコは感極まったように呟いた。
「・・・歩く・・・」

147 :第弐話 見知らぬ、天井:2006/10/11(水) 21:28:21
再びシンジが呟き、初号機は前に足を踏み出そうとしたが、バランスを崩したのか、
顔から近くのビルに突っ込んでしまった。
「っ!」
シンジは、自分の顔面に何かがぶちあたったような痛みが響いてきたことに驚き、
苦痛の声を上げた。
「し、シンジ!大丈夫か!?」
「シンちゃん!痛いの!?」
成り行きを見守っていたゲンドウとユイがシンジの苦痛の声を聞き、慌てて叫んだ。
「・・・シンジ君!早く起きあがって!」
ミサトが、追い打ちをかけるように叫ぶ。
「えっ・・・?」
シンジが目の前のディスプレイに目をやると、そこには、アップになった使徒の姿があった。
「う、うわぁ!」
「シンジ君!」
発令所に居る者達が見守るなか、初号機はいつの間にか目の前に来ていた使徒に、その頭を掴まれた。
「わぁぁっ!」
恐怖に襲われ、叫ぶことしかできないシンジ。

148 :第弐話 見知らぬ、天井:2006/10/11(水) 21:28:57
「・・・逃げて!」
ミサトが叫ぶが、シンジにはその声すらも届いていない。
使徒は左手で初号機の頭を掴んで持ち上げると、右手でその左腕を掴んだ。
本当に自分の腕を掴まれているかのような痛みに、シンジは混乱しきって叫んだ。
「うわ、うわぁ!」
使徒は、そのまま初号機の左腕を握り締めた。
「!」
次の瞬間、何かが砕けるような鈍い音と共に襲ってきた激痛に、シンジはもう声も上げられなかった。
初号機の左腕は、使徒が握っている部分から、変な方向に折れ曲がっており、力無くぶらぶらとしていた。
「落ち着いて、シンジ君!あなたの手じゃないのよ!」
ミサトが真っ青になって叫んだ。
「・・・左腕損傷!」
「シンクロ率、低下します!」
オペレーター達が報告する。
そんな中、今度は頭を掴んだ使徒の右腕の肘から、光の棒が出てきた。
「!!」

149 :第弐話 見知らぬ、天井:2006/10/11(水) 21:29:33
見守ることしか出来ない発令所の面々の前で、使徒は、初号機の頭に直接光の槍を打ちつけた。
左目を襲う激痛に、シンジはただ手で押さえることしか出来ない。
「装甲、もう持ちません!」
マヤの報告の直後、使徒の光の槍は初号機の頭部を貫き、そのまま初号機を背後のビルに叩きつけた。
「!」
ユイとゲンドウは、声も出ずに蒼白な顔をしている。
「頭部破損!損害不明!」
発令所のディスプレイに、回路が断線していく様子が映し出された。
すでにエントリープラグ内の映像は映っていない。
「シンクログラフ反転!パルスが逆流しています!」
マヤの前のモニターに、三本のハーモニクスグラフが離れていく様子が映っている。
「!逆流をせき止めて!」
リツコが慌てて叫んだが、マヤは必死にキーボードを叩きながら叫んだ。
「ダメです!信号拒絶!」
「・・・くっ!・・・ここまでかっ・・・直ちに作戦中止!パイロットの保護を最優先!
エントリープラグの射出を急いで!」

150 :第弐話 見知らぬ、天井:2006/10/11(水) 21:35:13
シンジに何かあったらゲンドウとユイからどのような扱いを受けるか恐怖した
ミサトの命令が発令所に響くが、オペレーターの叫びは無情だった。
「・・・ダメです!信号拒絶!受信しません!」
「・・・し、シンジ君は・・・?」
「パイロット、モニターできません!生死不明!」
「初号機、完全に沈黙!制御不能です!」
オペレーターの報告に、ミサトはこれまでの人生で最大の絶望を味わった。
(・・・これで、あたしも終わりね・・・)
ユイは今にも倒れそうな自分を必死に支え、ゲンドウは力無く椅子に寄りかかっていた。
発令所を、絶望の雰囲気が支配しかけた、その時。
「・・・フオォォォッ!」
突然、メインディスプレイに映る初号機が吠えた。 その瞳には光が宿っている。
「・・・しょ、初号機、再起動!」
オペレーターの声が震えている。
「ま、まさか!なぜなの!?」
「・・・暴走・・・?」
リツコとミサトが呆然と呟く。

151 :第弐話 見知らぬ、天井:2006/10/11(水) 21:35:45
その視線の先には、拘束具を引きちぎって叫ぶ初号機の姿があった。
叫び終えた初号機は、使徒を見ると、何の前動作も無しにいきなり飛んだ。
空中で一回転して使徒の胸に蹴りを入れ、突然のことで対応できなかった使徒が
倒れ込むと、その上に馬乗りになり、右手で何度も殴りつけた。
使徒は、両手を使って初号機を掴み、投げ飛ばして立ち上がった。
投げ飛ばされた初号機は空中でバランスを取って綺麗に着地し、そのまま初号機は再び使徒に向かって走って行く。
ガキィン!
固いもの同士がぶつかり合ったような音がして、初号機が止まった。
見れば、初号機と使徒の間に、光る壁のような物がある。
「・・・ATフィールド!?」
リツコが、心底驚いたような声で叫んだ。
「・・・ATフィールドがある限り、使徒には接触できない!」
ユイが叫んだ。
画面の中の初号機は、何度か目の前の赤い壁を殴りつけると、肘の先から折られている左手をあげた。

152 :EPISODE:02 THE BEAST:2006/10/11(水) 21:36:49
「え?」
ミサトの困惑した声が響いた。
次の瞬間、初号機の左腕にぶくぶくと肉が盛り上がり、瞬時に腕は回復していた。
「さ、左腕復元!・・・マジかよ・・・」
ロンゲのオペレーターの声が、皆の心を代表していた。
初号機は、両手をATフィールドにあてて、指を食い込ませた。
「・・・初号機からATフィールド展開!中和していきます!」
「いえ・・・浸食しているのよ」
リツコが冷静に訂正する。
やがて、初号機はATフィールドを破り裂いた。
「・・・すごい・・・」
誰かのつぶやき。
そのまま初号機は使徒に襲いかかり、殴り倒して馬乗りになり、その胸の部分にある光球を殴り始めた。
何度も殴っているうちに、光球にひびが入り始めた。
次の瞬間、使徒は丸まりながら初号機の上半身に取り付いた。
「・・・自爆する気!?」
ミサトが叫んだ次の瞬間、ディスプレイはとてつもない光に包まれ、スピーカーは轟音を伝えてきた。

153 :EPISODE:02 THE BEAST:2006/10/11(水) 21:37:48
「・・・」
やがて光が収まってくると、ミサトが言った。
「え、エヴァは?シンジ君はどうなってるの!?」
「・・・画像が復活します」
ディスプレイに、炎に包まれた巨大な人影が映った。
「!」
ずしん、ずしん・・・。
足音をさせながら、初号機が炎の中から現れた。
少なくとも、使徒の自爆程度では初号機を傷つけられなかったようだ。
炎をバックに背負って歩く初号機の、まるで悪魔のような姿に、ミサトが呟いた。
「・・・あれが・・・エヴァの、本当の・・・姿・・・」
「・・・か、葛城一尉・・・」
眼鏡のオペレーターに呼びかけられたミサトが、はっとして叫んだ。
「!パイロットは!?」
その時、初号機は力を失ったように前のめりに倒れ込んだ。
「・・・初号機パイロット、生命反応有り!脳波が多少乱れていますが、肉体的には異常は無いようです!」

154 :名無し専門学校:2006/10/11(水) 21:38:11
http://paoletta.mylovething.com/livej/index.htm

155 :EPISODE:02 THE BEAST:2006/10/11(水) 21:38:20
マヤの報告に、死んだようになっていたゲンドウとユイが復活した。
発令所内は、歓声と興奮に包まれていた。
「・・・シンちゃんの保護を最優先!」
ユイが叫ぶと、ゲンドウが続けた。
「急げ!シンジを見殺しにする気か!」
この命令はすぐさまネルフの全部隊に伝えられ、二人の親バカぶりは、伝説としてネルフ中に伝えられることになった。
その時、シンジは、ふと気を取り戻した。
「・・・ここは・・・ってー・・・」
身体の各部にわずかに痛みを感じて、思わず呟いたシンジは、目の前のディスプレイ一杯にアスファルトが広がっている事に気付いた。
「えっ?えっ?」
状況が理解できないシンジ。
「・・・僕は・・・ここは・・・あっ!」
先ほどの恐怖と激痛が甦ったのか、シンジは再び気を失ってしまった。

156 :EPISODE:02 THE BEAST:2006/10/11(水) 21:39:21
ベッドの上であの恐怖を思い出したシンジは、震えながら頭から毛布をかぶり、身体を丸めて縮こまった。
「・・・シンジ君?」
ちょうどその時、ミサトがふすまを開けた。
「・・・」
布団にくるまって震えているシンジを見て、ミサトは内心にやりと笑みを浮かべ、シンジに歩み寄った。
「・・・シンジ君・・・」
ミサトは優しく声をかけながら、そっとシンジのかぶっている布団をはがした。
「・・・み、ミサトさん・・・」
震える声で自分を見上げるシンジにミサトは微笑みかけ、その豊満な胸の中にシンジを抱き寄せた。
「・・・怖かったんでしょ、シンジ君・・・ごめんね・・・」
ミサトがシンジの耳元で囁くと、ビクッと体を震わせたシンジは、ミサトに抱きついて
その背中に両手を回し、肩を震わせて泣き始めた。
「・・・ごめんね・・・もう大丈夫だから・・・」
ミサトがシンジの耳元で囁くと、ビクッと体を震わせたシンジは、ミサトに抱きついて
その背中に両手を回し、肩を震わせて泣き始めた。
「・・・ごめんね・・・もう大丈夫だから・・・」
ミサトは優しく囁き、その背を軽く撫でてやりながら、心はハッピーダンスを踊っていた。
(・・・これよ、これ!やっぱりショタが一番よぉー!あぁ、この感触・・・!今すぐ死んでも悔いは無いわぁーっ!)
ミサトに抱かれて泣いていたシンジは、落ち着いたのか、少し離れて涙を拭いた。

157 :EPISODE:02 THE BEAST:2006/10/11(水) 21:40:02
「・・・す、すみません・・・」
真っ赤になりながら言うシンジに、ミサトは微笑みを見せた。
「ううん・・・あたし達がシンちゃんに無理を言ったんだから・・・謝ったりしないで。ね?」
「・・・は、はい・・・」
「・・・シンちゃんは、あたしが護ってあげるから・・・」
「み、ミサトさん・・・」
まるで告白のようなミサトの言葉に、シンジはますます顔を赤くした。
「・・・シンちゃん・・・」
「ミサトさん・・・」
じっと見つめ合う二人。
(くぅっ!このまま熱いラブシーンへ突入よ!)
などと考えているミサトだったが、そうはいかなかった。
夜の10時過ぎだというのに、電話がかかってきたのだ。
ベルが静まり返ったマンションの一室に鳴り響き、その音で、雰囲気に飲まれていた
シンジは我に返り、慌ててミサトから離れた。
(・・・ちっ!どこのどいつよ!あたし達の愛の時間を邪魔する奴は!)
そう考えながらシンジから離れ、リビングに置いてある電話にミサトは向かった。

158 :EPISODE:02 THE BEAST:2006/10/11(水) 21:40:45
「・・・誰よ」
思い切り無愛想に電話に出たミサトだが、次の瞬間、後悔した。
「・・・私よ、ミーちゃん」
特務機関ネルフの作戦部長であり、当年取って29歳のミサトをこう呼ぶ人物は、
ミサトの脳裏の人物データには一人しか居ない。
「ゆ、ユイ博士!?・・・す、すみません。眠っていたもので・・・」
ミサトは慌てて謝った。
さすがのミサトも、総司令官ゲンドウの妻であり『東方の三賢女』と呼ばれる
天才科学者のうちの一人であり、10歳も年上のユイには頭が上がらないのだ。
おまけに、ユイが本当に怒ったらめちゃめちゃ怖いという事を知っている一人であり、
何よりもその激怒を恐れているうちの一人なのだ。
「・・・シンちゃんはいるかしら?」
「は、はい!お待ち下さい!」
そう言ってミサトはシンジの部屋に駆け戻った。
「・・・ミサト、さん?」
不思議そうなシンジを見て、ミサトは気を取り直した。
(落ち着いて、ミサト。シンちゃんに格好悪いところを見せられないでしょ!)

159 :EPISODE:02 THE BEAST:2006/10/11(水) 21:41:41
自分を叱咤して、ミサトは落ち着いた声で言った。
「・・・シンちゃん、お母さんから電話よ」 「・・・出たくありません・・・」
シンジは、母の名前が出た瞬間に身体を震わせ、そう言った。
「・・・わかったわ」 ミサトはそう応えて、すぐに策を練った。
「・・・もしもし」 「・・・ミーちゃん?」
「すみません、ユイ博士。シンジ君は、電話に出たくないって言ってますけど・・・」
ミサトがそう言うと、ユイは黙り込んだ。
「・・・」「・・・」
しばらく、二人とも黙っていた。
「・・・そう。それじゃ、また今度電話するわ。夜分にごめんね・・・」
「いえ・・・」 ミサトがそう言うと、電話は切れた。
(・・・くっくっくっ・・・これでシンちゃんに添い寝でもしてあげて・・・)
そう考えながらシンジの部屋に戻ったミサトだが、シンジはすでに安らかな眠りに入っていた。
それを見たミサトが悔しそうな顔をしたが、気を取り直してシンジの隣に横になり、
朝になってシンジが叫び声をあげて飛び起きたのは、また別の話である。

 第弐話 完

160 :第参話 鳴らない、電話:2006/10/11(水) 21:48:42
「・・・ええ。そうです。大人しくて、とてもいい子ですよね」
ミサトは、早朝からかかってきた電話に、真剣な顔で応えていた。
『そう。異常はないのね?』
電話の相手はユイだった。
こうして、毎朝シンジの様子を聞くために電話をかけてきているのだ。
だが、シンジは意地を張って、決して電話に出ようとはしなかった。
このため、ミサトの睡眠時間は大いに減り、睡眠不足が続いていた。
「それが・・・」
『・・・何?』
口ごもるミサトに、ユイの声が少し緊迫したものになった。
「・・・こちらにきてすぐに、必要だろうと思って、携帯電話を渡したんです。
友達との連絡にでも使って、って言って・・・」
『・・・』
「・・・それなのに、まだ一度も使って無いみたいなんです」
『・・・そう・・・』
「シンジ君・・・その・・・友達が居ないのかと思って・・・」
おずおずと言ったミサトに、ユイはため息をついたようだった。
『・・・そう、わかったわ。ありがとう、ミーちゃん』
「い、いえ。では、失礼します」
そう言って電話を切ったミサトは、大きな欠伸をして、もう一度眠ろうとして布団に入った。

161 :第参話 鳴らない、電話:2006/10/11(水) 21:50:18
その時、シンジがミサトの部屋に入りながら声をかけた。
「・・・ミサトさん、朝ですよ。起きて下さい」
第三使徒との戦いから二週間が過ぎ、今日からシンジは第三新東京市立第一中学校に通うことになっていたのだ。
そして、ミサトはその保護者代わりとして手続きをしに学校に行かなければならない。
「・・・んん・・・」
「ほら、ミサトさん。起きて下さいよ」
シンジは、余り学校というところが好きではなかった。
著名な科学者である父と母。
その父と母は、シンジの親としての義務を何も果たさなかった。
年に一度の参観日でさえ、研究所を離れることはなかったのだ。
その事をクラスメイトに指摘され、虐められた経験のあるシンジは、あまり学校が好きではなかった。
もちろん、ユイとゲンドウは研究など放ってでも授業参観に行きたかったのだが、
毎年、授業参観と同じ時期に、当時所属していた研究所に国連からの監査員を
迎えていて、どうしても仕事を休めなかったため、涙を飲んで我慢していたのだ。
当時から、世界でも有数の科学者であり、国連軍にも所属していた二人は、シンジの学校での様子も、しっかりチェックしていた。
当然ながら、シンジを虐めた子供の親に対して、ゲンドウは苛烈なほどの警告を発していた。
バックに巨大な力をつけているゲンドウには、誰も逆らうことなど無く、子供達は自然とシンジを避けるようになっていたのだ。

162 :第参話 鳴らない、電話:2006/10/11(水) 21:51:45
それを知ったユイは、ゲンドウに対して激怒し、一時は離婚も考えたが、
ゲンドウが平謝りに謝り、なんとか事なきを得たのだ。
今ではゲンドウはネルフの総司令、そしてユイは第二副司令である。
ミサトからそれを聞いたシンジは、ただ無表情に『そうですか』と応えただけだった。
「・・・んー・・・シンちゃん・・・?」
「ミサトさん。起きないと食事抜きですよ」
シンジはそう言ってキッチンに戻った。
「・・・全く・・・だらしないんだから・・・」
ミサト本人が聞いたらがっくりと肩を落としそうな事を呟き、シンジはキッチンで朝食の支度を始めた。

第一中の2−Aの教室は、登校してきた生徒達のざわめきに包まれていた。
「・・・ねぇ、相田君」
そばかすでお下げの少女が、眼鏡の少年に声をかける。
「ん?なんだい、委員長?」
相田と呼ばれた眼鏡の少年が、眼鏡を指で押し上げて訪ねた。
「・・・今日、転校生が来るんだよね?」
「ああ、そうだな。男だって話だけど・・・」
「そう・・・と、ところで、鈴原、最近ずっと休んでるけど、どうしたのかな?」
少し顔を赤くして言う少女。

163 :第参話 鳴らない、電話:2006/10/11(水) 21:52:55
眼鏡の少年はこのお下げの少女−洞木ヒカリ−が、自分の親友に特別な感情を持っていることに気付いていた。
「・・・さあね。この間のロボット事件で、大けがでもしたかな?」
「えっ!?で、でも、テレビじゃ一人も居なかったって・・・」
「まさか。鷹巣山の爆心地見たろ?入間や小松の部隊だけじゃなくて、三沢や九州の
部隊まで出動してんだよ?絶対、十人や二十人じゃすまないよ。死人だって出てるかも知れないじゃないか」
二人が喋っていると、勢い良く教室の扉が開き、ジャージ姿の少年が入ってきた。
「鈴原・・・」
「よう、トウジ」
二人は、ジャージ姿の少年−鈴原トウジ−に声をかけた。
・・・なんや。ずいぶんと減ったみたいやな・・・?」
ジャージの少年は不機嫌そうな顔で二人に歩み寄りながらそう言った。
「疎開だよ、疎開。みんな転校しちゃったよ。街中であれだけ派手に戦争されちゃぁね」
「・・・喜んどるのはお前だけやろな、ケンスケ。生でドンパチ見られるよってに」
そう言われた眼鏡の少年−相田ケンスケ−は、トウジにビデオカメラを向けながら、冗談半分で訪ねた。
「まぁね・・・トウジはどうしてたの?こんなに休んじゃってさ。この間の騒ぎで、巻き添えでも食ったの?」
「・・・妹の奴がな・・・」
トウジは、苛立ちと悲しみに包まれた表情で答えた。

164 :第参話 鳴らない、電話:2006/10/11(水) 21:53:55
「・・・妹の奴が、瓦礫の下敷きになってしもうたんや。命は助かったんやけど、
ずっと入院しとんのや。・・・うちんとこ、おとんもおじんも研究所勤めやろ?
今、職場を離れるわけにはいかんそうやし・・・。わしがおらんと、あいつ、病院で一人ぼっちになってまうんや・・・」
そう言って、トウジは左の手のひらに自分の右の拳を打ちつけた。
「・・・しっかし、あのロボットのパイロット、ほんまヘボやな!無茶苦茶腹立つわ!味方が暴れてどないするっちゅうんじゃ!!」
「・・・トウジ・・・」
「・・・鈴原・・・」
騒がしい教室の中で、三人だけが沈黙した。
がらがらがらっ。
その時、扉が開き、担任である老教師が入ってきた。
委員長であるヒカリが、気を取り直して慌てて号令した。
「起立!礼!着席!」
「・・・えー、今日は、みなさんに新しいお友達を紹介します。碇君」
老教師がそう言って廊下の方を見た。
その声を聞いて、シンジは少し緊張した様子で教室に入ってきた。
おずおずと入ってきたシンジを見た女子生徒達は歓声を上げた。
当然だろう。

165 :第参話 鳴らない、電話:2006/10/11(水) 21:54:56
シンジは、重度のショタコンであるミサトを一目で魅了したほどの美少年であり、
大人しそうな雰囲気は、中性的な容姿と相まって、シンジの弱々しさを際だたせていた。
当然、男子生徒からは、強烈な嫉妬の視線を受けている。
だが、次の瞬間、教室はピタッと静まり返った。
「あー・・・静かにして下さい。では、碇君。自己紹介をして下さい」
老教師に言われ、教壇まで来たシンジは、少し頭を下げた。
「・・・い、碇シンジ・・・です・・・よ、よろしくお願いします」
それだけを言うと、シンジは恥ずかしそうに俯いた。
「・・・きゃーっ!可愛い!」
などと言う女子生徒の声が聞こえると、シンジは顔を赤く染めた。
その様子がますます女子生徒達に歓声を上げさせ、男子生徒達の嫉妬心を煽った。
(・・・こ、怖いよ・・・助けて・・・ミサトさん・・・)
嫉妬や値踏みするような様々な視線を受けて、シンジは微かに震えていた。
「・・・では、碇君の席は・・・洞木さんの隣の席に座って下さい」
「は、はい」
老教師に言われ、シンジは少し俯きながら指定された席に向かった。
「・・・このクラスの委員長を務めている洞木ヒカリよ。よろしくね、碇シンジ君」
ヒカリは委員長として、微笑んで挨拶をした。
「う、うん。よろしく・・・」
まだ緊張しているのか、シンジはぎこちない笑みを浮かべて応えた。

166 :第参話 鳴らない、電話:2006/10/11(水) 22:01:09
「・・・洞木さん。碇君が慣れるまで、色々と教えてあげて下さいね」
老教師はそう言って教室を出ていった。
「・・・ねぇねぇ、碇君?どこからきたの?」
早速、何人かの女子生徒達がシンジの席に来た。
「あ、あの・・・第二新東京からだけど・・・」
「そうなんだ。ご両親の仕事の都合か何かなの?」
別の女子生徒に尋ねられる。
「う、うん」
シンジが戸惑いながら応える。
「そう。それじゃ、ご両親と暮らしてるのね?」
「・・・ううん・・・何か・・・用事があるって・・・」
「えっ!?」
「それじゃ、一人暮らしなの?」
その言葉を聞いて、女子生徒達の頭に、とある一定の思考が浮かぶ。
(・・・それじゃ、食事とかどうしてるの?)
(・・・今度、ご飯作りに行ってあげようか?)
(遊びに行っても良い?きゃっ!)
勝手な想像をしている女子生徒達に、呟くようなシンジの言葉が届いた。
「・・・その・・・父さんの部下の人と一緒に、暮らしてるんだ・・・」

167 :第参話 鳴らない、電話:2006/10/11(水) 22:02:17
女子生徒達が、一様に残念そうな顔をした。
「・・・な、なんでそんな人と一緒なの?」
「・・・僕は・・・」
そう言って黙り込み、俯いてしまったシンジを見て、女子生徒達は胸を突かれるような思いがした。
憂いの表情を浮かべる美少年。
それを見ていた少女達には、シンジは母性本能を刺激する存在として捉えられた。
「・・・そ、それより、碇君って、付き合っている人って居るの?」
別の女子生徒が訪ねると、シンジは顔を上げてその女子生徒の顔を見つめた。
「・・・」
「あ、あの・・・ど、どうしたの?」
シンジに見つめられたその女子生徒は、真っ赤になってどもりながら訪ねた。
その女子生徒は、他の女子生徒達から睨み付けられている。
「い、いや・・・ご、ごめん。・・・付き合ってる人なんて・・・居ないよ・・・」
シンジが少し動揺した様子でそう言うと、女子生徒達は歓声を上げた。
「そ、それじゃ、あたし、シンジ君の彼女に立候補しちゃおうかなぁ」
一人の女子生徒が言うと、他の女子生徒達が怒ったような声を上げた。
「・・・何よ!一人だけ抜け駆けはずるいわよ!」
「そーよそーよ!」
そんな会話をしているとチャイムが鳴り、女子生徒達は自分の席に戻っていった。

168 :名無し専門学校:2006/10/11(水) 22:03:24
>>167
低レベルな書き込み氏ね!

169 :第参話 鳴らない、電話:2006/10/11(水) 22:03:35
朝に職員室で渡された教科書を取り出して、授業を受けているシンジの席の
コンピューターに、個人用チャット回線が開いた事を知らせるメッセージが出た。
「・・・?」
シンジがチャット画面を開くと、メッセージが届いていた。
『碇君って、あのロボットのパイロットってホント? Y/N』
不思議そうな表情をして教室内を見回すシンジの目に、教室の後ろの方で小さく手を振る二人の女子生徒が見えた。
『ホントなんでしょ? Y/N』
再びメッセージが届いた。
老教師は、セカンドインパクトについてひとくさり述べているが、もちろん、
一般世間で知られている通りの『表向きの発表』と言う奴だ。
シンジは少し考えた。
(・・・えーと・・・確か、黙ってろとは言われなかったよな・・・)
Y・E・Sと打ち込み、Enterキーを押した。
とたんに、教室中の生徒達が立ち上がって歓声を上げた。
どうやら、秘守モードではなかったようだ。
・・・老教師は、自分の世界にトリップしている。
「すっげー!」
「素敵ぃ!」
「格好いい!」
皆がシンジの周りに集まって思い思いに喋っている。

170 :第参話 鳴らない、電話:2006/10/11(水) 22:05:36
シンジは、驚いて言葉も出ない。
「・・・ちょっと!授業中じゃない!」
委員長洞木ヒカリが立ち上がり、注意するが、誰も聞いちゃいない。
「いいじゃんいいじゃん。なぁ、碇。あのロボット、何て言うんだ?」
「・・・み、みんなは、エヴァって呼んでるけど・・・」
「武器は?必殺技はぁ?」
「・・・武器は・・・プログレッシブナイフって言って・・・振動がどうとか・・・超音波でどうとか・・・」
シンジが戸惑いながら応えると、そのたびに歓声があがる。
そんなシンジを、トウジとケンスケは黙って見つめていた。
「・・・転校生・・・ちょっと面かせや」
昼休み、トウジに呼び出されたシンジは、裏庭へと向かった。
ばきっ!
トウジの拳がシンジの頬に命中し、シンジは倒れ込んだ。
「すまんのう、転校生。わしはお前を殴らなあかん。殴っとかな、気がすまんのや」
トウジは拳を握り締めたまま、そう言った。
「悪いな。こいつの妹、この前のロボット騒ぎで怪我しちゃってさぁ。
ま、そういうことだから・・・」
一緒についてきていたケンスケがそう言った。

171 :第参話 鳴らない、電話:2006/10/11(水) 22:07:03
去って行く二人に、倒れ込んでいたシンジが、起き上がって声をかけた。
「・・・僕にだって事情があるんだ・・・」 「・・・」
黙って振り返るトウジとケンスケ。
「・・・なんで、人に殴られてまで・・・あんな怖い思いをしてまで、あれに乗らなきゃならないんだ!ねぇ!教えてよ!」
俯いて叫んだシンジに、トウジとケンスケは驚いた顔をした。
「・・・て、転校生・・・」 「・・・ご・・・ごめん・・・わけのわからないこと、言って・・・」
シンジが再び謝った。
その時、シンジの懐から電子音が鳴った。
「っ!」
シンジがびくっと震えて、懐から携帯電話を取り出した。
「・・・はい・・・わかりました・・・」
シンジはそう言って、電話を切った。
「・・・」
何も言わずに黙って見守っているトウジとケンスケ。
「・・・ごめん。用事があるから・・・」
シンジはそう言うと立ち上がり、携帯電話を握り締めたまま、その場を走り去った。
二人は、黙って走り去るシンジを見送るだけだった。 シンジの姿が見えなくなると同時に、避難警報のサイレンが鳴った。

172 :第参話 鳴らない、電話:2006/10/11(水) 22:07:57
ネルフ本部発令所は、使徒襲来の報告を受け、大騒ぎだった。
『目標を高額で確認!領海内に侵入しました』
「総員、第一種戦闘配置!」
冬月が命令した。
『了解。対空迎撃戦用意』
オペレーターの報告が次々と届く中、ミサトとリツコは黙って使徒を見つめていた。
「・・・ゲンちゃんがいないのに、第四の使徒襲来、ですわね」
珍しく司令席の横に立っているユイが、出張に出ているゲンドウの代わりに、司令席に座っている冬月に言う。
「うむ・・・ユイ君、君も心配だろうな・・・」
「・・・ええ・・・でも・・・あの子なら、やってくれますわ」
ユイはそう言って、発令所のディスプレイに映っている使徒と、エントリープラグの
中で静かに操縦桿を握っているシンジを見ていた。
その表情は、いくつもの複雑な感情が入り交じったものだった。
「・・・ところで・・・ユイ君?」
難しい顔をして、冬月が再び口を開いた。
「・・・はい?何でしょう、冬月先生?」
ユイは、頭を切り替えてにっこり笑い、冬月に訪ねた。

173 :第参話 鳴らない、電話:2006/10/11(水) 22:09:02
「うむ・・・」
冬月は頷くと、口を開こうとしたが、すぐに口を閉じてしまった。
「・・・あー・・・そ、その・・・」
はっきりしない冬月。
「・・・はい?」
再び訪ねるユイ。その笑顔は、少し不審そうなものに変わっている。
「・・・すまん。忘れてしまったようだ。・・・私もとうとう呆けたか・・・」
そう言って遠くを見つめる冬月に、ユイの頬は少し引きつっていた。

第三新東京市にいくつもある避難所。
その一つに、第一中学校の生徒達が避難していた。
「・・・どや!ケンスケ?」
トウジが、ビデオカメラのアンテナを延ばしてTVを見ているケンスケに言った。
「・・・まただっ!」
愚痴るように怒鳴るケンスケ。
トウジが画面を覗き込むと、美しい風景をバックに、政府のメッセージを映した映像が見えた。
「・・・また文字だけなんか!?」
「報道管制って奴だよ!僕ら民間人には見せてくれないんだ。こんなビッグイベントだっていうのにさ!」
ケンスケはふてくされたように呟いた。

174 :EPISODE:03 A transfer:2006/10/11(水) 22:10:47
「碇司令の居ぬ間に第四の使徒襲来・・・か」
「前は十五年のブランク。今回は、たったの三週間ですからね」
眼鏡のオペレーターがミサトの独り言に応えた。
「こっちの都合はお構いなしか・・・女性に嫌われるタイプね」
ミサトは、ディスプレイに映る怪しげな紫のイカを見て言った。
「・・・委員会から、再びエヴァンゲリオンの出撃要請が来ています」
「うるさい奴らね。言われなくても出すわよ」
青葉の報告にミサトは顔だけ向けて言った。
(・・・ふふふ・・・シンジ君に活躍して貰って・・・今夜はご褒美よ!)
ミサトの顔が押さえきれない欲望にキラキラと輝いているのは、
付き合いの長いリツコだけがわかっていた。
(・・・ミサト・・・また何か企んでるわね・・・まぁ、どうせシンジ君がらみ
だろうし・・・私には関係ないわね。・・・少なくとも、今のところは・・・)
リツコは、トラブルメーカーの親友を横目で見ながら、密かにため息をついた。

175 :EPISODE:03 A transfer:2006/10/11(水) 22:12:00
「・・・なぁ、トウジ」
「な、なんや、ケンスケ?」
「・・・あいつ・・・殴ったりして、大丈夫だったのか?」
「・・・」
「転校生の事だよ。あの時の戦いで俺達を護ってくれたのに、殴ったりしてさ」
「う、うるさいわい!」
「・・・トウジ・・・ちょっと、付き合ってくれるか?」
「付き合えって・・・どこに行くんや?」
「・・・ちょっとな」
「しゃあないやっちゃなぁ・・・いいんちょ!」
トウジが声をかけると、ヒカリが振り向いた。
「何よ?」
「わしらふたり、便所や」
「・・・もう。ちゃんとすませておきなさいよね!」
ヒカリの声を聞くと、トウジとケンスケはその部屋を出た。
「・・・ケンスケ、話っちゅうのはなんや?」
「・・・外に出て見たいんだ」
「はぁ!?お前、何考えとるんや?」

176 :EPISODE:03 A transfer:2006/10/11(水) 22:13:24
「この機を逃したら、あるいは永遠に!・・・なぁ、頼むよ。力を貸してくれよ」
「外に出てどうするんや?」
「・・・この目で見たいんだ!頼むよ!」
「・・・」
「・・・お前には、あいつの戦いを見守る義務があるんじゃないのか?」
「・・・わかったわい!ったく。お前はほんまに自分の欲望に素直なやっちゃのう!」
トウジはケンスケを見て言った。

「・・・シンジ君。訓練通りATフィールドを展開、使徒のATフィールドを中和、
その後、パレットガンの一斉射撃。良いわね?」
「・・・はい」
「大丈夫よ。落ち着いて」
「・・・はい」
リツコとミサトの言葉に、ただ頷くだけのシンジ。
『・・・初号機、発進準備完了!』
「了解。シンジ君、良いわね?」
「はい」
相変わらず、シンジはただ頷いている。
「・・・エヴァンゲリオン初号機、発進!」
ミサトの命令が発令所に響き、初号機は上昇を始めた。

177 :EPISODE:03 A transfer:2006/10/11(水) 22:14:42
シンジは強いGに襲われ、歯を食いしばって耐えている。
少しの時の後、シンジは突然の衝撃と、Gが途切れる感覚を感じ、目を開けた。
「エヴァンゲリオン初号機、リフトオフ!」
ミサトの号令と共に、初号機が拘束から逃れ、シンジの制御下に入った。
「・・・頼むわよ、シンジ君」
「はい」
シンジは頷き、今は戦闘に集中する事にした。

「・・・おおっ!素晴らしい〜!あれが使徒か!」
学校の裏山にある神社に登ってきたケンスケが使徒を見て叫び、持ってきたカメラをまわし始めた。
「・・・」
一緒についてきたトウジは、使徒の威容に声が出なかった。
「まだ、転校生は出てないみたいだな・・・」
ケンスケが言う。
「なんでそないなこと、わかるんや?」
「あいつが乗っているのは、この間のロボットだろ?・・・おおっ!出たぁ!」
ケンスケが、射出されて現れた初号機にカメラを向けた。
「・・・あれに・・・あいつが・・・のっとるんか・・・」
鬼のような初号機の姿に、トウジがとぎれとぎれに言った。

178 :EPISODE:03 A transfer:2006/10/11(水) 22:15:50
シンジは初号機を操って、シャムシェルから見えないよう、ビルの影に隠れた。
(目標をセンターに入れてスイッチ・・・目標をセンターに入れてスイッチ・・・)
シンジは、教えられたとおりの言葉を何度も自分の中で繰り返し、緊張している心を落ち着けた。
「よし!」
ビルの影から飛び出し、シャムシェルにパレットガンを向けてトリガーを引いた。
ガガガガガガッ!
パレットガンは、シンジの狙い通り、シャムシェルに向かって
大量の劣化ウラン弾を撃ち出した。
シンジは、使徒を目前にした興奮のためにトリガーを引きっぱなしにしていた。
そして、シンジはこのとき、重大なミスをしていたのだ。
緊張の余り、『ATフィールドを中和』するのを忘れていたのだ。
パレットガンの爆煙でシャムシェルが見えなくなる頃、戦況を見守っていたミサトが叫んだ。
「バカ!爆煙で敵が見えない!」
その言葉は、的確だった。
だが、司令席にいる人物には、そうは思えなかったらしい。
「・・・ミーちゃん・・・」
突然、頭上から降ってきた身も凍るような声に、ミサトは全身を凍り付かせた。

179 :EPISODE:03 A transfer:2006/10/11(水) 22:17:31
碇ユイが、愛する息子をバカ呼ばわりされ、怒っているのだ。
「・・・あっ・・・あ、あの・・・い、今のは・・・」
慌てて弁解しようとするミサトだったが、その前に戦況が動いた。
爆煙の向こうから、光り輝く鞭が初号機を襲ったのだ。
「!」
シンジはとっさに避けることが出来たが、それは運が良かっただけのことだ。持っていたパレットガンが鞭に切り裂かれた。
「・・・っ・・・」
避けた際にバランスを崩して後ろに倒れ込んだ初号機を、爆煙の向こうから現れた
シャムシェルが、輝く鞭で再び攻撃してきたのだ。
「・・・くっ!・・・ど、どうしたら良いんですか!?」
シンジが発令所のミサトに指示を仰いだ。
「・・・パレットガンを射出するわ!受け取って!」
とっさにそう応え、射出ポイントを指定したミサトだが、その命令が、かなり無茶なものであることは、言った本人にもわかっていた。
使徒の鞭のスピードは早く、シンジは避けるだけで精一杯なのだ。
「そ、そんな・・・」
必死になって鞭を避けていたシンジだが、背後にビルがあることに気付かず、とうとう、鞭の攻撃を食らってしまった。
「う、うわぁっ!」
シンジの叫び声が発令所に届いた。 見れば、鞭が初号機の左足首に巻き付いている。
そのままシャムシェルは鞭をうならせて初号機を投げ飛ばした。

180 :EPISODE:03 A transfer:2006/10/11(水) 22:18:45
パレットガンを切断された初号機を見て、トウジが慌てたように言った。
「・・・お、おい、なんか、やられてるで?」
「大丈夫!まだこれからだよ!」
ケンスケはそう言いながら、初号機とシャムシェルの戦いをビデオで撮っている。
二人が戦況を見守っていると、初号機が捕まってしまった。
「えっ・・・」
次の瞬間、初号機が空高く浮かび上がったかと思うと、その姿がだんだん大きくなってきた。
「「・・・・うっ・・・うわあぁぁぁっ!」」
初号機が自分達の方に投げ飛ばされている事に気付いた二人は、叫びながらとっさに伏せた。

投げ飛ばされたシンジは、衝撃で真っ白になった頭を振って、意識を覚醒させようとした。
「アンビリカルケーブル断線!残り稼働時間5分を切りました!」
マヤが報告する。
「・・・シンジ君!?大丈夫!?シンジ君!」
「シンちゃん!」
発令所のミサトとユイが叫んでいる。
「・・・だ、大丈夫・・・えっ!?」
シンジは二人に応えようとしたが、その時、目の前のモニターの隅に、二人の人間の姿を発見した。
「あれは・・・!」
シンジは、すぐに、そこでうずくまっているのが、先ほど自分を殴った少年と、その連れであることを思い出した。

181 :EPISODE:03 A transfer:2006/10/11(水) 22:19:55
当然、その光景は発令所でも確認されており、すぐに二人に関するデータがディスプレイに映し出された。
「・・・シンちゃんのクラスメート!?」
ユイが叫んだ。
「なぜここに!?」
リツコも叫ぶ。
さすがに、驚いたようだ。
シンジも驚いていたが、すぐに目の前にシャムシェルが近づいてきていることに気付いた。
(・・・ここで動くと、彼らをつぶしちゃうかも知れない!)
「・・・くっ!」
シャムシェルの鞭が初号機を襲い、シンジはとっさにその鞭を掴んだ。
バチバチと音を立てている初号機の手。
当然、シンジの手にも焼け付くようなフィードバックが襲ってきている。

「・・・な、なんで動かんのや?」
ようやく顔を上げて状況を確認し、初号機と使徒の姿を見て呟くトウジ。
「・・・俺達がここにいるから、戦えないんだ!」
ケンスケはすぐに理解して叫ぶように言った。

182 :EPISODE:03 A transfer:2006/10/11(水) 22:21:08
「・・・シンちゃん!」
ユイが、痛みに苦しむシンジの姿を見て、その名を呼ぶ。
(・・・とにかく、シンジ君を自由に戦わせてあげなきゃ!)
「シンジ君!その二人をプラグに入れて!」
ミサトが決断して命令を下した。
「許可のない民間人を勝手にエントリープラグには入れられないわ!」
すぐさまリツコが反論する。
「・・・私が許可します」
リツコを横目で見て宣言するミサト。
「越権行為よ!葛城一尉!」
さらにリツコは言ったが、頭上から降ってきた声が二人の論争にケリをつけた。
「・・・葛城一尉の命令を正式に許可します」
「ユイ博士・・・」
リツコは、驚いたように司令塔のユイを見上げた。
「・・・エヴァは現行命令でホールド!エントリープラグ排出!急いで!」
ミサトの命令に、選りすぐられた優秀なオペレーター達はすぐに反応した。

183 :EPISODE:03 A transfer:2006/10/11(水) 22:22:53
初号機からエントリープラグが半分だけ射出され、ハッチが開いた。
「・・・そこの二人、乗って!早く!」
ミサトの声が外部拡声器から響き、トウジとケンスケは慌ててエヴァによじ登り、
ハッチに飛び込んだ。
「・・・がばごぼ・・・な、なんや、水やないか!?」 「あああっ!か、カメラ、カメラぁ!」
LCLに驚く二人。
当然、呼吸を我慢しているが、すぐに堪えきれなくなり、肺にLCLを吸い込んだ。
「・・・くっ!」
押さえつけたような声が二人に聞こえ、そちらを見ると、そこには、プラグスーツ姿のシンジの横顔があった。
「・・・転校生・・・」
トウジが、痛みに顔をしかめるシンジを見て、思わず呟いた。
「・・・シンクロ率ダウン!」 「ハーモニクスに誤差が生じました!」
「神経系統に異常発生!」
オペレーターの報告に、リツコは冷静に応えた。
「異物が二つも入ったのよ。当然ね」 「・・・」
ミサトは黙って様子を見守っている。
「残り稼働時間、2分32秒!」
マヤが緊迫した声で報告した。

184 :EPISODE:03 A transfer:2006/10/11(水) 22:24:34
シンジは、手に握っていたシャムシェルの鞭を引っ張り、押すように投げつけた。
シャムシェルはそれに反応できずに、初号機から少し距離をあけた。
立ち上がる初号機に、ミサトが命令した。
「シンジ君!時間がないわ!いったん退却して!ルートは三十四番。山の東側よ!」
(・・・僕は、何故戦ってるんだ?・・・ここで逃げたら・・・また同じ事の繰り返しじゃないのか!?)
「・・・逃げちゃダメだ・・・逃げちゃダメだ・・・逃げちゃ・・・ダメだっ!」
ぶつぶつと呟いていたシンジは、ミサトの命令も聞かずに、肩の拘束部に格納されているプログレッシブナイフを握り締めた。
「初号機、プログナイフ装備!」
「シンジ君!」
ミサトが叫ぶが、シンジは一気に山を駆け下り、シャムシェルに特攻を仕掛けた。
シャムシェルは鞭を突き出し、その先端が初号機の腹部に刺さった。
「ぐっ・・・」
激痛に呻くシンジ。
「シンちゃん!」
叫んで立ち上がるユイ。
「ぐ・・・ぐああぁぁぁぁっ!」
シンジは叫びながら操縦桿を握り締め、初号機はシンジの意志通り、手に握った
ナイフを目の前にある使徒のコアに突き立てた。

185 :EPISODE:03 A transfer:2006/10/11(水) 22:25:33
高周波音と火花を巻き散らしながら、ナイフはコアに突き刺さり、使徒は苦しみに
悶えるように身体をくねらせたが、コアをナイフで刺され、鞭は初号機の腹部に
突き刺さっているので、身動きがとれないようだった。
「うわぁぁぁぁぁっ!」
「残り時間、1分を切りました!」
シンジの叫びをバックに、刻々と減ってゆく残り稼働時間を読み上げるマヤ。
「・・・あのバカ・・・」
呟くように言って、叫ぶシンジを見守るミサト。
すぐにハッとして司令塔を見上げるが、どうやらユイはシンジの姿に見とれていて、
ミサトの発言には気付いていないようだった。
ミサトは、ほっとしながらディスプレイに目を戻した。

「あぁぁぁぁぁっ!」
「・・・」
「・・・」
シンジの叫びを目の当たりにして、トウジとケンスケは何も言えなかった。

186 :EPISODE:03 A transfer:2006/10/11(水) 22:26:43
「活動限界まで、残り10秒を切りました!9、8、7、6、5、4、3、2、1」
マヤのカウントダウンが続き、ミサトが絶望に引きずり込まれそうになった時、使徒のコアが輝きを失った。
「・・・ゼロ。初号機、活動限界です」
マヤに続き、ロンゲのオペレーターが報告した。
「目標、完全に沈黙しました」
発令所は、人々の安堵のため息で満たされた。
「・・・シンちゃん・・・」
「・・・」
ミサトは、厳しい顔をして、ディスプレイを見つめていた。
(・・・シンジ君・・・命令無視なんてするようには見えなかったのに・・・
でも・・・これでシンジ君に罰を与えるって口実で・・・ふふふ・・・)
その表情とは別に、ミサトの思考は暴走していた。

シンジは、活動限界に陥ってシンクロが途切れ、襲ってきていた激痛から解放された
とたん、全身の力を抜いて、どさっとシートに身体を預けた。
「・・・」
エントリープラグには、シンジの荒い呼吸だけが響いていた。
(・・・お前、いつもこんな戦いをしとんのか・・・)
(・・・転校生・・・)
トウジとケンスケは、ただその横顔を見守るだけしか出来なかった。

187 :EPISODE:03 A transfer:2006/10/11(水) 22:28:03
夕刻、回収された初号機のエントリープラグの中から降ろされて、連れて行かれた先で、
シンジの母と名乗る美女にたっぷりと叱られ、それが脅迫じみたものに変わってきた頃、
ようやくトウジとケンスケは解放された。
「・・・なぁ、ケンスケ」 「・・・ん・・・?」
「・・・なんでもあらへん・・・」 「そうか・・・」
すっかり暗くなった街を、俯いて歩く二人は、そんな会話を繰り返していた。
「・・・シンジ君」
エヴァから降りた後、シャワーも浴びることも出来ずに閉じこめられたシンジと、
後から部屋に入ってきたミサトが、暗い聴取室で相対していた。
「・・・」 「・・・どうして、命令を聞かなかったの?」
きつい調子で言いながらも、ミサトの脳裏にはとある作戦が立案されていた。
(・・・ここで、シンちゃんに『・・・心配したのよ、シンジ君・・・』とか言うと、
『ミサトさん・・・』ってシンちゃんが顔を上げて、『・・・お願い・・・あんなに
心配させないで!』『ミサトさん・・・』『あたし・・・貴方に何かあったら・・・』
『・・・』『・・・シンジ君・・・』・・・それで二人は良い雰囲気になって・・・
きゃーっ!たまらないわ!これよ、これ!今度こそ、シンちゃんをゲットするのよ!)
また暴走しているミサト。

188 :EPISODE:03 A transfer:2006/10/11(水) 22:28:55
しかし、それを全く表情に出さないあたり、奸智に長けた大人の女性だということであろう。
命令無視という重罪行為を犯したシンジへの罰則など、ミサトの頭には無いようだ。
もちろん、通常なら作動しているはずの監視カメラは、闇取引の結果、親友であるリツコの手によって止められていた。
「・・・すみませんでした・・・」
小さく呟くシンジ。
「・・・シンジ君・・・自分のしたことがわかっているの?」
「・・・」
「貴方のしたことは命令拒否よ。重罪だわ」
「・・・」
黙り込んで俯いているシンジに、ミサトはため息をついて言った。
「私は、貴方の上官です。貴方には、私の命令に従う義務があるの。わかるわね?」
「・・・はい」
「・・・そう。それなら、何故命令を拒否したの?使徒に特攻をかけたりして・・・」
ミサトがそう言うと、俯いていたシンジの肩がビクッと震えた。
「・・・すみませんでした・・・」
再び小声で謝ったシンジに、ミサトはもう一度ため息をついた。

189 :EPISODE:03 A transfer:2006/10/11(水) 22:30:13
(・・・今よ!ここが作戦実行の時よ!)
ミサトが作戦を実行に移そうとした時、聴取室のドアが大きな音を立てて開かれた。
「・・・シンちゃん!」
そう叫んで部屋に飛び込んできたのは、ユイだった。
シンジが命令無視をしたため、ミサトの事情聴取を受けると聞き、慌てて後始末を
冬月とリツコに全て押しつけて駆けつけてきたのだ。
「・・・母さん・・・」
「シンちゃん・・・無事で良かった・・・」
そう言って抱きついてこようとする母を、シンジは手で止めた。
「・・・し、シンちゃん?」
「・・・母さん・・・いえ、碇副司令。申し訳ございませんでした・・・」
そう言って頭を下げたシンジに、ユイは凍り付いた。
「シンちゃん・・・」
「・・・ミサトさん、すみませんでした」
ミサトにも頭を下げるシンジ。
「・・・う、うん。わかってくれれば良いの。そ、それじゃ・・・今日はもう良いわ。
疲れたでしょうから、帰って休みなさい・・・。あ、今夜は後始末で帰れそうにないから、夕食はいらないわ」
少し戸惑いながらそう言ったミサトは、心の中で、思いっきり地団駄を踏んだ。
(・・・くっ!ユイ博士が入ってこなければ、ラブラブ一直線だったのにぃ!悔しい!全く、最悪のタイミングね!)

190 :EPISODE:03 A transfer:2006/10/11(水) 22:31:12
もちろん、ユイが来ずに作戦が成功していたら、仕事などというものは、
全て部下に押しつけるつもりだったのだ。
シンジがもう一度頭を下げて聴取室から出て行くと、ミサトは気を取り直してユイに声をかけた。
「あ、あの・・・ユイ博士?」
「・・・」
反応がない。
どうやらユイはシンジに『碇副司令』と呼ばれたのが、よほどショックだったらしい。
全く動かないユイに、ミサトはもう一度、盛大なため息をついた。
「・・・ミサト」
初号機のデータを解析していたリツコが、おもむろにミサトに声をかけた。
「・・・なに、リツコ」
あの後、泣き崩れるユイを何とかなだめて、発令所に戻ってきたミサトは、
そこの喧噪を避けて、リツコの研究室に来ていたのだ。
疲れ果てた声で応えるミサトをちらっと横目で見てから、リツコは口を開いた。
「・・・シンジ君の心理データが、ちょっと変なのよ」
「え?・・・どういうこと?」
リツコの言葉に、ミサトは真剣な表情になって訪ねた。
「・・・戦いが始まる前からあの二人を収容するまでは、彼の思考はループ状になっているの」

191 :EPISODE:03 A transfer:2006/10/11(水) 22:32:36
「ループ?」
「ええ。同じ思考を何度も何度も繰り返している状態の事よ」
「・・・で?」
「使徒を投げ飛ばした直後、彼の思考はとある方向で安定しているわ」
「・・・それって・・・?」
「・・・つまり、あの瞬間、彼は迷っていたことに区切りをつけて、その後は自分なりの
意志を持って行動しているのよ。もっとも、それがなんなのかは全くわからないけど・・・」
「そう・・・」
何かを考えるようなミサトの表情を見て、リツコは軽く息を吐いてマグカップに口を付けた。
ミサトも、持っていたカップを口に運ぶ。
その中身はコーヒーだ。
あまりにも頻繁にミサトが入り浸るので、カップはミサト専用の物をおいてあるのだ。
「・・・で、それがなんなのかを知りたいのよ。あの時、異物を二つも飲み込んで
いながら、彼は初号機をコントロールして見せたわ。・・・下手をすると、暴走の
可能性もあったのよ?」
それを聞いて、ミサトは驚いたようにリツコを見た。
「・・・マジ?」
「・・・呆れた。貴女、わかってなかったのね?」
「悪かったわね・・・でも、最終的には、ユイ博士が許可したのよ?」

192 :EPISODE:03 A transfer:2006/10/11(水) 22:33:39
確かに、ユイは、もしも初号機が暴走したら自分の息子が確実に巻き込まれることを承知の上で、許可を下したのだ。
自分達が知っているユイなら、わざわざシンジを危険にさらすような事は絶対にしないはずだ。
それなら、あの場面で暴走することは無いと、知っていたのではないか?
「・・・そうね。エヴァのコントロール技術を造ったのは、あの人と母さんだものね」
そう言って、リツコは少し遠くを見つめるような顔をした。
「そうだったわね。・・・だとすると、あたし達が知らない秘密がエヴァにあるってことかしら?」
「・・・」
リツコは何も言わない。
「・・・で、話に出たけど、おばさま、元気?」
「ええ、おかげさまでね。毎週メールが来るわ。・・・いつもお見合いの話ばっかり。うんざりよ」
リツコは、口ではそう言いながらも、顔は微かに微笑んでいた。
そんなリツコを見て、ミサトは笑いを抑えるために苦労していた。
(・・・そう言えば、リツコも来月には三十歳になるはずね。・・・おばさまが焦る訳よね・・・)
そう考える自分が、リツコと同級生であると言うことには、思い至っていない。

193 :EPISODE:03 A transfer:2006/10/11(水) 22:34:25
「おばさまも、もういい歳のはずでしょ?相変わらずなの?」
「そうね。あの人も良くやると思うわ」
リツコはそう言って苦笑した。
「・・・で、ミサト。話を戻すわ。シンジ君に何があったの?」
「わかんないわよ、そんなの。超能力者じゃないんだから・・・」
そう言いながらミサトは考えた。
(全く・・・それがわかったら、とっくにシンちゃんをゲットしてるわよ!)
「・・・そう。それじゃ良いわ」
そう言ってリツコはマグを机に置き、再びキーボードを打ち始めた。
ミサトはそれを見て軽く息を吐き、カップに残っていたコーヒーを飲み干すと、
自分の仕事をこなすために立ち上がった。
今頃、自分のデスクには、報告書の山が出来上がっているだろう。
それら全てに目を通し、必要なら指示を与えなければいけない。
それを考えると、思わずため息の出るミサトだった。

194 :EPISODE:03 A transfer:2006/10/11(水) 22:35:48
家に帰ったシンジは、玄関まで迎えに出てきたペンペンに挨拶した。
「・・・ただいま、ペンペン」
「クエッ!」
ペンペンはいかにも賢そうに片手を上げてシンジに応えると、シンジが手に
持っている買い物袋に視線を向けた。
「・・・ああ、お腹が減ってるんだね。ちょっと待ってて、ペンペン。すぐに夕食にするから」
シンジはそう応えると、いったん自室に戻って手早く着替え、すぐにキッチンに向かった。
さすがに幼少の頃から家事全般をやらざるを得なかったシンジの手際は素晴らしく、
すぐにペンペンの夕食は出来上がった。
「ペンペン、どこだい?ご飯出来たよ?」
リビングにも冷蔵庫にも居ないペンペンを探して、シンジはミサトの部屋に入った。
ペンペンは、ミサトの布団の上で横になっていた。
「・・・うわぁ・・・ここも凄い・・・」
初めてミサトの部屋に入ったシンジは、その余りの汚さに思わず声を上げた。
「・・・本当にあの人、女の人なのかな?・・・あ、でも、うちの母さんもこんなだったよな・・・」
結構失礼な事を言うシンジ。

195 :EPISODE:03 A transfer:2006/10/11(水) 22:36:37
ミサトと同列に並ばされるとは、ユイの家事能力がわかろうというものである。
そんなことを考えながら、シンジはミサトの部屋を見回した。
そして、机の上に一冊のファイルを見つけてしまった。
「!」
そのファイルにはタイトルが記してあり、それは『サードチルドレン監督日誌』と書かれていた。
普段のミサトの姿を思い浮かべたシンジは、微かに震えながら、そのファイルを手に取った。
すると、その拍子に、ファイルの中から何枚かの写真がこぼれ落ちた。
「!?」
その写真を拾い上げて見たシンジは、今度こそ、身体を震わせた。
そこに写っていたのはシンジであり、しかも、着替えているところだった。
シンジはこんな写真を撮られた記憶はなく、しかも目線はあさっての方向を向いている事から、それが隠し撮りであることに気付いた。
「・・・」
他の写真も、入浴中や料理中などの隠し撮りであり、全てシンジには知られずに撮られた写真であった。
(・・・み、ミサトさん・・・僕を心配してたんじゃなくて・・・エヴァのパイロットを・・・
監視してた・・・ただ、それだけだった・・・んですね・・・)
そう考え、シンジは目に涙が浮かんできたことに気付いた。

196 :EPISODE:03 A transfer:2006/10/11(水) 22:37:27
「・・・ふあぁ・・・」
次の日の朝になって、眠そうな顔をして帰ってきたミサトは、腕時計を見た。
「・・・もう七時半・・・シンちゃんが朝食を用意してくれてる頃ね・・・」
独り言を呟きながら、ミサトはリビングに向かった。
「おっはよー、シンちゃ・・・あら?」
明かりもついていないリビングに入ったミサトは、首を傾げた。
いつもなら、シンジが笑顔で迎えてくれるはずなのだが・・・。
「・・・シンちゃん?」
声をかけながらキッチンに行き、そこにもシンジが居ない事を知ると、
寝坊でもしたのかと不審に思いながら、シンジの部屋に向かった。
「シンちゃ〜ん・・・朝よーん」
そう言いながらシンジの部屋のふすまを開けたミサトは、呆然とした。
その部屋には誰もいなかったのだ。
「・・・学校に行ったのかしら?」
そう言ってから、ミサトは机の上に封筒が置かれていることに気付いた。
机に歩み寄ってその封筒を手に取ったミサトは、目を見開いた。

197 :EPISODE:03 A transfer:2006/10/11(水) 22:38:41
『葛城ミサト様へ 碇シンジ』と書かれていたのだ。
慌てて封筒を開けて中を見ると、それはミサトにあてた手紙と、ネルフのセキュリティカードが入っていた。
むさぼるように手紙を読むミサト。
「・・・そ、そんな・・・シンちゃん・・・」
力無く崩れ落ちるミサト。
その手紙は、シンジからの別れの手紙だった。

「・・・なんですって!?シンジ君が行方不明!?」
リツコは大声を上げた。
「しーっ!」
慌ててリツコの口を手で押さえるミサト。
「・・・し、静かにしてよ!ユイ博士に聞かれたら・・・」
頷いたリツコを見て、ミサトはそっと手を離した。
「・・・で、何があったの?」
「・・・わからないわ・・・まさか、出て行くなんて・・・」
そう言って首を横に振るミサト。
「・・・あなた、それでも彼の監督役なの?」

198 :EPISODE:03 A transfer:2006/10/11(水) 22:39:49
冷たく言うリツコに、ミサトは怒鳴り返した。
「そんな言い方しないでよ!」
「・・・仕方がないわね。上に報告するわ」
それを聞いたミサトはぎょっとした。
そんなことになれば、上層部−ゲンドウとユイ−は、ミサトを責めるだろう。
最悪の場合、生きていられないかも知れない。
「ま、待ってよ!」
慌てるミサトにリツコはジト目で言った。
「・・・それじゃ、貴女が自分で探し出す?」
「・・・あたしには、彼が行きそうなところなんて・・・わからないわ・・・」
俯いてそう言ったミサトに、リツコは呟いた。
「・・・無様ね」
ミサトに協力した『報酬』を受け取っていないことに腹を立てていたリツコは、
この機会に、脅しの一つも言っておこうと考えたのだ。
(・・・少し、ミサトに自分の立場を教えてやらなきゃね・・・私が司令達に
一言告げれば、貴女の計画は根底から覆るのよ、ってね・・・)
そう考えて唇の端をつり上げたリツコを誰かが見たら、腹黒いと言われても仕方がなかっただろう。

199 :EPISODE:03 A transfer:2006/10/11(水) 22:40:54
第三新東京市立第一中学校の2−Aの教室では、二人の少年が喋っていた。
「・・・なあ、あれから3日やな・・・」
トウジが、窓の外の空を見上げながら言った。
「・・・何が?俺達がこってりと絞られてからか?」
ケンスケは、机の上のコンピューターをいじりながら応える。
「ちゃう・・・あいつが、学校にこんようになってからや・・・」
「あいつって?」
「・・・転校生や。」
「心配なの?」
「だ、誰があんな奴の心配なんかするかい!」
ケンスケに向かって顔を赤くして怒鳴るトウジに、ケンスケはため息をついた。
「・・・トウジは意地っ張りだからね。あの時、別れ際にでも謝っておけば、3日も
もんもんと過ごさなくてもすんだのに・・・」
そう言われたトウジは、再び空を見上げた。
「・・・ほら、これ」
ケンスケの声にトウジが振り向くと、ケンスケが何か小さな紙を差し出していた。
「?」
「転校生・・・碇シンジの電話番号だよ。そんなに気になるんなら、一言謝れば?」
ケンスケがそう言った。

200 :EPISODE:03 A transfer:2006/10/11(水) 22:41:51
差し出されている紙をトウジが受け取ろうとすると、ケンスケは紙を引っ込めた。
「・・・五百円」
「・・・ええ性格しとるのぉ」
そう言って顔をしかめたトウジに、ケンスケは笑みを浮かべた。
「なんなら、千円でも二千円でもいいんだけど?」
笑ってそう言うケンスケに、トウジは肩を震わせながら財布を取り出した。
昇降口横に置かれている電話の前に立っているトウジ。
いらいらとした様子で、電話を見つめている。
やがて、その手が受話器に伸び、カードを入れてボタンをプッシュした。
「・・・」
受話器を耳に当てるトウジ。
だが、電話の向こうからは無機質な電子音声が聞こえてきた。
『・・・電波の届かないところにおられるか、電源が入っていないため、使えません』
唇をギュッと結んで受話器を叩きつけるように置くトウジ。
・・・外は、雨だった。

第三話 完

201 :名無し専門学校:2006/10/11(水) 22:47:50
書き込むときのお約束【決まり】
・sage進行です。
・書き込むときはもう一度、内容を見直すこと
・生徒は2chでは私人扱いになります。誹謗中傷を書き込むのは(・A ・) イクナイ!
・先生は2chでは公人扱いになります。先生については伏せ字で、ただし誹謗中傷は(・A ・) イクナイ!
・誹謗中傷を書いている人がいても反応しないで下さい
反応したあなたも荒らしです

決まりを守らない香具師は本気で通報されちゃいます。
誰が見ているかわからないのでご利用は自己責任でお願いします。

202 :名無し専門学校:2006/10/11(水) 23:38:28

まじ、うざい!! ばっかじゃないの。

203 :名無し専門学校:2006/10/12(木) 07:08:09
なんでもいいけど無駄に回収された50円。野球関係の方、返してください。
使ってもいないのにこのままじゃ、ただ横領、詐欺です。犯罪です。


204 :名無し専門学校:2006/10/12(木) 07:31:08
100円以下はどうでもいいよ

205 :名無し専門学校:2006/10/12(木) 08:08:00
くだらんカキコばっかだなぁ…
この分だとまた荒れそうだな…

206 :名無し専門学校:2006/10/12(木) 08:51:54
すでに荒らされてじゃんばか

207 :sage:2006/10/12(木) 09:35:47
>>204
1円でもお金は大事だよ。

208 :名無し専門学校:2006/10/12(木) 09:58:23
でも集めた50円てすでにボールになってるから現金での返却は無理でしょ

209 :sage:2006/10/12(木) 10:38:35
それは野球関係者が勝手に買ったことでそのほかの人が野球をやる前提で
金払ってるのに何の戻りもなしっていうのはおかしいと思わない?
50円でも戻さないならたとえ1000円であっても戻さないと思うよ。

210 :名無し専門学校:2006/10/12(木) 11:00:22
少しはマシな話題にしないと、またエヴァヲタが襲来するんじゃないのか?

211 :名無し専門学校:2006/10/12(木) 11:11:06
このスレどうなってもいいよ。

212 :第四話 雨、逃げ出した後 :2006/10/12(木) 11:50:12
シンジは、降り出した雨を避けて、オールナイトの映画館に入っていた。
『・・・なんだとっ!?それでは、間に合わないではないか!』
『しかしっ!他に方法がありません!』
前の方から、迫力ある音と声が聞こえる。
映画はセカンドインパクトを描いた物だったが、シンジは見ていなかった。
ユイから真実を聞いていたので、興味が無かったのだ。
ここに入ったのも、ただ、雨宿りのためだけだった。
映画館の中には、外が雨だと言うこともあり、ほとんど人は居なかった。
「・・・」
ただ黙って俯き、荷物の入ったスポーツバッグを床に置いているシンジ。
第一中の制服を着ているその姿は、まさに家出少年そのまんまであった。
・・・当の本人はそんなことは気にもせず、相変わらず暗い思考に首まで浸っていた。

213 :第四話 雨、逃げ出した後 :2006/10/12(木) 11:50:56
「・・・で、ミサト。シンジ君は見つかったの?」
 シンジがミサトの家を出た次の日。
リツコは、自分の研究室でぐったりしているミサトを横目で見て言った。
昨日からミサトは、自分の欲望と碇夫妻に対する恐怖をエネルギーとして、
必死の形相で街をかけずりまわってシンジを探していたのだ。
「・・・まだよ・・・全く、どこいっちゃったのかしら・・・」
心底疲れ果てた様な顔をしているミサト。
「・・・コーヒーでも飲む?」
椅子にも腰掛けずに、床に座り込んでいるミサトを哀れに思ったのだろう、
リツコがミサトのカップを持って言った。
「・・・できれば、エビちゅが良いわぁ・・・」
「そんなものがここにあるわけないでしょう。だいたい、シンジ君を放っておいて、自分は酒を飲むつもりかしら?」
「・・・」
「・・・無様ね」
何も言い返せないミサトに、リツコはお得意のセリフを吐きながら、ミサトに
コーヒーの入ったカップを手渡した。

214 :第四話 雨、逃げ出した後 :2006/10/12(木) 11:52:04
「サンキュー・・・はぁ・・・」
コーヒーを一口飲んでため息をついたミサトに、リツコが言った。
「・・・諜報部は?」
「・・・目標をロスト。現在捜索中・・・まったく、これじゃ只飯食ってるだけじゃない!」
そう叫んだミサトに、リツコは片方の眉を上げた。
「・・・それじゃ、シンジ君が護衛を撒いたとでも言うの?」
「まっさかぁ・・・。連中の言い訳ったら、『家を出たのに気付かなかった』ですって!本当に役立たずよねぇ!」
シンジのガードを任せていた諜報部に怒りをぶつけるミサト。
「・・・本当に役立たずね。・・・で、仮保護者の葛城一尉としては、これからどうするつもりかしら?」
「どうするったって・・・当然、探すしかないでしょ!?・・・MAGIの方には引っかかってないんでしょ?」
「・・・ええ。MAGIに引っかかってないと言うことは、リニアもバスもタクシーも
使っていないってことね。・・・まさか、歩いてこの街をでるわけにもいかないでしょうし
・・・まだ彼はこの街に居るわ」
一瞬の沈黙の後、リツコはそう言った。
(・・・まだ、ミサトに知られるわけには行かないわね・・・)
そう考えているリツコ。
「・・・そう言ってもね・・・」
リツコの様子には気付かずに、ミサトがため息をついた。

215 :第四話 雨、逃げ出した後 :2006/10/12(木) 11:53:03
将来の遷都が予定されていて、ネルフの職員とその家族達と、それらをまかなうための
商店達が居並ぶ近代都市である第三新東京市は、日本でも有数の膨大な人口を抱える大都市なのだ。
「・・・エヴァンゲリオンのパイロットは、宝石よりも貴重なのよ。さっさと探し出し
なさい。上の方には知られないように押さえておいてあげるから・・・」
リツコがそう言うと、ミサトはコーヒーを飲み干して立ち上がった。
(自分が悪いくせに、人に後始末を押しつけるんじゃないわよ!この酔っぱらい女!)
「・・・了解。それじゃ、MAGIの援護頼むわよ、赤城リツコ博士」
(さっさと見つけないと例の報酬は無しよ!わかってんでしょうね!?このマッド!)
お互いにそんなことを考えている。
この二人は本当に親友なのだろうか?
・・・案外お似合いなのかも知れなかった。

「・・・冬月・・・」
司令執務室で、椅子に座って口元を組んだ手で隠すような格好をしている髭親父が、
側に立っている初老の男に話しかけた。
第四使徒との戦いの次の日になって、ようやく帰ってきたのだ。
「・・・なんだ?」
「・・・葛城一尉の動きが怪しい。私の居ない間に、何があった?」
髭親父−碇ゲンドウはそう言って、ずれてきた色眼鏡を直した。

216 :第四話 雨、逃げ出した後 :2006/10/12(木) 11:54:00
「・・・さて・・・私は何も報告を受けていないが・・・」
初老の男−冬月はそう応えて首をひねった。
(・・・はて・・・本当に私は何も報告を受けていないのか?それとも、報告を受けて
おいて忘れてしまったのか?・・・ふーむ・・・覚えておらんな・・・)
「・・・そうか。それなら良いが・・・と、ところで・・・」
ゲンドウの口調が、ほんのわずかに変わった。
「・・・し、シンジはどうしている?」
「ふむ・・・そう言えば、今日は見ていないな・・・」
今日は平日で、本来ならシンジは学校に行っているはずであるが、二人とも、
その事には思い至らないようだ。
「・・・まさか・・・昨日の戦いで、シンジに何かあったのではあるまいな?」
ゲンドウの眼鏡がキラリと輝く。
(・・・万が一、そのような事があったら・・・葛城一尉・・・)
「いや・・・そのようなことはあるまい」
冬月が、内心慌てて否定した。
ゲンドウの表情が、暴走寸前のものに見えたのだ。

217 :第四話 雨、逃げ出した後 :2006/10/12(木) 11:58:10
ゲンドウの暴走・・・それは、息子シンジに何かあった時に、発動する。
前に発動したのは、第三使徒との戦いの直後だった。
収容されてきたシンジに意識が無い事を知り、ミサトを痛烈に批判したのだ。
その姿は、普段の寡黙なものからは想像もつかないほどであり、さすがにミサトを
可哀想に思ったユイが、ゲンドウを沈黙させた事によって、やっと暴走は収まったのだ。
その時のゲンドウの姿を思い出した冬月は、微かにため息をついた。
(・・・ユイ君・・・この男の可愛いところとは、こんなところなのかね?)

持っていた小遣いで適当に食事し、夜は映画館で眠り、昼間は街をさまよい歩く・・・
そんなことを繰り返したシンジだったが、3日目になってとうとう所持金が底をつき、途方に暮れていた。
「・・・もうお金がない・・・どうしよう・・・?」
彼の手元にチェロでもあれば道端で演奏して、いくらかでも稼げたかも知れないが、
残念ながら、大きくて重いため、ミサトの部屋に置いてきたのだ。
公園のベンチでため息をついたシンジに、声が掛けられた。
「・・・あの・・・シンジ君・・・?」
「えっ!?」
名前を呼ばれたシンジが慌てて声の聞こえた方を向くと、そこに立っていたのは、
黒髪でショートカットの可愛い女性だった。

218 :第四話 雨、逃げ出した後 :2006/10/12(木) 11:59:06
「・・・あ、貴女は・・・」
シンジはそう言ってその女性を見つめた。
確か、ネルフの発令所のオペレーターで、リツコの後輩。
名前は、伊吹マヤとか言ったはずだ。
(・・・僕を連れ戻しに来たんだ・・・)
「・・・あ、あの・・・」
その女性は、シンジにじっと見つめられて頬をピンク色に染めながら口ごもった。
「・・・」
黙って俯いたシンジに、マヤは思い切って口を開いた。
「・・・シンジ君・・・あの・・・ごめんなさい!」
「えっ!?」
突然マヤが頭を下げたのに驚き、シンジは目を丸くしてマヤを見つめた。
「・・・その・・・こんな事をしても、許して貰えるとは思わないけど・・・」
「な、なんの事ですか?」
シンジの問いに、マヤは俯いて言った。
「・・・シンジ君はまだ14歳なのに、使徒との戦いに巻き込んでしまって・・・」
「・・・」
それを聞いたシンジは、複雑な心境だった。
シンジを直接戦いに巻き込んだのは両親であり、マヤに謝られることなど、何もない。

219 :名無し専門学校:2006/10/12(木) 12:07:39
授業中に何を書いてるんだ?

220 :sage:2006/10/12(木) 17:06:50
>>203,209
デブふざけんなって感じだよね

221 :第四話 雨、逃げ出した後 :2006/10/12(木) 19:01:53
それに、マヤが何を意図しているのか、シンジには全くわからなかった。
「・・・や、やめて下さい」
シンジはそう言って、マヤを見た。
「・・・シンジ君・・・許してくれるの・・・?」
マヤは目を潤ませて、消えそうな声で言った。
「・・・許すも何も・・・僕は何とも思っていませんから・・・」
シンジはそう言って視線を逸らした。
「・・・そう・・・と、ところで、どうしたの?こんなところで・・・」
マヤが話を変えようとしてそう言ったが、シンジは身体を震わせると、慌てて荷物を
持って走り去っていってしまった。
「・・・」
(・・・くっ・・・シンジ君の心に私の優しさを刻みつけようと思ったのに・・・)
マヤは、シンジが家出したことをリツコから聞いており、第三使徒との戦いの際、
発令所のディスプレイで見たシンジの笑みで魅了された、多数の女性の一人であった。
戦後、病院でシンジが目覚めたとの報告が入った時に自分がシンジに魅入られた事を
自覚して、以後、シンジに接近するチャンスを狙っていたのだ。
残念ながら、ミサトにシンジの保護者の座を奪われ悔しい思いをしていたが、
この機会にシンジとの交流を深めておこうとしたのだ。

222 :第四話 雨、逃げ出した後 :2006/10/12(木) 19:03:40
(・・・まぁいいわ。でも、あの様子じゃこの街を出て行ってしまうかも・・・
その事態だけは何があっても避けなきゃ!そのためには・・・やっぱり、先輩に
知らせるのが一番かしら・・・シンジ君は捕まったら葛城さんの元に戻ることに
なるかも知れないけど・・・また、別の機会を狙えば良いわ・・・)
そう考えたマヤは、携帯電話を取り出して、尊敬する金髪の科学者の元にかけた。
どうやら、シンジの親である碇夫妻が事実を知ってどう考えるかは、マヤの頭にはなかったようだ。
・・・ミサトにとっては、不幸であった。

マヤとの出会いから逃げ出したシンジは、ちょうど止まっていたバスに乗り込み、どこかの山奥で降りた。
現金を持っていないので、クレジットカードで払った。
「・・・」
目的もなく、たださまよい歩くシンジ。
どれくらい歩いただろうか。
いつの間にか夕日が辺りを照らし、周囲は一面ススキ野原になっていて、
目の前には野営用のテントとたき火、それにぶくぶく泡を吹いている飯盒があった。
「・・・」
気がついたら目の前にあったそれらを見て、シンジは呆然と立ちつくした。

223 :第四話 雨、逃げ出した後 :2006/10/12(木) 19:04:48
「・・・あれ?転校生じゃないか?」
突然、背後から声が掛けられた。
「うわぁ!」
シンジは心底驚き、後ろを振り返った。
そこに立っていたのは、おもちゃのマシンガンを持った迷彩服と眼鏡の少年・・・相田ケンスケだった。
「・・・あ・・・君は・・・」
「・・・ええっと・・・確か、碇・・・碇シンジ君だったよな?」
「あ・・・う、うん。君は・・・」
「ああ、俺は相田ケンスケ。ケンスケで良いよ」
そう言ってケンスケは笑い、右手を差し出した。
「・・・うん。僕は、碇シンジ。よろしくね」
シンジもそう言って微かに笑みを浮かべ、ケンスケの差し出した右手を握った。
「・・・こんなところで何やってるんだ?」
ケンスケが訪ねたが、シンジは何も言わなかった。
「・・・」
「・・・ま、そんなことはどうでも良いか。座ろうぜ」
ケンスケはシンジの様子を見て、そう言った。
「・・・うん」
「・・・この間は悪かったな。戦闘の邪魔しちまってさ」
シンジがたき火を挟んで自分の向かいに座ったのを確認したケンスケは、おもむろにそう言った。

224 :第四話 雨、逃げ出した後 :2006/10/12(木) 19:05:52
「・・・」
「・・・そういえば、トウジの奴、あの後、妹に殴られたらしいぜ」
「・・・」
「・・・『私達を救ってくれたのは、あのロボットなのよ』ってね。情けないよな。
小学校低学年の子に怒られたりしてさ・・・」
そう言って笑みを浮かべたケンスケだが、シンジの表情は晴れなかった。
「・・・碇は大変だろうけど、羨ましいな」
「え?」
思いも寄らない事を言われ、驚いてシンジがケンスケを見た。
「あんな格好良いロボットを操縦できて、さ」
「・・・やめた方が良いよ・・・ご両親が心配するから・・・」
シンジは、呟くように言った。
「居ないんだ、そう言うの」
ケンスケが言った言葉に、シンジは衝撃を受けた。
「・・・ほら、食えよ、碇」
何もなかったかのようにケンスケは飯盒の米と、軍用レーションのおかずを分けて、シンジに渡した。
「あ・・・ありがとう・・・」
シンジは、驚いた顔でそれを受け取り、おずおずと食べ始めた。

225 :第四話 雨、逃げ出した後 :2006/10/12(木) 19:06:51
ガサガサッ。
突然、ススキの向こうから黒服の男達が現れた。
「な、なんだあんた達は!」
ケンスケが立ち上がって言った。
シンジは驚いて声も出ない。
見れば、すでにテントは完全に黒服の男達によって囲まれていた。
どこからか、ヘリの音も聞こえてきた。
「・・・ネルフ保安諜報部の者だ。・・・碇シンジ君・・・だね?」
「はい」
シンジは逃げられない事を悟って、小声で返事をした。
「・・・保安条例第8項の適用により、君をネルフ本部に連行する。・・・いいね?」
「・・・はい・・・」
シンジは諦めきった様子で頷いた。
「・・・」
ケンスケは、何も言うことが出来ず、ただ立ちつくしていた。

226 :第四話 雨、逃げ出した後 :2006/10/12(木) 19:32:28
その日の昼過ぎ、ミサトは出張から帰ってきたゲンドウの呼び出しを受けた。
(・・・ま、まさか、シンちゃんのことがばれたんじゃ・・・)
恐ろしい想像をしながら、司令執務室のドアをノックする。
「・・・誰だ」
「葛城一尉です」
「・・・入れ」
「失礼します・・・」
執務室のドアを開けたミサトは、ゲンドウとユイの額に青筋が浮かんでいることに気付き、頬をひくつかせた。
「・・・葛城一尉・・・」
「は、はい!」
「・・・シンジは、何処にいるのかね?」
「は・・・そ、それが・・・」
冷や汗をだらだら流しながら、口ごもるミサト。
「・・・ミーちゃん・・・」
「っ!は、はいっ!」
感情の感じられないゲンドウの目よりも遙かに冷たい目で自分を見ているユイの声に、
ミサトは思わず背筋をしゃきんと伸ばした。

227 :第四話 雨、逃げ出した後 :2006/10/12(木) 19:50:30
「・・・シンちゃんが家出した件・・・聞いたわ・・・」
ユイの言葉は、ミサトにとっては絶望の言葉であった。
(・・・終わった・・・これで・・・なにもかも・・・)
絶望するミサト。
「・・・我々が求めたのは、シンジを追いつめることではない。わかっているのか?葛城一尉」
ゲンドウの冷酷なセリフ。
「・・・ゲンちゃん!」
「な、なんだ?ユイ・・・?」
突然のユイの怒声に、ゲンドウは汗をだらだら流しながら言った。
「・・・あなたは黙っていて下さい!」
「う、うむ・・・」
呆気なく沈黙したゲンドウに代わって、ユイがミサトを責めた。
「・・・ミーちゃん・・・信じていたのに・・・あなたなら、大事なシンちゃんを
任せられる、そう思っていたのに・・・」
「・・・」
何も言えず、黙り込むミサト。
「・・・ま、今回だけは、許してあげるわ。シンちゃんの大体の居場所もわかったことだし・・・」
「え!?し、シンジ君の居場所がわかったんですか!?」

228 :第四話 雨、逃げ出した後 :2006/10/12(木) 20:09:47
驚くミサトを横目で見て、ユイが言った。
「・・・さっき、マヤちゃんが公園で会ったそうよ」
「そ、そうですか・・・」
「・・・さらに、MAGIが、シンちゃんがバスに乗ったことを突き止めたわ。何処で降りたか、もね・・・」
そう言って、ユイはミサトを見た。
「・・・今のところ、私達はシンジに会えないわ。だから、話を聞くのはミーちゃんに任せます。・・・良いわね?」
「は、はい!」
シンジと会える、それを知ってミサトは嬉しそうに頷いた。
「・・・シンジ君、3日間もうろついて、気が晴れた?」
聴取室に連れてこられたシンジに、ミサトが訪ねた。
「・・・」
黙り込むシンジ。
「・・・ま、良いわ。それより、一つ聞きたいことがあるの。シンジ君」
「・・・」
「・・・これからも、エヴァに乗る?」
「・・・怒らないんですね・・・」
「・・・」
シンジの言葉を聞いて困惑するミサト。

229 :第四話 雨、逃げ出した後 :2006/10/12(木) 20:11:49
「・・・当然ですよね。ミサトさんは他人なんだから・・・」
自嘲するようなシンジ。
「・・・どうするの?乗るの、乗らないの?」
シンジが一体何を言いたいのかがわからずに眉をひそめたミサトは、再び訪ねた。
「・・・乗りますよ。僕しか居ないんでしょう?」
微かに笑みさえ浮かべたシンジに、ミサトは何も言えなかった。
「・・・僕が乗らないと、みんな、困るんでしょ?」
「・・・嫌なの?」
「嫌に決まってるじゃないですか。大体僕には向いてませんよ。でも、僕が乗らないと
ミサトさんやリツコさんや父さんや母さんが・・・」
「いい加減にしなさいよ!」
ミサトが怒鳴りつけた。
それは、自分の名前が出て、嬉しいと思ったところに、リツコの名前が出てきた
ための嫉妬によるものであったが、ミサト本人は気づく事が出来なかった。
そのため、言葉が必要以上に辛辣になってしまったのだ。
「他人なんて関係ないでしょ!?そんな考えでのられちゃ迷惑なのよ!」
その言葉は、シンジを否定する言葉だった。
(・・・迷惑・・・僕は・・・迷惑なんだ・・・)

230 :EPISODE:04 Hedgehog's Dilemma:2006/10/12(木) 20:13:52
呆然とするシンジを見て、自分が何を言ったのか理解したミサトは、慌てて弁解しようとした。
「あ、あの・・・」
だが、ミサトが口を開く前に、聴取室のドアが開き、ユイが飛び込んできた。
「シンちゃん!」
「・・・母さん・・・」
呆然としたまま、ユイを見つめるシンジ。
「・・・シンちゃん・・・」
「・・・母さん・・・迷惑なんだね・・・ここにいちゃ・・・いけないんだ・・・」
シンジがとぎれとぎれに呟く。
「そんなこと無い!シンちゃんは立派にやってくれてるわ!」
ユイはそう叫んでシンジを抱きしめた。
「・・・っ・・・っ・・・」
自分の胸で泣き始めたシンジを優しく抱きながら、ユイはミサトを睨み付けた。
「・・・」
ミサトは、ユイの強烈な視線を受けて、すごすごと退室した。
その顔は、まるでこの世が終わったかのようだった。

231 :EPISODE:04 Hedgehog's Dilemma:2006/10/12(木) 20:14:51
「・・・何ぃ!おまえ、なんもせんと碇が連れ去られるのを黙ってみとったんか!?」
次の日、ケンスケの話を聞いたトウジが叫んだ。
「・・・どうしろって言うんだよ?相手はプロなんだよ?」
「かーっ!それでも男か!?」
「男でも、勝てない喧嘩をする奴は只のバカなの。軍用ヘリだって来てたんだぜ?」
わめくトウジにケンスケは冷たく言った。

「・・・葛城一尉。君には失望した」
次の日、朝一番で司令執務室に呼び出されたミサトは、ゲンドウにそう言われた。
「・・・」
黙って俯くミサト。
「・・・葛城一尉。君にネルフを辞めて貰う」
「っ!」
予想していたとはいえ、ミサトにはやはりショックだったようだ。
「理由は、エヴァンゲリオン初号機パイロットを精神的に追い込んだ、それだけだ」
「・・・」
執務室にいる者−ゲンドウ、ユイ、冬月、リツコ、二人の黒服、そしてミサト−は、
皆、黙り込んだ。

232 :EPISODE:04 Hedgehog's Dilemma:2006/10/12(木) 20:15:58
「・・・では、赤城博士。後は任せる」
「了解しました。ただちに葛城一尉のネルフ所属資格を剥奪、セキュリティカードを抹消致します」
親友であるはずのリツコはいとも簡単に寝返り、頷いた。
(・・・報酬も貰ってないし・・・大体、ユイさんと司令に逆らうなんて、そんな
大それた事、出来ないわよね・・・)
リツコがそう考えていたかどうかはわからない。
「・・・連れて行け」
ゲンドウがそう言うと、黒服がミサトの腕をとり、執務室から連れ出した。
その後を追うリツコ。
「・・・これで良かったのかね?」
冬月がゲンドウとユイを等分に眺めながら口を開いた。
「・・・ええ、これで良かったんですわ・・・ねぇ、あなた?」
「う、うむ・・・」
まだ怒っている様子のゲンドウに、ユイがため息をついた。
あの時、シンジが自分の胸の中で泣いているのを見て、ユイはキレそうになった。
しかし、ユイはゲンドウの妻として養ってきた自制心を発揮し、一時は荒れ狂う炎の
ようだったミサトへの怒りも、徐々におさまってきたのだ。
(・・・ミーちゃんを・・・生かしておかなきゃ・・・シンちゃん・・・)

233 :名無し専門学校:2006/10/12(木) 20:16:10
野球中止になったから50円返して下さい!
金返せ!金返せ!金返せ! ふざけるな!

234 :EPISODE:04 Hedgehog's Dilemma:2006/10/12(木) 20:17:25
最初は、ミサトを処刑してやろうかと考えた二人だったが、もしそうなったら、
シンジは今度こそ、ミサトを想い、ユイ達を一生許さないだろう。
シンジがそういう優しい子であることを、二人は理解していた。
・・・こうして、一時は死への階段を登り詰めたミサトだったが、結果的にシンジに、助けられたことになる。
そして、それをシンジが知ることがなかったのは、ユイやゲンドウにとって、
ラッキーだったであろう。

何カ所も穴が開けられ、抹消とスタンプの押された自分のカードを見て、ミサトは口を開いた。
「あ、あの・・・最後に、シンジ君にお別れを・・・」
「・・・ミサト・・・いえ、葛城さん。貴女はもうネルフの人間じゃないの。今の
貴女には、それがどのような些細な事でも、何も教えられないわ。・・・規則なのよ。
悪く思わないでね・・・。それじゃ、さよなら・・・」
リツコが冷たく言って、その場から離れていった。
黒服達が、再びミサトの腕をとった。
(・・・あぁ・・・これでお父さんの敵討ちも出来なくなっちゃった・・・
それに・・・シンちゃん・・・ああ・・・美少年が・・・あたしの夢が・・・)
絶望にかられて滝のように涙を流すミサトに黒服達は少し怯えながらも、
ミサトをジオフロントから放り出した。

235 :EPISODE:04 Hedgehog's Dilemma:2006/10/12(木) 20:18:46
「・・・」
何も言わずに文字通り逃げるように立ち去る黒服を見送って、ミサトはとぼとぼと
自分の車を止めてある駐車場に向かった。

「・・・おい、行くで」
トウジは、仏頂面のまま、ケンスケに言った。
「はぁ?どこにだよ?」
わけのわからなそうな顔で聞き返すケンスケ。
「きまっとるやないか!あいつの家や!」
そう言ってトウジは立ち上がった。
ケンスケもため息をついて立ち上がった。

・・・はぁ・・・これから、どうしよう・・・)
これからの事を考えてダーク思考に陥りながら自分の家に帰って来たミサト。
「・・・ふぅ・・・」
冷蔵庫からエビちゅを取り出して椅子に座った、その時。
ピンポーン。
チャイムが鳴り、ミサトが慌てて玄関のドアを開けると、そこにはトウジとケンスケが立っていた。

236 :EPISODE:04 Hedgehog's Dilemma:2006/10/12(木) 20:19:45
「シンジ君!?」
「あ・・・」」
必死の形相で飛び出してきたミサトに、トウジとケンスケは何も言えなかった。
「・・・あ、貴方達は・・・?」
(・・・そうよね・・・いくら何でも、シンちゃんが帰ってくるはずないわね・・・)
「あ、あの・・・こちらに、碇シンジ君がいらっしゃると思って・・・」
出てきたのがスタイルの良い美女だったので、真っ赤になっているトウジにかわって
ケンスケが言うと、ミサトは少し落胆した表情で言った。
「あ、ああ・・・学校のお友達ね?」
「はい。僕は相田ケンスケ、こいつは・・・」
「鈴原トウジと申します!」
トウジは叫んで直立した。
「・・・ああ、思い出したわ。初号機のエントリープラグに入った子ね?」
「は・・・」
「はい!その節は、どうもすみませんでした!」
ケンスケが答えようとしたが、トウジが大声でそう言ったので、ケンスケは何も言えなかった。
「そう・・・で、どうしたの?」

237 :EPISODE:04 Hedgehog's Dilemma:2006/10/12(木) 20:20:42
「いか・・・」
「碇君が、このところ学校にきてないので、どうしたのかと思いまして・・・」
またもや、自分のセリフを遮られるケンスケ。
トウジを見るその視線は、かなり険悪なものになっている。
「・・・」
何と言えばいいのか、対処に困るミサト。
ネルフの用事とでも言えば二人は引き下がるだろうが、また日を改めてやってくるのは目に見えている。
その時、電話が鳴った。
「あ、ちょっち待っててね」
そう言って奥に引っ込むミサト。
「・・・綺麗な人やな・・・」
「ああ・・・碇のお姉さんかな?」
事情を知らない二人は、聞こえないようにぼそぼそと囁きあっていた。
「・・・もしもし?」
電話をとったミサトは、その向こうから聞こえる親友の声に驚いた。

238 :EPISODE:04 Hedgehog's Dilemma:2006/10/12(木) 20:21:33
「私よ・・・」
「り、リツコぉ!?」
「・・・午後3時14分の直行リニアレールよ」
それだけを言って電話を切ったリツコに、ミサトは呟いた。
「・・・ありがと、リツコ・・・」
(3時14分の直行リニア・・・シンジ君が乗るのね・・・くぅー・・・やっぱり、
持つべきものは親友よねぇー・・・報酬は明日にでも届けるわよ!)
ミサトは受話器を置くと、車のキーを握り締めて玄関に向かった。
(・・・ラッキー!シンちゃんを呼び止めて誤解を解けば・・・シンちゃんの口から、
ユイ博士を説得して貰うのよ!そうすればもう一度ネルフで働けるし、なにより、
シンちゃんと一緒にいられるじゃない!これよ!これしかないわ!)
相変わらず暴走&策略なミサト。
「あ・・・」
「・・・」
玄関口で黙っている二人に、ミサトが言った。
「・・・シンジ君に会いに行くわよ」
「え?」
何もわかっていない二人は、首を傾げるのだった。

239 :EPISODE:04 Hedgehog's Dilemma:2006/10/12(木) 20:22:27
三人がミサトの車に乗ってリニアの駅に着いたのは、3時14分ちょうどだった。
「っ!」
「あ・・・」
「出てもうた・・・」
自分達の目の前を動き出したリニアレールを見て、トウジとケンスケが放心したように言った。
ミサトは唇を噛み締めている。
(・・・そんな・・・間に合わなかったってーの!?)
「・・・」
「・・・あ!」
ケンスケが声を上げた。
「・・・!?」
トウジとミサトが同時に顔を上げた。
・・・リニアが通り過ぎた向こうのホームに、俯いている少年が立っている。
「・・・し・・・シンジ・・・君・・・?」
ミサトが呟いてドアを開けて外に出ると、その音が聞こえたのか、その少年が顔を上げた。
その少年こそ、まさに碇シンジだった。

240 :EPISODE:04 Hedgehog's Dilemma:2006/10/12(木) 20:23:53
「・・・み、ミサトさん・・・」
「・・・お帰り・・・お帰りなさい・・・」
ミサトが、感動のあまり涙ぐんだ瞳を向けて言った。
(・・・やっぱり、シンちゃんはあたしを待っていてくれたわ!二人の心は通じ合って
いるのよ!・・・今夜が楽しみね!)
暴走・・・というより妄想しているミサトの声は、シンジとの距離が離れているため、
届かなかったようだが、シンジが自分の元に帰ってきてくれて嬉しい、というその心は、
どうやら届いたようだった。 ミサトには、確かに聞こえたのだ。
シンジの『ただいま、ミサトさん』という声が。
「・・・転校生!」
感動の再会を果たしてミサトの車の方に戻ってきたシンジに、トウジが声をかけた。
「・・・」
トウジの姿を見て、俯いて黙り込むシンジ。
ミサトは、黙って見守っている。
「・・・わしを殴れ!」
「・・・はぁ?」
思わず顔を上げて聞き返したシンジに、トウジが言った。
「・・・お前には、命を助けて貰ったのに、殴ったりしてすまんかったと思っとる。
だから・・・わしを殴れ!」

241 :EPISODE:04 Hedgehog's Dilemma:2006/10/12(木) 20:24:49
「・・・で、でも・・・」
何か言おうとしたシンジをトウジが遮った。
「ええんや!そうでもせんと、わしの気がすまんのや!
「・・・こういう恥ずかしい奴なんだよ。ま、それですむんなら、殴ったら?」
ケンスケが助けを出したが、シンジはまだ迷っているらしく、ミサトを見た。
何も言わず、シンジをじっと見つめるミサト。
「・・・わかったよ。それじゃ、一発だけ・・・」
「おう!」
勢い良く頷いて、歯を食いしばるトウジ。
持っていたバッグを置いて、拳を振りかぶるシンジ。
その拳がトウジに当たる直前に、トウジが叫んだ。
「待ったぁ!・・・手加減無しや。本気でこんかい!」
今度はシンジも頷き、一歩下がった。
「っ!」
シンジが渾身の力を込めてトウジの頬を殴りつけた。
荒事には素人のシンジだったが、このパンチは、軍人のミサトが見ても素晴らしいと
思えるほど、良いパンチだった。

242 :EPISODE:04 Hedgehog's Dilemma:2006/10/12(木) 20:25:43
「ぐはぁっ!」
3メートルほど吹き飛ぶトウジ。
(・・・凄い・・・シンちゃん・・・良いモノ持ってるじゃない・・・何も知らないで
これなら、きちんと学んだら、きっと強くなるわね・・・)
後に、このパンチは『幻の右』として、ネルフ関係者と第一中の生徒達に知られることになる。
慌ててトウジに駆け寄り、助け起こしているシンジを見て、ケンスケはにやっと笑みを浮かべていた。
(・・・凄いじゃないか・・・碇が格闘技の達人だって噂を学校にばらけば・・・
裏商売の方も繁盛するな・・・くっくっくっ・・・現状でも、碇の写真が欲しいって
女子は多いし・・・これで綾波、碇のツートップが出来上がるわけだ・・・)
ニヤニヤしているケンスケを見て、ミサトは首を傾げていた。
これが、後々の様々な『事件』の発端になるのだが、それはまだ誰も知らなかった。

 第四話 完

243 :葛城ミサト:2006/10/12(木) 20:31:56
この次も、サービス!サービス!!

244 :第伍話 レイ、心の向こうに:2006/10/12(木) 20:33:30
その少女は、久しぶりに通学路を歩いていた。
「ふんふんふふ〜ん・・・」
ハミングしながら、鞄をぶんぶん振り回して、早足で歩いている。
よほど嬉しいのだろう。
時は朝の10時過ぎ・・・中学生が登校するには、少し遅すぎる時間だ。
だが、少女はそんなことは全く気にせず、自分のペースを保ちながら、ずっと楽しみに
していた学校にやってきた。
今はちょうど休み時間、グラウンドには多くの生徒が居て、サッカーやドッジボール
などを楽しんでいる。
「・・・今から会いに行くからねー!」
校門をくぐった彼女は、好奇の視線を向けてくる周りの目も気にせずにそう叫ぶと、
一目散に自分の所属する教室に向かった。
そこに、彼女の求める人物が居るはずだった。
「・・・ちゃんと、一緒のクラスだって聞いてきたんだからね!」
そう呟きながら全力で走る美少女を、他の人は、綾波レイと呼んでいた。

245 :第伍話 レイ、心の向こうに:2006/10/12(木) 20:34:36
「・・・あれ?」
息を切らせて教室にたどり着いたレイが見たものは、何人かの女子生徒に囲まれて、
困ったような顔をしているシンジの姿だった。
(・・・あっちゃー・・・これは予想外ね・・・よぉーし・・・ここは一気に勝負ね!一撃で決めるわよ!)
一瞬で作戦を決めたネルフの誇るファーストチルドレンは、軽く目を閉じた。
「・・・おはよう!」
呼吸を整え、目を開けてレイが明るく声を上げると、教室にいた者達はレイを見た。
「あ、綾波さん!」
「おおっ!レイさん!」
ほとんどの女子生徒をシンジに奪われた形になった男子生徒達は、希望を胸に、
レイに駆け寄ろうとするが、レイは彼らには目もくれず、シンジの元に向かった。
「あっ・・・き、君は・・・」
自分に向かって歩いてきた美少女を見ながら、シンジは驚いて声を上げた。
「おはよう、シンちゃん!」
レイは、自分に出来る最高の笑顔を向けた。
「お、おはよう・・・えーと・・・綾波、レイ・・・さん・・・だよね?」
その笑顔の威力に真っ赤になりながら、確認するようにシンジが言うと、
レイは満面の笑みを浮かべてシンジに抱きついた。

246 :第伍話 レイ、心の向こうに:2006/10/12(木) 20:35:45
「おおーっ!」
「えぇーっ!」
「ぐわぁー!」
「何ぃーっ!」
「碇っ!貴様ぁっ!」
「あ、綾波さんっ!?」
一瞬の沈黙の後、教室中が大歓声に包まれた。
それも当然だろう。
レイは、蒼銀の髪と紅い瞳という特殊な外観も手伝って、何となく神秘的な雰囲気を
持ちながらも、整った容貌と人見知りをしない明るい性格で、学校中のアイドル的存在
として、男女に関係無く人気があったのだ。
もちろん、男子生徒からのラブレターもたくさん貰っているが、全部断っている。
その様子は、レイは男嫌いであるとの噂が流れるほどだった。
・・・その綾波レイが、自分達の目の前で、男に抱きついているのだ。
「・・・・・・」
レイが自分に抱きついている事を理解したシンジは、パニック状態に陥っていた。
「・・・」
ようやくレイがシンジから離れて、その瞳を覗き込んだ。

247 :第伍話 レイ、心の向こうに:2006/10/12(木) 20:37:19
教室には、いつの間にか沈黙が漂っている。
(・・・これでとどめよ!喜んでよね?シンちゃん!)
「シンちゃん・・・私のこと、助けてくれて・・・ありがと・・・好きだよ・・・」
そう言って、レイは、シンジの頬に軽く口づけした。
「・・・」
今度こそ、2−Aの教室は阿鼻叫喚の大騒ぎになった。
「・・・」
シンジは呆然としている。
何が起こったのか、わかっていないようだ。
「お、おい、シンジぃ!」
「い、い、碇ぃ!」
教室の後ろの方で事の成り行きを見守っていたトウジとケンスケが、慌てて
駆け寄ってきた。
「・・・お、お前、綾波と知り合いやったんか!?」
トウジが、レイを押しのけるようにしてシンジの肩を掴み、がくがく揺さぶりながら問いつめた。
すでに教室中は静まり返り、全員がシンジ達を注目している。

248 :第伍話 レイ、心の向こうに:2006/10/12(木) 20:38:18
「・・・」
しかし、シンジは、ようやく自分が何をされたのか理解して、真っ赤になって
俯いているだけで、何も喋らない。
「お、おいおい、碇。はっきりしろよ。事と次第によっては・・・」
そう言って眼鏡をキラリと輝かせるケンスケ。
「・・・え?な、なに?」
ようやく喋れるようになったのか、シンジは相変わらず真っ赤な顔をしながらも、
トウジとケンスケの顔を見た。
「なに、やないでぇ!お前、綾波とどういう関係だっちゅうとんねん!」
なぜかいきり立つトウジ。
「・・・ど、どんなって・・・」
「・・・今まで黙ってたけど、私もシンちゃんと同じ、エヴァのパイロットなんだよ!」
困り果てたシンジを見かねてレイが口を挟んだ。
その頬は、ピンク色に染まっている。
「「・・・なっ・・・なにぃ(なんやとぉ)!?」」
トウジとケンスケが即座に反応し、直後に教室中が再び歓声に包まれた。
・・・結果として、2−Aの生徒達は、その日の授業を全く受ける事はなかった。
もちろん、その日のほぼ全ての時間が、レイによる級友達への説明と、その話を聞いて
嫉妬に狂った男子生徒達によるシンジへの攻撃に使われたのは言うまでもない。

249 :第伍話 レイ、心の向こうに:2006/10/12(木) 20:39:23
「・・・綾波レイ、14歳。マルドゥック機関が選出した最初の被験者、
ファーストチルドレン。エヴァンゲリオン試作零号機の専属パイロット。
過去の経歴・・・研究機関ゲルヒンに所属していた、綾波ヤスヒコと同妻サキの
一人娘。3歳の時に両親を研究中の事故で失う。その後、親戚中をたらい回しに
されていたところを碇夫妻に引き取られ、ゲルヒン本部、現在のネルフ本部にて育つ。
現在は、第三新東京市にて碇夫妻と同居中・・・」
ミサトは報告書を読み上げると、零号機のチェックを行っているリツコに訪ねた。
「ねぇ。前の起動実験の時の零号機の暴走って、何でなの?」
「・・・詳細は未だ不明よ。ただし、実験直前のレイの心理データに、わずかながら
動揺が見られるわ」
「動揺?」
「ええ。何らかの精神的不安定が動揺の原因と推測されるわね」
「・・・精神的不安定・・・」
「そう。あの実験直後、レイは、自分でも驚くほど心理的に不安定な状態にあった、
そう語っているわ。ただし、その原因は何も教えてはくれなかったけど・・・」
リツコはそう言ってため息をついた。
(・・・嘘ね・・・私は知っている・・・レイは・・・)
「そう・・・」
ミサトは、リツコの話を聞いて、ため息をついた。

250 :第伍話 レイ、心の向こうに:2006/10/12(木) 20:40:23
「・・・で、ミサト?」
リツコの口調が変わった。
「あん?」
「シンジ君の様子はどう?」
「ああ、シンジ君?いつも通りよ。あの子達とも仲良くなれたみたいだし・・・」
ミサトはそう応えて、遠い目をした。
「あの子達・・・?」
「あ・・・リツコには言ってなかったかしら?・・・ほら、この前の戦いで、
エントリープラグに入った・・・あの子達よ」
「ああ・・・そういえば、そんなこともあったわね」
リツコは、説明されて始めて思い出したようだった。
「ええ。最近なんて、毎日シンちゃんを迎えに来てくれるのよ。良い子達でしょ?」
「そうね・・・」
頷きながらも、リツコはトウジとケンスケの狙いを一瞬で見切っていた。
(・・・ミサトもバカね・・・それはミサトが目当てなのよ・・・その身体『だけ』がね
・・・こんな事にも気付かないなんて、本当にバカなのね・・・)
そう考えながら、リツコはコーヒーの入ったマグに手を伸ばした。
もちろん本人は認めないだろうが、こんな思考の裏には、ミサトのナイスバディに
対する嫉妬も入っていた。

251 :第伍話 レイ、心の向こうに:2006/10/12(木) 20:41:18
「・・・そう言えば、そろそろ時間じゃないの?」
「あ・・・そうだったわね。シンジ君との約束の時間、忘れるところだったわ。
サンキュー、リツコ」
ミサトは腕時計を見て、立ち上がりながらそう言った。
「・・・待って。あっちに行くなら、私も付き合うわ」
そう言って、リツコもコーヒーを飲み干して立ち上がった。
(・・・まさか、この金髪マッドもシンちゃんを狙ってるんじゃないでしょうね!?)
ミサトは、横目でリツコを見ながら、そう考えていた。
(・・・ミサト・・・考えてることが、よくわかるわよ。・・・無様ね)
リツコも、同じく横目でミサトを見ながら、そう考えていた。
「・・・無様ね」
心の中のセリフの一部だけを口に出して、リツコはため息をついた。
突然のリツコのセリフに、ミサトは首を傾げた。

252 :第伍話 レイ、心の向こうに:2006/10/12(木) 20:48:02
大騒ぎだった第一中学校の一日も終わり、放課後になった。
「・・・シンちゃん!一緒に帰ろ!」
レイは、すっかり恋人気取りでシンジに話しかけた。
教室の雰囲気は、ピリピリしている。
男子生徒はシンジを、女子生徒はレイを、それぞれ嫉妬の炎で焦げそうな視線で睨み付けている。
「あ・・・うん・・・」
今日一日で、かなりの数の敵を増やしたシンジは、諦めきった表情で頷いた。
(・・・どうせ僕の意志なんか無視されるんだ・・・)
「・・・あれ?どうしたの、シンちゃん?何か暗いよ?・・・どっか、痛いの?」
「いや・・・じ、実は、ミサトさんに呼ばれてるんだ。だから・・・」
辛うじて放ったシンジの回避も、レイには通じなかった。
「あ、ネルフね?ちょうどあたしも用事があったんだ。一緒にいこっ!」
そう言ってにっこり笑うレイ。
「それが・・・その・・・み、ミサトさんが、迎えに来るって言ってたから・・・」
言いにくそうなシンジ。
「そうなんだ。・・・で、何処で待ち合わせなの?」
一瞬、落胆した表情を見せたレイだったが、すぐに気を取り直して訪ねた。
「・・・こ、校門のところだけど・・・」

253 :第伍話 レイ、心の向こうに:2006/10/12(木) 20:48:59
「ふぅん・・・それじゃ、あたしも一緒に乗せてってもらおっと!・・・良いでしょ?
シンちゃん?」
「あ・・・う、うん」
シンジは抵抗するのを諦めた。
「やったー!それじゃ、早くいこっ!」
内心ため息をついた少年を、レイは嬉しそうに引っ張りながら教室を出た。
「・・・シンジの奴・・・大変やのぉ・・・」
「・・・ま、良いんじゃないの?俺には関係ないし・・・」
トウジとケンスケはそう言って鞄を持って帰ろうとしたが、すかさずトウジの
耳が引っ張られた。
「鈴原っ!あなた週番でしょ!?」
二人の耳に、聞き慣れた声が聞こえた。
「イ、イインチョ・・・勘弁してーな・・・妹の見舞いに行かなあかんのや・・・」
背後から自分の耳を引っ張っているヒカリに、トウジは慌ててそう言った。
「そ、そうなの・・・。わかったわ。今日は私が代わってあげる・・・」
ヒカリは手を引っ込めて頷いた。
「スマン!ほな、頼むで!」
そう言ってさっさと教室を出ていくトウジ。

254 :第伍話 レイ、心の向こうに:2006/10/12(木) 20:50:05
一緒に教室を出たケンスケが訪ねた。
「・・・妹さん、まだ治らないのか?」
「・・・もう治っとる。ぴんぴんや」
トウジがにやっと笑ってそう答えた。
「お、おいおい・・・良いのか?」
思わず小声になるケンスケ。
「おう!週番なんか、やってられるかい!あれは、嘘や!本命はミサトさんや!」
元気良く答えて胸を張ったトウジの背後から、白い手が伸びてきた。
「・・・いててっ!だ、誰や!?」
耳を引っ張られて振り返ったトウジが見たものは・・・もちろん、ヒカリだった。
「・・・誰が本命ですって?」
静かに言いながらも耳を引っ張り続けるヒカリ。
「あ・・・ちゃ、ちゃうんや・・・」
すでに、条件反射で頭が上がらなくなっているトウジ。
「・・・嘘をついてまで帰ろうとしたのね、鈴原・・・?」
そう言ったヒカリの額には、大きな青筋が浮き出ていた。
「す、すまん!後生や!堪忍してーなぁ・・・」
「・・・話は、ゆっくりと教室で聞いてあげるわ・・・」
そう言いながら、トウジを教室に引きずり込むヒカリ。

255 :第伍話 レイ、心の向こうに:2006/10/12(木) 20:51:34
「・・・たぁすけぇてくれぇー・・・」
そう叫びながらも、トウジは大人しくヒカリに引っ張られて教室に入ってしまった。
呆然とするケンスケの目の前で、教室のドアがぴしゃりと閉められた。
「・・・がんばれよ、トウジ」
しばし呆然としていたケンスケだが、教室からは何の物音も聞こえてこず、覗くのも
躊躇われたため、そう呟いてあっさりと親友を捨てて家路についた。
「・・・ハロー、シンジ君。お待たせ・・・って、何でレイが一緒にいるの!?」
こちらは校門前。
用事があるので先に行くと言うリツコを先に現場に置いてきて、ネルフから
自慢の愛車で駆けつけたミサトが見たのは、赤い顔をして俯いているシンジと、
そのシンジにベタベタしているレイだった。
「あ、ミサトさん・・・」
シンジはミサトを見ると、ホッとした様な声を出した。
確かに、レイほどの美少女に好かれるのは嬉しいのだが、校門を通り行く生徒達の
視線が二人に集中しており、それが、目立つのが好きではないシンジには、
少々苦痛に感じられていたのだ。
「こんにちわぁ、ミサトさん♪」
レイは、まるでどこからか『ルルルンルンルン♪』とでも聞こえそうなほど、
嬉しそうな表情でミサトに挨拶した。

256 :第伍話 レイ、心の向こうに:2006/10/12(木) 20:52:34
(・・・ユイかーさんの話によると、ミサトさんもシンちゃんを狙ってるみたいだし
・・・これは強敵よね・・・)
表面上はにこやかながら、そんな事を考えているレイ。
シンジは気付いていないが。
そしてミサトは・・・
(・・・ちっ!そう言えば、今日からレイが復帰してたのよね〜・・・せっかく、
この間の使徒の死体の視察にこじつけて、『二人でドライブ 〜恋人気分作戦〜』を
たてたのに・・・・・・ま、いいか。レイのバックにはユイさんがいるはずだし、
ここでレイに敵対するわけには行かないわよね・・・)
やはりそんなことを考えている。
もちろん、こちらにもシンジは気付いていない。
もっとも、二人とも表面上はにこやかに会話しているのだから、気付かなくても仕方ないが・・・。
「・・・こんにちわ、レイ。そう言えば、今日から学校だったわね。久しぶりの学校は
どうだったかしらん?」
「愛するシンちゃんにも会えたし、キスもできたし、もう最高!」
相変わらずにこにこしながら、レイは大声で爆弾を打ち込んだ。
(・・・こう言っておけば、ミサトさんにも、シンちゃんのパートナーには誰が
相応しいのか、わかるでしょ?)

257 :第伍話 レイ、心の向こうに:2006/10/12(木) 20:54:29
「へっ?」
ミサトは、思わぬ言葉に目が点状態。
「わあぁぁっ!な、何て事言うんだよ、綾波ぃ!」
真っ赤になって辺りを見回しているのはシンジ。
「・・・な、なんですってぇ!?」
少ししてから、ようやくレイの言ったことを理解できたミサトが、大声で叫んだ。
(あ、あたしのシンジ君に・・・キスですってぇ!?レイぃっ!許さないわよぉ!)
「うふふっ・・・シンちゃ〜ん・・・」
(・・・シンちゃん・・・あたしの王子様ぁ〜・・・)
レイは少しトリップ気味。
その紅い瞳は、うっとりとシンジを見つめている。
ミサトは厳しい顔でレイを睨んでいる。
(・・・こんな小娘に先を越されるとは・・・この葛城ミサト、一生の不覚っ!
・・・あーっ!悔しいっ!・・・シンジ君の唇は、このあたしのものなのにっ!)
「ちょ、ちょっと待ってよ!き、キスったって、ほっぺたに少しだけだし、それに、
あれは綾波が勝手にしてきたことだろ!?」

258 :第伍話 レイ、心の向こうに:2006/10/12(木) 20:56:30
水面下では、熾烈な女の戦いが行われていることなど全く知らず、シンジは
ひたすら自己弁護に走っている。
(・・・こ、こんな事、父さん達に知られたら・・・『責任とって結婚しろ!』とか
言われて、無理矢理結婚させられちゃうよ!・・・助けてよ、ミサトさん!)
・・・どうやら、シンジはさすがに両親の性格を熟知しているようだ。
すがるようなシンジの視線に気付いたのか、それとも、シンジの言葉を信じたのか、
ミサトは軽くため息をついて言った。
「・・・とにかく、二人とも乗りなさい」
その頃、ネルフ司令執務室。
「・・・碇、諜報部からの報告によると、昨日も葛城一尉は呼ばなかったそうだな」
冬月が書類を読みながら言った。
『発案者』であるユイが、何処に行ったのか、ネルフ内部に居ないので、冬月が
ユイの代わりに報告書を受け取ったのだ。
「・・・ああ。意外としぶといな」
ゲンドウポーズで応える髭眼鏡。
「・・・いくらユイ君の『お願い』だと言っても、これはちょっとやりすぎなのではないかね?」
ネルフ内部でマヤと並び『ネルフの良心回路』と呼ばれている冬月は、
そう言って首を捻った。

259 :第伍話 レイ、心の向こうに:2006/10/12(木) 20:57:43
「問題ない。全ての計画はリンクしている。葛城一尉の行動も、予想通りだ」
ゲンドウはそう言ってサングラスを押し上げた。
「シンジ君に手を出そうとしたのもかね?・・・今でも諦めていないようだぞ?」
「・・・問題ない」
ゲンドウはそう応えたが、声が微かに震えているのは隠せなかった。
「・・・どうなっても、俺は知らんぞ・・・」
冬月がそう言ってため息をつくと、ゲンドウが自分から口を開いた。
「・・・冬月・・・」
「・・・なんだ?」
「・・・レイは、今日から学校だったな?」
「ああ・・・そうだったな。今頃、シンジ君と話でもしているのではないか?」
冬月はそう言って、ふと、自分が学生だった頃を思い出した。
「・・・そうか・・・レイ・・・上手くやってくれると良いが・・・」
そう言ったゲンドウの表情は、心底心配そうだった。

260 :第伍話 レイ、心の向こうに:2006/10/12(木) 20:58:48
「・・・で、レイはどうするの?帰る?」
ミサトは、シンジの手前、出来る限り安全な運転をしながら、後部座席に座っているレイに訪ねた。
もちろん、レイが後部座席なのは、ミサトの陰謀だ。
(・・・何とか、邪魔者は排除しないとね・・・)
「シンちゃんとミサトさんはどうするんですか?」
(・・・あたしだけのけ者にしようったって、そうは行かないんだからね!)
「あたし達は・・・この間、シンジ君が倒した使徒、まだ処理してないでしょ?
ついでだから、あれを一度見ておいた方が良いと思ってね・・・」
前もってシンジに話してあったため、嘘をつくことが出来ずにそう言ったミサトに、
レイはキラリと瞳を光らせて応えた。
「あたしも行きます!・・・あたしはまだ使徒と戦ったことが無いし、本物の使徒を
間近に見ておいた方が良いと思うし・・・」
(・・・逃がさないからね、シンちゃん!)
「あれ?綾波はネルフに用事があるって言ってたよね?」
シンジが思い出したように言った。
(・・ナイスアシストよ!シンジ君!)
ここぞとばかりにミサトが言った。

261 :第伍話 レイ、心の向こうに:2006/10/12(木) 20:59:49
「あ、そうなの?それじゃ、急いだ方が良いわよねぇ〜、レイぃ。あ、大丈夫よぉ。
このまま送って行ってあげるから〜」
マシンガンのように早口で押すミサトに、レイはにっこり笑って反撃した。
「大丈夫です。用事って言っても、ゲンちゃんに頼まれた報告をするだけだし・・・」
シンジは、ゲンドウの名前が出たため、固まってしまった。
やはり、両親に対しては複雑な思いを抱えているのだ。
「・・・そ、そう。でも、本当に良いの?」
「ええ、御心配なく」
きっぱり言うレイ。
(・・・くっ!追い返すのは無理そうね・・・)
(・・・甘い甘い・・・ミサトさん、そんなんでこのレイちゃんを追い返そうなんて、
まだまだねっ!ふふっ!)
女の戦いは続く。

「・・・これが・・・使徒・・・?」
シンジは、目の前にそびえ立つシャムシェルの『遺体』に、思わず声をあげた。
「・・・シンちゃんが、倒した・・・使徒・・・」
レイは、相変わらずシンジに寄り添っている。
「ほら、シンジ君。こっちよ。まず、リツコの話を聞いてきましょう」
ミサトはそう言って、二人をプレハブ製の仮設研究室に誘った。

262 :第伍話 レイ、心の向こうに:2006/10/12(木) 21:00:45
「・・・あら、ミサト。来たのね?」
仮設研究室にいたリツコが、振り返って入ってきたミサトを見て言った。
「ええ。シンジ君とレイも一緒よん」
そう言うミサトの表情は、少しだけ、苦々しさが混じっていた。
「そう・・・。いらっしゃい、シンジ君、レイ」
「あ、はい。こんにちわ、リツコさん」
「赤城博士、こんにちわぁ!」
シンジとレイはリツコに挨拶した。
「・・・あ、そうそう。シンジ君、ユイ博士が探していたわよ?」
リツコがそう言うと、シンジは複雑そうな表情を見せた。
「そ、そうですか・・・」
「・・・あれ?ユイかーさん、来てるんですか?」
レイが意外そうな顔をして訪ねた。
「ええ。さっきまでここにいたんだけど・・・」
リツコがそう応えたとき、仮設研究室の入り口に、白衣が翻った。
「・・・シンちゃん、来てくれたのね?」
「・・・母さん・・・?」
シンジが、微かに震える声で訪ねると、ユイはシンジに駆け寄って、抱きついた。

263 :第伍話 レイ、心の向こうに:2006/10/12(木) 21:01:40
「シンちゃん!」
「か、母さん!・・・は、恥ずかしいよ、離れてよ!」
シンジは慌てた様子でそう言った。
「・・・し、シンちゃん・・・恥ずかしいだけなの・・・?・・・私のこと・・・
嫌いじゃないの・・・?」
ユイは、涙さえ浮かべて、シンジの顔を見つめた。
「・・・き・・・嫌いなんて・・・そんなこと・・・」
シンジは、すぐ近くでユイに見つめられて、顔を真っ赤にしてどもりながら言った。
「・・・シンちゃん!」
再び、ユイが抱きついた。
(・・・ああ・・・私はシンちゃんに嫌われていなかったのね!・・・嬉しい!
愛する息子との楽しい日々が帰ってくるのね!大好きよ、シンちゃん!)
やや暴走気味のユイを、レイは複雑な思いで見つめていた。
(・・・そう、だよね・・・シンちゃんは、ユイかーさんの『本当の』子供なんだから
・・・あたしも、喜んであげなきゃね・・・)

264 :第伍話 レイ、心の向こうに:2006/10/12(木) 21:02:38
一方、他の2人は、少し気抜けした表情だった。
(・・・良かったわね、シンジ君・・・)
(・・・もしかしたら、これで・・・)
「・・・か、母さん。そろそろ、離してよ・・・」
「ご、ごめんね、シンちゃん」
ユイは、慌てて謝りながらシンジから離れた。
「・・・良かったわね、シンジ君」
ミサトが声をかけると、シンジは真っ赤になって俯いた。
「ありがと、ミーちゃん」
ユイは、にっこり笑ってとんでもないことを言った。
「・・・今まで、シンジを預かってくれて」
「・・・は?」
ミサトは、思わず間抜けな声をだしてしまった。
「あら、どうかしたかしら?」
にこやかに聞き返すユイ。
もちろんシンジもリツコも、呆然とユイを見ている。
「・・・い、今までって・・・?」
全く予想外の事に、さすがのミサトも言葉が出ない。

265 :EPISODE:05 Rei I:2006/10/12(木) 21:04:50
「・・・あら、元々、シンちゃんをミーちゃんに預けたのは、ただ単にシンちゃんの
部屋が無かったから・・・そう言ったでしょ?」
「は、はぁ・・・それはそうですけど・・・」
「それなら、わかるでしょ?シンちゃんの部屋が用意できたのよ」
ユイがあっさりと言い、それはレイとリツコを除く全員に驚きを呼び起こした。
「・・・えっ!?か、母さん!?」
シンジが声を上げると、ユイは優しい瞳でシンジを見た。
「・・・シンちゃん・・・ごめんね。今までずっと離ればなれで・・・」
「か、母さん・・・」
「でも、これからは、ずっと一緒よ!」
そう言いながら拳をグッと握っている母に、シンジが戸惑った声をかけた。
「ちょ、ちょっと待ってよ、母さん」
「あら、なぁに?」
「急にそんなこと、言われても・・・」
シンジが、少しだけ顔をしかめてそう言うと、ユイの瞳はすぐに潤んだ。
「・・・やっぱり・・・イヤなの?」
「ち、違うよ!そ、そうじゃなくて・・・その・・・」
そう言いながら自分の方をちらちら見るシンジに、ミサトは、心が温かくなるのを感じた。

266 :EPISODE:05 Rei I:2006/10/12(木) 21:06:08
(・・・やっぱり、作戦は成功していたのね!あたしと一緒に暮らしたいのね!?)
そう考えるミサトの脳裏には、シンジと二人きりの愛の生活が浮かんでいた。
が、続くシンジの言葉は、ミサトの甘い夢を打ち破った。
「・・・僕がいなくなったら・・・その・・・ミサトさんが、普通の生活が出来なく
なっちゃうから・・・」
「・・・ふふっ・・・それは間違いないわね、ミサト?」
リツコが堪えきれずに笑いながら言った。
「・・・そんなに、酷いの・・・?」
レイが、戸惑いながら訪ねた。
「・・・あれは・・・人間の住むところじゃ、無いと思う・・・」
シンジが呟いた。
「・・・ミーちゃん・・・」
ユイがため息をついた。
「・・・たはは・・・」
ミサトは頭を掻いている。
「・・・シンちゃん、ミーちゃんもいい歳の女性なんだから、自分のことは自分で
させないと・・・ね?」
ユイがシンジに諭すように言ったが、シンジの冷たい視線を受けてしまった。

267 :EPISODE:05 Rei I:2006/10/12(木) 21:07:13
「・・・母さん・・・ひとのこと・・・言えるの?」
そう。ユイは、家事が苦手だった。
若い頃から研究一筋だったため、料理も掃除も洗濯も、何もできないのだ。
ゲンドウと結婚してシンジが生まれてからも、ユイは研究所に籠もってばかりだった
ので、未だに何もできない状態が続いている。
もちろん、ゲンドウも何もできないので、家事一切は、レイが引き受けているのだ。
「・・・あはは・・・」
ユイも、ミサトと同じ様に頭を掻いている。
「・・・相変わらずなんだね・・・」
ため息をついたシンジを見て、リツコが口を挟んだ。
・・・で、シンジ君。あなたは、どうしたいの?」
「えっ!?・・・そ、それは、その・・・」
戸惑い、俯いてしまったシンジを見て、リツコ以外の者達は、一様に希望と不安を胸に抱いた。
(・・・し、シンちゃん!?も、もしかして、本当は、イヤなんじゃ?やっぱり、
母さん達を嫌ってるの!?)
(シンジ君・・・い、行っちゃうの!?)
(このまま行けば、シンちゃんと一緒に暮らせるかも・・・)

268 :EPISODE:05 Rei I:2006/10/12(木) 21:08:11
しかし、それぞれの思惑をよそに、リツコがため息をついて言った。
「・・・それじゃ、シンジ君。とりあえず、今日から幾日かの間、お母さん達と一緒に
暮らしてみたらどう?・・・その上で、自分がどうしたいのか、考えてごらんなさい」
その言葉に、皆はリツコを見た。
(・・・ナイスよ!リッちゃん!)
(り、リツコぉ!裏切る気!?)
(ラッキ〜!さすが赤城博士ぇ!伊達にマッド入ってないよね!)
「で、でも・・・」
相変わらず戸惑っているシンジに、リツコが追い打ちをかけた。
「・・・シンジ君。ミサトの生活は、ひとまず放っておきなさい。これは、
あなた自身の事なのよ。他人の事じゃ無くてね」
そう言ったリツコの頭には、こんな思考が渦巻いていた。
(・・・ミサトの『報酬』も惜しいけど、最初の約束からかなり時間がたってるから、
見捨ててもいくらでも反論は出来るし・・・ここは、ユイ博士とレイに恩を売っておく
のも一案よね・・・悪いわね、ミサト・・・)
「・・・わかりました・・・」
シンジが頷くのを見て、ユイとレイは驚喜し、ミサトはがっくりと肩を落とした。

269 :EPISODE:05 Rei I:2006/10/12(木) 21:09:18
「そ、そう!それじゃ、早速、行きましょ!」
今にも手を取って引きずっていこうとするユイを制して、シンジがミサトを見た。
「・・・ミサトさん・・・ちょっと、良いですか・・・?」
「え?・・・あ、うん。何?」
落胆していたミサトだったが、シンジに声をかけられて、慌てて顔を上げた。
「あ、あの・・・」
言いにくそうなシンジ。
「なぁに?どうしたの、シンジ君。・・・ほら、遠慮なく言っちゃって!」
「そ、それじゃ・・・その・・・さ、最近、僕のことを、『シンちゃん』って
呼ばなくなりましたよね?なんでですか?」
頬を赤くして俯きながら言うシンジ。
その言葉に、ミサトとユイの視線が激しく交差した。
(・・・ミーちゃん!・・・ばらしたら、どうなるかわかってるでしょうね・・・?)
(・・・くっ・・・ユイ博士・・・なんて卑怯な・・・)
僅かな沈黙の後、ミサトは、その頭脳を超高速回転させた末に、声を絞り出した。
「・・・ごめんね、シンジ君。あの後、あたし、シンジ君の本当の保護者には
なれなかったんだな、って思って・・・だから、あんまりシンジ君に馴れ馴れしく
しちゃいけないって、ね・・・」
そう言って、寂しそうな笑みを浮かべて俯くミサト。

270 :EPISODE:05 Rei I:2006/10/12(木) 21:10:35
(・・・ナイス言い訳よ、ミサト!これなら、絶対にシンジ君の心に響くわよぉ!
・・・ああ、素晴らしい自分の頭脳が怖いわぁ!)
(・・・くっ・・・ミーちゃん・・・なかなかやるわね・・・)
ユイは、表面上は黙って見守りながらも、脳裏では微かなイライラを募らせていた。
実は、シンジの家出の一件で、ミサトはシンジの口添えにより、ネルフの作戦部長の
地位に返り咲くことができたが、その条件として、ゲンドウとユイ(主にユイ)から、
『シンジをシンちゃん呼ばわりする事』を全面禁止されていたのだ。
もちろん、シンジ自身はそんなことは全く知らない。
「・・・そ、そんな!・・・僕は・・・」
自分を取り巻く状況に全く気付くことなく、シンジは驚いたように叫んだ。
(・・・ぼ、僕の軽率な行動が、ミサトさんを傷つけていたなんて・・・)
「あ・・・べ、別に気にしなくても良いのよ、シンジ君。あたしが勝手に考えてた事なんだから・・・」
ミサトは微笑んで優しく言った。
(ナ〜イスあたしぃ、素晴らしいわぁ!こうして、少しずつ、シンジ君のハートを
ゲットするのよぉ!)
「・・・ミサトさん・・・」
少しだけ、ほっとした表情を見せるシンジ。
二人の間には、何となく、良い雰囲気が醸成されている。

271 :EPISODE:05 Rei I:2006/10/12(木) 21:11:43
(・・・な、何よ、シンちゃん・・・ミサトさんなんかと・・・ああっ、もう!)
それまで二人の会話を黙ってみていたレイが、イライラして行動を起こした。
「・・・ほら、シンちゃん!あたし達の家に行こうよ!」
レイはそう言いながらシンジの腕を取り、ぐいぐいと引っ張る。
「ユイかーさん、車で来てるんでしょ?早く、シンちゃんを『あたし達の新居』に
連れていってあげようよ!」
「そ、そうね、レイ」
歯噛みしていたユイは、ハッとしてそう応え、ミサトを睨み付けた。
(・・・ミーちゃん・・・シンちゃんは、あなたなんかには、渡さないわよ・・・!)
(・・・ユイ博士、レイ・・・負けませんからね!)
ミサトも、負けじと睨み返している。
その強烈な視線のやりとりに気付くこともなく、シンジはただ、戸惑った声をあげるだけだった。
「ちょ、ちょっと、綾波ぃ・・・お願いだから、離れてよ・・・」
「・・・ええっ!シンちゃん、あたしのこと、嫌いなのぉ?」
あっという間にウルウル瞳になるレイ。
「そ、そんなことはないけど・・・は、恥ずかしいよ!」
「別に良いじゃない、そんなこと・・・」
そう言って笑うレイは、シンジとの同居生活が始まる事を考え、心底嬉しくて仕方が無いようだった。

272 :EPISODE:05 Rei I:2006/10/12(木) 21:12:53
作業現場を離れた3人は、ユイの運転する車に乗っていた。
もちろん、シンジとレイは並んで後部座席である。
「・・・そ、そう言えば、綾波って、母さん達と同居してるんだよね?」
シンジが思い出したように言った。
本当は、先ほどのレイの発言『あたし達の新居』に驚き、その意味を考えて、心臓が
バクバクしていたのだが。
「う、うん」
少し恥ずかしそうなレイに、ユイが運転席から声をかけた。
「・・・大丈夫よ、レイ。シンちゃんは優しくしてくれるから、ね?」
「は、はい・・・」
ユイの言葉の『深い』意味を理解したレイは、真っ赤になって頷いた。
「・・・ちょ、ちょっと母さん!」
少し遅れてその意味がわかったシンジは、こちらも真っ赤になって母に抗議した。
「あら、なぁに?」
「・・・シンちゃんは、あたしと暮らすの・・・イヤ?」
レイが少し俯いて、上目遣いにシンジを見て、呟くように言った。
「えっ・・・」
「・・・やっぱりイヤだよね・・・あたしみたいな、余所者と一緒なんて・・・」
自嘲するように言うレイ。

273 :EPISODE:05 Rei I:2006/10/12(木) 21:14:05
すでに完全に俯いてしまっており、その声は震えていた。
「そ、そんなこと無いよ!」
シンジは、レイが泣いていると思い込み、目の前で泣かれる事に慌てて、パニックに
陥りそうになりながら、必死に否定した。
「・・・ホント?」
「う、うん!僕は、綾波と一緒に暮らしたいよ!」
すでにレイの策略に、すっぽりとはまっていることには気付いていないシンジ。
「・・・聞いたからね、シンちゃん!」
そう言って顔を上げたレイの表情は、『ニヤニヤ』で埋まっていた。
「あっ!だ、騙したな!?僕を裏切ったんだ!」
一瞬後、ようやく自分が騙されていた事に気付いたシンジは、そう叫んだ。
「・・・はい、そこまで。シンちゃんの負けね」
ユイがそう言ってくすくす笑った。
「えへへぇ・・・。ごめんね、シンちゃん」
「・・・全く・・・」
疲れ果てたようなシンジの声に、レイはそっとシンジにもたれかかって言った。
「・・・ごめんね・・・でも、不安だったの・・・」
「綾波・・・」
「・・・」

274 :EPISODE:05 Rei I:2006/10/12(木) 21:15:06
黙り込んだ二人をバックミラーで見て、ユイは、微かに口元に笑みを浮かべて、
車のスピードを上げた。

「・・・ここよ」
ユイが車を止めたのは、ネルフ本部と第一中学校のちょうど中間ぐらいにある、高級住宅街だった。
「・・・え・・・?」
シンジの目の前には、まさに『豪邸』と言っても差し支えないほど大きな屋敷が、
そびえ立っていた。
「・・・ここがあたし達の新居だよ、シンちゃん!」
レイがにこにこしながらそう言って、車から降り、シンジを車から連れ出した。
「・・・」
ユイは黙って二人を見守っている。
「ほらぁ、早く入ろうよぉ」
「う、うん・・・」
レイはシンジを引っ張り、『新居』に連れ込んだ。
「うわぁ・・・」
屋敷の中に入ったシンジは、思わず声を上げた。

275 :EPISODE:05 Rei I:2006/10/12(木) 21:16:13
黙り込んだ二人をバックミラーで見て、ユイは、微かに口元に笑みを浮かべて、
車のスピードを上げた。

「・・・ここよ」
ユイが車を止めたのは、ネルフ本部と第一中学校のちょうど中間ぐらいにある、高級住宅街だった。
「・・・え・・・?」
シンジの目の前には、まさに『豪邸』と言っても差し支えないほど大きな屋敷が、
そびえ立っていた。
「・・・ここがあたし達の新居だよ、シンちゃん!」
レイがにこにこしながらそう言って、車から降り、シンジを車から連れ出した。
「・・・」
ユイは黙って二人を見守っている。
「ほらぁ、早く入ろうよぉ」
「う、うん・・・」
レイはシンジを引っ張り、『新居』に連れ込んだ。
「うわぁ・・・」
屋敷の中に入ったシンジは、思わず声を上げた。

276 :EPISODE:05 Rei I:2006/10/12(木) 21:18:33
いきなり、TVでしか見たことのない様な豪華なシャンデリアがぶら下がっていれば、
誰だって驚くだろう。
「・・・ふふっ・・・ほら、これくらいで驚いてたら、身体がもたないよ!」
レイはそう言って、その屋敷の隅々までシンジを案内してくれた。
「・・・凄いんだね・・・」
シンジは、やけに豪華なリビングのソファに腰掛けて呟いた。
隣にレイ、テーブルを挟んで向かいにユイが座って、お茶を飲んでいる。
「ふふふっ・・・。ゲンちゃんが、シンちゃんのためなら、って言って、このお屋敷を
買ってくれたんだよ?」
レイがそう言ってシンジを見た。
「・・・と、父さんが?」
「ええ。あの人も、あなたを愛しているのよ・・・。不器用だけどね」
そう言って微笑むユイ。
「・・・父さん・・・」
シンジは、思いもよらなかった父の行動を聞き、僅かながら感動した。

277 :EPISODE:05 Rei I:2006/10/12(木) 21:19:41
「・・・それじゃ、ユイかーさん、シンちゃんに手料理でも作ってあげよっ♪」
レイが元気に言って立ち上がった。
「そ、そうね。シンジ、何が食べたいかしら?」
「・・・うーん・・・任せるよ。僕は何でも食べられるから」
そう応えたシンジの顔は、美少女の手料理が食べられるということで、かなりニヤケ気味だった。
「了解!期待しててね、シンちゃん♪」
レイは嬉しそうにそう言って、ユイと共にキッチンに入っていった。
「・・・」
その後ろ姿を見送ったシンジは、温かいものに心が包まれるのを感じた。
しばらくリビングでじっとしていたシンジだったが、キッチンからユイとレイの
楽しそうな声が聞こえてくると、奇妙な孤独感に襲われてしまった。
(・・・ここには僕しか居ない・・・)
慌てて頭を振ってその考えを追い払おうとしたが、それは頭の隅にこびりついて、振り払えなかった。
いたたまれなくなったシンジは、立ち上がってキッチンに向かった。
それは自分の存在を誇示し、それによって自分を納得させたいがための行動だった。
しかし、そこでシンジが見たものは、まるで本当の親子のように、きゃあきゃあと
はしゃぐユイとレイだった。

278 :EPISODE:05 Rei I:2006/10/12(木) 21:20:34
「・・・やだぁ、ユイかーさんったら・・・」
「ふふっ・・・レイ、素直になったらどうなの?」
「だってぇ・・・」
じゃれあいながら料理を作っているその姿は、シンジに衝撃を与えた。
(・・・僕は・・・僕が・・・母さんの本当の子供なのに・・・)
幼い頃、一人きりで放って置かれた記憶が脳裏をよぎる。
(・・・なんで、余所の子を可愛がって・・・僕は・・・)
そう考えて、唇を噛み締めた。
レイの過去、両親を事故で失ったことは聞いていたし、自分の両親がレイを引き取った事も聞いていた。
・・・確かに、自分が両親の立場にあっても、同じ事をするだろう。
だが、現に自分は長い間放っておかれたのだ。
幼い頃から鍵っ子として育ち、中学にあがると同時に叔父の家に預けられて、
肉親の愛情を知らずに育ってきた自分。
それに引き替え、余所の子であるはずのレイは自分の欲しいもの−両親の愛情−
たとえそれが実の親でなくとも−を手に入れているのだ。
そして、その事に対する嫉妬が、シンジの心を複雑なものにしていた。
(・・・僕は・・・僕を好きだって言ってくれた綾波に・・・嫉妬してる・・・)
そう考えて、シンジはいたたまれなくなり、思わず駆け出してしまった。
「・・・シンちゃん!?」
背後からレイの声が聞こえてきたが、シンジの耳には届かなかった。

279 :EPISODE:05 Rei I:2006/10/12(木) 21:21:42
(・・・僕は・・・僕はっ!)
猛烈な自己嫌悪に陥っているシンジ。
目的もなく、ただ走り続けたシンジは、いつの間にか、ネルフ本部に来ていた。
「・・・」
見上げると、そこにはエヴァ初号機がそびえ立っている。
「・・・あら、シンジ君?帰ったんじゃなかったの?」
ふと声をかけられて振り向くと、リツコがファイルを片手に歩み寄ってきた。
「・・・リツコさん・・・」
「どうしたの?エヴァに何か用事でもあるの?」
「・・・は、はい・・・」
反射的に頷いてしまうシンジ。
「・・・そう。それならちょうど良いわ。射出機構のテストをしたいから、今から
エントリーして貰えるかしら?プラグスーツに着替えなくても良いから・・・」
「・・・わかりました」
再び頷いたシンジを見て、リツコは作業に戻った。
そのまま、用意されたエントリープラグに入り、起動を開始した。
「・・・主電源、接続開始!」
発令所に戻ったリツコがおもむろに命令した。

280 :EPISODE:05 Rei I:2006/10/12(木) 21:22:44
・・・シンちゃん!」
レイとユイが叫びながら初号機ケージに駆け込んできたのは、起動した初号機が射出口に移動した後だった。
「っ!」
プラグ内のモニターで、自分の方に駆け寄ってこようとする二人を見たシンジは、
思わずATフィールドを展開してしまった。
「「きゃぁっ!」」
突然、目の前でATフィールドが発生したので、ユイとレイは叫んで顔を覆った。
「シンジ君!何をしているの!?」
リツコが叫んだ。
「・・・先輩!初号機との通信がつながりません!」
サポートをしていたマヤが不安そうな表情でリツコを振り返った。
「くっ!・・・何があったの、シンジ君・・・」
リツコは、そう呟いて、赤い光に包まれている初号機を見つめた。

281 :EPISODE:05 Rei I:2006/10/12(木) 21:24:16
発令所には、ユイ、レイ、ゲンドウ、冬月、ミサト、リツコ、オペレーター3人衆が集まっている。
「・・・うっ・・・ひっく・・・」
「・・・泣かないで、レイ・・・。あなたのせいじゃ無いのよ」
発令所では、泣きじゃくるレイを、涙目のユイが慰めていた。
「・・・で、シンジが突然飛び出したというのだな?」
一見冷静そうに見えるゲンドウが訪ねた。
「ええ・・・」
ユイが頷く。
「・・・シンジ君・・・」
ミサトが心配そうに呟いて、ディスプレイに大きく映し出されている初号機を見た。
「・・・とにかく、シンジ君を説得しなければいかんだろう、碇?」
「うむ・・・赤城博士、何か方法はないのかね?」
ゲンドウは冬月の言葉に頷いて、リツコを見た。
「・・・現在の初号機はATフィールドで遮断されているため、全ての通信手段が全く
通じません。・・・ATフィールドを中和できるのは『使徒』か、あるいは・・・」
「・・・同じエヴァ、ね・・・」
ミサトが呟くと、リツコは頷いた。

282 :EPISODE:05 Rei I:2006/10/12(木) 21:25:07
「そうよ。・・・しかし、現在稼働できる所有エヴァは初号機のみ・・・事実上、
打つべき手は無し・・・見守るしかないのよ」
「・・・あたしが、零号機を起動させます!」
レイが、涙を拭きながら言った。
「れ、レイ!しかし・・・」
ゲンドウが驚いて口を挟もうとした。
「あたしが!・・・あたしが、シンちゃんを傷つけたんです。・・・だから、
シンちゃんの説得は、あたしがします!」
レイの、決意を込めた強い口調に、誰も反論できなかった。
「・・・赤城博士」
「はい」
「零号機の起動準備を開始してくれたまえ」
ゲンドウが表情を消してそう言った。
「・・・よろしいのですか?」
「・・・ああ」
「あなた・・・」
ユイが、ゲンドウとレイを見比べて呟いた。

283 :EPISODE:05 Rei I:2006/10/12(木) 21:26:31
「・・・零号機の拘束、完了しました!」
技術部からの報告が発令所に届いた。
「了解。総員待避して」
リツコはそう応えて、エントリープラグの中のレイの映像を見た。
「・・・レイ、準備は良いかしら?」
「・・・はい」
普段はうるさいと思えるほど喋るレイも、さすがに口数が少なくなっている。
「・・・これより、零号機の起動実験を開始する」
ゲンドウの重々しい声が聞こえた。
「第一次接続開始!主電源コンタクト!」
リツコの命令にマヤが素早く反応する。
「稼働電圧臨海点を突破!」
ミサトは零号機を見ながら思った。
(・・・ったくぅ!あたしのシンジ君を傷つけたりして・・・シンジ君は繊細なのよ!
もし何かあったら、鼻から手ぇ突っ込んで、奥歯ガタガタ言わせてやるわよぉ!)
ミサトが結構過激な事を考えている間にも、起動シークエンスは進んでいた。

284 :EPISODE:05 Rei I:2006/10/12(木) 21:30:37
「・・・フォーマットフェイズ2へ移行」
「パイロット、零号機と接続開始」
「回線開きます」
「パルス及びハーモニクス正常」
リツコはそこで口を閉じてレイの様子をうかがったが、レイは動揺した様子もなく、
ただ心配そうな表情をしているだけだった。
「シンクロ問題ありません」
「中枢神経素子に異常無し」
「再計算、誤差修正無し」
「チェック2590までリストクリア」
「絶対境界線まで、あと2.5・・・」
マヤが、神経接続状況をモニターに映し出して読み上げた。
「・・・1.7・・・1.2・・・1.0・・・」
ユイとゲンドウは、祈るような顔をしてディスプレイを見つめている。
「0.8・・・0.6、0.5、0.4、0.3、0.2、0.1・・・」
「突破っ!ボーダーラインクリア、零号機、起動しました!」
マヤの報告が発令所に響くと、皆、ほっとした表情を見せた。
プラグの中のレイも、ホッとしたように大きく息を吐いた。

285 :EPISODE:05 Rei I:2006/10/12(木) 21:32:31
「よし。・・・では・・・」
ゲンドウが言おうとしたとき、発令所の電話が鳴り、冬月が出た。
少し話して受話器を置いた冬月が言った。
「・・・碇、未確認飛行物体が接近中だ。おそらく・・・何番目の奴だったか・・・
よくおぼえていないが・・・とにかく、使徒だろう」
「・・・こんな時に・・・」
ユイが唇を噛んで言った。
「総員、第一種戦闘配置」
「・・・司令、零号機はどうなさいます?」
リツコがゲンドウに訪ねた。
「・・・実戦に耐えられるか?」
「フィードバックに誤差が残っています。まともに動けるとは思えません」
リツコの答えに、ゲンドウは目を閉じた。
「・・・零号機は待機だ」
「では、どうなさいます?・・・まさか・・・!」
ミサトが息を飲んだ。

286 :EPISODE:05 Rei I:2006/10/12(木) 21:33:29
「・・・初号機は?」
「ご覧の通り、すでに射出口に・・・」
「・・・出撃だ」
ゲンドウが宣言した。
「ゲンちゃん!」
それを聞いて、ユイがゲンドウに怒鳴りつけた。
「・・・な、なんだ、ユイ・・・」
「いくら何でも、あの状態のシンちゃんを使うなんて、酷すぎますわ!」
「・・・し、しかし・・・零号機が使えない以上、初号機しか・・・」
ゲンドウも、怯えながらも反論した。
「っ!・・・」
黙り込むユイ。
確かに、ゲンドウの言うことは間違ってはいない。
「・・・赤城博士、葛城一尉、初号機を出撃させろ」
「「・・・了解」」
リツコとミサトは、頷いてそれぞれの仕事に取りかかった。

287 :EPISODE:05 Rei I:2006/10/12(木) 21:34:27
「・・・あたしが出ます!」
発令所の会話を聞いていたレイが叫んだが、リツコがレイを見て言った。
「ダメよ、レイ。今の会話を聞いていたでしょう。今の零号機では、使徒との戦闘には耐えられないわ」
「それでも構いません!あたしを出して下さい!シンちゃんはあたしが護るの!!」
リツコの説得も聞こうとはせず、レイは操縦桿を握り締めた。
「・・・マヤ、零号機のシンクロをカットして」
「は、はい!零号機とパイロットのシンクロを強制カットします!」
マヤがキーボードをコントロールすると、レイと零号機のシンクロはカットされた。
「えっ・・・あ、赤城博士!?何するのよ!?あたしを出してよ!・・・ユイかーさん!
ゲンちゃん!冬月せんせー!ミサトさん!あたしが・・・あたしが出るから・・・!
お願い!シンちゃんを出さないでよぉ!・・・お願いぃ・・・!」
レイの叫びは聞き届けられなかった。

288 :EPISODE:05 Rei I:2006/10/12(木) 21:36:26
「・・・目標、芦ノ湖上空に侵入」
すでに発令所の主ディスプレイは、青く輝く8面体クリスタルのような巨大な物体を捉えている。
「エヴァ初号機発進準備よし」
「・・・司令、本当によろしいのですね?」
ミサトが司令塔を見上げて言う。
「・・・・・・・・・ああ」
かなりの間の後、ゲンドウは頷いた。
「発進っ!」
ミサトの号令が発令所に響き、ATフィールドを纏うように展開した初号機は、
固定もされないままで地上に向けて射出された。
その時、使徒観測モニターを見ていたロンゲのオペレーターが、異変に気付いた。
「・・・目標内部に高エネルギー反応っ!周縁部を加速してゆきますっ!」
「何ですって!?」
ミサトが驚いて使徒を映し出している主ディスプレイを見た。
「・・・まさかっ!過粒子砲!?」
リツコが気付いて叫んだ。

289 :EPISODE:05 Rei I:2006/10/12(木) 21:38:47
「・・・くっ!」
突然襲ってきたGに、シンジは思わず声を上げた。
すぐに地上に射出されたことに気付いたが、ATフィールドは解かなかった。
「・・・え?」
地上射出口のシャッターが開き、シンジは見慣れた光景を目にしたが、次の瞬間、
目の前にあったビルが熔ける様子が、まるでスローモーションの様に見えた。
そして、ビルを溶かした光は、初号機が纏っていたATフィールドをいとも簡単に
突き破り、初号機の胸に直撃した。
「・・・うわぁぁぁぁぁぁっ!」
強烈な痛みと苦しみ、熱に襲われ、シンジはただ叫ぶことしか出来なかった。

290 :EPISODE:05 Rei I:2006/10/12(木) 21:39:27
使徒の中央部から白く輝くビームが発射された。
「だめっ!よけてっ!!」
聞こえないことも忘れて、ミサトが初号機に叫ぶ。
初号機と使徒の間に立っていたビルを一瞬で溶かし、初号機のATフィールドさえも
突き破り、使徒の過粒子砲は初号機に突き刺さっていた。
「・・・通信が回復しました!」
ATフィールドが消えたため、マヤが叫んで回線を繋いだ。
「・・・ぁぁぁぁぁっ!」
発令所のモニターに、叫ぶシンジの姿が大きく映し出された。
「シンジ君!」
「シンちゃん!」
「シンジ!」
ゲンドウとユイは真っ青になっている。
もちろん、ミサトとマヤもだ。
一瞬、沈黙に包まれた発令所に、シンジの絶叫だけが響いていた。

 第伍話 完

291 :名無し専門学校:2006/10/12(木) 22:49:38
このスレ閉鎖した方がいいんじゃない?
エヴァにしろ野球の話にしろどうでもいいだろ?

292 :名無し専門学校:2006/10/12(木) 22:51:13
>>291
エヴァは論外として、たかが50円の話で何熱くなってるんだろうね。

293 :名無し専門学校:2006/10/12(木) 22:58:07
3つもスレがあるのに全部エヴァネタとはね…

まさに“みんくる”だな。

294 :名無し専門学校:2006/10/12(木) 22:59:40
このスレの住人がみんくるだな。

295 :綾波レイ ◆UmfzPDX9ts :2006/10/12(木) 23:02:15
みんくる………
どうゆう意味かしら…

296 :名無し専門学校:2006/10/12(木) 23:14:37
文化祭が楽しみだ!今年は鉄は何やってくれるのかな?
ではれいぷ。

297 :名無し専門学校:2006/10/12(木) 23:35:58
>>295
都バスのマスコットキャラクター。
が、ここではクレイジーという意味だろう。

>>296
綾波の問いにも答えてやろうぜ。

298 :名無し専門学校:2006/10/12(木) 23:37:48
>>296
てか、どの文化祭?
岩倉が面白そうだがね。

299 :名無し専門学校:2006/10/12(木) 23:39:03
みんくる〜

300 :名無し専門学校:2006/10/12(木) 23:42:50
MAX300

301 :名無し専門学校:2006/10/12(木) 23:44:11
ハピスカまであと2ヶ月!

302 :名無し専門学校:2006/10/13(金) 00:20:03
>>296
東観祭じゃないの?

303 :名無し専門学校:2006/10/13(金) 00:21:25
返すの間違えた、
>>298
東観祭だよ。

304 :名無し専門学校:2006/10/13(金) 06:39:31
>>292
たかが50円、されど50円。

305 :名無し専門学校:2006/10/13(金) 08:07:44
>>304
その話題もうやめようぜ。

306 :名無し専門学校:2006/10/13(金) 09:02:04
みんくるみくるみんくるみんくるみんくるみんくるみくるみんくるみくるみんくるみくるみんくるみくるみんくるみくる

307 :名無し専門学校:2006/10/13(金) 09:15:11
みんくるの意味は都民の車て意味だよ!そんくらいネットで分かるだろ、

308 :名無し専門学校:2006/10/13(金) 10:54:25
スカトロ

309 :名無し専門学校:2006/10/13(金) 13:54:51
ぺにばん最後

310 :名無し専門学校:2006/10/13(金) 18:01:11
EXE30000系て何線?

311 :第六話  決戦、第三新東京市:2006/10/13(金) 19:28:41
「・・・ぁぁぁぁぁっ!」
発令所のモニターに、叫ぶシンジの姿が大きく映し出された。
「シンジ君!」
「シンちゃん!」
「シンジ!」
ゲンドウとユイは真っ青になっている。
もちろん、ミサトとマヤもだ。
一瞬、沈黙に包まれた発令所に、シンジの絶叫だけが響いていた。
「・・・下げてっ!早く!」
「は、はい!」
眼鏡のオペレーターがミサトの命令に、ほとんど条件反射の早さで動いた。
初号機は使徒の加粒子砲を受けながら収容された。
「・・・使徒完黙!」
ロンゲが報告する。
初号機の姿が地中に隠れると同時に、使徒の加粒子砲は消え、使徒はその青い巨体を
悠々と動かし、ネルフ本部上空に到達した。
「使徒、ネルフ本部直上にて停止しました!」
使徒が映っている主ディスプレイとは別の小さなディスプレイに、初号機の
エントリープラグ内の映像が映っている。

312 :第六話 決戦、第三新東京市:2006/10/13(金) 19:29:41
シンジは、鼻から血を流して気絶していた。
「し、シンちゃん!」
ユイが蒼白な顔で叫んだ。
「・・・」
他の者達は声も出ない。
「・・・ぱ、パイロット脳波乱れていますっ!」
マヤの涙声での報告に、リツコが冷静に応えた。
「生命維持システム最大。心臓マッサージを」
「はいっ!」
プラグの中に強烈な電流が走り、シンジの身体がビクンと跳ねた。
「パルス確認っ!」
「初号機、収容完了」
「っ!・・・ケージに行くわ!リツコ、後よろしく!」
ミサトがそう言って駆け出した。
ユイが慌ててミサトの後を追おうとした。
「ゆ、ユイ、私も・・・」
「・・・あなたはダメです!誰のせいでこうなったと思ってるんですか!?」
おずおずと言ったゲンドウだったがユイに言下に否定され、滝のような涙を流した。
「・・・哀れだな、碇・・・」
冬月がそう呟いて、ため息をついた。

313 :第六話 決戦、第三新東京市:2006/10/13(金) 19:30:54
その視線の先では、リツコがプラグの強制排除を命じていた。
「シンジ君!」
「・・・シンちゃん!」
ミサトとユイが初号機ケージについたときには、すでに作業員の手により、
エントリープラグから直接パイロットシートが外され、運ばれていた。
「・・・」
気絶しているシンジを黙って見つめる二人。
「・・・し、シンちゃん!?大丈夫!?」
少し遅れて、叫びながらレイが駆け込んできた。
零号機の通信機から聞こえる発令所の大騒ぎとシンジの絶叫に、
慌てて零号機から降りてきたのだ。
「!」
シンジの様子を見たレイは息を飲んで、シートにぐったりと
横たわるシンジに駆け寄った。
「近寄らないで下さい!」
シンジに駆け寄るレイを、作業員が必死に止めようとしている。

314 :第六話 決戦、第三新東京市:2006/10/13(金) 19:32:15
「離してよぉ!シンちゃん!シンちゃん!」
レイは作業員の手を必死に振りほどこうとするが、力が違いすぎて、
シンジに近寄ることが出来ない。
「・・・シンちゃん!シンちゃん!」
レイが、ただシンジの名を呼ぶ中、シンジは作業員達によって、移動式ベッドに
寝かせられて、運ばれて行った。
ユイは、沈痛な表情でそれを見守ることしか出来なかった。

「・・・シンジ君は?」
「ICU(集中治療室)よ・・・。レイが病院に行ってるわ・・・」
リツコの問いにそう応えて、ミサトはため息をついた。
「・・・司令も、だいぶまいっているようね・・・」
リツコはそう言って、司令塔を見上げた。
「・・・そうね・・・」
ミサトもつられて顔を上げた。
司令塔の方からは、ユイの怒鳴り声が聞こえている。
「・・・わかっているんですかっ!?あなたがシンちゃんを出撃させたから・・・」
「だ、だから、それは仕方なかったと言っているだろう?」
ゲンドウの弱々しい声が聞こえた。

315 :第六話 決戦、第三新東京市:2006/10/13(金) 19:33:40
「何が仕方ないんですか!・・・いきなりシンちゃんを敵の前に放り出したりして!
まず敵の戦力を計るのが基本でしょう!?それをあなたは・・・」
「・・・す、すまない・・・」
「『すまない』で済む事だと思っているんですか!?」
その後もユイの怒声とゲンドウの声は聞こえ続け、リツコはため息をついた。
「・・・無様ね」
「・・・ホントにね・・・」
珍しく自嘲するようにミサトが言った。
シンジを出す決断を下したのは確かにゲンドウだが、その前に、囮を使って使徒の
攻撃パターンを掴むくらいは、ミサトにも進言できたはずだ。
その事が、ミサトの脳裏から離れなかった。
「・・・で、作戦部長さん。作戦は決まったのかしら?」
揶揄するようなリツコの声。
「・・・まだよ。とりあえず・・・日向君?」
やっと名前で呼ばれた眼鏡のオペレーターが喜びを胸に振り向いた。
「は、はい!」
「初号機のダミーバルーンを出して。敵の戦力を計るわ」
そう言ったミサトの視線は、ドリルを出してネルフ本部へと掘り進んでいる使徒の
姿を捉えていた。

316 :第六話 決戦、第三新東京市:2006/10/13(金) 19:36:14
作戦部・第二分析室に作戦部の者達が集合している。
モーターボートに誘導された初号機の1/1サイズのダミーバルーンが使徒に
接近したが、使徒は何の反応も示さなかった。
しかし、ダミーが銃を構えると、使徒は一瞬のうちに加粒子砲を発射した。
「・・・敵、加粒子砲命中。ダミーバルーン蒸発」
「次」
ミサトの声に、使徒から少し離れた位置のトンネルから、列車に積まれた巨大砲台が
現れ、巨大砲台から使徒に向けて、轟音と共に砲弾が放たれたが、使徒の直前で
ATフィールドに阻まれ、次の瞬間、使徒の逆襲の加粒子砲を食らい、消滅した。
「・・・12式自走臼砲消滅」
「なるほどねぇ・・・」
そう呟いたミサトの険しい顔が、微かにかわっていた。
「これまでの分析結果を報告して」
「・・・これまでのデータの分析によりますと、目標は、一定範囲内の外敵を自動的に
排除するものと推測されます」
「エリア侵入と同時に加粒子砲で100%狙い打ち・・・。エヴァによる近接戦闘は
危険すぎますね」
ミサトの副官である日向が作戦部の意見をまとめた。

317 :第六話 決戦、第三新東京市:2006/10/13(金) 19:37:03
「ATフィールドはどうなの?」
「健在です。相転移空間を肉眼で確認できるほど、強力なものが展開されています」
ミサトの問いにディスプレイの映像が12式自走臼砲の攻撃映像に切り替わる。
「・・・誘導火砲、爆撃などの生半可な攻撃では泣きを見るだけですね、これは」
「攻守共にほぼパーペキ・・・。まさに鉄壁の空中要塞ね・・・。で、穴掘り君は?」
「現在、目標は我々の直上、第三新東京市0エリアに侵攻。直径17.5メートルの
巨大シールドがジオフロント内部のネルフ本部に向かって掘削中です」
「しゃらくさいわね・・・。到達予想時刻は?」
「明朝、午前00時06分54秒・・・。その時刻には22層の装甲全てを貫通して、
ネルフ本部へ到達するものと思われます」
ミサトは腕時計を見て呟いた。
「・・・あと10時間足らずか・・・」
「敵シールド、第一装甲板に接触!」
「・・・初号機パイロットの容態は?」
「・・・安定したそうです。命に別状は無く、脳波も正常だそうです。・・現在は
病室で眠っています」

318 :第六話 決戦、第三新東京市:2006/10/13(金) 19:38:26
その報告を聞いてミサトは軽く安堵の息を吐き、電話を取って親友にかけた。
「・・・リツコ・・・初号機の状況は?」
「・・・胸部第三装甲板まで見事に融解してるわ。機能中枢をやられなかったのは、不幸中の幸いね」
初号機ケージで初号機の装甲板の取り外し作業を見ていたリツコが答えた。
「・・・あと3秒照射されていたらアウトでした」
リツコの横でマヤがファイルに目を通しながら言った。
「・・・3時間後には換装作業終了予定よ」
「了解。・・・で、零号機は使えるの?」
「再起動自体には問題ないでしょうけど、まだフィードバックに誤差が残っているわ。実戦は難しいわね」
リツコが冷静に言うと、マヤが初号機を見て言った。
「・・・誤差の修正、急ぎましょう、先輩・・・」
(・・・レイちゃんが動けないと、またシンジ君が初号機で出なきゃならなくなるわ。
・・・それはダメ!シンジ君にもしもの事があったら、私・・・。・・・大体、元はと
言えば、髭眼鏡が悪いのよ!何も考えないでシンジ君を出したりするから!
あのバカ髭!カッコつけて色眼鏡なんてかけてんじゃないわよ!気持ち悪いのよ!)
心配そうな顔をしながらも、ゲンドウに怒りを向けるマヤ。
・・・後の統計によれば、どうやらこの時、ネルフ本部に務める女性のほぼ全てが、
マヤと同じような思考をしていたらしい。
つくづく哀れなゲンドウだった。

319 :第六話 決戦、第三新東京市:2006/10/13(金) 19:40:09
司令執務室を訪れたミサトは、なぜか体中に包帯を巻いているゲンドウと、ため息を
ついている冬月に、作戦案を提出していた。
「・・・目標のレンジ外、超長射程距離からの直接射撃かね?」
冬月の驚きの表情に、ミサトは自信満々の表情で応えた。
「はい。目標のATフィールドを中和せず、高エネルギー収束帯による一点集中突破
・・・これしか、方法はありません」
「・・・MAGIの判断は?」
「スーパーコンピューターMAGIによる回答は、賛成2、条件付き賛成1でした」
「勝算は8.7%か・・・」
「もっとも高い数値です」
「・・・・・・葛城一尉」
ゲンドウポーズで黙り込んでいたゲンドウが口を開いた。
「はい?」
「・・・この作戦案によると、零号機を初号機の盾にするとあるが・・・?」
「はい。万が一、敵の加粒子砲に襲われた場合、零号機に盾を持たせて初号機を直接
ガードします。・・・先ほども申し上げましたが、この作戦がもっとも高い数値です」

320 :第六話 決戦、第三新東京市:2006/10/13(金) 19:41:12
「・・・他の作戦の成功率は?」
「・・・0.34%です」
ミサトの答えに、ゲンドウと冬月はおもむろに動揺した。
「な・・・そ、そんなに低いのか・・・碇、どうする?」
「・・・・・・・・・やりたまえ、葛城一尉。・・・だが、わかっているだろうな?」
長い沈黙の末にゲンドウが言ったが、その視線は『シンジに何かあったら殺す!』と雄弁に語っていた。
「は、はい・・・」
その視線を受けて、ミサトは背筋を震わせて頷いた。
(・・・これは、絶対に負けられないわね・・・)
敬礼して執務室を出ていくミサトは、そう考えていた。
ミサトが出て行ったのを確認して、冬月が口を開いた。
「・・・碇、本当に良いのか?ユイ君が居ないというのに・・・」
ユイは、ゲンドウへの『お仕置き』が済むと、シンジが運ばれた病院に行った。
「・・・し、仕方があるまい。他に作戦が無いのだから・・・」
そう答えるゲンドウの身体は、微かに震えていた。
「・・・俺は知らんぞ」

321 :第六話 決戦、第三新東京市:2006/10/13(金) 19:42:04
(・・・ふっふっふっ・・・このまま碇が愛想を尽かされれば、ユイ君は私と・・・)
そう考え、思わずニヤリと笑う冬月。
「・・・冬月。ユイは渡さんぞ・・・」
「な、何を言っている、碇・・・」
突然呟くように言ったゲンドウに、冬月は内心のドキドキを隠して言った。
「・・・考えていることを喋っていたぞ・・・?」
凍り付くようなゲンドウのセリフに、冬月は焦った。
「な、なんのことだ?・・・歳を取ったせいか、このごろ、物覚えが悪くてな・・・」
そう言われると、ゲンドウも日頃の冬月のボケぶりを見ているせいか、何も言い返せなかった。
(くっ!・・・こいつがユイの恩師でなければ・・・こんなボケ老人など、さっさと
解雇してやるものを・・・あまつさえ、私のユイに手を出そうなどと・・・!)
そう考えて、ゲンドウは歯ぎしりした。
「・・・ん?どうした、碇?」
とぼける冬月。
「・・・何でもない。下がってくれ。少し考えたいことがあるのでな」
「・・・わかった・・・」
頷いて執務室を出ていく冬月の後ろ姿を、強烈な視線で睨み付けるゲンドウだった。

322 :第六話 決戦、第三新東京市:2006/10/13(金) 19:45:13
「・・・」
ネルフ本部内の病院では、治療が施されて容態が安定したシンジが、安らかな表情で眠っていた。
その横で、ユイとレイが見守っている。
「・・・シンちゃん・・・」
そう呟いたレイの顔には、はっきりと涙の後が残っていた。

「・・・また、ずいぶんと大がかりな作戦をたてたわね、作戦部長さん?」
リツコは、エヴァ用の武器庫を歩きながら言った。
「そうかしら?これくらいはしないと、使徒のATフィールドは貫けないでしょ?」
平然とした顔でミサトが応える。
「それにしても、日本全国から電力を徴発とはね・・・」
「・・・ATフィールドを貫くための最低電力1億8000万キロワットなんて、他にどうやって取るの?」
「・・・そうね。でも、ここにある陽電子砲は、そんな出力には耐えられないわよ?」
「わかってるわよ。だから、借りてくるのよ」
「借りるって・・・まさか・・・?」
リツコが、珍しく驚愕した表情を見せた。

323 :第六話 決戦、第三新東京市:2006/10/13(金) 19:46:11
「そ。戦自研のプロトタイプよ」
「・・・どうやって?」
「こっちは国連直属の組織なのよ?たかが一国家の軍隊ごときが逆らえると思う?
それに、あれを持ってくるのにレイと零号機を使えば、レイの良い訓練になると思うんだけどなぁ・・・」
ミサトはそう言って、目の前に置かれているエヴァ用プログナイフに目をやった。
「・・・シンジ君があの状態で、レイに零号機が起動させられるかしら?」
リツコが言うと、ミサトは顔をしかめて呟いた。
「・・・起動してもらわなきゃ、困るのよ・・・」
(エヴァを起動できないパイロットなんて・・・そうだわ!これを口実にして、レイを
ネルフから罷免したりして・・・。起動できれば良し・・・さもなければ・・・レイを
ネルフから追い出す口実が出来るじゃない!あの司令とユイさんが簡単に許可するはずは
ないから、冬月副司令を通して申請して・・・そうすれば、少しでもレイを
シンジ君から引き離せるし・・・これでラブラブ一直線よぉっ!)
暴走してにやにやいるミサトを、リツコは冷たい視線で見つめていた。
「・・・かなり無様ね」

324 :第六話 決戦、第三新東京市:2006/10/13(金) 19:46:58
一時間後、ミサトは戦略自衛隊の筑波総合研究所を訪れていた。
「・・・というわけですので、この試作陽電子砲はネルフが徴発させていただきます」
「ちょ、ちょっと待って下さい!」
国連発行の書類を見せつけるミサトに、研究所の所長らしき男が慌ててそう言った。
「・・・御心配なく。出来うる限り、元の形に戻してお返しいたします」
ミサトはそう言って艶やかに微笑むと、天井を仰いで叫んだ。
「・・・レイぃ〜。良いわよぉ」
その声に反応するように、倉庫の天井がベリベリと剥がされて、その隙間から
単眼の零号機の顔が覗いた。
「う・・・うわ・・・」
思わず声を上げる所長を余所に、零号機は倉庫に置かれていた巨大な砲身・・・
戦略自衛隊が研究中の大型自走陽電子砲を掴んだ。
「・・・精密機械だから慎重にね〜」
叫んだミサトに向けて、零号機の親指が立った。
ミサトも親指を立てて見せてから、所長の方を振り返った。
「・・・ご協力、感謝いたします」
見事な敬礼を見せて、ミサトはさっさと倉庫を出た。

325 :第六話 決戦、第三新東京市:2006/10/13(金) 19:47:43
再びネルフ本部。
「・・・ポジトロンライフルはどうなの、リツコ?」
ミサトに尋ねられたリツコが電話をかけた。
「・・・私よ。ポジトロンライフルの改造はどう?」
「・・・技術開発部第三課の意地にかけても、あと3時間で形にして見せますよ!」
第三課長の力強い返事が返ってくる。
「・・・ですって」
そう言いながらリツコは電話を切った。
「・・・了解。後はパイロットね・・・」
そう言ってミサトは壁にかかっている時計を見た。
時刻は、まもなく十八時・・・午後六時になろうとしていた。
「・・・それにしても、レイが起動に成功して、良かったわね」
「・・・そうね」
リツコの言葉に、複雑そうな顔をしてミサトは頷いた。
(まさか、あの状態でレイが零号機の起動に成功するとは思わなかったけど・・・
まぁ、結果として、ポジトロンライフルを徴収することが出来たし・・・
これくらいは良いわよね・・・)
そう考えて自分を納得させているミサト。

326 :EPISODE:06 Rei U:2006/10/13(金) 19:49:44
ため息をつくリツコ。
どうやら、ミサトの思考は、リツコにとってはバレバレのようだ。
(・・・全く・・・そうやって策に溺れていると、酷い目に遭うわよ、ミサト・・・)
「・・・葛城一尉!初号機パイロットの脳波が覚醒レベルに達したそうです!」
その報告を受けて、ミサトは立ち上がった。
発令所に駆け込んできたユイが言った。
「・・・シンちゃんが目覚めるんですって?」
発令所には、危険な雰囲気が漂っていた。
「はい。さきほど、脳波が覚醒レベルに達したそうです」
「そう・・・今、私が会うのは逆効果だろうから、誰か・・・」
ユイが残念そうに言うと、その場にいたレイ、ミサト、マヤが一様に目を輝かせた。
「あ、あたしが行くぅ!」
レイが真っ先に叫んだ。
(・・・シンちゃんが起きたときに側にいるのは、あたしの特権なんだからね!
・・・それに、シンちゃんに謝りたいし・・・)
「作戦部長として、あたしがシンジ君と話してきます!」
ミサトも負けていない。
(・・・レイ一人にポイントを稼がせるわけには行かないのよ!・・・それに、
シンジ君への説明は、全てあたしに都合の良いようにしなきゃね・・・くっくっくっ・・・)
やはり策士のミサト。

327 :EPISODE:06 Rei U:2006/10/13(金) 19:50:51
「あ、あの・・・私が・・・」
おずおずとマヤが口を開いた。
(・・・二人には、負けられないわ・・・シンジ君は私の・・・きゃっ!)
何を妄想したのか、マヤの頬が赤くなっている。
「マヤちゃん、貴女には時間が無いはずよ。・・・リッちゃんの手伝いをしなくても良いのかしら?」
ユイの無情な宣告が下り、まず一人が脱落した。
「う・・・」
「・・・マヤさんはお仕事がんばって下さいね!」
レイが勝ち誇ったようにそう言って、落ち込んでいるマヤを見た。
「・・・くっ・・・」
残念そうに唇を噛むマヤ。
(・・・これで勝ったと思わない事ね!見てなさい、レイちゃん!)

328 :EPISODE:06 Rei U:2006/10/13(金) 19:51:31
「それじゃ、あたしが行きます。作戦部長として、現在の状況と作戦について、
パイロットに説明しなければなりませんから」
見事に建前を振りかざすミサト。
(・・・こう言っておけば、いくらユイ博士でも、反論は出来ないだろうから・・・
ふっふっふっ・・・長かったわぁ!一気に行くわよぉ!待っててね、シンジ君!
お姉さんが優しく介抱してあげるからねぇ!・・・病院のベッドの上でなんて・・・
あぁ・・・背徳的で良いわぁ・・・)
暴走&妄想モードに入りかけたミサトだが、ユイは言下に退けた。
「ダメよ、ミーちゃん。・・・貴女には作戦部長として、作戦全体の監督という仕事が
あるでしょ?・・・それとも、作戦部長の地位を捨てるつもりかしら?」
「くっ!・・・・・・・・・わかりました」
熟慮の末、ミサトはユイの言うことを聞いておくことにした。
(・・・まだよ!これくらいの妨害なんて、跳ね返して見せるわ!
この『美少年キラー』葛城ミサトの名にかけてね!)
「・・・そう言うことだから・・・レイ、シンちゃんを頼むわよ」
「はい!」
ユイの言葉に嬉しそうに頷き、レイはさっさと駆け出して行った。

329 :EPISODE:06 Rei U:2006/10/13(金) 19:52:13
「・・・う・・・」
眠っていたシンジが、微かに目を開けた。
「・・・また・・・この天井・・・」
「し、シンちゃん・・・」
恐る恐るかけられた声に、シンジがそちらを見ると、レイが瞳を潤ませていた。
「あ・・・綾波・・・?・・・僕は・・・?」
なんだか訳がわからなそうなシンジ。
「・・・シンちゃん!」
レイは、そんなシンジを見て、覆い被さるように抱きついてきた。
「う、うわぁっ!あ、綾波ぃっ!?」
急に抱きつかれ、シンジは、驚いて叫んだ。
「・・・っ・・・っ・・・」
レイは、罪悪感と安堵に押しつぶされそうになりながら、全身の震えを、シンジに
抱きつくことによって、辛うじて押さえた。
「・・・綾波・・・?」
シンジが訪ねるように口を開くと、レイは顔を上げてシンジを見た。

330 :EPISODE:06 Rei U:2006/10/13(金) 19:53:01
「・・・ごめんね・・・シンちゃん・・・」
「え?」
「・・・あたし・・・シンちゃんの気持ちも考えないで・・・」
「あ・・・」
ようやく、何があったのか思い出したシンジは、目を伏せて言った。
「・・・綾波が悪いんじゃないんだ・・・」
「で、でも・・・」
「・・・謝らなきゃいけないのは僕の方なんだ!僕は卑怯で、臆病で、狡くて・・・」
そう言って唇を噛み締めるシンジを見て、胸が締め付けられるように感じたレイは、
もう一度シンジをギュッと抱きしめた。
「・・・もう、何にも言わないで・・・そんなに自分を傷つけないで・・・」
「・・・綾波・・・」
ぽつりと呟いて、シンジはレイに身体を預けた。
やがて、レイはそっとシンジの身体を離すと、顔ばかりか全身をピンク色に染めて、照れ笑いを浮かべた。

331 :EPISODE:06 Rei U:2006/10/13(金) 19:53:48
「・・・あ、あの、シンちゃん・・・」
「な、なに?」
シンジも、つられて頬を赤く染めて言った。
「・・・シンちゃんが初号機に籠もっちゃってからの事、説明するね?」
「う、うん。頼むよ。・・・何がなんだか、さっぱりわからないんだ」
シンジが少し顔を曇らせて言うと、レイは真面目な顔になって説明した。
初号機とコンタクトするため、自分が零号機を起動させたこと。
その時に、使徒が現れた事。
ゲンドウの決断で、零号機のシンクロはカットされ、初号機が通信不通の状態のまま、
使徒の目前に射出されたこと。
そこで、使徒の加粒子砲に襲われ、シンジが気絶したこと・・・。
「・・・で、シンちゃんはずっと治療を受けてたの・・・」
「・・・そう・・・父さんが・・・」
そう呟いたシンジの表情は、悲しそうに見えた。
「・・・ごめんね・・・あたしが出るって言ったんだけど・・・強制的にシンクロを
切られちゃって・・・」
泣きそうな表情をして言うレイを見て、シンジは、レイがどんなに自分のことを
考えてくれていたのか、わかったような気がした。

332 :EPISODE:06 Rei U:2006/10/13(金) 19:57:28
「綾波・・・」
「・・・ごめんね・・・シンちゃんを危険な目に遭わせて・・・」
「いいんだ、いいんだよ、もう・・・でも、使徒はどうなったの?」
「・・・現在、ネルフ本部直上から穴を掘って、直接ここに攻撃を仕掛けてこようとしてるわ・・・」
「そんな・・・」
「・・・明日午前0時から発動される『ヤシマ作戦』のスケジュールをお伝えします。
碇、綾波の両パイロットは19:00エヴァを起動。19:15双子山仮設基地到着。
以降は別命あるまで待機。以上です」
突然堅苦しい喋り方になったレイに、シンジは戸惑って言った。
「な、なんのことだよ?エヴァを起動って・・・また、あれに乗るの?」
「・・・」
黙り込むレイ。
「イヤだよ!あんな怖い思いをするなんて!・・・もう・・・イヤだ・・・」
「・・・ごめん、シンちゃん・・・。あたしが一人で戦えれば・・・ごめんね・・・」
そう言って俯いたレイを見て、シンジは黙り込んだ。

333 :EPISODE:06 Rei U:2006/10/13(金) 20:00:53
「・・・これ、食事と着替え・・・1時間後には出動だから・・・」
レイは、普段の明るさを捨ててきたように小さな声で言いながら、食事の乗った
トレーと着替えのパイロットスーツをベッドのサイドテーブルに置くと、足早に病室を出ていった。
「・・・綾波・・・」
レイを見送って呟いてから、シンジは食事を見た。
それには、シンジの好物ばかりが置かれていた。
(・・・綾波・・・僕のために・・・?)
そう考えて、シンジは目に涙を浮かべた。
(・・・僕は綾波に嫉妬したのに・・・綾波は・・・っ!)
浮かんでくる涙をぐっと堪えて、シンジは拳を握った。
「・・・もう一度・・・戦わなきゃ・・・」
そう呟いて、シンジは食事に手を伸ばした。

334 :EPISODE:06 Rei U:2006/10/13(金) 20:01:35
「・・・ほんまにここでええんやろな?」
「ああ。パパのデータを覗いたんだ。間違いないさ」
トウジとケンスケが学校の屋上でフェンスに寄りかかって話し合っている。
「・・・それにしては、なかなか出てこんやないかぁ・・・」
トウジがそう言ったとき、辺りに轟音が響き、学校裏の山が割れた。
「山が・・・動きよった・・・」
「来るぞ来るぞ・・・出たぁ!」
割れた山からエヴァ初号機が姿を現した。
「・・・もう一体出てきたで」
初号機の横に少し遅れて出てきた単眼の青いエヴァを見て、トウジが呆然と言った。
「零号機だ!綾波も一緒なんだ!」
ケンスケが興奮して叫んだ。
「・・・おっと、そうやった・・・頼むでぇー!」
「がんばれよぉー!」
トウジとケンスケの声援は、初号機のシンジに届いていた。
「・・・トウジ、ケンスケ・・・」
呟いたシンジは、微かにそちらに向けて頷くと、双子山に向けて歩き始めた。
その後を、大きな盾を持った零号機が続いた。

335 :EPISODE:06 Rei U:2006/10/13(金) 20:02:58
双子山山頂に設置された仮設基地で、シンジとレイはミサトとリツコに作戦の説明を受けていた。
「シンジ君は初号機で狙撃を担当、レイは零号機で防御を担当して。・・・これは、
シンジ君の方がシンクロ率が高いからよ。今回は、より精度の高いオペレーションが必要なの・・・」
「で、でも・・・」
シンジが、レイの横顔を見て躊躇った。
「・・・シンジ君。作戦の変更は認められないわ。あなたは、一撃で使徒を倒すことだけを考えて」
ミサトがそう言った。
「・・・あたしは、シンちゃんを守れば良いんですね?」
「そうよ。あの盾・・・あれはSSTOの底部を切り取った急造品だけど、
元々超電磁コーティングされている機種だし、計算上は使徒の加粒子砲にも17秒は持つわよ」
リツコが説明すると、シンジは不安そうに訪ねた。
「それで・・・もし一発目を外したら・・・」
「・・・ヒューズの交換や再充電に約20秒ほどかかるわ」
「・・・そうですか・・・」
(・・・二発目は考えるなってことですか・・・)

336 :EPISODE:06 Rei U:2006/10/13(金) 20:04:13
「シンジ君、今は余計なことは考えないで。一発で使徒を倒すことだけを考えて」
ミサトがそう言うと、リツコが続けた。
「・・・それと、陽電子は地球の自転、磁場、重力などの影響を受けて、まっすぐには
進みません。だから、その誤差を修正するのを忘れないでね」
「で、でも・・・そんなこと、訓練してませんよ!」
少し慌て気味のシンジ。
「大丈夫。全て、MAGIが計算してくれるわ。シンジ君は、いつもどおりセンター
にカーソルがそろったらスイッチを入れれば良いのよ」
「・・・わ、わかりました・・・」
「それじゃ、二人とも、上で待機していて」
ミサトが言って、頭上に組まれた仮設タラップを指さした。
「・・・はい」
「・・・了解」
シンジとレイは、お互いに一言も喋らないまま、タラップを登っていった。
「・・・ミサト?」
二人の後ろ姿を見送ってから、リツコが小声で呼びかけた。

337 :EPISODE:06 Rei U:2006/10/13(金) 20:05:43
「なに?」
「・・・例の報酬、まだかしら?」
リツコの言葉を聞いて、ミサトがちょっと頭を掻いて言った。
「・・・実は、それに関してお願いが・・・」
「ダメよ」
「・・・なぁによぉ〜、リツコったらぁ・・・」
「私が今まであなたにどれだけ協力したと思ってるの?いくら私でも、MAGIの
データ改竄なんて、これ以上は無理なのよ?」
(ユイさんか司令に気付かれたら、どうなると思ってるの?この万年酔っぱらい女!)
「だぁいじょうぶよぉ!あたしとあんたが組んでるのよ?」
(・・・今更怖じ気づいたのかしら?この金髪マッドは!)
小声でこそこそ話し合う二人。
「・・・とにかく、私はもうイヤよ。どうしてもって言うのなら、先に約束の報酬を貰わなきゃね・・・」
そう言ったリツコに、ミサトはため息をついた。
「・・・了解。あんたも頑固だからね。・・・それじゃ、この作戦が片づいたら報酬を
渡すわ。・・・それで良いでしょ?」

338 :EPISODE:06 Rei U:2006/10/13(金) 20:06:35
(・・・そう言えば、昔から結構ケチだったわね・・・)
「・・・良いわ」
(ミサト・・・そう言えば、昔からいい加減で嘘つきだったわね・・・もしかして、
ここで私を油断させて言うことを聞かせるだけで、報酬はなし、とか・・・くっ!
やってくれるじゃない、ミサト!そういうことなら、私にも考えがあるわ!)
少々被害妄想気味のリツコ。
だが、表情には出さないあたり、やはり、それなりの人生経験を積んでいるということだろう。
二人は、互いの思惑も知らず、にっこりと笑みを浮かべ、次の瞬間には、この作戦が
成功しなければ全て水の泡だということに思い至り、厳しい表情に戻った。

「・・・綾波は、どうしてこれに乗るの?」
仮設タラップの上に座り込んで、シンジが訪ねた。
「・・・絆だから・・・かな?」
レイは少し寂しそうな表情で満月を見上げながら、そう答えた。
「・・・絆?」
「うん・・・。あたしと、みんなを繋ぐ絆・・・」

339 :EPISODE:06 Rei U:2006/10/13(金) 20:07:49
その意味が良くわからず、困惑して黙り込むシンジ。
「・・・碇君は、どうしてこれに乗るの?」
「ぼ・・・僕は・・・」
「・・・」
「・・・ここで、戦うしかないんだ・・・僕の居場所は、ここだけだから・・・
エヴァに乗るしか、ないから・・・」
そう言ってただ満月を見守るシンジに、レイが声をかけた。
「・・・大丈夫・・・あたしが、シンちゃんを守るから・・・シンちゃんを傷つける
全てのものから・・・守るから・・・」
「綾波・・・」
シンジが慌てて声をかけようとしたとき、腕時計のアラームが鳴った。
「時間だね・・・行こっ!」
「う、うん・・・」
突然明るくなったレイの雰囲気に、シンジは思わず頷いた。
「・・・それじゃ・・・さよなら、シンちゃん・・・」
レイはそう言うと、シンジに背を向けて、零号機のエントリープラグの中に入っていった。
「・・・綾波・・・」
シンジは呼び止めることも出来ず、ただ、その後ろ姿を見つめていた。

340 :EPISODE:06 Rei U:2006/10/13(金) 20:08:54
「・・・時間です」
日向が時計を見て告げた。
ちょうど、深夜00時00分をすぎたところだ。
「・・・シンジ君、日本中の電気、あなたに預けるわ!」
ミサトが声をかけると、シンジは緊張した表情で頷いた。
「はい!」
「・・・作戦開始!」
「第一次接続開始!」
日向とマヤが、あわただしく管制と報告を繰り返す。
「冷却システム異常なし!」
「第二次接続開始!」
「全加速器運転開始!」
「強制収束器運転開始!」
二人の報告が続く。
「全電力、双子山仮設変電所へ!第三次接続問題なし!」
「最終案全装置、解除!」
「撃鉄、起こせ!」

341 :EPISODE:06 Rei U:2006/10/13(金) 20:09:35
日向の言葉に従い、シンジは初号機を操り、ポジトロンライフルの撃鉄をあげた。
安全装置の表示が『安:空』から『火:実装』に切り替わった。
同時に、シンジの頭部に狙撃専用のヘッドギアが降りてくる。
シンジの視界に、照準が写った。
「第七次最終接続!全エネルギー、ポジトロンライフルへ!」
日向の報告がミサトを緊張させる。
「9・・・8・・・7」
「・・・目標内部に高エネルギー反応!」
「なぁんですってぇ!?」
マヤの報告に、リツコが大声で反応した。
「・・・3・・・2・・・1っ!」
シンジの視界に見えている三角と丸の照準が合わさった。
「発射ぁっ!」
ミサトの号令と同時にシンジがトリガーを引き、ポジトロンライフルから強烈な閃光が放たれた。
しかし、同時に使徒からも加粒子砲が発射され、二つの強大なエネルギーは、
すれ違う瞬間、互いの弾道を乱した。

342 :EPISODE:06 Rei U:2006/10/13(金) 20:10:45
「・・・うわぁっ!」
初号機の近くに着弾した加粒子砲の衝撃に、シンジが叫んだ。
「ミスった!?」
衝撃波を受けて吹き飛ばされる指揮車の中でミサトが叫んだ。
「敵シールド、ジオフロントに侵入!」
「くっ!再発射急いで!」
「ヒューズ交換!再充電開始!」
「銃身冷却開始!」
「っ!」
シンジは慌ててヒューズを入れ替え、照準の中の使徒を睨み付ける。
「目標に再び高エネルギー反応っ!」
「早すぎるっ!」
リツコの叫びと同時に、使徒から加粒子砲が発射された。
「シンジ君っ!」
リツコが叫んだが、加粒子砲は初号機の手前で拡散した。
零号機が、盾をかざして初号機の前に立ちはだかったのだ。
「・・・綾波っ!?」

343 :EPISODE:06 Rei U:2006/10/13(金) 20:11:37
目を開けてそれを確認したシンジは、零号機の背中を見て、慌てて叫んだ。
眩しい光と盾を通じて感じる激しい熱の中、レイは歯を食いしばって堪えた。
(あたしがシンちゃんを守るんだから!絶対に!)
「・・・盾が持たないっ!」
みるみる溶けていく盾を見て、リツコが叫んだ。
「っ!」
ほぼ溶けきった盾を捨て、零号機は、その機体で初号機を庇った。
「・・・綾波ぃっ!」
それを見て、シンジが叫ぶ。
(・・・まだかっ!)
「充電完了まで後何秒!?」
ミサトが日向を怒鳴りつけた。
「残り3秒!・・・2・・・1!」
「撃てぇぇぇぇいっ!」
ミサトの号令と同時、いや、ほんの僅かだけ早く、シンジは照準の揃った瞬間にトリガーを引いた。
次の瞬間、ポジトロンライフルから眩しい光が放たれ、使徒のコアを正確に貫いた。
轟音を立ててその巨体から火を噴き、斜めに倒れる使徒。

344 :EPISODE:06 Rei U:2006/10/13(金) 20:12:36
「よっしゃぁ!」
思わずミサトはガッツポーズを決めた。
「使徒のシールド、停止しました!」
日向がホッとした声で報告した。
「・・・やったわね」
リツコがホッとした表情で頷いた。
(・・・これで、ミサトから『報酬』が貰えるわね・・・)
「ええ。助かったわ・・・」
ミサトも微笑んで応えた。
(・・・良かった、シンちゃんが助かって・・・)
どうやら、二人の頭にはレイの事は、待ったくと言って良いほど無いらしかった。

「・・・!」
使徒が倒れる姿を見ていたシンジは、何かが倒れる音にハッとなり、そちらを見た。
そこには、無惨に融解しかけた零号機が倒れ込んでいた。
「綾波っ!」
シンジは、慌てて零号機の背中・・・エントリープラグ排出口の装甲具を外して、
エントリープラグを排出させた。

345 :EPISODE:06 Rei U:2006/10/13(金) 20:13:21
レイが入っているプラグからは、ほとんど沸騰しているLCLが吹き出るようにして
排出され、その湯気が辺りに立ちこめた。
「くっ・・・綾波!今助けるから・・・!」
初号機を通じて感じる激しい熱気に呻きながら、シンジは零号機のプラグをそっと
地面に置き、自分もプラグから出て、初号機から降りた。
もう、レイを助けること以外、なにも考えられなかった。
「・・・綾波っ!」
零号機のプラグに駆け寄ったシンジは、慌てて非常用のハッチの取っ手に手をかけ、開けようとした。
「くぅっ!」
そのとたん、プラグの熱がシンジの手を襲い、シンジは思わず手を離してしまった。
しかし、レイがこの中に閉じこめられていると考えたら、何も感じられなかった。
そのままもう一度取っ手を掴み、ぐっと力を込める。
「・・・ぐぅ・・・く・・・」
シンジは全身の力を込めて、ハッチの取っ手を回す。
やがて、ハッチが開いた。

346 :EPISODE:06 Rei U:2006/10/13(金) 20:15:20
「・・・綾波っ!」
プラグの中を覗いたシンジは、レイがシートにぐったりと横たわっているのを見て、
慌ててその側に寄った。
「綾波っ、綾波ぃっ!」
レイの肩を掴んで、必死に呼びかけるシンジ。
(・・・んん・・・誰か・・・呼んでる・・・?)
あまりの熱気に飛んでいたレイの意識が戻ってきた。
「・・・ぅ・・・」
「あ、綾波っ!」
「・・・シ・・・ン・・・ちゃ・・・ん・・・?」
レイはそう言いながら目を開け、自分のすぐ側にシンジが居るのを見た。
「あ・・・綾波ぃ・・・」
シンジは、レイが目覚めて、自分の名を呼んでくれたことが何よりも嬉しくて、思わず涙をこぼした。
「・・・っ・・・」
「・・・シ、シンちゃん・・・なぜ泣いてるの・・・?」
レイは、目覚めたとたんにシンジが泣き始めたので、動揺してしまった。
「・・・あ・・・綾波が・・・」
シンジは、涙声で応えた。

347 :EPISODE:06 Rei U:2006/10/13(金) 20:18:26
「・・・綾波が・・・生きていて、くれた・・・から・・・」
シンジは涙を流しながら微笑んだ。
そう言って笑ってくれたシンジに、レイは心が温まる気がした。
(・・・シンちゃん・・・あたしのこと・・・心配して・・・助けて、くれた・・・ん、だよ、ね・・・)
「・・・シンちゃん・・・あ、ありがと・・・」
「・・・」
突然礼を言われたシンジは、涙を拭くのも忘れて、レイを見つめた。
「あ・・・ご、ごめんね。・・・こんな時・・・どんな顔をしたら良いのか・・・わかんなくて・・・」
レイは、シンジに濡れた瞳で見つめられて照れてしまい、慌ててそんな事を言った。
「・・・笑えば・・・良いと、思うよ・・・」
涙を拭いたシンジが、そう言って微笑んだ。
「っ・・・シンちゃん・・・」
シンジの笑顔を見たレイは、一瞬、息を飲み、そして次の瞬間、誰にも見せたことの
ない、心からの透明な笑顔を浮かべた。

348 :EPISODE:06 Rei U:2006/10/13(金) 20:19:18
その笑みの威力は、シンジを心から驚かせ、レイを見つめさせた。
「・・・やだ、もう・・・シンちゃんったら・・・そんなに見つめないでよ・・・」
じっと自分を見つめるシンジに、レイは再び照れてそう言った。
「あ・・・ご、ごめん!」
ハッとして顔を赤く染め、視線を背けるシンジ。
「ふふふっ・・・」
その様子を見て笑うレイ。
「・・・何だよ、もう・・・笑うことないだろ・・・?」
「だって、シンちゃんったら、真っ赤になってるんだもん」
嬉しそうにレイはそう言って、すぐ側にいるシンジの肩に手を回した。
「ど、どうしたの?」
シンジが驚いて訪ねた。
「・・・肩、貸してくれる?」
「あ、ああ、ごめん・・・立てる?」
そう言ってレイの背中に手を回したシンジに、レイが悪戯っぽい笑みを浮かべて言った。
「・・・あ〜、シンちゃんったら・・・そんなにあたしって魅力的なの?」
「なっ・・・な、なに言ってるんだよ!ほ、ほら、立って・・・」

349 :EPISODE:06 Rei U:2006/10/13(金) 20:20:14
からかわれたシンジは、顔をさらに真っ赤にして、レイをエントリープラグの外に連れ出した。
肩を抱き合って、二人は満月の元に出た。
「・・・はぁ・・・涼しくて・・・気持ちいい・・・」
熱気のこもったプラグから出たレイは、大きく息を吸って言った。
「うん、そうだね・・・」
「・・・あれ?シンちゃん、どうしたの?大丈夫?」
シンジの声が少し小さい事に気付いたレイが、シンジの方を向いて訪ねた。
「・・・あのさ、綾波?」
「なぁに?」
レイは、微笑みを浮かべてシンジを見た。
「・・・別れ際に『さよなら』なんて、寂しいこと・・・言うなよ・・・」
「・・・シンちゃん・・・」
驚いた表情で呟くレイを見て、シンジは目を反らした。
「・・・まるで、もう会えないかと思った・・・だから・・・」
再び目を潤ませるシンジを見て、レイは、自分の瞳にも涙が浮かんだ事に気付いた。
「うん・・・うん・・・シンちゃん・・・うん・・・」
ただ涙を流しながら、何度も頷くレイ。
そんな二人を、満月だけが見守っていた。

第六話 完

350 :名無し専門学校:2006/10/13(金) 23:06:29
幼稚な書き込みが多すぎます


351 :名無し専門学校:2006/10/13(金) 23:10:51
>>350
sageな。

352 :名無し専門学校:2006/10/14(土) 00:04:17
アニオタな書き込みはやめて下さい。
キモイよ!

353 :名無し専門学校:2006/10/14(土) 00:10:39
>>352
むしろ荒らしに近いな。
相手にしない方が無難だろう。

354 :名無し専門学校:2006/10/14(土) 07:15:09
ところで鉄道以外の学科で年末に向けたイベントとかなにかあるの?

355 :名無し専門学校:2006/10/14(土) 07:28:13
今日池沼を見るために小田急のイベント行ってきますなお東観の池沼がもし発見したらすぐにカキコします

356 :名無し専門学校:2006/10/14(土) 07:44:48
そんなのどうでもいいよ、
みんくるが有りならはまりんも有りでしょちなみにりんとつくらとりんちゃんネタでのカキコをする低脳なくずはいないよな?

357 :名無し専門学校:2006/10/14(土) 09:56:51
>>356
お前が一番低脳なクズだ。
見づらいし、何言ってんだ。
あとsageろ。

358 :名無し専門学校:2006/10/14(土) 10:53:16
>>354
東観フェスタがる。

359 :天才:2006/10/14(土) 14:42:03
オタキュウの糞イベント参加者はオタク

360 :名無し専門学校:2006/10/14(土) 14:52:30
>>359
sageられない貴様は無能。

361 :名無し専門学校:2006/10/14(土) 15:48:33
フェスタとかやる暇あるなら、就職対策をやれ。

362 :名無し専門学校:2006/10/14(土) 15:54:16
>>361
言えてる。
あと、ゼミとかやる暇あるなら、就職対策をやれ。

363 :天才:2006/10/14(土) 16:15:22
うんこ(⌒‐⌒)

364 :名無し専門学校:2006/10/14(土) 17:41:03
>>363
岩倉のべーべん並の池沼だな。
池沼は死んどけ!

365 :名無し専門学校:2006/10/14(土) 18:20:59
そろそろエヴァタイムかな?

366 :名無し専門学校:2006/10/14(土) 18:30:52
>>363
お前が?


367 :天才:2006/10/14(土) 18:38:56
そうだよ。俺もおまいらもうんこだよ。(⌒‐⌒)

368 :第七話 人の造りしモノ :2006/10/14(土) 18:40:33
第五使徒ラミエルとの戦いから一ヶ月が過ぎた。
「・・・おはよう、ペンペン。朝ご飯が出来たよ」
「クエッ!」
ペンペンが嬉しそうにシンジの足下に駆け寄ってきた。
あの戦いの後、結局、シンジはミサトと共に暮らすことに決めた。
まだ、彼の両親に対する複雑な思いは解消されていなかったし、何より、レイと一緒に
暮らすということは、自分に戸惑いをもたらすだけだと、彼自身が判断したためだ。
もちろん、ユイとレイは、それこそ必死になってシンジを引き留めたが、
シンジの決断は覆せなかった。
・・・水面下で、激しい女の戦いがあったのは、言うまでもない。
「いただきます」
「クエェッ!」
二人で仲良く、朝食を口に入れた。
「・・・おはよう、シンジ君」
ミサトが、ボリボリとお腹を掻きながら自分の部屋から出てきた。
「おはようございます、ミサトさん。朝ご飯出来てますよ」
「ありがと・・・ふあぁ〜・・・」
だらしなく大口を開けて欠伸するミサトに、シンジは苦笑して言った。

369 :第七話 人の造りしモノ :2006/10/14(土) 18:41:29
ちょうどシンジが朝食を食べ終わった時、チャイムが鳴った。
「あら、来たみたいね・・・」
トウジとケンスケが迎えに来たのだ。
「それじゃ、食べた後は食器をキッチンに持っていって下さいね」
「・・・はいはい。気をつけてね」
「はい。行って来ます」
「行ってらっしゃい」
ミサトとシンジは、一瞬、互いに微笑みあった。
「・・・あ、シンジ君」
玄関に向かったシンジに、思い出したようにミサトが声をかけた。
「はい?」
「今日は、晩ご飯は良いわ。仕事で遅くなりそうだから」
「・・・そうですか。わかりました」
「・・・ごめんね、シンジ君。あたしもシンジ君と一緒に食事したかったんだけど、
今日は出張で旧東京に行かなきゃならないから・・・」
速攻でフォローを入れるミサト。

370 :第七話 人の造りしモノ :2006/10/14(土) 18:42:36
もちろん、その様子は少し寂しげだ。
「い、いえ・・・僕のことは気にしないで結構ですから、お仕事がんばって下さい」
シンジがそう言って少し赤くなり、玄関に向かうと、ミサトはため息をついた。
(・・・ふぅ・・・あぶなかったぁ・・・昨夜の内に出張の事、言っておくんだったぁ
・・・失敗失敗・・・シンジ君を落ち込ませたりしたら、わざわざ連れ戻した甲斐が
なくなっちゃうからね・・・)
昨夜は、シンジが作ってくれたおつまみが余りにも美味しいので、ついついビールを
飲み過ぎてしまい、酔いつぶれてしまったミサトだった。

「おはようさん、シンジ」
「・・・おはよう、碇」
そう言ったトウジとケンスケに、まだ少し赤くなっているシンジは微笑んで応えた。
「おはよう、トウジ、ケンスケ」
「・・・」
「・・・」
そのシンジの微笑みを見たトウジとケンスケは、互いに目配せした。
それに気付かないシンジは、不思議そうに声をかけた。
「・・・あれ?行かないの?」
「あ、ああ。行くで、ケンスケ」
「ああ・・・」

371 :第七話 人の造りしモノ :2006/10/14(土) 18:43:54
(・・・今日こそ例の計画を発動するで!今日は、2時間目から4時間目まで
自習やからな!)
(ああ・・・こんな機会、もう二度とないだろうからな・・・。他学年の女子からも、
結構な数のリクエストが来ているし・・・これで大儲けだな・・・)
アイコンタクトを交わし、にやりと笑う不気味な二人。
「・・・?」
二人の様子を不思議に思い、シンジは首を傾げた。

「・・・あ、シンちゃん!」
3人がいつもの交差点にさしかかると、蒼銀の髪の少女がシンジを見て、大きく
手を振りながら叫び、駆け寄ってきた。
第五使徒との戦いでレイが受けた身体のダメージが癒え、シンジがミサトの元に
戻ると決めた後、レイは毎朝、シンジを待って一緒に登校する事にしたのだ。
もちろん、最初の頃はトウジとケンスケにさんざんからかわれ、他の者達にも
ことある事に嫌味を言われたが、ある日突然教室で飛び出したレイの爆弾発言
『あたしはシンちゃんに裸を見られたから、責任を取って貰って結婚する!』
に、トウジとケンスケばかりではなく、他のクラスメート達も仰天し、
シンジが慌てて弁解したが、これによって、二人は、半公認の仲となった。

372 :第七話 人の造りしモノ :2006/10/14(土) 18:46:55
半というのは、二人が恋人同士であることを認めたくない者達が多数いるためである。
もちろん、この情報はアッという間に学校中に広がり、シンジは、しばらくの間、
針のムシロに座っているような気分だった。
「おはよう、綾波」
「おはよ、シンちゃん!」
満面の笑みを浮かべてシンジに挨拶するレイ。
「・・・おはようさん、綾波」
「おはよう、綾波」
「・・・おはよう、お二人さん」
レイはトウジとケンスケにそう言った。
もちろんその態度は、シンジに対するものとは全然違う。
「・・・ふふっ・・・」
含み笑いをしてシンジの左腕にしがみつくように抱きついてきたレイに、シンジは首を傾げた。
「ど、どうしたの、綾波?」
「ん?・・・なんでもなぁい!」
やけに機嫌のいいレイ。
「・・・綾波、例の物、持ってきてくれたか?」
「うん!当然!」
珍しくケンスケがレイに話しかけ、レイも上機嫌のまま答える。

373 :第七話 人の造りしモノ :2006/10/14(土) 18:47:50
「・・・楽しみやのう・・・」
そう言ってにやりと笑うトウジ。 その視線は、シンジの方を向いている。
「・・・?」
再び当惑するシンジだった。

その日は、朝から皆がそわそわしていた。
教室中が落ち着かない雰囲気の中、担任の老教師は得意のトリップモードに入った。
その瞬間、ほぼ全員が、窓際から二列目のシンジの席の方を向いた。
「・・・?」
シンジは、一瞬で自分に集まった数多くの視線に、ビクッと肩を震わせた。
「・・・あ、綾波?」
シンジは小声で隣の席のレイに話しかけた。
もちろん、レイが『ネルフの事で話があるから』と言って、強引に席替えさせたのだ。
言い訳になっていないのは皆わかっているのだが、第五使徒戦で負傷し、何日か学校を
休んだレイの再登校直後の言葉には、誰も逆らえなかった。
何と言っても、レイはシンジと並んで自分達の命の恩人なのだ。
「なぁに、シンちゃん?」
授業も受けずにシンジの横顔をじっと見つめてにこにこしていたレイは、
シンジに話しかけられて、嬉しそうに首を傾げた。

374 :第七話 人の造りしモノ :2006/10/14(土) 18:48:57
・・・あ、あの・・・みんなが、僕の方を見てるような気がするんだけど・・・」
そう言われて、レイは初めて教室中の視線がシンジに集まっていることに気付いた。
(・・・あらら・・・みんな、気が早いのね・・・シンちゃんに気付かれちゃったじゃ
ない・・・あ、やっぱり洞木さんも見てる・・・そうよね。この『計画』の立案時には、
いちばん悪のりしてたもんね・・・)
レイは、自分のことは棚に上げてそう思った。
「・・・シンちゃんはかっこいいから・・・ね?」
レイがウインクしてそう言うと、シンジは瞬間的に赤くなった。
「な、何言ってるんだよ、綾波・・・」
「・・・ホントのことだよ?・・・あたし、シンちゃんってかっこいいと思うよ・・・」
「・・・」
真っ赤になって俯いているシンジに、レイはくすりと笑った。

一時間目が終了し、老教師が教室を出た直後、シンジは、レイを初めとするクラスの
全ての女子生徒達に拉致され、女子更衣室に連れ込まれた。
その様子は、制服を着た痴女の集団に、美少年が拉致監禁されているようだった。
「あ、綾波っ!?な、なんでこんなところに・・・」
突然のことに混乱しているシンジは、自分を取り囲む女子生徒達を見回した。

375 :第七話 人の造りしモノ :2006/10/14(土) 18:50:12
・・・シンちゃん。お願いがあるの」
正面に立ったレイが、シンジの目をじっと見つめて言った。
「・・・な、何?」
自分を見つめる紅い瞳に引き込まれそうになりながら、シンジが辛うじて訪ねた。
「・・・これ、着て欲しいの・・・」
そう言ってレイが取り出したのは、第一中の女子の制服だった。

事の起こりは半月前・・・シンジが初号機のテストで朝からネルフに行っていた日。
「・・・なぁ、ケンスケ。写真の売れ行きはどうなんや?」
シンジ抜きで登校している最中に、トウジが訪ねた。
この時はまだ二人とも、軽い話題程度のつもりだった。
「えー・・・今月に入ってからは、碇がダントツのトップ・・・だいぶ離れて、綾波が
その次ってとこかな・・・」
ケンスケはポケットからメモを取りだして、見ながら答えた。
トウジがシンジに殴り飛ばされて以来、ケンスケは、シンジの情報を虚実取り混ぜて
学校内外を問わず、流してきた。
曰く『シンジは、勉強、運動、共にクラスでトップである!』とか、
『シンジは単純な運動だけでなく、格闘技も学内でトップクラスである!』とか、
『まさに天は知能と運動能力の二物、いや、容姿も入れて三物を与えたのだ!』など、
当の本人であるシンジが聞いたら、照れを通り越して卒倒しそうなほどだった。

376 :第七話 人の造りしモノ :2006/10/14(土) 18:51:21
その苦労は、ケンスケの裏商売である写真の売り上げに大きく影響した。
それまでトップを独走していたレイの写真の月刊売り上げ記録を、シンジの写真の
売り上げが、わずか半月で塗り替えたのだ。
もちろん、受注は直接販売以外にも、学内の自分の端末での受付もしているので、
誰の写真がどれだけ売れたかなどということは、簡単に把握できる。
今では、ケンスケの隠しホームページの『写真売ります』のページに、
シンジ専用ページがあるほどだ。
カウント数もうなぎ登りであり、受注のメールも山ほど来ている。
今では、仕分け専用プログラムを作って、受注メールに対応しているほどである。
「ほお・・・ついにシンジが綾波を抜きおったかぁ」
「ああ。しかも、綾波の受注が男だけなのに対して、碇は男女両方から均等に注文が来てるんだ」
ケンスケの声には、多少の驚きが混ざっていた。
「・・・あいつ、男にも人気があるんか?」
「ああ・・・あの笑顔、見たことがあるだろ?」
「そうやったな・・・」
ケンスケの言葉に、遠い目をして応えるトウジ。
トウジを殴り飛ばした後、助け起こしたシンジにトウジが笑いかけると、シンジは、
目に涙を浮かべながら、そっと微笑んだのだ。

377 :第七話 人の造りしモノ :2006/10/14(土) 18:55:16
それは、男であるトウジとケンスケが思わず赤面してしまい、それに気付き、思わず
狼狽してしまったほど、綺麗な笑顔だった。
当然ながら、ケンスケは真っ赤になりながらも、その笑顔をしっかりと写真に撮り、
その写真が、現在、一番の売り上げを誇っているのだ。
もちろん、学校でのシンジの生活を知らないネルフ関係者(碇夫妻、ミサト、マヤ、
他の女子職員達)が、喜び勇んで買っている事は言うまでもない。
「・・・」
またもや赤面しかかったトウジは、慌てて頭をぶんぶん振ると、ケンスケに言った。
「そ、それにしても、だいぶ稼いどるようやの?」
「・・・そうだな・・・」
そう答えるケンスケの声は、あまり嬉しそうには聞こえなかった。
「・・・?なんや、なんぞ問題でもあるんか?」
「・・・実は、碇の写真が売れまくっているのはありがたいんだが、このままでは
まずいと思ってな・・・」
「まずい?なんでや?」
「・・・綾波だよ。・・・あいつ、碇と付き合ってるって噂だろ?」
「噂どころか、毎日見せつけられとるやないか?」

378 :名無し専門学校:2006/10/14(土) 18:55:27
http://everystorm.com/shiroi/

379 :第七話 人の造りしモノ :2006/10/14(土) 19:13:30
「・・・それだよ・・・ああも目の前でいちゃいちゃされると、写真の売り上げに
影響が出るんだよ」
「ははぁ・・・わかったでぇ。売り上げトップのシンジと二位の綾波がくっつくと、
みんな写真を買わなくなる、そういうことやな?」
「ああ・・・何とかならないもんかなぁ・・・?」
二人にさんざん稼がせて貰っているくせに、まだ不満を言うケンスケ。
「・・・お、おはよう、鈴原!」
突然、二人の後ろから声をかけてきたのは、委員長こと洞木ヒカリだった。
「おはようさん、イインチョ」
「おはよう、相田君」
ヒカリはトウジの返事を聞くと、少しホッとしたようにケンスケに声をかけた。
「・・・おはよう、委員長」
ケンスケは、そのヒカリの様子を見て、あることに気付いた。
(・・・委員長・・・まさか、トウジのことを・・・)
「な、何を話してたの?」
ヒカリはトウジの横に並び、少し緊張した様子で訪ねた。

380 :第七話 人の造りしモノ :2006/10/14(土) 19:14:09
「い、いや・・・大したことやあらへん。な、ケンスケ?」
「あ、ああ・・・」
いかにも『嘘ついてるぜっ!』といった二人の様子を見て、ヒカリは、少しだけ顔をしかめた。
(・・・怪しいわね・・・)
「そう。・・・で、相田君?」
「な、なんだい、委員長?」
「・・・写真の売り上げはどうなの?」
「!」
ケンスケは青くなった。
(ま、まさか、委員長にばれていたのか!?)
この後のヒカリの怒りを考えると、さっさと逃げ出したくなるケンスケ。
「・・・鈴原?」
静かにそう言ったヒカリの手は、今にもトウジの耳を掴もうとしていた。
「な、なんや・・・?」
「・・・話して貰いましょうか?」
「は、話すって・・・な、何がや?」

381 :第七話 人の造りしモノ :2006/10/14(土) 19:15:03
トウジがとぼけた瞬間に、ヒカリの手がさっと伸ばされ、トウジの耳を引っ張った。
「あたたっ!い、痛いがな、イインチョ・・・」
「・・・まだ話したくないのかしら?」
余りの痛さに涙目になっているトウジに、ヒカリは静かに聞いた。
「わ、わかった!話すわい!」
トウジが必死に訴えると、ヒカリはトウジの耳を離した。
「・・・実は・・・」
トウジは、痛む耳をさすりながら、先ほどの会話の内容を教えた。
「・・・そう・・・相田君?」
「は、はいっ!」
突然ヒカリに呼ばれたケンスケは、背筋をピンと伸ばして勢い良く返事をした。
「・・・綾波さん・・・いえ、女の子の写真を売るなんて・・・ダメじゃない」
「で、でも・・・本人に、許可は貰ってあるんだぜ?」
予想に反して穏やかなヒカリの言葉に、ケンスケは少し驚きながら答えた。
「え?綾波さんの許可?」
「ああ・・・一年の時、転校してきたばかりの綾波を撮ってたら、本人に気付かれて、
『肖像権の使用料金として、月間売り上げの一割を払ったら、普通の写真に限って、
撮ることを許す』って言われたんだ」
ケンスケが説明すると、ヒカリは意外そうな顔をした。

382 :第七話 人の造りしモノ :2006/10/14(土) 19:15:53
「ふぅん・・・そうだったんだぁ・・・」
「・・・で、綾波さんと碇君の事で悩んでたのね?」
「そうだよ・・・。なぁ、委員長。何か良いアイデア、無いか?」
やけ気味のケンスケがそう言ってヒカリを見た。
「良いアイデアって言われても・・・」
さすがのヒカリも、戸惑った様子で口ごもった。
そうしている内に、3人は学校に到着してしまった。
「・・・おはよう、綾波さん」
教室にはすでにレイが居たため、ヒカリは自分の席に鞄を置くと、真っ先にレイに挨拶した。
ヒカリに声をかけられたレイは、自分の席に腰掛けて何か考え事をしていたらしく、ハッとした表情を見せた。
「・・・あ、お、おはよう、洞木さん」
「・・・どうかしたの?」
「う、ううん。何でもないよ」
慌てた様子のレイ。
(・・・シンちゃんが女装したら似合いそうだって考えてたなんて、絶対に
言えないよね・・・)

383 :第七話 人の造りしモノ :2006/10/14(土) 19:21:26
レイがこんな事を考えているのは、前日、シンクロテストでネルフに行った際、
マヤとたわいのない話をしていて、いつの間にか話が逸れてシンジの話題になり、
その時マヤが『シンジ君って、ドレスとか似合いそうよね・・・』と呟いたのを
レイが聞いていたことに端を発していた。
「・・・そうかしら?何か、悩み事でもあるように見えたんだけど・・・」
ヒカリが首を傾げた。
「そ、そんなこと無いよ!大丈夫だから、ね?」
レイが必死になって言うと、ヒカリはとりあえず頷いた。
「そう。それなら良いんだけど・・・」
ヒカリはそう言って、いったん口を閉じた。
「・・・?」
「・・・綾波さん、ちょっと聞きたいんだけど・・・」
そう言って、ヒカリはケンスケの写真の件を語った。
「なんで、相田君に写真を撮らせてるの?」
「・・・だって、あたしほど綺麗な被写体が近くに居るんだもん、仕方ないでしょ?」
レイはそう言ってけらけら笑った。

384 :名無し専門学校:2006/10/14(土) 19:36:48
池沼ヲタのベストランキング!
1位 チーズバーガー
2位 伊予くん
3位 ロンちゃん
4位 南京錠
5位 リンちゃん
今月1位はチーズバーガーです。


385 :第七話 人の造りしモノ :2006/10/14(土) 19:51:18
「それより、なんでそんなこと聞くの?」
レイの疑問に、ヒカリは先ほど聞いた話を語った。
「・・・って事なんだけど・・・」
「ふぅん・・・」
そう言うレイの唇の端が、少しつり上がって居ることに、ヒカリは気付かなかった。
(・・・これは良い機会よね・・・シンちゃんを女装させる絶好のチャンスだわ!
相田君と鈴原君にこの事を話せば、速攻で乗ってきそうだし・・・ま、シンちゃんの
人気があがるのは、恋人のあたしも嬉しいし・・・)
瞬間的にレイはそう考えて、満面の笑みを浮かべた。
「・・・あ、綾波さん?」
側にいたヒカリが、少し引きつった顔で声をかけた。
その後は、話はトントン拍子に決まった。
ケンスケとトウジは好奇心から即賛成し、ケンスケが写真受注ネットワークを
使って、シンジの女装についてアンケートを採ったところ、シンジの写真を買う客の
ほぼ100%以上が、『たとえ死んでも絶対に見たい』の項目にチェックしてきた。
そしてレイは『シンジ女装化計画』の障害になりうるヒカリも巻き込んだのだ。

386 :第七話 人の造りしモノ :2006/10/14(土) 19:52:33
ところが、ヒカリはその話を聞いたとき、レイ達が考えていたのとはまるきり反対の反応をして見せた。
・・・大喜びし、興奮した様子で乗ってきたのだ。
その反応に意外さを感じながらも、レイ達はさらにクラスメート達を巻き込み、
シンジを取り囲む包囲網は速攻で完成されたのだ。
なんと、その日一日だけで、クラスの全員がレイ達の仲間となり、計画の実行に邁進することになった。
シンジは、典型的な中性的美少年なので、女装もかなり似合う事が予想されたのだ。
そして、2〜4時間目が学校側の都合で特別に自習とされた今日こそが、『計画』の
絶好の機会として、あらかじめ決定されていたのだ。

「・・・はぁ?」
思わず、目が点になるシンジ。
「・・・ダメ?」
可愛く首を傾げるレイに、シンジは何度か口をぱくぱくさせて、やっと声を出した。
「なっ・・・な、何言ってるんだよ!?僕は男だよ!?」
「うん。でも、シンちゃんの顔って綺麗だし・・・一回だけで良いから・・・ね?」
レイが瞳をウルウルさせてシンジにすり寄った。

387 :第七話 人の造りしモノ :2006/10/14(土) 19:53:28
「・・・い、イヤだよ!」
シンジは強硬に嫌がり、前の学校の時にも、同じ様な事を言われたのを思い出した。
(・・・確かあの時は、同じクラスの女の子が助けてくれたんだよね・・・あの娘、
なんて名前だっけ・・・?)
「・・・そう・・・もう、ダメなのね・・・」
シンジがその娘の名前を思い出そうとしたとき、レイが呟いて、涙をこぼした。
「あ、綾波!?な、泣かないでよ!」
「・・・シンちゃんも・・・あたしを捨てるのね・・・」
「そ、そんな・・・」
泣きながら呟くレイに、シンジは困り果ててしまった。
(・・・こ、こっちが泣きたいよ・・・)
「・・・碇君・・・女の子を泣かせるなんて・・・さいってー・・・」
その時、女子の一人がぼそっと呟いた。
それを受けて、女子生徒達はぼそぼそとシンジに聞こえないように囁きあった。
(そ、そんな・・・酷いよ・・・僕に、どうしろって言うんだよ・・・?)

388 :第七話 人の造りしモノ :2006/10/14(土) 19:54:10
冷や汗をだらだら流すシンジに、ヒカリが優しく声をかけてきた。
「・・・碇君。嫌がる気持ちはわかるけど・・・少しだけ、着てあげたら?」
「だ、だって・・・」
シンジは助けを求めるようにヒカリを見たが、ヒカリは、言葉は優しげながら、
その瞳は獲物を狙う鷹のようにギラギラしていた。
「・・・そうすれば、綾波さんだって、満足だろうし・・・ね?」
「で、でも・・・」
まだ戸惑うシンジ。
「ちょっとだけで良いの。でしょう?綾波さん?」
ヒカリは、内心の欲望を見事に抑えて、まるで慈母のような笑顔でレイを見た。
「・・・うん・・・でも・・・シンちゃん・・・嫌だって・・・」
レイは涙で濡れた瞳で、上目遣いにシンジを見上げて、とぎれとぎれに呟いた。
「・・・」
シンジは、レイの余りにも反則的な攻撃に、とうとう轟沈してしまった。
「・・・わ、わかったよ・・・」
そうシンジが言ったとたん、女子生徒達が歓声を上げた。

389 :第七話 人の造りしモノ :2006/10/14(土) 19:55:08
「あ、ありがと、シンちゃん!」
レイがそう言いながら、シンジに抱きついてきた。
もちろん、泣いたのも嘘泣きなら、涙目で見上げたのもワザとだ。
全てがレイの計算通りに動いたのだ。
「わぁっ・・・あ、綾波ぃ・・・」
「ふふふっ・・・あたし、嬉しい・・・」
レイは、シンジの胸に抱きついてそう言うと、すぐに離れて持っていた女子制服をシンジに差し出した。
「・・・それじゃ、はい、これ」
「う、うん・・・」
おずおずとそれを受け取ると、シンジは、まじまじとそれを見た。
「・・・ほ、ホントに、着なきゃ・・・だめ?」
「うん!」
レイはにっこり笑って頷いた。
シンジはため息をついて言った。

390 :第七話 人の造りしモノ :2006/10/14(土) 19:59:09
「そ、それじゃ・・・ちょっと、出て行ってよ。着替えるから・・・」
その声に、レイとヒカリが頷いた。
「・・・はいはーい!みんな、出てってねぇ。シンちゃんってば、恥ずかしいみたいだからねぇー・・・」
レイの声を聞いて、女子生徒達は残念そうな視線をシンジに向けてから、更衣室を出ていった。
「・・・」
「・・・」
「・・・あの・・・綾波?」
「なあに?」
更衣室には、シンジとレイだけが残っていた。
「・・・綾波も、出て行ってくれないかな?」
恥ずかしそうに言うシンジ。
「ダぁメ。・・・シンちゃんったら、一人で女の子の服なんて着られるの?」
「うっ・・・」
嬉しそうに言うレイに、シンジは沈黙させられてしまった。

391 :第七話 人の造りしモノ :2006/10/14(土) 20:00:02
「・・・それじゃ、シンちゃん。早く脱いでよ」
「は、恥ずかしいよ・・・」
顔を赤くして言うシンジに、レイはゾクッとした。
「・・・ダ〜メ。時間がないよ・・・ほらっ!」
レイは頬の火照りを誤魔化すために、シンジのシャツのボタンを外し始めた。
「わぁ!・・・じ、自分で脱げるよ!」
「だって、シンちゃんったらぐずぐずしてるんだもん。だから、あたしが手伝ってあげてるの」
レイはそう言いながら、手早くシャツのボタンを全部外してしまった。
「す、素早い・・・」
シンジは、ズボンのベルトを必死になって押さえながら呟いた。
「・・・ほら、シンちゃん!早く脱いでよ!」
「わ、わかったよ・・・こっち、見ないでよ・・・」
そう言うと、シンジは後ろを向いてシャツを脱ぎ、ベルトを外した。
「・・・」
(・・・うわぁ・・・シンちゃんってば、細身なんだぁ・・・肌も白いし、毛も全然
生えてないし・・・まるで本当の女の子みたい・・・)

392 :第七話 人の造りしモノ :2006/10/14(土) 20:00:58
レイは、露わになったシンジの背中をじっと見ながらそんなことを考えていた。
「・・・あ、綾波・・・?・・・ど、どうしたらいいの?」
ベルトだけを外して、首筋まで真っ赤にして訪ねるシンジ。
「・・・え、えーと・・・それじゃ、ブラウスを着ましょ。こっち向いてくれる?」
シンジを見つめてぼーっとしていたレイは、慌ててブラウスを手に取った。
どうしても逃げ道が無いことを悟ったシンジは、諦めてため息をついた。

2時間目が始まってからの2−Aの教室は、異様な雰囲気に包まれていた。
皆の瞳がギラギラと期待に輝いていて、いつもなら自習となればざわめく教室内が、
ほぼ完全な沈黙に包まれているのだ。
ケンスケが、持っているあらゆるカメラの手入れをする音だけが響いている。
・・・もちろん、ケンスケには優先的に『良い位置に陣取る権利』が与えられている。
そんな中、廊下から待ちかねた声が聞こえた。
「・・・ここまで来ておいて、往生際が悪いよ?」
「で、でも・・・」
レイとシンジが、教室の前まで来たのだ。
「ほら!せっかくだから、みんなにも見せてあげなきゃ・・・ね?」
レイの声が聞こえ、期待に胸を膨らませたクラスメート達は、揃って前のドアを見つめた。

393 :第七話 人の造りしモノ :2006/10/14(土) 20:02:05
当然、ケンスケは教室の中央に移動して、ビデオカメラを向けている。
「・・・は、恥ずかしいよ・・・」
シンジの声が聞こえる。
その声を聞いて、皆の期待はいよいよ高まった。
「もう!いつまでもここにいても、しょうがないじゃない!開けるよ!」
再びレイの声が聞こえ、ドアが勢い良く開かれた。
「・・・」
皆が見守る中、レイと、顔を真っ赤にした可憐な『美少女』が教室に入ってきた。
教室中が沈黙に包まれる中、レイはシンジを教卓の前に連れてきた。
「・・・は〜い!お待たせぇ!」
そう言って、レイは『美少女』を皆の方に向かせた。
「・・・」
まだ沈黙に包まれている教室。
というより、皆、呆然とレイに連れてこられた『美少女』を見つめている。
「・・・あ・・・」
『美少女』は上目遣いに教室の様子を見て、全員が自分に注目している事、特に、
ケンスケが目の前でビデオカメラを自分に向けている事を知ると、小さな声を上げて
俯いてしまった。

394 :EPISODE:07 A HUMAN WORK:2006/10/14(土) 20:04:10
「・・・あ・・・綾波さん・・・?」
ヒカリが『美少女』をじっと見つめながら、辛うじて声を出した。
「ん?なぁに、洞木さん?」
「・・・そ、その娘・・・ほ、ほ、本当に・・・い、碇君・・・なの・・・?」
何度もどもりながら、ヒカリが『美少女を』指さして訪ねた。
確かに顔立ちはシンジのものだが、髪はロングになっており、胸も微かに膨らんで
いて、なおかつピンクの口紅をつけているのだ。
もちろん、全てレイが持ち込んだものだった。
ロングのカツラと胸パット、それに化粧品一揃いだ。
「うん、そうだよ♪・・・ね、シンちゃん?」
「・・・」
レイにそう言われて、真っ赤になって俯いた『美少女』の様子に、皆は、それが
シンジであることを確信した。
シンジは、スカート姿が恥ずかしいのか、やたらともじもじしており、それがまた
可憐さを際立たせていて、その姿はまさに『深窓のお嬢様』を思わせた。
トウジ、ケンスケを初めとする男子達が、彼女がシンジである事を知っていながら、
『お付き合いしたい!』と真剣に思ってしまうほどだった。

395 :EPISODE:07 A HUMAN WORK:2006/10/14(土) 20:08:07
「・・・し、シンジとは思えんやないか・・・」
トウジが目を瞬かせながら呟いた。
が、教室中が沈黙に包まれていたので、その声は全員の耳に届いた。
「・・・っ・・・」
それを聞いて、シンジが涙目になった。
(・・・情けない・・・僕は男なのに・・・)
泣きそうな顔になったシンジの、余りにも切なさを誘うその様子に、それを見ていた
全員が胸を高鳴らせた。
「し、シンちゃん!・・・鈴原君!酷いじゃない!」
レイが慌ててシンジの肩に手を回し、トウジをキッと睨み付けて怒鳴りつけた。
「あ・・・ちゃ、ちゃうんや・・・今のは・・・」
トウジも、シンジが泣きそうな顔になったのを見て、慌てて弁解しようとした。
「何が違うのよ!シンちゃんを泣かせておいて!みんなもそう思うでしょ!?」
レイがクラス中を見回して訪ねると、皆、一斉にトウジを睨み付けた。
「鈴原!碇さ・・・んっん・・・い、碇君に謝りなさい!」
ヒカリがトウジを睨みながら口を開いたが、シンジを『碇さん』と呼びかけた事に
気付き、慌てて修正した。

396 :EPISODE:07 A HUMAN WORK:2006/10/14(土) 20:09:12
「あ、ああ・・・わかったわい・・・し、シンジ・・・」
「・・・」
シンジは、ちらっと上目遣いにトウジを見る。
「っ・・・わ、悪かったなぁ・・・」
涙目の美少女に上目遣いに見つめられ、トウジは胸が激しく高鳴るのを感じ、思わず
息を飲んだが、辛うじて、言うべき事は言った。
「・・・う、うん・・・」
シンジの声は、緊張で少し掠れており、それがまた、妙な女性らしさを感じさせた。
おまけに、シンジはトウジに向けて、微かに微笑んだのだ。
その微笑みは、他の誰にもなしえないと思わせるほど、繊細で儚げな微笑みだった。
それは、ただ単に、人を気遣う優しい少年の条件反射だったのだが、この場面では、
誰も、そうは受け止めなかった。
もとから繊細な顔立ちの上に、転校の挨拶の瞬間に女子のほとんどを虜にした、
無敵の微笑みは、今、可憐な美少女の儚げな微笑みとなっていたのだ。
その微笑みの威力は、深刻ともいえる被害を2−A全体にもたらした。

397 :EPISODE:07 A HUMAN WORK:2006/10/14(土) 20:09:55
直接、微笑みを向けられたトウジは顔を真っ赤にして沈黙。
正面からカメラを向けていたケンスケは、その微笑みをビデオに録画して、大きく
ガッツポーズ。
ヒカリを初めとする女子生徒達は、夢でも見ているかの様に、頬を染めてぽーっと
シンジを見つめている。
男子生徒達も同じ様なものだが、こちらは、内心『ケンスケに友達価格で頼もう』
とか『トウジ、殺す!』などと考えていた。
もちろん、シンジは自分の『可憐さ』には気付いていない。
着替えてからここに来るまで、鏡の類は一切見ていないのだ。
「・・・あ、綾波?」
シンジが恥ずかしそうにレイに囁きかけた。
「ん?」
「・・・も、もう、着替えても・・・」
「だぁめ。・・・みんなも今日一日、シンちゃんにこの格好で居て貰いたいよね?」
シンジが小声で言ったが、レイはニヤリと笑って皆に問いかけた。

398 :EPISODE:07 A HUMAN WORK:2006/10/14(土) 20:10:57
「うおぉぉ〜っ!」
全員が歓声をあげた。
中には、喜びの余り涙を流している者もいる。
シンジは余りの歓声に、思わず一歩退いた。
(・・・み、みんな・・・何考えてるんだ・・・)
「ほぉら、けってーい!・・・それじゃ、シンちゃん。席に戻ろっ!」
レイがにこにこしながらシンジの手を取って、窓際の席の方に引っ張っていった。
「あっ・・・」
急に手を引っ張られて、シンジがバランスを崩した。
その瞬間、シンジがはいているスカートが僅かにめくれあがった。
「おおお〜っ!」
またもや起こる大歓声。
ケンスケなどは、そのシンジのスカートの中を撮ろうと、床に滑り込むようにしてカメラを構えていた。
「・・・くっ・・・惜しいっ!」
舌打ちして叫んだケンスケに、男子達のブーイングが飛んだ。

399 :EPISODE:07 A HUMAN WORK:2006/10/14(土) 20:11:52
「・・・け、ケンスケ・・・僕は男なんだよ・・・」
シンジが慌ててスカートを押さえて呟いた。
全身を赤くしてスカートを押さえる姿に魅了されていたクラスメート達は、
すでにシンジが男であることを忘れ去っていた。
もちろん、その姿を間近で見たレイも、シンジの余りの可愛さに、ノックダウン
してしまっていた。
(・・・か、可愛いじゃない・・・シンちゃんったら・・・もしかして、本当は女の子
なんじゃないの!?・・・って、そんなはず無いよね。・・・ネルフでちゃんと
検査したんだから・・・でも、どっちでも良いよね?シンちゃんは、どんな姿でも
シンちゃんなんだから・・・それに、よく似合ってるし・・・)
そんなことを考えながら、改めてシンジの手を取るレイ。
「・・・ほら、シンちゃん・・・」
「あ・・・う、うん・・・」
すでに諦めきっているのか、シンジはそう言って僅かに頷いた。
教室が再度沈黙に包まれた。

400 :EPISODE:07 A HUMAN WORK:2006/10/14(土) 20:12:33
この後、席に着いたシンジに、誰がどう話しかけるのか・・・。
そのことが教室を沈黙させ、皆に互いが強烈なライバルである事を意識させた。
まず、発案者であり、『自称』恋人で、隣の席のレイが、シンジに調子を聞く。
その次は・・・?
それが決まっていなかったため、全員が虎視眈々とその瞬間を狙っていた。
ケンスケは赤くなりながらシンジの後ろ姿を撮り続け、トウジは顔を真っ赤に
して、シンジと自分の周囲の者達を見比べている。
ヒカリは自分も頬を赤く染めて、シンジをじっと見つめていた。
男女共に『絶対に落とす!』という決意を込めて、シンジを見ている。
女子にとっては、外見は、儚げな絶世の美少女でありながら、中身は立派な美少年で
あり、おまけに文武両道(との噂)で、さらに「世界を護るエヴァのパイロット」の
シンジは、女子達にとって、TVの大スターにも通じる、まさに憧れの人であった。
男子にとっても、中身は自分達と同性の男であるが、これほどまでの『上玉』は、
未だかつてTVでも見たことが無く、中身が男であろうと無かろうと、関係無かった。
ゆえに、シンジが自分の席に着いた瞬間、教室中の雰囲気が険悪なものに変わった。

401 :EPISODE:07 A HUMAN WORK:2006/10/14(土) 20:13:36
敏感にそれを感じ取ったレイは、少し首を傾げながら、シンジに訪ねた。
「・・・ねぇ、シンちゃん?女の子の気分はどう?」
「ど、どうって言われても・・・」
戸惑い、未だに全身を赤くしたまま、呟くように応えるシンジ。
「・・・ふふっ・・・可愛いんだ、シンちゃんったら・・・」
レイが笑うと、シンジはこれ以上出来ないほど顔を真っ赤にして、俯いた。
そして、レイの次に話し掛けたのは、意外にも、カメラを構えたケンスケだった。
「・・・なぁ、碇?」
「え?・・・な、なに、ケンスケ?」
声を掛けられて振り向いたシンジは、ケンスケの持つカメラが自分の方を向いている
事に気付くと、慌てて俯き、どもりながら訪ねた。
「そ、その・・・た、頼みがあるんだが・・・」
「・・・た、頼みって・・・?」
目の前で美少女姿のシンジがどもっているのを見て、さすがのケンスケも動揺して、
顔を赤く染め、どもってしまった。
その様子は、周囲からは初々しい恋人同士の語らいに見え、ケンスケは後でクラス中の
制裁を受けることとなる。

402 :EPISODE:07 A HUMAN WORK:2006/10/14(土) 20:14:24
「・・・そ、その・・・で、出来たら・・・お、女言葉で話してくれないか?」
ケンスケの言葉に、シンジは大きく目を見開き、ついでに口も小さく開けた。
「・・・・・・ぼ、僕は男なんだよ・・・?」
少しの間の後、辛うじてシンジが言った。
「それって良い考えだよね、相田君。・・・ほら、シンちゃん」
シンジの声など聞こえなかったかのように、レイが言った。
「え?」
驚いた表情でレイを見るシンジ。
「・・・ほらぁ・・・シンちゃん・・・ううん、今日一日、貴女は『碇ユウキ』よ!
・・・今思いついたんだけど、良い名前でしょ?」
「い、良い名前って言われても・・・僕は」
「シャラップ!『僕』じゃなくて『私』でしょ?はいはい、やり直しー!」
シンジの言葉はレイに遮られた。
皆は、呼吸の音さえ殺して、黙って見守っている。
何を言ってもムダだと悟ったシンジは、諦めてしまった。

403 :EPISODE:07 A HUMAN WORK:2006/10/14(土) 20:15:05
(・・・どうせ、僕の意志なんか・・・)
「・・・わ・・・」
口を開いたシンジだが、余りにも恥ずかしくて、再び口を閉じてしまった。
「どうしたの?ユウキちゃん?」
レイは、くすっと笑ってそう言った。
「・・・わ、わ・・・わ、私・・・」
真っ赤になって俯き、呟くように言ったシンジの姿に、とうとう堪えきれなくなった
トウジが勢い良く立ち上がり、シンジの席に歩み寄った。
「・・・トウジ・・・?」
シンジが少し驚いた表情をした。
もちろん、ケンスケはその表情も逃してはいない。
「ほら、ユウキちゃん。『トウジ君』でしょ?」
「と・・・トウジ・・・君・・・」
すぐにレイの修正が入り、シンジはぎこちなく呼び直した。
「い、い・・・碇さん!」
トウジは、先のシンジの微笑み以来、ずっと真っ赤だったが、顔をさらに赤くして、
思い切ったように口を開いた。

404 :EPISODE:07 A HUMAN WORK:2006/10/14(土) 20:19:55
「な、何・・・?」
「・・・わ、わしらが・・・初めて会った日の事ですのや・・・」
トウジはそう言って、いきなり土下座した。
「・・・いきなり殴ったりして、すまんかったです!・・その、き、綺麗な顔に、
痕でも残ったらと思うと、わしは・・・」
叫ぶように言って、頭を床に着けたトウジ。
その言葉を聞いた皆は、極少数を除いて事情を知らないため、トウジに激しい怒りの視線を向けた。
「そ、それは・・・ぼ、僕の」
「『私』」
慌てて言おうとしたシンジに、レイの容赦ない訂正が入る。
「わ、私・・の方が悪かったんだ・・・です・・・」
今度は、辛うじて自分で修正したシンジ。
「そ、そんな事あらへん!い、碇さんが苦しんでるのも知らんで、いきなり殴ったわしが悪いんや!」
「ち、違・・・います・・・ぼ・・・私が・・・トウジ、君の・・・妹さんを・・・
傷つけたから・・・」
シンジが、所々修正しながら、ぎこちなく言った。

405 :EPISODE:07 A HUMAN WORK:2006/10/14(土) 20:20:49
「・・・もうええんです!・・・妹も順調になおっとるし・・・」
トウジが慌てて顔を上げて言った。
「と、トウジ・・・君・・・」
少し涙目になってトウジを見るシンジ。
「・・・わ、わしの方こそ、すんませんでした!碇さんの話も聞かんで、いきなり
殴りつけて・・・わしは、わしは・・・」
トウジはそう言って、グッと俯いた。
「・・・も、もう・・・いいんです・・・顔を・・・上げて・・・」
完全に涙目になったシンジは、そう言いながら自分も床に膝をついて、トウジの手をそっと握った。
「い・・・碇さん・・・」
「・・・トウジ・・・君・・・あ、ありがと・・・」
涙目のシンジは、そう言ってにっこりと笑った。
その笑顔は、いつの間にかトウジの背後に位置を変えて撮影していたケンスケの脳裏を直撃した。
(・・・い、碇って、本当に綺麗な笑顔をするんだな・・・)

406 :EPISODE:07 A HUMAN WORK:2006/10/14(土) 20:21:55
ケンスケが顔を赤くしてそう考え、シンジが男であることに思い至り、慌てて
頭を振っている時、二人の光景を見ていた者達の怒りは、ほぼ限界に来ていた。
ユウキ(シンジ)にわざとらしく謝り、二度も笑みを向けられたばかりか、直接手を
握って貰うなど、それを狙っていたのではないか、と疑ったのだ。
皆が知る限り、シンジと手を握った事があるのは、レイ以外には居なかったのだ。
もちろん、レイは別格だ。
同じエヴァのパイロットであり、シンジはレイを助けるためにエヴァに乗ったとの話も聞いている。
また、シンジもレイを拒絶してはいないので、レイは今のところ、
『シンジに一番近い女の子』の称号を欲しいままにしているのだ。
(・・・トウジ(鈴原)・・・死刑!死刑!!死刑っ!!!死刑〜っ!!!!)
皆の頭には、その言葉が繰り返しエコーしていた。
「・・・シン・・・ユ、ユウキちゃん!」
それを見ていたレイが、ハッとして声をかけた。
(いけない!このままじゃ、シンちゃんが・・・!)
「・・・え・・・?」
少し驚いた表情で、シンジは振り返った。

407 :EPISODE:07 A HUMAN WORK:2006/10/14(土) 20:22:45
「ダメじゃない!そんなことしちゃ・・・」
「・・・な、なんでなの・・・?」
シンジにしてみれば、これは自分とトウジの問題であり、トウジが土下座までして
自分に詫びてくれた事がとてつもなく嬉しく感じられたから、思わずしてしまっただけの事である。
「な、なんでって・・・そんな、手を握ったりして・・・みんなもそう思うよね?」
思わぬシンジの反撃に、レイは少し戸惑いながらも、とっさにトウジを敵視している
皆を仲間につける事にした。
レイの言葉に、慌ててトウジの手を離し、俯いてしまうシンジ。
「そうだ!トウジ、貴様!調子に乗るな!」
「そうよ!鈴原!碇さんが優しいからって、良い気になるんじゃないわよ!」
レイの言葉に、声をかけるきっかけを失っていた皆が、男女共にヤジをとばした。
しかも、シンジが男であることは、完璧に忘れ去られているようだった。
「・・・な、何を言っとるんや・・・?わ、わしは・・・」
教室中からの向けられた強烈なヤジに、さすがのトウジも呆然としてしまったが、
慌てて弁解しようとした。
そのトウジの目の前に、恐るべき強敵が出現した。

408 :EPISODE:07 A HUMAN WORK:2006/10/14(土) 20:23:44
「・・・鈴原!」
委員長、洞木ヒカリである。
「な、なんやイインチョ・・・?」
誰が見ても『お怒りモード』の『2−Aの母』の姿に、誰もが黙り込んだ。
「・・・」
こんな時のヒカリには、決して逆らってはいけないことに、レイは気付いていた。
(・・・あっちゃ〜・・・洞木さんったら、マジで怒っちゃってるわ〜・・・これで
鈴原君はおしまいよね・・・)
そんなことを考えながらレイが二人の様子を見ていると、ヒカリはいきなりトウジの
耳を引っ張り、そのまま立ち上がらせた。
「い、いててっ!いたいがな・・・」
速攻で涙目になっているトウジ。
「これくらいで何が痛いのよ!碇さんの心の痛みは、こんなもんじゃなかったのよ!」
ヒカリがそう怒鳴りつけると、シンジが慌てて言った。
「ほ、洞木さん、やめてよ、お願いだから・・・」
「・・・碇さん?」
「・・・ぼ・・・わ、私が、トウジ君の妹さんを傷つけたから・・・そ、それに・・・
私も、トウジ・・・君を殴ったから・・・それで、終わりにするって・・・」
シンジがつっかえながらそう言うと、ヒカリも少し穏やかな顔になって、トウジの
耳を掴んでいた手を放した。

409 :EPISODE:07 A HUMAN WORK:2006/10/14(土) 20:28:45
「・・・まぁ、碇さんがそう言うなら・・・鈴原!」
ヒカリは小さくため息をついて、トウジを見た。
「は、はいぃ!」
引っ張られていた耳を押さえていたトウジは、背筋をピシッと伸ばした。
「碇さんに感謝するのね!」
ヒカリは、嫉妬と怒りを等分に混ぜた視線でトウジを睨み付けた。
「お、おう・・・い、碇さん・・・ホンマ、すまんかったです・・・」
かなりビビりながらも、トウジはシンジにもう一度頭を下げた。
「・・・や、やめてよ、トウジ君・・・もう、良いから・・・」
シンジが少し慌てながらそう言うと、トウジは顔を上げて席に戻っていった。
「・・・碇さん、本当に良いの?」
心配そうに訪ねるヒカリに、シンジは小さく頷いた。
「うん・・・」
「そう・・・。それなら良いけど・・・何かあったら、遠慮なく言ってね?」
先ほどの表情が幻覚に思えるほど、優しい表情と口調のヒカリ。
「あ、ありがとう・・・洞木さん・・・」
シンジは少しだけ俯いて言った。
ヒカリは、ピンク色のシンジの唇から放たれた己の名前に、ドキッとして頬を
ピンクに染めて、シンジをぼうっと見た。

410 :EPISODE:07 A HUMAN WORK:2006/10/14(土) 20:29:54
(・・・っ・・・碇さん・・・)
そんなヒカリに気付いたケンスケは、今朝感じた疑問を思い出した。
(・・・あれ?委員長は、トウジが好きだったんじゃないのか?)
首を傾げるケンスケだが、その手に持っているカメラは、シンジから離れなかった。
ケンスケが首を傾げている内に、女子の一人が、とうとう立ち上がってシンジに歩み寄ってきた。
「・・・な、なに・・・?」
「あ、あの・・・今日の放課後、良かったら、ケーキでも食べに行かない?あたし、
美味しいお店を知ってるわよ?」
その女子がそう言うと、ここぞとばかりに、皆が立ち上がって一斉にシンジの元に駆け寄った。
「・・・そんなのより、俺と一緒にお茶でも飲みに行こうぜ!」
「何言ってんだよ!碇さんがお前なんかと一緒に行くわけねーだろ!?それより、
俺と一緒に食事でもどうですか?」
「ちょとぉ、勝手なこと言わないでよ!碇さんは私達と一緒に帰るのよ!」
「そうよ!男は引っ込んでなさい!」
アッという間に壮絶な口喧嘩が始まった。

411 :EPISODE:07 A HUMAN WORK:2006/10/14(土) 20:30:52
「ちょ、ちょっと・・・」
シンジは、目の前で繰り広げられる戦いに、呆然としてしまった。
(・・・なんで、こうなるのかな・・・?僕なんか、なんの取り柄もないのに・・・)
そんな、自己卑下の極致とも言える思考をしていると、とある一言が聞こえてきた。
「・・・それじゃ、碇さん本人に聞いてみましょうよ!」
「えっ!?」
シンジが慌てて周囲を見回すと、皆が一斉に自分の方を見たところだった。
「「「「「「「・・・碇さん!碇さんはどうしたいの?」」」」」」」
一斉に声を揃えて言う皆に、シンジは思わず引いてしまった。
「ど、どうって・・・」
「・・・はいは〜い。ごめんね、みんな。今日は、あたしがユウキちゃんと一緒に帰るからね」
困り果てた様子のシンジに、楽しそうな顔をして黙って見ていたレイが口を挟んだ。
またもや一斉に起こるブーイングの嵐。
「・・・ごめんね。そのかわり、週に一回はシンちゃんじゃなくて『ユウキちゃん』に
なって貰うから、その時に誘ってあげてね〜」

412 :EPISODE:07 A HUMAN WORK:2006/10/14(土) 20:31:48
「えっ!?・・・ま、またこんな格好をするの!?」
驚いて声を上げるシンジに、レイはくすっと笑って告げた。
「うん。だって、みんなもその方が良いでしょ?」
当然ながら皆は一斉に歓声をあげた。
「・・・ほら、ユウキちゃん。みんなも喜んでくれてるし・・・」
「い、嫌だよ!」
「・・・『嫌よ!』でしょ?」
思わず叫んだシンジだが、レイはにっこり笑いながら訂正を入れた。
「・・・い、嫌よ!こんな格好!恥ずかしいよ・・・恥ずかしい・・・わ・・・」
だんだん女言葉にも慣れてきたのか、少しだけ頬を染めてそう言ったシンジだが、
途中で、レイのにこにこ笑いながらの強烈な睨みを受け、顔を真っ赤にして、自分で修正した。
恥ずかしげなその様子に、またも歓声をあげる皆。
「・・・はい、決定〜♪シンちゃんは週に一回、『ユウキちゃん』になること!」
嬉しそうに宣言したレイに、シンジはもう何も言えなかった。

413 :EPISODE:07 A HUMAN WORK:2006/10/14(土) 20:32:54
(・・・綾波・・・さっきの目・・・凄く怖かったよ・・・死ぬかと思った・・・)
そう考えたシンジは、密かにため息をついた。
もちろん、その憂い気な姿を取った映像は、高値で売りさばかれたという。

やがて、教師という足枷が無いまま、4時間目が終了した。
「・・・ふぅ・・・」
シンジは、ため息をついて鞄から弁当を取り出した。
そのとたんに、皆が争うように駆け寄ってきた。
「い、碇さん!俺達と一緒に昼飯食わない?」
「碇さん、お昼はあたし達と一緒よね!?」
男女共に、口々に激しく詰め寄ってくる。
これは、2時間目からずっと囲まれっぱなしのシンジが少し疲れ気味なのを見て、
レイが授業時間中の『ユウキ』への接近を禁止したことによる、副作用のようなものだった。
もちろん、そうでなくとも、皆が、人と争ってでもシンジと昼食を共にしたいと思っていたのだが・・・。
「・・・あ、あの・・・いつも、トウジ君とケンスケ君と一緒に食べてたから・・・
今日も・・・そうしようと思って・・・」
シンジがそう言うと、皆はがっかりして自分の席に戻っていった。

414 :名無し専門学校:2006/10/14(土) 20:33:14
http://everystorm.com/faces/

415 :EPISODE:07 A HUMAN WORK:2006/10/14(土) 20:33:41
皆の合議で、『ユウキ』自身の意志には従うと決めたのだ。
また、『ユウキ』に無理強いをして、皆に攻撃されることを恐れたせいもある。
シンジの言葉を聞いていたのか、トウジが真っ赤な顔をしてシンジの席に駆け寄ってきた。
「い、い、碇さん!わ、わしと一緒に飯を食うてくれるんですか!?」
興奮のあまり、目を血走らせ、どもりながら言うトウジ。
「う、うん。だって、いつもそうしてたし・・・もしかして・・・嫌なの・・・?」
シンジが少し俯いて言った。
「ちゃ、ちゃいます!そんなことありまへん!碇さんと一緒に飯食えるなんて・・・
まるで夢のようや思いまして・・・」
両手を振りながら必死に弁解するトウジに、シンジは可笑しくなり、小さく笑った。
「ふふっ・・・」
「あ・・・」
トウジは、その笑顔を見て胸が高鳴るのを感じ、慌てて自分の席に戻った。
(・・・この胸の高鳴り・・・ああ・・・碇さん・・・)
顔を赤くしてぽーっとしているトウジを見て、ケンスケはため息をついた。

416 :EPISODE:07 A HUMAN WORK:2006/10/14(土) 20:34:26
「・・・おい、トウジ。昼飯、買いに行かなくて良いのか?」
「あ、ああ。わ、わかっとるわい・・・」
少しぼーっとしているトウジが購買に赴くと、授業中もずっとカメラを構えていた
ケンスケが、片手で器用に鞄からコンビニの袋を取り出して、シンジの席に歩み寄ってきた。
「あ、ケンスケ君」
「・・・碇、今日はここで食おうぜ」
「う、うん」
シンジは、女装姿を人に見られることに抵抗が残っていたので、ケンスケの言葉に
嬉しそうに頷いた。
もちろん、ケンスケもそんなシンジの心理を理解して言ったのである。
「・・・ねぇ、それなら、こっちでみんなで一緒に食べよっ?」
レイがベランダから声をかけてきた。
その横には、少しだけ頬を赤く染めたヒカリの姿もある。
「・・・どうする、碇?」
ケンスケが訪ねると、シンジは少しだけ考えてから、頷いた。

417 :EPISODE:07 A HUMAN WORK:2006/10/14(土) 20:35:24
「・・・うん。私は別に構わないけど・・・」
女言葉にもすっかり慣れたのか、シンジはどもらずに言った。
「よし。それじゃ、行こうぜ」
「うん」
二人がベランダに出ると、その後から、皆がぞろぞろとベランダに出てきた。
もちろん、少しでもシンジが見える位置に行こうとの思いからだ。
レイとヒカリとケンスケは、協力して皆の視線からシンジを守る位置に陣取った。
周囲から舌打ちの音が聞こえる中、レイ達はベランダに座り込んだが、シンジだけ、
戸惑ったように立ち尽くしていた。
「・・・ユウキちゃん?どうしたの?」
「・・・あの・・・どうやって座ったらいいの?」
レイの問いに、シンジは頬を染めて訪ね返した。
「あ・・・そ、そうね。ほら・・・こうして、足を崩して・・・」
一瞬だけ戸惑ったヒカリが、慌てて自分も足を横にずらして座った。
「う、うん・・・」
その真似をして座ったシンジだったが、その座り方が余りにも無造作だったため、
スカートがめくれあがりそうになった。

418 :EPISODE:07 A HUMAN WORK:2006/10/14(土) 20:36:11
「!」
とっさにレイがシンジのスカートを押さえたため、スカートがめくれるのは辛うじて
止められたが、シンジが座ってから足を動かしたため、スカートがずれてシンジの膝が
見えてしまった。
もちろん、ケンスケは先ほどから真正面でビデオカメラを構えて撮っている。
ちなみに、ベランダに出てきたクラスメート達は、4人の様子、特にシンジの様子を
伺っている。
「ユ、ユウキちゃん!」
「え?」
突然『源氏名』を呼ばれて、シンジがレイを見た。
「ダメじゃない!無防備すぎるわよ!」
ヒカリが小声で言って、シンジのスカートを直した。
「あ・・・」
ようやく、自分の姿に気付き、シンジは俯いて真っ赤になった。
「・・・こら!相田君!」
「あ、ああ・・・すまない・・・」
ヒカリに怒られて、ケンスケはようやくカメラを外した。

419 :EPISODE:07 A HUMAN WORK:2006/10/14(土) 20:37:01
「・・・それじゃ、いただきましょ」
レイがシンジを見て、少し不安げなその顔に、眉を微かにひそめて訪ねた。
「・・・あれ?ユウキちゃん、どうしたの?」
「う、うん・・・先生が居ないのって、午前中だけだったかな、と思って・・・」
(・・・せ、先生に見られたら・・・なんて言われるか・・・最悪、ミサトさんや
母さん、父さんに言われたりして・・・そんなの、嫌だよ・・・)
「その事なら全然大丈夫♪」
レイが楽しそうに箸を動かしながら応えた。
「え?なんで?」
不思議そうに聞き返すシンジ。
「いざとなったら、『ネルフの実験』の一言でおっけ〜だから」
レイの答えは、あくまでも楽観的だった。
「・・・そ、そう・・・」
微かに落胆したシンジ。
それを言い訳にして、男物の制服に着替えたいと思っていたのだ。
残念そうに、のろのろと弁当箱を開けるシンジ。
「うわぁ・・・相変わらず、凄いのね・・・」
シンジの弁当を見たレイが、感嘆した口調で言った。
「・・・そう・・・?」
そう言いながらも、少し照れるシンジ。

420 :EPISODE:07 A HUMAN WORK:2006/10/14(土) 20:40:27
「碇さんって、お料理が本当に上手なのね。・・・ねぇ、今度、教えてくれない?」
ヒカリがそう言って、自分の作った卵焼きを口に入れた。
「うん。それは別に構わないけど・・・洞木さんのお弁当だって、とっても
美味しそうなのに・・・」
シンジがそう言って首を捻った。
「ううん。・・・それじゃ、試しに、卵焼きを一つずつ交換してみましょ?」
ヒカリが首を横に振って言うと、シンジは少し頬をピンクに染めて頷いた。
「う、うん・・・」
「シ・・・ユウキちゃん!あたしもぉ!」
速攻でレイが口を挟む。
「え?・・・あ、綾波・・・さん、もなの?」
シンジが少し驚いた様子で聞き返した時、ベランダに電子音が鳴り響いた。
「・・・あれ?携帯?・・・誰?」
ヒカリが首を傾げた。
「・・・ぼ・・・わ、私の・・・」
シンジはそう言って、スカートのポケットから携帯電話を取り出した。

421 :EPISODE:07 A HUMAN WORK:2006/10/14(土) 20:41:27
その際、足をもぞもぞと動かしながら取り出したので、またもスカートがずれて、
白い足が観衆の目前にさらされることとなった。
歓声があがるが、すぐに静まった。
シンジが電話の受話ボタンを押したのだ。
「・・・はい。碇です」
『・・・あ、シンジ君?』
電話の向こうの声は、聞き慣れた声だった。
シンジは、『シンジ君』という呼ばれ方に、思わず感涙しそうになった。
時間的にはたったの3時間なのだが、シンジにとっては永遠に続くかと思われるほどに
感じていたのだ。
「ミサトさん!?どうなさったんですか?・・・まさか・・・」
使徒の襲来を思い浮かべて、真剣な表情になるシンジ。
レイも、シンジの口調と表情から、ただごとではないと悟ったようで、珍しく真面目な顔になった。
『違うわ、使徒じゃないの。でも、初号機を出すかも知れない事態になったわ』
「・・・どうすれば良いんですか?」

422 :EPISODE:07 A HUMAN WORK:2006/10/14(土) 20:42:11
『そうねぇ・・・それじゃ、日向君に頼んで、学校の方に迎えに行かせるから、
シンジ君は待機してて。その時に事情を説明させるから。・・・あ、それから・・・
来るのはシンジ君一人で良いわよ。レイにまで動いて貰う必要は無いし、そもそも
修理中の零号機を動かすわけには行かないからね。・・・それじゃ、頼むわね?』
「・・・了解しました」
そう言って電話を切ったシンジに、レイが少し不安そうな表情で訪ねた。
「・・・使徒なの・・・?」
その言葉に、事情を知っているクラスメート達も、身体を緊張させる。
「違うらしいけど・・・なんか、本部で待機していてくれって・・・」
首を傾げながら応えるシンジに、レイはホッとした顔になった。
「ふぅ・・・あ〜、びっくりした」
「うん、そうだね・・・と、とにかく、着替えなくちゃ・・・」
少し考えてから、シンジは慌てて立ち上がった。
「ダメっ!」
レイがそう叫んで、自分も立ち上がった。
「え?・・・で、でも・・・」
驚き、戸惑うシンジ。

423 :EPISODE:07 A HUMAN WORK:2006/10/14(土) 20:43:03
「ダメったらダメ!シンちゃんは今日一日ユウキちゃんって決定なの!」
強情に叫ぶレイ。
「そ、そう言っても・・・この格好じゃ・・・」
「良いの!・・・あ、そうだ!あたしも一緒に行くからね!」
「あ・・・そ、そう言えば、綾波・・・さん、は来なくて良いって・・・」
シンジがおずおずと言うと、レイは一瞬、あっけにとられた様な表情を見せたが、
すぐに立ち直り、ミサトの目的を看破した。
(・・・くぅ〜・・・ミサトさぁん・・・計ったわねぇ〜・・・でも、これくらいで
このレイちゃんを止められると思ったら大間違いなんだからね!)
「・・・でも、どうしても心配なの・・・あたしも連れてって・・・お願い・・・」
レイは両手を胸の前で組んで、シンジに『必殺!涙目ウルウル攻撃』を仕掛けた。
もちろん、視線はやや上目遣いだ。
「・・・そ、そう言われても・・・」
「・・・碇さん、連れていってあげたら?」
ヒカリがレイの援護射撃をした。
(ナイス、洞木さん!計画に引きずり込んでおいて良かった♪)
「・・・う、うん・・・それじゃ、いこ・・・い、行きましょう」
「うんっ♪」

424 :EPISODE:07 A HUMAN WORK:2006/10/14(土) 20:43:53
「・・・ねぇ、まだ着替えちゃダメなの?」
「当然でしょ♪・・・あ、制服は預かってるから、無駄なことはしないでね」
「・・・」
こうして、二人はさっさと鞄を持って教室を出ていった。
ちなみに、シンジがその場に忘れた弁当はオークションの対象とされ、かなりの高値で売買されたという。
「・・・んっ?碇さん!?」
シンジ達が教室を出ていってしばらくしてから、ようやくトウジが抱えきれないほどのパンを買って戻ってきた。
「・・・トウジ、こっちだ」
ケンスケがベランダから声をかけた。
「おお、ケンスケ・・・おう?碇さんがおらんやないか。ど、どこに行ったんや!?」
トウジはベランダを見回して、鈴なりに近い状態のベランダに驚き、その人の中に
シンジが居ないのを見ると、少し狼狽した表情でケンスケに訪ねた。
「・・・なんか、ネルフに呼び出されて行っちまったよ。綾波も一緒だ」
「そ、そんな・・・碇さん・・・」
両目から滝のように涙を流すトウジだった。

425 :EPISODE:07 A HUMAN WORK:2006/10/14(土) 20:44:35
「・・・」
「・・・」
「・・・」
「・・・」
「・・・」
「・・・」
ここはネルフ本部の発令所。
例によってオペレーター3人衆がいるが、今日はそれに加えてユイとゲンドウ、それに
冬月も集まっていた。
作戦部長のミサトと技術部長のリツコが旧東京に出張っている現状では、この者達が
ネルフそのものとも言える。
沈黙に包まれる発令所。
その沈黙の理由は、彼らの目の前にいる、一人の美少女にあった。
「・・・ほ、本当に、シンちゃんなの・・・?」
ユイが皆を代表して訪ねた。
さきほど、レイに付き添われて来た第一中の女子制服を着た美少女が、シンジであると
聞かされたのだ。

426 :EPISODE:07 A HUMAN WORK:2006/10/14(土) 20:45:21
「・・・」
シンジは、顔を羞恥と絶望で真っ赤にして俯いていた。
(・・・あぁ・・・もう終わりなんだ・・・こんな格好をした息子なんて、父さんも
母さんもいらないに決まってるんだ・・・)
「・・・シンジ」
ゲンドウが突然口を開いた。
「っ!」
拒絶される恐怖に、身体をびくりと震わせるシンジ。
「・・・良くやったな、シンジ・・・」
「・・・え?」
驚いて顔を上げると、ゲンドウは微かに頬を赤く染めていた。
「・・・ゲンちゃん?」
「・・・碇?」
ユイと冬月が口々にゲンドウに声をかけた。
「っ!・・・ち、違ったな・・・シンジ、なぜそんな格好をしている?」
ゲンドウも自分の発言に気付き、慌てて修正したが、額には汗が一滴流れている。

427 :EPISODE:07 A HUMAN WORK:2006/10/14(土) 20:46:17
「・・・」
真っ赤になって黙り込んでいるシンジ。
そんなシンジを、目をハート形にして見つめているマヤ。
「・・・可愛い・・・」
マヤのつぶやきがシンジに聞こえ、シンジはますます赤くなってしまった。
さすがのユイも、可愛い息子の、この変貌ぶりには、ついていけなかった。
「・・・」
呆然とシンジを見つめるユイ。
「・・・・・・お、お茶でも一緒にどう?」
突然、ロンゲのオペレーターがシンジに声をかけた。
「・・・青葉二尉・・・」
「はっ!お、俺は一体何を!?・・・っ!し、司令!?」
地の底から響いてくるようなゲンドウの声に、トリップしていた青葉も、
さすがに目が覚めたらしい。
きょろきょろと辺りを見回し、ゲンドウ、ユイ、マヤ、レイの強烈な睨み(&日向と
冬月のき○がいを見る視線)を受けて、慌てて目を背けた。

428 :EPISODE:07 A HUMAN WORK:2006/10/14(土) 20:47:01
「・・・青葉二尉・・・減棒6ヶ月」
「えっ!?」
ゲンドウの無情な宣告が青葉を襲い、青葉はショックのため、その場に崩れ落ちた。
「・・・ゲンちゃん、少し厳しくないかしら?」
ユイがシンジを見つめながら言った。
「し、しかし、ユイ・・・」
「せめて10年間ボーナス抜きとか、ネルフ職員の資格取り消しとか・・・」
こともなげにそう言うユイに、ゲンドウと冬月の無言の突っ込みが入った。
((・・・お前(君)の方が厳しいと思うが・・・?))
もちろん、二人とも口には出さない。
「・・・まぁ、青葉二尉のことは置いといて・・・シンちゃん?」
「・・・」
ユイが優しく声をかけたが、シンジは相変わらず黙り込んでいる。
「・・・よく似合ってるわよ」
「えっ!?」
驚いて顔を上げるシンジ。

429 :名無し専門学校:2006/10/14(土) 20:48:16
http://allegria.web.fc2.com/polo/

430 :EPISODE:07 A HUMAN WORK:2006/10/14(土) 20:51:32
(・・・ど、どうしてシンちゃんが女装してるのかわからないけど・・・ここは、
褒めておいた方が得策よね・・・もしかしたら、シンちゃんが自分で女装したのかも知れないし・・・)
「本当に、綺麗・・・」
「でしょ?ユイかーさんもそう思うよね?」
ユイの声に応えたのは、黙って事態を見守っていたレイだった。
「え、ええ。・・・レイ?もしかして、貴女?」
「うん!だって、この間マヤさんが言ってたんだもん!シンちゃんには、女装が似合う
んじゃないかって!」
もしや、といった表情で訪ねたユイに、レイは爆弾発言をかました。
(・・・これでマヤさんの『奇癖』が暴露出来たわ!女装した美少年が好きなんて、
ユイかーさんが認めるはずないもんね!それに、シンちゃんのマヤさんに対する心証も
悪くなっただろうし、これでマヤさんはライバルから除外だよね!『ユウキちゃん』は
さすがのあたしも思わず見とれちゃうくらいの『美少女』で、相田君からの売り上げも
入ってくるし、まさに一石二鳥よね!)
いつも通りの策略家ぶりを見せるレイ。

431 :EPISODE:07 A HUMAN WORK:2006/10/14(土) 20:52:31
「・・・えっ!?れ、レイちゃん!?」
思わぬ事を言われて、動揺するマヤ。
「・・・ま、マヤさん・・・」
シンジは信じられないという表情で呟き、マヤは慌てて弁解した。
「ちっ、違うのよ、シンジ君!」
「・・・あれっ?この間、そんなことを言ってなかったっけ?確か、シンちゃんの話を
してた時、マヤさんが呟いてたような気がするんだけど・・・」
すかさずレイが口を挟む。
「なっ、ななななな、何を言うのよ!レイちゃんったら!わ、私は、そんなことは言ってません!」
慌てて言い返すマヤだが、額からは汗がだらだら流れているので、説得力は無い。
「・・・マヤちゃん・・・」
ユイの呼びかけに、マヤは背筋を凍らせた。
「は、はいっ!」
「・・・趣味は人それぞれだけど、それを他人に押しつけないようにね」
「はいぃ!」
背中に氷を入れられたような気分で、マヤは勢い良く頷いた。

432 :EPISODE:07 A HUMAN WORK:2006/10/14(土) 20:53:23
「・・・まぁ良いわ。とにかく、シンちゃん・・・いえ、ユウキちゃん?」
「っ・・・」
ユイが呼び直したので、シンジは肩を震わせた。
(・・・か、母さんまで・・・)
「今日は待機はもう良いわ。・・・あ、それから・・・今日はミーちゃんも帰れない
だろうから、一晩、うちに泊まったら?」
「えっ?・・・で、でも・・・」
突然の提案に戸惑うシンジ。
「そうだよね!・・・ねぇ、ユウキちゃん。たまには、良いでしょ?」
レイが喜び勇んで言った。
もちろんゲンドウも、サングラスの下の目はだらしなく垂れ下がっている。
「・・・そうだな。保安上、チルドレンの一人暮らしは危険だ。・・・シン・・・
ユ、ユウキ。今日はうちに泊まれ。これは命令だ。拒否は許さん」
ゲンドウ本人は威厳を保って言っているつもりだったが、周囲の者達には、
バカパパが息子と一緒に過ごしたいと言葉を代えて言っているのが、良くわかった。
それは、鈍感なシンジにさえもわかったくらいだ。
(・・・と、父さん・・・僕を、必要としてくれるの・・・?)

433 :EPISODE:07 A HUMAN WORK:2006/10/14(土) 20:54:07
「ゲンちゃん!あなたの悪い癖ですよ!なんでも命令で縛り付けて!」
いつもの通り、ユイがゲンドウを叱ったが、ここで驚くべき事態が起こった。
「か、母さん、やめてよ!」
シンジがユイを止めたのだ。
「えっ!?し、シンちゃん!?」
ユイは驚いてシンジを見た。
あまりに驚いたので、呼び方も元に戻ってしまっている。
もちろん、レイを始めとする皆も、驚きの表情を浮かべてシンジを見ている。
「・・・母さん・・・父さんを怒らないでよ・・・。今日は、そっちに泊めさせて貰うから・・・」
シンジが両親を見比べて言った。
「そ、そう・・・わ、わかったわ・・・」
ユイにとって、本来なら喜ぶべき発言なのだが、シンジがゲンドウを庇った事が
ショックだったのか、喜ぶことも忘れて呆然としていた。
「シンちゃん・・・」
レイも驚いていた。

434 :EPISODE:07 A HUMAN WORK:2006/10/14(土) 20:54:56
一度は両親を拒絶したシンジが、より自分に近かったはずのユイを制して、ゲンドウを庇ったのだ。
「シンジ・・・」
感動しているのは、ゲンドウただ一人。
「・・・シンちゃん・・・と、とにかく、あなた達は先に帰っていてね。
レイ、シンちゃんを頼むわね?」
「う・・・うん!任せといて、ユイかーさん!」
驚いていたレイだが、ユイに声をかけられ、我に返って頷いた。
「それじゃ、行こっ♪ユウキちゃん♪」
(・・・くふふ・・・家に行けばシンちゃんと二人きり・・・しかも、シンちゃんは
女装中だし・・・なんか、すっごく燃えるわ!・・・エプロンをつけさせたりして、
料理なんてして貰って・・・後ろから抱きついちゃったりして・・・うふふ・・・)
満面の笑みを浮かべながら、暴走&妄想のレイ。
シンジは、その笑みに不吉なものを感じて、思わず背筋を震わせた。
(・・・!・・・父さんと母さんが居ないって事は・・・あ、綾波と二人きりって事
じゃないか!・・・ま、まずいよ、そんなの・・・何とかしなきゃ・・・)
「・・・と、父さん!」
慌てて父に呼びかけるシンジ。

435 :EPISODE:07 A HUMAN WORK:2006/10/14(土) 20:55:43
「・・・なんだ、シン・・・ユ、ユウキ?」
こちらも慌てて応えるゲンドウの声には、シンジから声をかけられるのを予想して
いなかった驚きと、それを遙かに上回る喜びがにじみ出ていた。
もちろん、顔はこれ以上無いというほど、にやけている。
その顔を見たオペレーター達は一様に、ゲンドウに対する考えを改めた。
オペレーターその1、日向マコトの感想。
(・・・あのだらしない顔・・・情けなさ過ぎるな・・・よくこれで『総司令』を
名乗れるもんだな・・・)
オペレーターその2、青葉シゲルの感想。
(・・・ただのバカ親父だな、これは・・・そうだ!何かあったら、シンジ君に
泣きつけば・・・さっきの減棒の件も・・・)
オペレーターその3、伊吹マヤの感想。
(い、碇司令・・・その髭面で、そのニヤケ顔は、もっの凄く怖いわよ・・・せめて、
髭を剃りなさいよ・・・)
「・・・と、父さん・・・」
余りにもだらしない顔に、シンジも思わず一歩退いた。

436 :EPISODE:07 A HUMAN WORK:2006/10/14(土) 20:56:23
「ん?なんだ?何かあるのか?」
「・・・う、うん!・・・あの・・・せ、せっかくネルフに来たんだから、父さんの
仕事ぶりを見てみたいんだ!」
どうにかしてレイと二人きりになるのを避けたいシンジは、とっさにそんな事を言ってしまった。
(・・・あ・・・何言ってるんだろう、僕・・・『ダメだ』って言われるのは
わかってたはずなのに・・・)
「な、何?本当か!?」
ゲンドウは驚いて叫んだ。
「う、うん・・・だ、ダメだよね、やっぱり・・・」
そう言って俯くシンジ。
「そ、そんな事はないぞ!」
慌てて答えるゲンドウ。
(・・・これは絶好のチャンスではないか!?この機会に、シンジに、『頼れる父』の
イメージを植え付けるのだ!そうすれば、シンジも私を尊敬して、もっと接してくれる
だろう・・・うむ、これだ・・・これしかない!)
ゲンドウは勝手にそう思い込んで、優しい目でシンジを見た。

437 :EPISODE:07 A HUMAN WORK:2006/10/14(土) 20:57:01
「・・・本当は忙しいのだが、他ならぬお前の願いだからな。仕方あるまい・・・」
そうもったいをつけるゲンドウに、ユイが突っ込んだ。
「何処が忙しいんですか、あなた・・・?」
「う・・・ま、まぁ、色々とな・・・さ、さぁ、シンジ。行くぞ」
「あ、ありがとう、父さん・・・」
信じられない思いで、足早に発令所を出て行くゲンドウについていくシンジ。
その後ろ姿を呆然と見送ったレイは舌打ちした。
(・・・に、逃げられちゃったぁ・・・く・・・悔しぃ〜〜っ!・・・あたしの
『シンちゃん女装バージョン』がぁ〜・・・)
「・・・仕方ないわね。レイ、先に帰って夕食を作ってて」
ユイが、こちらも悔しそうな顔をしながら言った。
「・・・うん。・・・それじゃ、気を取り直して、シンちゃんが思わずびっくりする
ような料理を作って待ってるね」
(・・・うふふ・・・そういうのも、なんか良いな・・・まるで、旦那の帰りを待つ
若妻みたい・・・きゃっ!)
再び妄想を抱くレイ。

438 :EPISODE:07 A HUMAN WORK:2006/10/14(土) 20:58:27
一体何を考えているのか、その顔は真っ赤になっている。
「・・・不潔・・・」
マヤがレイの顔を見て、ぼそっと呟いた。
どうやら、レイの考えている事がわかったらしい。
(・・・不潔よ、レイちゃんったら!・・・どうせ、「お帰りなさい、あなた!」
「ただいま、レイ」「・・・ああん、お帰りのキスぅ〜」「ははっ、甘えん坊だな、
レイは」「だってぇ〜」「・・・それじゃ・・・」チュッ!・・・とか考えてるに
違いないわ!不潔よ〜!・・・大体、なんでシンジ君の相手が私じゃないのよ〜!)
こちらも暴走モードのマヤ。
「・・・おい、シゲル。マヤちゃんがまたラリってるぞ」
「ああ・・・今回は、なかなか激しそうだな」
日向と青葉がこそこそ小声で会話している。
二人は、ハンカチを噛み締めながら涙目でシンジが出て行った方向を見つめている
マヤを見て、ため息をついた。

439 :EPISODE:07 A HUMAN WORK:2006/10/14(土) 20:59:11
「・・・あー、びっくりしたぁ。もう少しで瓦礫の下敷きになるところだったわよ」
その頃、旧東京の国立第三実験場をネルフのヘリに乗って空から見下ろし、
ミサトとリツコが一張羅についた埃を落としながら会話していた。
「私の責任じゃないわよ」
そう言うリツコの視線の先では、暴走したJAが歩いている。
「・・・あ〜に言ってんのよ。プログラムはあんたがやったんでしょ?」
リツコを横目で見てミサトが言った。
もちろんJAの暴走は、使徒との戦いを一手に引き受けるためにネルフが画策した
結果であり、ネルフ幹部であるミサトはその事を知っていた。
「・・・違うわ。母さんよ」
「へっ?・・・ナオコおば様ぁ?」
リツコの答えに、思わず目が点になるミサト。
「ええ。もうそろそろいい加減の歳なのに、よくやると思うわ」
複雑な表情でそう言うリツコ。
「そ、そうね。いくつだっけ?」
「えーと・・・確か、この間で54になったわね」
そう言ってため息をつくリツコ。

440 :EPISODE:07 A HUMAN WORK:2006/10/14(土) 20:59:53
「・・・で?相変わらずなの?」
「ええ。口を開けば、やれ結婚しろだとか、碇司令の事だとか・・・」
苦々しい口調で言うリツコに、ミサトは苦笑した。
「・・・相変わらずね。でも、碇司令の何処が良いのかしらねぇ?」
「さぁ。でも、あの人の趣味が悪いのは、今に始まった事じゃ無いわよ」
「・・・そうだったわね。・・・で、そのナオコおば様は、どこにいるの?」
再び苦笑したミサト。
「さぁ・・・でも、来週には帰ってくるらしいわ」
「そうなんだ・・・。それじゃ、碇司令の慌てぶりが楽しみね」
そう言ってニヤニヤするミサト。
「・・・ミサト、貴女も話し相手が出来て嬉しいでしょう?・・・それとも・・・ライバルかしら?」
奇妙な笑みを浮かべてそう言うリツコ。
「・・・ライバルって?・・・あぁっ!」
リツコの言葉に首を傾げたミサトが、青くなって叫んだ。
「思い出したかしら?母さんがショタコンだったって事を・・・」
楽しそうに言うリツコ。

441 :EPISODE:07 A HUMAN WORK:2006/10/14(土) 21:00:44
「そ、そうだったぁ・・・」
頭を抱えるミサト。
どうやら、よほど強烈な思い出があるらしい。
「・・・葛城一尉、ネルフ本部との通信回線が開きました」
ヘリのオペレーターがそう言ってイヤホンマイクを差し出した。
「・・・あ、ありがと・・・本部、聞こえる?」
とっさに普段の姿を装い、イヤホンマイクを受け取って本部に呼びかけるミサト。
「・・・葛城一尉、ご無事でしたか」
ミサトには聞き慣れた声が帰ってきた。
「その声は日向君ね?」
「はい!」
嬉しそうな日向の声。
「・・・こっちは予定通りよ。そう司令に伝えて。今から帰還するわ」
「了解」
日向が応えると、ミサトはさっさと通信を切ってしまった。
本部では、余りにも簡単に切られてしまった通信に、日向が目を潤ませていた。

442 :EPISODE:07 A HUMAN WORK:2006/10/14(土) 21:01:37
「・・・で、この間渡した例の『報酬』はどうしてるの?」
オペレーターにイヤホンマイクを返しながらミサトが訪ねた。
とたんに、リツコが嬉しそうな表情をして語りだした。
「ああ、あの子?あの子可愛いわねぇ〜。早速、『ミオ』って名前をつけてあげたら、
喜んですり寄ってくるのよ〜。ホントに可愛いわぁ。私のところにこれて幸せだって顔
してるし、トイレの躾けもちゃんとなってるし、餌は、当然、極上の猫缶だし・・・
あ、そうそう。ミオったら、食べてる顔がたまらなく可愛いのよぉ・・・」
「・・・ああ、わかったわよ・・・」
冷静な普段とは全く違う、少女っぽい雰囲気さえ漂わせて饒舌に喋るリツコに、
ミサトは思わず苦笑して言った。
(・・・ほんとーに猫好きなのよねぇ・・・。たかが猫一匹のために、MAGIの
データ改竄まで引き受けるし・・・でも、あの猫・・・確か、ものすごく珍しい種類
だって言ってたわよね・・・)
ある日、ミサトは戦自の同期生に猫を引き取って欲しいと頼まれたのだ。
そこで、ミサトが目を付けたのがリツコだった。
リツコが猫好きだと言うことを、長い付き合いで知っていたのだ。
「・・・それからね・・・」
まだ喋り続けるリツコに、ミサトは微かにため息をついた。

443 :EPISODE:07 A HUMAN WORK:2006/10/14(土) 21:03:12
「・・・」
「・・・」
「・・・」
司令執務室では、ゲンドウと冬月、シンジの3人が黙り込んでいた。
「・・・」
「・・・」
「・・・父さん?」
ゲンドウの横に立っているシンジが口を開いた。
「な、なんだ?」
少しどもりながら聞き返すゲンドウ。
「・・・仕事は・・・しなくていいの・・・?」
「う、うむ。冬月・・・?」
「なんだ、碇?」
「・・・今日のスケジュールは?」
「・・・後は、葛城一尉と赤城博士の報告を聞いて終わりだ・・・と思ったが・・・」
相変わらず、不安げな冬月の答え。
どうやら、記憶が定かではないらしい。

444 :EPISODE:07 A HUMAN WORK:2006/10/14(土) 21:03:55
(・・・他に何かあったか・・・うーむ・・・覚えておらん・・・)
「そ、そうか・・・」
これが、先ほどから何度も繰り返される同じパターン。
仕事が無いゲンドウは黙り込み、シンジが追求すると、ゲンドウが冬月に訪ね、
冬月はボケぶりを発揮して応え、また、部屋に沈黙が訪れる。
それを何度繰り返したのか・・・シンジが口を開こうとすると、執務机の上の電話が鳴った。
「・・・何だね?」
冬月が電話をとった。
「・・・わかった」
やがて冬月はそう言って電話を置き、ゲンドウに話しかけた。
「碇。例の計画は成功したそうだ。葛城一尉と赤城博士は、予定通りこちらに
戻ってくるそうだぞ」
「そうか・・・」
「・・・ふ、冬月副司令・・・?」
珍しく、シンジが冬月に話しかけた・
「・・・何だね?」
少しだけ、嬉しそうな冬月。
(・・・こうして、女装したシンジ君に話しかけられると、まるで、昔のユイ君に
話しかけられているようだな・・・)

445 :EPISODE:07 A HUMAN WORK:2006/10/14(土) 21:04:45
そんな冬月を、冷たい眼差しで睨み付けるゲンドウ。
(・・・冬月め!ユイを奪おうとしているばかりか、シンジまで私から奪うつもりか!
・・・だが、断じてそんな事はさせんぞ!)
ゲンドウの心が伝わったのか、冬月もムッとしてゲンドウを睨む。
「・・・あ、あの・・・」
おどおどしているシンジ。
(・・・み、ミサトさんが帰ってくる・・こ、この格好は、絶対ミサトさんにだけは
見られたくないよ!・・・変態扱いされちゃうだろうし・・・)
そんなシンジを見て、冬月は感動していた。
(・・・おお・・・恥じらう姿もまた可愛いものだな・・・明るく、物怖じしない
ユイ君も魅力的だったが・・・このシンジ君・・・いや、ユウキ君もなかなか・・・)
「・・・み、ミサトさん達は、いつ、戻って来るんですか?」
「・・・ふむ・・・早ければ夕方頃には戻って来られるだろうが・・・報告書を作成
して貰わねばならないからな・・・。家に戻れるのは、夜遅くになるだろうな・・・」
わざと難しい顔をして答える冬月。
「・・・そうですか・・・」
少しほっとして、思わず微笑むシンジ。
(・・・ふぅ・・・よかった・・・ミサトさんに、こんな情けない格好を見せなくてすむよ・・・)

446 :EPISODE:07 A HUMAN WORK:2006/10/14(土) 21:05:40
その笑顔に、ゲンドウは思わず胸を高鳴らせてしまった。
「・・・し、シンジ・・・」
微かに震える声でシンジを呼ぶゲンドウ。
「え・・・?・・・な、なに、父さん?」
思わずどもってしまうシンジ。
「い、いや・・・」
(お、思わず呼んでしまったが・・・何か用事を作らなければ・・・)
内心狼狽しているゲンドウは、素早く辺りを見回して時計を見ると、勢い良く立ち上がった。
「・・・シンジ、そろそろ帰るか・・・?」
「え?も、もう良いの?」
驚いて聞き返すシンジ。
それもそうだろう。
時計の針は、まだ午後2時前後を指しており、普通の会社員ならバリバリ仕事を
している時間帯だからだ。
「・・・うむ・・・」
頷いたゲンドウは、さりげなく自分の横に立っていたシンジの肩を抱いて言った。
「・・・し、シンジ・・・たまには、どこか好きなところに連れていってやる」

447 :EPISODE:07 A HUMAN WORK:2006/10/14(土) 21:07:08
「えっ!?」
突然肩を抱かれ、ビクッと体を震わせたシンジは、更なる驚きに包まれて言った。
「・・・どこか、行きたいところがあるか?」
「え、そ、その・・・」
動揺しているシンジ。
「・・・碇、良いのか?」
冬月がぼそっと口を挟んだ。
「問題ない」
いつものように間を空けずに断言するゲンドウ。
「・・・俺は知らんぞ・・・」
二人に聞こえないように呟く冬月。
(・・・くっくっくっ・・・この事をユイ君に知らせれば、碇はユイ君の制裁を
受けることになる・・・そして、ゆくゆくは私がユイ君と・・・)
一人にやける冬月を、シンジは不審そうに見つめていた。

448 :EPISODE:07 A HUMAN WORK:2006/10/14(土) 21:08:36
結局、シンジは何処にも行かずにゲンドウと共に碇家に帰り、その夜、盛大な晩餐が
開かれたのは言うまでもない。
一方、ネルフに帰って来たミサトは、日向からシンジの女装の話を聞き、リツコと
共にMAGIの発令所の映像記録を見て狂喜乱舞していたが、シンジが碇邸に泊まると
聞くと、アッという間に不機嫌になり、報告書も作成せずにさっさと帰ってエビちゅを
浴びるように飲み、ふて寝した。
その結果、ミサトは減棒を食らい、葛城家の食事はしばらくのあいだ貧しくなった。

そして・・・
「くぅ〜っ!初回売り上げ予想が40万を越えている!シンジ、いや、ユウキちゃん!
ありがとうっ!今夜は徹夜だ!明日は大きなバッグを持っていかなければならんぞ!
・・・それに、これこそが、人の作り出した最高の美だっ!まさに天才の作品だぁ〜!
ユウキちゃん・・・ありがとおぉ〜っ!」
午前中の全てをユウキの撮影に費やし、膨大な映像を手に入れたケンスケは、
そう叫びながら、必死になって映像の編集をしていた。
・・・今日、一番ラッキーだったのは、彼かも知れない。

 第七話 完

449 :名無し専門学校:2006/10/14(土) 21:17:32
Go Berzerk

450 :名無し専門学校:2006/10/14(土) 21:25:21
最終回のゼミのテーマはみんな何にする?

451 :名無し専門学校:2006/10/14(土) 21:30:39
>>450
江ノ電のその後

452 :名無し専門学校:2006/10/14(土) 21:38:37
>>450
つマグロ

453 :名無し専門学校:2006/10/14(土) 22:37:38
ここでゼミの話をしてもねぇ・・・
授業内で決めることじゃないの?

454 :名無し専門学校:2006/10/14(土) 22:52:19
アクセスと研修の両立はできるようにはなったけど…
アクセスの価値はそれ程ないみたいだし、
受けるのやめようかな…

455 :名無し専門学校:2006/10/14(土) 23:17:37
アニメの書き込みは違うスレでやってくれ!
ここは何スレだか分かってる?
アニヲタ消えろ!
意味わからねぇ書き込みするな!



456 :名無し専門学校:2006/10/15(日) 00:22:05
アニヲタはみんくるとはまりんだろ

457 :名無し専門学校:2006/10/15(日) 00:29:42

だれか読んでる人いるのか?
本当にうざいんだけど! 自己満だけのスレはやめてくれ!

他の学校のように、もう少し普通のスレが書き込める環境が欲しいと思うのは私だけでしょうか。

458 :名無し専門学校:2006/10/15(日) 08:45:40
アニヲタの書き込みテラキモス! くだらない。


459 :名無し専門学校:2006/10/15(日) 08:49:37
>>455-458
言いたいことはわかるがここはsage進行だ。
sageてくれ。

460 :名無し専門学校:2006/10/15(日) 09:05:45
てか、sageない奴って初心者だろ?
アニヲタのカキコはもはや荒らしだろう。
スルーしろと何度も言った筈だぞ?
自分らの一方的な発言が通じるわけないだろうが。
このままだと一生荒らしは消えないぞ。

461 :名無し専門学校:2006/10/15(日) 09:06:29
このスレでまともと言う言葉は禁句だろ、まず鉄道サービス専門に入ったらヲタかマニアと言う目で他の生徒は見ているだから

462 :名無し専門学校:2006/10/15(日) 09:14:04
>>461
お前もsageような。

別にこのスレがどうなってもいいだろ?
無駄にスレを建てた報いだろう。

463 :第八話 アスカ、来日:2006/10/15(日) 10:10:04
「・・・そうだ。その問題は委員会に話はつけてある」
ここはネルフの司令執務室。
ゲンドウが立ち上がって、受話器を持っている。
「・・・ああ。よろしく頼む」
そう言ったゲンドウの表情は、微かにニヤケていた。
「・・・誰だ?」
電話を切ったゲンドウに声をかけたのは、途中から部屋に入ってきた冬月だった。
副司令である冬月は、当然、電話の相手くらい知っているはずなのだが、どうやら、
忘れてしまったらしい。
「ああ・・・荷物は昨日佐世保を出港し、今は太平洋上だ」
ゲンドウは、『誰だ?』と『彼か?』を聞き間違えたらしい。
「そうか・・・。計画の必需品だな・・・」
遠い目をして応える冬月。
とりあえず、忘れたことのごまかしに入ったようだ。
(・・・はて・・・?・・・この時期に碇が直接出るような連絡など・・・あったのか
・・・うーむ・・・覚えが無いが・・・・・・何か、悔しいな・・・)
ひたすら考え込む冬月。

464 :第八話 アスカ、来日:2006/10/15(日) 10:11:07
「ああ・・・」
頷くゲンドウ。
(・・・彼女が来るか・・・シンジも驚くだろうな・・・)
悪戯小僧の様な表情で、遠くを見つめるゲンドウだったが、どう見ても、ニヤリと
ほくそ笑む悪人にしか見えなかった。
考え込む冬月と、ほくそ笑むゲンドウ。
もしもこの場に他人が居たら『善良な紳士を言い負かせ、一人悦に入る髭面の悪人』
と言ったかも知れなかった。

シンジは、輸送ヘリの窓から眼下に広がる大海原を見下ろしていた。
「・・・シンジ君、大丈夫?」
正面に座っているミサトが、シンジの顔を覗き込むようにして訪ねた。
「はい。・・・でも、ミサトさん?」
少しだけ不安そうなシンジ。
今日は第一中の男子制服、つまり、男の格好をしている。
「なぁに?」
「・・・何処へ行くんですか?」
「豪華なお船で太平洋をクルージングよん♪・・・シンジ君、船に乗った事、ある?」
微笑みを浮かべて訪ねるミサト。

465 :第八話 アスカ、来日:2006/10/15(日) 10:12:06
「・・・い、いえ・・・」
「そう。・・・でも、大丈夫よ。辛かったら、あたしが介抱してあげるから・・・」
そう言ってほくそ笑むミサト。
(・・・はぁ〜・・・ユウキちゃんになったシンジ君も、なかなか可愛いけど・・・
やっぱりあたしは、男の子のシンジ君の方が良いわねぇ〜・・・とにかく、この機会に
シンジ君のハートをゲットするのよ!目指せ、『シンジ君ゲットだぜっ!』よ〜!)
内心ぐっと拳を握り締めるミサト。
「・・・ミサトさん・・・シンちゃんはあたしが護るから、ミサトさんは、安心して
任務の遂行だけを考えて下さいね?」
シンジの腕に抱きついて、レイが言った。
(・・・全く・・・油断も隙もあったもんじゃ無いわね・・・この行かず後家!
シンちゃんはぜぇったいに渡さないんだからね!当然、ユウキちゃんもね!)
そんな事を考えながらも、にっこり笑顔のレイ。
「えっ!?に、任務!?」
シンジが驚いた様子で聞き返した。
「れ、レイ!」
慌てた様子のミサト。

466 :第八話 アスカ、来日:2006/10/15(日) 10:13:00
「・・・ゲンちゃんから聞いてますよ。今回の任務は、ドイツから輸送中の弐号機に
非常用電源ソケットを届けるという事と、弐号機と一緒にドイツ支部から本部付けに
なったセカンドチルドレンの出迎えだって事を・・・」
にこにこしながら追い打ちをかけるレイ。
「くっ・・・」
悔しそうなミサト。
「えっ?・・・せ、セカンドチルドレンって・・・?」
再び驚くシンジ。
「・・・ご、ごめんね、シンジ君。別に騙した訳じゃないの・・・ただ・・・少しだけ
驚かせてあげようと思って・・・ごめんね・・・」
すぐにフォローを入れるミサト。
当然、その目は潤んでいて、なおかつ上目遣いにシンジを見ている。
「あ・・・そ、そんな!き、気にしてませんから・・・」
目の前で、年上の美女に泣かれそうになり、慌ててそう言うシンジ。
完全に、ミサトの演技に騙されている。
当然ながら、レイは、それが茶番であることに気付いていた。
(・・・くっ!泣いたふりなんかして、シンちゃんを動揺させるなんて・・・
やり方が汚いわよ!おまけに、そんな言い訳したりして!そんな言い方したら、
あたしがあんたを泣かせた悪者になっちゃうじゃない!!)

467 :第八話 アスカ、来日:2006/10/15(日) 10:13:53
一方ミサトは・・・
(・・・はぁ・・・嫌われなくて良かった・・・でも、もう少し・・・)
「ぐすっ・・・ごめんね、シンジ君・・・」
(・・・これくらいかしら・・・?)
「あ・・・も、もう良いですから・・・」
完全に泣き出した(様に見えた)ミサトに、シンジが慌ててポケットからハンカチを
取り出して、ミサトに差し出した。
「・・・ありがと・・・」
涙声でそう言って、ハンカチを受け取り、目の辺りを押さえるミサト。
「そ、そんな・・・そ、そうだ!セカンドチルドレンって、どんな人なんですか?」
ミサトほどの美女に潤んだ瞳で微笑まれ、なおかつ礼を言われて、シンジは全身を
真っ赤にして、慌てて思いついた話題を振った。
「・・・ふふふっ・・・ひ・み・つ!会ってのお楽しみよん♪」
そう言って微笑んだミサトに、ほっとしたシンジ。
(・・・良かった・・・ミサトさん、泣きやんでくれたみたいだ・・・)
「・・・シンちゃん!」
レイがムッとして、シンジの腕をつねった。

468 :第八話 アスカ、来日:2006/10/15(日) 10:19:23
「いててっ!な、何?綾波・・・」
シンジがレイを見ると、レイはぷーっと頬を膨らませてシンジを睨んでいた。
「・・・ふん!シンちゃんのバカぁっ!」
「え・・・」
何のことかわからず、固まるシンジ。
「・・・ところで、レイ。本当に、あの碇司令が本部をがら空きにしても良いって言ったの?」
ミサトが、ここぞとばかりに反撃した。
「はい。さっきも言ったとおり、ゲンちゃんとはちゃんと話し合ってきましたし、
ユイかーさんも賛成してくれました」
はっきりとそう答えるレイの頭の中には、かなりイライラがたまっている。
(・・・この行かず後家ったら、さっきから同じ事を何度も聞いて・・・)
もちろん、真相は多少違う。
レイは渋るゲンドウを『説き伏せ』て、シンジについてきたのだ。
うきうき気分で司令執務室から出てきたレイと入れ違いに執務室に入った冬月が
見たものは、血だるまになって床に転がっているゲンドウの姿だったが、その事が
他人に知れることは無かった。

469 :第八話 アスカ、来日:2006/10/15(日) 10:23:37
「・・・それなら良いんだけど・・・」
そう言って、少し眉をひそめるミサト。
(・・・ちっ!やっぱりレイは邪魔ね・・・何とか出来ないかしら・・・)
そうは考えても、ここはヘリの中であり、何処にも行くところはないので、
ミサトは微かにため息をついて肩を竦めた。
(・・・ま、良いわ。レイ、あなたにシンジ君は渡さないわよ!絶対にね!)
決意も新たに、シンジをじっと見つめるミサト。
そうしているうちに、眼下にぽつりぽつりと点のような物が見えてきた。
「あ・・・ねぇ、シンちゃん。何、あれ?」
レイが、眼下を見ながらシンジの袖を引っ張った。
「え・・・あれ?海に点がある・・・なんだろ?」
「・・・ふふっ・・・あれは国連軍太平洋艦隊よ」
ミサトが微かに笑って言った。
「へぇ・・・うわぁ・・・凄い・・・船が沢山ある・・・」
シンジは、眼下に浮かぶ太平洋艦隊を見下ろしながら、そう言った。
「あ、シンちゃん!あれ!あの戦艦に降りるみたいよ!」
レイが、前方に見えてきた巨大な船影を指さした。

470 :第八話 アスカ、来日:2006/10/15(日) 10:24:38
「・・・ホントだ。あれに向かって降下してる・・・」
「・・・無事、着艦に成功致しました。長旅、御苦労様でした」
ヘリのパイロットがミサトに言った。
「ええ、御苦労様。・・・さぁ、シンジ君、レイ。降りましょう」
ミサトはパイロットに気さくに応え、シンジ達を促して先に降りた。
「はい」
「・・・はい」
ミサトの後に続く二人。
「・・・わぁ・・・すっごぉ〜い!」
周囲を見渡しながら、きゃあきゃあとはしゃぐレイ。
「う、うん・・・凄いね・・・」
レイに押されながらも、きょろきょろと辺りを見回すシンジ。
(・・・け、結構、恥ずかしいわね・・・シンジ君もレイも、『おのぼりさん』丸出しだし・・・)
ミサトはそう考えながらも、にっこり笑って言った。
「・・・二人とも、艦長に挨拶に行くわよ。ついてきて」
「は〜い」
「はい」

471 :第八話 アスカ、来日:2006/10/15(日) 10:25:46
ブリッジに向かって歩き出した3人の前に、一人の少女が立ちはだかった。
「・・・ヘロ〜、ミサトぉ。元気してたぁ?」
その少女は、そうミサトに声をかけてきた。
「ま、ね〜。貴女も、背、伸びたんじゃなぁい?」
ミサトは微笑みを浮かべて応える。
シンジとレイは、ミサトの横に並んで少女を見た。
蜂蜜色の長い髪と深海の青い瞳が特徴的な美少女だ。
「そっ。他のところも、ちゃ〜んと女らしくなってるわよ」
「そう・・・。二人とも、紹介するわ。エヴァンゲリオン弐号機の専属パイロット、
セカンドチルドレン、惣流・アスカ・ラングレーよ」
ミサトがそう言った瞬間、強い海風が吹いた。
・・・結果、アスカのワンピースがめくれあがった。
真正面からその少女の下着がに見えてしまい、シンジは瞬間的に顔を真っ赤にした。
アスカはそれを見てシンジに歩み寄り、強烈なビンタをシンジに向けて放った。
「っ!」
思わず、目をギュッと閉じるシンジ。

472 :第八話 アスカ、来日:2006/10/15(日) 10:26:53
だが、いつまでたっても衝撃と痛みは襲ってこなかった。
シンジが恐る恐る目を開けて見ると、シンジの顔のすぐ側で、アスカの手が止まっていた。
驚いてアスカを見ると、シンジの横から、もう一本別の手が伸びてきて、アスカの腕を掴んでいた。
レイがアスカの手を掴んで止めたのだ。
「・・・ちょっと!なにすんのよ!」
アスカがレイの手を振り払いながら怒鳴った。
「貴女こそ、シンちゃんに何するのよ!?」
レイも負けてはいない。
「このバカがアタシの下着を覗いたから、殴ってやろうとしたんじゃないの!」
「なんですってぇ!?・・・・・・シンちゃん、下がっていて・・・」
アスカとレイは強烈に睨み合っている。
シンジは、聞いたことのないレイの冷酷な声に、慌てて二・三歩下がった。
「ふっ!」
「ていっ!」
次の瞬間、アスカがレイに殴りかかった。

473 :第八話 アスカ、来日:2006/10/15(日) 10:27:53
レイは身をかがめてアスカの拳を間一髪かわすと、がら空きになったアスカの脇腹に
カウンターの左肘を打ち込もうとした。
「はっ!」
レイの動きを読んでいたのか、アスカはわざと身体のバランスを崩し、自分の左に
倒れ込みながら、右足を蹴り上げた。
「くっ!」
その蹴りを、レイは仰け反ってかわした。
そのまま、二人は互いに距離を開けて相手との間合いを計るように体勢を立て直した。
「・・・はいはい。アスカ、レイ。・・・それくらいにしなさい」
その時、ミサトの呆れたような声が聞こえ、アスカとレイは互いに顔を背けた。
「そうそう、アスカ。紹介するわね。この娘が、ファーストチルドレンの綾波レイよ」
「・・・え〜っ!?こんな女がぁ!?」
いかにも信じられないといった様子で、アスカがわざとらしく驚く。
「・・・ふん!」
「・・・本部も地に落ちた物ね。こんな女がエヴァンゲリオンのパイロットなんて。信じられないわ!」
「それはこっちのセリフよ!あんたなんかがセカンドだなんて・・・さいって〜!」
売り言葉に買い言葉で、再び睨み合うアスカとレイ。

474 :第八話 アスカ、来日:2006/10/15(日) 10:41:10
「・・・ほらほら、いいかげんにしなさいよ、二人とも。アスカ、もう一人いるわよ。
こっちの子が、サードチルドレンの碇シンジ君。本部のエースパイロットよ」
ミサトがやや自慢げにシンジを紹介すると、アスカは、一瞬、何かを考えるような表情を見せた。
(・・・えっ・・・碇シンジ・・・どっかで聞いたような気がするんだけど・・・)
「・・・アスカ?どうしたの?」
「え・・・ううん・・・」
ミサトの不思議そうな声にアスカは我に返って、シンジの顔を見つめた。
「あ、あの・・・」
美少女に見つめられ、少し赤くなるシンジ。
「・・・顔は合格ね・・・」
呟くようなアスカの声は、シンジには聞こえなかった様だが、レイには届いていた。
「・・・」
レイは何も言わず、シンジをアスカから庇うように、シンジの前に立ちふさがった。
「な、なによ!」
急なレイの行動に驚いて仰け反るアスカ。
「・・・」
何も言わずに、強烈な視線でアスカを睨み付けるレイ。

475 :第八話 アスカ、来日:2006/10/15(日) 10:42:09
「・・・ほらほら・・・二人とも、それくらいにしておきなさい。これから、一緒に
戦うんだから・・・」
少しだけ呆れた様子でそう言うミサト。
(・・・よっしゃあ!アスカがシンジ君を気にするかと思って心配だったけど、上手く
レイとやり合ってくれてるわね。このまま、二人の気がシンジ君から離れている間に
・・・うっふっふっ・・・)
そんな事を考えているミサトは、さりげなくシンジの手を取ってブリッジに向かって歩き始めた。

「・・・おやおや。海水浴にやってきたガールスカウトの引率のお姉さんかと思って
いたが・・・それはこちらの勘違いだったようだな」
艦長はミサトの身分証明カードを見ながら、嫌味たっぷりの口調でそう言った。
もちろんこれは中性的な整った顔立ちのシンジに対する嫌味でもある。
「・・・ご理解いただけて光栄ですわ、艦長」
眉一つ動かさず、作り物の笑顔で対応するミサト。
その後ろでは、レイがシンジの腕に抱きつきながらアスカを睨み付けており、アスカは
両手を腰に当てて胸を張りながら、横目でシンジの顔を見ている。

476 :第八話 アスカ、来日:2006/10/15(日) 10:42:58
シンジは、艦長の言葉を聞き、思わず肩をビクッと動かしていた。
「・・・このたびは、エヴァ弐号機の輸送援助、ありがとうございます。
こちらが非常用電源ソケットの仕様書です」
「フン!大体、この海の上であの人形を動かす要請なんぞ、聞いておらん!」
「万が一の事態に対する備え・・・とご理解いただけますでしょうか?」
怒鳴る艦長とは対照的に冷静なミサト。
「その万一に備えて、我ら太平洋艦隊が護衛しておる。・・・いつから国連軍は宅配屋に転職したのかな?」
艦長の言葉に、側に立っていた副艦長が応える。
「・・・某組織が結成された後だと記憶しておりますが?」
「おもちゃ一つ運ぶのに大層な護衛だよ。太平洋艦隊勢揃いだからな」
「エヴァの重要度を考えると足りないくらいですが・・・では、この書類にサインを」
「まだだっ!」
艦長が怒鳴る。
さすがのミサトも顔がひくついている。
仕事という事で納得しているミサトの堪忍袋も、そろそろ限界のようだった。

477 :第八話 アスカ、来日:2006/10/15(日) 10:43:56
「エヴァ弐号機及び同操縦者はドイツの第三支部より本艦隊が預かっている!君達の勝手は許さん!」
激昂して叫ぶ艦長。
「・・・では、いつ引き渡しを?」
「新横須賀に陸揚げしてからだっ!海の上は我々の管轄!黙って従って貰おうっ!!」
「わかりました・・・。ただし、有事の際は我々ネルフの指揮権が最優先であることをお忘れなく・・・」
ミサトは、持っていたファイルをパタンと閉じてそう言った。
すでに、不敵な表情に変わっている。
「・・・ミサトさん・・・カッコいい・・・」
シンジが、ミサトの横顔を見ながらそう呟いた。
(・・・ふふっ・・・ポイントアップね!ラッキ〜!こんなところでシンジ君の心証を
上げられるなんて・・・我慢して良かったぁ〜!・・・この頑固バカ艦長にも感謝
しなくちゃね!)
微かに笑みを浮かべるミサト。
「・・・むぅ〜・・・シンちゃん!」
レイが、ミサトの横顔に見とれるシンジに、ムッとしてその腕をつねった。
「いたたっ!あ、綾波ぃ・・・」
恨めしそうな目でレイを見るシンジ。

478 :第八話 アスカ、来日:2006/10/15(日) 10:44:48
「ふんっ!」
そっぽを向くレイ。
(何よ、シンちゃんったら!ミサトさんなんかに見とれたりして・・・すぐ横に
こ〜んな美少女が居るっていうのに!バカバカバカぁ!)
それを見てニヤリとするアスカ。
(ふっふっふっ・・・ほらみなさい!ファーストなんか、フラレ虫がお似合いなのよ!
・・・そうだ!こいつを奪ってやったら、どんな顔をするのかしら・・・?)
そんな事を考えながら、シンジの横顔を見つめるアスカ。
「相変わらず凛々しいなぁ、葛城ぃ」
4人の背後から飄々とした声が聞こえた。
「・・・加持せんぱ〜い」
アスカが甘えたような声を出しながら振り返った。
ブリッジの入り口には、長髪を首の後ろで縛って無精ひげを生やし、よれよれの格好をした長身の男が立っていた。
「げっ!あ、あんた、加持ぃ!?」
アスカと一緒に振り返ったミサトが、その男を見て驚愕の表情を浮かべた。

479 :第八話 アスカ、来日:2006/10/15(日) 10:46:08
「加持君!君をブリッジに招待した覚えは無いぞっ!」
艦長の怒鳴り声に、加持と呼ばれた男は軽く手を挙げた。
「それは失礼。・・・さあ、場所を変えて話をしようじゃないか」
あくまでも飄々としている男に、シンジは呆然と見入っていた。
「なんであんたがここにいるのよ!」
艦内エレベーターの中で、ミサトが加持に怒鳴った。
「・・・彼女の随伴でね。ドイツから出張さ」
肩を竦めて応える加持。
「・・・迂闊だったわ・・・十分、考えられる事態だったのに・・・」
そう言って頭を抱えるミサト。
「・・・だ、大丈夫ですか、ミサトさん?調子でも悪いんですか?」
心配したシンジが思わず声をかけると、ミサトは慌てて微笑みを浮かべた。
「・・・だ、大丈夫よ。ごめんね、シンジ君。心配かけちゃって・・・」
だが、その頬は少し引きつっていた。
「・・・本当に大丈夫なんですか?もし辛いなら、どこかでゆっくり休みましょう」
シンジが重ねて言うと、ミサトは弱々しい笑顔を浮かべて言った。
「・・・大丈夫よ。ちょっと、嫌いな奴と会って、動揺しただけから・・・シンジ君
・・・優しいのね・・・」

480 :第八話 アスカ、来日:2006/10/15(日) 10:46:54
「えっ・・・そ、その・・・」
ミサトの笑顔に、顔を赤くするシンジ。
「・・・ごめん。ちょっとだけ、肩、貸して・・・」
そう言うと、ミサトはシンジの肩に頭を預けた。
少しだけミサトの方が身長が高かったが、無理せずに頭を預けられた。
「・・・」
瞬間的に真っ赤になるシンジ。
その光景とミサトの言葉に、加持は衝撃を受けた。
(・・・葛城・・・まさか・・・例の「病気」が出たんじゃ・・・いや・・・
間違いないな、これは・・・リッちゃんに話を聞かなければ・・・それに、俺の事を
『嫌いな奴』って・・・い、いや!あれは葛城の照れ隠しだ!そうに違いない!)
その瞬間、シンジは加持の宿敵になったのだった。
「・・・っ!」
またもや、レイがシンジをつねった。
今度は尻だ。
ミサトがすぐ側に居るため、辛うじて声を飲み込んだシンジだったが、
かなり痛かったらしく、涙目になっている。

481 :第八話 アスカ、来日:2006/10/15(日) 10:47:44
「・・・フン!」
先ほどから怒りっぱなしのレイ。
「・・・ふふっ・・・」
なぜ怒られたのか全くわかってない様子のシンジに、アスカは笑ってしまった。
場所を艦内の士官食堂に移した一行は、思い思いにお茶を飲んでいる。
「・・・俺の名は加持リョウジ。ネルフ諜報部に所属しているんだ」
不思議そうに自分を見るシンジとレイに名乗ってから、加持はミサトの方を向いた。
「・・・今、付き合ってる奴・・・いるの?」
「そんな事・・・あんたには関係ないでしょ!」
つれなく応えるミサト。
「・・・君は、葛城と同居してるんだって?」
加持は、シンジの方を見て『口撃』を開始した。
「は、はい・・・」
戸惑い気味に頷くシンジ。
「・・・彼女の寝相の悪さ・・・直ってる?」
「「ええ〜〜っ!?」」
その言葉の意味を悟り、驚いて大声を出すアスカとレイ。
ミサトは凍り付いている。

482 :第八話 アスカ、来日:2006/10/15(日) 10:48:50
「・・・・・・」
真っ赤になっているシンジ。
だが、その理由は加持の言葉の意味を悟ったからでは無かった。
(・・・ミサトさんって、時々、酔っぱらって僕のベッドに入って来るんだよね・・・
まいっちゃうよ・・・柔らかくて、良い匂いがして・・・ち、違う違う!)
ぶんぶんと頭を振るシンジを見て、加持は微かに微笑んだ。
(・・・若いな、シンジ君・・・葛城の寝乱れ姿を想像してしまったんだろう?)
「・・・相変わらずか。碇シンジ君」
満足そうに言う加持。
「えっ!?な、なんで僕の名前を?」
「そりゃ知ってるさ。この世界じゃ君達は有名だからね。・・・何の訓練も無しに
エヴァを実戦で動かしたサードチルドレン。そして、先の戦いで、使徒の加粒子砲から
初号機を身を挺して護ったファーストチルドレン・・・」
加持が微かに微笑みながら言った。
「・・・」
照れて俯くシンジに、レイが笑いかけた。

483 :第八話 アスカ、来日:2006/10/15(日) 10:49:36
「・・・あたしを助けるために、シンちゃんはエヴァに乗ってくれたんだよね?」
「う、うん・・・」
真っ赤になるシンジ。
「・・・へ、へぇ・・・凄い偶然よねぇ。こんな奴がシンクロ出来るなんて・・・」
アスカが口を挟んだ。
つまらなそうにシンジを睨んでいる。
「・・・」
レイが何か言い返そうとしたが、先に加持が口を開いた。
「偶然も運命の一部さ。・・・才能なんだよ、君の。・・・それじゃ、また後で」
そう言って加持が食堂を出て行った。
「・・・悪夢だわ・・・」
凍り付いていたミサトがようやく解凍して、頭を抱えて机に突っ伏した。

(・・・予定外のイレギュラーだな・・・シンジ君があんな美少年だったとは・・・
これは、何とかして葛城から引き離さないとな・・・そのために必要なのは・・・)
外のデッキで柵に肘をかけて考え事をしていた加持に声がかけられた。

484 :第八話 アスカ、来日:2006/10/15(日) 10:50:23
「加ぁ〜持さん!」
「ん?・・・何だ?・・・ああ、アスカか」
「『何だ』って何よぉ〜!」
加持の言葉を聞き、頬を膨らませるアスカ。
「ああ、すまんすまん。・・・で、どうだ?本部のチルドレンは?」
「・・・つまんない連中!あんなのが選ばれたチルドレンだなんて、信じらんない!
幻滅しちゃったわよっ!」
「・・・しかし、いきなりの実戦で、シンジ君のシンクロ率は60を軽く超えてるぞ。
レイ君も、零号機のシンクロ率は30を越えているし・・・」
「うそっ!?」
長年エヴァのパイロットとしての訓練を受けてきたアスカは、それがどんなに大変な
事かを理解して、思わず声を上げた。
「それに、もう一つ。・・・アスカ」
加持はそう言ってニヤリと笑った。

485 :第八話 アスカ、来日:2006/10/15(日) 10:51:08
シンジ達は艦内のエスカレーターに乗って、宛われた部屋に移動していた。
「・・・ミサトさん?」
「え・・・何、シンジ君?」
にこやかに微笑みながら、シンジに聞き返すミサト。
「・・・加持さんって、ミサトさんの恋人なんですか?」
「っ!・・・な、何を言うのよ!あんな奴、何でもないわよ!」
いきなりの問いに、ミサトは動揺して真っ赤になりながら叫んだ。
「・・・ご、ごめんなさい・・・」
シンジは萎縮して肩を竦めた。
「あ・・・ご、ごめんね、シンジ君。怒鳴ったりして・・・」
その様子を見たミサトが慌てて謝った。
(・・・あっちゃー・・・フォローフォロー・・・っと・・・)
「そうよ!ミサトさんったら、シンちゃんを怒ったりして!シンちゃんは、ちょっと
加持さんの事を聞いただけなのに!」
レイが、シンジの腕をしっかり捕まえながら抗議した。
「・・・ごめんなさい、シンジ君」
ミサトはレイの抗議には耳を貸さず、もう一度、ちゃんとシンジに頭を下げた。

486 :第八話 アスカ、来日:2006/10/15(日) 10:51:59
「あ・・・い、良いですよ、別に・・・。もう、加持さんの事は聞きませんから・・・
そんな、謝ったりしないで下さい」
「・・・ありがと・・・シンジ君。・・・やっぱり、シンジ君って優しいわね」
そう言って微笑むミサト。
また赤くなるシンジ。
(・・・むぅ!シンちゃんのバカぁ!・・・お願いだから、あたし以外の人に優しくしないでよぉ・・・)
レイはまたもや頬を膨らませて、掴んでいたシンジの腕をつねった。
「いたっ!」
「フン!シンちゃんのバカぁっ!」
そう言ってそっぽを向くレイ。
「・・・な、なんだよ、綾波・・・」
憮然とするシンジ。
どうやら、レイの気持ちは届かなかったらしい。
「・・・サードチルドレン」
突然、エスカレーターの上から声が降ってきた。
3人がそちらを見ると、エスカレーターの頂点にアスカが立っていた。

487 :第八話 アスカ、来日:2006/10/15(日) 10:52:47
「あら、アスカじゃない・・・。どうしたの?」
「・・・ちょっと顔を貸して貰いたいのよ。良いかしら?」
アスカはのんきなミサトの声には応えず、シンジに向かってそう言った。
「・・・ちょっと!シンちゃんをどうする気!?」
シンジの横にいるレイがアスカを睨み付けて言った。
「・・・アンタには関係ないわよ・・・ファースト」
先ほどまでとは違い、とげとげした雰囲気は、アスカの周囲には感じられない。
「またシンちゃんをいじめるつもりね!?そうはさせないわよ!」
それでもまだアスカを睨み付けるレイ。
しっかりシンジを背後に庇って、両手を広げている。
「・・・違うわ。・・・純粋に話があるのよ」
穏やかなアスカの声を聞き、シンジはレイの肩に手を置いて言った。
「・・・綾波、どいてよ」
「シンちゃん!?」
驚いて振り返り、シンジを見つめるレイ。
「・・・だ、大丈夫だよ。・・・す、少し、話をしてくるだけ・・・だから・・・」
少しどもりながらそう言うシンジ。

488 :第八話 アスカ、来日:2006/10/15(日) 10:53:39
どうやら、先ほど、いきなり叩かれそうになったのが効いているらしい。
「・・・」
レイは不安そうな顔をしてシンジを見つめている。
「・・・それじゃ、ミサトさん。ちょっと行って来ます」
「・・・大丈夫だと思うけど、気をつけなさい・・・」
シンジが微笑みながらミサトにそう言うと、ミサトはシンジにそう囁きかけた。
「・・・はい。それじゃ・・・」
シンジが頷いたとき、ちょうどエスカレーターは頂上に着き、アスカの元に到着した
シンジは、振り向いて歩いていくアスカの後についていった。
「・・・レイ?」
シンジの後ろ姿を見送りながら、ミサトは小声でレイに話しかけた。
「・・・なんですか?」
レイは、まだ不安そうな顔をしてシンジの歩み去った方向を見ている。
「・・・後をつけるわよ」
ミサトがそう言うと、レイはハッとしたようにミサトの顔を見て、大きく頷いた。
「・・・はい!」

489 :第八話 アスカ、来日:2006/10/15(日) 10:56:35
「・・・」
「・・・」
アスカとシンジは、飛行甲板の上に出てきた。
「・・・ど、何処へ行くの?」
「・・・黙って着いてきて・・・」
先ほどまでの勝ち気な雰囲気はどこへやったのか、大人しく応えるアスカ。
「う、うん・・・」
こちらも、大人しく着いていくシンジ。
「・・・」
アスカはシンジを連れて飛行甲板の端の方に待機していた小型ヘリの元に行くと、
そのヘリのパイロットに話しかけた。
「・・・」
「・・・」
もちろん二人は英語で話しているので、シンジには何を言っているのかわからない。
「・・・サードチルドレン、乗りなさい」
アスカが満足そうな表情を浮かべて言った。
「えっ?」
「・・・良いから乗りなさい!」
何がなにやらわかっていないシンジを怒鳴りつけて、強引にヘリの後部座席に
押し込むと、自分もその後から乗り込み、素早くドアを閉めた。

490 :第八話 アスカ、来日:2006/10/15(日) 10:57:31
なにやら叫びながら駆け寄ってくるミサトとレイが視界の端に入ったのだ。
「・・・GO!」
アスカがヘリのパイロットに叫ぶと、彼は頷き、次の瞬間、ヘリは宙に浮いていた。
「う、うわ・・・」
急激な浮遊感にシンジが思わず声を上げると、アスカはシンジの方を見て、ため息をついた。
「・・・はぁ・・・」

アスカとシンジは、オーヴァー・ザ・レインボーの後方の輸送船に来た。
「・・・見なさい!これがアタシのエヴァ・・・エヴァンゲリオン弐号機よ!」
アスカは、輸送船に積まれている自分のエヴァをシンジに見せて言った。
「・・・赤いんだ・・・弐号機って・・・。知らなかった・・・」
弐号機を見上げて呟くシンジ。
「・・・所詮、零号機と初号機はプロトタイプとテストタイプ。訓練無しのあなた
なんかにいきなりシンクロするのが良い証拠よ!」
いつの間にか、弐号機の上に登り、そこで仁王立ちしながら自慢げに喋るアスカ。
(そ、惣流さん!?・・・いつのまに・・・あ、でも、息が切れてるみたいだ・・・
肩が上下に動いてるし・・・ふふっ・・・なんか、可愛いな・・・)

491 :第八話 アスカ、来日:2006/10/15(日) 10:59:32
シンジが、ミサトやレイに知られたら殺されそうな思考をしている間にも、アスカの話は続く。
「・・・けど、この弐号機は違うわっ!これこそ実戦用に造られた、世界初の、本物の
エヴァンゲリオンなのよっ!正式タイプのねっ!」
アスカがそう言った時、ドーンと大きな音が響き、衝撃が伝わってきた。
「うわぁっ!」
「きゃっ!」
シンジは辛うじてバランスを取りながら、とっさにアスカを見上げた。
(惣流さん!・・・危ないっ!)
さすがにアスカが天才的な運動神経を誇ると言っても、突然の衝撃、しかも足場の
悪いエヴァの上では、身体を支える事は出来なかったようだ。
アスカがバランスを崩して背中から落ちてくるのが、シンジにはスローモーションの
ように見え、思わず駆け出していた。
「っ!」
床に叩きつけられる衝撃を予想して、アスカは歯を食いしばった。
が、思ったより衝撃は少なく、アスカはすぐに目を開けて状況を確認した。

492 :第八話 アスカ、来日:2006/10/15(日) 11:00:22
「・・・!?」
自分の背中の下に柔らかい物を感じたアスカがそちらを見ると、そこにはシンジが
仰向けに横たわっていた。
「・・・う・・・」
シンジが呻くと、アスカは慌ててシンジの肩を掴んで揺すった。
「ちょっと!」
「・・・あ・・・そ・・・惣流さん・・・だ、大丈夫・・・?」
目を開けたシンジは、目の前にアスカの顔を確認すると、苦しそうに言った。
「う、うん・・・」
アスカは、シンジが自分を助けてくれた事に気づき、頬を赤く染めて頷いた。
「・・・ご、ごめん・・・ちょっと、どいてもらえるかな?」
「っ!」
シンジの言葉を聞いて、アスカは素早くシンジの上から立ち上がった。
「・・・ふぅ・・・いたた・・・」
シンジも大きく息をついて立ち上がり、腰の後ろに手を回した。
どうやら、下敷きになった時に打ちつけたようだ。

493 :第八話 アスカ、来日:2006/10/15(日) 11:01:02
「・・・だ、大丈夫・・・?」
心配そうに訪ねるアスカ。
「あ・・・うん。大丈夫だよ、これくらい」
シンジは痛みを無視してそう言い、アスカに微笑みかけた。
(・・・綺麗・・・)
さすがのアスカも、シンジの無敵の微笑みには抵抗できなかったようで、思わず
シンジの顔を見つめてしまった。
「・・・どうしたの?」
「っ!な、何でもないわよ!そそ、それより、さっきの衝撃は何なの!?」
顔ばかりか、全身を真っ赤にして大声で叫ぶアスカ。
「さぁ・・・」
「さぁって・・・あ、あれは、水中衝撃波じゃないの!とにかく見に行くわよ!」
のんきに首を捻るシンジに呆れ返ったアスカだったが、すぐにそう言ってシンジの手をしっかり掴むと、走り出した。
二人が輸送船の甲板に出ると、いくつもの水柱があがっていた。
「・・・」
驚いてその景色を見つめる二人。

494 :第八話 アスカ、来日:2006/10/15(日) 11:02:05
その間にも、いくつも水柱があがり、軍艦が消えていく。
「なっ・・・あ、あれは!?」
(こんな事が出来るのは・・・)
「・・・使徒・・・」
呟くシンジ。
「使徒!?あれが!?」
驚き、改めて水柱を見つめるアスカ。
「・・・どうしよう・・・ミサトさんのところに戻らなきゃ・・・」
おたおたするシンジを横目に、アスカはニヤリと笑みを浮かべて呟いた。
「・・・・・・ちゃ〜んす・・・・・・」

少しだけ時を戻す・・・ミサトとレイは、ブリッジにいる艦長に怒鳴りつけていた。
「ちょっと!さっき飛び立ったヘリを、今すぐ追わせなさい!」
ミサトが無茶なことを言う。
「そうよ!この髭親父!早くしなさいよ!えっらそうにしてるんだから、それくらいは出来るんでしょ!?」
レイも、綺麗な顔に似合わぬ口の悪さを発揮している。

495 :EPISODE:08 ASUKA STRIKES!:2006/10/15(日) 11:03:35
「なっ・・・なんだと〜!」
艦長も激怒し、その顔は真っ赤になっている。
「うっさいわね!早くしなさい!さもなければ・・・」
ミサトが、全身からはっきりとした殺気を漂わせて艦長を睨み付けた。
思わず凍り付く艦長と副艦長。
その横で、レイが顔をやや引きつらせながらも、同じように艦長を睨み付けている。
(・・・こっわ〜・・・ミサトさんったら、シンちゃんを連れて行かれたのがよっぽど
頭に来てるのね・・・あんまり、怒らせないようにしなきゃ・・・)
さすがのレイも思わず背筋を震わせながら、そう考えた。
「・・・あ、あのヘリに、何があるのだね?」
歴戦の強者のはずの艦長が動揺している。
「いいから!早くしなさい!」
般若と見まがうような恐ろしい顔になっているミサト。
決して、シンジには見せられないだろう。
「う、うむ!副艦長!」
そのミサトの表情と雰囲気に押されて、艦長は冷や汗を流しながら副艦長を見た。

496 :EPISODE:08 ASUKA STRIKES!:2006/10/15(日) 11:09:23
「は、はい!」
「全搭載機緊急発進!あのヘリを追わせろ!」
「りょ、了解・・・って、艦長?」
副艦長が口を挟んだ。
「な、なんだ!」
「あのヘリも我が艦の搭載機なのですから、無線で呼びかけてみたらどうです?」
「・・・う、うむ・・・。そうだな、やりたまえ」
「・・・了解」
副艦長が無線を取って何かやりとりをしてから、妙な顔をして振り返った。
「・・・ヘリの搭乗員はエヴァ弐号機操縦者、惣流・アスカ・ラングレーと、連れの
少年が一人、行き先は輸送船『ロデオー』だそうです」
「・・・人形の搭載艦か?」
「はい。艦長の許可は得ているとの事ですが・・・」
「・・・」
副艦長の言葉に、黙り込む一同。
「・・・艦長・・・」
ミサトが、やけに静かな声で訪ねた。

497 :EPISODE:08 ASUKA STRIKES!:2006/10/15(日) 11:10:23
「な、なんだね?」
「・・・なぜ、そのような許可を?」
「・・・」
表情を消し、言葉も冷たいミサトが、先ほどの般若モードよりもさらに数段怖かった
のか、艦長は背中を背もたれに押しつけ、ミサトから少しでも離れようとした。
その時、絶体絶命の艦長を助けるかのように、轟音と水柱が発生した。

アスカは、シンジの手を引っ張り、倉庫の階段の下に潜り込んだ。
「・・・な、何するの?」
おずおずと訪ねるシンジ。
「アンタバカぁ?使徒を倒すに決まってるじゃない!・・・ほら、着替えるんだから、
アンタはあっちで待ってなさい!・・・覗いたら殺すわよ」
最後のところだけぼそっと言って、アスカはシンジを追い出して着替え始めた。
(・・・これでアタシの実力をシンジに見せつけてやるんだから!・・・そうすれば、
シンジもアタシにメロメロになるわ!そうよ!)
そう考えながら着替え終わるアスカ。
「・・・行くわよ、アスカ・・・」
呟いて、シンジが待っている廊下に出ていく。

498 :EPISODE:08 ASUKA STRIKES!:2006/10/15(日) 11:11:16
「・・・あ・・・」
「ほら、これ」
自分を見て微かに赤くなっているシンジに、アスカは自分の予備のプラグスーツを放り投げた。
「・・・?」
不思議そうに自分が渡された赤い女物のプラグスーツを見ているシンジに、アスカが言った。

「アンタも着替えるのよ!」
「・・・ええっ!?な、なんで僕まで!?」
そう叫ぶシンジ。
どうやら、プラグスーツが女物であることには、こだわっていないらしい。
このあたりは『碇ユウキ応援委員会』の面々の努力とシンジの諦めのたまものらしい。
「うるさいわね!早くしなさい!」
「は、はいっ!」
再び怒鳴られたシンジは、慌てて階段の下に行き、のそのそと着替え始めた。

499 :EPISODE:08 ASUKA STRIKES!:2006/10/15(日) 11:12:03
オーヴァー・ザ・レインボーのブリッジでは、艦長と副艦長が必死に叫んでいた。
「各艦に伝達!距離に注意しつつ、任意に回避行動!」
「・・・状況は!」
「戦艦サラミス轟沈!目標は確認できず!」
「くっ・・・何が起こっているというのだ・・・」
艦長の呟きに、ミサトが真剣な表情になって言った。
「・・・使徒よ」
「・・・何だと?」
艦長が思わずミサトを見た。
「使徒だって言ってんのよ!さっさと弐号機を起動させなさい!」
怒鳴りつけるミサト。
さっさと使徒を倒さなければ、自分達もここで死んでしまうかも知れないのだ。
「な・・・なんだと!勝手を言うな!まだ、敵影も確認しておらんではないか!」
激昂する艦長。
どうやら、『海戦は自分達の領域だ』との縄張り意識があるらしい。
「だから使徒だって言ってるのよ!何処の国にあんな高速で海中を移動して、おまけに
戦艦を一撃で轟沈させられる船があるのよ!」

500 :EPISODE:08 ASUKA STRIKES!:2006/10/15(日) 11:12:44
「うるさいっ!・・・全艦任意に迎撃!」
「・・・無駄なことを・・・」
「・・・全くね・・・それより、シンちゃん・・・無事だと良いけど・・・」
ミサトの呟きに、レイが小声で応えた。

「・・・この程度じゃ、使徒のATフィールドは破れないか・・・」
未だ外のデッキで考え込んでいた加持は、次々とあがる水柱を見て呟いた。
「・・・それにしても、アスカの奴・・・上手くやってるのか?」
先ほどのアスカの驚きの表情を思い出して、加持は首を横に振り、足早にその場を離れた。

501 :EPISODE:08 ASUKA STRIKES!:2006/10/15(日) 11:28:03
艦長は、目の前で繰り広げられる光景に、歯ぎしりをして言った。
「なぜだっ!なぜ沈まんっ!」
「・・・使徒を倒せるのはエヴァだけなのに・・・無駄死によね・・・」
そう呟いたレイに、艦長の睨みが飛ぶ。
「・・・変ね・・・まるで、何かを探しているみたいね・・・」
ミサトは、あたりをうろついている使徒を見て、そう呟いた。

部屋に戻った加持は、携帯電話で某所に電話をかけた。
「・・・私です」
「君か・・・どうした?」
「・・・こんなところで使徒襲来なんて、話が違いませんか?」
「・・・心配ない。そのための弐号機だ。予備のパイロットも送ってある」
「・・・どちらですか?」
状況を知っている加持は、あえて訪ねた。
「・・・とにかく、最悪の場合、シンジに『荷物』を持たせてこちらに送り届けろ」
電話の向こうからは冷静な声が帰ってきた。
「・・・は?し、シンジ君に・・・ですか?」

502 :EPISODE:08 ASUKA STRIKES!:2006/10/15(日) 11:29:04
「そうだ。・・・ああ、加持一尉。あえて言っておくが・・・シンジ・・・い、いや、
パイロット達にもしもの事があった場合、君の命は保証できない。そのつもりでな」
電話の向こうからでもわかる、激しいプレッシャーに、加持は凍り付いた。
「・・・りょ・・・了解・・・」
「では、頼むぞ」
そう言って電話は切れた。
「・・・はぁ・・・」
ため息をつく加持。
(・・・司令があそこまで子煩悩だとは思わなかったな・・・)
加持はもう一度ため息をついて、タバコを取り出した。

プラグスーツに着替えた二人は、横たわるエヴァ弐号機のエントリープラグに入り込んだ。
「・・・さぁて、行くわよ」
パイロットシートに座って操縦桿を握り締め、アスカが自分に気合いを入れた。
「どこに?」
のほほんとしたシンジの声が耳元で聞こえて、アスカは思わず顔を赤くした。
「い、いちいちうるさいわね!黙ってなさいよ!」
「ご、ごめん!」
「・・・全く・・・行くわよ!」

503 :EPISODE:08 ASUKA STRIKES!:2006/10/15(日) 11:29:53
「・・・」
今度は、辛うじて黙っていたシンジ。
どうやら彼にも学習能力があるらしい。
そのうちに起動シークエンスが終わった。
同時に『FEHLER』の文字がディスプレイを埋め尽くす。
「あれ?バグだ・・・」
のんきなシンジに、アスカは切れそうになりながら怒鳴りつけた。
「アンタ日本語で考えてるでしょ!ちゃんとドイツ語で考えてよ!」
「わ、わかったよ・・・えーと・・・ぐーてんもるげん・・・ぐーてなはと・・・」
発音も何も無く、たどたどしく呟くシンジの声に、アスカはため息をついた。
「・・・もーいいわよ・・・思考言語切り替え!日本語をベーシックに!」
とたんに、鳴っていた警報も『FEHLER』の表示の嵐も消える。
「・・・弐号機、起動!」
シンクロが成功した表示を見たアスカは、威勢良く声をかけた。

504 :EPISODE:08 ASUKA STRIKES!:2006/10/15(日) 11:30:43
「・・・ロデオーより入電!エヴァ弐号機起動中!」
「なんだとっ!」
驚いた艦長が、叫んで双眼鏡を覗いた。
「ナ〜イス、アスカっ!」
横でその報告を聞いていたミサトは飛び上がって喜び、窓に顔を押しつけた。
「いかん!やめさせろ!起動中止!」
「構わないわ!アスカ、発進して!」
「エヴァ及びパイロットは我々の管轄下だ!勝手は許さんっ!」
「なに言ってるのよっ!こんな時に段取りなんて関係ないでしょ!」
「・・・シンちゃん・・・」
怒鳴りあいながら、マイクを奪い合う艦長とミサト。
一人、心配そうな表情で海の向こうを見つめるレイ。
「・・・し、しかし、本気ですか?弐号機はB型装備のままですよ?」
「「えっ!?」」
双眼鏡で覗いていた副艦長が、そう指摘した。
艦長もミサトも、動きが止まってしまった。

505 :EPISODE:08 ASUKA STRIKES!:2006/10/15(日) 11:31:23
「・・・プログナイフだけ・・・」
ミサトが青くなって呟いた。
「・・・とにかく、回線を弐号機につなげます・・・」
副艦長がそう言った後、スピーカーから、ミサトとレイが聞き慣れた声が聞こえた。
『・・・ねぇ・・・海に落ちたら、まずいんじゃないの?』
『落ちなきゃ良いのよっ!』
アスカの怒鳴り声も聞こえる。
「し、シンちゃん!」
誰よりも先にレイが叫んだ。
『あ・・・綾波・・・。大丈夫?』
「う、うん!シンちゃん、大丈夫なの?」
『うん。ミサトさんは?』
「大丈夫よ!それより、シンジ君も一緒なのね!?」
シンジに呼びかけられて、ハッとしたミサトが訪ねた。
『は、はい。・・・何か、無理矢理乗せられまして・・・』
『うっさいわね!』
「・・・こ、子供が二人・・・」
驚いている艦長。

506 :EPISODE:08 ASUKA STRIKES!:2006/10/15(日) 11:37:44
「・・・試せる、か・・・アスカ、出してっ!」
ミサトは、作戦部長としての思考から、出撃を命じた。

「来たっ!」
シンジは、ディスプレイに映る使徒の影に、思わず声を上げた。
「行くわよっ!」
アスカはそう言って、隣に並んでいた軍艦に飛び移った。
今まで乗っていた輸送船は、使徒の体当たりを食らい、真っ二つになって沈んだ。
「・・・何処っ!?」
「あっち!・・・後58秒!」
「わかってる!・・・ミサト!そっちに行くから非常用電源を甲板に出しておいて!」
『・・・わかったわ!』
ミサトの頼もしい応えを聞き、これが初陣のアスカは、少しだけほっとした。

507 :EPISODE:08 ASUKA STRIKES!:2006/10/15(日) 11:38:36
「さぁ・・・飛ぶわよっ!」
「飛ぶ?・・・飛ぶって?」
シンジが聞き返した瞬間、弐号機は腰をかがめてジャンプし、隣の艦へ着地する。
着地と同時に次の艦へとジャンプし、次々と艦上をジャンプしてミサト達の居る空母を目指す。

『予備電源出ました!』
『リアクターと直結完了!』
『飛行甲板待避ぃっ!』
『エヴァ着艦準備よしっ!』
オーヴァー・ザ・レインボーの甲板では、跳んでくる弐号機の準備に大騒ぎ。
「総員、耐ショック姿勢!」
「・・・デタラメだぁっ!」
副艦長の叫びに艦長は必死になって手すりに掴まり、帽子を押さえて怒鳴った。
・・・が、アイコンタクトを交わしたミサトとレイが二人で協力して艦長の手を手すり
から引き剥がし、自分達が代わりに捕まった。
「お、おいっ!」
焦って怒鳴る艦長だが、次の瞬間・・・

508 :EPISODE:08 ASUKA STRIKES!:2006/10/15(日) 11:39:50
「エヴァ弐号機、着艦しま〜す!」
アスカは派手に叫びながら、着地点を睨んでいる。
「はぁ〜〜・・・」
その横には、繰り返されるジャンプに、目を回しかけているシンジがいた。

強烈な音と振動がブリッジを襲い、手近なものに捕まっていなかった者達は、
ごろごろと床を転がり、勢い良く壁にぶち当たって気絶してしまった。
「・・・う〜ん・・・」
もちろん、艦長も気絶している。
「・・・艦長が気絶していらっしゃるため、以後、当艦隊の指揮は、ネルフが採らせていただきます!」
ミサトは、真剣な表情で副艦長に言った。
「・・・了解しました!」
少しの間の後、頷く副艦長。
どうやら、ミサトとレイの行動を見ていなかったらしい。
ニヤリと笑みを浮かべ、アイコンタクトを交わすミサトとレイ。
「使徒の位置はっ!?」
「・・・目標、本艦に接近中っ!」
オペレーターが怯えた声で怒鳴り返してきた。

509 :EPISODE:08 ASUKA STRIKES!:2006/10/15(日) 11:40:34
「っ!・・・来るっ!左舷九時方向!」
着地のショックから意識がはっきりとしたシンジが、慌てて叫んだ。
「わかってるわ!・・・外部電源に切り替え!」
アスカが応えて、甲板上に出されていた電源ソケットを弐号機の背中に差し込んだ。
その瞬間、残り時間の表示が『88:88』に切り替わった。
「これでいいわね・・・」
「で、でも、武装がないよ!?」
「プログナイフで十分よ!」
肩のウエポンラックからプログナイフを取り出し、装備する弐号機。
二人が海を睨み付けていると、ついに、使徒が現れた。
「結構、大きい!」
「思った通りよ!」
自信満々なアスカ。
次の瞬間、使徒は海から飛び上がり、弐号機に体当たりをかけてきた。
「っ!」
慌てて受け止めるアスカ。
その拍子に、プログナイフを落としてしまった。

510 :EPISODE:08 ASUKA STRIKES!:2006/10/15(日) 11:41:33
「・・・アスカ!良く止めたわ!」
すぐ近くで繰り広げられる戦闘を見ながら、ミサトが叫んだ。
「!・・・」
冗談じゃない、と言おうとした副艦長だったが、自分の立場を思い出してやめた。
「シンちゃん・・・」
相変わらず、心配そうなレイ。
その時、弐号機の足が艦載機エレベーターを踏み抜き、バランスを崩した。
「あっ!」
という間に弐号機は使徒もろとも海中に落っこちた。
「うわぁぁぁっ!」
「きゃあぁぁっ!」
シンジとアスカの叫び声がスピーカーから聞こえた。
「み、ミサトさん・・・」
レイが蒼白な顔でミサトを見た。
「・・・大丈夫よ、レイ。シンジ君を信じなさい」
そう言いつつ、ミサトは弐号機が落ちた海面を見つめた。

511 :EPISODE:08 ASUKA STRIKES!:2006/10/15(日) 11:42:53
「・・・アスカっ!B型装備じゃ水中戦闘は無理よっ!」
『そんなの、やってみなきゃわかんないでしょ?』
アスカの不敵な声が返ってきて、ミサトは唇を噛んだ。
(・・・あんたは良いかも知れないけど、シンジ君が一緒に乗ってるのよ!?少しは考えなさいよ!)
すでに作戦部長としての思考は、ミサトの中にはなかった。
・・・ブリッジの隅に転がっている艦長は、すっかり忘れ去られていた。

「・・・っ!」
水中を、ずるずると使徒に引きずり回される弐号機。
『ケーブルが無くなるわっ!衝撃に備えてっ!』
ミサトからの通信が入る。
「「しまったっ!」」
ケーブルが伸びきり、その衝撃で弐号機は使徒から手を離してしまい、使徒は素早く
二人の視界から消えてしまった。
『エヴァ目標を喪失!』
「くっ・・・」
エヴァを通じて受けたダメージに呻くアスカに、シンジが心配そうに訪ねた。

512 :EPISODE:08 ASUKA STRIKES!:2006/10/15(日) 11:46:03
「大丈夫?」
「・・・も、もちろんよ!これくらいで、このアタシがへこたれるはず無いでしょ!」
強がって言うアスカだが、耳元でシンジの声を聞いたからか、その顔は赤く染まっていた。
『目標、再びエヴァに接近中!』
「来るよっ!」
「わ、わかってるわよ!今度こそ仕留めてやるわ!」
再びシンジの声が耳元で聞こえ、内心ドキドキのアスカがレバーを引くが、弐号機は全く反応しない。
「な、なによっ!?動かないじゃない!」
「・・・やっぱり、B型装備じゃねぇ・・・」
焦るアスカとのんきなシンジ。
「どうすんのよっ!?」
叫びながらシンジの方を振り返り、真横にあったシンジの顔に、赤い顔をさらに
真っ赤に染めるアスカ。
「どうするって言われても・・・」
そう言って頭を掻くシンジだが、アスカはすぐにシンジから視線をずらして言った。
「だらしないのね!サードチルドレンのくせに!」

513 :EPISODE:08 ASUKA STRIKES!:2006/10/15(日) 11:47:09
「あっ!来たよっ!」
シンジが、のんきな表情と口調を改め、真剣になった。
ディスプレイに映る使徒は、大きく口を開けて、弐号機に突っ込んできた。
その口の奥に、赤く光るコアが見えた。
「くっ・・・くちぃぃぃ!?」
「使徒だからね・・・」
驚いて叫ぶアスカと、冷静に呟くシンジ。
「きゃあぁぁぁぁっ!」
「・・・くっ・・・!」
アスカの叫び声と、シンジの微かなうめき声が聞こえた。

「・・・エヴァ、目標の体内に侵入!」
「・・・ど、どうしよう・・・どうしよう、ミサトさん!シンちゃんが・・・使徒に食べられちゃったよぉ・・・!」
レイが、ミサトに縋り付きながら言った。
その瞳には、涙が浮かんでいる。
「・・・大丈夫よ」
ミサトは、一瞬だけレイに目を向けてそう言うと、再び海面を見つめた。

514 :EPISODE:08 ASUKA STRIKES!:2006/10/15(日) 11:48:10
(・・・って言ったけど、どうすりゃ良いのよ・・・とりあえず・・・電源ケーブルを
巻き戻して、エヴァの引き上げをさせる?・・・それとも、現状のまま、少し様子を
見るか・・・様子見はだめね。状況が悪化する可能性が高いし・・・となると・・・)
「・・・ケーブル、リバース!」
ミサトの命令に従い、ケーブルのウインチが動き出した。

「きゃあっ!」
「ぐっ・・・」
アスカとシンジは、急に背中から引っ張られて、思わず声を上げた。
「あ、アンタ、アタシの弐号機、勝手に動かさないでよ!」
ふと、アスカは自分達の状況を確認して怒鳴った。
アスカが握っていたはずの操縦桿は、いつの間にかシンジに握られており、なおかつ、
シンジはアスカの身体の上に上半身をかぶせるような格好になっている。
「・・・そ、そんな事を言ってる場合じゃないだろ!」
使徒に腹を噛みつかれる苦痛を必死に堪えてシンジが言い返したが、LCLの中だと
いうのに、その額には大粒の汗が浮かんでいた。
「あ・・・ど、どうしたの・・・?」
シンジの額の汗に気付いたアスカが、おずおずと訪ねた。

515 :EPISODE:08 ASUKA STRIKES!:2006/10/15(日) 11:48:59
アスカがよく見ると、整った顔立ちの表情も、今は微かに歪んでいる。
「ちょ・・・」
「黙って!・・・大丈夫だから・・・」
シンジは何か言おうとしたアスカを黙らせると、ミサトに通信を入れた。
「・・・ミサトさん!」
『シンジ君!?大丈夫!?』
「・・・は、はい。作戦は?」
『使徒のコアは何処にあるの?』
「くっ・・・さ、さっき、口の中に見えましたけど・・・」
シンジが、少しだけ苦痛に呻いてから答えると、レイの泣きそうな声が聞こえた。
『シンちゃん!大丈夫なの!?シンちゃん!』
「あ・・・綾波・・・大丈夫だよ・・・」
とっさに微笑みを浮かべ、出来るだけ普段通りの声で答えるシンジ。
そのシンジの横顔を見ているアスカ。
(・・・こいつ・・・苦しそうなのに・・・)

516 :EPISODE:08 ASUKA STRIKES!:2006/10/15(日) 11:49:59
『・・・シンジ君!作戦を決めたわ!今から戦艦を沈めるから、使徒の口を開けて、
その中に戦艦の主砲を突っ込ませて!そうすれば、ATフィールドが張れない体内から
一斉射撃で沈めてやるわ!』
ミサトが一息に言った。
「りょ・・・了解!やってみます!」
応えて、苦痛に歪む表情のまま、目を閉じるシンジ。
それを見ていたアスカも、慌てて操縦桿に手を伸ばした。
「・・・ダメだよ!」
シンジが、慌ててアスカを止めた。
「な、なんでよ!アンタ一人じゃ、弐号機はまともに動かせないでしょ!」
「・・・で、でも・・・」
「ほら!いいから!」
戸惑うシンジを余所に、高機動モードへの移行のため、操縦桿の蓋を外すアスカ。
蓋が外れると、そこからさらに操縦桿が伸び、アスカは躊躇わずに操縦桿を握った。
「くっ・・・」
そのとたん、アスカの腹と背中を激痛が襲う。
(・・・こ、こいつ・・・アタシを庇ってくれてたんだ・・・)

517 :名無し専門学校:2006/10/15(日) 11:52:44
航空業界に入りたい鉄道の人はいる?

518 :EPISODE:08 ASUKA STRIKES!:2006/10/15(日) 11:57:51
そう考えてシンジの横顔を見るアスカの顔は、真っ赤に染まっていた。
「・・・行くよっ!」
「え?あ・・・わ、わかってるわよ!」
シンジが、少しだけ和らいだ苦痛に表情を落ち着かせて言うと、ぼーっとシンジを
見ていたアスカは慌てて応え、目を閉じた。

『目標、テンペストの船尾を通過!』
『・・・戦艦、沈降開始!』
ようやく準備が整ったのか、ミサトが号令をかけた。
「くっ・・・」
「うう・・・」
アスカとシンジは、同じように苦痛に呻きながら、必死に精神を集中させた。
(開け、開け、開け、開け!)
(開け、開け、開け、開け!)
二人の心が重なった瞬間、弐号機の4つの目が、ギラリと輝いた。
弐号機は、ぐっと使徒のあぎとを掴むと、そのまま大きくこじ開ける。
そこに、沈降してきた戦艦が突っ込んできた。
使徒の牙をへし折りながら口内に突入する戦艦。

519 :EPISODE:08 ASUKA STRIKES!:2006/10/15(日) 11:58:47
『うてえぇぇっ!』
ミサトの命令。
ほぼ同時に、遠隔コントロールで戦艦の前部主砲三門が一斉に火を噴いた。

「うわぁぁぁぁっ!」
「きゃぁぁぁぁっ!」
猛烈な閃光と衝撃に襲われて、シンジとアスカは悲鳴を上げた。
弐号機は海中から−といっても、かなり水面に近かったが−放り出されたかのように、空中に飛び出した。
「・・・っ!」
猛烈な水柱が、ミサト達の目を眩ました。
ほんの少ししてからオーヴァー・ザ・レインボーの甲板に、弐号機が上手に着地した。
「「!」」
驚いて、弐号機を見つめるミサトとレイ。
弐号機はブリッジに向けて左手を挙げて親指を立てると、そのまま、力つきたかのように、甲板に崩れ落ちた。

520 :EPISODE:08 ASUKA STRIKES!:2006/10/15(日) 11:59:52
「シンジ君!」
「シンちゃん!」
ミサトとレイは、慌ててブリッジを飛び出した。
「目標の撃破を確認!・・・あれ?」
副艦長が報告したが、その時には、すでに二人はいなかった。

「シンジ君!大丈夫!?」
「シンちゃん!」
ミサトとレイが弐号機に駆け寄った時、ちょうどエントリープラグが排出された。
「「シン・・・」」
慌ててエントリープラグに駆け寄る二人が見た物は、頬を赤く染めてぽ〜っと
シンジを見つめるアスカと、アスカと同じプラグスーツを着て、恥ずかしそうにプラグから出てくるシンジの姿だった。
「あ、ミサトさん、綾波・・・」
シンジが、驚いて呆然としている二人を見て、少し疲れた様子ながらも声をかけた。
「・・・シンジ君!大丈夫だった!?」
「シンちゃん!大丈夫!?この女に何にもされなかった!?」
ミサトとレイはそう言いながら、シンジと、まだプラグの中にいるアスカの間に割り込んだ。

521 :EPISODE:08 ASUKA STRIKES!:2006/10/15(日) 12:00:48
「う、うん。別に何にも・・・」
ミサトとレイの剣幕に、シンジは思わず引きながら頷いた。
「そう・・・。それなら良いんだけど・・・」
ほっと一息ついて、ミサトはプラグを見た。
ちょうど、我に返ったアスカが出てくるところだった。
「・・・ふぅ・・・ミサト、やったわよ!」
「あ、そ、そうね。御苦労様、二人とも」
「いえ・・・。でも、驚きました。まさか、こんなところで使徒が来るなんて、
思ってもいませんでしたから・・・」
シンジがそう言って大きく息を吐くと、アスカも頷いた。
「そうよ!・・・で、でも、アンタもなかなかやるわね!」
「あ、ありがとう、惣流さん・・・」
「ストーップ!これから、アタシのことは『アスカ』で良いわよ。アタシも『シンジ』って呼ぶから・・・」
「ちょっとぉ!なに勝手なこと言ってるのよ!」
すかさずレイがシンジとアスカの間に割って入る。

522 :EPISODE:08 ASUKA STRIKES!:2006/10/15(日) 12:01:28
もちろん、シンジを背後に庇っている。
「何よアンタ!アンタには関係ないでしょ!」
アスカが怒鳴り返す。
「関係ないのは貴女の方じゃない!あたしとシンちゃんの間には、ふっと〜い絆があるんだからね!」
レイが『ふっと〜い』のところをやけに強調して自慢げに言った。
「アタシにだってあるわよ!」
アスカも負けじと言い返す。
「言ってご覧なさいよ!」
レイが徴発するように言うと、アスカは、両手を腰に当て、ニヤリと笑った。
「ふっふ〜ん・・・聞いて驚きなさい!アタシとシンジは、幼なじみなのよ!」
「「「ええっ!?」」」
レイ、ミサト、そしてシンジの驚きの声が上がった。
それを見て、アスカは戦いの前に加持から聞いた話を思い出した。

523 :EPISODE:08 ASUKA STRIKES!:2006/10/15(日) 12:13:08
「それと、もう一つ・・・アスカ、シンジ君に見覚えが無いか?」
そう言って加持はニヤリと笑った。
「え?・・・そういえば、何となく・・・どこかで会ってるような気がしないでも無いけど・・・」
首を傾げるアスカ。
「・・・そうか。これは、ドイツを発つ前に惣流博士から聞いた話なんだが・・・」
「えっ?・・・ママに?」
微かに目を見開いて加持を見るアスカ。
「ああ。・・・アスカが3歳になる頃まで、惣流博士は日本のネルフ支部で働いてた。
・・・これは知っているな?」
「うん。その時、日本に親友がいて、アタシはその人の子供と一緒によく遊んでたって聞いてるけど・・・」
必死に思い出しながら、たどたどしく言うアスカ。
「・・・その子供が、シンジ君だ」
「・・・ええっ!?」

524 :EPISODE:08 ASUKA STRIKES!:2006/10/15(日) 12:13:44
「14年前、日本にいた時、惣流家と碇家は隣同士だったらしい。・・・で、
同じ職場−当時のゲルヒンで働いていた碇ユイ博士−シンジ君の母親−と、
惣流・キョウコ・ツェッペリン博士は、お互い大学時代からの親友同士で、同い年の
子供を持つ母親同士でもあった。それで、子供同士を良く遊ばせていたらしい・・・」
「そ・・・それじゃ、あのバカが・・・アタシの幼なじみ・・・ってコトなの?」
加持の説明に、アスカが驚いて呟いた。
「ああ。・・・で、アスカとシンジ君が3歳の春、惣流博士は、その年に新設された
ドイツネルフ支部の技術部長に抜擢され、アスカを連れてドイツに渡ったってコトだ」
「・・・そうだったんだ・・・」
アスカは感慨深そうに呟き、大海原を見た。
「・・・俺に言えるのはここまでだ。どのように行動するかはアスカ次第だ」
そう言って、加持はアスカの肩を軽く叩いた。

525 :EPISODE:08 ASUKA STRIKES!:2006/10/15(日) 12:14:30
アスカが回想から帰ってくると、レイがシンジに迫っていた。
「ほ、本当なの!?シンちゃん!?」
レイがやや慌てて訪ねたが、当のシンジも驚いている。
「し、知らないよっ!」
動揺して叫ぶシンジ。
「・・・嘘つき!シンちゃんは知らないって言ってるわよ!」
シンジの言葉に、レイは冷たい眼差しでアスカを見た。
「それは、シンジが忘れてるだけよ。現に、アタシは覚えてるわ。アタシ達が三歳の時
まで、アタシ達は隣同士だったんだからね。アタシのママとシンジの御両親が同僚で、
アタシ達は一緒に保育園に行ってたのよ!」
「むぅ〜・・・」
レイがシンジを睨む。
「で、でも・・・覚えてないよ・・・」
シンジは眉を寄せてアスカを見ている。
「ひ、ひどい・・・シンジったら・・・いくらアタシが綺麗になったからって、忘れる
なんて・・・初めてだったのに・・・」

526 :EPISODE:08 ASUKA STRIKES!:2006/10/15(日) 12:15:14
アスカは、ショックを受けたかの様に両手で顔を覆い、嗚咽を漏らし始めた。
「あ・・・な、泣かないでよ!」
慌てるシンジ。
「なっ・・・は、初めてって、なにがよぉ!?」
驚き、お怒りモードに突入するレイ。
「・・・」
驚愕の余り固まってしまい、目を大きく見開いてアスカを見ているミサト。
「ちょ、ちょっと待ってよ!僕は何も覚えてないよ!」
シンジが慌てて弁解するが、それを聞いてアスカの嗚咽が大きくなる。
「・・・うっうっ・・・」
「あああ・・・」
おろおろするシンジ。
「ひどい!シンちゃんったら、あたしにあんな事させておいて・・・他の女にも手を出してたなんて!」
そう言って、ウルウル瞳でシンジを見るレイ。
「ちょ、ちょっと待ちなさい!・・・レイ、今の発言はどういうこと!?」
やっと解凍したミサトが、慌ててレイに訪ねた。
「・・・(ぽっ)・・・」
赤くなって俯くレイ。

527 :EPISODE:08 ASUKA STRIKES!:2006/10/15(日) 12:16:45
それを見て、ヒートアップするミサト。
いつの間にか泣き止み、シンジの腕に縋り付くアスカ。
国連軍の誇る正規空母、オーヴァー・ザ・レインボーの飛行甲板の上は、
痴話バトルの舞台になりさがっていた。
部屋の外のデッキから飛行甲板の喧噪を見下ろしていた加持は、ミサトまでもが
シンジを巡って大騒ぎしているのを見て、大きなため息をついた。
「・・・葛城ぃ(涙)・・・」

・・・また派手にやったわね・・・」
新横須賀港に出迎えに来たリツコは、渡された資料を見ながらそう言った。
「はぁ・・・水中戦闘を考慮すべきだったわぁ・・・」
疲れ果てた様子のミサトに、リツコはくすっと笑った。
「・・・ふふ・・・珍しいわね。反省?」
「良いじゃない。貴重なデータも取れたんだし・・・」
「そうね・・・んっ?・・・ミサト!これは本当に貴重なデータだわ!」
資料の一部に視線を止めたまま、リツコがそう言った。
「シンクロ値の記録更新じゃない!」
「・・・たった7秒間じゃ、火事場の馬鹿力よ〜・・・」

528 :EPISODE:08 ASUKA STRIKES!:2006/10/15(日) 12:18:48
喜ぶリツコに、冷たく返すミサト。
「・・・やけに突っかかってくるじゃないの?」
「・・・そんなことないわよん・・・」
ミサトの方を見て言ったリツコだが、停泊した空母から降りてくる幾つかの人影を見つけて、クスリと笑った。
「・・・貴女の不機嫌な理由は、あれかしら?」
リツコが指さした先には、シンジ達がいた。

シンジは困っていた。
来るときに着ていた服は、あの輸送船とともに、使徒に沈められてしまったのだ。
今着ているのは、アスカの予備の赤いプラグスーツ(女物)だ。
(・・・恥ずかしいよ・・・代わりの服、無いのかなぁ・・・?)
シンジの横には、アスカが寄り添っている。
出会った時に感じられたとげとげしさは無くなっており、今も、シンジの右腕を
抱え込むようにして、抱きついている。
「んふふ〜・・・シンジぃ?」
「あ、な、何、アスカ?」
満面の笑みを浮かべたアスカと、少しだけ顔が引きつっているシンジ。
「・・・あの時は、ごめんね?いきなり、叩こうとしたりして・・・」
わざと上目遣いに、可愛らしく言うアスカ。

529 :EPISODE:08 ASUKA STRIKES!:2006/10/15(日) 12:19:56
(・・・こうやって、アタシが腕にしがみついて上目遣いに謝って許さなかった男は今まで一人もいないのよ!)
「い、いいよ、別に・・・」
シンジが、アスカの強烈な可愛さに、顔を赤くして言った。
「・・・こらぁ!あたしのシンちゃんに近づかないで!」
シンジの左腕にはレイがしがみついていて、アスカを牽制している。
「アンタこそ、シンジから離れなさいよ!」
アスカもレイに怒鳴り返した。
「・・・はぁ・・・」
シンジは、思わずため息をついた。

その日の夜・・・
「・・・やれやれ。波乱に満ちた船旅でしたよ」
ネルフ本部の司令執務室では、加持が持っていたケースを机の上に置いた。
「・・・」
黙り込んでいるゲンドウと冬月。

530 :EPISODE:08 ASUKA STRIKES!:2006/10/15(日) 12:20:55
「・・・これのせいですか?」
加持は、何重にも掛かっているロックを手早く解除すると、ケースの蓋をゆっくりと開けた。
「・・・ああ。初めの人間、アダムだよ」
ゲンドウが、ケースの内部に丁寧にしまい込まれていたモノを見て、ニヤリと笑みを浮かべて言った。
「すでにここまで復元されています。・・・硬化ベークライトで固めてありますが、
間違いなく生きていますよ・・・。補完計画の要ですね」
そう言って、こちらも笑みを浮かべる加持。
「・・・御苦労だった」
ゲンドウがそう言って、加持を見た。
「・・・では、私はこれで失礼します・・・」
そう言って執務室を出ていく加持。
後には、怪しすぎる笑みを浮かべた二人の男が残った。
「・・・ゲンちゃん!」
突然、執務室のドアが開き、ユイが入ってきた。
「ゆ、ユイ!ど、どうしたのだ!?」
突然のことに狼狽するゲンドウ。

531 :EPISODE:08 ASUKA STRIKES!:2006/10/15(日) 12:22:59
・・・あれが届いたそうですね?」
ゲンドウの狼狽ぶりを見てため息をつき、冬月に訪ねるユイ。
「あ、ああ。・・・これだ・・・」
冬月がケースを指さすと、ユイも机に歩み寄ってケースの中を覗いて、呟いた。
「・・・これが、『あの』アダムですか・・・」
「ああ・・・全てのはじまりだよ・・・」
冬月が重々しい声で応えた。
「・・・シンちゃんのためにも・・・必ず・・・」
ユイが、決意を込めた声で呟いた。
執務室に、重苦しい空気が漂った。
「・・・ところで、冬月先生?」
重くなった雰囲気を吹き飛ばすように、ユイが微かに笑みを浮かべた。
「ん?何だね?」
「弐号機のパイロットは、確か・・・」
「・・・ああ。キョウコ君の娘だったな」
「そうですよね?・・・ああ、アスカちゃんに会うのも久しぶりだわぁ。
シンジったら、覚えてるかしら?」
楽しそうにユイが言った。

532 :EPISODE:08 ASUKA STRIKES!:2006/10/15(日) 12:23:52
「・・・そうか。そういえば、キョウコ君とユイ君は友人同士だったな?」
冬月が少し遠くを見つめながら尋ねた。
「ええ、キョウコとは大学で知り合ってから、ずっと親友です。・・・あの頃が懐かしいですわ・・・」
ユイも、おだやかな表情で遠くを見つめている。
「そ、そう言えば、私達が出会ったのも、あの頃だったわね?ゲンちゃん♪」
久しぶりにユイに機嫌良く話しかけられたゲンドウは、思わず大きく頷いた。
「う、うむ!そうだったな!」
その声に含まれた喜びはユイに正確に伝わり、ユイはくすっと笑った。
「そう言えば、キョウコはドイツ支部の技術部長でしたね?」
「ああ」
ゲンドウが嬉しそうに表情を崩しながら頷いた。
「・・・私がネルフ本部第二副司令兼E計画技術監修責任者で、キョウコが
ネルフドイツ支部技術部長・・・。まさかこんな事になるとは、あの頃は少しも
思っていませんでしたわ・・・」
そう言って、ユイは少しだけ笑った。

533 :EPISODE:08 ASUKA STRIKES!:2006/10/15(日) 12:24:37
次の日、第一中は朝から大荒れだった。
「シンジ、ちょっと聞きたいことがあるんだが・・・」
ケンスケが、ニヤニヤしながらシンジに近寄ってきて声をかけた。
「え?何、ケンスケ?」
「・・・これ、誰だ?」
そう言いながらケンスケが差し出した写真には、お揃いのプラグスーツ姿の
シンジとアスカが腕を組み、その横でレイが何か言っているところが写っていた。
「なっ!ど、どうして・・・」
シンジは、驚きのあまり大声を上げた。
教室中が何事かとシンジの方を見た。
「昨日、太平洋艦隊が新横須賀に寄港するってデータが、父さんのPCにあったんだ。
それで、写真を撮りに行ったんだよ」
ニヤニヤしながら応えるケンスケ。
「・・・なになにぃ〜?どうしたの、シンちゃん?」
レイがそう言いながらシンジの横に来て、写真を覗き込んだ。
「・・・綾波、これ、誰か知ってるか?」
わざとらしく尋ねるケンスケ。

534 :EPISODE:08 ASUKA STRIKES!:2006/10/15(日) 12:25:32
内心では、良い被写体を発見、これでまた一儲け出来る、などと考えている。
「・・・知らない!」
レイは昨日のことを思い出して、ムッとしてそう言い捨ててシンジを睨み付けた。
「あ、あはは・・・」
シンジがレイに睨みつけられながら笑って誤魔化そうとしたとき、授業開始の
チャイムが鳴り、担任の老教師が入ってきた。
「・・・えー、今日から、このクラスに新しいお友達が来ることになりました。
・・・入ってきなさい」
「は〜い!」
教壇に立った老教師が廊下に向けて言うと、元気の良い声が返ってきた。
「「!」」
シンジとレイは、その声に聞き覚えがあるのを感じ、顔を見合わせた。
次の瞬間、ドアを開けて、制服姿のアスカが教室に入ってきた。
「「「うおぉぉぉっ!」」」
男子生徒どもが歓声を上げた。
「・・・らっきーっ!」
ケンスケは、早速カメラをアスカに向けて、ばしゃばしゃ撮っている。
トウジは・・・なぜか、アスカには全く無反応で、仏頂面で黒板を見ている。

535 :EPISODE:08 ASUKA STRIKES!:2006/10/15(日) 12:26:21
「・・・やっぱり・・・」
レイは、堂々とした態度で教室に入ってきたアスカを睨み付けている。
「・・・ははは・・・」
諦めきって、乾いた笑い声をあげるシンジ。
「・・・それでは、惣流さん。自己紹介を・・・」
「惣流・アスカ・ラングレーです。ドイツから来ました。ヨロシクぅ!」
アスカは黒板に大きく名前を書いて言った。
「・・・しっつも〜ん!惣流さんは彼氏とかいるんですか〜!」
男子の一人が勢い良く質問した。
「とーぜん、いるに決まってるでしょ!」
そう言って、アスカはシンジに目をやった。
「うっ・・・」
思わず仰け反るシンジ。
そのアスカの視線の先にシンジがいることを確認した皆は、驚愕の声を上げた。
「「「ええええ〜〜っ」」」!
「嘘よ!みんな、騙されてはダメよ!」
レイが立ち上がって叫ぶ。

536 :EPISODE:08 ASUKA STRIKES!:2006/10/15(日) 12:27:15
「アンタ!アタシがいつ嘘を言ったってのよ!?」
アスカがレイを睨み付けた。
「フン!シンちゃんの恋人はあたしだもん!」
レイも、アスカに睨み返す。
真っ先に止めなければならないはずの老教師はトリップ中。
委員長であるヒカリは、アスカとレイの剣幕に、引いてしまっている。
「な〜にが恋人よ!シンジはアタシの『初めての人』なんだから、後から手を
出すんじゃ無いわよ!この泥棒猫!」
再びレイを睨みつけるアスカ。
教室内は、アスカの『爆弾発言』で凍り付いている。
「何言ってるのよ!?シンちゃんとあたしは、もう『他人じゃない』のよ!
あんたなんかお呼びじゃないの!」
レイも負けずに『爆弾発言』をかます。
シンジは、二人の発言のあまりの破壊力に、現実逃避している。
(・・・父さん、母さん・・・どうして僕を捨てたの・・・?・・・僕は
いらない子なの・・・?)

537 :EPISODE:08 ASUKA STRIKES!:2006/10/15(日) 12:28:18
「・・・ちょっと、シンジ!はっきり言いなさいよ!」
「そーよ!シンちゃん、この女にはっきり言ってやってよ!あたしとシンちゃんは恋人同士だって!」
アスカとレイの矛先がシンジに向き、シンジは体を震わせて、現実に帰ってきた。
「・・・あ、あの・・・」
シンジが何か言う前に、アスカがレイに突っかかった。
「こぉのバカ女ぁ!アタシがいない間にシンジをたぶらかしたりして・・・覚悟しなさいよ!」
もちろんレイも負けてはいない。
「何が『たぶらかした』よ!シンちゃんはあたしを助けるために、エヴァに乗ってくれたんだからね!」
二人とも、臨戦態勢をとった。
昨日の格闘を見ているシンジの顔は、青くなっていた。
すでに教室中の皆も解凍して、この『戦い』の行く末を見守っている。
(・・・二人とも、お願いだからやめてよ・・・)
昨日の事を思い出し、これからの事を考え、身体は冷や汗、心は滝涙のシンジだった。
その後ろでは、ケンスケがこれからの『売り上げ』を予想して、一人浮かれていた。

第八話 完

538 :名無し専門学校:2006/10/15(日) 12:31:50
このスレも終わってるなw

539 :名無し専門学校:2006/10/15(日) 12:32:59
荒らしの恰好の餌食だな…

540 :名無し専門学校:2006/10/15(日) 12:39:48
気持ち悪い…

541 :名無し専門学校:2006/10/15(日) 12:40:49
荒らされるスレを作った>>1が悪いような…

542 :名無し専門学校:2006/10/15(日) 13:29:09
現在僕は高校3年です、この学校にエヴァヲタや鉄ヲタがいようとも僕は入ります。

先輩方よろしくお願いします。

543 :名無し専門学校:2006/10/15(日) 13:33:07
>>542
漏れも恒産だけど受かった?

544 :名無し専門学校:2006/10/15(日) 15:31:38
>>542
鉄道系の学校だから、そのような輩がいるのは覚悟しといてね。

545 :名無し専門学校:2006/10/15(日) 22:18:40
急に人がいなくなったニダ

546 :名無し専門学校:2006/10/15(日) 22:29:24
■■□■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■□■■■■□■■■■□■■■■■■■■■■□■■■■■■■■
■■□□□□■■□■■■□■■□□□□□■■■□■■■■■■■■
■■□■■□■■□■■■□■■■■■■□■■■□■■■■■■■■
■□■■■□■■■■■□■■■■■■□■■■■□■■■■■■■■
■□■■■□■■■■■□■■■■■■□■■■■□■■■□■■■■
■■■■■□■■■■■□■■■■■□■■■■■□■■■□■■■■
■■■■□■■■■■□■■■■■■□□■■■■□■■□■■■■■
■■■■□■■■■■□■■■■■□■■□■■■□■■□■■■■■
■■■□■■■■■□■■■■■□■■■■□■■□■□■■■■■■
■■□■■■■■□■■■■■□■■■■■■■■□□■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


547 :名無し専門学校:2006/10/15(日) 22:36:07
■■□■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■□■■■■□■■■■□■■■■■■■■■■□■■■■■■■■
■■□□□□■■□■■■□■■□□□□□■■■□■■■■■■■■
■■□■■□■■□■■■□■■■■■■□■■■□■■■■■■■■
■□■■■□■■■■■□■■■■■■□■■■■□■■■■■■■■
■□■■■□■■■■■□■■■■■■□■■■■□■■■□■■■■
■■■■■□■■■■■□■■■■■□■■■■■□■■■□■■■■
■■■■□■■■■■□■■■■■■□□■■■■□■■□■■■■■
■■■■□■■■■■□■■■■■□■■□■■■□■■□■■■■■
■■■□■■■■■□■■■■■□■■■■□■■□■□■■■■■■
■■□■■■■■□■■■■■□■■■■■■■■□□■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

548 :名無し専門学校:2006/10/15(日) 22:37:18
そろそろゼミのテーマを決める時期かぁ…
何も考えてないわ〜

549 :名無し専門学校:2006/10/15(日) 22:39:11
( ゚д゚ ) ( ゚д゚ ) ( ゚д゚ )( ゚д゚ ) ( ゚д゚ ) ( ゚д゚ ) ( ゚д゚ )( ゚д゚ )
( ゚д゚ ) ( ゚д゚ )( ゚д゚ ) ( ゚д゚ ) ( ゚д゚ ) ( ゚д゚ )( ゚д゚ ) ( ゚д゚ )
( ゚д゚ )( ゚д゚ ) ( ゚д゚ ) ( ゚д゚ ) ( ゚д゚ )( ゚д゚ ) ( ゚д゚ ) ( ゚д゚ )
( ゚д゚ ) ( ゚д゚ ) ( ゚д゚ ) ( ゚д゚ )( ゚д゚ ) ( ゚д゚ ) ( ゚д゚ )( ゚д゚ )
( ゚д゚ ) ( ゚д゚ ) ( ゚д゚ )( ゚д゚ ) ( ゚д゚ ) ( ゚д゚ )( ゚д゚ ) ( ゚д゚ )
( ゚д゚ ) ( ゚д゚ )( ゚д゚ ) ( ゚д゚ ) ( ゚д゚ )( ゚д゚ ) ( ゚д゚ ) ( ゚д゚ )
( ゚д゚ )( ゚д゚ ) ( ゚д゚ ) ( ゚д゚ )( ゚д゚ ) ( ゚д゚ ) ( ゚д゚ ) ( ゚д゚ )

550 :名無し専門学校:2006/10/16(月) 01:37:21
「・・・それなら良いんだけど・・・」
そう言って、少し眉をひそめるミサト。
(・・・ちっ!やっぱりレイは邪魔ね・・・何とか出来ないかしら・・・)
そうは考えても、ここはヘリの中であり、何処にも行くところはないので、
ミサトは微かにため息をついて肩を竦めた。
(・・・ま、良いわ。レイ、あなたにシンジ君は渡さないわよ!絶対にね!)
決意も新たに、シンジをじっと見つめるミサト。
そうしているうちに、眼下にぽつりぽつりと点のような物が見えてきた。
「あ・・・ねぇ、シンちゃん。何、あれ?」
レイが、眼下を見ながらシンジの袖を引っ張った。
「え・・・あれ?海に点がある・・・なんだろ?」
「・・・ふふっ・・・あれは国連軍太平洋艦隊よ」
ミサトが微かに笑って言った。
「へぇ・・・うわぁ・・・凄い・・・船が沢山ある・・・」
シンジは、眼下に浮かぶ太平洋艦隊を見下ろしながら、そう言った。
「あ、シンちゃん!あれ!あの戦艦に降りるみたいよ!」
レイが、前方に見えてきた巨大な船影を指さした。


551 :名無し専門学校:2006/10/16(月) 01:38:38
>>364 べーべんってなに?

552 :名無し専門学校:2006/10/16(月) 07:06:42
ゼミネタはうざいからカキコするな

553 :名無し専門学校:2006/10/16(月) 08:27:45
はまりんみんくるはまりんみんくるはまりんみんくる

554 :名無し専門学校:2006/10/16(月) 08:44:24
553》
はまりんて横浜市営バスのキャラクタじゃないの?

555 :名無し専門学校:2006/10/16(月) 18:30:24
絵も字のカキコについてPCでの絵も字のカキコは携帯電話は意味が分からない!
低脳なくず民が

556 :名無し専門学校:2006/10/16(月) 18:33:38
>>555
携帯厨が図に乗るものではないぞ。
sageてからカキコしな!

557 :べーべん:2006/10/16(月) 18:55:33
綾波かわいいよ綾波

558 :べーべん:2006/10/16(月) 18:56:11
綾波かわいいよ綾波

559 :べーべん:2006/10/16(月) 18:57:10
綾波かわいいよ綾波

560 :べーべん:2006/10/16(月) 18:58:19
綾波かわいいよ綾波

561 :べーべん:2006/10/16(月) 18:59:14
綾波かわいいよ綾波

562 :べーべん:2006/10/16(月) 19:03:48
綾波かわいいよ綾波

563 :べーべん:2006/10/16(月) 19:04:20
綾波かわいいよ綾波

564 :べーべん:2006/10/16(月) 19:05:15
綾波かわいいよ綾波

565 :べーべん:2006/10/16(月) 19:06:39
綾波かわいいよ綾波

566 :べーべん:2006/10/16(月) 19:08:13
綾波かわいいよ綾波

567 :べーべん:2006/10/16(月) 19:11:57
アスカかわいいよアスカ

568 :べーべん:2006/10/16(月) 19:12:33
アスカかわいいよアスカ

569 :べーべん:2006/10/16(月) 19:13:30
アスカかわいいよアスカ

570 :べーべん:2006/10/16(月) 19:14:28
アスカかわいいよアスカ

571 :べーべん:2006/10/16(月) 19:15:28
アスカかわいいよアスカ

572 :べーべん:2006/10/16(月) 19:19:44
アスカかわいいよアスカ

573 :べーべん:2006/10/16(月) 19:20:58
アスカかわいいよアスカ

574 :べーべん:2006/10/16(月) 19:21:58
アスカかわいいよアスカ

575 :べーべん:2006/10/16(月) 19:22:51
アスカかわいいよアスカ

576 :べーべん:2006/10/16(月) 19:23:22
アスカかわいいよアスカ

577 :ゥリ〜マン姿ゥ :2006/10/16(月) 19:28:24
糞スレ潰すぜ(≧▽≦) っははは

578 :ゥリ〜マン姿ゥ :2006/10/16(月) 19:28:57
糞スレ潰すぜ(≧▽≦) っははは

579 :ゥリ〜マン姿ゥ :2006/10/16(月) 19:29:50
糞スレ潰すぜ(≧▽≦) っははは

580 :ゥリ〜マン姿ゥ :2006/10/16(月) 19:31:13
糞スレ潰すぜ(≧▽≦) っははは

581 :ゥリ〜マン姿ゥ :2006/10/16(月) 19:32:27
糞スレ潰すぜ(≧▽≦) っははは

582 :ゥリ〜マン姿ゥ :2006/10/16(月) 19:35:02
糞神様も岩倉だな(≧▽≦) っははは

583 :JIVE INTO THE NIGHT:2006/10/16(月) 19:47:50
  _  ∩
( ゚∀゚)彡 じゃいじゃいじゃい!
 ⊂彡

584 :JIVE INTO THE NIGHT:2006/10/16(月) 19:48:46
       ∧_∧   
      (`・ω・´)彡  わんっ!つうっ!
   Σm9っ   つ
       人  Y
      し (_)

      ∧_∧∩
      ( ゚∀゚)彡 わん!つう!すりー!ふぉー!!!
     ⊂ ⊂彡
      (つ ノ
       (ノ
     __/(___
  /__(____/

585 :JIVE INTO THE NIGHT:2006/10/16(月) 19:49:25
 ♪                    ぅう〜〜〜〜♪
                      ∧_,,∧  ♪    う〜〜〜〜〜〜〜〜〜♪
           ♪    (´・ω・`)     ぇるふぃっふぃ〜〜〜〜〜 ♪
            ___ _○__\ξつヾ__ぇるふぃっふぃ〜〜〜〜〜 ♪
          /δ⊆・⊇ 。/†::† /δ ⊆・⊇。/
       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
       |           | ::: . |          |

  _  ∩
( ゚∀゚)彡 じゃいじゃいじゃい!
 ⊂彡
                                  ∩. _
                   とらいとらいとらい! ミ(゚∀゚ )
                                  ミつ
  _  ∩
( ゚∀゚)彡 じゃいじゃいじゃい!
 ⊂彡

586 :JIVE INTO THE NIGHT:2006/10/16(月) 19:50:12
     | ̄ りめんば わっとゅう〜せ〜〜い
. ( ゚д゚) .|  ぁばうざ らいふぅい〜れ〜〜っ
 | ヽノヽr┘  おぅ!ぅいねば ふぁうんだうんとわ〜いっ
  >> 'T   おぅぞぅぃとら〜い〜っ

       | ̄ とぅ
 ( ゚д゚ )  .|  あ〜んだ〜すた〜ん
 | ヽノヽr┘  ゎせ〜〜るっ
  >> 'T

.      | ̄ ばっとなうざたいむはぶちぇ〜ん
. ( ゚д゚) .|  ぁんのぅわん いずとぅぶれぇ〜ん
 | ヽノヽr┘  おぉるぅいがっとぃずらぶとぅしぇぃ!
  >> 'T   ぅぃずあうと でぃすぺぃ〜

       | ̄ 
  (゚∀゚)   .|  ほぉ〜り〜んら〜ぶ
  |ヽノヽ r┘  いん は〜〜んど!
  >> 'T

587 :JIVE INTO THE NIGHT:2006/10/16(月) 19:50:53
                 ハ_ハ  
               ('(゚∀゚∩ かもん あんど
                ヽ  〈 
                 ヽヽ_)

  _  ∩
( ゚∀゚)彡 じゃいじゃいじゃい!
 ⊂彡

    m9(゚Д゚)っいんとぅざないっ! かもん あんど

                                  ∩. _
                   とらいとらいとらい! ミ(゚∀゚ )
                                  ミつ

588 :JIVE INTO THE NIGHT:2006/10/16(月) 19:52:48
  _  ∩
( ゚∀゚)彡 じゃいじゃいじゃい!
 ⊂彡

    m9(゚Д゚)っいんとぅざないっ! かもん なぅ

  ヽ(゚∀゚)ノ
    へ  )  ほぅっほぅっほぅっほぅね〜〜〜ぃ
     >

  .      _ ∩
       (゚∀゚)/  ざっつおーるら〜いっ!
      ⊂  |
       つ ノ
       (ノ
    ___/(___
  /   (____/

589 :JIVE INTO THE NIGHT:2006/10/16(月) 19:53:38
 ♪                    ぅう〜〜〜〜♪
                      ∧_,,∧  ♪    う〜〜〜〜〜〜〜〜〜♪
           ♪    (´・ω・`)     ぇるふぃっふぃ〜〜〜〜〜 ♪
            ___ _○__\ξつヾ__ぇるふぃっふぃ〜〜〜〜〜 ♪
          /δ⊆・⊇ 。/†::† /δ ⊆・⊇。/
       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
       |           | ::: . |          |


                 ハ_ハ  
               ('(゚∀゚∩ かもん あんど
                ヽ  〈 
                 ヽヽ_)

  _  ∩
( ゚∀゚)彡 じゃい!じゃい!じゃい!じゃい!
 ⊂彡

590 :JIVE INTO THE NIGHT:2006/10/16(月) 19:55:14
  m9(゚Д゚)っいんとぅざないっ! かもん あんど

                                  ∩. _
                   とらいとらいとらい! ミ(゚∀゚ )
                                  ミつ

     ほぅね〜〜〜ぃ ヽ(゚∀゚)ノ かもん あんど

  _  ∩
( ゚∀゚)彡 じゃい!じゃい!じゃい!じゃい!
 ⊂彡

    m9(゚Д゚)っいんとぅざないっ! かもん なぅ

  ヽ(゚∀゚)ノ
    へ  )  ほぅっほぅっほぅっほぅね〜〜〜ぃ
     >

591 :JIVE INTO THE NIGHT:2006/10/16(月) 19:56:14
  .      _ ∩
       (゚∀゚)/  ざっつおーるら〜いっ!
      ⊂  |
       つ ノ                          ハ_ハ  
       (ノ                         ('(゚∀゚∩ かもん あんど
    ___/(___                     ヽ  〈 
  /   (____/                      ヽヽ_)

  _  ∩
( ゚∀゚)彡 じゃい!じゃい!じゃい!じゃい!
 ⊂彡

    m9(゚Д゚)っいんとぅざないっ! かもん あんど

                                  ∩. _
                   とらいとらいとらい! ミ(゚∀゚ )
                                  ミつ

     ほぅね〜〜〜ぃ ヽ(゚∀゚)ノ かもん あんど

592 :JIVE INTO THE NIGHT:2006/10/16(月) 19:57:00
  _  ∩
( ゚∀゚)彡 じゃい!じゃい!じゃい!じゃい!
 ⊂彡

    m9(゚Д゚)っいんとぅざないっ! かもん なぅ

  ヽ(゚∀゚)ノ
    へ  )  ほぅっほぅっほぅっほぅね〜〜〜ぃ
     >

                   ∧∧∩
                   ( ゚∀゚ )/
             ハ_ハ   ⊂   ノ    ハ_ハ
           ('(゚∀゚ ∩   (つ ノ   ∩ ゚∀゚)')
       ハ_ハ   ヽ  〈    (ノ    〉  /     ハ_ハ
     ('(゚∀゚∩   ヽヽ_)        (_ノ ノ    .∩ ゚∀゚)')
     O,_  〈                      〉  ,_O
       `ヽ_)                     (_/ ´
  ハ_ハ          ざっつおーるら〜いっ!        ハ_ハ
⊂(゚∀゚⊂⌒`⊃                       ⊂´⌒⊃゚∀゚)⊃

593 :JIVE INTO THE NIGHT:2006/10/16(月) 19:57:52
  _  ∩
( ゚∀゚)彡 じゃいじゃいじゃい!
 ⊂彡

って何?な人の為に。
二寺4THの版権曲JIVE IN TO THE NIGHTの事です。(現在削除)

mon氏のじゃいじゃいじゃい!200059点動画。
http://www.globetown.net/~zaq1907/0028.htm

594 :名無し専門学校:2006/10/16(月) 20:29:55
交通サービスで学校辞めそうな人
1位=パチンコくん(パチンコ依存症に耐え切れず自主退学するだろう。
本人は祖母の認知症で介護を理由にしているが、実は寝坊して学校行くやる気をなくしてパチンコ屋へ)
2位=あざーす(最近授業に参加していない)
3位=スリザリン(同じく)
4位=伊予くん(関西研修参加して問題を起こしそう)
5位=Dr.コバ(独自の方式が鉄道会社就職に悪影響を及ぼす)


595 :名無し専門学校:2006/10/16(月) 20:35:00
>>594
そういうお前も学校やめたりしてw

596 :名無し専門学校:2006/10/16(月) 21:38:46
今日昼寝してたらレイの夢を見たんだ、その夢ってのがレイが全裸になって
漏れの背中を流してくれた夢なんだけど、興奮し過ぎて夢精しちゃったよ
今度はレイと性行為してる夢が見たいな

597 :名無し専門学校:2006/10/16(月) 22:07:43
福岡県朝倉郡筑前町 久光1640
三輪中学 (職員室 094 6-2 2-13 61)
田村伸一(男) 国語教師 年齢45歳
イジメた生徒
岸本和来 谷岡正義 黒澤翔太 青森天 川宮進 木柳晋太郎 紀伊島涼

●福岡県庁ダイヤル直通電話番号
教育庁
教育長室 092-643-3850
次長室 092-643-3851
理事室 092-643-3852
総務部部長室 092-643-3853
教育企画部部長室 092-643-3854
教育振興部部長室 092-643-3855
●福岡県教育委員会
092-643-3863
(ここにかけて、"いじめの問題について"と言う)
http://www.pref.fukuoka.lg.jp/wbase.nsf/doc/kyoiku_index.html
これをコピペしていろんな板、スレッドに貼り付けてくれ

598 :名無し専門学校:2006/10/17(火) 06:55:41
いじめって恐いね

599 :名無し専門学校:2006/10/17(火) 07:31:09
いじめとかは教師に話して解決する問題じゃない、
それに小中高のいじめぐらいで自殺してたら社会にはいらない存在だな!

600 :名無し専門学校:2006/10/17(火) 07:39:29
599》
それは言う過ぎだろ、
でもいじめで殴り過ぎは注意した方が良い血がでたら相手から殺人未遂罪になる可能がある、

601 :名無し専門学校:2006/10/17(火) 10:45:50
まちゃまちゃウザイ

602 :名無し専門学校:2006/10/17(火) 16:45:12
????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????

603 :名無し専門学校:2006/10/17(火) 16:48:50
スルスルスルスルスルスルスルスルスルスルスルスルスルスルスルスルスルスルスルスルスルスルスルスル




ひかる

604 :名無し専門学校:2006/10/17(火) 16:52:46
603》
ひかるはまずいだろ

605 :名無し専門学校:2006/10/17(火) 16:58:20
604》
ははまりんだろ

606 :名無し専門学校:2006/10/17(火) 17:12:11
597》
個人情報に引っ掛かるんじゃないの?

607 :名無し専門学校:2006/10/17(火) 17:19:27
アニヲタな書き込みは暇人すぎるぜ。
消えな!
アラシはやめろ!


608 :名無し専門学校:2006/10/17(火) 17:38:50
一部の野球部いなくてすごく授業静かだったね。

609 :名無し専門学校:2006/10/17(火) 19:43:55
自作自演みえみえ

610 :第九話 瞬間、心、重ねて:2006/10/17(火) 20:25:04
アスカが来日して、五日が過ぎた。
「・・・おい、あの外人・・・可愛いなぁ」
「惣流・アスカ・ラングレーって名前なんだってよ」
第一中の制服を着た二人の男子生徒が話し合っている。
その視線の先には、楽しそうに登校するアスカの姿があった。
「へぇ。何処のクラスなんだ?」
「・・・『あの』2−Aだってよ・・・」
そう言った男子生徒の表情は、かなり複雑なものだった。
「う・・・2−Aって、確か・・・変態揃いのクラスだろ?」
一瞬絶句したもう片方の男子生徒はおずおずと言った。
「・・・へ、変態って・・・ま、まぁ、間違ってないと思うけど・・・」
そう応えた男子生徒の脳裏には、ちょうど一週間前の事が浮かんでいた。
その日、一週間ぶりに『碇ユウキ』が登校したのだ。
見たことのない美少女の出現に、学校中が大騒ぎになった。
そして、その美少女が『碇シンジ』である事が知れ渡ると、さらに大騒ぎになった。
その結果、ゲンドウを筆頭とするネルフの圧力により、特例として碇シンジの女装が学校側に認められたのだ。

611 :第九話 瞬間、心、重ねて:2006/10/17(火) 20:27:37
もちろん、女装中は『碇ユウキ』と呼ぶ事も強制的に義務づけられている。
その事が全校に発表されると、2−Aの生徒達は歓声をあげ、シンジは落胆した。
「・・・だいたい、お前、『碇ユウキ』のファンなんだろ?変態なんて言うなよ」
「・・・バカ野郎!ユウキちゃんの良さがわかんねぇのかよ!変態ってのは、他の
連中だよ!ほら、あのジャージバカとか、カメラオタクとか・・・」
「ああ!あの熱血野郎とストーカーか!」
そう言って互いに笑う男子生徒達の背後には、いつの間にか、トウジとケンスケが
額にお怒りマークを浮かべて立っていた。

「おはよう、アスカ」
「おはよ、ヒカリ」
転校してきた最初の頃はシンジを巡って『あの』レイと対等にやりあうアスカに皆も
引いていたが、最近では慣れたのか、気安く声をかけてくる様になった。
2−A委員長こと洞木ヒカリは、最初、委員長としての責務に後押しされて転校生で
あるアスカに話しかけるようにしていたのだが、アスカの明るい性格に触れ、すぐに
お互いに親友と呼べる存在になっていた。

612 :第九話 瞬間、心、重ねて:2006/10/17(火) 20:28:40
「・・・今日は、シンジは?」
まだ自分の家が正式に決まっていないアスカは、ネルフ本部の宿泊施設で寝泊まり
しているため、シンジと会えるのは、学校に登校してきてからとネルフ本部の中だけしかない。
アスカは、本当はシンジと一緒に登下校したいのだが、ミサトのマンションと
ネルフ本部は第一中を挟んで正反対の方向にあるため、不承不承ながら断念したのだ。
毎日、レイとシンジが途中までとはいえ一緒に帰るのを、悔しさを堪えながら見ているしかなかったのだ。
アスカは日本の土を踏んだ初日にミサトを通じて、ミサト達と同じマンションに住む
事を申請してあるが、もちろんミサトはこの申請を握りつぶし、ネルフ本部近くの
適当なマンションにでもアスカを入居させようと企んでいるのは、言うまでもない。
「あ・・・そう言えば、今日は・・・」
いかにも、今思い出したかのように言うヒカリ。
今日は、シンジが『ユウキ』として登校する日なのだ。
『碇ユウキ応援委員会第一中副委員長』のヒカリは、当然の事ながらこの日を
毎週毎週楽しみに待っているのだが、シンジに対するアスカの態度と、レイから、
シンジが毎週女装していることをアスカは知らないと聞かされていたため、あえて
言わなかったのだ。

613 :第九話 瞬間、心、重ねて:2006/10/17(火) 20:29:54
「え?何々、今日がどうかしたの?」
興味津々で訪ねてくるアスカに、ヒカリは笑みを浮かべて応えた。
「うふっ。教室に行っての、お・た・の・し・み!」
「なぁによぉ・・・。気を持たせたりして・・・」
「きっと驚くわよ、アスカ・・・」
そう言ってニヤニヤするヒカリに、アスカは首を傾げた。

教室に入ったアスカは窓際の方に人が集まっているのを見て、隣に立っていたヒカリに尋ねた。
「ねぇ、ヒカリ・・・あれ、何なの?シンジの席みたいだけど・・・」
しかし、アスカの声に応えたのは、いつもとは違うヒカリの怪しげな笑い声だった。
「うっふっふっ・・・」
「ひ、ヒカリ!?」
驚いてアスカがヒカリを見るとその目はいつもの優しい眼差しではなく、どこか
陶然とした輝きを放っていた。
そのまま、ヒカリはその窓際の人だかりの方に歩いていく。
「ちょ、ちょっと・・・」
一瞬驚いたアスカも、気を取り直してヒカリについていく。

614 :第九話 瞬間、心、重ねて:2006/10/17(火) 20:31:02
「おはよう!」
ヒカリが人だかりをかきわけて中心に居た人物に声をかけた。
「あ・・・お、おはようございます、洞木さん・・・」
その人物は、少し戸惑ったように応えた。
「?・・・誰・・・?」
その声に聞き覚えがあったアスカは、その人物の回りにいたクラスメート達を強引に
押しのけて、その人物の前に立った。
そこにいたのは、どこかで見たような美少女だった。
「・・・あ・・・アスカ・・・」
その美少女はアスカを見て呟くと、頬をピンク色に染めて俯いた。
「えっ?」
その声に聞き覚えがあり、姿はどこかで見たような気がして、アスカは首を捻った。
「・・・アスカ、どうしたの?」
ヒカリがにやにやしながら、首を傾げているアスカに声をかけた。
「ん〜・・・どっかで見たことあるんだけど・・・あんた、名前は?」
アスカは考えていても仕方がないと思ったのか、その美少女に尋ねた。

615 :第九話 瞬間、心、重ねて:2006/10/17(火) 20:35:06
「・・・あ・・・あの・・・ゆ・・・ユウキ・・・です・・・」
その美少女−ユウキ−が、おずおずと答えた。
「ふん・・・ユウキねぇ・・・」
そう言ってユウキを見下ろしていたアスカは、ユウキが座っている席に気付いて、ムッとした表情で怒鳴った。
「ちょっと!そこはシンジの席じゃない!なに勝手に座ってんのよ!」
「!」
その言葉に、教室内が一瞬だけ、静まり返った。
「・・・アスカ?」
アスカの横から、ヒカリが声をかけた。
「何よ、ヒカリ?」
「・・・本当に気付いてないの?」
「何が?」
困惑した表情になるアスカ。
「・・・『彼女』が誰なのか・・・」
「え・・・?」
ヒカリにそう言われて、アスカはまじまじとユウキを見た。

616 :第九話 瞬間、心、重ねて:2006/10/17(火) 20:36:05
「・・・」
ユウキは、恥ずかしそうに真っ赤になって俯いている。
「・・・!・・・ま、まさか・・・」
アスカはようやく気付いたようで、そう言う声が震えている。
「・・・正解よ!」
ヒカリが嬉しそうに言った。
「・・・し・・・シン・・・シンジぃ!?」
あまりにも予想外だったのか、アスカは目を大きく見開き口をぱくぱくさせている。
「・・・アスカ・・・」
『ユウキ』−シンジが上目遣いに見上げながら呟くようにアスカを呼んだ。
「な・・・なんでそんな格好してるのよ!?」
少しの間、呆然としていたアスカだが、気を取り直してシンジに食ってかかった。
「・・・」
シンジは目をウルウルさせて、困ったような悲しいような表情で、黙ってアスカを見つめているだけだった。
アスカは、瞳を潤ませて自分をじっと見つめてくる『美少女』の姿に、思わず見とれてしまった。

617 :第九話 瞬間、心、重ねて:2006/10/17(火) 20:39:09
(・・・あ・・・か、可愛いかも・・・)
無意識のうちに顔が赤くなっていくアスカ。
「・・・アスカ?」
アスカと一緒になって『ユウキ』の顔に見とれていたヒカリが、黙り込んでしまったアスカに気付いて声をかけた。
「っ!・・・あ〜っ、もう!何とか言いなさいよ!」
アスカはヒカリの声で気を取り直し、自分の顔が紅潮している事に気付くと、
なんだか恥ずかしくなってしまい、思わず照れ隠しにシンジに怒鳴りつけた。
「・・・ご、ごめんなさい・・・」
シンジはアスカに怒鳴られて泣きそうな表情で謝り、立ち上がって素早く教室から逃げ出してしまった。
「あ・・・ユウキさん・・・ア〜ス〜カ〜!」
ヒカリがアスカを睨みつけた。
「な、何よ、ヒカリ・・・」
親友の怒りの表情に、思わず引いてしまうアスカ。
「追いかけて!」
「・・・はぁ?」
 ヒカリが何を言っているのか理解できずに聞き返すアスカ。

618 :第九話 瞬間、心、重ねて:2006/10/17(火) 20:40:18
「泣かせたんだから、責任取りなさいよ!・・・早く追いかけて!」
「は、はいぃ!」
ヒカリのあまりの剣幕にアスカは背筋を震わせ、逃げるように教室から出ていった。
出て行ったアスカとほぼ入れ違いに、レイがトイレから戻ってきた。
「・・・ただいま〜ユウキちゃん・・・あれ?」
「あ、綾波さん・・・」
ヒカリが、シンジを探して教室をきょろきょろ見渡しているレイに声をかけた。
「ねぇ、洞木さん。ユウキちゃんはどこに行ったの?」
「あ、あのね・・・」
事の次第を話すのに一苦労するヒカリ。
・・・事情を聞いたレイは、当然ながら二人を(厳密にはシンジを)追いかけて、
教室から出ていった。

619 :第九話 瞬間、心、重ねて:2006/10/17(火) 20:41:29
「・・・まいどあり〜・・・」
校舎裏の日当たりの良い場所に座り込み、いつもの『商売』をしているケンスケが、
足早に立ち去る『客』にそう言いながら、受け取った代金を、自分の胴体ほどもある
大きな『がま口』に入れた。
「・・・で、結局、どうなんや?」
その隣に同じように座り込んだトウジが尋ねた。
「え?何がだ?」
「だから、そいつの売り上げや」
「ああ、そうだな・・・」
ケンスケはそう言いながら『売り上げチェック表』を覗き込んだ。
「・・・ええと・・・トータルで行くと、碇がダントツのトップだな。その次が惣流と
綾波で、ほぼ同数ってところか」
「・・・どっちや?」
「・・・『ユウキ』が圧倒的多数だな」
さんざん稼がせて貰ったケンスケはそう言いながら顔をニヤケさせた。
初日のデータの売り上げだけで、以前から欲しいと思っていた高価なアイテムの数々を
買い込み、まだお釣りが来たのだ。

620 :第九話 瞬間、心、重ねて:2006/10/17(火) 20:42:42
「・・・そうやろ?いや〜、わしもそう思っとったんや!」
やけに嬉しそうに叫ぶトウジ。
「・・・そう言えば、まだ用心棒の『報酬』を渡して無かったな」
親友のニヤケ顔を見ながら、小さくため息をついてそう言うケンスケ。
「お、おう!」
「・・・それじゃ、これなんかどうだ?」
そう言ってケンスケが渡したのは、『ユウキ』とトウジが仲良く並んで歩いている写真だった。
「こ、こりゃぁ・・・」
驚くトウジ。
「この間、繁華街に買い物に行った時に撮ったんだ。・・・デートか?」
ニヤニヤ笑いながら意地悪く尋ねるケンスケ。
「ちゃ、ちゃうわい!あ、あれは、その・・・・」
顔を真っ赤にして慌てるトウジを見て、ケンスケは爆笑した。

621 :第九話 瞬間、心、重ねて:2006/10/17(火) 20:45:44
同時刻、ネルフ本部のリツコの研究室。
「・・・そう言えば、あの娘・・・どうなの?」
「あのこぉ〜?」
リツコの入れたコーヒーを美味そうに飲みながら、ミサトが首を傾げた。
「アスカよ。天才と噂のセカンドチルドレンはどうかしら?作戦部長さん・・・」
「・・・ああ、あの娘ね。・・・一言でいうと、かなりの難物ね」
「難物?」
「ええ・・・」
頷いてカップに口をつけるミサト。
(・・・まさかあの娘までシンジ君を狙ってくるなんてね・・・しかも『幼なじみ』
だなんて、予想外よね、全く・・・あの娘も中身はともかく、外見はちょっとだけ
見られない事も無いからねぇ・・・今でさえ、レイとかマヤちゃんとか『強敵』が
居るってのに、この上、アスカまで・・・これは『作戦』の実行を急がなきゃならないわね・・・)
そんな事を考えているミサトをじっと見つめているリツコ。
(・・・無様ね・・・本当にシンジ君の事しか考えてないのね・・・この間の母さんの
時もそうだったし・・・心底からのショタね・・・)

622 :第九話 瞬間、心、重ねて:2006/10/17(火) 20:47:07
「・・・で、セカンドチルドレンの実力はどうなの?」
自分の思考から帰ってきてリツコを見るミサト。
「・・・そうね。シンクロ率は確かに凄いわ。シンジ君よりも高い値を平均してキープ
しているわ。エヴァの制御能力もずば抜けて良いし、エヴァのパイロットとしては、
間違いなくアスカがナンバーワンよ。天才の名に恥じない実力の持ち主ね」
断言するリツコに、何故か悔しそうに歯噛みするミサト。
「くっ・・・」
「・・・無様ね」
今度は口に出して呟いたリツコを、じろっと睨み付けてコーヒーを飲み干したミサトだった。

「・・・赤木博士、今日はシンジのシンクロテストの日だったな?」
司令執務室に報告に来たリツコに、ゲンドウが尋ねた。
「はい。ファーストとセカンドは昨日シンクロテストを行いましたので、本日はサード
のみです。・・・それから、申し上げておきますが、本日は特別装備着用日です」
リツコの口から『特別装備』という言葉が出た瞬間、ゲンドウの雰囲気が変わった。
それまでの人を威圧する雰囲気から、何かふにゃふにゃした変な雰囲気になったのだ。

623 :第九話 瞬間、心、重ねて:2006/10/17(火) 20:48:42
「・・・そうだったな・・・」
「・・・そ、それでは、失礼します」
遠い目をしてしるゲンドウに、リツコはそう言ってさっさと司令執務室を出た。
(・・・自分の息子の女装姿にモエモエなんて・・・かなり無様ね・・・)
そう考えながらも、何故かリツコの顔もにやけていた。

研究室に戻って第6使徒ガギエル戦のデータを再チェックしていたリツコの背後から
にゅっと手が伸びてきた。
「・・・少しやせたかな・・・」
一瞬だけ驚いたが、自分を背後から抱きしめ、耳元で囁かれる声に聞き覚えがあった
リツコは、微笑みを浮かべて応えた。
「・・・そうかしら?」
「悲しい恋をしているからだ・・・」
「どうして?」
甘えるように尋ねるリツコ。
(・・・相変わらずね、この人も・・・でも、ミサトはあなたの元には戻らないわよ。
このままじゃね・・・)

624 :第九話 瞬間、心、重ねて:2006/10/17(火) 20:50:05
「・・・涙の通り道に黒子がある人は、一生泣き続ける運命にあるからさ・・・」
「ここで口説くつもり?・・・でもダメよ。こわ〜いお姉さんが見ているわ」
リツコの声に、背後の男−加持リョウジが顔を上げると、ガラス窓の向こうに、僅か
ながら微笑みを浮かべた赤いジャケットの女性が立っていた。
(・・・葛城・・・予定通りだな。葛城が怒ったところを軽くかわして、大人の男って
奴を見せつけてやれば、葛城も・・・んっ!?お、怒ってない!?なぜだ!?俺の
『他の女性と仲良くしてジェラシー大作戦』が効いていないのか!?)
僅かに頬を引きつらせて、ガラスの向こうを見ている加持だが、ミサトが研究室に
入ってくると、慌ててリツコの身体に回した腕を外した。
「・・・お久しぶり、加持君。相変わらずね」
リツコが笑いを堪えて加持を見上げた。
(・・・うぷぷっ・・・無様ね、加持君・・・)
「・・・こいつのバカは相変わらずなのよ、リツコ♪」
なぜか、ミサトの声は明るい。
「か、葛城!?」
「・・・それよりあんた、任務が終わったんだったら、さっさと帰ったら?」

625 :第九話 瞬間、心、重ねて:2006/10/17(火) 20:51:39
素っ気ないミサトの言葉に、一瞬、呆気にとられた加持だったが、すぐに気を取り直して応えた。
「あ・・・い、いや、今朝辞令が届いてね。こっちにとどまることになったんだ。
これでまた、3人でつるめるな。昔みたいに」
「・・・勝手につるんでなさいよね。ところでリツコ、今日のテスト、どうなの?」
再び素っ気なくあしらうミサト。
(・・・か、葛城ぃ・・・(涙))
「・・・今日は・・・」
加持の様子に苦笑しながらリツコが口を開こうとした時、非常サイレンが鳴った。
「!・・・使徒!?」

同時刻、再び第一中学校。
「・・・あ、あのバカったら、どこに行ったのかしら?」
息を切らせながら学校中をシンジを探して走り回っているアスカ。
「・・・ちょっと!」
背後から声をかけられ、慌てて振り向くアスカの視界に入ったのは、紅い瞳だった。
「・・・何よ」
「・・・あ」
レイが何かを言おうとして口を開き掛けた時、二人の持っている携帯電話が同時に鳴った。

626 :第九話 瞬間、心、重ねて:2006/10/17(火) 20:54:15
「っ・・・まさか・・・使徒!」
 一瞬、呆然としたものの、すぐに我に返ったアスカが呟いた。
「・・・シンちゃん・・・!」
「くっ・・・」
唇を噛むアスカ。
「あ・・・」
レイが声を上げた。
アスカが驚いてレイの視線をたどると、その先には、自分達と同じように携帯電話を
握り締めて、微かに震えている『ユウキ』の姿があった。

「・・・先の戦闘により第三新東京市の迎撃システムは大きなダメージを受け、
現在までの復旧率は26%。実戦における稼働率はゼロと言っていいわ・・・。
したがって、今回は上陸目前の目標を水際で一気に叩く!!
初号機ならびに弐号機は交互に目標に対して波状攻撃、近接戦闘でいくわよ!!」
無線機からミサトの『命令』がプラグ内の二人に届いた。
『『了解』』
2機の輸送機にぶら下がっている初号機と弐号機から、シンジとアスカの返事が聞こえた。

627 :第九話 瞬間、心、重ねて:2006/10/17(火) 20:55:27
「・・・これが日本でのデビュー戦ね〜!シンジ、絶対に勝つわよっ!」
やけに張り切っているアスカ。
だが、良く見れば、アスカの頬は微かに引きつっているのがわかっただろう。
それはシンジに原因があった。
自分の思い人・・・かも知れないシンジは、実は女装趣味の持ち主だった・・・
と思い込んでいるのだ。
実際には、シンジは周囲に強制されて?女装しているのだが、アスカはまだその事を知らなかった。
そのため、とりあえず映像だけを切って音声通信だけで会話をしているのだ。
その会話は、震えていたシンジを励ますためであり、シンジに嫌われない様に
少しでも機嫌を取っておくためでもあった。
さらに、女装したシンジを見たくない、との深層心理が働いていた。
つまり女装したシンジがあまりにも『女らしい』ので、女としての自分の存在に
危機感を抱いてしまい、無意識に『ユウキ』を否定してしまったのだ。
もちろん、男としてのシンジには、嫌うどころかその反対の感情を持っているので、
姿を見なければこうして話していられるのだ。

628 :第九話 瞬間、心、重ねて:2006/10/17(火) 20:56:55
「う、うん・・・」
シンジは、恥ずかしそうに俯いている。
シンジは『ユウキ専用プラグスーツ』・・・通称『特殊装備』を着ているのだ。
つまり、胸のところが膨らみ、尻のあたりがなぜか少しぶかぶかになっているのだ。
カラーは青と白のツートン・・・『通常装備』と変わらない。
ちなみに、ロングのカツラはつけたままだ。
映像を切ってあるためアスカには見られないが、発令所、及び移動指揮車にプラグ内の
映像は届いており、発令所のオペレーターの一人であるショートカットの女性は、
その目をハート型にしてシンジの姿に釘付けになっており、上司である金髪の女性に思いっきり怒鳴られていた。
ちなみに、この『ユウキ』の映像は総司令碇ゲンドウの特別命令によって、リツコの
手によって特別に光ディスクに編集され、ゲンドウの秘蔵ディスクとなった。
「なぁに暗くなってんのよ!天才であるこのアタシと一緒に戦うんだから、余計な心配
なんてしてるんじゃないわよ!」
シンジを励ますように言うアスカ。
「・・・うん。ありがとう・・・」
「な、何言ってるのよ・・・ほ、ほら!そろそろ到着よ!」
頬が火照るのを自覚して、アスカは照れを隠すために目を閉じた。

629 :第九話 瞬間、心、重ねて:2006/10/17(火) 20:57:56
『・・・それじゃ、二人とも。降ろすわよ』
ミサトの声が聞こえ、エヴァを輸送機に固定していたロックボルトが外された。
「・・・っ・・・」
自由落下の感覚に、思わず息を飲むシンジ。
LCLの中にいるにも関わらず、その目には涙が浮かんでいる。
そのシンジの映像はマヤによってメディア化され、後にマヤの宝物になった。
さらに、『碇ユウキ応援委員会』のメンバーに有償で配布されたのは言うまでもない。
やがて大きな音と共に弐号機が綺麗な体勢で着地し、初号機も辛うじてバランスを
取ることに成功して着地した。
「二人がかり、か・・・趣味じゃないけど・・・シンジ、アンタとなら・・・ね」
そのアスカの言葉に、瞬間的に真っ赤になるシンジ。
「・・・え・・・?」
『ちょっと、アスカ!作戦中よ!私語は慎みなさい!』
速攻でミサトの怒鳴り声が割って入ったが、すでにアスカは弐号機と指揮車との
音声通信を切断して、映像だけが繋がれていた。
(・・・全く、この小娘・・・シンジ君に色目を使うなんて、三千億年早いのよ!)
しれっとした顔のアスカを睨みつけてそんな事を考えながら、シンジにも声をかけるミサト。

630 :名無し専門学校:2006/10/17(火) 21:08:56
>>607
お前が余計なこと言うからエヴァヲタが戻ってきたじゃねーか!

631 :こっちが本物:2006/10/17(火) 21:12:26
「・・・ゲロの通り道に黒子がある人は、たまたま泣き続ける運命にあるからさ・・・」
「ここでうんこするつもり?・・・でもダメよ。こわ〜いヤクザさんが見ているわ」


632 :第九話 瞬間、心、重ねて:2006/10/17(火) 21:53:46
『・・・シンジ君、大丈夫?緊張してない?』
「あ・・・は、はい、大丈夫です」
頷きながら移動電源車からアンビリカルケーブルを取り出して接続するシンジ。
やる気の無さそうなシンジに、ミサトは少し俯いて寂しそうな表情をして見せた。
『そう・・・。ごめんなさい、シンジ君。・・・私達には余裕が無いの。ぎりぎりの
作戦しか選べないのよ・・・生き残るためにはね・・・』
ミサトの言葉にシンジは胸を打たれたかの様な切ない表情を見せ、アスカは
音声通信を切っているため、ミサトが何を言っているのかわかっていない。
ちなみに、その時のシンジの映像は、ネルフ本部内で高値で売買されたらしい。
(・・・よっしゃあっ!これでシンジ君のハートも軽〜くゲット出来るわっ!
ナイスよ、あたしっ!・・・寂しそうな様子の大人の女性の姿に惹かれる美少年・・・
くぅ〜っ!これよ、これぇ!)
「ぁ・・・」
シンジがミサトの様子を見て思わず呟いたが、アスカの声に阻まれてミサトには届かなかった。
「・・・来るっ!」
すでに弐号機はソニックグレイブを構えており、その視線は海の方を向いている。

633 :第九話 瞬間、心、重ねて:2006/10/17(火) 21:56:30
「!・・・あれ・・・!」
慌てて視線を海の方に向けたシンジが見たのは、派手な水柱だった。
水柱がひとまずおさまると、そこには、やじろべえ・・・第七使徒イスラフェルが立っていた。
『・・・攻撃開始!』
ミサトが号令を掛ける。
「アタシが行くわ!援護よろしくぅ!」
アスカの声が聞こえ、弐号機が使徒の方に駆け出した。
「・・・あ・・・うん!」
シンジは一瞬だけ呆気にとられたが、慌ててパレットガンを構えて使徒に向かって攻撃を開始した。
劣化ウラン弾がイスラフェルに着弾し、爆煙が上がる。
「・・・いける!・・・っはああぁぁぁっ!」
勇ましい叫び声を上げながら、アスカは弐号機を操ってイスラフェルに向かって飛び上がった。
次の瞬間、イスラフェルは弐号機のソニックグレイブによって、真っ二つに切り裂かれていた。
「・・・すごい・・・」
唐竹割りの様に真っ二つになった使徒を見て、思わず呟くシンジ。
『・・・ナイスよ、アスカ・・・』
使徒に勝ったはずなのに、なぜかミサトの声はおとなしい。

634 :第九話 瞬間、心、重ねて:2006/10/17(火) 21:57:32
「・・・どう?シンジ。戦いは常に無駄なく美しく、よ!」
勝ち誇るように言いながら、初号機の方に近寄るアスカ。
「・・・うん・・・何て言ったらいいのか・・・すごく華麗だった・・・」
まだ呆然としながら、思わずそんな事を言ってしまうシンジ。
「なっ・・・ちょ・・・」
思わぬ言葉に、アスカは真っ赤になって絶句してしまった。
「あっ!・・・ご、ごめんなさいっ!」
アスカの反応に、自分が何を言ったのか理解して、こちらも赤くなって俯くシンジ。
『二人とも!作戦終了よ!早く撤収しなさい!』
なぜか怒っているミサト。
「・・・さ、さっさと帰るわよ!」
照れ隠しなのか、怒鳴るように言うアスカに、シンジは顔を上げた。
「・・・っ!・・・まだ動いてる!」
「えっ!?」
シンジの叫び声にアスカが驚いて振り向くと、倒したはずのイスラフェルの身体が震えているのが見えた。
「・・・まさかっ!」
二人の目の前で、二体に切られたイスラフェルが、瞬時にそれぞれ寸分変わらぬ姿になって復活した。

635 :第九話 瞬間、心、重ねて:2006/10/17(火) 21:59:43
『・・・なぁんてインチキっ!』
通信機を握りつぶしながらのミサトの怒鳴り声が指揮車内に響き渡った。

数時間後、ネルフ本部のブリーフィングルームには、パイロット3名の他に、
ミサト、リツコ、加持、ゲンドウ、ユイ、冬月、マヤ達が集まっていた。
『本日、午前10時58分15秒。二体に分離した目標甲の攻撃を受けた初号機は、
駿河湾沖合2kmの海上にて沈黙』
スクリーンの半分には海面に俯せの体勢で浮かんでいる初号機の姿が映し出された。
『同20秒、弐号機は目標乙の攻撃により活動停止』
残った半分には、弐号機が上半身を大地に埋めている姿が映し出される。
『この状況に対するE計画担当者のコメント』
『・・・無様ね』
リツコの冷たいツッコミが入った。
「・・・ま〜ったく、どっかの誰かさんのせいよね〜」
レイが横目でアスカを見ながら言った。
「なぁんですってぇ〜!アンタなんか、戦ってもいないくせに!」
レイの言うところの『どっかの誰か』であるアスカが速攻で言い返す。

636 :第九話 瞬間、心、重ねて:2006/10/17(火) 22:00:55
「しょうがないじゃない!零号機は修理中なんだから!」
「・・・ふ、二人とも、喧嘩はやめて・・・」
険悪になった雰囲気に、シンジがおずおずと仲裁に入る。
ちなみに、シンジはまだ『特別装備』装着中だ。
ということで『男言葉』は使えない。
使うと、レイとマヤの容赦ないツッコミが入るからだ。
ちなみにアスカは、回収されてからンジの方は一度も見ていない。
『午前11時3分をもってネルフは作戦遂行を断念。国連第二方面軍に指揮権を譲渡』
「全く、恥をかかせおって・・・」
「・・・はぁ・・・」
冬月の呟きに、ユイがため息をついた。
『同05分、N2爆雷により目標を攻撃』
「また地図を書き直さなきゃなりませんね・・・」
N2爆雷によりクレータ状に変化した地形を見て呟くユイ。
『構成物質の28%の焼却を成功』
「やったの!?」
「足止めにすぎん!再度侵攻は時間の問題・・・のはずだ・・・」
焼きただれた使徒の映像を見てアスカが悔しげに言うが、冬月に一喝される。

637 :第九話 瞬間、心、重ねて:2006/10/17(火) 22:03:30
が、その冬月の言葉は、後半になってあやふやなものに変わっていた。
(・・・確かそのはずだが・・・・・・はて、何が『そのはず』なのだ?)
「・・・ま、まぁ、建て直しの時間が稼げただけでも儲けもんっスよ」
内心では老人ボケ入りまくりだが、表面上は憮然としている冬月を、
額に汗を浮かべた加持がまあまあとなだめる。
(・・・ふ、冬月副司令・・・呆けたって噂は本当だったのか・・・)
加持はネルフの行く末を案じて、密かにため息をついた。
「・・・パイロット両名」
ゲンドウがゲンドウポーズのまま口を開いた。
「は、はい!」
「はい」
アスカとシンジがゲンドウを見る。
「君達の仕事は何か・・・わかるか?」
「・・・えっと・・・」
「エヴァの操縦、です」
シンジは考え込み、アスカはきっぱりと答えた。

638 :第九話 瞬間、心、重ねて:2006/10/17(火) 22:04:39
「違う!使徒に勝つ事だ。・・・こんな醜態をさらすために我々ネルフは存在している訳ではない」
ゲンドウはそう言いながら二人を・・・主にアスカを睨む。
「う・・・」
威圧的なネルフ司令の視線に、さすがのアスカも一瞬ひるむ。
「・・・ゲンちゃん!アスカちゃんだって良くやってくれたじゃありませんか!」
アスカの姿を見て、ユイが口を開いた。
「う、うむ・・・」
ユイのたった一言で冷や汗をだらだら流し始めたゲンドウの姿に、アスカが呆気にとられた。
「・・・ちょ、ちょっとファースト・・・碇司令って、碇副司令に弱いのね・・・」
「・・・そうね」
小声で囁いてきたアスカに、半分情けないような表情で頷き返すレイ。
「・・・そ、それから、葛城一尉。速やかに使徒に対する作戦案を提出したまえ」
何とか気を取り直したゲンドウがミサトを見て言った。
「は、はい!」
「・・・葛城一尉、今回の失態は大きいぞ。・・・解散だ」
ゲンドウはそう言って、後ろに冬月を従えてブリーフィングルームを出ていった。

639 :第九話 瞬間、心、重ねて:2006/10/17(火) 22:05:59
「違う!使徒に勝つ事だ。・・・こんな醜態をさらすために我々ネルフは存在している訳ではない」
ゲンドウはそう言いながら二人を・・・主にアスカを睨む。
「う・・・」
威圧的なネルフ司令の視線に、さすがのアスカも一瞬ひるむ。
「・・・ゲンちゃん!アスカちゃんだって良くやってくれたじゃありませんか!」
アスカの姿を見て、ユイが口を開いた。
「う、うむ・・・」
ユイのたった一言で冷や汗をだらだら流し始めたゲンドウの姿に、アスカが呆気にとられた。
「・・・ちょ、ちょっとファースト・・・碇司令って、碇副司令に弱いのね・・・」
「・・・そうね」
小声で囁いてきたアスカに、半分情けないような表情で頷き返すレイ。
「・・・そ、それから、葛城一尉。速やかに使徒に対する作戦案を提出したまえ」
何とか気を取り直したゲンドウがミサトを見て言った。
「は、はい!」
「・・・葛城一尉、今回の失態は大きいぞ。・・・解散だ」
ゲンドウはそう言って、後ろに冬月を従えてブリーフィングルームを出ていった。

640 :第九話 瞬間、心、重ねて:2006/10/17(火) 22:07:30
ゲンドウはそう言って、後ろに冬月を従えてブリーフィングルームを出ていった。
「・・・シ・・・いえ、ユウキちゃん。今日はもう帰って良いわ。帰るついでに、レイを家まで送っていって」
その場に残ったユイがシンジに言った。
「・・・うん。・・・行きましょう、綾波さん」
やっぱり女言葉なシンジ。
「うん♪それじゃ、おっさき〜♪」
わざとらしくシンジの腕をがっちりと抱え込んで、アスカを優越感に浸りきった目で見た。
「くっ・・・」
唇を噛むアスカ。
「・・・くぅっ!」
ぎりぎりと歯を食いしばっているのはミサト。
「・・・ユウキちゃ〜ん・・・」
ウルウル涙目のマヤ。
「は、離れてよ、綾波さん・・・」
「なんで〜?良いじゃない、別に♪」
シンジとレイがそんな会話をしながらブリーフィングルームを出ていくと、ユイがアスカを見た。

641 :第九話 瞬間、心、重ねて:2006/10/17(火) 22:08:53
「・・・アスカちゃん?」
敗北感に浸っていたアスカは、突然声をかけられて文字通り飛び上がって驚いた。
「あ、は、はい!」
「ちょっと話があるの。良いかしら?」
「はい!」

ユイの研究室に場所を変えた二人は、コーヒーを片手に向かい合っていた。
「・・・こうして二人きりで話をするのは、初めてよね?」
「あ、はい。そうですね」
相手がシンジの母親でネルフの第2副司令だという事もあり、アスカはかなり緊張している。
「ふふっ。そんなに緊張しなくても良いのよ。私は、貴女の事を赤ちゃんの頃から見てるんだからね」
ユイが微笑んで言った言葉に、アスカは思わず声をあげた。
「あ・・・それじゃ、やっぱり・・・」
「そうよ。貴女とシンジは、いわゆる『幼なじみ』よ」

642 :第九話 瞬間、心、重ねて:2006/10/17(火) 22:09:53
「・・・」
それを聞いて、複雑そうな顔をするアスカ。
「あら、その顔は、覚えてないって顔ね?」
「・・・すみません・・・」
「謝らなくても良いのよ、別に。・・・キョウコは何も言ってなかったの?」
「はい・・・。あの、ママの事・・・」
「ええ、知ってるわよ。私の大親友だもの」
「そう・・・ですか・・・」
「・・・あの頃が懐かしいわ・・・まだ、キョウコが私達の家の隣に住んでて、貴女は
よくシンジと一緒に遊んでいたわ・・・それを見て、私達は『ちょうど良いから、この
二人を許嫁にしよう』って話し合っていたのよ」
悪戯っぽく言うユイ。
「えっ!?」
瞬間的に顔を真っ赤にしてユイを見つめるアスカ。
「まぁ、貴女達の意志は聞きようがなかったから、私達の勝手な思い込みだけどね」
「・・・」
「・・・知ってるでしょうけど、レイはシンちゃんの事が好きよ」
そう言って、じっとアスカの瞳を見つめるユイ。

643 :第九話 瞬間、心、重ねて:2006/10/17(火) 22:10:42
「・・・アスカちゃんは、どうなのかしら?」
「・・・アタシ・・・アタシは・・・」
瞳を伏せて俯いてしまうアスカ。
「もし、シンちゃんの事が好きだって言うなら、協力してあげるわ」
「えっ!?」
「・・・もちろん私はレイの母でもあるから、アスカちゃんだけに、っていう訳には
いかないわ。レイとアスカちゃん、二人に同じように協力するつもりよ」
「・・・碇副司令・・・」
「あら、そんな呼び方じゃ、協力してあげないわよ?」
「えっ?」
「せめて『おばさま』って呼んでくれるかしら?」
「あっ・・・す、すみません・・・お、おばさま」
「ふふっ・・・それで良いわ。で、アスカちゃんの気持ちはどうなの?」
「あっ・・・あ、あの・・・」
「・・・その顔を見れば、一目瞭然ね。いいわ、協力してあげる。ただし、私に出来る
事は、レイ以外のネルフの人間をシンジに近づけさせないようにするだけよ」

644 :第九話 瞬間、心、重ねて:2006/10/17(火) 22:11:54
「えっ?ファースト以外・・・ですか?」
「ええ。ミーちゃん・・・葛城一尉とか、技術部のマヤちゃんとかね。あの娘達も
シンちゃんを狙ってるらしいから、ね」
「ミサトとマヤが・・・わかりました、お願いします!」
「その意気よ。シンジは少しにぶちんだから、どんどん押さないとだめよ」
「はい!」
力強く頷くアスカ。
「・・・それじゃ、シンジをよろしくね、アスカちゃん」
そう言って微笑んだユイの顔が、慈母に見えたアスカだった。

「・・・うげ〜・・・」
ミサトは自分の執務室の戻って椅子に座ると、涙を滝の様に流し放心していた。
「関係各所からの抗議文と被害報告書、UNからの請求書、広報部からの苦情・・・
その他諸々・・・大変ね」
ニヤリと笑みを浮かべたリツコが何でもない様に言う。
「リツコぉ〜っ!」
ミサトが机に手を置き立ち上がった拍子に、山のごとく机の上に積み上げられた
書類がバサバサと床に崩れ落ちる。

645 :第九話 瞬間、心、重ねて:2006/10/17(火) 22:12:49
「一応は目を通した方が良いんじゃない?」
「読まなくても解ってるわ。喧嘩をするならココでやれって言うんでしょ・・・」
「ご明察」
「言われなくったって、使徒が片づけばココでやるわよ!!使徒は必ず私が倒すわ!」
ゲンドウポーズで決めるミサト。
「副司令はカンカンよ?今度、恥をかかせたら左遷ね。間違いなく」
「・・・で、私の首がつながるアイディア、持ってきてくれたんでしょ?」
「1つだけね・・・」
パッと表情が明るくなるミサト。
「さっすが赤木リツコ博士!持つべきものは心優しき旧友ね!」
「残念ながら旧友のピンチを救うのは私じゃないわ。このアイディアは加持君のよ」
リツコの持つディスクに『マイ・ハニ〜へ(はぁと)』と書かれている。
「・・・加持がぁ〜?」
ミサトはディスクを複雑な表情をしながらも受け取り、リツコは怪しい笑いを
浮かべ、その眼鏡はさらに怪しく輝いた。

646 :第九話 瞬間、心、重ねて:2006/10/17(火) 22:15:34
「・・・お休みなさい、綾波さん」
『ユウキ』がそう言って少しだけ微笑むと、レイは笑顔を浮かべて頷いた。
「お休み、ユウキちゃん。気をつけて帰ってね」
「はい。それじゃ・・・」
そう言って自宅に向かって歩き出したシンジに、レイは少しだけ眉をひそめて小声で呟いた。
「・・・シンちゃん・・・」
恥ずかしそうに俯いて足早に立ち去っていく後ろ姿を見て、レイは、マヤの気持ちが
わかったような気がしてしまい、慌てて首をぶんぶん振ってしまった。

次の日の朝、学校にも行かずにネルフに呼び出されたパイロット達は、発令所に集合していた。
発令所には三人のチルドレン達、ミサト、リツコの他にも、ゲンドウ、ユイ、冬月、
加持、マヤ、青葉、日向・・・つまり『いつものメンバー』が揃っていた。
「・・・第七使徒は現在修復中。再度侵攻予想時間は七日後。・・・そこで・・・」
思いっきり嫌そうな顔をしたミサトがそこで言葉をとぎって、アスカを睨みつけた。
「・・・第七使徒の弱点は一つ・・・分離中のコアに対する、一点同時荷重攻撃・・・
これしかないわ・・・つまり、エヴァ二体のタイミングを完璧に合わせた攻撃よ・・・
そのためには、二人の協調、完璧なユニゾンが必要なの・・・」
やけに力の入っていないミサトの声に、レイは嫌な予感に襲われて背筋を震わせ、
アスカは何となくニヤリとして、シンジは首を傾げた。

647 :第九話 瞬間、心、重ねて:2006/10/17(火) 22:16:36
「そこで・・・・・・・・・アスカとレイに、これから一週間の間、一緒に暮らして貰うわ」
かなりの間を空けてから、ミサトがそう言った。
「「はぁっ!?」」
アスカとレイが珍しくユニゾンした。
「・・・ミサトっ!」
リツコがミサトの後頭部を思いっきり殴りながら怒鳴りつけた。
「うぅっ!・・・い、痛いじゃないのよぉっ!」
よほど痛かったのか、ミサトは涙目になりながら加害者を振り返った。
・・・そこに立っていたのは、額に思いっきり青筋を立てた金髪の鬼だった。
「・・・ちょ、ちょっとした冗談じゃない・・・」
親友の激怒した姿に思いっきり退きながら、ミサトは全身に冷や汗を浮かべた。
「いい加減になさい!初号機の適格者はシンジ君しか居ないのよ!レイの零号機は
まだ修理中なの!シンジ君とアスカにユニゾンして貰うしかないって、昨夜さんざん言ったじゃない!」
リツコがミサトに詰め寄ると、ミサトも悔しそうに応えた。
「わ、わかってるわよ・・・」

648 :第九話 瞬間、心、重ねて:2006/10/17(火) 22:17:26
「・・・って事は・・・」
話の筋が見えたアスカは笑みを浮かべて隣に立っているシンジを見た。
「・・・アスカ、シンジ君。命令よ。これから六日間・・・六日間!だ!け!
・・・それだけで良いから・・・一緒に・・・暮らしなさい・・・」
やけに『六日間だけ』を強調するミサト。
その後の言葉には、やけに力が入っていない。
「ええっ!?」
驚くシンジ。
「・・・くっ・・・」
唇を噛み締めるレイ。
「・・・シンジ君・・・」
ウルウル涙目のマヤ。
「・・・シンジぃ・・・」
頬を紅くしてシンジを見ているアスカ。
「・・・反対しますっ!昔から、『男女七歳にして同衾せず』って言います!」
レイが思いっきり手を挙げてミサトに詰め寄った。

649 :第九話 瞬間、心、重ねて:2006/10/17(火) 22:18:24
「あたしもそう思うけど・・・今回ばかりは、他に作戦が無いのよ〜・・・」
心底トホホな顔で答えるミサト。
「・・・シンジぃ〜・・・一緒に暮らせるなんて夢みたいねっ!」
そう言いながら、思いっきりシンジの腕に抱きつくアスカ。
どうやら、拒否する意志は全く無いらしい。
「・・・それから、碇シンジ君」
辛うじて立ち直ったミサトが、アスカを睨みつけながら口を開いた。
「は、はい!?」
腕に感じるアスカの感触に顔を真っ赤にしたシンジが、慌ててミサトを見た。
「・・・貴方は六日間の訓練期間中、『特別装備』を装着する事」
ミサトの言葉を聞いて、シンジは思わず聞き返してしまった。
「・・・へっ?」
「ちょ、ちょっとミサトっ!そんな必要無いでしょうが!」
思わず怒鳴り返すアスカ。
アスカとしては、せっかくのシンジとの『同棲』なのに、シンジが『ユウキ』に
なってしまったら、まともに相手が出来なくなってしまうのだ。
それだけは何としても避けなければならなかった。

650 :第九話 瞬間、心、重ねて:2006/10/17(火) 22:19:14
「・・・昨日のシンジ君と初号機のシンクロ率は、それ以前のシンクロ率の最大値を
三ポイント近くも上回っていたわ。このデータから、シンジ君の特別装備装着は
シンクロ率上昇、つまり戦力増強に有効であると判断されました」
ミサトが冷静にアスカに対応する。
最初に気付いたのはミサトだった。
そして、その理由付けをしたのがマヤだった。
ミサトもマヤも、強力なライバルであるアスカとシンジが作戦のためであろうと、
一緒に暮らすなどと言う事は絶対に許せる事ではなかった。
しかし、これは作戦上どうしようもない。
そんな時にマヤがふと、戦闘中、アスカが弐号機と初号機の映像通信を切っていた事に気付いたのだ。
そして、リツコを交えて三人で考えた結果、『アスカは女装したシンジを見たくない』
との結論が導き出されたのだ。
その後の行動は早かった。
ほとんどこじつけに近いシンクロ率の上昇を理由にして、ミサトは直接ゲンドウに話をした。

651 :第九話 瞬間、心、重ねて:2006/10/17(火) 22:20:27
シンジを溺愛するユイや、常識人の冬月では話が通らないと思ったのだ。

すると、ゲンドウは二つ返事で了承したのだ。

どうやら、ゲンドウは息子であるシンジより、『ユウキ』の方がお気に入りらしい。
そうしてシンジの『特別装備』装着が決定された。
「・・・くっ・・・」
悔しそうに唇を噛んで俯くアスカ。
その姿を見て、ニヤリと笑うミサト、マヤ、それにレイ。
どうやら、この件『だけ』に関しては、お互いを仲間だと思っているらしい。
「・・・し、しょうがないわね!受けてたつわよ!」
少ししてから、アスカが顔を上げて毅然と言い切った。
(・・・そうよ!あたしは負けられないのよっ!)
「あ、アスカぁ!?」
「何よ?・・・もしかして、シンジは嫌なの・・・?」
少し寂しそうな顔をするアスカ。
「そ、そんなはずないよ!」
思いっきりドツボにはまるシンジ。

652 :第九話 瞬間、心、重ねて:2006/10/17(火) 22:21:37
「・・・良かった・・・」
そう言って微笑むアスカに、シンジは耳まで真っ赤にして顔を背けた。
「「「くぅっ・・・」」」
その光景を見て、ライバル'Sが悔しそうに唸った。

一行はリツコを先頭に、今回のユニゾンのために用意された特別宿舎に移動した。
「ここが訓練用の特別宿舎よ」
リツコが案内したのは、ネルフ本部の外、ジオフロント内のとある建物だった。
「・・・ここ・・・ですか?」
その建物に入り、部屋の中を見回したシンジが、呆然と呟く。
その部屋はかなり広い洋間で、部屋の中央には、宴会用のツイスターダンスマットが
二つ並べて置かれている。
他にもキッチンや風呂、洗面所など、生活に必要な施設は一通り揃っていた。
寝室らしき部屋に置かれているベッドは、キングサイズの物が一つしかなかった。
その光景に、アスカは顔を赤くして俯いた。
シンジも、それが意味するところを理解して真っ赤になっている。

653 :第九話 瞬間、心、重ねて:2006/10/17(火) 22:22:32
「・・・あ・・・」
「・・・り、リツコさん・・・?」
「何かしら?」
「・・・な、何かしら、じゃないわよ!このパツキンマッドぉ!べ、べ、べ・・・
ベッドが・・・ベッドが一つしか無いじゃないのっ!」
ミサトが怒りのあまり額に大きな青筋を浮かべてリツコを怒鳴りつけた。
「・・・訓練のためよ。シンジ君とアスカに生活の全てをシンクロさせて貰わなきゃ、
ユニゾンの成功は望めないわ。それはわかっているでしょう?」
リツコは涼しい顔でミサトに言い返したが、よく見ると口元がひくついているのがわかる。
「ぐぐぐ・・・で、でもっ!わざわざ一緒のベッドに寝なくても良いでしょうが!」
「・・・あら、一緒のベッドじゃなきゃダメだって、MAGIが予想してるわ。
一緒のベッドで就寝した場合のユニゾンの成功率は87.9%。・・・それに対して、
別々のベッドで就寝した場合のユニゾンの成功率は18.6%まで落ちるのよ」
冷静に言って横目でミサトを見るリツコ。
もちろん、これがいい加減な数字であることは言うまでもない。
「しょ、しょんなぁ・・・」
思いっきり泣きそうな顔をしているミサト。

654 :第九話 瞬間、心、重ねて:2006/10/17(火) 22:23:57
「あ、あの・・・こっちの部屋は空いてるみたいですけど・・・」
シンジがおずおずと尋ねると、リツコはニヤリと笑みを浮かべて言った。
「そこには、レイが一緒に住むのよ」
「・・・えっ?」
リツコの言葉の意味が理解できず、首を傾げるシンジ。
「レイ、今回の作戦監督は貴女に任せるわ。・・・これはユイ博士の命令です」
前半はレイに、後半はミサトに言うリツコ。
「は・・・はいっ!らぁっき〜っ!」
レイは信じられない様な表情を浮かべていたが、それはだんだんと喜びの表情に
変わっていき、ガッツポーズをして叫んだ。
「・・・あうぅ〜・・・」
滝涙を流すミサト。
「・・・ちっ・・・」
小さく舌打ちするアスカ。
(・・・ユイおばさまの命令じゃ仕方ないわね・・・てっきり、ミサトあたりが
『あたしは作戦の責任者ですっ!』とか言って乗り込んでくると思ったのに・・・)

655 :第九話 瞬間、心、重ねて:2006/10/17(火) 22:25:17
 これがユイ以外の命令だったら、絶対に反対を貫き通すつもりだったアスカだが、
さすがに自分の味方になると言ってくれたユイの言葉には逆らえなかった。
「・・・ただし、出来うる限り二人の邪魔をしない事。貴女の任務は、この二人の
物理的結合を阻止する事に限られるわ」
「・・・ぶ、物理的って・・・?」
シンジが少し眉をひそめて尋ねる。
「・・・」
アスカは、シンジの横顔を見て真っ赤になって俯いてしまった。
「了解・・・私の命に代えても、そんな事はさせません」
レイは冷たい氷の様な表情でアスカを睨みつけながら、力強く言った。
それは、いつもの明るいレイからはまるで想像が出来ない様な表情だった。
「・・・あ、綾波・・・」
無表情なレイの顔を見て、少し怯えるシンジ。
「なぁに、シンちゃん?」
シンジの方を向いたとたんに、いつもの明るい笑顔を見せるレイ。
「あ・・・な、何でもないよ・・・」
(・・・あれ?さっきの、見間違いかな・・・?)
のんきにそんな事を考えているシンジ。

656 :第九話 瞬間、心、重ねて:2006/10/17(火) 22:26:10
「・・・邪魔するんじゃないわよっ!ファースト!」
「フン!あなたなんかにシンちゃんは渡さないわ!」
互いに言って睨み合うアスカとレイ。
「・・・あ、あの・・・」
二人に挟まれて怯えるシンジ。
(・・・こうなったら、レイに後を任せるしか無いわね・・・どうせ、ユイ博士が
後ろにいるんだから、あたしはどうやっても干渉出来そうに無いし・・・)
そんな3人の様子を見ながら落ち着いて考え込むミサト。
「・・・それじゃ、作戦の詳しい行動を伝えるわ。シンジ君、アスカ。このディスクに
入ってる曲に合わせて、二人で寸分違わず踊れる様にするのよ」
ミサトが考え込んでしまっているため、リツコはため息をついて一枚のディスクを取り出し、二人に説明した。
「は、はい・・・」
「りょ〜かい!まっかせときなさい!」
踊りなど経験のないシンジは不安そうに、逆に、なぜか社交ダンスなども教わった事
があるアスカは思いっきり嬉しそうに頷いた。

657 :第九話 瞬間、心、重ねて:2006/10/17(火) 22:27:17
「・・・それから、レイ」
「はい?」
「シンジ君・・・いえ、『ユウキちゃん』の身の回りの世話は貴女がしてあげなさい。
もしなんだったら、マヤとか学校の友達を使っても良いから。・・・ただし、部外者は
ジオフロント・・・この宿舎はともかく、本部へは入れない様に。良いわね?」
「はいっ!」
リツコの『お墨付き』を貰って、レイは嬉しそうに頷いた。
「・・・というわけで、よろしくね、ユウキちゃん!」
「あ・・・は、はい・・・」
シンジはすでに諦めの境地にたどり着いていた。

シンジ達が学校に登校しなくなってから2日後、第一中学校の2−Aの教室で。
「・・・この間の戦闘以来、碇と惣流、綾波の3人が揃って登校してこないな」
「・・・そうやな・・・」
デジカメのレンズを丁寧に磨いているケンスケと、眉をひそめて応えるトウジ。
「・・・何かあったんやろか?」
少し間をあけてから、トウジが心配そうに言った。
「・・・昨日、パパのデータを覗いてみたけど、碇達の情報は無かったよ」
今度はケンスケが何かを考えながら応える。

658 :第九話 瞬間、心、重ねて:2006/10/17(火) 22:28:29
「・・・・・・・・・そうや!碇さん、こないだの戦いで怪我したんや!」
トウジは、珍しく少し考え込んだ後、ガタッと大きな音を立てて立ち上がりながら叫んだ。
「・・・あ?」
間抜けな声をあげてトウジを見るケンスケ。
「・・・碇さんが怪我してもうたって〜ことは・・・見舞いやぁ〜!ケンスケ!
碇さん達の見舞いに行くでぇ〜!・・・碇さん!わいが!この鈴原トウジがお見舞いに
行きまっせぇ〜!!」
トウジは嬉しそうに拳を握り、鼻息も荒く叫んでいる。
「・・・はぁ・・・」
すっかり盛り上がってしまっているトウジの姿に、密かにため息をついたケンスケ。
(・・・だが・・・待てよ?・・・もしも碇達が怪我して入院しているとしたら、
ネルフ本部の病院に入院しているはずだな・・・これは・・・チャンスか・・・)
ケンスケは、そう考えた次の瞬間には、トウジと一緒になって拳を握りしめ、気合いを入れていた。
「・・・ケンスケ!放課後や!放課後にになったら速攻で行くでぇ〜!」
「わかってるさ!・・・その時が勝負だ!」
互いに顔を見合わせてニヤリと笑いあう二人。
・・・だが、そんな二人の姿を密かに見ている一人の少女の姿があった。

659 :第九話 瞬間、心、重ねて:2006/10/17(火) 22:29:47
司令執務室、いつもの二人の男が会話していた。
「・・・碇・・・本当に良いのか?」
「・・・問題無い。シナリオに変更はない・・・」
冬月の問いにそう応えて、ゲンドウは手元の書類に目を落とした。
「・・・まぁ、別に構わないが・・・お前・・・実はシンジ君・・・いや、ユウキ君に
会いたいだけなんじゃないのか?」
その冬月の一言で、ゲンドウは真っ青になって汗をだらだら流した。
どうやら、ユイに黙ってシンジ、いや、ユウキを食事に連れていったりしている事を
言われているらしい。
「っ!・・・ふ、ふ、冬月先生・・・」
「・・・久しぶりだな、お前にそう呼ばれるのは・・・」
ニヤリと笑って冬月は続けた。
「確か、前にそう呼ばれたのは・・・うん?いつの事だ?・・・う〜む・・・」
(こ、このボケ老人めが・・・いつか必ず更迭してやる・・・いや、どうせなら消した方が早いか・・・)
ゲンドウはまだドキドキしている鼓動を必死に押さえながらそう考えていた。

660 :第九話 瞬間、心、重ねて:2006/10/17(火) 22:30:45
「・・・あなた、いますか?」
その時、突然ドアが開き、ユイが入ってきた。
「・・・ゆ、ユイ!?」
先ほど以上にバクバク鳴っている心臓を必死になって落ち着けようとするゲンドウ。
「あなた、零号機の修理に関してですが・・・あら、どうかしましたか?」
「い、い、いや、何でもない・・・」
必死になって
「・・・何でもないことはなかろう、碇・・・」
「ふ、冬月っ!?」
ゲンドウは慌てて冬月の口を塞ごうとしたが、ちょっとだけ遅かった。
「ユイ君、碇はどうやら『ユウキ君』にことのほか執心らしい。先日もわざわざ
シンジ君を女装させて食事に連れていったらしい。今、その話をしていてな・・・」
冬月の言葉が執務室を静まり返らせた。
「・・・ゆ、ゆ、ユイ、こ、これは誤報だ・・・」
辛うじて言葉を絞り出したゲンドウだが、ユイから返ってきたのは沈黙だった。
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
「そ、そうだ!私は父親として、ユウ・・・いや、シンジに色々と話をして・・・」
ゲンドウの必死の言い訳だが、冬月がニヤリと笑って突っ込んだ。

661 :第九話 瞬間、心、重ねて:2006/10/17(火) 22:33:23
「それなら、女装させる必要はあるまい?」
「・・・あなた・・・」
ユイがぽつりと呟くと、ゲンドウが全身をびくりと震わせた。
その全身からはだらだらと冷や汗が流れ落ちている。
「っ!」
「・・・冬月先生、少々、席を外していただけますか?」
にっこりと笑って言うユイ。
「ああ、構わんよ。・・・碇、たまには夫婦でゆっくりと話し合ってみるんだな」
「ふ、冬月先生っ!」
ゲンドウの叫びを背に、冬月はニヤリと笑いながら執務室を出た。

「・・・え〜と・・・」
「・・・どないするんや?」
トウジは、ほぼ全力疾走でネルフ本部の正面ゲートまでダッシュして来ていた。
そこまで体力のないケンスケは、運良く居たネルフ本部行きのバスに乗ってきたのだ。
そして、二人の目の前に現実が立ちはだかった。
ネルフ本部の正面ゲートは、セキュリティパスも持たない一般人である二人に対しては
開かれる事はなかった。

662 :第九話 瞬間、心、重ねて:2006/10/17(火) 22:34:11
「・・・」
「・・・」
「・・・なぁ、ケンスケ・・・」
「・・・・・・」
思いっきり情けない顔をしているトウジとケンスケ。
その時、ぼ〜っと正面ゲートを見つめる二人の背後に近づく人影があった。
「・・・あ〜ら〜・・・鈴原と相田君じゃな〜い?」
「「えっ!?」」
唐突に耳に入ってきた声に、二人は全く同じ動作で振り返った。
「・・・い、イインチョ!?」
「・・・な、なんで・・・!?」
振り返った二人は、立っていたお下げの少女を見て、思わず一歩退いてしまった。
その少女・・・洞木ヒカリは、その顔立ちからはまるで想像もつかないほどかけ離れた
ニヤリ笑いを浮かべ、黒ジャージメンとカメラ眼鏡野郎の全身に冷や汗を流させる事に成功した。

663 :第九話 瞬間、心、重ねて:2006/10/17(火) 22:35:02
「・・・ダメね。もう一度よ」
遠慮会釈無く突っ込む声に、当事者達は深い深いため息をついた。
「・・・わかってるわよ・・・ほら・・・」
「あ・・・う、うん・・・」
異様に深いため息をついて、のろのろと立ち上がるアスカとシンジ。
そして、苦々しい顔で二人を見ているレイ。
二人は、並んで、床に並べられたダンス用のツイスターマットの上に乗った。
「・・・音楽、スタート」
レイの声と同時に、室内に曲が流れ始めた。
二人はその曲に合わせて身体を動かす。
これがユニゾンの訓練だった。
二人の心と身体に全く同じリズムを刻み込み、寸分違わぬユニゾンを完成させるのだ。
「・・・あぁっ!もうやめやめっ!」
突然、二人を見ていたレイが叫び、曲を流していたミニコンポを止めた。
「・・・」
曲が止まったとたん、アスカもシンジもその場でへたり込んだ。

664 :第九話 瞬間、心、重ねて:2006/10/17(火) 22:36:08
すでに、本日の訓練時間は連続で6時間ほどになろうとしている。
つまり、二人とも疲れきっているのだ。
ついでに言うと、二人は最初からそれなりに上手くユニゾンしていた。
それが気に入らないレイが何度も連続で休み無しで踊らせていたため、二人は疲労して
だんだん動きが合わなくなってきていたのだ。
「・・・全く・・・セカンド!あなたやる気あるの!?」
レイがアスカに怒鳴りつけた。
「なんですってぇ!?」
速攻で怒鳴り返すアスカ。
その横では、シンジがため息をついている。
「貴方がユウキちゃんに合わせなきゃダメじゃないの!」
「ふっざけんじゃないわよ!アンタにそんな事を言われる筋合いはないわよっ!」
「・・・なによ!ユウキちゃんに合わせられないくせに!」
「っ・・・ふ、フン!アンタなんか、そもそも戦闘にも出られないじゃない!」
「なんですってぇ!?零号機は修理中だからって言ってるじゃないの!」
「フン、どうだか!」

665 :第九話 瞬間、心、重ねて:2006/10/17(火) 22:37:17
「・・・あ〜の〜ねぇ〜!それなら、弐号機には私が乗るわよっ!」
「ふざけんじゃないわよっ!弐号機はアタシ専用機よっ!・・・アンタなんか、
プロトタイプ、試作型の零号機で十分よ!」
胸を張って言うアスカに、レイがとうとうキレた。
「・・・くっ・・・こんの〜・・・赤毛ザルがぁっ!覚悟しなさいよっ!」
「覚悟すんのはアンタの方よっ!」
猛然とアスカに飛びかかるレイと、それを迎え撃つアスカ。
「・・・また始まっちゃった・・・母さん、ミサトさん、マヤさん、洞木さん・・・
・・・助けてよぉ・・・」
いつの間に移動したのか、シンジが部屋の隅で膝を抱えてうずくまり、呟いていた。
その呟きの中に、ゲンドウを初めとする男どもが入っていないのが何故か哀愁を誘う。
ちなみにシンジの傍らには、シンジが持ってきたであろうミニコンポが置いてある。
どうやら、ユニゾンの訓練に必要な曲が録音されたDATディスクを心配して、抱えて
非難してきたらしい。
「・・・食らいなさいっ!アスカクラッシュぅっ!」
「なんのっ!!レイちゃんハイパ〜アタック〜っ!」
「なんとぉっ!スピニングバードナックルぅぅぅっ!」
「フンっ!昇竜脚っ!」
アスカとレイの勇ましいかけ声と同時に、その部屋に置いてあった家具がボコボコと
破壊されていく。

666 :第九話 瞬間、心、重ねて:2006/10/17(火) 22:38:08
第一中に数多くいるであろう二人のファンがこの姿を見たら、間違いなく後ずさりする
ところだろう。
「・・・やめてよぉ・・・」
涙目になりながら、一人部屋の隅で呟くシンジ。
女装している事もあり、その姿は見る者の保護者意識に強烈な揺さぶりをかけてくる。
だが、残念ながら当事者達は誰もその姿を見ていなかった。
「これでどうっ!?竜巻旋風掌!」
「まだまだぁっ!真空波動脚っ!」
滅茶苦茶な事を叫びながら、ただひたすら肉弾戦を続ける二人。
そして、二人の戦いが佳境に差し掛かってきた時。
ぼこっ、という鈍い音の後、どさっ、と何かが倒れるような音がした。
咄嗟にちらりとそちらに目を向けるアスカとレイ。
「シンジっ!」
「ユウキちゃんっ!」
二人の視線の先には、飛んできた家具の破片の直撃を食らって意識を失っている
シンジの姿があった。

667 :第九話 瞬間、心、重ねて:2006/10/17(火) 22:39:15
二人は即時停戦し、ミサトに連絡をとってシンジを病院に運び込んだのだが・・・
「・・・・・・」
「・・・・・・」
「・・・で?」
ミサトは、目の前にいる二人の少女を見比べて口を開いた。
「・・・・・・」
「・・・・・・」
「・・・なんで彼が気絶したの?・・・リツコの診察によると、頭部に衝撃を受けた
結果だという事だけれど・・・」
黙り込んでいる二人に、ミサトは思いっきり冷たい声で言った。
「・・・アスカ。やる気が無いのなら、さっさとドイツに帰りなさい。レイもよ。
作戦の邪魔をする様な人間は、ネルフには必要ないわ。どこへでも行きなさい」
(そうなれば、シンジ君とあたしの愛が成就するのは確実ね!むふっ、むふふ・・・)
言っていることは厳しいが、考えていることは煩悩丸出しのミサト。
少しだけ目がイっているように見える。
「・・・」
「・・・」
紅い髪の少女は唇をぐっと噛み締めてそっぽを向いている。
蒼い髪の少女は俯いて泣きそうな顔をしている。

668 :第九話 瞬間、心、重ねて:2006/10/17(火) 22:40:15
「・・・とにかく、今回の事は特別に不問にするわ。・・・ただし!・・・万が一
もう一度こんな事があったら、貴女達にはそれなりの『責任』をとって貰うわよ。
・・・宿舎に戻りなさい」
そう言ってアスカとレイを睨みつけるミサト。
「・・・フン!」
「・・・失礼します・・・」
聴取室を出た二人は、とぼとぼと、元の宿舎に戻って行った。

一方、ミサトはリツコの研究室に来ていた。
マヤも休憩だということで遊びに来ていたので、ミサトは二人を相手に先ほどの顛末を熱く語った。
「・・・って訳よ。・・・全くあのバカ娘達は・・・」
事の次第を説明し終えたミサトの呟きに、リツコが応えた。
「・・・無様ね」
「・・・誰が、かしらん?」
ミサトが横目でちらりとリツコを見て言った。
「・・・」
それには応えずに、リツコはため息をついた。
「でも、葛城一尉!どうしてあの二人を罰さなかったんですか!?」
リツコが何も言わないのを見て、マヤが突っ込んだ。

669 :第九話 瞬間、心、重ねて:2006/10/17(火) 22:42:07
「・・・ユイ博士のお達しよ。・・・あたしがあの娘達に会う前にあたしの所に来て、
『今回の事は不問にしなさい』ってね・・・」
少しだけ悔しそうにミサトが答えると、マヤも唇を噛み締めた。
(・・・くっ!・・・ユイ博士を味方につけてるからって、二人ともいい気になって!
見てなさい!いつか必ずユウキちゃんを私のモノにするんだから!)
「・・・マヤちゃん・・・負けないわよ・・・」
いきなりミサトがぼそっと呟いたので、マヤは驚いて目を見開いた。
「・・・マヤ、考えてる事を喋っていたわよ・・・」
忠告するようなリツコの言葉に、マヤは冷や汗を浮かべて頬を引きつらせた。

「・・・」
「・・・」
宿舎に帰ってきたアスカとレイがリビングに入ると、頭に包帯をぐるぐる巻きにした
シンジが少しだけ微笑んで言った。
「・・・あ、お帰りなさい、二人とも」
「し、シンジ!?」
「シンちゃん!?」
女物のワンピースを着てはいるが、カツラを外しているシンジの姿に、レイも思わず
シンジの『本名』を呼んでしまった。

670 :第九話 瞬間、心、重ねて:2006/10/17(火) 22:43:11
ちなみに、アスカはこれまで一度もシンジの事を『ユウキ』と呼んではいない。
「そろそろお腹空いてるでしょ?ご飯の支度、始めるね」
そう言ってシンジは立ち上がった。
「・・・ご、ごめんなさい!シンちゃん!」
「良いよ、もう。気にしてないから。・・・それに、無事だったんだし・・・」
「・・・ありがと・・・」
レイがほっとした表情で応えた。
それを見たアスカはムッとして言った。
「・・・大体、アンタが悪いのよ!バカファースト!」
「何ですって!?」
「・・・や、やめてよ、二人とも・・・」
シンジのおずおずとした声が聞こえると、二人ともハッとして、ばつの悪そうな顔になって横を向いた。
「・・・ふ、フン!」
「・・・」
アスカは鼻を鳴らして自分の部屋に戻って行き、レイはそんなアスカの後ろ姿を
冷たい視線で睨みつけていた。

671 :第九話 瞬間、心、重ねて:2006/10/17(火) 22:44:00
「・・・あ、あの・・・綾波は、晩ご飯は何が食べたい?」
そんなレイに、シンジが本当におずおずと尋ねた。
「あ、そうねぇ・・・」
レイが考え込んだ時、玄関でチャイムが鳴った。
「・・・あれ?誰かな・・・?」
シンジが意外そうな顔をして玄関に向かった。
その後ろ姿を、少し寂しそうに見るレイ。
「・・・は〜い・・・どちら様ですかぁ?」
女装中のシンジ−『ユウキ』が声をあげると、大きな声で応えが返ってきた。
「い、碇さ〜んっ!わ、わいでっせ!鈴原トウジでっせぇ〜!」
「・・・相田もいるぞ〜・・・」
玄関を開けるシンジの目に、もう一人、なじみの顔が飛び込んできた。
「いらっしゃい、二人とも・・・あ、洞木さんも・・・」
2バカの背後に大人しく立っていたのは、洞木ヒカリだった。
ヒカリは、『今回の作戦におけるユウキのサポートに必要な人材である』との
レイの『強烈』な押しによって、特別にジオフロント内の特別宿舎へ入る許可証を
特別に手に入れていたのだ。

672 :第九話 瞬間、心、重ねて:2006/10/17(火) 22:44:53
ジオフロントの入り口からこの特別宿舎までは、ほぼ一本道であり、それ以外の場所へ
移動する事は固く禁じられている。
もちろん、ヒカリの持っている許可証は今回の作戦期間中だけ有効なものであり、
それほどレベルの高いパスではない。
というより、ほとんどジオフロントに入れる、といった程度のものでしかない。
トウジとケンスケは、「ヒカリの言う事には絶対服従」という条件で、ヒカリと一緒に
ここまで入ってこれたのだ。
当然、完全な部外者であるトウジとケンスケは速攻でセキュリティに引っかかり、
ヒカリが慌てて駆けつけた保安部員に事の次第を説明し、ミサトの許可を貰ったのだ。
最初は、優しげな微笑みを浮かべていたヒカリだったが、シンジの頭に巻かれた
包帯に気付くと、強烈な、としか言いようがない表情を浮かべてシンジに詰め寄った。
「こんにち・・・ど、どうしたのっ!?その頭はっ!」
「あ・・・こ、これは・・・その・・・」
戸惑うシンジに、ヒカリだけでなくトウジも慌てて顔を寄せてくる。
「ど、どないしはったんでっか!?ま、まさか、あの凶暴女にやられたとか・・・」
「ううん!そ、そんなこと・・・」
シンジは思わずアスカを庇ってしまったが、語尾は濁ってしまった。

673 :第九話 瞬間、心、重ねて:2006/10/17(火) 22:45:52
それを聞いて、ヒカリの脳裏に事の顛末が明確に想像された。
(・・・あの二人ね・・・ユウキさんに怪我をさせるなんて・・・)
「・・・良いのよ、隠さなくても・・・。ユウキさん、安心して。私があの二人に
きつ〜く言っておくから、ね?」
ヒカリがにっこり笑ってそう言ったが、それを見たシンジの顔に縦線が入っていた。
「・・・は・・・はい・・・」
(ほ、洞木さん、目が笑ってない・・・本気で怒ってる・・・こ、怖いよ・・・)
「ふふふ・・・」
怪しげな笑いをもらすヒカリ。
「・・・あ、あの・・・トウジ君とケンスケ君、何か用があったんですか?」
ヒカリが目の前にいるので、すっかり女言葉になってしまっているシンジだが、
実は3人だけの時には、アスカの『命令』で男言葉を使っている。
もちろんレイが猛反対したが、シンジの希望もあり、女言葉を使うのはヒカリやマヤ達
『客』がいる時だけだ。
どうやらシンジもこの『切り替え』にだいぶ慣れたらしい。

674 :第九話 瞬間、心、重ねて:2006/10/17(火) 22:46:49
「あ、ああ。・・・この間の戦闘の後から学校に来ないから、どうしたのかと思って
様子を見に来たんだ。これ、たまってたプリントだよ」
ケンスケが来訪の理由を説明しながら、鞄からプリントを取り出して差し出した。
「ありがとう・・・ケンスケ君」
頷いてプリントを受け取ったシンジだが、その際にケンスケの指に僅かに自分の指が
触ってしまったシンジは、なぜか頬をピンク色に染めて俯いてしまった。
「・・・(ポッ)」
そのあまりの可憐さに、ケンスケは思わず真っ赤になりながらカメラを取り出して
激写をかまし、ヒカリは顔どころか全身を真っ赤にしてシンジをぼ〜っと見つめ、
トウジは訳が分からない、といった表情でシンジとケンスケを見比べていた。
「・・・け・・・」
やがて、やっと何が起こったのか理解したトウジが、俯いて呟いた。
「?」
首を傾げるシンジ。
「・・・ケンスケ〜っ!」
そう叫んだトウジは、顔を上げてケンスケを睨みつけた。

675 :第九話 瞬間、心、重ねて:2006/10/17(火) 22:47:50
「な、なんだよ?」
トウジのあまりの形相に、思わず一歩退くケンスケ。
「・・・わいはお前を殴らなあかん!殴っとかな、気がすまんのや!」
そう言いながら思いっきり拳を握り締めているトウジに、ケンスケは冷や汗を
だらだら流しながら聞き返した。
「なっ・・・な、何でだよっ!?」
「じゃかましいわいっ!」
トウジが拳を振りかぶったところで、慌てた声が止めに入った。
「や、やめてっ!」
「止めてもムダや!イインチョ・・・って・・・い、碇さん!?」
「・・・殴るなんて・・・やめて・・・」
自分が殴られた時を思い出したのか、シンジの瞳は少し潤んでいる。
おまけに、漆黒の髪に純白の包帯が妙なアンバランスさを醸し出しており、それが
シンジを『ユウキ』として見せている。
その姿はまさに『上目遣いに懇願する潤んだ瞳の美少女』であり、それはトウジの心の
ツボにきっちりとハマった。

676 :第九話 瞬間、心、重ねて:2006/10/17(火) 22:48:37
「うっ・・・い、碇さん・・・」
シンジの『ウルウル瞳攻撃』を直撃で食らったトウジは、顔どころか全身を真っ赤にして、シンジを見た。
もちろん普段のトウジなら慌てて目を逸らすところなのだが、今は『ユウキ』に完全に
魅せられていて、それすらも出来なかった。
そんなトウジにかけられる、地の底から響くような声。
「・・・す〜ず〜は〜ら〜っ!」
声のした方を振り向いたトウジは、一瞬で顔を引きつらせた。
「な、なんやイインチョ!?」
そこには、怒り狂った『鬼委員長』こと洞木ヒカリがいた。
目の辺りに影を作り、口元は僅かに歪んでいる。
なおかつ滲み出るそのオーラは純粋に嫉妬に狂っている。
どうやら、シンジに『ウルウル瞳攻撃』を食らったトウジが羨ましいらしい。
「なになに〜?ど〜したの〜?」
その時、玄関にレイが出てきた。

677 :第九話 瞬間、心、重ねて:2006/10/17(火) 22:49:33
「あ、綾波さん。こんにちわ」
「おう、綾波やないか・・・」
「よう、綾波」
ヒカリ達が出てきたレイを見て挨拶した。
「あれ?洞木さんと2バカ?」
レイは、ヒカリはともかくトウジとケンスケが来たのを不思議に思い、首を傾げた。
「なんや綾波!2バカっちゅうのは、誰のこっちゃ!?」
すぐにトウジが言い返した。
どうやら自覚が無いらしい。
ちなみに、これにはシンジは数えられていない。
「言うまでも無いと思うけど〜?」
「ぐっ・・・。あ、綾波・・・きついじゃないか・・・」
ケンスケが少し引きつった顔で言った。
「・・・そう?でも、相田君っていつも女の子ばっかりとってるんだもん。
気をつけないと変態すれすれだよ?」
「っ・・・い、いいじゃないか、別に・・・」
完全に引きつった顔のケンスケが、力無く答えた。
どうやら、本当のことを言われてショックを受けたようだ。

678 :第九話 瞬間、心、重ねて:2006/10/17(火) 22:50:25
「・・・と、とにかく中に入って下さい。こんなところで立ち話もないでしょうから」
シンジがそう言い、皆は宿舎の中に入って行った。
「・・・で、訓練はどうなの・・・って、昨日と家具の配置なんかが違うみたいだけど
・・・どうしたの?模様替えでもしたの?」
皆が椅子に座り、シンジがお茶を出したところで、リビングを見回していたヒカリが口を開いた。
「あ・・・そ、それは・・・あの、その・・・」
後頭部に大きな汗をつけながら、何とか言い逃れようとするレイ。
「・・・それに、ユウキさんの頭の怪我のことも聞きたいわ・・・」
そう言うヒカリの視線は、まるでロンギヌスの槍の様にレイを串刺しにしている。
その視線のあまりの恐ろしさに、レイは全身に冷や汗を流した。
「そ、そうや!綾波!説明せんかい!」
「鈴原は黙ってなさい!」
「・・・お、おぅ・・・」
ここぞとばかりに追求したトウジだが、ヒカリの一喝で黙り込んでしまった。
どうやら、今のヒカリに逆らうことは、非常に危険だと理解しているらしい。
ちなみにケンスケは、触らぬ神にたたりなし、とばかりに横を向いている。

679 :第九話 瞬間、心、重ねて:2006/10/17(火) 22:51:37
「あ、あの・・・あははは・・・」
笑って誤魔化す、という古典的な手に出たレイだったが、ヒカリの視線はますます厳しくなった。
「・・・笑っている場合じゃないでしょう!綾波さんっ!」
「は、はいぃ!」
いきなりヒカリに胸ぐらを掴まれたレイは、真っ青になって上体を反らして一生懸命
ヒカリから逃げようとした。
「・・・うっさいわねっ!」
その時、怒鳴り声と共にアスカがリビングに入ってきた。
「あら?ヒカリ・・・と2バカ?」
アスカはそこにいた者達を見て少し首を傾げた。
「・・・アスカ。ちょうど良いわ。貴女もここに来て・・・」
ヒカリの表情が、ほんの少しだけ落ち着き、レイの胸ぐらを掴んでいた手を離した。
(・・・ほ、洞木さんってば・・・怖いぃ・・・い、今の内に逃げなきゃ・・・)
ヒカリの気がアスカの方に逸れている内に、その場から撤退しようとしたレイだが、
残念ながら相手は逃がしてはくれなかった。

680 :第九話 瞬間、心、重ねて:2006/10/17(火) 22:52:14
「・・・綾波さん・・・」
「っ!」
身体をビクッと震わせるレイ。
ヒカリのたった一言で身動きすることを封じられてしまったレイだが、これでも一応、
エヴァのパイロットとして厳しい訓練を受けており、それなりの力を持っているのだ。
そのレイにして、今のヒカリには絶対に逆らってはいけないと、と感じられていた。
「はぁ?何言ってるのよ?」
少し眉をひそめて言い返すアスカ。
「・・・良いからっ!はやくなさい!」
ヒカリが怒鳴りつけた。
その声に、アスカとレイは当然ながら、シンジ、トウジ、ケンスケも思わず身を竦めてしまった。
「・・・わ、わかったわよ・・・」
アスカがおずおずと空いている席−レイの隣に座ると、ヒカリは二人の顔を見て口を開いた。
これが、この後3時間以上に渡る『洞木ヒカリの説教会』の始まりだった。

681 :第九話 瞬間、心、重ねて:2006/10/17(火) 22:53:00
「・・・まぁ、二人も反省したようだから、今日はこれくらいにしておきましょうか」
ヒカリがそう言った時には、時刻はすでに夜8時を回っていた。
「・・・ようやく終わったんか・・・腹減ったのお・・・」
ずっとヒカリによるアスカとレイの説教に付き合っていた(というか、途中で
逃げ出せるような雰囲気ではなかった)トウジが、腹を押さえて呟いた。
「・・・そ、そうね。・・・それじゃ、そろそろ失礼しましょ・・・」
自分があまりにも長い時間、皆を拘束していた事に気付いたのか、ヒカリが申し訳なさそうな顔をして言った。
「あ・・・3人とも、晩ご飯食べて行きませんか?明日、学校は休みなんでしょ?」
ここでヒカリが帰ったらアスカとレイがどのような反応をするかと思ったシンジは、慌てて3人を引き留めた。
「え?で、でも・・・」
「それもそうね。・・・家なら電話すれば良いでしょ?」
今まで説教されていた事も忘れたかのようにアスカがヒカリを誘った。
(・・・ふふふ・・・アタシとシンジが一緒の部屋なのは作戦上仕方ない事だし、
2バカは適当にベランダにでも放り出しておけば良いだろうし・・・ここは、ヒカリに
邪魔なファーストを監視して貰うのが一番よね!)

682 :第九話 瞬間、心、重ねて:2006/10/17(火) 22:53:45
「わいは・・・」
妹が心配だから、と断ろうとしたトウジの瞳に、シンジの不安げな表情が映った。
「・・・トウジ君も泊まって行ってくれるでしょ?」
「お、おう!・・・碇さんのお誘いを断るなんて、わいに出来るわけあらへん!」
速攻で思いっきり頷きながら言うトウジの脳裏には、怪しい妄想が大爆発中。
(・・・『い、碇さんっ!』『・・・トウジ君・・・』『碇さん・・・綺麗や・・・』
そして・・・そしてわいらは・・・熱い夜を、情熱的に過ごすんやぁっ!)
思いっきりにやけているトウジの顔になど全く気付かずに、シンジはケンスケを見て尋ねた。
「ありがとう。ケンスケ君は?」
「ああ。良ければ、俺も泊まらせて貰うよ」
シンジの言葉に素直に頷くケンスケ。
(・・・くっくっくっ・・・もしかしたら、碇のパジャマ姿が撮れるかも知れないよ!
売れる、売れるよ・・・一枚500円でもいいな・・・それに、うまくいけば惣流と
綾波、それに委員長のパジャマ姿も・・・)
こちらはこちらで、『商売』の事しか考えていない。
「・・・ほら、2バカもこう言ってる事だし、ヒカリも泊まって行けば良いじゃない」
「そうよね。洞木さん、どうかしら?」
レイもアスカの援護をした。

683 :第九話 瞬間、心、重ねて:2006/10/17(火) 22:54:36
(・・・洞木さんが一緒に居てくれれば、さすがのセカンドも一緒の部屋で寝るなんて
事は無いわよね・・・もし、シンちゃん達が一緒に寝るとしても、洞木さんを口実に
たまにはみんなでパジャマパーティでも、って言えば、いいくるめるだろうし・・・)
「で、でも、着替えも無いし・・・」
「そんなのアタシの予備を貸してあげるわよ」
「あ、ありがと・・・」
ヒカリがとうとう陥落した。
その脳裏には、妹のノゾミと姉のコダマが二人で寂しくカップラーメンを食べている
場面が浮かんでいる。
(た、たまにはいいわよね!そ、それに、せっかくのユウキさんのお誘いだし・・・
断って、ユウキさんを傷つけるのもアレだし・・・い、いいわよねっ!そ、それに、
ユウキさんのパジャマ姿も見れるし・・・きゃっ!イヤンイヤン・・・)
どうやら、ヒカリの頭にはトウジとケンスケの事は全く入っていないらしい。
「そ、それじゃ、晩ご飯を作ってきますね」
シンジがそう言って立ち上がると、ヒカリが慌てて言った。
「あ、そ、それなら私も手伝うわ」
「・・・そうですか?それじゃ、お願いしますね」
連れだってキッチンに消えたシンジとヒカリを見送って、レイが少し眉をひそめた。

684 :第九話 瞬間、心、重ねて:2006/10/17(火) 22:55:29
「・・・」
「・・・どうしたんだ、綾波?渋い顔しちゃってさ」
それに気付いたケンスケが尋ねる。
「・・・何でもないわ」
そう言っておきながらも、表情を変えることのないレイに、さすがのアスカも不思議そうな顔をした。
トウジは、先ほどからなにやら妄想中。
「・・・はぁ〜・・・碇さんのエプロン姿・・・綺麗やろな〜・・・」
ぼーっとキッチンの方を見つめながらのそのセリフに、ケンスケの脳裏に豆電球が光った。
(・・・そうだ!碇と委員長のエプロン姿!これは売れる!最近、委員長の需要も
上がってるし、碇のエプロン姿はプレミアが付く事は確定・・・よし!)
心の中で頷いたケンスケがキッチンの方を見ると、そちらから声が聞こえてきた。
「・・・やだぁ、ユウキさんったら・・・」
「ふふっ・・・」
シンジとヒカリの楽しげな笑い声に、トウジとケンスケはなぜか頬を赤く染め、
アスカとレイは眉をひそめて唇を噛み締めた。
「・・・シンジっ!アタシは部屋に戻ってるから、支度が出来たら呼びなさい!」
アスカが憮然とした表情のまま立ち上がってキッチンに声をかけた。

685 :第九話 瞬間、心、重ねて:2006/10/17(火) 22:56:15
「・・・うん」
シンジの返事を聞くと、アスカは自分の部屋に戻って行った。
「・・・シンちゃん、あたしも部屋に戻ってるから・・・」
レイも顔をしかめたままキッチンに呼びかけた。
「うん。出来たら呼ぶから・・・」
「お願いね」
レイも自分の部屋に戻ってしまい、トウジとケンスケはリビングに残された。
「・・・」
「・・・」
互いの顔を見合って、二人はニヤリと笑みを浮かべた。
「いくで、ケンスケ」
「わかってるさ。・・・碇のエプロン姿は俺が押さえる!」
そして二人は音を立てないように立ち上がり、忍び足でキッチンに向かった。
「・・・本当にユウキさんってお料理が上手なのね」
二人がキッチンの入り口からそっと覗くと、ヒカリが野菜を切りながらシンジに
話しかけているのが見えた。
「そ、そうですか?」
少し照れた様子のシンジ。
なぜか頬がうっすらとピンク色に染まっている。

686 :第九話 瞬間、心、重ねて:2006/10/17(火) 22:57:11
「ええ。私が男の子だったら、絶対にモノにしちゃうのにね」
「・・・」
何故か耳まで赤くなったシンジの姿に、トウジはぼ〜っとしており、ケンスケは
ここぞとばかりに気合いを入れて二人を撮っている。
「・・・ふふっ。本当に、可愛いんだから・・・」
「か、からかわないでください・・・」
真っ赤になって否定するシンジ。
「・・・碇さん・・・素敵や・・・」
完全に魅了されているトウジ。
「・・・これはイけるよっ!ナイスだ、委員長!」
小声でぼそぼそ呟きながら写真を撮り続けるケンスケ。
そのままトウジ達は、キッチンで手際よく料理を作る二人をしばらくの間見続けた。

・・・はぁ〜!美味かったで〜!」
シンジとヒカリが気合いを入れて作った大量の料理を腹に収めたトウジは、心底
満足そうな表情で腹を撫でながら言った。
「ああ、本当にな。・・・碇、本当に料理が上手いな。俺も毎日、他人の手料理を食べてみたいよ」
その言葉に、シンジは『いないんだ、そういうの』と言ったケンスケの表情を思い出した。

687 :第九話 瞬間、心、重ねて:2006/10/17(火) 22:58:19
「あ・・・」
「何言ってるのよ!アンタみたいなミリタリーオタクの盗撮マニアな変態なんかに、
手料理を作ってくれる人なんているはずないじゃない!」
思いっきりツッコミを入れるアスカの言葉に、レイも頷いて付け加えた。
「そうよね〜。相田君ってば、この間、プールのフェンスに張り付いてたし」
「あ、あ、あれは・・・」
思いっきり冷や汗を流しまくっているケンスケ。
「・・・そんな変態を寝かせる部屋なんて、ここには無いわ!・・・と言うわけで、
鈴原、相田!アンタらは、ベランダで寝るのよっ!」
アスカがトウジとケンスケを睨みつけて宣言した。
「な、なんやてぇ!?ケンスケだけやのうて、わいもなんか!?」
「あったりまえでしょ!アンタだってジャージしか着ないじゃない!そんな変態なんて
この家に寝かせたくないわよっ!」
「なんやと!ジャージは男の浪漫じゃい!女なんぞにわかってたまるかい!」
「フン!わかりたくもないわよ!」
「あ、アスカ、落ち着いて!鈴原もよっ!」
ヒカリが慌てて止めに入った。

688 :第九話 瞬間、心、重ねて:2006/10/17(火) 22:59:02
「・・・わ、わかったわよ、ヒカリ。・・・アンタら、変なコトしようとしたら、
速攻で殺すわよ!」
「・・・やかましいわい!誰がお前みたいな暴力女、相手にするかい!」
「鈴原っ!」
アスカが何か言い返す前にヒカリが怒鳴る。
その早さはほとんど語尾をかき消さんばかりだった。
「・・・い、イインチョ・・・」
「いくら何でも言い過ぎよっ!アスカに謝って!」
「わ、わかったわい・・・す、すまんのう、惣流・・・」
「・・・フン!」
「アスカも!」
「・・・わ、わかったわよ・・・わ、わるかったわね!」
「・・・とにかく、お風呂を沸かしてくるから、ちょっと待ってて・・・」
場が治まったのを敏感に悟ったシンジはそう言ってバスルームに向かった。

689 :第九話 瞬間、心、重ねて:2006/10/17(火) 23:00:04
「・・・ふう〜・・・良いお湯だったわ〜」
「そうね。広くてゆったりしてて、良かったわ。アスカ達が羨ましいわ」
「でしょ〜?あたしとシンちゃんの家は、もっと広いんだよ〜♪」
アスカとヒカリ、レイが風呂から上がってリビングにやってきた。
3人は一緒に風呂に入っていたのだ。
もちろんシンジ以外の全員がシンジと一緒に入りたがっていたのだが、互いに無言で
牽制しあった結果、シンジは一人で入る、との暗黙の了解がなされていた。
ちなみに、毎日毎日風呂上がりはバスタオルだけという刺激的な格好でシンジを
挑発していたアスカも、さすがにトウジ達を警戒しているのか、まるで自宅の外に
出るかのような格好をしており、レイ、ヒカリも同様だった。
「なぁ〜に自慢してんのよ。大体、シンジはミサトのところに住んでるんでしょうが。
・・・シンジ、次、アンタ入りなさいよ」
「あ、う、うん」
アスカに言われてトウジ達と話していたシンジが立ち上がると、ケンスケの眼鏡がキラリと輝いた。
「・・・」
「・・・」
黙ってアイコンタクトを交わすトウジとケンスケ。

690 :第九話 瞬間、心、重ねて:2006/10/17(火) 23:00:58
(・・・碇のヌード写真・・・これは高く売れるよ〜!・・・もしかしたら、一枚
一万円でも売れるかも・・・チャンスだ!トウジ、行くぞ!)
(・・・い、碇さんの裸・・・た、たまらんわぁ〜!絶対に覗いたるで〜・・・
ケンスケ!行くでぇ〜!)
ニヤニヤと笑いあっているケンスケとトウジを見て、3人の美少女達も互いに
アイコンタクトを交わした。
「「「・・・」」」」
(・・・絶対に行かせちゃダメよ、アスカ、綾波さん!)
(当然でしょ!?このバカどもはこの部屋から出さないわ!絶対にね!
・・・ヒカリ、ファースト、いざとなったら殲滅するわよ!)
(あったりまえよ!洞木さん、セカンド、手加減しないでよ!)
絶妙なアイコンタクトを交わした少年少女達は、当事者の言葉によって我に返った。
「・・・それじゃ、トウジ君、ケンスケ君。お先にごめんなさいね」
「あ、はいっ!ごゆっくりどうぞ!」
トウジはイヤらしい笑顔を速攻で消して、真剣と言えるほどの顔でシンジに応えた。
「気にするなよ、碇」
「・・・ありがとう。それじゃ・・・」
そう言ってシンジが扉の向こうに消えた瞬間、リビングには殺気が満ちた。

691 :第九話 瞬間、心、重ねて:2006/10/17(火) 23:01:42
「「「「「・・・」」」」」
5人の子供達が互いに睨み合っている。
しばしの沈黙の後、均衡を破ったのはトウジだった。
「・・・おい、ケンスケ。そろそろ寝るかのぉ」
「・・・そうだな。それじゃ、ベランダに行こうぜ。こんな事もあろうかと思って、
米軍で正式採用されてる小型テントと寝袋を持ち歩いてるんだ」
そう言ってケンスケは鞄の中から怪しげな小型の袋を取り出した。
「・・・相変わらず怪しいもん持ち歩いとるのぉ・・・」
その様子を見てトウジが呆れたように呟いた。
「別に良いじゃないか。現に今、役に立つし・・・」
「・・・そやな。それじゃ、わいらは寝るで」
「お休み」
「「「・・・」」」
3人の美少女達は一言も喋らずに、ベランダに出て行く少年達を見送った。
「・・・どう思う?」
少しして、ヒカリが口を開いた。

692 :第九話 瞬間、心、重ねて:2006/10/17(火) 23:02:44
「アレは欺瞞ね。必ず動くわ」
アスカが間髪入れずに言った。
「あたしもそう思う。・・・取り敢えず・・・洞木さん、あなたは脱衣所で連中が
来ないか見張っていて。セカンド、あたしと貴女はここで連中を阻止するのよ!」
レイの提案にヒカリは頷いてリビングを出ていった。
「・・・しょうがないわね。アンタの言う事なんてききたくないけど、ここは一つ我慢してやるわよ!」
そう言いながら、窓の外のベランダの様子を睨むように見ているアスカ。
「・・・」
そんなアスカを横目で見ながら、レイはソファに座った。

「・・・」
 一方、ヒカリは脱衣所で悩んでいた。
(・・・ああっ!ユウキさんの・・・は、裸がガラス一枚向こうに・・・見たいぃっ!
だ、ダメよっ!私は鈴原達の魔手からユウキさんを護るためにここにいるのよっ!
それを、の、覗きだなんて・・・で、でも・・・)
ヒカリが頭を抱えている間にも、バスルームからはシャワーの水音が聞こてくる。

693 :第九話 瞬間、心、重ねて:2006/10/17(火) 23:03:52
(・・・うう・・・見たいぃ・・・でもぉ・・・)
普段のヒカリを知る者が見たら間違いなく驚くであろう姿をさらしながら、ヒカリは
首をぶんぶん振って煩悩を払おうとした。
(・・・で、でも、ちょっとぐらい・・・良い・・・わよね?・・・なんたって、私は
『碇ユウキ応援委員会第一中学校副委員長』なんだから・・・)
ヒカリはそう考えてニヤリと笑い、そっと手をバスルームと脱衣所を仕切るガラス戸
に伸ばした、その時。
「・・・ん?だ、誰っ!?」
バスルームの中から切羽詰まった様な声が聞こえた。
よこしまな事を考えていたヒカリは、思いっきり焦った。
「・・・ああああああのあのひひひヒカリだけど・・・」
動揺しまくっているヒカリだが、バスルームから聞こえてきた音はヒカリに対する
ものではなかった。
「っっっっっっっっっいっ!!!」
思いっきり何かが転がる様な音と共に小さな呻きが聞こえ、それに続いて
パシャッ、パシャッという様な音が何度も連続でヒカリの耳に聞こえてきた。

694 :第九話 瞬間、心、重ねて:2006/10/17(火) 23:04:56
「!?ゆ、ユウキさん!?大丈夫!?開けるわよっ!?」
ヒカリは咄嗟に我に返り、ユウキが実は男だということも忘れて、思いっきり
ガラス戸を開けはなった。
もうもうと立ちこめる湯気と共にヒカリの目に入ってきた光景は・・・
湯船の中にしゃがみ込んで頭を抱えるシンジと、僅かに開け放たれ、そこから鈍い輝
きを放ちながら覗いているカメラのレンズと、出しっぱなしにされたシャワーだった。
「っ!・・・アスカっ、綾波さんっ!」
何があったのか瞬間的に理解したヒカリは、咄嗟にそう叫びながらシャワーの温度を
最高にまで上げて、窓の隙間に向けた。
「・・・うわっちゃちゃちゃあっ!」
「・・・て、撤収っ!」
窓の外から叫び声が聞こえるのと同時に、アスカとレイが全速で駆けつけてきた。
「どうしたの、ヒカリっ!」
「何があったの、洞木さんっ!?」
二人は、バスルームの入り口から中を覗き込んで、何があったのかを理解した。
「・・・シンちゃん!大丈夫!?」
レイがヒカリを押しのけ、蹲っているシンジに覆い被さるようにして尋ねた。

695 :第九話 瞬間、心、重ねて:2006/10/17(火) 23:05:53
「シンジっ!?」
アスカも慌ててシンジに詰め寄った。
「・・・うう・・・い、痛いよぉ・・・」
シンジは後頭部を両手で押さえて目に涙を浮かべている。
どうやら、慌てた拍子に足を滑らせて後頭部を打ったらしい。
「・・・と、とにかく、もう上がって・・・」
ヒカリは慌てながらもシャワーを止めてそう言ったが、ふとシンジの方を見て、凍り付いてしまった。
「・・・きゃっ!」
いくら女装しても、シンジは男なのだ。
そのシンジの裸の上半身は、ヒカリには少し刺激が強かったらしい。
「え・・・?・・・うわぁっ!」
シンジの方も、その時になってようやく状況を把握した。
叫びながら慌てて置いてあったタオルで身体を隠して、真っ赤になって俯いた。
「・・・な、なんでみんなが・・・」
その言葉に、アスカとレイもようやく自分達が「男と一緒に風呂場に居る」という
事実を理解して、真っ赤になってバスルームから駆け出た。
もちろん、ヒカリも一緒にバスルームから出ている。

696 :第九話 瞬間、心、重ねて:2006/10/17(火) 23:06:49
「・・・あ、あ、あの・・・」
「し、シンジが叫ぶから何があったのかと思って・・・べべべべ別にシンジの裸が
見たいとか、そういう事じゃないわっ!ご、誤解するんじゃないわよっ!」
「あああああの・・・」
3人とも、顔は真っ赤になっている。
「・・・」
一方シンジも、真っ赤になって湯船の中に沈みかけていた。

シンジが風呂場で沈黙している間に、3人の少女達は立ち直って互いを見ていた。
「・・・アスカ、綾波さん・・・」
「わかってるわよ!」
「・・・殲滅あるのみね・・・」
「「「行くわよっ!」」」
声を合わせて言うと同時に、3人はアスカを筆頭に駆け出した。
目標は、ベランダの不届き者達である。

697 :第九話 瞬間、心、重ねて:2006/10/17(火) 23:07:32
どたどたと足音も荒くリビングに駆け込んだ3人が見たものは、ものの見事に
荷物一式が消え失せた、空っぽのベランダだった。
当然、家の中にも気配は無い。
「「「・・・!」」」
3人は驚いて無言の叫びを上げた。
「・・・ファーストっ!アンタはミサトに連絡しなさい!ヒカリはシンジを頼むわ!」
「わかったわ!」
「任せて!」
アスカの言葉にレイとヒカリは頷いて、即座に行動を起こした。
「・・・ミサトさんっ!綾波ですっ!非常事態発生!侵入者を確認しました!」
「・・・碇さんっ!」
二人の叫び声を聞き流しながら、アスカも電話をかけた。
『・・・もしもし』
幾度かの呼び出しコールの後に聞き慣れた飄々とした声が耳に届き、アスカは少しだけ微笑んだ。

698 :第九話 瞬間、心、重ねて:2006/10/17(火) 23:08:18
「あ、加持さん?アタシ、アスカです」
『ああ、アスカか。どうしたんだ?こんな時間に・・・』
「お願いがあるんです。アタシ達と同じクラスの鈴原トウジと相田ケンスケって連中が
ジオフロントに居るはずなんだけど、ここに連れてきて欲しいんですけど・・・」
『・・・どうしてだい?』
加持の声のトーンが少しだけ変わったが、アスカは気付かなかった。
「訳は後で話します。出来れば、ミサト達には知られないようにして貰えませんか?」
『・・・おいおい、それは穏やかじゃないなぁ。・・・ま、他ならぬアスカの言う事
だから、出来るだけの事はしてみるよ』
「ありがとうございます!保安部が動いてるはずですから、気をつけて下さいね?」
『・・・彼らが何をしでかしたって言うんだ?』
「それも後でお話しします」
『わかったよ。それじゃ、後で連絡する』
加持の言葉を聞いて、アスカはほっと一息ついて電話を切った。
「・・・」
そしてアスカは、レイが自分をじっと見つめているのに気付いた。

699 :第九話 瞬間、心、重ねて:2006/10/17(火) 23:08:59
「な、なによ・・・」
「・・・どうして、ミサトさん達に見つかったらダメなの?」
レイの言葉に、アスカは少しだけ考えて言った。
「・・・しょうがないわね、教えてやるわ。・・・アイツらがネルフに捕まったら、
アイツらが撮ったシンジの入浴写真は全部ネルフ、それもミサトやリツコ、マヤ達に
没収されて、私達の手には入らない・・・ここまで言えば、わかるでしょ?」
レイの眉がぴくりと動き、次の瞬間、レイはゲンドウばりのニヤリ顔を浮かべた。
「!・・・わかったわ。『お宝』は山分けよ?」
「ちっ・・・とにかく、アイツらをどうしてくれるか、じっっっくりと相談するわよ。
アタシとアンタでね」
「ええ・・・」
こうして、眼鏡&ジャージは刻一刻と地獄へ近づく片道電車に乗ってしまったが、
この時、彼らはまだそれに気付いていなかった。

700 :第九話 瞬間、心、重ねて:2006/10/17(火) 23:09:41
「・・・やったぞっ!」
「おう!やったで!」
その頃、当事者である二人の少年達は地上へのゲートを目指して疾走していた。
「くっくっくっ!これは一枚五千円、いや、一万円でもイケるよ!」
「け、ケンスケ!」
「ああ、わかってるよ。トウジにはただでやるよ。そのかわり・・・」
「わかっとる!取り立てとボディガードやな!」
「・・・頼むぜ!」
「おうっ!」
全力で駆けながらそんな会話を交わしている二人。
ケンスケの手には怪しく光るカメラがしっかりと握られているし、トウジの手には
自分とケンスケの荷物が抱えられている。
二人が、ジオフロントから出るためには手続きをしなければいけないという事に
気付いたのは、しっかりと閉じられた正面ゲートについてからだった。
「・・・どうやって出るんや?ケンスケ・・・」
「・・・・・・・・・・・・」

701 :EPISODE:09 Both of You,Dance Like You Want to Win!:2006/10/17(火) 23:11:52
「・・・」
「・・・」
「・・・」
「・・・」
「・・・」
「・・・」
その部屋には重々しい沈黙が漂っていた。
「・・・」
「・・・」
「・・・」
「・・・」
「・・・」
「・・・」
「・・・トウジ君・・・ケンスケ君・・・」
それまで俯いていたシンジ(女物パジャマ着用)が、哀しそうに呟いた。

702 :EPISODE:09 Both of You,Dance Like You Want to Win!:2006/10/17(火) 23:12:55
「・・・っ・・・」
名前を呼ばれた黒ジャージの少年がびくりと身体を震わせた。
もう一方の少年は覚悟を決めているのか、目を閉じたまま、ぴくりとも動かない。
「・・・どうして・・・」
シンジがもう一度呟いた。
「・・・・・・・・・すまんです、碇さん!出来心だったんや!碇さんの綺麗な姿を
見たい思ったら、どうしても我慢できんかったんや!この通りや!」
ジャージの少年が一気にそう言って、思い切り頭を下げた。
「あ・・・そ、そんな・・・き、綺麗だなんて・・・」
その言葉を聞いたシンジは何故か顔を紅くして俯いてしまった。
「ちょっと、アンタ・・・いくらなんでも、許せる事と許せない事があるわよ・・・」
その様子に少し眉をひそめながら、赤毛の少女が重々しく告げた。
その視線は、縄で縛られて正座している少年達に突き刺さっている。
「そうね・・・ユウキちゃん、後の事はあたし達に任せて・・・良いわね?」
青い髪の少女も、そう言って少年達を睨みつけている。
「・・・ユウキさん・・・あなたは、もう休んで・・・今日は疲れたでしょ・・・?」
そう言ったお下げ髪の少女は、ギラギラと輝く目で少年達を睨んでいる。

703 :EPISODE:09 Both of You,Dance Like You Want to Win!:2006/10/17(火) 23:13:43
「・・・そ、それじゃ、私はお先に・・・」
美少女達の醸し出す雰囲気の異様さに、シンジは背筋が震えるのを感じながら言い、
さっさと自分の部屋に退散した。
「・・・さぁて・・・覚悟は出来てるのかしらぁ・・・?」
「・・・ふふふ・・・セカンド・・・覚悟くらいできてるに決まってるでしょう?」
「そうよ、アスカ・・・こいつら、『重罪』を犯したんだもの・・・」
3人の少女達はシンジがリビングを出ていくのを見届けて、口々に言って笑った。
「ひっ・・・そ、惣流と綾波も恐ろしい・・・けど・・・い、イインチョが・・・一番
怖いで・・・」
ジャージ少年が余計な事を言った、その瞬間、それが引き金となって3つの疾風が
少年達に襲いかかった。
「・・・うっ・・・ぎゃあああああぁぁぁぁぁぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜っ!!」
「っ・・・うあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜っ!!」
二つの叫びが、ジオフロントに響き渡った。

704 :EPISODE:09 Both of You,Dance Like You Want to Win!:2006/10/17(火) 23:14:44
「・・・・・・トウジ、ケンスケ・・・君達が悪いんだ・・・僕のせいじゃない・・・
ゴメン、親友なのに、君達を助けられない・・・いや・・・これで良いんだ・・・
僕は悪くない・・・トウジ達が悪いんだ・・・」
シンジは、耳を塞いでも聞こえてくる打撃音と叫び声に、ベッドの中で身体を丸めて
ぶつぶつと呟いて逃避していた。

そのころ発令所では、少年達の悲痛な叫びを遠くに聞きながら、リツコがコーヒーを啜っていた。
「・・・アスカ達に先を越されたみたいね・・・」
それに応えるかのように、ミサトが唇を噛み締めた。
「くっ!『ブツ』はアスカ達の手に渡ったのね・・・」
レイから通報を受けたミサトは直ちに保安部に連絡して『侵入者』を捉えるように
命じ、同時に第一種警戒態勢を本部全体に通達した。
これにより、何事かと驚いていたトウジとケンスケは、リツコの操るMAGIに速攻で
捉えられたが、謎の存在に二人の身柄を奪われ、保安部が現場に到着した時には
二人はすでにアスカ達の宿舎に身柄を送られていた。
その謎の存在たる加持はMAGIに非合法にアクセスして、リツコとほぼ同時期に
少年達の居場所を確認していた。

705 :EPISODE:09 Both of You,Dance Like You Want to Win!:2006/10/17(火) 23:15:40
彼にとって幸運だったのは、彼がMAGIにアクセスした端末ルームが正面ゲートの
すぐ近くだったことだ。
加持は一時的にMAGIに目くらましのプログラムを送り込み、あたかも少年達が
その場にいるように見せかけておき、それにリツコ達が騙されている間に、宿舎に送り届けたのだ。
もちろん、リツコはすぐに加持のトラップを見破ったが、MAGIの復旧に手間取り
再び少年達の居所を突き止めたときには、二人は宿舎に居たのだ。
直後、アスカから『誤報』であると通報が入ったのは言うまでもない。
非常事態だと言うことで発令所に来ていたユイと冬月はシンジ達の無事を確認すると
警戒態勢を解除して、後をミサトに任せてさっさと帰ってしまった。
ちなみに、ゲンドウはなぜか現れなかった。
その直後、少年達の叫び声がジオフロント中に響き渡ったのだ。
それを聞いて、冷静に事態を判断したリツコはMAGIを使って状況の予想をした。
MAGIの予想はかなり的確で、結果、ミサトは地団駄を踏んで悔しがっていた。
「・・・彼女達の性格を考えると、『ブツ』は二度と手に入らないわよ・・・」
「か、構わないわよ!あたしはシンジ君と同棲してるんだから!・・・それにしても、
あんのバカ加持がぁ〜・・・なんであたしに協力しないのよっ!!今度会ったら絶対に
殺してやるんだから!」

706 :EPISODE:09 Both of You,Dance Like You Want to Win!:2006/10/17(火) 23:16:25
リツコの冷静な言葉に、ミサトは強がりを返した。
(・・・バカ加持を殺って、あたしにまとわりつく邪魔者を消すのよ!そうすれば
あたしとシンジ君は自然にラブラブ〜♪・・・ふふふ・・・)
「ず、ずるいです!葛城さんってば!加持一尉を殺すなら、私も参加します!」
同席していたマヤが、唇を尖らせてミサトに抗議した。
「・・・そう。・・・みんなはどうなのっ!?」
ミサトが発令所を見回して尋ねると、皆、一斉に頷き、歓声を上げた。
『シンジが入浴を覗かれ、写真を撮られた』とのMAGIの予想は巨大な発令所の
メインモニターに映し出され、犯人である二人の少年は、一躍有名人になっていた。
もちろん当然の事ながら、二人の身柄をアスカ達に引き渡した加持の名前もMAGIの
予想に入っていたので、加持はその瞬間からネルフ本部内で命を狙われる事となった。
なぜならその二人が持っていたカメラの中のフィルムにはユウキファンなら誰もが
欲しがる『お宝映像』が映っており、それが『あの』少女達の手に渡ったとなれば、
『市場』に出回ることは皆無だからだ。
もし、加持が二人をミサトの元に連れてきていたら、あっという間に『ブツ』は
無数に現像され、破格の高値でごく少数だけ出回っていただろう。

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)