2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

会社法 15

1 :氏名黙秘:2006/11/28(火) 16:25:14 ID:???
 

2 :セックス!:2006/11/28(火) 16:26:07 ID:???
  
セックス!

3 :氏名黙秘:2006/11/28(火) 16:42:41 ID:/yVdECTs
会社法(法令データ提供システム)
http://law.e-gov.go.jp/announce/H17HO086.html
「会社法施行規則」,「会社計算規則」及び「電子公告規則」について
http://www.moj.go.jp/MINJI/minji107.html

法務省「会社法」の概要
http://www.moj.go.jp/HOUAN/houan33.html
中小企業庁「新会社法33問33答」
http://www.chusho.meti.go.jp/zaimu/kaisya/kaisyahou33/kaisyahou.htm

平成18年度司法試験第二次試験論文式試験の商法の出題に係る法令について
http://www.moj.go.jp/SHIKEN/18syouhou.html
新司法試験の出題に係る法令について
http://www.moj.go.jp/KANBOU/jinji13-01.pdf

会社法であそぼ。
http://kaishahou.cocolog-nifty.com/blog/
http://blog.livedoor.jp/masami_hadama/

4 :氏名黙秘:2006/11/28(火) 16:44:07 ID:???
会社法 その14
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/shihou/1158486249/
会社法 その13
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/shihou/1156255761/

新・会社法100問その5
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/shihou/1135818867/

5 :氏名黙秘:2006/11/28(火) 16:56:41 ID:???
>>1
乙といいたいが、
こんな手抜きスレ立ては初めてみたw

6 :氏名黙秘:2006/11/28(火) 17:14:23 ID:???
だがそれがいい

7 :氏名黙秘:2006/11/28(火) 17:22:50 ID:???
神田の9版はまだ?

8 :氏名黙秘:2006/11/28(火) 17:56:29 ID:???
手抜きスレ乙!
ただ立てただけー。それじゃチンポとおんなじだ。

9 :氏名黙秘:2006/11/28(火) 18:04:16 ID:???
ちゃんとイカせてよぉ

10 :氏名黙秘:2006/11/28(火) 20:08:09 ID:???
伊藤真の条文シリーズ会社法使っている人いますか?
どうでしょうね。
挫折した学部生が投売りしているので、叩いて買おうと思うのですがw

11 :氏名黙秘:2006/11/28(火) 20:09:46 ID:???
叩くなら顔にしろ。顔叩いて奪え。

12 :氏名黙秘:2006/11/28(火) 21:15:30 ID:???
100問の小問いいな。

「〜は何か?」形式の問題で定義カード作ってるやついる?

13 :氏名黙秘:2006/11/28(火) 22:28:33 ID:???
小問こまかすぎるだろ。気が狂う。

14 :氏名黙秘:2006/11/28(火) 22:30:46 ID:???
狂ってはじめて会社法の心髄に触れられるのダヨ

15 :氏名黙秘:2006/11/28(火) 22:31:26 ID:???
湾岸ミッドナイトかw

16 :氏名黙秘:2006/11/28(火) 23:52:55 ID:???
>>10
条文シリーズはシケタイを条文にして少しわかりにくくしただけの本

17 :氏名黙秘:2006/11/28(火) 23:53:28 ID:???
条文→条文順ね

18 :氏名黙秘:2006/11/29(水) 00:25:05 ID:???
>>16
ありがとさん。シケタイをもっていないので買う価値はあるわけね。
両方はいらないという意味で。

19 :氏名黙秘:2006/11/29(水) 00:32:01 ID:???
お勧めはしないけど欲しいならどうぞ

20 :氏名黙秘:2006/11/29(水) 01:21:54 ID:???
>>18
というより、シケタイもしくは伊藤塾基礎マスターを学んだ上で使うならば有用ではあると思う。
あの本は伊藤塾の講座でというところの択一マスターみたいなもんだから。

とはいえ、法律初学者でない限り誰が使っても有用ではあると思う。

21 :氏名黙秘:2006/11/29(水) 01:26:26 ID:???
ヒント:時間的制限

22 :氏名黙秘:2006/11/29(水) 09:08:59 ID:???
>>20
なるほど、まずはシケタイを詠んでから使う本か。
一応神田会社法詠んだからダイジョウーブなわけですね。
ありがとさん

ところで後期試験対策に
弥永の演習本はどうかしら?
ぱらっと詠んだ感じ薄くてよさ下と思うが、少し足りないか?
葉玉100問はさすがに後期の試験に間に合わない。
会社法だけやるわけにいかんからね。

23 :氏名黙秘:2006/11/29(水) 09:52:35 ID:???
別に他の科目あっても1ヶ月あれば十分だろ?
無理でも100問全て潰す必要はないし。

24 :氏名黙秘:2006/11/29(水) 18:13:22 ID:???
呉ミの講座はどう?

25 :氏名黙秘:2006/11/29(水) 21:25:24 ID:???
>>22
俺は断然100問を推すが。

一時しのぎという観点から教材選ぶよりは、
最終合格まで使い倒す堅固な一冊を選んだほうがいい。

葉玉は分量多く見えるけど、フォントが大きいがゆえに
そう感じるだけにすぎない。

26 :氏名黙秘:2006/11/29(水) 22:30:58 ID:???
100問は細かすぎる。まじめにやると気が狂う。

27 :氏名黙秘:2006/11/29(水) 23:22:54 ID:???
読むうちに力をつけろ

28 :氏名黙秘:2006/11/30(木) 00:21:50 ID:???
>>25
スタンの改訂版と見比べてからでもいいじゃなかい?
両方できればそれに越したことはないが。

29 :氏名黙秘:2006/11/30(木) 08:17:22 ID:???
>26
お前が細かいと思う問題が択一にでないことを祈れ。
ちなみに、俺の目にはほとんどの問題は細かくない。

30 :氏名黙秘:2006/11/30(木) 18:18:52 ID:???
C買ったけど、今までの会社法予備校本の中で最高の出来だね。
これと100問あれば、論文短答も十分。

満を持して出しただけのことはある。

31 :氏名黙秘:2006/11/30(木) 18:43:52 ID:???
宣伝乙

32 :氏名黙秘:2006/11/30(木) 20:27:21 ID:???
100問をベースに、スタンを参照してる。
スタンはコンパクトな答案を書く練習にはもってこいだから。

33 :氏名黙秘:2006/11/30(木) 21:01:11 ID:???
教えてくれ!!!

なんで弥永ってあんなに人気あるの?
読みにくさ、悪文じゃない?あれ・・

たしかに無理して読んだら、理由が多い本だとは思えるようになってきたんだけど
他の基本書と比較してどうなのかがわからない・・・

弥永の良さを教えてくれ・・・
できれば読み方も教えてくれ・・・



34 :氏名黙秘:2006/11/30(木) 21:02:19 ID:???
アマゾンでもセブンでも全然売れてない駄本じゃん
また2ちゃんにだまされたの?

35 :氏名黙秘:2006/11/30(木) 21:13:32 ID:???
>>33
それをみつけるのは、君自身だ

36 :氏名黙秘:2006/11/30(木) 22:00:40 ID:???
シケタイ会社法はむずかしすぎる

37 :氏名黙秘:2006/11/30(木) 22:02:33 ID:???
Cブック会社法っていっても、以前のやつを新会社法にあわせてチョロっと変えただけだろ。
たいしたことないじゃん。

38 :氏名黙秘:2006/11/30(木) 22:08:42 ID:???
>>33
初版の頃は非常にわかりやすかったらしい。
でも、改訂のたびに記述がどんどん増えて、
しかもそれが整理されてないもんだから今ではグチャグチャ。

39 :氏名黙秘:2006/11/30(木) 23:18:53 ID:???
葉玉2版の変更点をkwsk

40 :氏名黙秘:2006/11/30(木) 23:34:19 ID:???
>>39
http://kaishahou.cocolog-nifty.com/blog/2006/09/post_eaf4.html

41 :氏名黙秘:2006/11/30(木) 23:39:32 ID:???
威張りてえー!とにかく威張りてえー!おまえら無条件に俺を賞賛しろ!俺はいい気分になりてーんだ!
俺をいい気分になることに飢えているんだ!

42 :氏名黙秘:2006/12/01(金) 00:38:14 ID:???
わきまえろ

43 :氏名黙秘:2006/12/01(金) 09:29:45 ID:???
スタンの改訂版って第四版ってやつですか?

44 :氏名黙秘:2006/12/01(金) 14:50:50 ID:???
>>37
イヤ、全面的に改定している。一度見てみ。

45 :氏名黙秘:2006/12/01(金) 21:29:33 ID:Zi1mqFWF
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4502945501/sr=11-1/qid=1164976002/ref=sr_11_1/503-9076298-8391928
どうよ?

46 :氏名黙秘:2006/12/01(金) 21:30:51 ID:???
>>45
周回遅れ

47 :氏名黙秘:2006/12/01(金) 21:32:31 ID:???
>>45
おまえは鼻くそ

48 :氏名黙秘:2006/12/01(金) 23:25:26 ID:Zi1mqFWF
そーーすか

49 :氏名黙秘:2006/12/01(金) 23:48:41 ID:???
百問はホント悪書だな

50 :氏名黙秘:2006/12/02(土) 00:08:44 ID:???
百問で背景を理解しつつ、Cで短い論証を身に付けていけば十分だな

51 :氏名黙秘:2006/12/02(土) 00:11:28 ID:???
C-BOOK会社法はどう?シケタイとどっちがいい?

52 :氏名黙秘:2006/12/02(土) 02:03:09 ID:???
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4417014213/
青林書院刊行というだけで、著者不明な本

53 :氏名黙秘:2006/12/02(土) 13:03:47 ID:???
C最高!!

54 :氏名黙秘:2006/12/02(土) 16:25:29 ID:???
100問の受験生の立場からする問題点は、立案担当者と学者の多数派との
考えが根本的に異なる分野があるので、答案に書く際に若干困る、という点だ。

特に、設立段階では、会社債権者保護のための規定が一切存在しないとする
立案担当者と、かなり薄められたとはいえ、なお会社債権者保護のための規定
が存在するとする学者の多数派とでは、想像以上に書くべき内容が異なる。

立案担当者の見解で行く場合には、学者の多数派の考え方を紹介し、これを批判
することが必要かもしれない。

55 :氏名黙秘:2006/12/02(土) 16:31:41 ID:???
立案担当者説に触れただけで、無茶苦茶に批判されるから、一切書かない方が無難

56 :氏名黙秘:2006/12/02(土) 16:32:50 ID:???
立法担当者っていかにも自分の頭の良さに酔ってる若造って感じだよね

57 :氏名黙秘:2006/12/02(土) 16:57:45 ID:???
学者の立法担当者嫌いはすごいね

58 :氏名黙秘:2006/12/02(土) 17:04:16 ID:???
立案担当者と立法担当者の区別も分からない未習スレはここですか?

59 :氏名黙秘:2006/12/02(土) 17:07:27 ID:???
お前だけでは?

60 :氏名黙秘:2006/12/02(土) 17:26:54 ID:???
まだ学者が十分な議論をしてるとは言い難い。

61 :氏名黙秘:2006/12/02(土) 17:29:19 ID:???
立案担当者がブログで一般市民からの質問を受けて
公式であるかのような回答を与えてしまっていることが大問題
立案担当者は公式解説本をものしたら
あとは学者の自由な解釈にまかせるべきもの
それが生ける法として勝手な解釈をふりまわす
これが横暴でなくてなんだろうか

62 :氏名黙秘:2006/12/02(土) 18:30:05 ID:???
>>40
> ただ、編著者の私としては、第2版を買った人が
>「おい、これで、また金を取るのかよ?」
>と落胆して、座布団が飛んでこないように、できる限り充実し
>た第2版にしたいと思っています。

どうやら第1版第1刷との交換はないようだな。

63 :氏名黙秘:2006/12/02(土) 18:53:08 ID:???
第2版にも誤植あるね

64 :氏名黙秘:2006/12/02(土) 19:23:13 ID:???
>>61
伝統的なお上意識の染みついたお前にはそうなんだろうが時代は変わったんだ

65 :氏名黙秘:2006/12/02(土) 19:25:30 ID:???
>>64
立案担当者は選挙によるスクリーニングを受けていない公僕なわけで


66 :氏名黙秘:2006/12/02(土) 19:37:25 ID:???
立案担当者を擁護する言い分って>>64みたいなのばかり。
「新しいものは正しい。」という命題がなりたたないという
基本的なことが分かっていないはずかしい人。

67 :氏名黙秘:2006/12/02(土) 19:57:57 ID:???
葉玉さんは、訴訟で鑑定意見書書いてくれって頼んだら書いてくれますか?
学者なら書いてくれますよ。

立法短答者説となえる有力学者いない以上、裁判じゃ使えない。

68 :氏名黙秘:2006/12/02(土) 20:01:39 ID:???
葉玉はブログで受験生に対して冷酷なことを書くからな。
受験やめれとか。
葉玉は自分が天才だからといって、自分中心にモノを言いすぎ。

69 :氏名黙秘:2006/12/02(土) 20:11:16 ID:???
裁判官も葉玉100問や1000問参考にしてるそうだよ

70 :氏名黙秘:2006/12/02(土) 20:12:18 ID:???
立案担当者見解は法案が立法化されれば立法者意思となる

立法者意思は尊重されるべきだが最低限の必要以上に主張すべきものではない
立案担当者は神ではないのだから学会による論争や裁判実務を通じて論点に
対する解釈が形成されていくものであって
立案担当者がその立場を利用してしゃしゃり出ていくべきものではない
立案担当者は裁判官でも学者でもないのだから


71 :氏名黙秘:2006/12/02(土) 20:19:00 ID:???
法律の世界では、立案担当者の立場がどうだとか、そういう一種の
政治的価値判断によるのではなく、本来的には、言葉による論争を
通じて、学説の優劣が決せられるべきものである。

しかるに、現段階では立案担当者の見解に筆誅を与えるほどの論文
が出現していないのである。あるのは、学者の立案担当者に対する
恨み節と、ささやかな抵抗を試みる江頭・前田のような体系書だけ
である、と言っても過言ではあるまい。

72 :氏名黙秘:2006/12/02(土) 20:20:53 ID:???
>>71
そりゃあんなに矢継ぎ早に立案担当者商法で
Q&A集や注釈書を出されたらそれを読解するだけでも時間が必要だろう

73 :氏名黙秘:2006/12/02(土) 20:26:59 ID:???
先に法案を読んでいた葉玉が先に見解を出したってだけで
これから江頭大先生が論文を書けば葉玉説など消え去ってしまうだろう

74 :氏名黙秘:2006/12/02(土) 20:28:57 ID:???
>>73
たしかに立案担当者はいってみれば持ち玉を吐き出した段階だからね
およそ会社法の今後を見通しての主張ではないから
これからは立案担当者説に対する批判がどんどん出てくるだけだろうね


75 :氏名黙秘:2006/12/02(土) 20:38:42 ID:???
会社法は現代資本主義が生み出した忌み子

なんてな(・д・)y~~


皆さん勉強法どうしてる?
俺は
魔骨六法による制度理解を中心にしているんだが


76 :氏名黙秘:2006/12/02(土) 20:42:05 ID:???
でも、葉玉は私法学会休んだり、責任の所在のはっきりしない100問とか1000問とか書いて批判しづらい
小ずるい方法を使っているしね〜
学者側も役人なんか相手にしないという雰囲気があるしなかなか噛み合わない。

77 :氏名黙秘:2006/12/02(土) 20:42:55 ID:???
俺は基本書を読みまくってるよ
2〜3日で1冊読めるからもう7冊目だ
他人にはすすめられないがこれが俺のジャスティス


78 :氏名黙秘:2006/12/02(土) 21:19:08 ID:dg/mhq5i
>>75
魔骨六法ってあのかの有名なw
ブ厚い条文シリーズですか?

79 :氏名黙秘:2006/12/02(土) 21:19:59 ID:???
来年の試験、葉玉説で書く?それとも学者の説で書く?

80 :氏名黙秘:2006/12/02(土) 21:20:29 ID:???
>>76
葉玉氏のブログが立案担当者の見解として引用されたりしているのを
見るとぞっとするよな

81 :氏名黙秘:2006/12/02(土) 21:21:15 ID:???
>>80
なんで?

82 :氏名黙秘:2006/12/02(土) 21:23:29 ID:???
>>80
そもそもブログなんて永久に存在する媒体じゃないし再現可能性に乏しい
それに立案担当者見解として権威づけされて利用されているのが神の声みたいでね

83 :氏名黙秘:2006/12/02(土) 21:30:22 ID:XThGaajq
シケタイしっかりやってから葉玉見なおしたら
二日で百問回せるようになってた。感激。

84 :氏名黙秘:2006/12/02(土) 22:07:05 ID:???
>>78
確かに厚いけど
情報量は択一六法より少ないよ
きちんと回せば新試験択一で無敵だし
模試で俺つえぇーーってなるのは気持ちいいぜ


85 :氏名黙秘:2006/12/02(土) 22:11:39 ID:???
>>77
会社法は制度の理解が重要だから、
それがいい勉強法じゃないかな?

俺はいきなり基本書読めないから、
文庫本や新書を読んでから、
基本書を読んでいるよ。

弁護士が書いた文庫本と、
近藤光男先生の新書版の本がわかりやすかったな。

>>83
去年、第1版第1刷を買って読み始めたが、
すぐ挫折した。
今読めば、2日かどうかは別にして、
短期間で読めると思う。

86 :氏名黙秘:2006/12/02(土) 22:26:15 ID:???
>>82
>それに立案担当者見解として権威づけされて利用されているのが神の声みたいでね

「権威づけ」「神の声」
こういうのは学者の専売特許って奴だな。官僚・学者はこういう思考
が極めて多いから日本が腐る。

87 :氏名黙秘:2006/12/02(土) 22:38:29 ID:dg/mhq5i
>>84
なるほど、ありがとさん

88 :氏名黙秘:2006/12/02(土) 22:41:25 ID:???
試験委員は全員、肌魔100問を読み込んでることだろうよ。
書いてあれば減点するわけにもいかないし。

89 :氏名黙秘:2006/12/02(土) 23:08:25 ID:???
100問は書いてある知識が超こまけえ!
とても全部おぼえきれねえ!

90 :氏名黙秘:2006/12/02(土) 23:52:24 ID:???
法律の理解度
立案担当者>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>学者

91 :氏名黙秘:2006/12/03(日) 00:08:44 ID:???
    _____
   /二二ヽ
   ||・ω・||  <お前ら、いつも葉玉の話ばかりだな 法律についても語れよ
  ノ/  / >  <お前らいつも葉玉の話ばかりだな法律についても語れよ
  ノ ̄ゝ


92 :氏名黙秘:2006/12/03(日) 00:10:50 ID:???
いきなり百問をやるのは有害だと思う
そんな俺のお薦めは新山雄三「会社法の仕組みと働き」

93 :氏名黙秘:2006/12/03(日) 00:16:34 ID:???
法律の理解度
エリート裁判官>>>>学者>立案担当者>>受験生

94 :氏名黙秘:2006/12/03(日) 00:20:58 ID:???
山田真也の会社法はどうよ。良書じゃね

95 :氏名黙秘:2006/12/03(日) 00:21:46 ID:???
ごめん。山田真哉だった

96 :氏名黙秘:2006/12/03(日) 01:05:34 ID:???
>>66
バカか

擁護してるのではない
的外れな批判を排斥してるだけだ

分かったかこのバカが

97 :氏名黙秘:2006/12/03(日) 02:01:27 ID:???
LECの択一六法出たみたいだが、出来はどうなんだろうか・・・。

98 :氏名黙秘:2006/12/03(日) 02:01:40 ID:???
なんでブログ書いたり、百問千問出して叩かれてるんだろ。
解釈に問題があれば、学者先生が反論すればいいだけだろ。別に葉玉等の解釈が、絶対正しいってわけでもないんだし。
それを公式見解って考えてるのは周りの方だろ。
むしろ、改正にあわせて新しい解釈の一つをタイムリーかつ双方向な形で提供してることってすごいんじゃないかと思うけど。
あと、立法担当者って権威を振りかざして解釈するなって言うなら、東大教授って権威使わず解釈してほしいよなー。

99 :氏名黙秘:2006/12/03(日) 02:39:54 ID:???
>>98
バカな学者が阿ってコピペするから

100 :氏名黙秘:2006/12/03(日) 04:46:22 ID:AitHZ0jt
会社法の条文を読むやつはマゾ

101 :氏名黙秘:2006/12/03(日) 04:52:30 ID:???
元彼女にドMと罵られた俺にはうってつけか・・・。

102 :氏名黙秘:2006/12/03(日) 11:29:30 ID:???
会社法の条文読むの、なかなか苦しいな。
まだ1割も暗記できていない。

103 :氏名黙秘:2006/12/03(日) 12:23:12 ID:???
>>94-95
「女子大生会計士の事件簿」は秀逸

104 :氏名黙秘:2006/12/03(日) 12:24:30 ID:???
学者の葉玉批判の最大の問題は「しゃべりすぎ。」とか、「そんな話聞いていない」とかいうことばかりで、葉玉の言っている内容が不当であるという反論ができないこと。
違法配当有効説についても葉玉論文が無効説について詳細に検討してその問題点を指摘しているのに学者は何も反論できない。

105 :氏名黙秘:2006/12/03(日) 13:05:54 ID:???
各学者もブログ作ってくれると嬉しいけどな

106 :氏名黙秘:2006/12/03(日) 13:09:15 ID:???
>>105
つ中山研一ブログ:http://knakayam.exblog.jp/

107 :氏名黙秘:2006/12/03(日) 13:11:08 ID:???
いや、もっと各種じいじに作ってもらいたい
この際口寄せも使って・・・・・・

108 :氏名黙秘:2006/12/03(日) 14:16:09 ID:???
>>104
確かにつっこみどころ満載なのに、
学者の反論は不十分だよね。
でも、学者の反論でもまあ反論にはなってると思う。

109 :氏名黙秘:2006/12/03(日) 14:19:32 ID:???
>>108
学者の反論論文を教えてください

110 :氏名黙秘:2006/12/03(日) 14:37:05 ID:???
ていうか、立案担当者はいわゆる数学的な頭の良さはあるが、
法律的な素養が不十分だった。
だから、あちこちに矛盾だらけの、不備の多い法律になってしまった。
そのことが一番の問題だと思う。

ただ、学者も能力が足りないから、立案担当者の考え方は根本的におかしいとは
感じるが、どこがおかしいのかずばりと指摘できない。
だからあいまいな文句となってでてきてしまうという感じだ。

まあ、批判的なのは学者だけではないし、
いろいろな意味でこの法律の評価や解釈が定着するまでには
まだまだ時間がかかるのでは?

ただ、そのように議論が尽くされて本来の意味で正当な解釈が定着する前に、
立案担当者が公式解釈であるかのようにその見解をしゃべりすぎることで、
その見解に従った運用が既成事実化してしまい、
解釈がねじまげられることが懸念されているのだろう。

111 :氏名黙秘:2006/12/03(日) 14:49:26 ID:???
学者だって保身を考えたら、法務省を敵には回したくないだろうから、
学者どうしで批判しあうのとは違ってやりにくいだろうしね。
思想の自由市場に不当な介入が入っている感は否めない。

112 :氏名黙秘:2006/12/03(日) 15:54:12 ID:???
来年の新試験合格者のトップレヴェルが一番適切な反論ができるんじゃないかな?


113 :氏名黙秘:2006/12/03(日) 16:00:54 ID:???
>111
法務省がいったことを覆せないような思想の自由市場って意味無し。
今年の私法学会でわかったことがひとつ。
法律的素養がないのは老学者。
基本がわかっていないのも老学者。

114 :氏名黙秘:2006/12/03(日) 16:22:49 ID:???
>>103
文学的に価値無いよ。あれ。

115 :氏名黙秘:2006/12/03(日) 16:24:12 ID:???
>>114
文学的に価値ある本ってなんだよ?三ヶ月民訴法とかか?

116 :氏名黙秘:2006/12/03(日) 17:32:36 ID:ko5lR9RL
文学的価値ってそもそも必要なのか?

117 :氏名黙秘:2006/12/03(日) 17:33:06 ID:???
>>88 :氏名黙秘 :2006/12/02(土) 22:41:25 ID:???
試験委員は全員、肌魔100問を読み込んでることだろうよ。
書いてあれば減点するわけにもいかないし。

ほんとに読んでんのかな?
そんな暇があるのか?
ダイヤモンド社刊だしw
あと、試験委員って言っても、ほんと千差万別だよw
めちゃくちゃ優秀な人もいるが、おれ、こんなやつに採点されてたのか‥ってやつも普通にいるし。
ま、後者のが少ないのは事実だが。

118 :氏名黙秘:2006/12/03(日) 17:35:52 ID:???
>>117
実務家委員は、あまり少数有力説を知らないから、
よほどのことがない限り、そういう説を採るなというレベルの話?
それともそれ以前の話かな?

119 :氏名黙秘:2006/12/03(日) 17:38:25 ID:???
旧の考査委員の大杉先生も葉玉ブログに質問してくらいだからな。

120 :氏名黙秘:2006/12/03(日) 17:39:18 ID:???
学者は読んでるよ
実務家は知らんけど
法務官僚は葉玉説だったりして

121 :氏名黙秘:2006/12/03(日) 17:39:39 ID:???
大杉って、ライブドア事件の時に、ハッピーハッピーとかコメントしてた先生だっけ?


122 :氏名黙秘:2006/12/03(日) 17:40:29 ID:???
葉玉100問は、名前は出てないけど相澤も監修してんじゃないの?

123 :氏名黙秘:2006/12/03(日) 17:41:33 ID:???
>>122
監修してたら名前出すだろふつう
葉玉より上なんだから

124 :氏名黙秘:2006/12/03(日) 17:44:41 ID:???
>>123
監修したんだけど、100問は受験本だから、相澤の立場上出さない方が良いのではという政策的配慮(ry


125 :氏名黙秘:2006/12/03(日) 17:51:43 ID:???
ところで葉玉第2版の新旧平成18年の問題に番号とページの引用が無い
のですが、探すの大変じゃない?一応見つけて補充したけど。

126 :氏名黙秘:2006/12/03(日) 18:35:49 ID:???
確かに、後ろの過去問に問題番号なりを記してあればもっと便利だったね。

127 :氏名黙秘:2006/12/03(日) 19:20:55 ID:???
>>108-109
@稲葉威雄「会社法の基本を問う」中央経済社
A新山雄三「会社法の仕組みと働き」日本評論社

どちらも嘆き節に終始している。例えば、@は資本充実の原則をないがしろ
にしている葉玉・岩崎・郡谷を批判しているのだが、よく読むと反論になって
いない。こういう条文編成になってしまった以上、もはや後戻りはできないと
事実上の敗北宣言をしているような本だ。現に立法自体の批判に力点がある。
解釈論としては、葉玉・岩崎・郡谷らの横暴を好きにやらせてはいけない、
学者はもっと反論すべきだ、さもないと神田のように資本充実の原則は会社法
では妥当しないと堂々と基本書に書く学者がますます登場してしまう、などなど。

で、葉玉らは、資本充実の意味を誤解していると言うが、どこをどう誤解して
いるのか、俺はよく読み取れなかった。この時点で、稲葉の見解を、少なくとも、
【新旧司法試験の答案において】展開することが不可能だと感じたね。過去問の
答案集を出版している葉玉らの現実の説得工作を前にして、後退につぐ後退を
重ねている学者連合軍という感じだ。これはAの新山にしても同じ。新山のコラム
を見てみるといい。試験にはとても使えない批判ばかりだ。試験に使えないという
ことは、批判ばかりで真っ当な回答を与えられないということだ。回答は与えられるが、
それには賛成できないという論調だしね。






128 :氏名黙秘:2006/12/03(日) 19:40:48 ID:???
>>127
神田先生は葉玉達の仲間ですから

129 :氏名黙秘:2006/12/03(日) 20:58:32 ID:???
残念!

130 :氏名黙秘:2006/12/03(日) 21:09:08 ID:???
もっと有力で効果的批判・反論してくれる有能な学者はおらんのか!
論争が盛り上がらんじゃないか

131 :氏名黙秘:2006/12/03(日) 21:10:16 ID:???
葉玉等の説で批判されている点ってどんな所がある?

132 :氏名黙秘:2006/12/03(日) 22:19:58 ID:???
江頭はこれからもずっとだんまり

133 :氏名黙秘:2006/12/03(日) 22:23:23 ID:???
会社法34条の立法趣旨は、株主の間接有限責任を実現することにある、
という説明をすんなり受け入れられますか?立案担当者の説明です。

学者は(神田などは除くが)、34条は、資本充実の原則を実現すること
にある、という説明を(未だに)堅持しております。これは戦後50年
以上も続いた全額出資義務の趣旨説明の方法ですが、全額出資義務を課す
ことが会社債権者の保護に資するはずだ、という(立案担当者に言わせると)
信仰に基づいているらしいです。

134 :氏名黙秘:2006/12/03(日) 22:26:29 ID:???
あと、セミナーは学者の説明方法を採用しているが、LECと伊藤塾は、
立案担当者の説明方法を取り入れているようですな。



135 :氏名黙秘:2006/12/03(日) 22:28:24 ID:???
解釈論では、もはや立案担当者に軍配が上がった状態だ。学者に勝ち目は
ないと言わざるをえない。だから、注意して学者の発言を見てもらいたい。
立法自体の批判か、あるいは、将来の改正を主張するものが、ちらほら見える
のではないか?

136 :氏名黙秘:2006/12/03(日) 22:50:57 ID:???
>>133
煽りじゃなくて質問なんだが、その2つの説明は対立するのかな
どちらの要素もあるというのではだめだろうか

137 :氏名黙秘:2006/12/03(日) 22:52:41 ID:???
>>135
立案担当者はその地位を離れればただの人
立案担当者の発言はもうただの出がらしでしかない

学会の立案担当者説批判はこれからどんどん出てくる

どちらが優勢になるかは明らかだろう

138 :氏名黙秘:2006/12/03(日) 23:20:53 ID:???
>>137
東大教授も定年迎えればただの人
結局地位でしか自説の優位性を保てないって…
つまんない学問認識だな

139 :氏名黙秘:2006/12/03(日) 23:24:09 ID:???
>>138
出自を問わない自然科学とは違うんだよ
東大教授であれば学会で一定の地位を得られる
それが法律学

140 :氏名黙秘:2006/12/03(日) 23:24:43 ID:???
でもいまだに梅謙次郎の民法修正理由とかが根拠に出されるんだから
22世紀の会社法の議論でも葉玉百問が引用されるかもよ

141 :氏名黙秘:2006/12/03(日) 23:27:28 ID:???
>>140
むしろ法政史でとりあげられるだろう
現代化要綱における議論を無視した特異な立法過程として

142 :氏名黙秘:2006/12/03(日) 23:38:55 ID:???
>>139
てことは立法担当者の解説って相当影響力あるな
東大教授も霞むくらい
今までは東大教授って権威以上の権威がなかったから良かったけど
それ以上の権威がでたら、確かに商売あがったりだ罠。カワイソス


143 :氏名黙秘:2006/12/03(日) 23:39:25 ID:???
なんでみんな葉玉をきらいなの?

144 :氏名黙秘:2006/12/03(日) 23:43:58 ID:???
俺は好きだお
何で叩く人がいるかわからんお
そーゆー人には樋口先生の言葉を聞かせたいお

145 :氏名黙秘:2006/12/03(日) 23:45:13 ID:???
>>144
ききたいお

146 :氏名黙秘:2006/12/03(日) 23:52:09 ID:???
樋口先生は、憲法が改正されたらそれに合わせた解釈をするとおっしゃていたお
自説と異なるからと解釈を放棄するのは責任を放棄することだと
感動したお

147 :氏名黙秘:2006/12/03(日) 23:57:24 ID:???
今の憲法学者達は改正の限界を超えるから無効だとかいいそうでこわい

148 :氏名黙秘:2006/12/03(日) 23:57:52 ID:???
立案担当者の考えが立法の過誤として否定されている例は
いくらでもあるよ。
もちろん解釈の範囲でできることとそうでないことがあるけど、
争いになってるのは解釈の範囲の話だから、
そういう観点はずれてるよ。

149 :氏名黙秘:2006/12/03(日) 23:59:10 ID:???
そう。立案担当者が
立法過程として議論されてまとめられた結果をはみ出ているから問題なんだよ
立法過程に重大な疑義があるんだよ

150 :氏名黙秘:2006/12/04(月) 00:00:42 ID:???
>>148
今の葉玉批判は解釈ではなくたんなる文句に近いお
解釈によってハダマ説を否定するという方向を採用すべきだお

151 :氏名黙秘:2006/12/04(月) 00:21:14 ID:???
 
キモいよ、貴様らは

152 :氏名黙秘:2006/12/04(月) 00:35:52 ID:???
>>136
俺もその線を考えてみたのだが、そのためには会社法が設立段階において
会社債権者保護のための制度を積極的に用意している必要があると思われる。

そうすると、最低資本金制度の廃止と資本充実責任の廃止もさることながら、
資本金の算定方法のドラスティックな変更により、会社法は、設立段階では
会社債権者保護を想定しなくなったと考えるのが素直ではないかと思われる。
現に経済産業省が出した新事業創出促進法が新会社法の設立にスライドして
きている。

このように考えると、会社法が設立段階では会社債権者保護を積極的に打ち出
しているとはいえないだろう。敢えて言えば、会社債権者保護の残滓としての
伝統的な意味での資本充実の原則がわずかに生き残っている、というところか。
江頭がそういう説明をしている。しかし、拠出された財産を基礎として資本金が
算定されるのだから。資本充実の原則の伝統的な定義を維持することができない。

そうなると設立における基本原理として資本充実の原則を取り上げることに
どれだけの意義があるのか疑問であるように感じる。34条の趣旨を有限責任
と資本充実の二本立てで説明するのは、スジが悪いように思える。

153 :氏名黙秘:2006/12/04(月) 01:19:52 ID:???
神田が立案担当者説に立ってるってことは,
その説で答案書いても何も問題ないな。

154 :氏名黙秘:2006/12/04(月) 01:54:31 ID:???
相澤が試験委員なんだから書いていいに決まってる

155 :氏名黙秘:2006/12/04(月) 02:21:49 ID:js9f1b4i
紳士合格したが
スタンと塾の論証でじゅうぶんだよ

100問とかやっても論文にかけるか?
コストパフォーマンス悪い
文庫本読んでからとかさww

156 :氏名黙秘:2006/12/04(月) 02:22:52 ID:???
新司法試験といえば、100問は、
株主総会特別決議がない場合の事業譲渡の効力について
民法93条類推適用説に立ってるね。
判例・通説は無効説だし、
悪意者(又は重過失)の者には無効を主張できないという説は
きいたことがあるけど
民法93条を類推適用する説というのは聞いたことがなかった。
なぜこのような少数説に立ってるのかな?
100問は最高裁判例の見解に従うと書いてあるのに。

157 :氏名黙秘:2006/12/04(月) 02:23:55 ID:???
最高裁が葉玉に従う結果100問と判例が一致するという意味だよ

158 :氏名黙秘:2006/12/04(月) 02:25:09 ID:???
>>157
あな恐ろしや。

159 :氏名黙秘:2006/12/04(月) 07:20:12 ID:???
>>152
あれは元々、分割払込を廃止して全額払込にしましたよって意味なんだよ。
それでも資本充実を挙げるのは決して間違いではない。
有限責任については104条があるのになぜわざわざ同じ趣旨の規定を置かなきゃならないのかがさっぱりわからん。

ま、会社法は同じ文言の規定を複数置いたりとか馬鹿なマネ散々やってるからねー。
準用をやめて参照を避けるとか言ってたけど、これだけ法務省令参照させて何言ってるのかねー。
ホントアフォですな。


160 :氏名黙秘:2006/12/04(月) 09:03:25 ID:t9bzz5ZD
>>155
基本書は何をお使いなりました?
シケタイとか予備校本を使われましたか?

161 :氏名黙秘:2006/12/04(月) 12:04:15 ID:???
弥永にも,会社法の下では,資本確定の原則および資本充実の原則は破棄された,と書いてあるな。
両原則が破棄されたという考えは今後学者にも広がっていくのでは?
江頭はそこらへんちゃんと検討した跡がない。

162 :氏名黙秘:2006/12/04(月) 12:34:45 ID:???
C-Book出てるね

163 :氏名黙秘:2006/12/04(月) 15:05:38 ID:???
セミナーの肢別本出たみたいだね。
セミナーはあんま好きじゃないから辰巳から出してくれないかな・・・。

164 :氏名黙秘:2006/12/04(月) 15:42:36 ID:???
宣伝乙

New肢別本   4 民事系商法
ttp://7andy.yahoo.co.jp/books/detail?accd=31813170

165 :氏名黙秘:2006/12/04(月) 19:53:47 ID:???
>>161
よく考えたら、解釈論の根拠として資本原則を掲げる必要のあるものって、
少なくとも設立段階では1つも存在しない。資本原則を無視して解釈論を
展開できる。

上級商法でも、商事法務の岩崎・郡谷の債権者保護に関する論文が載ってる
くらいだしな。こいつら資本原則なんて仰々しいものは必要ないって考えて
いるんだろ?

166 :氏名黙秘:2006/12/04(月) 19:57:22 ID:???
>>159
>分割払込を廃止して全額払込にしましたよって意味なんだよ。

それは知っている。前田入門や>>165の商事法務論文を読んだからね。でも、

>それでも資本充実を挙げるのは決して間違いではない。

これはどうだろうか?あなたは資本充実をどういう意味で使用しているのか?
まあ、だいたい想像はできるが、その定義にどれだけの解釈論上の実践的意味
があるのだろうか?俺はないという意見に今のところ賛成するし、強力な反論
があるのなら、是非とも知りたいところですな。


167 :氏名黙秘:2006/12/04(月) 20:48:49 ID:???
>>165
この論点に関する限り商法学者VS立案担当者という図式は、あんまり当たって
ないのではないか。
そもそも今回の改正前から、資本充実の原則なんか債権者保護の意味は無いと
はっきり書いている学者もいたし、特に若い世代はそうではないのか。

>>166
狭義の設立の話ではないが、話実質債務超過(簿価でなく本当に赤字の会社)
を吸収合併して合併新株を割り当ててよいかといった点は,「資本充実の原則」
が存在しているか否かで結論が分かれないか?
立案担当者は当然OKといってるし、従来の学説はダメというのが多かった
(「資本充実」に反する)から、それをひきずる学説はダメというだろう。

以上、法科大学院の会社法講習会の請け売りだが・・・

168 :氏名黙秘:2006/12/04(月) 22:27:46 ID:???
>>167
実質債務超過の会社を消滅会社とする吸収合併の可否について、資本充実の原則との抵触を避ける
ためには、これを認めることができないと解すべきだという議論があるが、これも、資本充実の原則が、
伝統的な意味(資本の額に相当する財産を現実に出資されなければならない)であるなら、なるほどと思うが…

現実に拠出された財産を基準として資本金額が算定されるのだから、伝統的な意味での資本充実の原則は
破棄されていると解釈すべきではないだろうか?

そもそも存在するかどうかという次元で議論されるようなものを原則として考えることが妥当かな?
実質債務超過の会社を消滅会社とする吸収合併の可否という論点で、資本充実の原則に抵触するから不可
というのなら、資本充実の原則の定義を明らかにして、それが存在することを論証しなければならないと
思われる。しかし、ここでいう資本充実の原則の定義は、どう考えても伝統的な意味でのそれだと思うのだが。
それが会社法のもとでも存在・存続していることを論証するのは、少なくとも俺にはできない。


169 :氏名黙秘:2006/12/04(月) 22:29:48 ID:???
>>167
そろそろ、あなたの言う資本充実の原則の定義を明らかにしてもらえないだろうか?

170 :167:2006/12/05(火) 00:03:21 ID:???
>>169
セーックス?

171 :氏名黙秘:2006/12/05(火) 01:06:22 ID:???
資本充実原則が破棄されたとまで考える必要はないんじゃないかな?

資本額が、会社債権者が株主に優先するという意味であれ、
それに対する会社債権者の信頼の保護という意味であれ、
会社債権者を保護するという基本的な機能を有していることは
依然変わらないし、
資本原則という理念を捨て去る必要はないと思う。

少なくとも資本維持の原則はいまだに生きており、
資本充実の原則は445条によって達成される仕組みになったと
考えればいいと思う。

172 :171:2006/12/05(火) 01:13:24 ID:???
例えば、預合禁止とか見せ金の違法性とかは、
まさに資本充実原則との関係(会社債権者の信頼保護)が問題となる
と考えていいし、そう考える必要があるのではないかと思う。

173 :氏名黙秘:2006/12/05(火) 01:37:37 ID:???
だからなんだ

174 :171:2006/12/05(火) 01:46:53 ID:???
ちなみに、ここにいう、資本原則の定義は、
「設立時において資本相当額の会社財産が現実に拠出され(資本充実)、
(制度上可能な限り)それが維持されなければならない(資本維持)」
という従来の定義です。

175 :171:2006/12/05(火) 01:52:05 ID:???
>>173
立案担当者のいうことには一理あり、学者の反論は的はずれだけど、
資本充実原則がなくなったとまでいうのはおかしいということです。

176 :氏名黙秘:2006/12/05(火) 06:12:17 ID:???
資本充実の原則がなくなったとは言いがたいけど、
資本充実の原則を考える意義はなくなった、ということでは?

177 :氏名黙秘:2006/12/05(火) 16:38:15 ID:???
ゴミ漁り業務

178 :氏名黙秘:2006/12/05(火) 17:32:51 ID:???
>>127
遅レスだが新山読んできた。前書きから葉玉本の悪口でワロタ

179 :氏名黙秘:2006/12/05(火) 17:43:04 ID:???
C-Bookの会社法は、江頭も立案担当者見解も載ってて、
探し物をするのに便利だ。

180 :氏名黙秘:2006/12/05(火) 18:52:53 ID:???
逆にそれだけの本だともいえるな
シケタイよりましか

181 :氏名黙秘:2006/12/05(火) 19:13:22 ID:???
長年会社法をやってきたのにいきなり条文全部変えられたら年寄り学者はキレるわな

182 :氏名黙秘:2006/12/05(火) 19:25:54 ID:???
100問も資本充実の原則がなくなったとまでは言っていない。
ただ,意味は変わったと言っている。
郡谷・岩崎論文よりはマイルド。

183 :氏名黙秘:2006/12/05(火) 19:51:39 ID:???
>>182
そこの説明は、Cブックがわかりやすく書いてある

184 :氏名黙秘:2006/12/05(火) 20:31:29 ID:???
>>52
今日本屋に並んでたよ
青林書院の新会社法
早稲田の酒巻ら編集で酒巻門下による会社法テキスト
そんなに分厚くなかった

185 :氏名黙秘:2006/12/05(火) 20:40:34 ID:???
>>184
ってことは、酒巻Jrのための本か。
お父さんも大変だね。

186 :氏名黙秘:2006/12/05(火) 21:08:32 ID:???
>>182
意味が変わったと考える必要もないと思う。

187 :氏名黙秘:2006/12/05(火) 22:45:18 ID:???
>>179
そうだね
Cブック目次代わりに使えて便利
まとまってるし、安いから予備校系の本はこれが良いと思う。

188 :氏名黙秘:2006/12/05(火) 23:36:21 ID:???
郡屋も岩崎も松本もみんな若いらしいですね・・・

189 :氏名黙秘:2006/12/05(火) 23:38:41 ID:???
レックの本は糊付けがいいかげんだから
ページを開くとシワシワになる乱丁ものがある
本屋では注意してみよ

190 :氏名黙秘:2006/12/05(火) 23:40:36 ID:???
しわしわは、30代の女性だけで十分。

191 :氏名黙秘:2006/12/06(水) 01:40:22 ID:+pR9Eop8
既出だが、弥永先生の演習会社法ってどう?

192 :氏名黙秘:2006/12/06(水) 02:24:41 ID:???
むずすぎ

193 :氏名黙秘:2006/12/06(水) 10:37:04 ID:OiwSJBcV
俺も解いているが、
第5問なんか、どうなんだって思うぞ。
解説はこじつけのようだが?

上級者に感想を希望。

194 :氏名黙秘:2006/12/06(水) 11:19:49 ID:???
???????
?? ?? ????????
??????????????? ??????
????????????????????
??????????? ????? ? ??? ?
??????? ??????...???? ?????
?????????
?????? ??? ??????? ? ??? ????? ??????
???? ??????? ???? - ??? ?? ???????
?????? ??????
??? ????? ???????? ?????????? ???????
???????? ??????? ??????? ??????

195 :191:2006/12/06(水) 13:30:55 ID:???
じゃあ会社法はシケタイを読み込んでから、弥永先生の
基本書読めばおk?


196 :氏名黙秘:2006/12/06(水) 19:18:06 ID:???
所有者が経営をコントロールするべきだから株主総会の権限を強くし少数株主の権利も拡充すべきだという立場と
素人の株主はすっこんでろ経営の専門家の裁量を制約しない方がうまくいくんだぜという立場と
会社法はこの2つがせめぎ合っている気がします

新会社法は前者から後者に近づいたのではないかと思っています。

197 :氏名黙秘:2006/12/06(水) 22:52:11 ID:???
定款自治がこれだけ拡大しているのに?

198 :氏名黙秘:2006/12/06(水) 22:59:47 ID:???
>>195
シケタイは弥永から引用しまくってるから、
弥永読んでても新しい発見が少ない。なんか萎えた。

199 :氏名黙秘:2006/12/07(木) 00:03:40 ID:+sN4BgGr
@辰巳:えんしゅう本 新会社法講義 坂元先生 12h
Alec :新・会社法100問徹底整理講座 担当者不明 15h

Aの方には「全問題に答案構成を付けました」らしいが
さてどっちのほうがいいんだろう?

200 :氏名黙秘:2006/12/07(木) 00:04:41 ID:???
>>196
前者はドイツ系で後者はアメリカ系だな

201 :氏名黙秘:2006/12/07(木) 00:09:36 ID:???
井藤は神
ついにローの教授もやりはじめた

202 :氏名黙秘:2006/12/07(木) 00:31:33 ID:IPQYX3a9
坂元先生ってぶつぶつ言ってる黒猫のことじゃないよね?

203 :195:2006/12/07(木) 01:15:08 ID:???
>>198
サンクス。シケタイと神田以外に何を読もうか迷ってるんですが
何を読めばいいですかね?

204 :氏名黙秘:2006/12/07(木) 01:36:50 ID:+sN4BgGr
>>202
坂元英峰先生です。過去にスピードマスター親族法・家族法を担当されたとのこと
聞いたことない先生なのでもし受講経験があるならご感想お教えください

教材はどちらも魅力的なんですが講師次第なんですよねぇ

205 :氏名黙秘:2006/12/07(木) 02:14:29 ID:???
なんで法人格否認の法理の判例で(既判力は及ばない)とかわざわざ書いてあるんですか?
会社即個人、個人即会社だったら敗訴の既判力も共通でいいと思うんですけど

206 :氏名黙秘:2006/12/07(木) 02:15:21 ID:???
>>203
他の科目

207 :氏名黙秘:2006/12/07(木) 02:36:15 ID:???
坂元エイホウは確か有名人タッキーがチューターやってた時の講師だな。
関西出身の講師だからほとんど受講生なんていないと思うが。

208 :氏名黙秘:2006/12/07(木) 09:23:53 ID:???
カトシンの講座はどうでしょう?


209 :氏名黙秘:2006/12/07(木) 09:30:16 ID:???
最高 ぜひ受けたほうがいい

210 :氏名黙秘:2006/12/07(木) 09:44:10 ID:???
>>203
新しい本に手を出さずにシケタイと神田(っていうかシケタイは神田コピペじゃなかった?)
を繰り返し読みつつ、百選と問題演習。旧も新もそれでいいでしょ。下手に手を
広げないほうがいい。

趣味で会社法やるなら江頭読めば?

211 :氏名黙秘:2006/12/07(木) 12:48:53 ID:???
> (っていうかシケタイは神田コピペじゃなかった?)

弥永もミックスされてるね

212 :氏名黙秘:2006/12/07(木) 13:37:43 ID:???
シケタイと神田を併読する意味が分かりません

213 :氏名黙秘:2006/12/07(木) 13:50:51 ID:???
>>203
マジレスすると葉玉blog全読み(質問応答コーナー含む)。

あとは210の言うとおり、問題演習をして着実に身につけるべきかな。

214 :氏名黙秘:2006/12/07(木) 14:03:05 ID:???
>>203
『入門講義会社法(第2版)』(蓮井良憲・西山芳喜編)〔法律文化社〕
がマジでおすすめ。あんまり有名じゃないけど隠れた名著だと思う。
これを読めば神田はいらないんじゃないかな

215 :氏名黙秘:2006/12/07(木) 20:26:51 ID:???
葉玉ブログの質問コーナーは受験用にはいらないだろう。常識的に考えて…

216 :氏名黙秘:2006/12/07(木) 22:56:03 ID:???
C会社法結構誤植多いな

Lの誤植情報はどこで見れるの?

217 :氏名黙秘:2006/12/07(木) 23:54:09 ID:???
葉玉ブログ読むと、おまえ司法やめれ、と書いてあるからな。

218 :203:2006/12/08(金) 00:07:29 ID:???
>>210
>>211
ありがとうございます。やっぱり手を広げすぎないでシケタイを読み直してスタンダードなどで問題演習をやろうと思います。あと判例集も読んでみます。
>>212
神田は塾の会社法講座で使って、それじゃたりない部分があったので独学でシケタイを読み込みました。なので神田はシケタイ使った講座があれば不要かと。

219 :203:2006/12/08(金) 00:11:22 ID:???
間違って途中で送信してしまった…。
>>213
今度覗いてみます。アドバイスありがとうございます。
>>214
初めて聞く名前ですね・・・。セミナの本屋で探してみます。ありがとうございます。

220 :氏名黙秘:2006/12/08(金) 01:04:46 ID:???
>>214
あっそう

221 :氏名黙秘:2006/12/08(金) 03:42:03 ID:???
>>218
神田先生のはやっぱり単独じゃわからないよね・・。
判例と予備校本・他の基本書一冊読まないと駄目そう・・・

222 :氏名黙秘:2006/12/08(金) 12:00:26 ID:???
C会社法 厚過ぎ
完全整理択一六法会社法 条文だけしかないに等しい

223 :氏名黙秘:2006/12/08(金) 12:20:45 ID:???
商法の海商みたいに組織再編と組織変更を出題範囲外にしてくれればいいんだけどな

224 :氏名黙秘:2006/12/08(金) 13:36:21 ID:???
>>199
>Alec :新・会社法100問徹底整理講座 担当者不明 15h

>Aの方には「全問題に答案構成を付けました」らしいが
>さてどっちのほうがいいんだろう?

独自の答案構成をつけたというんなら、いいんじゃないか?
ただな、新・会社法100問の構成と同じで、
太字や赤字を抜き出したというふうになるおそれもないではない。


225 :氏名黙秘:2006/12/08(金) 16:59:37 ID:???
>ただな、新・会社法100問の構成と同じで、
>太字や赤字を抜き出したというふうになるおそれもないではない。

むしろ、それがほしい。

226 :氏名黙秘:2006/12/08(金) 19:05:30 ID:???
Cの会社法って判例検索載ってるのな。
今更だが他法も判例検索つけるんだろうな。

227 :氏名黙秘:2006/12/09(土) 06:07:34 ID:???
授業+百選+立法担当者の解説(知識用)+江頭(参照用)+上級商法(個々の論点対策)で良くない?
少なくとも紳士レベルなら。

商法は軽めにして、他の科目に力さいたほうがいい

228 :氏名黙秘:2006/12/09(土) 06:10:21 ID:???
上級商法って何?

229 :氏名黙秘:2006/12/09(土) 11:59:20 ID:???
東大ローの教材。市販もされてる。ぐぐれば出てくる。

っていうか>>227のプランは軽めといいつつ全然軽くない気が…

230 :氏名黙秘:2006/12/09(土) 18:27:36 ID:???
立案担当者の考え方を重視するなら、
神田、シケタイ、100問、立案担当者の本

学者の多数派の考え方を重視するなら、
デバイス、前田その他、セミナーの論文過去問集

百選などの判例集はどの立場でも重要。

231 :氏名黙秘:2006/12/09(土) 19:16:07 ID:???
>>229
レスありがとう。
内容はどんなです?立場は?

232 :氏名黙秘:2006/12/09(土) 19:18:33 ID:???
>>231
商事法務とかの雑誌に載った論文を切り張りしてまとめただけだよ
コピーする手間を省いただけ
http://www.shojihomu.co.jp/newbooks/1361.html

233 :氏名黙秘:2006/12/09(土) 20:04:53 ID:???
>>232
ガバナンス編と閉鎖会社編は買いたいな

234 :氏名黙秘:2006/12/09(土) 20:42:51 ID:???
ほんとに買うやついるからやめとけ

235 :氏名黙秘:2006/12/09(土) 21:53:44 ID:???
東大ロー生は使ってるんじゃないのん?

236 :氏名黙秘:2006/12/09(土) 21:58:40 ID:???
上級商法は企業法務系の講義の時にM&Aのやつだけよんだな。

237 :氏名黙秘:2006/12/09(土) 22:08:30 ID:???
東大って言葉に踊らされすぎ。
もっと他にやることあんだろ。

238 :氏名黙秘:2006/12/09(土) 22:12:20 ID:???
>>237
お前が過剰反応しすぎ

ただのローカルな指定テキストというだけのレスに、
「東大ロー生がやってるなら自分達もやった方がいい」的な発想をに流れて


239 :氏名黙秘:2006/12/09(土) 22:13:13 ID:???
大宮ロー指定テキストだったら誰もふれないだろうしそもそも発売されないだろう

240 :氏名黙秘:2006/12/09(土) 22:15:12 ID:???
情報というものは受け手の視点如何でいかようにも色を染められるものだな

東大という二文字が彼のコンプのスイッチなんだろう

241 :氏名黙秘:2006/12/09(土) 22:29:46 ID:???
>東大ロー生は使ってるんじゃないのん?

これは

>「東大ロー生がやってるなら自分達もやった方がいい」的な発想をに流れて

じゃないの?勘違いならスマン。

242 :氏名黙秘:2006/12/09(土) 22:35:59 ID:???
を に?

243 :氏名黙秘:2006/12/09(土) 23:10:57 ID:???
>>241
そうやっていつも土間から盗み見してきたんだな…

244 :氏名黙秘:2006/12/09(土) 23:46:55 ID:???
きんじろ〜〜〜!

245 :氏名黙秘:2006/12/10(日) 00:24:16 ID:???
アマゾンで注文しました

246 :氏名黙秘:2006/12/10(日) 01:35:12 ID:???
C-Book 会社法徹底攻略講座ってのをやるみたいだけど、これって岩崎かな?

247 :氏名黙秘:2006/12/10(日) 11:35:50 ID:???
神田(第8版)は最新の百選に対応してますか?
地方なんで現物確認ができません。

248 :氏名黙秘:2006/12/10(日) 12:25:55 ID:???
>>247
対応してる。1刷の段階で、既に会社法百選&商法判例集2版に対応。

249 :氏名黙秘:2006/12/10(日) 14:28:08 ID:???
宮武によると

お勧め入門書・・・近藤光男「会社法の仕組み」
         宮島司「新会社法エッセンス」
基本書(辞書)・・・近藤光男「最新株式会社法」
          江頭「株式会社法」
          「キーワードで読む会社法」
          前田庸「会社法入門」

「神田先生、弥永先生、葉玉先生の100問などは全くお薦めしない。」


250 :氏名黙秘:2006/12/10(日) 15:05:31 ID:???
検事は行訴の相手方だからな

251 :氏名黙秘:2006/12/10(日) 17:44:51 ID:???
>249
売れない順に薦めている感じだな。

252 :氏名黙秘:2006/12/10(日) 18:26:11 ID:???
近藤の会社法は本屋で見たこと無い

253 :氏名黙秘:2006/12/10(日) 19:32:12 ID:???
他スレで質問しましたが、分らないらしいので司法板の方にお伺い
します。


某株式会社の総会議案について

退任取締役に対し退職慰労金贈呈の件

取締役○○○○氏は、本総会の終結の時をもって辞任されますので、
在任中の功労に報いるため、当社における一定の基準に従い、相当額
の範囲内で退職慰労金を贈呈することとし、その具体的金額、贈呈の
時期、方法等は、取締役会にご一任願いたいと存じます。

これって会社法361条に違反するんじゃないんですか?会社法にエロイ
人、教えて下さい。

254 :氏名黙秘:2006/12/10(日) 19:38:01 ID:???
>当社における一定の基準に従い

支給基準を株主が推知し得る状況において、当該基準に従い決定すべきことを
委任する趣旨の決議であれば総会決議で具体的金額を定めなくてもオーケー

255 :氏名黙秘:2006/12/10(日) 19:39:20 ID:???
>>254
その一定の基準が株主に明示的・黙示的に示されていないんです。

256 :氏名黙秘:2006/12/10(日) 20:35:16 ID:???
>>249
近藤はP&Cの井藤も薦めてたから関西人好みな本なのだろう。
神田弥永葉玉は東大系だから嫌いとかね。

257 :氏名黙秘:2006/12/10(日) 20:49:40 ID:???
なんだ
妬みか

258 :氏名黙秘:2006/12/10(日) 21:04:24 ID:???
>>255
違反かもしれないが誰かが訴えなければそれは自治の範囲だということ

259 :氏名黙秘:2006/12/10(日) 21:18:49 ID:???
>>258
ありがとうございます。総会が20日なので、早速、会社に突っ込んで
みます。

260 :氏名黙秘:2006/12/10(日) 23:18:19 ID:???
P&C最強。井藤は神。結局そういうこと。

261 :氏名黙秘:2006/12/10(日) 23:55:44 ID:???
江頭先生の「株式会社法」って持分会社扱ってます?

262 :氏名黙秘:2006/12/10(日) 23:57:01 ID:???
>>261
扱ってないよ
はしがきで今後の改訂で合同会社も扱うかもしれないといってるけど

263 :氏名黙秘:2006/12/11(月) 00:00:27 ID:???
大規模公開型企業=株式会社
小規模閉鎖型企業=合同会社(←有限会社はこちらに編入)

どうしてこうしなかったんだろうか。新会社法は理論的にクズだと思う

264 :氏名黙秘:2006/12/11(月) 00:44:23 ID:???
クズに言われても・・・

265 :氏名黙秘:2006/12/11(月) 01:33:57 ID:???
できたばっかなのに943条が改正されたのはどうして!?

266 :氏名黙秘:2006/12/11(月) 02:01:17 ID:???
近藤会社法読みやすいよ。少なくとも神田よりは。
ただ、判例がほとんど載ってないが・・・


267 :氏名黙秘:2006/12/11(月) 03:05:09 ID:???
>>255
あなた黙示の意味分かってないでしょ?
受験生だって分かってないんだからしょうがないけど

268 :氏名黙秘:2006/12/11(月) 03:43:18 ID:???
設立中の会社は権利能力なき社団だといわれますが、
発起人1人の発起設立の場合は社団とはいえません
この場合の発起人の行為の結果の成立会社への帰属は
どのように説明すればよいですか?

269 :氏名黙秘:2006/12/11(月) 04:12:40 ID:???
>>268
設立中の会社に限らず、一人会社だって社団性に争いはありうる。
でも、新しく発起人を募るなり、新しく社員を募るなりすることができるんだから、
潜在的には社団性を有するって理解でいいんじゃね?
ぶっちゃけヘリクツだけど、認められちゃってるんだからしょうがない。

270 :氏名黙秘:2006/12/11(月) 04:45:45 ID:???
仮に>>269のレスの内容を知らなくて質問したのだとしたら>>268はただのアホだな

271 :氏名黙秘:2006/12/11(月) 05:55:16 ID:???
来年から未修に入学する者ですが、入学前に読んでおくべき一冊を教えてくださいエロい人。

272 :氏名黙秘:2006/12/11(月) 11:20:18 ID:???
>>269
そうするとあらゆる個人はいつでも仲間を集めて社団を形成できるから潜在的社団だという事になるわけだが…

273 :氏名黙秘:2006/12/11(月) 11:20:43 ID:???
>>272


274 :氏名黙秘:2006/12/11(月) 12:19:20 ID:???
>>272

275 :氏名黙秘:2006/12/11(月) 12:20:02 ID:???
>>271
シケタイ
当然2回は読めるよな

276 :氏名黙秘:2006/12/11(月) 12:30:46 ID:???
>>271
森田「企業法入門」とかどうよ

277 :氏名黙秘:2006/12/11(月) 12:37:24 ID:???
>>268の疑問は学問的に正当。一例として、新山雄三「会社法の仕組みと働き 第4版」

> 90年改正以降においては、発起人は1人以上でよいということになり(改正前商法165条)、
> そのように発起人が1人である場合にも、果たして発起人組合なるものが、
> 形成されているといえるのか疑問とならざるを得ない。

> 現行法のもとにおいては、すでに触れたように、設立の段階から一人会社が存在しうることとなり、
> そうなると権利能力なき社団たる設立中の会社概念そのものの、改めての見直しが必要になることは必至であろう。

>>270>>273-274みたいに同一性説だけ暗記すれば済むと思ってるようじゃ先が知れるねw
旧試験ならそれでもどうにかなったんだろうけどさwww

278 :氏名黙秘:2006/12/11(月) 13:26:48 ID:???
>>277


279 :氏名黙秘:2006/12/11(月) 13:28:45 ID:???
葉玉100問講座、セミナーでもやればいいのに
講師は板橋がいいな。今は板垣だっけ?w

280 :氏名黙秘:2006/12/11(月) 14:13:32 ID:???
葉玉が予備校に戻ればいいんじゃ

281 :氏名黙秘:2006/12/11(月) 15:10:29 ID:???
来年は合同会社が出るはず

282 :氏名黙秘:2006/12/11(月) 16:48:49 ID:???
>>277
批判だけで268の為の説明を忘れてるけど?


283 :氏名黙秘:2006/12/11(月) 17:07:04 ID:???
合同会社がヤマと聞いたことがあるけどマジなのか

284 :氏名黙秘:2006/12/11(月) 22:19:20 ID:???
>そうするとあらゆる個人はいつでも仲間を集めて社団を形成できるから潜在的社団だという事になるわけだが…

え?当たり前ジャン。

285 :氏名黙秘:2006/12/11(月) 22:22:28 ID:???
>>284
各個人に常に本人名義と権利能力なき潜在的社団名義を使い分けることを許容するの?

286 :氏名黙秘:2006/12/11(月) 22:43:34 ID:???
バカばっかでワロス

287 :氏名黙秘:2006/12/11(月) 22:44:53 ID:???
>>285
うん。何か不都合が?

財産隠し等に社団名義が利用される不都合性を挙げるなら
民法上の判例や登記法上の規定である程度クリアされてるし。

288 :氏名黙秘:2006/12/12(火) 01:31:30 ID:???
>>277

289 :氏名黙秘:2006/12/12(火) 01:34:23 ID:???
会社法ってうざくないですか

290 :氏名黙秘:2006/12/12(火) 01:51:15 ID:???
法務省令、マジめんどい。。。

291 :氏名黙秘:2006/12/12(火) 02:24:03 ID:???
研究者Aと工場長Bと経営能力のある投資家Cは、ある新技術の実用化めどがたったため企業しようと弁護士を訪ねた。
しょうもん1
どのような形態があるかその優劣をあわせてのべよ
2 せつりつのもんだいてん
三 定款を実際に作成せよ


292 :氏名黙秘:2006/12/12(火) 02:30:34 ID:???
形態
1 組合 後の資金調達が難しい 無限責任 永続性がない
2 匿名組合 大体上に同じ
3 株式会社 資金調達が容易 Aの知的財産も現物出資できる 名前がかっこいい
4 合同会社 資金調達が難しい 名前が目新しい
5 合名会社 組合とほぼ同じ 
6 合資会社 4と5の中間
7 権利能力なき社団 法人格を得ようと思えば得られるのだから原則認められない

293 :氏名黙秘:2006/12/12(火) 03:41:46 ID:???
法務省令レベルになるともはや何を言ってるのか一回読んだだけじゃさっぱりわからんな。


294 :氏名黙秘:2006/12/12(火) 03:43:29 ID:???
議員立法で「法律の表現を国民の理解しやすいものとする基本法」でも作ってくれないかな。
取りあえず二重以上のカッコを禁止するとか

295 :氏名黙秘:2006/12/12(火) 03:46:59 ID:???
カタカナ条文よりは一般人でも取っつきやすいね。
つうかもともとは商法を口語化するだけの予定がなぜか会社法の根幹を揺るがす大改正になってるのが笑える。


296 :氏名黙秘:2006/12/12(火) 04:05:17 ID:???
葉玉語及ビ潮見語ハ、此ヲ禁ズ

297 :氏名黙秘:2006/12/12(火) 04:06:59 ID:???
合同会社いいけど、ケイサンの縄張り破りの有限責任事業組合は、パススルーなんやね

298 :氏名黙秘:2006/12/12(火) 06:16:49 ID:9Aq+P6+F
100問屋ってりゃ
もうほかになにもやらなくてもいい?

299 :氏名黙秘:2006/12/12(火) 06:18:21 ID:???
及び・並びに
又は・若しくは
これらの使い分け、みんな知ってた?俺は最近知りました…

300 :氏名黙秘:2006/12/12(火) 06:27:01 ID:???
学部で習った記憶があるけど、わかりません><

301 :氏名黙秘:2006/12/12(火) 07:20:37 ID:LyRAWJWm

旧商法には,債権者保護のための,資本充実の原則は,存在しなかった。

というのが正解なのではないでしょうか(笑)。

302 :氏名黙秘:2006/12/12(火) 07:21:19 ID:???
スレを全部みて参考にしようと思っていたのですが、
予備校の入門講座と論証を一応暗記したレベルでは、会社法百問
よりセミナーの120選のほうがよいのでしょうか?
会社対応の論文集がかつてより本屋に増えてきたので、かえってどれが
よいのか悩みます。
通説、判例で、覚えやすい答案がよいのです。また基本的な論点を一応網羅
してあると助かります。詳しい方教えてくださると幸いです。

303 :氏名黙秘:2006/12/12(火) 08:42:47 ID:???
>>299

なんかの六法の裏表紙に書いてあった。


304 :氏名黙秘:2006/12/12(火) 10:26:21 ID:???
>>302
百問はたぶん挫折する。でもまあ肢別みたいなのもついてるし、「参考書」として
持っておくのはいいかも。

120選よりセミナーの新論文過去問のほうがいいんじゃないかなあ。
百問も踏まえたうえで短めの解答例載せてる。(必ずしも同じ立場というわけではない)

305 :氏名黙秘:2006/12/12(火) 11:22:47 ID:???
>>299
学部1年次配当の「法学」の講義で習いました

306 :氏名黙秘:2006/12/12(火) 11:39:50 ID:???
>>304
セミナーの過去問集見てレポート書いたらケチョンケチョンに叩かれたけど

307 :氏名黙秘:2006/12/12(火) 11:46:10 ID:???
>>304
ご返事ありがとうございます。
参考になりました。

308 :氏名黙秘:2006/12/12(火) 13:33:03 ID:???
100問は過去問答案じゃなくて過去問解説書だと思えば結構いいと思う。

309 :氏名黙秘:2006/12/12(火) 14:11:47 ID:???
採用してある説は通説、もしくは通説候補でしょうか?


310 :氏名黙秘:2006/12/12(火) 14:16:46 ID:???
100問は異説が多い

311 :氏名黙秘:2006/12/12(火) 16:33:59 ID:???
上の方で出てた新山会社法読んでみた

新山雄三 会社法の仕組みと働き(日評) 128ページ
「立法に当たる者は、もう少し法制度論的一貫性の重要性を認識していただきたいものである」

いろんな意味でワロタwww

312 :氏名黙秘:2006/12/12(火) 17:17:12 ID:???
>>311
それをいうなら、民法も法制度的一貫性を持ったものにして欲しいw

313 :氏名黙秘:2006/12/12(火) 17:23:47 ID:???
株券に交付欠缺があったら場合について教えて下さい。

手形の場合は交付契約説なども取れますが、
株券の発行は意思表示でもないし契約でもないので交付契約説が取れません
すると株券が作成された時点で有効(善意取得など可能)と解するよりほかないでしょうか

314 :氏名黙秘:2006/12/12(火) 18:48:07 ID:???
ライブドアから定時株主総会召集ご通知がきました。
その決議事項の1つに、株式併合の件として
「ライブドア社の株式100株を1株に併合する」と記載されております。
A君は、ライブドア株を1株持っていおり、この併合議案が可決した場合、
A君の権利はどうなるか教えてください。

315 :氏名黙秘:2006/12/12(火) 18:48:39 ID:???
>>314
アホは死ね

316 :氏名黙秘:2006/12/12(火) 18:50:14 ID:???
マルチ乙

317 :氏名黙秘:2006/12/12(火) 18:51:45 ID:???
>>314
235条。

なお、多数決濫用として総会決議取消の訴えの問題になりうる

318 :氏名黙秘:2006/12/12(火) 18:56:18 ID:???
加藤(雅)「三権分立は制度的にはあるべき姿なんだけれども,立法者と
いえどもこの大きな社会の流れのなかで生きているので,その流れにそ
ったかたちの立法しかできないんですよ。全知全能ではけしてありません
からね。しょせん,絶対者はどこにもいないんですよ。
 そして民法のコモン・ロー性でも自然公物性でもいいのですが,そこの
ところをわからないで民法をいじったりすると,とんでもない社会的混乱が
おきますからね。だからわかった人が立法をしなければいけないので,
私は今度のドイツの債権法改正は,19世紀最後の年の1900年から施行
されたドイツ民法の起草者とくらべると,悪いけれども担当者の力量は相当
落ちているなという感じは受けますね。ああいう轍を踏むことは絶対避けたい
ですね。やっぱり梅謙次郎先生のもっていた学識は相当なもので,それを
わかったうえでじゃないと安易に民法をいじっちゃいけませんよ。」
(判例タイムズ1222号34頁・鼎談民法学の新潮流と民事実務)


319 :氏名黙秘:2006/12/12(火) 19:21:47 ID:???
加藤(雅)「話がちょっと横にずれますけれども,この間,商法改正があり,
会社法ができましたよね。新会社法では,会社についてのいろんな属性を
メッシュみたいに切って,こういうパターンがあるとして各種属性の組み合
わせでいろんな違った会社をつくる,この見事さには実は感心したんです。
実に感心して見事な改正だと思って改正自体には脱帽しているのですけ
れども,それと同時に私が感じたのが,ちょっと変な比喩になりますけれども,
行政法で自然公物と人工公物という言葉がありますよね。私はあの商法の
改正をみて,わぁーっ,会社法というのは人工公物だ,と思ったのです。」
(判例タイムズ1222号25頁・鼎談民法学の新潮流と民事実務)

320 :氏名黙秘:2006/12/12(火) 19:22:18 ID:???
>>312
民法は一貫してるでしょ。
原則例外が分かりやすく、要件事実もしっかり意識して、
厳密に構成されてる。
>>318の意見に極めて同意する。

321 :氏名黙秘:2006/12/12(火) 19:46:16 ID:???
穂積重遠先生や末弘厳太郎先生、それに続く我妻栄先生などの
法解釈学の大家の方々の役割も大きかったというのはよく言われる。
民法においては。

322 :氏名黙秘:2006/12/12(火) 20:01:12 ID:???
>>320
物権変動はどうなん?

323 :氏名黙秘:2006/12/12(火) 20:14:03 ID:???
民法は要件事実を意識して書かれてはいないけど

324 :氏名黙秘:2006/12/12(火) 20:24:27 ID:???
>>320
>要件事実もしっかり意識して、
>厳密に構成されてる。

こういう知ったかぶって恥ずかしいこと書かない方がいいと思うよ。
己の無知を披露したいなら別だけど。

325 :氏名黙秘:2006/12/12(火) 20:34:46 ID:???
>>320
久々にワロタ

326 :氏名黙秘:2006/12/12(火) 20:36:53 ID:???
ローゼンベルクっっていつ頃時代の人?

327 :氏名黙秘:2006/12/12(火) 20:45:22 ID:???
>>280
>葉玉が予備校に戻ればいいんじゃ

放送大学かなんかで、
会社法100問の解説講義すればいいんだな。

どっかのローで、解説講義をして、
それを誰でもがインターネット上で
アクセスできるようにすればいいのかな。

328 :氏名黙秘:2006/12/12(火) 20:59:48 ID:???
基準日に株式が登録質に入っていたら
議決権を行使するのは株主と質権者のどちらですか?

329 :氏名黙秘:2006/12/12(火) 22:02:59 ID:???
>>324
ん?何かおかしい?
法律である以上、完璧ではないし、解釈の余地があるのは当然だけど?

330 :氏名黙秘:2006/12/12(火) 22:06:04 ID:???
100問の異説ってどこから来てるのかと考えてみると、
伊藤真説のような気がするんだよな・・・。

331 :氏名黙秘:2006/12/12(火) 22:29:13 ID:???
>>330
ん?具体的には?

332 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 00:49:29 ID:???
>330
100問は判例の見解が多いと思うが。
異説と言われているところは学者が会社法の考え方についていっていないところかな。

333 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 01:12:10 ID:???
>>332
判例の見解じゃない異説や判例と結論は同じでも理論構成が違うところが
けっこうあるのが気になるんだけど。


334 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 02:05:13 ID:???
>>333
会社法の条文の立法趣旨自体が変わったのだから異説ではなく定説だろう。頭越しに
改正された学者が文句言っても無意味。

335 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 02:51:52 ID:???
>>334
改正と無関係な部分でも異説があるってのじゃないのかな。
違法な事業譲渡について,民法93条但書で保護をはかるとか。

336 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 02:52:13 ID:???
>>334
会社法の立法趣旨と関係ないところだと思うんですよ。
会社法の下でも判例の判断を変える合理性があるとは思えず、
判例の理論構成の方が理論的だと考えられるのに、
判例の趣旨と違った見解をとっているところが気になるのです。

今は時間がないので、そう思われる部分については、
そのうちここで改めて質問してみたいと思っています。

それにしても、あなたは何でも学者の文句に見えるんですね。
私はただの受験生ですよ。
さりげなく、学者が会社法の考え方についていっていないとか書いたり、
学者が文句を言っても無意味とか書いてて、悪意を感じます。
なんでそんなに強圧的なんですか?
自由な議論に任せる余裕がないんですかね?

337 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 02:54:46 ID:???
>>335
そう、それもありました。

338 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 02:59:08 ID:???
妥協の結果論理一貫しない規定になったのに一貫するように騙るから異説になってしまう

339 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 05:48:06 ID:???
ローの教授がじだんだ踏んでるよな。
予備校本批判していた学者でさえも、もっとも予備校本的な趣の
100問をローの授業に持参しているという衝撃。

ローの先生にいってやりたい。
「葉玉先生って検察でしょ。刑事実務が本職なのに、あっさり抜かれて
どういうお気持ちですか。20年も研究していてぱっと出の検事に
頭があがらないなんて。」
「葉玉先生がいれば刑事系と民事系の両方の講師ができて、そのぶん
学者をリストラできますよね。」

340 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 10:03:25 ID:???
財政経済事件やったPは会社法詳しいんだよ。会社犯罪ね。

341 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 10:13:40 ID:???
>>339
「お前が言うな」

342 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 10:18:44 ID:???
ロー生がじだんだ踏んでるよな。
司法書士批判していたロー生でさえも、もっとも代書屋的な趣の
司法書士試験の合格率が7%という衝撃。

ロー生にいってやりたい。
「司法書士って代書屋でしょ。登記実務が本職なのに、あっさり抜かれて
どういうお気持ちですか。2年も勉強していてぱっと出の司法書士に
頭があがらないなんて。」
「司法書士がいれば簡裁と登記の両方の実務ができて、そのぶん
ヨンパーをリストラできますよね。」

343 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 11:17:49 ID:???
司法書士の短答問題って細かい所までつついてくるよなあ
LECの過去問解説問題集見た感想


344 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 13:13:56 ID:???
書士の問題も甘いもんじゃないよな。

345 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 13:28:56 ID:???
どっちかって言うと
生っぽくて苦い

346 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 18:10:46 ID:???
>>343>>344
書士の仕事って解釈論関係ないからな。条文と実務の慣例を正確に暗記しないといけない。
だから、細かいのでしょう。

347 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 21:41:21 ID:???
実務はともかく条文理解できてない奴多いよな。

348 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 23:19:17 ID:???
>>347
会社法の条文理解できたら相当実力あると思う。

349 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 01:53:56 ID:???
>>295
遅レスだが、もともと会社法の場合は「現代化」であって、
民法のような単純な「現代語化」ではない。

350 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 02:45:54 ID:???
まぁそう釈迦力になるな

351 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 03:24:09 ID:???
246条3項で質問です
新株予約権者が期日までに払込をしないときは、当該募集新株予約権を行使することができないとありますが。
これは永遠に行使することができない新株予約権者になるということでよいでしょうか。

352 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 04:11:14 ID:???
払込義務はなくならないから遅延損害金払えばOKだよ。
引受契約で消滅する旨の定めを置くこともできたと思う。

353 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 17:31:01 ID:???
>>350
しゃかりきってこう書くんだ

354 :353:2006/12/15(金) 20:36:21 ID:???
>>350
きゃんたま!

355 :氏名黙秘:2006/12/15(金) 22:45:35 ID:???
喜屋武ちゃん乙

356 :氏名黙秘:2006/12/16(土) 00:51:59 ID:???
一時期永井がもてはやされたけどもう過去の遺物になったのか?

357 :氏名黙秘:2006/12/16(土) 05:29:42 ID:???
本が出ないからねぇ・・・

358 :氏名黙秘:2006/12/16(土) 07:24:13 ID:???
もてはやされてない

359 :氏名黙秘:2006/12/16(土) 17:58:11 ID:???
永井って誰?気になるから上げてみる

360 :氏名黙秘:2006/12/16(土) 18:01:33 ID:???
中大の学長してるんじゃ?
今となっては弟子の野村修也のが有名だね

361 :氏名黙秘:2006/12/16(土) 18:03:23 ID:???
昔ブリッジブックとかいうのを読んだけど。
新法にはマッチしていない学説だから引退したんじゃない?

362 :氏名黙秘:2006/12/17(日) 00:19:13 ID:???
>>311
つーか、新山は、はしがきから愚痴モードでワロスw

363 :氏名黙秘:2006/12/17(日) 00:20:33 ID:???
>>356
中央は、加美の本がどこまで頑張れるか・・・
丸山もいるにはいるのだが・・・


364 :氏名黙秘:2006/12/17(日) 00:21:19 ID:???
丸ちゃんは手形が専門じゃなかったっけ

365 :氏名黙秘:2006/12/17(日) 00:21:59 ID:???
雑魚の話で盛り上がってるな
どうでもいいぞ

366 :氏名黙秘:2006/12/17(日) 00:23:04 ID:???
森淳二朗・上村達男編
「会社法における主要論点の評価」(中央経済社)

さあ!商法学者の逆襲が始まりますよ!

367 :氏名黙秘:2006/12/17(日) 00:25:08 ID:???
法務省令はヒドイ。通読していたら頭が痛くなってきたお。


368 :氏名黙秘:2006/12/17(日) 00:26:35 ID:???
今は、郡屋がネ申。

369 :氏名黙秘:2006/12/17(日) 00:27:39 ID:???
試験レベルではどこの学者が書いたかとか関係ないもんな
論理的で分かりやすければ大宮ローの教授が書いた本でも俺は喜んで読むよ
逆に東大教授が書いた教科書でもひでーのあるし。学術的な事はシラネ

370 :氏名黙秘:2006/12/17(日) 00:28:43 ID:???
大宮ロー生乙

371 :氏名黙秘:2006/12/17(日) 00:30:23 ID:???
>>369
さすが志が低いなw
まぁおのれの分をよくわきまえてるというところか

372 :氏名黙秘:2006/12/17(日) 00:30:27 ID:???
>>366
新山ぐらい辛口を期待

373 :氏名黙秘:2006/12/17(日) 00:45:52 ID:???
おおおおおっ! 百問見てたら頭が割れるようにイテーよぉぉぉぉぉ! 無理だよぉぉぉ!こんなの!

374 :氏名黙秘:2006/12/17(日) 01:03:15 ID:???
新山のは辛口とかじゃなくて単なる愚痴だろ

375 :氏名黙秘:2006/12/17(日) 01:04:37 ID:???
>>363
加美先生はもうとっくに定年退職している。

376 :氏名黙秘:2006/12/17(日) 01:06:55 ID:???
新山4版はしがきより

売れるのは立法担当者の解説本ばかりで、
「こうした方がよいから、こうなった」「こうすることにしても問題はない」といった説明だけでは、
それがどうしてそうならざるを得なかったのか、その必然性が分からない。


百問を読んでこじつけだと思った人にオススメ

377 :氏名黙秘:2006/12/17(日) 01:27:50 ID:???
>>376
宮島といい、上村といい、私立の教授は悲惨だなw


378 :氏名黙秘:2006/12/17(日) 01:41:08 ID:???
新株予約権が100株分行使されたのに、
自己株式と発行可能株式数の残りを合わせても100株に足りない場合、
どういう処理になりますか?

自分なりに考えてみた結論としては

履行遅滞となり会社はどこかから調達してくる義務を負うことになる
履行不能となる→新株予約権は賠償金請求権に変化?

など思いついたのですがよくわかりません

379 :氏名黙秘:2006/12/17(日) 04:25:18 ID:???
>>367
そこまでやる余裕あるか?
司法書士受験生じゃないんだから

380 :氏名黙秘:2006/12/17(日) 05:06:49 ID:???
基本書なんてSでいいよね
あとはCかシケで補充すりゃ十分

381 :氏名黙秘:2006/12/17(日) 13:34:45 ID:???
Sの著者は何気に豪華陣

382 :氏名黙秘:2006/12/17(日) 20:10:13 ID:???
何げにというより思いっきり豪華

383 :氏名黙秘:2006/12/17(日) 22:44:10 ID:???
みんな手を抜いてるけどな

384 :氏名黙秘:2006/12/18(月) 00:09:18 ID:???
371条4項5項について教えて下さい
これらの規定は取締役会設置会社の債権者・親会社社員が取締役会議事録を閲覧等できるという規定ですが
取締役会設置会社以外の会社の場合はどうなるのでしょうか。

385 :氏名黙秘:2006/12/18(月) 00:39:05 ID:???
>>384
取締役会設置会社以外の会社には
取締役会が存在しないので、当然その議事録等も存在しない。

386 :氏名黙秘:2006/12/18(月) 00:53:00 ID:???
>>385
なんでですか?

387 :氏名黙秘:2006/12/18(月) 01:00:08 ID:???
>>386
いや取締役会を設置している会社・設置すべき会社が
「取締役会設置会社」なんだから、これ以外の会社に
取締役会は存在しないでしょ。

法律に基づかないで任意に設置された会議体は、
「取締役会」という名称だったとしても、法律上の取締役会ではない。

388 :384:2006/12/18(月) 01:30:41 ID:???
いわれてみれば取締役会設置会社じゃなければ取締役会議事録もないですよね
寝ぼけてたみたいです。ちゃんと寝ないとまずいです
ありがとうございました

389 :氏名黙秘:2006/12/18(月) 01:43:02 ID:???
そもそも条文の「取締役設置会社の」が不要なんだよな。
当然なんだから。

390 :氏名黙秘:2006/12/18(月) 01:44:12 ID:???
> 取締役会を設置している会社・設置すべき会社が「取締役会設置会社」
とね


391 :氏名黙秘:2006/12/18(月) 02:10:51 ID:???
解散無効→その後成立した法律は全て無効→新会社法も無効というふうに

392 :氏名黙秘:2006/12/18(月) 12:41:44 ID:???
憲法も改正してこのぐらい詳細に規定するべき。どんどん法務省令に委任するべき

393 :氏名黙秘:2006/12/18(月) 12:53:39 ID:???
それこそムリス>>392

394 :氏名黙秘:2006/12/18(月) 13:49:02 ID:???
新憲法 第1編 総則 第1章 通則 

(趣旨)
第1条 国家の統治の基本については、この憲法の定めるところによる。

(定義)
第2条 この憲法において、次の各号に掲げる用語の意味は、当該各号に定めるところによる。
(略)
二千九十七 精神的自由 表現の自由、信教の自由、学問の自由、その他の精神的諸活動に関する自由のうち人格的自律に不可欠として法務省令で定めるもの
(略)

(法人格)
第3条 日本国は、法人とする。

(住所)
第4条 日本国の住所は、本州、北海道、九州および四国ならびにその他諸小島にあるものとする。

(国家行為)
第5条 日本国がその事業としてする行為及びその事業のためにする行為は、国家行為とする。

395 :氏名黙秘:2006/12/18(月) 18:50:57 ID:???
質問です。監査役の選任について定款で累積投票制度をとることは可能ですか?

396 :氏名黙秘:2006/12/18(月) 20:00:24 ID:???
東京地方裁判所商事研究会/編著の商事関係訴訟ってどうですか?

397 :氏名黙秘:2006/12/18(月) 20:09:18 ID:???
>>396
東京地裁の商事部裁判官が訴訟類型毎に商事部の実務運用を
明らかにした実務家用の本
類書に判例タイムズ社の「類型別会社訴訟TU」がある

株主が会社に対しどういう請求ができるかという問題はよく出るので
事例分析に資するかもしれないけれども
要は弁護士が商事部の運用を知ってから訴えでてくれという類の本なので
受験生が読む必要はあまりないかと

398 :氏名黙秘:2006/12/18(月) 20:17:55 ID:???
弥永ってどうですか?

399 :氏名黙秘:2006/12/18(月) 20:30:07 ID:???
>二千九十七 精神的自由 表現の自由、信教の自由、学問の自由、
>その他の精神的諸活動に関する自由のうち人格的自律に不可欠として
>法務省令で定めるもの

これ面白すぎる。

400 :氏名黙秘:2006/12/18(月) 20:37:20 ID:???
国務大臣は、日本国に著しい損害を及ぼすおそれのある事実があることを発見した時は、
直ちに、当該事実を国民(裁判所設置日本国にあっては、裁判所)に報告しなければならない。

401 :氏名黙秘:2006/12/18(月) 20:51:01 ID:???
>>396
論文では、どんな裁判が起こせるかという問題が必ず出るから、読んでおいてそんはないかも
でも、買うほどでもないか
図書館に入れてもらったら

402 :氏名黙秘:2006/12/19(火) 00:37:04 ID:???
>>398
見た目はさえないねぇ;;;。

403 :氏名黙秘:2006/12/19(火) 21:04:12 ID:???
シケタイ労働法は刊行を嘱望された書物でした。今回その期待にある程度は答えたものと
思われます。全体のすっきりとした見通しのもと、すべての論点に簡潔な説明を
与えています。まずは合格点といってよいでしょう。しかし、これ一冊で十分か
といえば、一抹の不安も残ります。一見、あからさまに出来の悪かった行政法も、
C-BOOKなどで補えば、かなり使えるものであったように、本書もC-BOOKと
併用することが求められるようにも思われます。しかし、その場合もメインはこちら
ということでよいでしょう。なお、論証カードは付いていませんが、2版で文章シート
なるものが行政法と同様、付されることになるでしょう。文章シートというネーミング
には疑問も残り、なぜ論証カードでいけないのか、そもそもどう違うのかが問われました。

C-BOOK会社法も刊行されました。東京リーガルマインドは行政法や労働法は他社に
先駆けて刊行していただけに、やや後出し感もあります。それだけに出来が悪いと失望を
与えることになりかねません。まず、江頭・前田を目指すかのような分厚さが
目につきます。書店で見て、驚いた人も多いと思います。なお、私はまだ読んでいない
ので、内容についてコメントすることは出来ません。

404 :氏名黙秘:2006/12/19(火) 22:10:14 ID:???
>>398
ちょっと薄め

405 :氏名黙秘:2006/12/20(水) 03:26:28 ID:???
>>398
試験対策としては少しアカデミック過ぎる

406 ::2006/12/20(水) 07:50:34 ID:8BDeUgKr
江頭820頁3行目括弧書に、
「事業の譲渡でも帳簿上総資産額の5分の1以下の譲渡では
 株主に株式買取請求権がない(467TA、469)」
と書いてあるんですけど、何回条文を読んでもそうは読めません。
おそらく、エガちゃんの間違いですよね???

407 :氏名黙秘:2006/12/20(水) 11:35:58 ID:???
あぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅ
あぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅ
あぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅ
あぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅ
あぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅ
あぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅ
あぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅ
あぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅ

408 :氏名黙秘:2006/12/20(水) 11:51:36 ID:???
>>406
いや、間違いではない。
総資産額5分の1以下の譲渡は、469条1項の「事業譲渡等」に
該当しないから。(「事業譲渡等」の定義は、468条1項参照。)

エガちゃんの言う「事業の譲渡」は468条以下の「事業譲渡等」
よりも広い意味を持っているわけ。


409 :氏名黙秘:2006/12/20(水) 17:12:41 ID:???
そんな細かいことどうでもええじゃないか

410 :氏名黙秘:2006/12/20(水) 20:32:06 ID:???
>>408
実力者ですね。

411 :氏名黙秘:2006/12/20(水) 20:54:27 ID:???
おまえら三振予備軍

412 :氏名黙秘:2006/12/20(水) 22:56:05 ID:???
条文を読んでも意味がわかんなかったから弥永で調べたら条文がコピペされてた
氏ね!

誰か710条2項の意味を教えてくれたら弥永以上の男(女)として尊敬する。

413 :氏名黙秘:2006/12/20(水) 23:03:21 ID:???
そんな条文まで読むなんて尊敬するわ

414 :氏名黙秘:2006/12/20(水) 23:42:12 ID:???
>>412
例えば、甲会社の社債100億円についてA信託銀行が社債管理者になったとする。
しかしAは銀行業務の一環として、甲に対して10億円の貸付債権を有している、
と。

Aが自己の有する貸付債権10億円について回収してから3ヶ月以内に社債が
デフォルトになったら、Aは甲の財務状況の悪化を知っていたくせに自分
だけさっさと回収し社債権者に対する公平誠実義務を蔑ろにしてた悪い
やつだと推定しちゃうぞよ、っていう意味ですよ。


415 :412:2006/12/20(水) 23:46:29 ID:???
ありがとう!
「当該社債管理者の債権」というのは受託してる債権と別の債権の事だったのか
やっと意味がわかりました。本当にありがとう。
お名前は存じ上げませんがきっと高名な受験生の方なのでしょう
これからはパソコンに足を向けて寝るのはやめます

416 :414:2006/12/20(水) 23:52:06 ID:???
>高名な受験生の方

悪口にしか思えん…orz


417 :氏名黙秘:2006/12/20(水) 23:52:48 ID:???
普通、そんなところまで押さえている新司受験生はいないwww

418 :氏名黙秘:2006/12/20(水) 23:56:18 ID:???
やっぱり悪口だったか…orz


419 :415:2006/12/21(木) 00:34:01 ID:???
悪口じゃないよ!
弥永より尊敬できるって事がいいたかった

420 :氏名黙秘:2006/12/21(木) 02:15:40 ID:???
かんたく会社まちがいみつけた。
単元未満株主は、定款で排除されない限り、株主代表訴訟できるのに、もち保有期間はクリアしたとして、

かんたくでは、単に認められないとさ

試験によくでるとこなんに

847条みろ

421 :氏名黙秘:2006/12/21(木) 02:17:58 ID:???
>>420
国語Iからやり直した方がいいと思われ

422 :氏名黙秘:2006/12/21(木) 02:20:03 ID:???
>>420
干拓アホだなw

423 :氏名黙秘:2006/12/21(木) 13:56:57 ID:???
呉 会社法実践講義 「論文問題集」

呉 会社法集中講義 ←この講座で使用する問題集は何?    

424 :氏名黙秘:2006/12/21(木) 15:06:07 ID:???
弥永ってクリスチャンなんだよね
受験勉強が退屈な時「全ては益になる」って自らを慰めたらしい

425 :氏名黙秘:2006/12/21(木) 15:07:00 ID:???
俺ってオナニストなんだよね
受験勉強が退屈な時「全ては液になる」って自らを慰めたらしい

426 :氏名黙秘:2006/12/21(木) 20:55:18 ID:???
なんじ しごけよ 無職

427 :氏名黙秘:2006/12/22(金) 01:08:29 ID:???
ザーメン

428 :氏名黙秘:2006/12/22(金) 01:37:30 ID:???
江頭読んでるが、いい本だなこれ。弥永とは大違いのような希ガス。


429 :氏名黙秘:2006/12/22(金) 01:39:17 ID:???
>>428
いいけど通読する本じゃないよ

430 :氏名黙秘:2006/12/22(金) 02:37:27 ID:???
論点の説明は薄いよね。実務体系書だからしゃあないけど。

431 :氏名黙秘:2006/12/22(金) 02:47:53 ID:???
実務家限定とか書いてるし

432 :氏名黙秘:2006/12/22(金) 07:27:56 ID:???
江頭は良い本だが、論点の説明や学説の対立についての記述が薄い、受験とは関係のない記述が多い、持分会社がない、基本的な説明はあまりない。
だから、受験生向きではない。

433 :氏名黙秘:2006/12/22(金) 07:40:41 ID:???
会社法の配点考えて労力を割くようにね

旺盛な研究心を自制しなければならないのがこの試験の問題だけど・・

434 :氏名黙秘:2006/12/22(金) 12:20:06 ID:???
検閲とは、行政権が主体となって、思想内容等の表現物を対象とし、
その表現物の全部又は一部の発表の禁止を目的として、
対象とされる一定の表現物につき網羅的一般的に発表前にその内容を審査したうえ、
不適当と認めるものの発表を禁止することをいう

435 :氏名黙秘:2006/12/22(金) 13:08:54 ID:???
マイナー科目に時間かけすぎると足元すくわれるよね・・

436 :氏名黙秘:2006/12/22(金) 15:27:52 ID:???
会社法の配点って低いの?

437 :氏名黙秘:2006/12/22(金) 18:54:51 ID:???
会社法ってつくづくいい加減な法律分野だと思う。
根幹的部分まで変わってしまうんだからな。
民事訴訟法がよく無味乾燥だと言われたりするが、最も無味乾燥で、ころころ変わるのは会社法だけだろう。
哲学や思想がないというよりも、今までの哲学や思想が何だったのかとの疑問を抱かせるのに充分なほどの節操の無さ。
法曹としての資質を試すべき司法試験の科目から外しても、全く差し支えないと思うのだが。
試験科目でない山ほどある個々の行政法規と、レベルはほとんど変わらない。
どうせころころ変わるし、その時点の法律を読めばいいんだから。
その解釈能力は他法の学習で得られる程度のレベルで足りると思われる。
会社法研究者は馬鹿馬鹿しくならないのかが不思議に思える。
基本書や関連図書はよく売れるだろうがな。

438 :氏名黙秘:2006/12/22(金) 19:11:55 ID:???
>>437
まあ、仕方ないのでは。バブル崩壊して10年ほど前のアメリカの法体制に移行しようと必死だからさ。
しばらくちょこちょこと改正が続くのではないかな?

439 :氏名黙秘:2006/12/22(金) 23:26:20 ID:???
会社法の条文が頭に入らん。
タスケテー

440 :氏名黙秘:2006/12/22(金) 23:28:32 ID:???
>>439
目次を見ろよ

441 :氏名黙秘:2006/12/23(土) 00:44:37 ID:???
アメリカの会社法を準用すればいいのに
そうすれば1条だけで済む

442 :氏名黙秘:2006/12/23(土) 00:46:28 ID:???
>>441
何州にするんだ?

443 :氏名黙秘:2006/12/23(土) 00:48:50 ID:Zck6rQLj
近藤光男の最新株式会社って改定なの?
本屋にない
いつでるんだろ

444 :氏名黙秘:2006/12/23(土) 00:52:44 ID:???
あの本いまいちだな

445 :氏名黙秘:2006/12/23(土) 01:21:17 ID:???
>>437
会社法は、もはや行政法規のようなものさ。
社労士、宅建、税理士と同レベルなご都合法規でつ。


446 :氏名黙秘:2006/12/23(土) 01:27:15 ID:???
>>439
会社法の条文は、準用が多いからな。
法務省令なんて、狂気の沙汰w


447 :氏名黙秘:2006/12/23(土) 03:08:00 ID:???
そっちの方が儲かるから

448 :氏名黙秘:2006/12/23(土) 09:38:31 ID:???
基本書を嫁

449 :氏名黙秘:2006/12/23(土) 11:47:00 ID:???
条文読んでる猛者がいるのか。三振街道まっしぐらだな。

450 :氏名黙秘:2006/12/23(土) 12:09:51 ID:???
???

451 :氏名黙秘:2006/12/23(土) 12:17:04 ID:???
条文素読の必要性がわかれば合格は近い

と思う

452 :氏名黙秘:2006/12/23(土) 13:01:11 ID:???
マイナー科目にそこまで張り切って大丈夫か?

453 :氏名黙秘:2006/12/23(土) 13:09:25 ID:???
条文読まずに何が理解できるのかと言いたい
使う本の条文の箇所もわざわざとばし読みするのか?w
行政法にしても的外れなことばかり言う奴だな

454 :氏名黙秘:2006/12/23(土) 13:38:50 ID:???
こいつ最高にアホ↑

455 :氏名黙秘:2006/12/23(土) 13:41:14 ID:???
頭悪すぎというか日本語が不自由な低学歴なんだろう

>>449お前だよ馬鹿

456 :氏名黙秘:2006/12/23(土) 13:45:33 ID:WEoJH5zB
おまえら…
ロー生の程度の低さが分かるやり取りだな

457 :氏名黙秘:2006/12/23(土) 13:46:45 ID:???
こいつら最高にアホ

458 :氏名黙秘:2006/12/23(土) 13:50:18 ID:???
条文を読みたくないやつは読まなければいい
読みたいやつは読めばいい

459 :氏名黙秘:2006/12/23(土) 14:09:36 ID:uckI7RxO
おすすめの本をおせーて

460 :氏名黙秘:2006/12/23(土) 14:12:44 ID:???
自分で探せかす

461 :氏名黙秘:2006/12/23(土) 16:38:50 ID:???
       /:::::::::::::::::::::::::::/ ..ヽ::::::::::::::::::::::::ヽ
      /::::::::::::::::::::::::::::/   ヾ:::::::::::::::::::::::::丶
      |::::::::::::::::::::::::::::/     ヽ:::::::::::::::::::::::ヽ   
      |::::::::::/::::::::::::ノ       ヽ.::::::::::::ヽ:::::|    
      |:::::::/ ̄ ̄ ̄          ̄ ̄ ̄|:::::::|    
      |=ロ   -=・=-     -=・=-  ロ=| 
      |::::::|       ノ           |:::::::| 
      |::::::|       (● ●)       .|:::::::|
      |::::::|*∵∴    l l    ∴∴*.|::::::|         
      |::::::|  ∵∴\______/∵∴ |::::::|
      |::::::|\     \_ __/     ./.|::::::|
      |::::::|  \____U____/  .|:::::::| 
        ̄   /`   ゜     ´\     ̄
          / ,へ    丶   ヽ \
          〈 〈 ( ・  .| ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄|
          \ \|    |種18禁|..|   |
            \ \  .|__.m| |____|
              ヽ \..×  |ヽ_ノ
              |\ ..(0)  |
            / ,巛 〜〜\ ヽ くぱぁ
           /  /   U  ヽ ヽ
           〈  〈       〉  〉
           \  \  U / /

462 :氏名黙秘:2006/12/23(土) 19:02:19 ID:???
会社法っていつからマイナー科目になったんだ?

463 :氏名黙秘:2006/12/23(土) 19:47:22 ID:???
おまえは馬鹿か?

464 :氏名黙秘:2006/12/23(土) 20:06:15 ID:???
>>462
口述から外されてからだろう。
いまじゃただの行政法規扱い。
まあ会社法学者のプライドはズタズタだろうがな。

465 :氏名黙秘:2006/12/23(土) 20:08:31 ID:???
口述最終年は口述厳しかったらしい
イトマコの情報だが
最後だからイジワルしたのかな

466 :氏名黙秘:2006/12/23(土) 20:22:05 ID:???
それリアルで伊藤真でいいのかね?

467 :氏名黙秘:2006/12/23(土) 20:24:07 ID:???
最終年てまだじゃん。

468 :氏名黙秘:2006/12/23(土) 20:39:30 ID:???
伊藤真が講義中いってた記憶があるよ
最後はちょっと例年より試験管が厳しかったって感想がおおかったとか

469 :氏名黙秘:2006/12/23(土) 20:40:30 ID:???
>>467
商法の最終年だよな。

470 :氏名黙秘:2006/12/23(土) 20:45:36 ID:???
>>467
口述商法の最終年だよ

471 :氏名黙秘:2006/12/23(土) 20:50:33 ID:???
H15年か

472 :氏名黙秘:2006/12/23(土) 20:51:31 ID:???
まあみたかぎりいとまこってなまえの
合格者はいなかったけどな

473 :氏名黙秘:2006/12/23(土) 20:52:13 ID:???
なんか勘違いしてる?

474 :氏名黙秘:2006/12/23(土) 20:52:59 ID:???
もちろんマコトが受けた感想じゃないよ


475 :氏名黙秘:2006/12/23(土) 20:54:39 ID:???
だれがうけた感想?

476 :氏名黙秘:2006/12/23(土) 21:03:50 ID:???
塾生だよ

477 :氏名黙秘:2006/12/23(土) 21:05:44 ID:???
ほてい?

478 :氏名黙秘:2006/12/23(土) 21:08:04 ID:???
ほてい?

479 :氏名黙秘:2006/12/23(土) 22:02:34 ID:???
うんこ

480 :氏名黙秘:2006/12/24(日) 00:28:53 ID:???
最新株式会社法―平成17年改正会社法・同法務省令に対応

 ご紹介が遅れましたが,近藤先生の会社法の本です。

 近藤光男先生の著書。近藤先生の本は,2年前に商法総則・商行為の条文問題集を作成した時に全面的に参考にさせていただきました。その理由は,どの本に比較しても断然に分かりやすかったからです。

 以来,近藤先生ファンですが,伊藤塾の宮武先生とお話をしたときに宮武先生曰く「先生,近藤先生の本ってどう思われますか?」僕がいうに「最高です」「でしょ?」。

 もちろん,基本書ですので,表現に一定の堅さはあります。あれもこれも全部載っているというわけではないのですが,どうせ受験にあれもこれも必要なわけではありません。少なくとも神田先生の本で,挫折した人は使ってみるとよいと思います。

481 :氏名黙秘:2006/12/24(日) 00:58:58 ID:???
                      /  :::..,.\       :: ::i
                ,...f``^ー'´:....: r'  ̄`:、      ..::::.l
        ,..:‐' ̄ ̄ ̄`` 'h..:::  : ::..  ,i'     !、   ノ   .::.i
      /         c'      __)'      )  /    ノ
    /         c' ,.、ノ`‐'イ、       `t':: :  /
.   ,.''          .」.:: ,. /´  \     ,.r'.>  イ―――――――ー―:.、
  /          r'´: ::/      ヽ、,.::‐r'' Y :..:::::ノ              l
  i´          .i , /         i   `i .l :: ./       ,.=―‐、   .h
 i'        .....::,,,,l :: ノ  、      ト.、  i lノ イ     ,..::''´  ̄ ̄`:、  F'┐
 !       ..::::::f r.':::,.イ   `ヽ、   .ノ ヽ r'~´..:: イ  ,...::‐''´ー――‐‐:...、ヽ_)r了)
 i    ,,.:   :::::ヽニ;i.ノ::: 田田田`ヽ、ノ   ,..::‐'〉. r'  ̄(_,,、        `ー''´
  !  ,.:'     """""`   .、田田田.トー‐'´  /:::.)`i    ,.へ_ノ
  l                `ー:.、田     i::..:::)┴:、  ヽ、
  l                   ` く  ,..:‐' ̄).ノ〈〉 〉‐、 ヽ.
  i                     \( (r.) r' y  l、 <  .)
 i'                       ヽ、   i. ∧ i、 l.  (
 l                        ヽ.  l. ∨ .i.ノ   `i
 l                         i  ヽ、   l    ./             ____
. !                         ヽ、  ̄`ー!   ノ           ,..:‐'^r‐r'
  :、                         :``ー┬ ' ̄ ̄``ー―:.、__,...:‐'´ r'´ `⊆、

482 :氏名黙秘:2006/12/24(日) 03:12:59 ID:???
肌間って買いなおす意味ある?
ちらっと見たけどけっこういろいろ変わってるようにもみえる

483 :氏名黙秘:2006/12/24(日) 04:55:23 ID:???
論証が厚くなってたりするよ。所々で。
「預合い」とか顕著。

484 :氏名黙秘:2006/12/24(日) 12:13:48 ID:???
毛深い

485 :氏名黙秘:2006/12/25(月) 20:32:12 ID:???
http://www.yuichiro-itakura.com/

ワロタ

486 :氏名黙秘:2006/12/26(火) 00:58:52 ID:???
>>485
ワロタ。投下ありがと

487 :氏名黙秘:2006/12/26(火) 01:20:00 ID:???
>1998年1月 板倉雄一郎の個人自己破産


488 :氏名黙秘:2006/12/27(水) 15:03:33 ID:???
C最強

489 :氏名黙秘:2006/12/29(金) 21:40:42 ID:???
7 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/06(木) 19:33

 改正前の民訴の教材だが、現在検事をやっている「葉玉」という
人のLECのレジュメがよく出来ていた。
 あれで改正点を補えば十分だろうが、果たして今持っている人が
いるだろうか。


490 :氏名黙秘:2006/12/30(土) 16:26:24 ID:???
もってるけど自分のノートに消化してしまった。

で、板書きはすてた

でも体系上は四段階レベルわけができれば
いまの教材でも通じると思う。
そのかぎりでノートの中に保管してある。
もっともすぐにでるかというとちょっと
微妙。パソコンのなかにいれた

491 :氏名黙秘:2007/01/02(火) 20:09:01 ID:???
会社法、株式買取請求権についての質問です(神田162頁、江頭747・776頁参照)。

改正前商法は、買取価格を「決議がなされなかったならば有したであろう公正な価格」と
していましたが、新会社法は「決議がなされなかったならば有したであろう」を削除しま
した。

これは、買取価格に合併等によって生じるシナジーを含めることが可能になったというこ
とを意味するようです。つまり、多数派株主が少数派株主が株式買取請求せざるを得ない
ように追い込んだ上で、多数派株主がシナジーを独占するのは妥当ではないから、場合に
よっては、シナジーを含んだ価格を買取価格にすべきという価値判断のようです。

そこで、疑問ですが、「多数派株主が少数派株主が株式買取請求せざるを得ないように追
い込む」とは、具体的にはどんな方法が考えられるのでしょうか?
つまり、シナジーによる株価上昇が見込まれるのであれば、単純に株式を譲渡しなければ
いいではないか、という疑問です。よろしくお願いします。

492 :氏名黙秘:2007/01/02(火) 20:18:31 ID:???
難しく考える必要はないかと
要は出ていく株主にもシナジーを享受させようと

493 :氏名黙秘:2007/01/02(火) 20:18:39 ID:???
>>491
マルチはやめろ。


494 :氏名黙秘:2007/01/02(火) 20:53:05 ID:???
株主平等原則の具体的内容は、「内容の平等」と「取扱いの平等」がある
と思いますが、109条1項は後者ついてにのみ言及しているように読めます。

この理解は、あってますか?

(もし、この点に関して、ズバリ指摘している基本書等の既述を御存知の方が
あれば、教えて欲しいのですが。)

495 :氏名黙秘:2007/01/02(火) 20:59:16 ID:???
団鬼六「真昼の閉鎖会社第7章股の中の株式」

496 :氏名黙秘:2007/01/02(火) 21:10:49 ID:???
>>495
その人って関西学院大学卒なんだってね

497 :氏名黙秘:2007/01/02(火) 21:14:43 ID:???
>>491
対価柔軟化したんだから、そもそも存続会社の株式が割り当てられるとは限らない。
また、株式が割り当てられる場合であっても、合併比率に不満があることもある。
つまり、合併には賛成だが対価が不十分だという場合に意味を持ってくる。

>>494
それであってる。
神田63頁は、株主平等原則は技術的なもので、これと株式の内容の平等とは
直接には関係がないとしている。
種類株式を当たり前のものと位置づけたんだから、内容の平等をいうのは不自然になる。

498 :氏名黙秘:2007/01/02(火) 21:20:30 ID:???
497の前者はあまり的を得ていない回答では?

499 :氏名黙秘:2007/01/02(火) 23:37:24 ID:???
くせぇー
このスレはうんこの臭いがするぜぇー

500 :氏名黙秘:2007/01/03(水) 02:00:18 ID:???
>491
特定株主比率の関係で上場廃止になる場合。
MBOだっけ?

501 :氏名黙秘:2007/01/03(水) 02:56:04 ID:???
シケタイって補正版に買い換えるべき?

502 :氏名黙秘:2007/01/04(木) 04:14:28 ID:???
    _ __        _
   / / \ \      / /            _
   / /   \ \    / /       <> <> / /
  / /     \ \  / /  <\       //
  / /       \/ L_ ̄ ̄,.、 \    </
   ̄ _ __         ̄ ̄   ̄   _  __
   / / \ \    [ ̄ ̄ ̄ ̄`l   / / \ \    [ ̄ ̄ ̄ ̄`l
   / /   \ \    ̄ ̄`フ /   / /   \ \    ̄ ̄`フ /
  / /     \ \    / /   / /     \ \    / / ,.、
  / /       \/   <_,/   / /       \/   <_,/  \>
   ̄ _ __               ̄
   / / \ \    [ ̄ ̄ ̄ ̄`l       _
   / /   \ \    ̄ ̄`フ /  <> <> / /
  / /     \ \    / /      //
  / /       \/   <_,/      </
   ̄    _ __        _
   / / \ \      / /            _
   / /   \ \    / /       <> <> / /
  / /     \ \  / /  <\       //
  / /       \/ L_ ̄ ̄,.、 \    </
   ̄ _ __         ̄ ̄   ̄   _  __
   / / \ \    [ ̄ ̄ ̄ ̄`l   / / \ \    [ ̄ ̄ ̄ ̄`l
   / /   \ \    ̄ ̄`フ /   / /   \ \    ̄ ̄`フ /
  / /     \ \    / /   / /     \ \    / / ,.、
  / /       \/   <_,/   / /       \/   <_,/  \>
   ̄ _ __               ̄
   / / \ \    [ ̄ ̄ ̄ ̄`l       _
   / /   \ \    ̄ ̄`フ /  <> <> / /
  / /     \ \    / /      //
  / /       \/   <_,/      </
   ̄


503 :氏名黙秘:2007/01/04(木) 12:24:22 ID:iu8t3UnK
葉玉の千問買った人ってどのくらいいますかね?

504 :氏名黙秘:2007/01/04(木) 18:16:13 ID:???
1万人くらいじゃね?

505 :氏名黙秘:2007/01/04(木) 23:41:06 ID:???
Cブック、葉玉本2冊でFA?

506 :氏名黙秘:2007/01/05(金) 00:55:26 ID:???
うんこっこ

507 :氏名黙秘:2007/01/05(金) 00:59:09 ID:???
千問は3万冊以上売れている。

508 :氏名黙秘:2007/01/05(金) 02:02:08 ID:???
初学者ですが、葉玉会社法、緑の奴持ってますが、柿色の奴に買い換えた方が
いいですか?まだ柿色の方は見ていません。アドバイスお願いします。

509 :氏名黙秘:2007/01/05(金) 02:11:46 ID:???
2007年に飛躍の期待がかかる、エンターテインメント業界で真っ先に名前が挙がるのが
任天堂だ。携帯型ゲーム機「ニンテンドーDS」は発売から2年で3000万台を世界で売り、
06年末に発売した家庭用ゲーム機「Wii(ウィー)」もヒット中。今年48歳を迎える
“年男”の岩田聡社長が、成功の裏側と今後の戦略を明かした。

☆誰でも楽しめる「連続的なもの」で革命を

−−「Wii」は絶好調ですね
「新しいハードは最初はいつもよく売れます。過剰に喜んだり安心はしていません。『DS』
が04年末に登場したときは年末年始の商戦で150万台売れましたが、その後しばらく
(販売が)順調に伸びませんでした。幅広い人に面白さが伝わるまでには、時間がかかります。
次々と新しい提案をしていかねばなりません」

−−リモコン型コントローラーで遊ぶ「Wii」のコンセプトは受け入れられた?
「日本では家族で『Wii』を楽しむことができる(任天堂のゲームソフト)『Wiiスポ
ーツ』が1番売れました。これは、『DS』で取り込んだゲームユーザーの拡大が、影響を
与えたとも言えます。熱狂的なゲームファンだけでなく、誰でも楽しめるゲームといえます。
ただ、米国では、『ゼルダの伝説』(難易度の高い任天堂のソフト)を購入した人が、
『Wii』購入者の7割から8割を占めており、日本とは少し事情が違うようです」

−−そして「DS」が登場した
「間口が広く、奥が深いということはどういうことなのか。ゲームを今していない人が、
ゲームに関心を持たないのは何故なのか。そこから『5歳から95歳まで』『誰もが同じ
スタートライン』といったキャッチフレーズが生まれました。(『DS』で実用化した)
2画面(2つの液晶画面に異なる映像を同時に表示できる)を最初に言い出したのは山内で、
そこには誰が見てもはっきりと違いが分かり、『世間の常識から外れたものを作れ』といった
意図があったと受け止めています。実際に2画面と(画面にさわるだけでゲーム操作のできる)
タッチスクリーンを組み合わせたら、面白い製品ができました」

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/interview/33725

510 :氏名黙秘:2007/01/05(金) 02:31:58 ID:???
>>508
お金に余裕があるなら買い換えてもいいかも。
でも俺はその金で違う先生の基本書を買った

511 :氏名黙秘:2007/01/05(金) 02:49:16 ID:???


512 :氏名黙秘:2007/01/05(金) 18:00:19 ID:???
レックの100問講座の担当講師って誰?

513 :氏名黙秘:2007/01/05(金) 20:29:28 ID:???
iwasaki?


514 :氏名黙秘:2007/01/05(金) 21:40:02 ID:tM/ffo1o
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31130927


これ薦められたんだけど使える??

515 :氏名黙秘:2007/01/05(金) 21:41:47 ID:???
>>514
いわゆるB級本だね

たまたまその人の肌にあっただけだろう
えてしてそういうもの
メジャー基本書を読むに限る

516 :氏名黙秘:2007/01/05(金) 21:54:22 ID:???
>>514
会社法は新しいの使えよ。

517 :氏名黙秘:2007/01/05(金) 22:47:37 ID:tM/ffo1o
え!?

改正版じゃあないんぽ?

518 :氏名黙秘:2007/01/06(土) 00:06:25 ID:???
そだよ
れっく百問解説どうよ

519 :氏名黙秘:2007/01/06(土) 21:27:00 ID:???
会社法の基本書は、江頭が出てからパタッと止んだな。
学者は、基本書を書くのを諦めたか?


520 :氏名黙秘:2007/01/06(土) 21:31:49 ID:???
次期国会での改正を待っているんだと思われ

521 :氏名黙秘:2007/01/06(土) 22:05:02 ID:???
>>520
省令じゃなく本法もそんなに改正されるのか?

522 :氏名黙秘:2007/01/06(土) 23:12:37 ID:???
近藤光男 最新株式会社法は本屋にもないし、アマゾンでもセブン&ワイでも在庫がない。
もうすぐ増刷されるってことなのかな?

523 :氏名黙秘:2007/01/06(土) 23:14:14 ID:???
>>522
いつ会社法が改正されるかわからんのに増刷するかね?

524 :氏名黙秘:2007/01/06(土) 23:30:00 ID:???
近所の本屋に一冊あったけど、ヤフオク出したら高く売れるかね

525 :氏名黙秘:2007/01/07(日) 12:14:48 ID:???
>>522
オレも気になって、発行元に聞いたら2月くらいに
第4版が出るんだとよ

526 :氏名黙秘:2007/01/07(日) 14:46:06 ID:???
営業乙です

527 :氏名黙秘:2007/01/07(日) 22:49:58 ID:???
どもです

528 :氏名黙秘:2007/01/09(火) 11:41:41 ID:???
甲・乙・丙の種類株式が各100株ずつ発行されているとき、甲・乙の1株を2株に株式分割すると、丙株式の株主の議決権比率が33%から20%に低下しちゃうんですが、どのような保護がなされますか?

529 :氏名黙秘:2007/01/09(火) 20:15:18 ID:???
難問age

530 :氏名黙秘:2007/01/09(火) 20:16:39 ID:???
>>528
丙種類株主総会の特別決議。

531 :氏名黙秘:2007/01/09(火) 20:26:03 ID:???
丙種類株主総会で反対の意思表示をした丙種類株式の種類株主は,
事前に会社に対して反対の意思表示をする旨を通知していれば,
自己の所有に係る丙種類株式の買取請求権を行使することができますね。

532 :氏名黙秘:2007/01/09(火) 22:07:09 ID:???
>>531
そんな規定あったっけ?

533 :氏名黙秘:2007/01/10(水) 08:14:53 ID:???
初学者スレで質問しましたが回答がないので、ここでききます。
旧司平16-1の葉玉100問解説は
「新株の現在の保有者を特定しなければ、株式発行の無効の訴えを提起することができない」
とあるのですが、法834条2号が被告は会社のみとしていることとの整合性が理解できません。
また
「新株の現在の保有者を特定できなければ、(中略)、執行不能に陥る。」
とあるのですが、法828条1項2号の訴えは形成訴訟なので、執行を論じる余地がないと思うのですが。

以上の2点について回答お願いします。


534 :氏名黙秘:2007/01/10(水) 09:49:40 ID:???
ブログで聞けよ。

535 :氏名黙秘:2007/01/10(水) 10:30:17 ID:???
>>530
根拠条文は?

536 :氏名黙秘:2007/01/10(水) 15:32:22 ID:???
晒しage

537 :氏名黙秘:2007/01/10(水) 21:19:56 ID:???
葉玉民訴は新訴訟物理論じゃなかった?
今はもう時代遅れかもよ。

538 :氏名黙秘:2007/01/10(水) 21:20:54 ID:mgrj+BLm
>533

よくわからんけど840条、841条を念頭に置いているんじゃ?

539 :氏名黙秘:2007/01/10(水) 21:24:56 ID:???
葉玉刑法は、実行行為否定し、相手にされてねー

540 :氏名黙秘:2007/01/11(木) 09:03:41 ID:???
葉玉さんは新訴訟物理論全盛の時代からずっと旧訴訟物理論でいけといってたよ。
もう15年も前だから説を変えているかもしれないけど。


541 :氏名黙秘:2007/01/11(木) 20:45:58 ID:???
>>540
そうだったか。
537だが、勘違いしてたみたいだ。ごめん。
手続保障をすごく強調してて
新堂色が濃かったようなイメージがあったもんで。
聞いたのが随分前だからなあ・・・。
この前引っ越したとき捨てたばっかりだ。
売ったら高く売れたかな?

542 :氏名黙秘:2007/01/12(金) 16:35:07 ID:???
k

543 :氏名黙秘:2007/01/15(月) 23:53:12 ID:???
17年度改正に対応した一から勉強するのに適した入門書ってありますか?

544 :氏名黙秘:2007/01/15(月) 23:54:59 ID:???
>>543
旧会社法でどのぐらい勉強している?それにもよるかも

545 :氏名黙秘:2007/01/16(火) 00:03:09 ID:???
>>544
全くしていません。


546 :氏名黙秘:2007/01/16(火) 00:05:31 ID:???
岸田 ゼミナール会社法入門
長瀬 ファーストステップ会社法

この辺りとかどう?立ち読みして合いそうだったら。



547 :氏名黙秘:2007/01/16(火) 00:16:13 ID:???
>>546
ファーストステップがいいかなと思ったのですが改正には未対応ですよね?
改正に対応していないものでも問題はないのでしょうか?

548 :氏名黙秘:2007/01/16(火) 00:17:04 ID:???
イクナイ


549 :氏名黙秘:2007/01/16(火) 00:17:53 ID:???
ファーストステップって改訂版出てなかったっけ?

550 :氏名黙秘:2007/01/16(火) 00:31:32 ID:???
改正版はまだ出てないぞ。

551 :氏名黙秘:2007/01/16(火) 00:50:33 ID:???
神田 会社法入門 もいいと思う。

ファーストステップは2chで評判いいけど何で改正対応版出してないんだろう

552 :氏名黙秘:2007/01/16(火) 09:45:42 ID:mNKuF2rH
C-BOOKにしとけ

553 :氏名黙秘:2007/01/16(火) 13:15:24 ID:???
>>546
>岸田 ゼミナール会社法入門

勉強の取っ掛かりにいいね。
それから、具体的に理解できるという点で、
勉強の進んだ人にも有益だろう。
ただ、これをメインにするのはちょっと考え物かな。

554 :522:2007/01/16(火) 13:36:09 ID:???
出版社に問い合わせたら、近藤光男 最新株式会社法は改訂作業中で、今月末には書店に並ぶってさ。

555 :氏名黙秘:2007/01/16(火) 20:00:34 ID:???
宮武お勧めの入門書は 近藤光男「会社法の仕組み」

556 :氏名黙秘:2007/01/16(火) 20:06:56 ID:???
ロー希望の初学者なのですが
会社法はシケタイ読むより神田のほうが読みやすいんですが
神田数回読めばシケタイ読む必要ないですかね?

557 :氏名黙秘:2007/01/16(火) 20:09:20 ID:???
問題といてみればわかる

558 :氏名黙秘:2007/01/17(水) 00:51:55 ID:???
  
会社砲、発射!

559 :氏名黙秘:2007/01/18(木) 13:15:40 ID:???
レックの100問講座に出てる人
感想よろ

560 :氏名黙秘:2007/01/18(木) 23:42:51 ID:???
総則・商行為って独立して本よむ必要あるんだよね。
みんな別に本かってるの?
会社、テコギ、総則商行為で各1冊?

561 :氏名黙秘:2007/01/18(木) 23:44:48 ID:???
メインは各1冊だな。参照用のサブも書棚にはあるけど。

562 :氏名黙秘:2007/01/19(金) 00:03:19 ID:???
会社改正のまえは商法とテコギで各1冊じゃなかったっけ。
総則商行為の基本書って話題になってる? 会社法と違う著者をつかったりしているのかな?

563 :氏名黙秘:2007/01/19(金) 00:07:03 ID:???
総則商行為は予備校本でサラッとやっとけばいいという考えだったんじゃね
俺は手形とそろえて田邊でやってるけど正直だれのでもいいと思う。丸山が評判よかったんじゃないかな

564 :氏名黙秘:2007/01/19(金) 00:11:22 ID:???
前田はg(ry

565 :氏名黙秘:2007/01/19(金) 08:19:10 ID:???
やなが買ったけど一回も読んでないorz

566 :氏名黙秘:2007/01/19(金) 20:52:31 ID:???
お願いだから論文の森はやく改訂して!

117 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)