2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

裁判官が日本を滅亡に導く

1 :名無しさん@:2006/02/08(水) 12:53:04 ID:crYGybye
産科・小児科医療がが全国で崩壊の危機に瀕しています。
診療報酬が少ない、激務であることも事実です
しかし産科・小児科医師の志望者が激減している理由はそれだけでは
ありません。医療訴訟において理不尽な判決が続出していることが
真の原因です。産科・小児科医療が崩壊すれば、誰が子供を産もうと
するでしょうか。少子化はさらに加速し日本は本当に滅びるでしょう。



2 :名無しさん@:2006/02/08(水) 13:00:37 ID:crYGybye
理不尽なお上に抵抗する手段は3つです。

1 一揆
2 強訴
3 逃散

一揆は放置国家ですから無理です。保険医総辞退も世論の支持を得られません。
強訴、ある意味日本歯科医師会の賄賂買収工作がこれに当たるかもしれませんが
逮捕されます。
医師には逃散しか残されていないし、現にもう始まっています。
将に今、産科・小児科において医師が逃げ始めています。

3 :名無しさん@:2006/02/08(水) 13:03:03 ID:crYGybye
産科医絶滅史 〜さようなら赤ちゃん〜 第4巻

http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1137976770/l50

4 :名無しさん@:2006/02/08(水) 14:39:15 ID:crYGybye
裁判官、お前らが子供をとりあげろ。

5 :無責任な名無しさん:2006/02/08(水) 18:39:35 ID:CBG/CKCV
これからは最高裁第2小法廷が分娩室になります

6 :無責任な名無しさん:2006/02/08(水) 19:01:18 ID:Qz7GWuGo
最高裁で、治療ガイドラインを作ってくれないかな。
学会のガイドライン通りでは、何をやっても刑事で有罪になりそう。

7 :無責任な名無しさん:2006/02/08(水) 19:16:13 ID:jso2KZG6
●ローカルルール(http://school5.2ch.net/shikaku/
第一条 この板は法律に関する質問及びこれに対する回答を扱うところです。

8 :無責任な名無しさん:2006/02/08(水) 19:18:07 ID:VKoiAbiH
>>7
どの法律を勉強すれば、訴訟の回避法がありますか?
何をやっても「期待権」が認められて勝てません。

9 :無責任な名無しさん:2006/02/08(水) 19:19:11 ID:CBG/CKCV
はいはい、じゃあ

http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1137976770/355

についてあんたらの見解を教えてくれよ。医学的考察も交えてな

10 :無責任な名無しさん:2006/02/08(水) 19:29:25 ID:iwZpJ9QL
被告である妊婦甲は、胎児乙を妊娠継続中
児頭骨盤不均等を認め、経膣分娩不可能である。
産科医丙は医学的常識より甲に対しては帝王切開が適当であると考えていたが
先の最高裁判決より
http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/gyousei/news/20060207k0000m040037000c.html
過失責任が問われる可能性が極めて高いことが想定され
当裁判所内にて、裁判長の判決にて安全に甲を出産されることを求めた

お前らどっちも殺すなよ

11 :無責任な名無しさん:2006/02/08(水) 21:59:11 ID:8q8FIdTo
●ローカルルール(http://school5.2ch.net/shikaku/
第十条 自分のためだけに単発の質問スレを立てることは禁止です。
第十五条 質問者が第六条から第十一条の規定に反する行為をしたときは回答しないで下さい。

12 :名無しさん@おだいじに:2006/02/08(水) 22:19:52 ID:OD6Val6u
医療に対する法曹界のおかしな態度は何が一体原因なんでしょうか?


13 :無責任な名無しさん:2006/02/08(水) 22:55:27 ID:CBG/CKCV
>11

どこが自分のためなんだよ?ええ?

14 :名無しさん@おだいじに:2006/02/08(水) 23:09:09 ID:OD6Val6u
要は法曹界全般に無責任な体質が染み込んでいるってことだろ。

15 :誘導.:2006/02/08(水) 23:34:36 ID:NyZivX+r
裁判官の部屋 その3
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/shikaku/1137575282/


16 :無責任な名無しさん :2006/02/09(木) 09:38:55 ID:503s3j9T
子供が死んだ時の損害賠償金額って、何億ってこともありますが、
それは適当なんでしょうか?
生涯賃金何億稼ぐとか言ってもそれを親が得られることなんて
有り得ないんですから。
それ以上に教育費が無くなって経済的には親はプラスとなるぐらい
ですが?

17 :無責任な名無しさん:2006/02/09(木) 12:20:11 ID:jBEmms7w
キチガイDQN医者どもが吠えているな。
板違いだっつーの。
質問にもなってないし。バカ丸出し。
だいたい「あんたら」「お前ら」って誰に言ってるかも不明だし。
この板に裁判官と弁護士しかいないとでも思っているのかね?

巣 に 帰 れ バ ー カ

18 : :2006/02/09(木) 12:27:47 ID:D/jiqinS
と、司法試験浪人が申しております

19 :無責任な名無しさん:2006/02/09(木) 12:29:16 ID:xotLLXpM
はやく受かるといいね 

一生無理だろうが…(  ゚,_ゝ゚)プッ


くやしかったらお前らもDQN判決出せる立場に早くなれよwwww

20 :無責任な名無しさん:2006/02/09(木) 15:40:41 ID:jBEmms7w
と,医学部浪人が申しております

21 :無責任な名無しさん:2006/02/09(木) 15:41:47 ID:jBEmms7w
はやく受かるといいね 

一生無理だろうが…(  ゚,_ゝ゚)プッ


くやしかったらお前らもDQN医療できる立場に早くなれよwwww


22 :19:2006/02/09(木) 17:34:50 ID:xotLLXpM
司法浪人ほど哀れなものはないな

社会の生産にも寄与しないゴミ虫だからなwww
人の真似してないで早く勉強しろよ、な?


23 :無責任な名無しさん:2006/02/09(木) 19:38:39 ID:503s3j9T
浪人はやはり3年程度が限度でしょうか?
司法も医師も。
それ以上は人格形成に影響が出るでしょう。

24 :無責任な名無しさん:2006/02/09(木) 19:42:54 ID:jBEmms7w
現役弁護士ですが,何か?

25 :無責任な名無しさん:2006/02/09(木) 19:44:24 ID:jBEmms7w
医学部浪人ほど哀れなものはないな

社会の生産にも寄与しないゴミ虫だからなwww
人の真似してないで早く勉強しろよ、な?


26 :無責任な名無しさん:2006/02/09(木) 19:52:46 ID:jBEmms7w
医療過誤しまくりのドキュソ医師はこんなところで吠えるしか脳がないんだな。
今年も医療過誤で稼がせてもらいますwwww

27 :誘導:2006/02/09(木) 21:01:56 ID:m0DA0b53
●ローカルルール(http://school5.2ch.net/shikaku/
第十条 自分のためだけに単発の質問スレを立てることは禁止です。
第十五条 質問者が第六条から第十一条の規定に反する行為をしたときは回答しないで下さい。

裁判官の部屋 その3
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/shikaku/1137575282/

28 ::2006/02/09(木) 23:01:03 ID:503s3j9T
>27
これは自分のためのスレでもなければ、質問のスレでもありません。
また、私自身、医師でもありません。
本当に危機感を抱いています。
今年、産婦人科に進む医師は全国で100人です。

>20
医療過誤は本当に怖いものです。
で、誰もあなたの餌食になろうとは思わないでしょう。
で、誰も産婦人科医にならないということです。
それで本当にいいの?
今のありかたで大丈夫なのですか?

29 :無責任な名無しさん:2006/02/10(金) 00:10:21 ID:TpBpP2sa
●ローカルルール(http://school5.2ch.net/shikaku/
第十条 自分のためだけに単発の質問スレを立てることは禁止です。
第十五条 質問者が第六条から第十一条の規定に反する行為をしたときは回答しないで下さい。

裁判官の部屋 その3
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/shikaku/1137575282/


30 :無責任な名無しさん:2006/02/10(金) 00:58:18 ID:HsYGFJjs
>>28
それが、聖域無き構造改革の結果であり、規制撤廃の流れです。
国民が、それを支持しているので問題ないです。
問題ありだと言うのであれば、次期総選挙で、自民党政権を倒してください。

31 :無責任な名無しさん:2006/02/10(金) 13:17:09 ID:yCQEQzvN
>30
国民は果たして、日本滅亡の道を選んだということを認識しているのでしょうか?
裁判官殿は、その共同正犯であることを認識しながら、職務を忠実に遂行されて
おられるのでしょうか?滅びるなら滅びろ、それでも俺は産婦人科医のミスは
徹底的に裁くよという天晴れな心意気なのでしょうか?
誰かがちゃんとやってくれると思っているのでしょうか・
誰も赤ちゃんを取り上げませんよ。

32 :19:2006/02/10(金) 13:22:25 ID:qr/O/OGB
本当に弁護士かねぇ…(・∀・)ニヤニヤ

真似すんなっていってんのに真似してるよ
低能丸出し

これも真似すんなよ>ID:jBEmms7w

早く医療訴訟で稼いでくれよなwwwww100年後にでも

33 :無責任な名無しさん:2006/02/10(金) 13:22:40 ID:HsYGFJjs
>>31
>国民は果たして、日本滅亡の道を選んだということを認識しているのでしょうか?
選挙結果がその通りだから仕方ない。
もし問題というのであれば、何故、医師会が、それを是正しようとする政党を支持しないのか?

34 :無責任な名無しさん:2006/02/10(金) 13:38:39 ID:yCQEQzvN
http://yu-net.info/swfup/viewswf.php/2280.swf

35 :無責任な名無しさん:2006/02/10(金) 17:36:47 ID:2tTk0TMd
>>34
アクセス殺到で嫁ねーよ!
はやくみたいのにー!


36 :無責任な名無しさん:2006/02/10(金) 23:01:38 ID:fym/w0nk
産婦人科医や小児科医が訴えられまくって負けまくってるアメリカが滅びてないんだから,心配するな。

37 :無責任な名無しさん:2006/02/10(金) 23:15:12 ID:U91B9JPF
アメリカは医療費が日本の10倍〜20倍だろ。
日本の安い医療費は訴訟等のコストが含まれているとは思えねえ。

38 :無責任な名無しさん:2006/02/11(土) 00:05:40 ID:/txEPZ+W
そもそも、司法は法律で決まった枠内でしか動けない。
政府が、診療報酬を引き下げたりしてる所を見ると、小泉君は潰れる医者は潰れればいいとしか
思ってない訳で、そう言った人を首相にした人達の責任。
武見元会長だったら、産科・小児科医療が崩壊の危機にさらされる事もなかったろうに。
一言で言えば、日本医師会の責任。
司法に責任転嫁しないで。

39 :無責任な名無しさん:2006/02/11(土) 01:52:01 ID:ge2Rk7Dz
>38
それはわかります。しかし粛々と産科医は消えつつあります。
それに対し何も感じない?
べーつにーって感じですか?

40 :無責任な名無しさん:2006/02/11(土) 02:00:38 ID:/txEPZ+W
>>39
そうならないために、福祉切り捨て、小さな政府を目指す、自民党には投票した事は無いが、
日本国民の多数が、それを是としてるから、どうしようもない。
この状況が将来的に変わらなければ、あきらめて、大橋巨泉氏の様に、海外に移住しようかと
思っている。
お金がないから、移住はまだ妄想のレベルだが。

41 :無責任な名無しさん:2006/02/11(土) 02:13:35 ID:ge2Rk7Dz
私は司法関係者にどうこうすべきなどと言うものでは
ないのですが、役目とは言え日本に存続の首根っこを絞める
「手」であるとこを認識願いたいと思います。

42 :無責任な名無しさん:2006/02/11(土) 02:16:11 ID:/txEPZ+W
>>41
「手」は自分の意志では動けない。
「頭」である政府が無策で、絞めろと言っている現状であれば、絞めるしかない。

43 :無責任な名無しさん:2006/02/11(土) 02:29:08 ID:ge2Rk7Dz
しかし、頭の命令は絞めろであっても、程度ってもんが
あるでしょ。基地外のように渾身の力をこめてとか、やんわり
とか?それは裁量権でそれが無けりゃコンピュターに任せれば
よい。

44 :無責任な名無しさん:2006/02/11(土) 02:58:36 ID:CmGsMlgg
>>38
産婦人科医減少に関しては、診療報酬引き下げは関係ありません。
一番減少している「産科」は自費診療ですし、「産婦人科」は
産科・不妊の自費診療+婦人科手術で、本来病院の稼ぎ役です。

今年新たに産婦人科医になるのは、全国で約100名。
昨年の産婦人科専門医合格者(産婦人科医として5年間働いた上で合格した医師)は312名。
危機というより、もう一気に崩壊です。

崩壊の原因は劣悪な労働環境と、多発する訴訟。少子化、診療報酬引き下げではありません。

よそから飛ばされて来てみたら、一部誤解があるようで気になったので・・・
おじゃましました。

*司法に責任転嫁するつもりは全くありません。一言で言えば医師会の責任。
 そしてあまりにも社会的に未熟な自分たちの責任だと思っています。



45 :無責任な名無しさん:2006/02/11(土) 05:12:41 ID:/WUjYxPm
1さん 医者じゃなかったんですか。
感動しました。

46 :無責任な名無しさん:2006/02/11(土) 05:29:39 ID:y/UARR06
>>44
そうかな。
やっぱり司法の責任はあると思う。
産婦人科に対する訴訟は門前払いでいいと思う。
そうしなきゃやる人いないよ。


47 :無責任な名無しさん:2006/02/11(土) 06:11:14 ID:y/UARR06
たとえば、

http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1136460489/287
http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/gyousei/news/20060207k0000m040037000c.html

こんな判決。
まったく。
裁判官って自分の判決でなにが起こっても責任取らなくていいからいいよなあ。
無責任でいいねぇ。

48 :無責任な名無しさん:2006/02/11(土) 07:34:03 ID:/txEPZ+W
>>48
ごめん。
38は乱暴な書き方をしてしまった。
産科、小児科、救急に関しては、診療報酬の引き下げの影響は受けないのは知っている。
診療報酬に関しては、首相の行き過ぎた自由化・競争化で、福祉まで切り捨てよう
としているって事で、それを武見氏の頃であれば止められたかも。って話。
で、それと同じく、産科・小児科についても、医師会が政府に働きかけて何とかしていく
べき問題である。って言いたい。

多発する訴訟と言う意味では、現政権の司法改革とやらで、司法試験の合格枠を数倍にして、
弁護士を大増員するなどと言っているので、どうみてもアメリカ型の訴訟社会を目指そう
としているとしか思えない。
今後、医療訴訟は増えることはあっても減ることは無いでしょう。
これが、現在の日本の政治の方向性です。
ほんとに、小泉及び、その政策後継者に任せていていいの?
ってレベルの話であり、責任転嫁している間に、崩壊してしまいますよ。と言いたい。

49 :無責任な名無しさん:2006/02/11(土) 08:20:27 ID:9O/LsJz+
アメリカでは訴訟多すぎ→医師損害保険料高すぎ→脳外科の医者いなくなった州があったよ

50 :1:2006/02/11(土) 10:54:40 ID:ge2Rk7Dz
私のことを言えば、もう30年以上前のことなのですが、
受験期に将来の職業を選択するにあたり、
医師という職業は、人の生死に直接的に影響を与える責任を
負う自信の無さから、医学部は避けました。私から見れば、
医師になろうという人は、勇気ある選択ですが、
ある意味無謀にも見えます。
民事、刑事の責任は30年前では今ほど追求されなかったのですが、
倫理的な責任というものは30年前でも、私が負いきれないぐらい
大きなものと感じていました。
だから産科を志すこと自体、素直にエライと思ってしまいます。


51 :無責任な名無しさん:2006/02/11(土) 11:01:33 ID:1hRLOq5y
頭が、手に対して、おもいっきり絞めろと命令しているときに、
手がそれに反して動けるわけないじゃん。

それとも、自分の意思に反して手が動くことこそ、正常といいたいのか?

52 :無責任な名無しさん:2006/02/11(土) 11:34:52 ID:gCRjE82N
>>39
少子化が進んでいるので,産科医が減るのは自然の理。
ちゃんと考えている産婦人科医は,婦人科に特化して新領域を開拓してるか,やり方次第で産科できっちり営業している(かなり儲けている)。

弁護士も裁判官もほとんど休みなく働いているから,あまり医者が特別苦労しているようには思えないな。
責任と収益の対価でしょ?


53 :無責任な名無しさん:2006/02/11(土) 11:38:55 ID:gCRjE82N
>>47
産科医・小児科医もそんな裁判官並に無責任な立場においたらいいといいたいわけですか。


54 :無責任な名無しさん:2006/02/11(土) 14:00:53 ID:xEhJqZMo
>>51
くだらない民事訴訟に救済判決出すのがお上の命令なのか?

55 :無責任な名無しさん:2006/02/11(土) 17:31:38 ID:pfPAbQhJ
9 名前: 名無しさん@6周年 投稿日: 2006/02/11(土) 11:58:37 ID:0tnoPvZ/0
警察をマスコミが叩き、日本人の志望者がいなくなったら、すかさず朝鮮人がその仕事を奪う。

教師をマスコミが叩き、日本人の志望者がいなくなったら、すかさず朝鮮人がその仕事を奪う。

医師をマスコミ・司法が叩き、日本人の志望者がいなくなったら、すかさず朝鮮人がその仕事を奪う。

産科・小児科をマスコミ・司法が叩き、日本人が子供を産めなくなったら、すかさず朝鮮人が移民してくる。


いい加減、このパターンにはウンザリ。


10 名前: 名無しさん@6周年 [sage] 投稿日: 2006/02/11(土) 12:20:59 ID:0Mm7YN5z0
>>9
座して死を待ってる奴らのほうが悪い。

この世は行動した者勝ちだよ。



公務員も、そうかな?


56 :無責任な名無しさん:2006/02/11(土) 21:51:36 ID:TJKAN3pF
●ローカルルール(http://school5.2ch.net/shikaku/
第十条 自分のためだけに単発の質問スレを立てることは禁止です。
第十五条 質問者が第六条から第十一条の規定に反する行為をしたときは回答しないで下さい。

裁判官の部屋 その3
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/shikaku/1137575282/

57 :無責任な名無しさん:2006/02/12(日) 00:52:09 ID:bL3njvNy
>56
まったく自分のためでもないし、広範囲の問題を
含んでいます。あなたが消えてください。
誘導しているつもりならそのスレの24に対し
何らかの反応を示すべきでしょう。
何か後ろめたいの?

58 :無責任な名無しさん:2006/02/12(日) 01:37:38 ID:+sLhXQVD
>>57 何もレスしてもらえないクソネタということでしょうな。消えな!

59 :無責任な名無しさん:2006/02/12(日) 01:46:59 ID:bL3njvNy
461 :卵の名無しさん :2006/02/12(日) 00:38:49 ID:hOR9/7590
>>457 聴いたことある。その野郎にはバイアスってものが全く
わかっていないんだろうな…

 漏れは、小さいころから産婦人科勤務医の親父の姿を見てきた。
親父はいつだろうがお産に呼び出され、漏れの家族旅行なんて
全くなかった。
 でも、漏れは親父のその姿に憧れて、産婦人科医になった。
入局の時は親父からの猛反対を受けたが、漏れは親父の姿が忘れられず、
産婦人科以外の診療科は考えられなかった。
 今、入局者よりも退局者の方が多い、寂しい医局にいる。研修医に
指導する立場にあるのだが。しかし、内診や膣鏡診など、一ヶ月間しか
研修に来ない研修医に学ばせることが全くできない状況である。ほとんど
我々が処置・診察を行い、研修医はカルテを書いたり、検査dataを写すだけの
ような状態だ。特に、内診だけで見極める分娩の進行などは、今の研修医には
判断できる状況ではない。
 こんな中、今年の入局者数はいまだ0人…。
理由を研修医に聴いてみると、「一所懸命働いても、見返りも、患者さんからの
お礼の言葉もない、本分を見失いそうな科でした。」と、提出文書に書いてきた。
 臨床研修医制度は、産婦人科にとって厳しい制度になっている。
個人的には産婦人科になる以上は相当の自負心を背負ってほしいと思うのだが…
今の世の中、根性論では誰も相手にしてくれない。
 漏れが憧れた、産婦人科医療って一体…
 母体と胎児を救うべく、燃えていたあの頃の漏れは今どこかに行ってしまいました。
マジスレでっせ。  がんばっても評価されないんだもの
じゃあ、がんばる必要ないやん。


今年で退局します。お疲れさん。みんな周産期ガンガレ!!!


60 :無責任な名無しさん:2006/02/12(日) 11:18:48 ID:bL3njvNy
>当直中電話があっても、眠い時は病棟満床と言って寝てましょう。たとえ
>訴えられても賠償は少なくて済みます
これが今の産科医療現場の問題を象徴してるよな。


61 :無責任な名無しさん:2006/02/12(日) 11:19:54 ID:bL3njvNy
大井玄 東大名誉教授(読売新聞2005年11月14日)
http://fukushi.tokuyama-u.ac.jp/ooigen.htm
医療サービスは「平等」が重要で、患者は消費者ではなく患者だ、という論理で
ある。私には、この主張が妥当に思える。日本は、同誌が批判する英国と同じ道
を歩みつつある。例えば、小児救急センターの小児科医は昼の仕事に続いて、一
夜に50、60人の子どもを不眠不休で診る。入院は、100人に1〜2人に過ぎないが、
不安な親は納得のいく説明(情報)を要求してやまない。対応には時間が要る。待
ち時間は延びる。しびれを切らした親はついにどなる。
「お前! 2時間待たせやがって!」親は、当然な抗議行動だと思うかも知れない、
しかし、真実を知らない。小児科救急は「志」の行為であり、営利事業ではない
ことを。小児科を生涯の天職にしよう、過酷な重労働でも誇りと生きがいを感じ
る若い医師が、親の一言で小児科を断念したことを。センターのやりくりがつか
ず、小児科救急医療がこうして崩壊しつつあることを


62 :24:2006/02/12(日) 11:49:05 ID:uuD8aocm
>>32
医学部浪人生まだいたのかw
俺が弁護士である証拠教えてやるよ。
日弁連の会員ページの現在の「お知らせ」欄上から5番目のトピックの最初の二文字は「任期」だ。
ま,医学部浪人生には検証しようがないがなw
100年後まで待つまでもないね。今抱えている医療過誤事件で十分。

63 :無責任な名無しさん:2006/02/12(日) 12:12:13 ID:bL3njvNy
検証しようもないと自分で言っておきながら、それを
証拠っていう弁護士って・・・

つぶれかけの弁護士事務所ですか?

64 :無責任な名無しさん:2006/02/12(日) 12:19:55 ID:bL3njvNy
474 :卵の名無しさん :2006/02/12(日) 11:18:26 ID:mJfa1V9N0
産科は訴訟対策がおろそかになっている。訴訟対策に徹底的に検査をしておかねば
身の破滅につながる。保険財政の制約があるが赤字覚悟でもらさなく検査を
しておかねばいけない。


475 :卵の名無しさん :2006/02/12(日) 11:22:22 ID:ij7z8ps+0
>>474
焼け石に水
さっさと転科すべし


476 :卵の名無しさん :2006/02/12(日) 11:35:06 ID:fJStZx4j0
>>469
マイナーはマイナーで、(都会の医局に限って)入局者は増えているが、
開業、joyの結婚・出産でオーベン・チューベン不足に陥っているところが
多い。一人医長だと、研修医の指導はしないと明言している所も多いし。


477 :卵の名無しさん :2006/02/12(日) 11:36:51 ID:PNbHdjzK0
私も産婦人科医を辞めさせて頂きます。
短い間でしたが、ありがとうございました。
さようなら、ごきげんよう!


65 :無責任な名無しさん:2006/02/12(日) 12:23:03 ID:uuD8aocm
>>63 知り合いの弁護士に聞いてみな。
あんたが本物の医者なら知り合いに弁護士の一人くらいいるだろ?w

66 :無責任な名無しさん:2006/02/12(日) 13:19:29 ID:bL3njvNy
日弁連の会員ページの現在の「お知らせ」欄上から5番目のトピックの最初の二文字は「任期」
ですか?って聞けってか?
常識はお持ちですか?
そんなくだらないことわざわざ聞く状況って有り得ないでしょ。
世間一般じゃ。


そんな問いに答える暇な弁護士ってあんたぐらいしかいないって。
やはりつぶれかけか?

67 :無責任な名無しさん:2006/02/12(日) 13:38:30 ID:U1KFFSJF
>>66
ほんまやな。あまりといえばあまりに子供じみた、馬鹿げた検証方法だねぇ。
コナン君を必死で見てるレベルかな。

にしても、こいつが本物の弁護士である可能性は高いと思うよ。
ってゆーかさ、こいつレベルの低劣で子供っぽい、金でなにもかも
売り渡してる奴は裁判官にも多いんだろうな。

だから、医者は辞める以外に道は無くなったんだよ。

論理的だ。悲しいほどに。

68 :無責任な名無しさん:2006/02/12(日) 17:47:33 ID:bL3njvNy
卵の名無しさん :2006/02/12(日) 16:09:07 ID:0Ntv5uH30
産科崩壊の戦犯は
1位 DQN(裁判官+弁護士+患者+プロ市民)
2位 マスコミ
3位 産科医自身(奴隷の身分でも文句を言わなかった)
4位 政府
5位 功労賞


69 :無責任な名無しさん:2006/02/12(日) 18:42:23 ID:Jzcmol5S
医師と弁護士・裁判官は永遠にわかりあえないでしょう。

医師は学者であり、医学の職人 で
弁護士・裁判官は 法律の商売人 です。

弁護士・裁判官というのは医療・医学の将来など全く興味ありません。

会話・議論にならないのでやめましょう。

70 :無責任な名無しさん:2006/02/12(日) 19:00:43 ID:bL3njvNy
>69
弁護士・裁判官が医療や医学の将来に興味があろうとなかろうと
日本という船に穴が開いており、その船に私もあなたも乗っているのです。
別に産科医療の進歩に協力して頂きたいとかいう話ではありません。

71 :無責任な名無しさん:2006/02/12(日) 19:02:51 ID:+Ov6g32o
弁護士・裁判官は法律のとおりに動きます。法律を決めるのは国会議員です。
日本医師会からじゃんじゃん献金して法律を変えるのが唯一かつ最善の方法です。
そんなこともわからないほど医者はバカなのかね。がっかりだね。


72 :無責任な名無しさん:2006/02/12(日) 19:07:22 ID:bL3njvNy
それは賄賂でしょ。それと私は医者じゃないから。

73 :無責任な名無しさん:2006/02/12(日) 19:13:57 ID:+Ov6g32o
政治献金。

74 :無責任な名無しさん:2006/02/12(日) 19:16:00 ID:csoskOXG
政治献金と賄賂の違いも解らずに、司法がどーのこーのって言ってたのか。
あまりにも程度が低いな。

75 :無責任な名無しさん:2006/02/12(日) 19:34:12 ID:bL3njvNy
例えば、「医療ミスについて、産婦人科は損害賠償や刑事責任
については免責ってことでよろしく」って、自民党に何億も
献金して法律改正させたとしても、それは賄賂性はないと
司法は判断するのか・・知らなかった。

76 :無責任な名無しさん:2006/02/12(日) 19:35:34 ID:bL3njvNy
ま、医師じゃないので医師会を動かすなんて無理ですが。

77 :無責任な名無しさん:2006/02/12(日) 19:48:49 ID:TuazdF5R
>>76
産科医の為の訴訟対策のHPをあなたが作る。
これで全て解決
以上

78 :無責任な名無しさん:2006/02/12(日) 19:51:37 ID:bL3njvNy
産科医の究極の訴訟対策が産科医辞めるですよ。
産科医はそれで全て解決だが、社会としては?

79 :無責任な名無しさん:2006/02/12(日) 19:51:58 ID:tWDVhMq6
医師と弁護士は会話はできないでしょう。

医師と弁護士が会話できないのは、鯨が魚と会話できないのと同じだ。

医師の世界では
弁護士というのは過剰になっていて、かつ金の亡者であり、やがてはアメリカの弁護士のように救急車の後に
ついていって訴訟をあおるような形になるだろうと恐れております。

弁護士は たちのわるい種族 となっております。


80 :無責任な名無しさん:2006/02/12(日) 19:52:44 ID:csoskOXG
問題なし。

81 :無責任な名無しさん:2006/02/12(日) 19:56:21 ID:bL3njvNy
会話が出来ないのは、鯨と魚だからじゃなく、単に想像力
の貧困でしょ。

82 :無責任な名無しさん:2006/02/12(日) 20:05:04 ID:zvKBY++y
医療過誤保険に入ればいいじゃん。
客観的でまともな資料にアクセスできない医学部こんぷには、
理解できないだろうけど。

83 :無責任な名無しさん:2006/02/12(日) 20:11:27 ID:bL3njvNy
ま、普通入っているでしょ。
そういう問題じゃないような気がする。

しかし究極の単細胞生物ばかりなのか?市崩壊は

84 :無責任な名無しさん:2006/02/12(日) 20:15:52 ID:csoskOXG
問題は、君の脳みそ。
首相の方針が、アメリカ型にする事であり、格差のある社会を目指しているんだから、
金持ちが高い金を払って最先端医療を受け、びんぼー人は、まともな医療を受けられない。
そして、弁護士を大増員して、訴訟社会にしようって言ってるんだから、そうなるんだよ。
そういう首相に対して、高い支持率を与えていると言う事は、日本国民の大半は、それで
構わないと言っているの。
君がマイナーな存在であり、産婦人科医が辞めていくような社会が嫌なら、君が
日本国を出て行くべき。

85 :無責任な名無しさん:2006/02/12(日) 20:16:30 ID:kvOQIXFR
今リンクから飛んで来たばっかりの医学部の学生なのですが、
ざーっとスレを読んでみてレスできそうなところだけお返事を。
法律については高校生程度しか知識がないので
使い方が誤っているかもしれませんが、大目に見てあげてくださいまし。

>>82
いわゆる医師保険は1回1億円まで、年2回まで補償されますが、
医療事故による賠償額の高騰化でまかないきれなくなっている上に、
相次ぐ過失認定で保険自体赤字続きだそうです。
近いうちに保険料が跳ね上がると予想されています。
そして、勤務医の週90〜110時間労働が当たり前になっている現状では
1つ訴訟を抱えることで大きな負担を抱えることになり、
担当患者様および他の医療従事者の方々に多大な迷惑をかけることになるわけです。
こういうことを”割に合わない”と考えるようになった産科医・小児科医の逃散が広がっていき、
現状に至る、というわけです。

>>71
いまや日本医師会に政治力はありません。献金すら無駄骨です。


自分は一介の書生ですが、世界一効率的な医療と言われた日本の医療が崩壊していくのを
座して待つしかない、というのが実に悔しくて悔しくて仕方がありません。
どうすれば良いでしょうか。みなさまお知恵をお貸しください。

86 :無責任な名無しさん:2006/02/12(日) 20:23:19 ID:ezRDWl4/
>>82

そうそう、保険ね。
ネバダ州の産科医は年に4万ドルの保険料を払っていたが、2001年以降20万ドルに値上げされ
「過誤保険の保険料を払うためだけに診療をするなど馬鹿げている」
と、医師を廃業したり産科医が妊娠中の患者を置き去りにして過誤保険料が高いネバダ州から安いカリフォルニア州に転出したり、家庭医が保険料を安くするために産科診療をやめたりする事例が続出した。

http://www.igaku-shoin.co.jp/nwsppr/n2002dir/n2481dir/n2481_06.htm#00

アメリカ型の医療を求めるならこれもいずれ日本の産科医が通る道だろう。
もっとも日本の場合そもそも高額の保険料を支払うだけの収入がはじめからないから
産科をやめるしか方法がないけどね。

87 :無責任な名無しさん:2006/02/12(日) 20:31:14 ID:csoskOXG
>>85-86
知恵も何も、司法機関には何も出来ない。
立法機関が作った法律を使うだけなので、立法機関が何もしなければ、今まで通りしか出来ない。
武見さんがいた頃はねぇ。
まあ、そういうアメリカ型社会を目指す人を首相にした責任は、日本人全体で取るしかない
訳で、現役又は、将来の産婦人科の医師は、他の診療科に回るか、他の職業に就いて貰って、
政権交代を待って、社会が変革された後に戻ってくるしか無い。
まあ、そんな回り道をしていたら、世界の先端医療から落ちこぼれてしまい、新生児の
死亡率や、出産した女性の死亡率があがってしまうだろうけど、それも、日本国民の
選択ですから、甘んじるしかないでしょう。

88 :無責任な名無しさん:2006/02/12(日) 20:41:23 ID:9R1WIzHx
>>79

 俺はKKRの病院に勤めてたことあって(地裁の隣が病院…って全国の数カ所に絞られるなw)、
判事さんも何人か持ち患者さんにいたことがあるが、決して会話が成立しないわけでもない。
 センセーショナルな判決だけが主に報道されるため、司法システムに対する不信感が医療者に
堆積しつつあるのは事実だろうが、”まとも”な判決も多数でているわけで。
 
 法律家は人の作った法律(law)に則って判断するのが仕事。それはよろしかろう。
しかし、自然科学の法則(law)に従うしかなく、どうあがいてもそれから逃れることの
出来ない医学・医療上の問題を、それを理解していない人間が判定しなくてはならないと
いう、このシステムが問題だろう。
 Law of the universeに反した判決を人間如きが下すことの愚かさ、そして、それが社会に
及ぼす影響、それらを認識することの重要性について語り合ったこともあったなあ…。

89 :無責任な名無しさん:2006/02/12(日) 21:07:58 ID:kvOQIXFR
>>87
そうですか、確かにおっしゃるとおりですね。
それもこれも日本国民が選択したことですもんね。
スレ汚し失礼いたしました。

90 :無責任な名無しさん:2006/02/12(日) 21:23:19 ID:bL3njvNy
訴えられれば、たとえ勝訴でも被害ゼロということでは
ないと思うんですが、どの程度のもんでしょう?
経済的、肉体的、精神的なもんとして。

91 :無責任な名無しさん:2006/02/12(日) 21:32:27 ID:csoskOXG
>>88
それさえ、立法機関がやる気になれば、クリアできる。
現在、特許等の知的財産に関しては、
>自然科学の法則(law)に従うしかなく、どうあがいてもそれから逃れることの出来ない
訳であり、
>それを理解していない人間が判定しなくてはならないという、このシステムが問題だろう。
このために、知的財産高等裁判所設置法と言う、システムを作ってある。
日本に8つの高等裁判所があるが、知的財産に関する訴訟は、東京高等裁判所にある、
知的財産高等裁判所のみで控訴審をする事になっていて、そこでは普通の裁判官では
解らないレベルまで、自然科学の法則への理解をし、それに沿った判決を下せるように
してある。(もちろん、専門の学者から見たら、それでもレベルが低いが、一審で
裁判官が科学知識が無いために下してしまった判決よりは、マシなレベルで、控訴審が
出来る。)
なので、政府、国会が本気を出せば、医療訴訟専門の高等裁判所だって作れるし、
そこの裁判官に、医療に詳しい人を配置したり、配置された人は医療訴訟しか
しない訳だから、普段から医学論文を読んで勉強したり出来るようになる訳で。
要は、政治の問題であって、法律を一個作れば、司法機関はそのように動ける訳です。

92 :無責任な名無しさん:2006/02/12(日) 21:37:32 ID:fialv/F2
献金で政治家にロビー活動もできないようなのが,ここでいくらクダ巻いてても,何の効果もないな・・・・


93 :無責任な名無しさん:2006/02/12(日) 21:48:06 ID:sNpoiO/M
献金で政治家にロビー活動もできないようなのが,ここでいくらクダ巻いてても,何の効果もないな・・・・




って書き込んでも何の効果もないな・・・

しまった!反応しちまったよ

94 :無責任な名無しさん:2006/02/12(日) 21:50:16 ID:csoskOXG
経済界はロビー活動をして知財部を作っちまったんだから、首が絞められていると
言っている医師が何もしないのは、自業自得だね。

95 :無責任な名無しさん:2006/02/12(日) 21:55:43 ID:TuazdF5R
>91
>裁判官が科学知識が無いために下してしまった判決
医療ミスで障害を負った人にだって言い分はあります。


96 :無責任な名無しさん:2006/02/12(日) 22:39:29 ID:U1KFFSJF
>>91
いいアイディアだな〜。

それで上級審(医事専門高裁)で跳ねられたり逆転したりしたら、
原審の裁判官は賠償責任を負うようにしたらなおよし。

てゆーか、今医者はそうなってる。
だから逃散するしかなくなってるわけだね。

判事もそうなれ。大丈夫、判事の場合は弁護士がすぐ代わり
になる。本読んでその通りにするだけなんだろ?気軽でいいじゃん。
もちろん結果責任は重大なものをきっちりとってもらう。

そのためのロースクール構想ってわけだ!いやーよくできてるなw

97 :無責任な名無しさん:2006/02/12(日) 22:43:09 ID:U1KFFSJF
>>96
なに、それじゃ生活がなりたたない?
必死で勉強して司法試験通って、挙句上級審が棄却したくらいのことで
賠償なんて無理?

保険に入ったら?ww
ミスジャッジ保険?

なに、非常識?
医者はそうなってるんだがな

98 :無責任な名無しさん:2006/02/12(日) 22:44:23 ID:fhRv6vXt
>>87
おかしな判例の蓄積や最高裁が妙な意見をのべることが問題だと思います。

99 :無責任な名無しさん:2006/02/12(日) 22:45:14 ID:U1KFFSJF
これがすなわち、期待権とやらの演繹結果だ。

期待してまっせ!法曹界の方々!
ページ数と行数がしめす場所にどんな単語があるか?なんてことを
覚えるよりも、まずは法の理念からご理解頂いた方が良さそうだなーと
医師としては愚考するんで、ヨロシコですw

100 :無責任な名無しさん:2006/02/12(日) 22:47:17 ID:56l9WQL5
...

101 :無責任な名無しさん:2006/02/12(日) 22:51:02 ID:hPG7I8bp
医療人による法曹の裁判制度は面白そうだな。
有罪判決出たやつはずっとたらいまわしにされるのw

102 :無責任な名無しさん:2006/02/12(日) 23:00:10 ID:VoMtnW7n
医療の現場では医師は危機感を抱いています。
医療の崩壊です。現在、崩壊しており、地域医療が壊滅に至ろうとしております、

その最大の原因として 3大DQN(患者+弁護士+裁判官)です。

例えば
80歳を超えた高齢者の患者様で寝たきり状態で家族が面倒をみたくなくて、施設にあずけているケースがあります。
寝たきりの高齢者はいつなんどき誤嚥して肺炎にいたって、窒息してもおかしくありません。
医療の世界では常識です。

ところが、もしその患者様が施設内でむせて肺炎になって、命を失ったりしたら、
家族は 逆恨み 又は 金目当て で訴訟を起こします。
このような家族をDQNといいます。
家族側について数千万円〜1億の金を要求する弁護士をDQNといいます。
とどめとして
・説明義務違反   ・注意義務違反
の判断をくだし、「患者側に8千万払え」とする裁判官をDQNといいます。

このようにDQNの連鎖がとまらなくなってしまっているのが医療の現場です。

103 :無責任な名無しさん:2006/02/12(日) 23:11:22 ID:vMogLnWB
裁判官が法律を厳格に適用してくれるお陰で
医療にまつわる矛盾が白日の下にさらされる。

そして馬鹿国民が目覚める。

だからDQN判決は正しい行為であり、
医師の逃散も正しい行為である。

司法界と医療界が手をとりあって
腐った医療システムを早く崩壊させるべきである。

あえて戦犯を捜すとすれば
「使命感」に燃えて法律に則った医療をおこなって来なかった
先輩医師どもである。

104 :無責任な名無しさん:2006/02/12(日) 23:18:33 ID:HnvSiijK
>>102
たしかに医療訴訟の漫画を見たらおかしな所が
多々あったが、医者側に付いた弁護士は何をやっていたの?
あと、これは実際の判例ですか?

105 :無責任な名無しさん:2006/02/12(日) 23:20:29 ID:0za4fsWG
DQNの症例

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060206-00000111-yom-soci
出産で重い障害、徳島県立病院の医療ミス確定…最高裁

>この男児の母親は92年に同病院で帝王切開を受けたが、男児は出生直後の
>呼吸不全が原因で脳性まひになった。1審・大阪地裁堺支部は賠償請求を棄却したが、
>2審は「帝王切開を選択した医師の判断は誤りで、他の選択肢があることも両親に説明
>していなかった」として、県側逆転敗訴の判決を言い渡していた。

医療界では最近もっともホットなDQNの連鎖の症例です

106 :無責任な名無しさん:2006/02/12(日) 23:23:14 ID:vMogLnWB
例え話を一つ


乞食に食い物を恵んでやるとする。
親切心でだ。

そのうち乞食はその食い物を当てにして
自分では食い物を捜そうとしなくなる。

食い物を恵んでくれる奴を頼り切る。
恵んでもらって当たり前だと思うようになる。

親切な奴もいい加減負担になってきて
「もういいだろう」「頼られても困る」
と音をあげる。

乞食は乞食で「いまさらそれはないだろう」
となる。

だから

親 切 は 最 後 ま で や り 通 せ
で き な い な ら
最 初 か ら す る な

ということだ。

107 :無責任な名無しさん:2006/02/12(日) 23:26:39 ID:0za4fsWG
>104
医療裁判では最近はDQN花盛りです。
この他にも明らかに医療の常識を無視した判決が横行しております。

現場の医師は大迷惑をこうむっております。

なんとか責任をもってこれらの弁護士・裁判官の方々を法曹関係の方々で
処理してください。



108 :無責任な名無しさん:2006/02/12(日) 23:41:04 ID:XMGC3Ld8
>>86
日本の保険の例を出してみなさいよw
話はそれからでしょう。

あと、患者等に言わせれば、
日本の裁判所は、被告である医師側の言うことを無批判に受け入れる権威主義的な場所で、
人の命の重さをまったく無視する非人道的な存在らしいけどね。


109 :無責任な名無しさん:2006/02/12(日) 23:45:29 ID:OlLUbe4u
>108
医師等に言わせれば、
日本の裁判所は、原告である患者・家族側の言うことを無批判に受け入れるヒューマニズムをふりかざす場所で、
医師・看護師・スタッフの血のにじむような努力・苦労さをまったく無視する非人道的な存在らしいけどね。

110 :無責任な名無しさん:2006/02/13(月) 00:38:41 ID:kvjVErhL
昨今の医療裁判では医療の現場を無視して後だしじゃんけんのように後付けで、患者側が有利に
なるような判決をしているケースが目立ちます。

そのような判決をくだすDQN裁判官を何とかしてください。

明らかに金儲け 逆恨み 目的で 数千万円〜億単位の金を病院側に要求する 悪徳弁護士を何とかしてください。

自浄能力を期待します。

102や105のようなDQNのケースは他にもタクサンあります。
詳しくは 病院・医者 版でみてください。

111 :無責任な名無しさん:2006/02/13(月) 02:23:48 ID:iwLlAuUu ?
まず、一般論として、
「故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した
ものは、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。」(民法709条)し、
「債務者がその債務の本旨(診療契約に基づく適切な治療をする義務など)に従った履行
をしないときは、債権者(患者など)は、これによって生じた損害の賠償を請求することが
できる。」(同法415条)。

>>1らは
 @故意・過失、債務不履行があったとしても、小児科医療等を保護する政
  策的観点から、賠償責任の全部又は一部を免除せよ
 A上記の一般論は認めた上で、医療側の責任が認められた裁判例に対し、
  医療側に過失等があったという認定が往々にして不当だ
という主張をしているものと理解する。

@は立法がなければ、法曹にはどうしようもない。
Aは、よくよく検討する必要がある。
 >>102で、誤えん・肺炎の例が出されているが、
 「患者の誤えん・肺炎によって死亡の結果が生じうる」という一般的知見があり、
 他方、現実に「患者が誤えん・肺炎によって死亡した」という結果が生じた場合、
  @医療側が誤えん・肺炎を防止するためになすべき注意義務の内容は何か
  A医療側に@で検討した内容の注意義務の違反があったかどうか
 が問題にされる。>>102>>102にいう裁判例を批判するのであれば、上記の2点を具体的
 に明らかにして検討しなければならない。
  単に「入院中、誤えん・肺炎はつきものだから、医療側に責任はない」といってみる
だけでは、患者も患者側弁護士も裁判官も納得しないだろう。 
 

112 :無責任な名無しさん:2006/02/13(月) 09:57:58 ID:VpCJwiA8
裁判所の求める「なすべき注意義務」が常識では考えられないようなものだから問題になるわけで

A通常人であれば誤燕を起こしても咳き込む→すぐにナースコールで気づく
B約30分〜1時間に1回見回り+ナースコールに常時応答 が通常の医療機関で行われる看護
C80歳を超える高齢者の誤燕性肺炎を100%防ぐには、患者が飲料・食物・唾液を飲み込むたびに常時そばについて看護にあたらなければならない

以上をふまえて、
>@医療側が誤えん・肺炎を防止するためになすべき注意義務の内容は何か
AとBがなすべき注意義務だと一般に考えられている。現行の診療報酬制度ではCを行うと破産。
判決ではCを行え、と言うこと。
>A医療側に@で検討した内容の注意義務の違反があったかどうか
医療者側の一般的な常識における注意義務と、裁判所の求める注意義務との乖離があるため、
違反はないものと考えられていた行為が、違反があったとされる。

この手の判決は、医療界の常識をつぎつぎと覆しております。
子供が風邪で熱を出した → 今までなら当直医が問診・聴診で診断、心筋炎訴訟以来は入院・心電図と小児科医呼び出し
入院中高齢者が歩く → 今までなら挨拶程度、院内骨折訴訟以来は部屋から出るたびにナースコール
上部消化管内視鏡 → 今までなら表面浸潤麻酔、アナフィラ訴訟以来は麻酔ナシで内視鏡
子供がのどを怪我した → 今までなら問診・消毒して帰宅、割り箸訴訟以来は入院・CT・小児科医脳外科医呼び出し
咳もできないほど弱った高齢者の入院 → 今までなら普通に入院、誤燕事故以来は入院拒否又はたらい回し

次に起こっているのは、採算の取れない医業からの撤退です。

113 :無責任な名無しさん:2006/02/13(月) 11:21:20 ID:WKuKbvYj
>>111
一般的な知見と言うならば、知り合いの呼吸器内科専門医が
言っていた
「誤嚥性肺炎を起こすような、すなわち慢性的に経口摂取が
できないような状態になった時点で、その個体は生物学的に
寿命である。」
という話のほうが説得力がある。

114 :無責任な名無しさん:2006/02/13(月) 12:43:40 ID:VpCJwiA8
>>113
中高年の死因第一位が「癌」に対して、
80歳以上の死因の第一位は「肺炎」ですしね。

一律に80歳以上の肺炎の責を医療機関に問うならば、
日本全国の医療機関が80歳以上の患者を引き受けなくなると思いますよ。

115 :無責任な名無しさん:2006/02/13(月) 14:19:51 ID:5C4IzzEv
心筋炎訴訟

http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1119174251/l50

116 :無責任な名無しさん:2006/02/13(月) 14:30:39 ID:+TqbtUQI
>110

>昨今の医療裁判では医療の現場を無視して後だしじゃんけんのように後付けで、患者側が有利に
なるような判決をしている


そうそう、その当時の医療レベルや常識が全く通用しない。

これだったら100年前に軽い(現在では)病気で死んだ家族の裁判も勝てそうだなww

117 :無責任な名無しさん:2006/02/13(月) 16:57:00 ID:5C4IzzEv
司法も官僚もこの国は無責任な奴ばかり。
無責任体制で戦争へ突入した反省は、全くない。

118 :無責任な名無しさん:2006/02/13(月) 20:17:06 ID:5C4IzzEv
>113
司法が常識的判断できない状況を放置している時点で、
日本という国家の寿命であると思う。

119 :無責任な名無しさん:2006/02/13(月) 20:42:58 ID:2+1+3JVj
>>111
>   @医療側が誤えん・肺炎を防止するためになすべき注意義務の内容は何か

まず誤嚥防止法を制定しよう。法的に誤嚥を禁止してしまえば、誤嚥は起こらないだろう。

>   A医療側に@で検討した内容の注意義務の違反があったかどうか

誤嚥性肺炎になった時点で誤嚥防止法違反。証拠は肺炎がある、と。

…我ながら完璧な誤嚥の防止法だと思うが。

120 :無責任な名無しさん:2006/02/13(月) 21:21:08 ID:iucmyYt2
そうか!
これからは法律で病気になるのを禁止にすればいいのか!

これで安心だね。
これからは病気の方は、弁護士か裁判所へ相談してくださいです。



121 :無責任な名無しさん:2006/02/13(月) 21:25:14 ID:lqS28vgu ?
>AとBがなすべき注意義務だと一般に考えられている。現行の診療報酬制度ではCを行うと破産。
>判決ではCを行え、と言うこと。

あるところに財政難の病院Aがあった。
経費を切り詰めるため、医師・看護師を減らし、巡回を減らし、
医療設備の更新を遅らせた。医療の質が低下していった。
その結果、いつしか医療事件が起きた。

病院長:質を切り下げねば、病院経営が成り立たなかった。
    だから、低い質の医療の提供が限度であって、高いレベルの注意まで
    払えなかったとしても、私たちに義務違反はない。
法律家:病院は患者と医療契約を結んだ以上、その治療義務の履行のため果たすべき
    義務の水準は客観的に決まるのであって、主観的な病院経営の事情は関係ない。    






122 :無責任な名無しさん:2006/02/13(月) 21:35:08 ID:ycJKsH6m
>>121
てめえはグリコのおまけがすぐ壊れたからって訴えるのか?

123 :無責任な名無しさん:2006/02/13(月) 21:40:26 ID:WYjWhmX6
>>115
心筋炎訴訟を読んでみましたが妥当な判決だと思います。
医師としての注意義務や技量うんぬんよりも
裁判官が言っているのは
「人間としてこの対応は間違っている」
と言っていると解釈出来ます。
医者からするとどこがおかしいですか?

124 :無責任な名無しさん:2006/02/13(月) 21:57:32 ID:Fs4o4LVD
>>123
ああ。
その判決は読んだ事があるが、あれも不当だとか言っているのなら、小児科医療は
既に崩壊している。
小児科医師が、一旦、廃業に追い込まれる方が日本のためだ。

125 :121:2006/02/13(月) 22:28:13 ID:lqS28vgu ?
>>122
 どっちが正しいと言ってるわけではないよ。
 ただ、法律家としては、人の生死が関わる、あるいは現に悲惨な結果が生じたと
いう場面で、医療側の経済的な理由故にその注意義務が切り下げられても構わないという風には、
なかなか判断できないと思うよ。

126 :無責任な名無しさん:2006/02/13(月) 22:41:26 ID:SkITz3fH
>125
金をケチれば質がさがるのは当然です。世の中の摂理でしょう。

しかも病院の患者からの収入って、国の政策で値段決まってるから、
病院に決定権はないのよ。

どうしろって言うのよ?撤退しかないね、これは。

127 :121:2006/02/13(月) 22:55:08 ID:lqS28vgu ?
前門の虎、後門の狼という心境なのかなと想像するよ。

そもそも小泉政権の医療政策こそ諸悪の根源だ!という批判は一方に置きつつ。

医療側としては、
 客観的注意義務の定立にあたっては、医療機関を巡る財政事情についての考慮を
 より多く働かせるべきだ
というくらいの主張をしたいところなのかな。

128 :無責任な名無しさん:2006/02/13(月) 22:56:54 ID:2uZH6vzf
ようはモルヒネの話みたいに医療の世界でよしとされていることが裁判で
違法とされるとその治療が使えなくなって患者が苦しむだけだろ。
医療の現場でも微妙なことや標準的な注意を行った例について何も知らない
無知な裁判官が医療界では異端とされる医者の意見を参考として聞き入れて
すべきことをしなかったとか注意義務に反するとかいう判決下してんのは
医者は医者辞めなさいといっているようなものだね。
だからみんなやめていってるんだろうな・・・
いいんじゃない?崩壊すれば。

129 :あほ@外国人参政権反対:2006/02/13(月) 23:25:25 ID:JTqiRlhS
>>121の例は「システムの問題(財政難による質の低下)」による事故。

A病院が個人経営で、財政難の原因自体が病院長の個人的理由にあったとすれば、責任を個人に帰し得る。
しかしA病院が地方自治体立で、自治体の無理な緊縮により財政難に陥っていたとしたら院長に責任を負わせる意味はあるのか。

法律家がシステムの問題に起因する事故をも個人責任に帰する限り、事故はなくならず現場はやる気を失う。

130 :無責任な名無しさん:2006/02/13(月) 23:31:08 ID:Xg/fT9vo
ここで質問なんですが、なぜ異端とされる医者の意見が参考に聞き入れられ
一般的な見解の医者の意見が取り入れられないのですか?

医者の側から、司法の側からそれぞれどうなっているんですか?

131 :無責任な名無しさん:2006/02/13(月) 23:52:32 ID:Vz89XjhB
>130

>異端

功名心(・∀・)!!

132 :無責任な名無しさん:2006/02/13(月) 23:53:49 ID:6NoEEtu+
医療(のある分野)に標準ってあるの?
ある場面の手法として、A系列方式とB系列方式があって、
優劣も比較されずに両方とも存続しているって例もあると聞いたけど。

法学の学説でもあるまいし、客観的に優劣がつくんじゃないですか?

133 :無責任な名無しさん:2006/02/13(月) 23:54:32 ID:lqS28vgu ?
>>129
 システムにも問題があることは皆分かっていると思うよ。
 なお、地方自治体設立の病院での医療過誤については、当該地方自治体
も被告になる。

>>130
 司法の側として、その医者が「異端とされる医者」なのか、なかなか分からないし、
その医者の意見が異端的な意見なのかどうかもなかなか分からない。
 また、一般的な医者の意見が正しく、異端的な医者の意見が誤りだともいえない
(単なる一般的な医療慣行というだけでは、それすなわち注意義務の基準とはならない)。

134 :無責任な名無しさん:2006/02/13(月) 23:58:09 ID:WYjWhmX6
心筋訴訟と112を読んで思ったのだが
こういう事ではないだろうか?

心筋訴訟の判決は
「町医者等に行って改善しない患者が基幹病院で
治療してもらおうとしたが町医者で改善しないと
いう事情を考慮せず、ずぼらな対応をした」

が医療雑誌等では町医者レベルから
子供が風邪で熱を出した → 今までなら当直医が問診・聴診で診断、
心筋炎訴訟以来は入院・心電図と小児科医呼び出し
という対応をしないと駄目だと記載している。
だから医療の常識に反していると騒いでいる。

心筋訴訟判決とこのスレを読んでみての感想です。

135 :無責任な名無しさん:2006/02/14(火) 00:08:05 ID:BWEJz6YB
>130
>また、一般的な医者の意見が正しく、異端的な医者の意見が誤りだともいえない

普通の裁判ではドラマ白い巨頭の様に、お互いに医学的考察を専門家が検討しあったりしないのか?

136 :無責任な名無しさん:2006/02/14(火) 00:46:32 ID:djNFdyto
>>133
>  司法の側として、その医者が「異端とされる医者」なのか、なかなか分からないし、
> その医者の意見が異端的な意見なのかどうかもなかなか分からない。
>  また、一般的な医者の意見が正しく、異端的な医者の意見が誤りだともいえない
> (単なる一般的な医療慣行というだけでは、それすなわち注意義務の基準とはならない)。

異端かどうか判らないまま、その意見を一般的であると断定して採用しているのか?
根拠はなんだ?人望?地位?サラリー?それとも勘かい?まさか心象とか言わないよなw
随分非論理的じゃないか。しかも非常識だし非科学的だ。


137 :無責任な名無しさん:2006/02/14(火) 00:52:17 ID:7SogKwaf
多分心象。

138 :無責任な名無しさん:2006/02/14(火) 00:54:50 ID:zcj5SP71
>>134
まぁ普通はやらないことをやらなきゃいけなくなったり今までやれたことができなく
なって患者が不利益をこうむったりしているわけだが、例えば分かりやすく極端な例を作ると、
頭痛で来た患者に全員にCTとるとかしないってのは分かるよね?
それが頭痛でCTとらなくて実は脳出血で死んでしまったことを訴えられ
たとして負けた場合について考えてみよう。
頭痛の診断って、例えば問診して今まで感じたことがないほどの頭痛、とか意識障害があるとか
神経症状とかいう怪しい点を見つけ出して疑って診断を行うわけだけど、教科書みたいにはいかないから
中には見つけにくいものもあるわけだ。医者は大体それでも少しの異常から疑って見つけるけど、
それがもし異常が全くない普通の頭痛としか思えない、一見健康な人がいたとして、この人が
帰る途中急に意識を失って脳出血で死亡したとしよう。
もしこのような例で訴えられて、万が一医者側がまけたりすると、医療界でセオリーとして
頭痛は疑わしい例以外でも全例にCTを施行しなければならないということになる。
疑わしい点がなくても全部CT。これは医療費の点からも患者に対する被曝の点からも
医療現場の労働力や患者の労力の点からも喜ばしいことではないよね。
でも訴訟で頭痛はCTを取れとなってしまったからしょうがないということになる。
極端な例だけど。
まぁさすがにこんなばかげたことにはならないだろうけど、近いものがあるんだよね。

139 :無責任な名無しさん:2006/02/14(火) 01:01:12 ID:djNFdyto
>>137
まじですか。

そんならもう、参考意見なんか聞かずに最初から原告の心象だけ見てればいいじゃん。
被告の抗告も居眠りスルーでさ。

あ、すでに実行中でしたかw。失礼おば

140 :無責任な名無しさん:2006/02/14(火) 01:04:29 ID:7SogKwaf
しかも全員CTを撮るなんて、レセプト審査で査定されるから
出口が見つからず、結局撤退するしかなくなるって。

141 :無責任な名無しさん:2006/02/14(火) 01:06:44 ID:M24hMKLG
>>132
たとえばその比較をした研究のうち、4つがAの方が良いことを示していて、
6つがBの方がいい事を示していたら?でもAの方が有意差が少々高いとかさ。
それ以前にそこまでの研究をする意味のない分野かもしれない。
そういう場合は研究がなされないままってこともあるだろうね。
法律の学説みたいに机上でこねくり回すだけじゃダメだから、その分コストがかさむんだよ。

142 :無責任な名無しさん:2006/02/14(火) 07:15:01 ID:YN3AXG5p
>>134
>今までなら当直医が
と書いてる時点で、小児夜間救急病院≒基幹病院の話だよ。

143 :無責任な名無しさん:2006/02/14(火) 20:20:43 ID:lvBQ3Mas
>>134
いちいち小児科のオンコール呼ぶなよ。殺す気か?


144 :無責任な名無しさん:2006/02/14(火) 22:10:56 ID:DtUeTQYv
>>142-143
だからそう書いてあるのは
「医療系雑誌」であって
判決には書かれていないと言っているのですが?

145 :無責任な名無しさん:2006/02/14(火) 22:35:09 ID:j0vbFd34
医師が不条理と感じているのは例えば、

あと数分でほぼ確実に亡くなる患者を搬送している救急車に追突した運転手が、
その患者が救急車の中で死亡してしまったために業務上過失致死にとわれたようなもの。

割り箸事件や心筋症事件、妊娠中毒、誤燕性肺炎がその例。
日常的な医療行為によって不幸な結果になってしまい、
素人目にはもう少しなんとかならなかったかと思われるだろうが、
実際はその時考えうる処置・治療を施しても確実に結果が好転したとは言えない。

146 :無責任な名無しさん:2006/02/14(火) 23:02:18 ID:DtUeTQYv
>>145
判決文の解釈の違いかもしれませんが
たとえば上の例でいえばこの運転手はその事故の後
「へらへら笑っていた」わけですよね?
たしかにほぼどうにもならなかったかもしれないが、それを認めた上で
最前を尽くせば何か出来ることがあったかもしれない
(その専門的な事が**検査等だった)
よって「へらへら笑っている」ことが債務不履行で人間として間違っている
俺は判決文をこのように解釈している。
患者さんも「へらへら笑っていた」から訴訟を起こしたのでは?

147 :無責任な名無しさん:2006/02/14(火) 23:33:15 ID:wA7Nn7l8
>>145
猛毒を飲まされて後数分で死ぬであろう人を拳銃で撃ち殺した人がいた場合、
殺人未遂ではなく、殺人罪に問う。

そう扱わないと、人の生命という保護法益を適切に擁護できないだろう、
という法学的な立場があるんですよ。

148 :無責任な名無しさん:2006/02/14(火) 23:37:32 ID:7SogKwaf
へらへら笑っているようにみえたか、人間として間違っているよう
に思えたかどうか、多分に主観的な判断だと思われるが、判決が
もたらす影響は破壊的なものだ。しかし、それを司法関係者に
いくら言ったところで、そんなことは私らの責任じゃないですから
と、へらへら笑っているように見える。

149 :無責任な名無しさん:2006/02/14(火) 23:42:07 ID:M24hMKLG
>>147
じゃあその人に5割で助かる、5割で即死ぬ薬を飲ませた場合は?
これは殺人罪なのかね?

150 :無責任な名無しさん:2006/02/14(火) 23:44:37 ID:7SogKwaf
大阪鉄道病院

当院では長年にわたり、産科診療を行なって参りましたが、
平成18年6月より当分の間、産科を休診することと致しました。
現在通院の方には、責任をもって今後の相談に応じさせていただきますので、何卒、ご理解をお願い致します。
なお、婦人科はこれまでどおり診療を行なって参ります。
ご不明な点がございましたら、産婦人科外来までお問い合わせください。


http://www.jrosakahosp.jp/news/sanka_kyushin.html

産科崩壊は僻地のみならず、都会にも及んできたようだ。

151 :無責任な名無しさん:2006/02/15(水) 00:15:40 ID:QTxmBvNp
>>147
そりゃ拳銃で撃ち殺したらあたりまえだろ。
診療して努力した結果救えないのとはわけが違うでしょう。
失礼ですが、ホントに法律の知識あるんですか?

152 :無責任な名無しさん:2006/02/15(水) 00:17:20 ID:QTxmBvNp
医者は全員逃散すればいいんじゃないの?
最近、医者なんて奴隷労働者に嫉妬してくる官僚とか法律関係者をやり過ごすのめんどいんだが。

153 :無責任な名無しさん:2006/02/15(水) 00:53:24 ID:q37b6W/5
法曹界はみんな危機感と責任感なさ杉。
判決出す前に、1Wぐらい医療現場の見学でもすれば?

154 :無責任な名無しさん:2006/02/15(水) 01:04:55 ID:QTxmBvNp
ホントにここに法律関係者いるのかな?
裁判官は信念を持っている責任感が強い人間がなるものだと思っていたけど、
ここで心象がどうとか言う適当さと全く的外れな話をもってくる論理性の無さ
に半ば絶望的な気持ちになっているんですが。

155 :無責任な名無しさん:2006/02/15(水) 01:07:03 ID:D0ymXYXZ
>>149 結果オーライ
生き残るのが当然、死ねば期待権の侵害。プロセスは問わない。

156 :無責任な名無しさん:2006/02/15(水) 01:23:37 ID:q37b6W/5
お前ら生身の人間か?


情けない・・・・

157 :無責任な名無しさん:2006/02/15(水) 01:39:23 ID:RpPVeLAj ?
「判決が言っていること」と、
「医療雑誌で判決が言っていると言われていること」を
少し正確に見直してみないといけないかも知れないかな。

158 :無責任な名無しさん:2006/02/15(水) 03:03:20 ID:GqokNrLY
>>157
> 「判決が言っていること」と、
> 「医療雑誌で判決が言っていると言われていること」を

その違いの有無に意味があるのは趣味でやってる司法浪人にとってのみ。
現実社会、ことにDQN患者とマスゴミと腐れ官僚にとっては意味なし。

> 少し正確に見直してみないといけないかも知れないかな。

なんやこの言い回しは?
けったいな気がしないかもしれないかなぁ?

159 :無責任な名無しさん:2006/02/15(水) 03:47:11 ID:66KegPKG
教えてください。
旦那の変わりに確認株式会社の代表取締役になってました。
この度旦那の浮気と借金(会社の金使い込み)で離婚したいんですが
離婚と代取辞任どっちが先?

160 :無責任な名無しさん:2006/02/15(水) 04:21:34 ID:LnV9WTmm
>>154
いない。
特に、裁判官はこういう処では発言しない。
有資格者で発言しているとしたら、弁護士ぐらい。

161 :145:2006/02/15(水) 04:37:34 ID:0xMM3+wM
>146
別に医師はヘラヘラ笑っていた訳じゃない。
各々の事件に関して
被告医師の医療行為はベストと言わないまでも特に過失を認めない
というのが2ch医師の共通認識なわけ。
しかも厄介なのは、
ある医療行為の是非がが裁判官によってまちまち。
もうメチャクチャ。

162 :無責任な名無しさん:2006/02/15(水) 07:51:14 ID:yLm8UNYi
>>144って読解力ないなぁ。

>>134 → >>142 で、>>144かよ。

163 :無責任な名無しさん:2006/02/15(水) 08:46:21 ID:0xMM3+wM
刑事事件で裁いた被告が刑を終えてシャバに出て再犯したら、
裁いた裁判官に刑事罰や罰金刑を与えるシステムにする。
これなら対等かな?

164 :無責任な名無しさん:2006/02/15(水) 09:05:19 ID:q37b6W/5
卵の名無しさん :2006/02/15(水) 06:16:58 ID:mTxDCFgd0
>>514
        { 日本の市井医療崩壊へのカウントダウンスケール }

             今、この辺です。これから大人でも
            救急車の受け入れ先が無くなります。科によっては消滅するところも出てきます。
                            ↓
        盤石  発火       延焼      爆発(no return)崩壊  灰燼 涅槃
         ┣━━╋━━------−╋━------━╋━-------━╋━--━╋━━┫
 <目安>    ソルジャー不足→中堅不足→技術継承断絶→ 失伝→ 絶滅→ 忘却


>僻地には非常勤さえ来ないと言う事になった時が
このスケールで言うところの忘却の段階だな。


165 :無責任な名無しさん:2006/02/15(水) 09:33:52 ID:LnV9WTmm
>>163
対等ではない。
裁判官の問題ではなく、法制度の問題であり、国会で刑法を改正しない限り、裁判官には
どうしようもない。
例えば、10件窃盗を繰り返して捕まった奴が居るとする。
裁判官が、こいつは娑婆に出したら、又やるだろうな。と当然思う。
アメリカであれば、(アメリカの窃盗罪の量刑を知らんが、日本と同じ懲役10年と仮定する。)
10件×10年で、懲役100年って言えるが、日本だと1件の時は懲役10年までだが、それ以上
何件窃盗を行おうが、1.5倍の懲役15年までしか科せない。
また、君みたいな法律を知らない人はよく勘違いしているが、無期懲役と言うのは、
懲役期間を決めていないと言うだけで、一生刑務所から出られない刑罰ではない。
大体、15-20年ぐらいで出所している。
これも、アメリカのように、終身刑、こちらは、恩赦が無い限り、死ぬまで刑務所に
居る事になる刑罰だが、それを作らない限り、日本の犯罪者は死刑以外は、どんな
に悪い罪で再犯の可能性がどれだけ大きくても、大体20年で娑婆に出てこれると言う、
法律になっている。
上記のように、刑罰を犯した罪に対して次々と加算できたり、終身刑を導入した状態
で無いので、再犯のおそれがあろうがなかろうが、日本の犯罪者は再び娑婆に出てくるよう
法律で保護されている。

166 :無責任な名無しさん:2006/02/15(水) 09:40:10 ID:R6B6ffiV

窃盗・傷害なんかの犯罪者は、心証を加味して大体横並びの判決を言っておけば良く、
医療裁判では患者受けのする判決出しておけば大過なしってことか。

楽な商売だな。
裁判官みたいな医学を知らない人の勘違いは困ったもんだ。弁護士モナー。

167 :無責任な名無しさん:2006/02/15(水) 11:10:52 ID:G2oaptOY
>対等ではない。
>裁判官の問題ではなく、法制度の問題であり、国会で刑法を改正しない限り、裁判官には
>どうしようもない。

今の糞判決に対しては医者も社会保険料をどうにかしない限りどうしようもないんですが。
あなたはもう少し日本語の勉強した方がよろしいのでは。

168 :あほ@外国人参政権反対:2006/02/15(水) 11:27:28 ID:HmnYhjFW
>>165
いや、
「裁判官が結果責任を負う」ことと
「裁判官に出所を制限する権利がない」ことは
同義じゃない。
「出所を制限する権利がないにも拘らず、出所後の結果責任を負」えばいいだけなんだから。

「できない」じゃなくて「責任を負いたくない」だけ。

169 :無責任な名無しさん:2006/02/15(水) 13:00:07 ID:tb+g3S61
過失のあるなしにかかわらず、治療の末、死という結果が
出たなら、へらへら笑わずに、熟考し今後の臨床に生かす
姿勢は必要って当たり前。だが同様に、患者受けする判決の結果、
医療がどのように崩壊していくか、へらへら笑わずに、
よく見ておけ、ボケってこと?

170 :無責任な名無しさん:2006/02/15(水) 13:01:50 ID:GqokNrLY
医師には、後だしじゃんけんみたいな責任を力いっぱい問うんだから、
それを課している判事も同じように責任を取りたまえ。
それが法の下の平等ってものだろう。というのが医師側の意見。

もちろん、それが法制度上できないことなど百も承知で意見している。

頻回言われているが、諸判決が求める「一般的な医療水準」や、それに付帯する
責任のレベルが現状をあまりに無視して高すぎるか非常識なのが現実
なので、医師には転科〜逃散しかしようがなくなってきた。それが現実だ。
例えば、判決が求める医学水準上は必要と思われる検査の殆どは保険請
求させてもらえないなど、人員についても当時の技術ということについても、
現実として不可能なことを求める判決は、愚者としか言いようがない。

このような矛盾に満ちた判決を導いたことは法制度の問題ではない。
ひとえに、判決に関わった裁判官、弁護士などの無能によるものだ。

医師への非常識な判決が物語る理不尽な責任追求と同様のことを
判事に求めるのが法制度上無理だ無理だと言えば言うほど、判決そのもの
が法制度や理念になじまないものであると証明しているのだ。

171 :無責任な名無しさん:2006/02/15(水) 13:25:26 ID:tb+g3S61
試験でも、1時間以内に何も見ずに答案書くから、100点は
なかなか取れないが、後で誰かに答えを聞きながら採点すれば、間違いを
指摘するのは簡単だね。その答え教える奴がまた、狂ったことを言っているか?
正解を言っているか?裁判官にはわからない。結局は心証だろ。



172 :無責任な名無しさん:2006/02/15(水) 13:30:36 ID:tb+g3S61
最初、板違いだのどうのこうのと逃げまくっていたが、結構核心に
近づいてきたじゃない。逃げまくりの理由は明らかだね。
司法関係者の無責任でいい加減な体質が、晒されてきたじゃない。

173 :あほ@外国人参政権反対:2006/02/15(水) 14:59:27 ID:HmnYhjFW
別に結果責任を取らなくてもいいよ。
ただ「高度に専門的な職業」に付随する「高い責任」を自覚し
当然持っている「高度な注意義務」によって「悲惨な結果を回避する責任」があり
他方被害者には正当な判断による望ましい結果を「期待する権利」があるのだから
期待に背く結果の場合「侵害された期待権に関する損害」を裁判官が補償すれば。


…簡単に言うと結果責任だけど(笑

174 :無責任な名無しさん:2006/02/15(水) 16:41:58 ID:udGhMrB0
臨床上迷ったときに相談して5分以内に答えを返してくれる
公的な法律相談所(24時間営業)があればいいんジャマイカ?

175 :無責任な名無しさん:2006/02/15(水) 20:10:08 ID:0xMM3+wM
殺人犯は最高刑死刑でしょ。
再犯の危険がある被告は死刑にすればいいだけじゃん。

有期刑を言い渡した被告が再犯した場合、
その裁判官に懲役刑、再犯の被害者または遺族に対し数千万から数億の賠償金の支払いを課せばいいよ。

176 :無責任な名無しさん:2006/02/15(水) 20:33:48 ID:wJ5RLZax
ええとだから裁判官は
「ある条件を満たした場合、医師としての過失割合が
少なくても損害賠償義務が発生する」と言っていると思うのですが

だから医師は裁判官が言う「ある条件」を満たさなければ良いのでは?
逆に言うと「ある条件」を満たすと
通常ありあえない「高度な注意義務」によって
「悲惨な結果を回避する責任」があるんじゃないかな?

177 :無責任な名無しさん:2006/02/15(水) 20:48:32 ID:vbX0VkBW
じゃあ、全ての疾患、その中でもどういった場合にどうしたら良いかという
その「条件」とやらを明文化してくれよ。

無理でしょ?全ての病人が必ず同じ経過を辿ったりするわけではないんだからさ。

そこらへんが自然科学を理解していない文系の人たちには分かっていないと
何度も言っているんだよ。

178 :無責任な名無しさん:2006/02/15(水) 20:58:30 ID:wJ5RLZax
だから、これは自然科学とか医療技術の問題でないの
俺なりに判例を解析すると
「はじめにこの患者はこの病気だと決めつけて
その後、患者がおかしい、おかしいと訴えているのに
全く耳を貸さず、検査や治療方針の見直しを一切しなかった」
医者は軒並み敗訴している。
まだ判例が少しなので微妙にずれている場合もあるので
そのへんはご了承を

179 :無責任な名無しさん:2006/02/15(水) 21:00:57 ID:yLm8UNYi
んーとつまり
「医学的な臨床判断より、シロウトの要求にいちいち反応しる!でないと賠償責任」
ってことなのか。




医師の裁量って、もう何も残ってないの?

180 :無責任な名無しさん:2006/02/15(水) 21:05:27 ID:yLm8UNYi
というか、
治療法選択権は元よりないし、
検査を行う権利もなければ、検査をしないという選択の裁量もなく、
”この病気だ”と診断する裁量もない、
ということか。




医者なんていらねぇんじゃないの?

181 :無責任な名無しさん:2006/02/15(水) 21:08:47 ID:GqokNrLY
>>179
ないない orz

182 :無責任な名無しさん:2006/02/15(水) 21:09:49 ID:tb+g3S61
でも患者が検査を拒否したために癌が発見できなかった時は
なぜ、説得してでもしなかったのか?賠償せよ、ゴルァの判決がでます。

183 :無責任な名無しさん:2006/02/15(水) 21:10:37 ID:GqokNrLY
>>180
そうそう。
だからじゃん。お産は裁判所で!とかNICUは裁判所内に設置して
裁判官に執刀させろ!とか皆投げやりに言ってるじゃんか

184 :無責任な名無しさん:2006/02/15(水) 21:11:40 ID:GqokNrLY
おおそうだ!大切なことを忘れていた。

点数決定も中医協なんかにやらせちゃだめじゃん!
裁判所で決めないと!!!

185 :無責任な名無しさん:2006/02/15(水) 21:30:57 ID:wJ5RLZax
>>179
もっと過失割合が著しく低い医師が敗訴した例が出ないと
はっきりとは言えないが裁判官はそう考えていると感じる。


186 :無責任な名無しさん:2006/02/15(水) 21:31:38 ID:vbX0VkBW
>178

おかしい、おかしいというのは後からの脚色と思われるのもあるけどな

「おのどどうしたの?」事件w

187 :無責任な名無しさん:2006/02/15(水) 21:37:54 ID:yLm8UNYi
>>185
なるほど、じゃあ患者が何十人待ってようが、VT起こして心停止した患者がいようが関係なく、
風邪と診断された患者が「おかしい」と訴えてきたら、そっちを診なきゃならんということなんですな。
裁判官がそう考えているのなら、その通りにしないと人生が台無しになるから従わざるを得ませんな。
判例解析ありがとうございました。とても参考になりました。

188 :無責任な名無しさん:2006/02/15(水) 21:44:07 ID:QTxmBvNp
過失割合ほとんどない例で医者が敗訴してるから医者がどんどん逃げてるんじゃん。
>>185は医者がミスしても見逃せって言ってるとでも思ってるの?
違うね。
ミスしてもいないのに裁判官の裁量一つで有罪にされるのにあきれてるんだよ。


189 :無責任な名無しさん:2006/02/15(水) 21:46:08 ID:QTxmBvNp
信賞必罰がちゃんと行われてないと社会はダメになるんだよ。
医療も然り。
ちゃんと医療ミスを有罪にしてそうでないものを無罪にしないと医療はダメになる。
なんか反論あるかな?

190 :無責任な名無しさん:2006/02/15(水) 21:59:32 ID:mycxhl6l ?
医師の注意義務

医師として人の生命及び健康を管理すべき業務に従事するものは、その業務の性質に照らし、
危険防止のため実験上必要とされる最善の注意を尽くすべき義務を負う。
(最高裁昭和36年2月16日判決)

診療に従事する医師は、患者の病状に十分注意し、その治療方法の内容及び程度等については
診療当時の医学的知識に基づき、その効果と副作用等すべての事情を考慮し、万全の注意を
払って、その治療を実施すべき義務を負う。
(最高裁昭和44年2月6日判決)

191 :無責任な名無しさん:2006/02/15(水) 22:07:11 ID:CJT/9EAP
>>190
その最善の注意、万全の注意ってのが神の領域なんだよ。

医者は聖徳太子でもないし千手観音でも無い。限られた時間と資源を
最適に振り分ける、それに忙殺されている。その中での最善を越えたものを
求められると、それは無理なんだよ。で、無理と感じた医者が地方や
特定の科から逃げている。

192 :無責任な名無しさん:2006/02/15(水) 22:16:38 ID:mycxhl6l ?
>>182
>でも患者が検査を拒否したために癌が発見できなかった時は
>なぜ、説得してでもしなかったのか?賠償せよ、ゴルァの判決がでます

 そういう場合は、医師が検査の必要性・検査拒否のリスクを説明する。
  EX 病変の存在の可能性・その病変が重大である可能性
    病変の発見・治療を緊急に要する可能性など

193 :無責任な名無しさん:2006/02/15(水) 22:30:31 ID:udGhMrB0
ERで暴れてる酔っ払いとかにも

> そういう場合は、医師が検査の必要性・検査拒否のリスクを説明する。

義務があるんだろな。ええいもう裁判官が来てムンテラしてくれよ orz

194 :無責任な名無しさん:2006/02/15(水) 22:33:06 ID:MpglLn0l
医者の報酬にタイムチャージ制も加味するよう働きかけたら?

多くの説明を要求する患者からはたくさん金がとれるし、
安く早く済ませたい患者は、医者が説明をはじめるとそれを遮って、
早く済ませてくれ、と言ってくるだろう・
そうすれば、説明を受ける権利を患者自身が放棄していることになって、
患者の過失割合が相当大きくなるだろうから、損害賠償の負担も軽減される。

195 :無責任な名無しさん:2006/02/15(水) 22:38:16 ID:CJT/9EAP
>>192
それを実際にやると、30分以上はかかる。
検査を拒否する様な方だとそれ以外にもあれこれで1時間はかかる。

他に待っている方の待ち時間、後に控えている検査や手術への影響を考えると
割ける時間は限られている。できればそうしたいけれども、実際上は無理に近い。

>>194
診療報酬がそれを許すならぜひそうして欲しい。タクシーメーターみたいなのがいいな。

196 :無責任な名無しさん:2006/02/15(水) 22:43:04 ID:q37b6W/5
>189
心証必罰が行われている。

197 :無責任な名無しさん:2006/02/15(水) 22:48:29 ID:waPSr7m9
>>195
医者の方っぽいですね。
ちょっと質問させていただいてよろしいでしょうか?
民事訴訟におけるカンファレンス鑑定というのを、貴方はご存知ですか?

198 :無責任な名無しさん:2006/02/15(水) 22:52:51 ID:vbX0VkBW
保険医に完璧な説明を求めること自体に無理があるんだよ。

完全に保険医療を撤廃して全て予約制の自由診療にしたならば最高裁の
求めるような最低限の注意が払えるんだよ。

最高裁もマクドナルドのハンバーガーに松坂牛を使えと言っているんだよ。

んなの無理だって素人にも分かるだろうが。それを認めようとしない弁護士や裁判所に
問題があるんだって。

ま、どーせ理解できないんだろ、一般人や弁護死どもには

199 :無責任な名無しさん:2006/02/15(水) 22:54:31 ID:CJT/9EAP
>>197
知らんです。ぐぐったら3つ出てきました。かなり少ないですね。

200 :無責任な名無しさん:2006/02/15(水) 22:55:21 ID:XxuYIHSB
>>197
おぉ! 法曹界の方でしょうか。ちょっと聞きたいのですが、
この言い分は、結局何が言いたいのか良くワカランが、
http://courtdomino2.courts.go.jp/shanyou.nsf/0258b7a1680aa82849256467004875a6/5b41a222737c222c492570220007f27c?OpenDocument
これからの時代、カンファレンス鑑定は縮小方向にあると理解してよろしいのか?

201 :無責任な名無しさん:2006/02/15(水) 22:59:43 ID:QTxmBvNp
カンファレンス鑑定とかやっておいてこれだけあほな判決が出るのはひとえに
鑑定に参加してる医師が現場に疎いか異端かきれいごとしか言わないのと裁判官が
きわどいのは全部有罪にしたがってるからじゃないかな。

202 :無責任な名無しさん:2006/02/15(水) 23:00:07 ID:nuaubGvB
>>200
こんなことが書いてあった。

鑑定人への対応に問題があることが指摘された。
具体的には,例えば,法廷で鑑定人に人格非難的との印象を抱かせるような質問がされることもあったため,
真摯な気持ちで鑑定を引き受けた鑑定人に対する配慮が欠けているといった認識が医学界に広がってしまったとの指摘や,
このような法廷内外における鑑定人に対する諸々の対応の結果が,鑑定,ひいては医学に対する敬意が欠如している
という誤解を与え,その結果,そのように軽視される鑑定であれば,そのために多くの時間と労力を使うことは
無意味であるとの意識が医師の間に醸成されたとの意見も表明された。

203 :無責任な名無しさん:2006/02/15(水) 23:16:38 ID:wJ5RLZax
>>202
医師は鑑定人に猛攻撃→鑑定人のなり手が激減→異端医師が鑑定人に
→ますます猛攻撃→ますます異端医師が鑑定人
と言うことですか?

204 :無責任な名無しさん:2006/02/15(水) 23:21:31 ID:CJT/9EAP
>>203
攻撃しているのは医者じゃないでしょう?裁判官か弁護士かもしくは原告かでしょう。
でなければ、「このような〜医学に対する敬意が欠如している」に繋がらない。

205 :無責任な名無しさん:2006/02/15(水) 23:22:36 ID:CJT/9EAP
>>203
鑑定人=医師ですよ。連投すまん。

206 :無責任な名無しさん:2006/02/15(水) 23:24:43 ID:0uYS12qm
>>200
近時の状況については、ある法律雑誌で報告がなされていますが、
今現在手元にないので即答しかねます、すみません。

207 :無責任な名無しさん:2006/02/15(水) 23:30:53 ID:0uYS12qm
>>203
極端な形で言えば、
一部の駄目な訴訟代理人が、ベテランの医者に対して、
「あなたは医者になって何年ですか、こういう症例そんなに扱ってないんじゃないですか?」
とか、まあ、揚げ足取りとか、用語の無理解とかに基づく変な尋問とかをしていたりもしたんです。

そういうことで、例えば、以下のような条文が新設されたんですね。(215条ないし216条。改正ないし新設)
(鑑定人質問)
第二百十五条の二  裁判所は、鑑定人に口頭で意見を述べさせる場合には、
 鑑定人が意見の陳述をした後に、鑑定人に対し質問をすることができる。
2  前項の質問は、裁判長、その鑑定の申出をした当事者、他の当事者の順序でする。
3  裁判長は、適当と認めるときは、当事者の意見を聴いて、前項の順序を変更することができる。
4  当事者が前項の規定による変更について異議を述べたときは、裁判所は、決定で、その異議について裁判をする。


208 :無責任な名無しさん:2006/02/15(水) 23:59:43 ID:mycxhl6l ?
>>207
>「あなたは医者になって何年ですか、こういう症例そんなに扱ってないんじゃないですか?」
 医者としての経験・経歴、当該症例の取り扱い経験について尋ねるのは、
 鑑定人の能力を確かめる上で当然必要な質問内容と思う。
 ここは言い方がマズイということかな。



209 :無責任な名無しさん:2006/02/16(木) 01:07:40 ID:0oTZAwbn
信賞必罰なんだろ?

明らかにまちがった誘導で鑑定人に無理やり超高度な療養手段を語らせ、
さもそれが標準であり必然だったという風にこじつけて有罪を勝ち取る、
口げんかが巧いだけの弁護士に、いとも簡単にころりとだまされる阿呆な
判事が多いってこった!!!
世間知らずでもいいけどよ、せめて行政が公表している資料(保険点数表
や点数表の解釈、疑義解釈などの最低限の資料)や支払い実績と病床数
やスタッフ数の平均値、学会が出している見解の大まかなところくらいは
鑑定人以外からでも簡単に入手できるじゃんか。そういう、ネット小僧でも
できる程度の努力すらもしない判事には、どんな罰が相応しい?

心象なんぞで鑑定人を選び、苛め抜いて虚偽同然の証言を誘導し、それ
を疑いもせずに信じる馬鹿。その愚行によってこの国がどうなっていくのか
の予見すらも出来ない愚鈍な人物。論理も人間心理も知らない、法の理念
すらも省みず、ひたすら判例だけ検索して結果を照らし合わせるだけの
機械技能だけじゃねーか。心象なんておこがましいや。心在らず。

違うか?

210 :無責任な名無しさん:2006/02/16(木) 01:13:38 ID:0oTZAwbn
そして間違った判決の後で、次々に弱者(産科小児科)、僻地から
医療過疎化が顕在化してきて(内閣府のトップページを見よ)いて、
さらに都市部であってすら産科受け入れ休止(永久に休止だろうな)
が出てきたのは、医師による緊急避難に他ならない。

そのような結果を招いた愚鈍で見通しの悪い、いわばヤブもいいところ
スズメにもなれない法曹要員というのは、必要な注意を全て払って、
厳正なる態度で判決を行ったと言えるのか?w

リピーター判事wに厳罰を!
結果責任の追及を!


211 :無責任な名無しさん:2006/02/16(木) 01:18:30 ID:0oTZAwbn
> 結果責任の追及を!

せめて、医師に対してと同様レベルにw。ま、社会的責任ってのは計り知れないけどな。

212 :無責任な名無しさん:2006/02/16(木) 01:22:35 ID:75AO60Ff
>>210
内閣府のトップページワロタw

医者は余っている。
いやならやめろ。代わりならいくらでもいる。

ずっとそう言われてきたのできっとそうなんでしょう。

まぁ、判事さんとかは2ちゃんはともかく、学会、行政が発表していて
誰でもネットで見られる資料類すら見ていないようだから、楽な商売だなぁ
とは思いますねぇ。日本語で書いてあるのに。こちとら、標準とは言えない先端
治療や資料、英語で読み続けなup to dateで居られないのにさ。

213 :無責任な名無しさん:2006/02/16(木) 01:24:46 ID:0oTZAwbn
>>91

しばし看過したが、これもおかしな言い訳。
制度上の問題であって司法の責任外だといいながらこの提案。

ならば医事高裁が無い現状、ろくすっぽ判らないまま盲滅法な
判決を粗製濫造していると認めてるわけだ。

しかも、自分たちに判らないことについて、自分たちでなんとかする、
所謂自浄能力も無いということだな。

法曹「界」だなんて笑わせる。「界」を名乗るほどの責任能力は
皆無ということではないか。

214 :無責任な名無しさん:2006/02/16(木) 01:25:07 ID:4N99CUrQ
>>212
資料は読んでいるよ。毎朝、欠かさず新聞をねw

215 :無責任な名無しさん:2006/02/16(木) 01:31:12 ID:OH6tFeuy
やっぱり、裁判官様には荷が重過ぎるってことで
ここは司法から切り離し、医療過誤や医療事故を
取り扱う専門委員会を作り、患者への補償は一元的に
まとめて、再発防止的観点から事故を分析するようにして
医師へは再教育や指導を中心にすえるようにするってのは
どう?

216 :無責任な名無しさん:2006/02/16(木) 01:32:14 ID:ftDH8Np0
説明責任?
説明するばかりでなく理解させなければならないと。
そんな事言ってる法律家の人は現に自分の「正しさ」を一体ここで何人の人に納得させることができているの?
仮にその内容が正しいとするならば。

そりゃあ重症患者に対してや急変時にはしっかり説明しようと努めますよ。
休日だろうが深夜だろうが呼び出されて小一時間説明しますよ。
一切金銭は受け取らずに。
だけど納得しない家族はしない。
そもそも人間は聞きたいことしか聞かないという特性があり、
「病状が悪くなりました」
というのは聞きたくない(理解したくない)ことの最たるもの。
そして誰を責めても仕方ない状況で
自分を責める家族もいれば医療機関に責を求める家族もいる。
で、前者の場合でも他の親族は慰めるためかなにか
他(多くは医者)に責任があるのではないか、って誘導するんだよね。
この辺はマスコミの医療不信キャンペーンが大いに効を奏してます。

一時間に10人以上の予約とさらに飛び込みの患者がおしかける外来で
必要があれば一人20分くらい捻出できなくもない。
だけど3人も5人も続いたら限界です。
9時予約のカルテが11時に残ってるプレッシャー…
で、入院してる脳死状態の青年の家族が怒りだすわけです。
歩いてこれる外来患者より息子の方が重症なのに、どうして医者は朝しかこないのかと。

じゃあ予約を減らせって?
1時間5人とか、出来たらいいね。地方公立病院なんかやめろと。
確かに今の医療は崩壊すべきかもね。
どーも長くなってすいませんでした。

217 :無責任な名無しさん:2006/02/16(木) 01:32:57 ID:OH6tFeuy
>214

「声」の欄中心ですか?

218 :無責任な名無しさん:2006/02/16(木) 01:35:47 ID:75AO60Ff
>>213
>>91 おいらも見過ごしてた。つまり、自然科学の一領域である医学についても、
「裁判官が知識がないため下してしまった判決」と言うのがあり得る訳ですね。

人間のすることだから、医学と同様「誰が見ても真」などと言う解が無いのは
理解できる。けれども、できる限り物事の真理を追究し少しでも自然科学の法則に
沿った立場に立とうと言う気概が感じられない判決が目に付くのは残念です。

(医療ミス・過誤は断罪して頂いて構わない。自然の摂理、医療の現状では
いかんともしがたい事象ってのも存在するのです。)


219 :無責任な名無しさん:2006/02/16(木) 01:49:16 ID:0oTZAwbn
>>218
あ〜か〜ん、ってあんさん。
いかにも良医丸出しのその柔和で包容力満点な態度は駄目。ぜ〜〜んぜ〜〜〜ん駄目。

ぼったくり弁護士たちのあざとく、陰湿かつ陰険、険悪かつ巧妙な誘導尋問
を見習わないとw。

言うべきことを言うべきタイミングではっきり表明しなければ、法廷という
高度に仕組まれた口げんかの大舞台では勝てないのよw。

そう、法律は確かに学問的側面がある。方角って言うんだよw。
だがな、法廷には学問も心も情けもなにもありゃしない。徹底的にクールな
口げんかのテクニックがあるだけだ。信じるに足らず。

220 :無責任な名無しさん:2006/02/16(木) 01:52:23 ID:0oTZAwbn
ま、そういうのを見習うどころか、目にするのもいやだから、
逃散するってことだわな....


高潔すぎるのもまた良しか

221 :無責任な名無しさん:2006/02/16(木) 02:04:14 ID:75AO60Ff
>>219
ダメすかw

xxの副作用の可能性があります。xxxの後遺症が起きることもあります。治療をしたがために
死ぬ可能性がxx%あります。治ったとしてもxxの可能性がありますし、それでも5年後の生存率はxx%です。
副作用・後遺症の可能性はミスが無くてもある確率で起きます。0%ではなく、避けようがありません。
治療を行ったが為に起きえる事柄、これを避ける一番良い方法は「治療をしないこと」です。
さて、どうします?それでも治療してみますか?

ちょっと極端だけど最近はこんな感じ。不安になるだろうなぁとは思うけど仕方がないモンね。
10年前なら「頑張れば治るよ、一緒に頑張りましょうよ」だったんだけど。冷たいけど、
ほんのちょっとした合併症、副作用でねじ込んでくるごく一部の面倒なDQNがいる以上、
もうどうしようもない。渡す説明文書もネガティブな言葉ばかりちりばめたよ・・・。

222 :無責任な名無しさん:2006/02/16(木) 02:18:36 ID:0oTZAwbn
>>221
医師に治療しないという選択を薦めさせる政策に、まんまと填ってますねw

治療なんかやめときましょうよ!と積極的に薦める医師
確率的な事象でもミスと断定して徹底的な責任追及を行うが、自らはなんら
責任の一端すらも認めようとしない、機械以下の簡単頭脳の阿呆司法
憲法25条に定められた「最低限」をさらに押し下げようとしつつも支配権だけは
 厳守の構えのヤクザの巣窟厚労省。
人気取り以外にすることのない無能役所の内閣府

逃散しかない罠

223 :無責任な名無しさん:2006/02/16(木) 08:15:37 ID:tNik0W9s
>192
医師の説明を理解しようとしないで
拒否したり逃避するんだよ、患者は。
おたくだって、このスレで散々書かれている医師の書き込みに逆らっているじゃない(笑
医療現場もそんなもんなのよ。

224 :無責任な名無しさん:2006/02/16(木) 08:56:27 ID:3wH8F0Qt
>>207
表現が上手くなくて申し訳ないです。
そういった内容の尋問が、侮蔑的・攻撃的(ことさらに能力を貶めるような聞き方)
といったことを申し上げたかったのです。

http://www.asahi.com/health/news/TKY200602150226.html
>初診・再診料下げ小児科は手厚く 診療報酬改定案答申へ
>2006年02月15日12時38分

> 厚生労働省は15日午前、治療や薬の公定価格である診療報酬の06年度改定案を中央社会保険医療協議会(中医協、厚労相の諮問機関)に示した。
>同日午後、答申を受ける予定。治療や調剤など本体部分をマイナス1.36%にするため、初診料・再診料や、
>医療の必要度が低い長期入院(社会的入院)の報酬などで1.8%(医療費換算で約5990億円)分を圧縮。
>一方で医師不足が深刻な小児科や産科、救急医療などは手厚くして
>0.44%(同約1475億円)増と配分にめりはりをつけた。大半は4月から実施される。

> 薬価・医療材料部分を合わせて過去最大のマイナス3.16%とする方針を受け、川崎厚労相が先月、個別項目の点数配分の改定を諮問していた。

> 病院(20床以上)より診療所(19床以下)が高い初・再診料は、
>初診料については病院は上げ、診療所は下げて2700円に一本化。
>再診料は、双方下げて病院570円、診療所710円にして患者負担を軽減する。
>受診のたびにかかる初・再診料の引き下げは、医療費抑制効果が大きいと同省では見ている。

 一方、採算が厳しく医師が不足している小児科や産科、麻酔科、救急医療などの報酬は手厚くする。
乳幼児を深夜に診察した場合の加算や、小児科常勤医の配置を評価する「小児入院医療管理料」を大幅に増額する。

225 :無責任な名無しさん:2006/02/16(木) 09:08:51 ID:EQiSHEng
>>215
新たな天下り機関キタ Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒(。A。)!!!

必要だとは思うけれども。

226 :無責任な名無しさん:2006/02/16(木) 11:02:42 ID:gH6zdIrW
2 名前:名無しさん@社会人 メェル:sage 投稿日:2006/02/16(木) 10:30:06
23 名前:没個性化されたレス↓ 投稿日:2006/02/15(水) 20:15:33
301 名前:名無しの心子知らず メェル:sage 投稿日:2006/02/15(水) 11:24:29 ID:VGm3J0F+
702 名前:名無番長 投稿日:2006/02/14(火) 18:25:19
793 名前:底名無し沼さん 投稿日:2006/02/13(月) 23:53:49
342 名前:名無しQ(・∀・)ノ゜サァン!! 投稿日:2006/02/12(日) 22:48:26 ID:bgBiQdMK
539 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2006/02/11(土) 11:28:37 ID:yZ6MZKsV0
13 名前:名無しさん@6周年 メェル:sage 投稿日:2006/02/09(木) 23:16:07 ID:PM3YYW6V0

慈恵会青戸病院がナチスなら、筑波には帝国陸軍731部隊がある。

http://www003.upp.so-net.ne.jp/medical/
ここの「医療事故発生」ページ最後の方のリンクを開いてみれ。
この病院は何人の患者を殺せば気が済むのだ!

知り合いに茨城県民がいるなら回覧汁

227 :無責任な名無しさん:2006/02/16(木) 15:15:05 ID:nTabaBYY

やっぱり、医療関係は飯の種、ぼったくりのおいしい領域なのだろうな。

判事にとっても特に深く考えることなく適当に患者寄りの判決を出しておけば
面倒もなし、表だった非難も無し。

法曹界って正義感の欠如した連中の巣窟なんだね。何が正しいかなんて
興味なし。金が全てですか、そうですか。

228 :無責任な名無しさん:2006/02/16(木) 15:38:13 ID:RER32eus
医療過誤事件の原告勝訴率の低さを分かってて言っているのかな?

229 :無責任な名無しさん:2006/02/16(木) 15:40:56 ID:nIn10xf6
それだけ八つ当たり言いがかり訴訟が多いってことですよね?

230 :無責任な名無しさん:2006/02/16(木) 16:10:13 ID:nTabaBYY
>>228
下手な鉄砲数撃ちゃ当たる、と言い換えてもいいのかな?

当たれば儲けもの。おいしいなぁ。

231 :無責任な名無しさん:2006/02/16(木) 16:17:48 ID:/utwWt4M
原告勝訴率が低いからいいだろうなんて、裁判官が言ったら問題だな。
冤罪なんて絶対許されることではないと思うのだが?

232 :無責任な名無しさん:2006/02/16(木) 16:34:35 ID:nTabaBYY
>>231
でも、冤罪と言うか判断に疑義があるような判決は
>>91によると自然科学領域では問題になる位の頻度で
あり得るみたいですよ。

やっぱり撃てばいつかはあたるんだ。
「心証」が良くなるように「可哀想な患者のわたし」を
演技できればさらに命中率up!!!

意地汚い金の亡者に狙われちゃったら、医者は逃げるしかないな。

233 :無責任な名無しさん:2006/02/16(木) 16:41:53 ID:nIn10xf6
医療過誤訴訟件数は毎年鰻登りに増えていて、
原告勝訴率も徐々にではあるが確実に上がってきているらしいけど


てことは医療過誤訴訟の原告勝訴”数”はえらい勢いで増えてると考えていいのかな

234 :無責任な名無しさん:2006/02/16(木) 19:50:07 ID:V2eNHvXD
裁判官はすごく公平だと思うのですが…
負けた人間は自分の過失に全く気づいていないだけ
概ね悪い方が負ける、でも訴訟技術の問題で悪い方が勝ってしまう
時もある。

235 :無責任な名無しさん:2006/02/16(木) 20:23:22 ID:/utwWt4M
まぁ多くの裁判官は公平だろうね。
でも数%でも不公平な裁判官がいればそれで冤罪になる人間が出て、これは
決して許されることじゃないよね?
しかも医療裁判は明確な証拠がなかなか得られない性質の裁判だから、
裁判官だってどちらが正しいか分からないこともある。
そんな時、医療の世界でも基準が微妙な案件や医師に責任があると思えない案件
について有罪にされると、医療はどんどん悪化してしまうんだよ。
標準的な対応をした場合でも、医療の世界の労働力や医療費事情をすべて無視した
最高の医療をすべきであるという言葉によって有罪にされてしまう。
現場レベルでは本当に色んな制限がある中で診療、治療をしてるのにね。
本当に信賞必罰を頼みたいと思います。

236 :無責任な名無しさん:2006/02/16(木) 20:29:21 ID:jVqRA+Ly
>>234
このスレを1から読み返した方がいいかと。

237 :無責任な名無しさん:2006/02/16(木) 20:30:18 ID:OH6tFeuy
やっぱ、心証必罰。

238 :無責任な名無しさん:2006/02/16(木) 20:53:19 ID:RER32eus
何で法律板に医者がたむろしてるんだ?

239 :無責任な名無しさん:2006/02/16(木) 21:02:28 ID:V2eNHvXD
>>235
>標準的な対応をした場合でも、医療の世界の労働力や医療費事情をすべて無視した
>最高の医療をすべきであるという言葉によって有罪にされてしまう。
235さんは判決全文を何例か読んだことはありますか?
確かに「医師としての行為」としてみた場合敗訴した医師に
ほぼ全く過失はないと思います。
でもその前のいろいろな事情を見た場合でもなお
医師としてではなく「人間として」全く過失はなかった
と胸をはって言えますか?

あとこの事情を患者さんの家族の視点として考えた場合でも
医師として悪くなかったかどうかでなく
人間として悪くなかったと「納得」しますか?


240 :無責任な名無しさん:2006/02/16(木) 21:39:21 ID:75AO60Ff
>>239
それはやはり「心証」が大事な要素である、と言うことを言いたいのかな?

241 :無責任な名無しさん:2006/02/16(木) 21:53:05 ID:PoEpLUts
>>239
患者や家族の機嫌取りが下手な医師は、敗訴して当然という意味ですか?

242 :無責任な名無しさん:2006/02/16(木) 22:11:43 ID:3J6RCF9U
>>240-241
患者を放置したのは全く悪くないと思っているか聞きたかったのです。


243 :無責任な名無しさん:2006/02/16(木) 22:15:38 ID:75AO60Ff
>>242
放置ってどこのどの話?

244 :無責任な名無しさん:2006/02/16(木) 22:19:39 ID:3J6RCF9U
>>243
リンクからたどった判決文の話

245 :無責任な名無しさん:2006/02/16(木) 22:24:24 ID:aTg1MStA
239は
人間として「全く過失を犯さない」もののみが医業を行うべきという意味です。
弱い患者に不信感を抱かせたということは
それだけで刑事罰に相当する罪悪であるということです。
医学的にどうとかいう以前の問題であるということを理解して下さい。

今までの人生の中で自分は常に100%正しいことをしてきたという人間だけが
胸を張って医師だと名乗りなさい。
どんな状況でも全ての人に愛され信頼され
己の言葉を誤解なく完璧に患者に理解させること、
それが医師の最低必要条件だと言いたいのです。

246 :無責任な名無しさん:2006/02/16(木) 22:28:54 ID:jVqRA+Ly
>>244
だからどのリンク?まさか心筋炎?

247 :無責任な名無しさん:2006/02/16(木) 22:29:16 ID:tNik0W9s
>239
やはり根底には、
医師っていうのは威張り腐った高慢ちきちきな奴
って偏見があるんだろうな。
判決文のどこを読んでも該当する箇所は見当たらない。
色眼鏡で見ちゃいけないよ。

百歩譲ってもし医師の言動にカチンとくるものがあったとしても、
それは「侮辱」や「名誉毀損」であって
慰謝料なんてたかが数十万程度じゃない?

248 :無責任な名無しさん:2006/02/16(木) 22:32:52 ID:3J6RCF9U
>>245
ほんの少しの改善で敗訴が防げると言いたかったのですが
ノーミスなのに負けて多額の賠償金を取られるのって
良いんですか?

249 :無責任な名無しさん:2006/02/16(木) 22:44:01 ID:tNik0W9s
>245
ここは法律に関するスレです。
個人的医師像をひけらかす場所ではありません。

250 :無責任な名無しさん:2006/02/16(木) 22:46:19 ID:OWy3FzIA
>>249
間違い。
ここは、ローカルルールに違反したスレです。
まともな、板住人は参加していません。

251 :無責任な名無しさん:2006/02/16(木) 22:46:34 ID:aTg1MStA
>248
ほんの少しっていうけど
全ての患者に対して彼らが望むとおりの治療をするのははっきりいって
不可能。
特に産婦人科なんてまったく非がないように見える例でも
身近で訴訟がばんばん起きるからどんどん人が逃げていってますよ。

当直帯切れ間のない救急受診者で一睡も出来ず(当然翌日も通常勤務)
休日も連続で呼び出されるような病院にいたときは
すぐ苛々しがちな自分に自己嫌悪していたけど
外来もゆとりを持って6時業務終了のところで働いたら
それまで「診たくない」患者の筆頭だった
不定愁訴の話の長いおばちゃんとか
37度の熱で時間外に来る子供とかでも普通に(同情心すらもって)
対応できる自分に気づいた。

まあなんというか
司法やマスコミの医師叩きというのは
長い目でみればそういう人間的な医療を取り戻す役目を果たすのかもしれないけど
そのために現在の小児・救急・産科・地域医療をせっせと崩壊させているのは
正当化されるんでしょうか。

252 :無責任な名無しさん:2006/02/16(木) 23:00:49 ID:T4mChmS6 ?
患者側弁護士を叩く議論に一言。
 近年は患者側の勝訴率が若干向上しているとはいえ、医療過誤訴訟は患者側が勝つことは
難しい分野である。
 高度な「専門性の壁」・「密室性の壁」・「封建制の壁」に阻まれ、長い時間と労力・費用が
かかる割に報酬がそれほど多いわけでもない。

 「金儲けのためやっている」という認識は正しくない。 
 

253 :無責任な名無しさん:2006/02/16(木) 23:07:04 ID:T4mChmS6 ?
医療事故調査会
ttp://www.reference.co.jp/jikocho/

254 :無責任な名無しさん:2006/02/16(木) 23:22:36 ID:75AO60Ff
>>252
医療過誤なら患者側が勝たないといけないでしょう。それは当然。けれども、
>>202みたいなことがあるなら、まともな鑑定人は避けてしまい、また協力
しようとする良心ある医者も逃げるでしょうが。

問題は、過誤もミスでもない、通常の医療技術では避け得ない偶発症、合併症が
過誤、ミスとして患者側勝訴もしくは和解に持ち込まれるケースが散見されること。

取り敢えず裁判に持ち込んでおけば、憂さ晴らしができて、うまく行けば金が転がり込むかも、
と考えているんじゃないかと思われても仕方がない位の情けなさ。

255 :無責任な名無しさん:2006/02/16(木) 23:26:09 ID:yNz4GY1p
患者側弁護士に関して、
「弱者の立場から悪の壁に立ち向かう正義の自分」
に酔いながら実は安全なところから抵抗できない相手を叩くだけのマスコミと
全く同類に考えるのは多分間違いなんでしょうね。

ところで、
「期待権」って
結局どんな定義で、
どういう法律的裏づけをもとにしているのでしょうか。

256 :無責任な名無しさん:2006/02/16(木) 23:41:51 ID:RER32eus
結局 >>250が全てだな。

257 :無責任な名無しさん:2006/02/16(木) 23:57:35 ID:4N99CUrQ
>>256
いやいや、真実は>>227

荒稼ぎする前に騒ぐなおまいら。ってことでしょ。

258 :無責任な名無しさん:2006/02/16(木) 23:59:44 ID:0oTZAwbn
結局、法曹界の人間は誰一人まともに反論できないみたいだな

259 :無責任な名無しさん:2006/02/17(金) 00:22:45 ID:TxlcCdjW
割り箸を喉に刺して脳幹の静脈を貫いて小脳を破壊している症例に何を「期待」するの?

260 :無責任な名無しさん:2006/02/17(金) 00:27:21 ID:IblUWYmF
>>200
判例時報1913号に掲載されるところによれば、
東京地裁の医療集中部では、ほとんど全てがカンファレンス鑑定によっているそうです。

>>258
ID:nTabaBYY氏に代表されるような無知無責任な批判は、
それこそ、説得するに値しない内容かつ状況だからねえ。

>227 :無責任な名無しさん :2006/02/16(木) 15:15:05 ID:nTabaBYY
>判事にとっても特に深く考えることなく適当に患者寄りの判決を出しておけば
>面倒もなし、表だった非難も無し。
などと、全くデータを知らないことを明確にする妄言を吐き出した上、
それを>>228に、原告勝訴率の低さを指摘されると、
>230 :無責任な名無しさん :2006/02/16(木) 16:10:13 ID:nTabaBYY
>>228
>下手な鉄砲数撃ちゃ当たる、と言い換えてもいいのかな?
>当たれば儲けもの。おいしいなぁ。
などと、話の流れを摩り替えてごまかす。

261 :無責任な名無しさん:2006/02/17(金) 00:29:10 ID:UvTBIxhf
この件も、親が医者に懇願したのに取り合ってもらえなかった。

というわけで心証が加味されてるわけだろ?


こんなの後から幾らでも脚色できるわなぁ。親が言ったと言い張れば
事実になるらしいからな、最近は。
カルテに記載した医師の記録も信じて貰えない時代だし(検査拒否の件)。
実際の記録という証拠よりも親が言った言わないの主張が通ってしまうわけだ。
録音の証拠もないのに。

割り箸に関する詳しい情報も出さずに(ここら辺は割り箸スレに書いてある)、
当直の耳鼻科医は常識の範囲内の標準的な口腔内損傷に対する処置を
したのに負けてしまったわけだ。

本当に腐ってるな。




262 :無責任な名無しさん:2006/02/17(金) 00:30:32 ID:LIJKmDn6
>>260
お、詳しそうなお方が。ぜひ割り箸事件についての私見を語って頂けませんか?

263 :無責任な名無しさん:2006/02/17(金) 00:32:58 ID:LIJKmDn6
>>260
あと、nTabaBYYの約一名はほおっておくとして、
その他(の批判と言うか、まぁ書き込み)についてはどうですか?

264 :無責任な名無しさん:2006/02/17(金) 00:55:49 ID:/vgwzmNP
260さんは信賞必罰をしっかりしてくれということに対して、どう思いますか?
当然守られるべきことが守られていないのはホントにまずいと思いますが。
モルヒネを全く説明書どおりに使わないと敗訴なんてばかげてますよ。

医者は裁判所のために医療してるんじゃ無い。
家族のために医療してるんでも無い。

患 者 の た め に や っ て る ん だ !

患者の痛みを取り除くために説明の上で慣用的に許される量を投与してあとで
遺族が訴えるとかどうかしてるだろ。
末期医療では延命よりも患者のQOLなんですよ。
地獄の苦しみを取り除いてあげることが一番重要です。

265 :無責任な名無しさん:2006/02/17(金) 01:06:18 ID:/vgwzmNP
>>239
法律関係者はすぐ法律知ってる?とか判決読んだことある?
とかいって相手をねじ伏せようとするけど、医者の世界では
そんなんじゃ常に訴えられますよ。
医者は専門的なことをいかに患者に分かりやすく説明するかも
重要なんです。そこで、患者に専門用語とか並べたりこんなことしらん
だろうから知らなくていいよなんていってられたのは旧時代の
ことですね。分かりにくいことを平易に説明することができない
人間は、結局説得力に欠きます。
ご期待には添えませんが、色んな判決を見ておりますよ。
しかし、医師が一生懸命働くほどその医師は一人ひとりの患者に
とって、あの人は話を聞いてくれない医者だ、ちゃんと扱われてない
と思われてしまうのです。
だからみんな嫌気がさしてるんじゃないでしょうかね。
日本の医者の仕事量は欧米の医者の4倍ですから。
低医療費で回している付けを勤務医が払っているんですね。
反論ございますか?

266 :無責任な名無しさん:2006/02/17(金) 01:28:38 ID:EXRvTd+i ?
多分、ここの医療側の方々の言っていることには二つあると思う。
 @裁判官等法曹の、医学知識の不足や、事実認定の誤りによって不当な判決がなされている。
 A財政難・人員不足等の事情を考慮し、低水準の医療しか提供できていなくても過失ありと
  判断すべきでない

@は、法曹の側で努力するとしかいえないが、
Aについては、多忙な現状・苦しい台所事情は理解できるが、だからといって
患者の生命・身体の安全が関わる以上、容易に低水準医療を認めるわけにもいかない。


267 :無責任な名無しさん:2006/02/17(金) 01:39:27 ID:IblUWYmF
>>262
現在係争中の事件には
不用意に言及しないというのが
まともな法曹の立場ですよ。
実際の証拠も見ないで私見を述べるなんて、
軍手をして触診するようなものではないかと思います(下手な比ゆですが)?

>>263
1:訴訟を起こす権利は誰にでもあります。(憲法第32条)
 (訴訟による負担に耐えられるかの現実的な問題はさておき)

2:医療訴訟の原告勝訴率は約40%、
  通常訴訟の原告勝訴率は約85%(人証調べを行ったものだと約70%)
 だそうですが、この差が何故生じているのかについては、
 いろいろな人がそれぞれの立場から見解を述べていて、
 容易に正解を見出すことはできません。

3:裁判所も医療集中部を設立したり、カンファレンス鑑定を導入するなど、
 より適切な認定に向けた努力はしているようですね。

4:法律家は悪しき隣人という表現が時として正鵠を射ている部分があることは否定しません。

というあたりでご勘弁を。

268 :無責任な名無しさん:2006/02/17(金) 01:40:29 ID:LLSUgWeX
なるほど、ごもっとも。

医療訴訟では医師の労働環境が劣悪なことも考慮に入れて、その労働環境を容認している/
作り出している根源の責任もきっちり追及していただかなくてはならんな。医療側も法曹側も。

269 :無責任な名無しさん:2006/02/17(金) 01:41:44 ID:/vgwzmNP
>>266
そのまとめは概ねあってると思われますが、そもそも「低水準の医療」
が過失と思われるのはまぁしょうがないですが、平均水準の医療で過失
とされるのが我慢ならないわけです。
日本の医療は医療費に比して著しく高水準、世界でもトップの平均寿命を
誇っています。
その中での標準的な医療が、まぁ1人1人に対する対話などのケアはさすがに
人的に無理があるためその点低水準と言われても仕方ないですが、過失と同様の
評価をされてはたまらないと言うわけです。

270 :無責任な名無しさん:2006/02/17(金) 01:44:15 ID:6kmLAKO0
その「低水準」の線引きの問題ですね。
どうも求められている水準は大統領や天皇のための医療なんじゃないかと。
もちろん金さえあれば不可能じゃないですが実質的に無理なことは当然ではないでしょうか。

271 :無責任な名無しさん:2006/02/17(金) 01:44:17 ID:/vgwzmNP
あと、アメリカのどこかの調査によると医療訴訟の多くは医療ミスに関係ない
ところで行われているとのことです。
日本はアメリカに比べるとまだ全然訴訟は少ないですが、こういう状況では
医者もやってられないと思うのはしょうがないです。

272 :無責任な名無しさん:2006/02/17(金) 01:48:52 ID:/vgwzmNP
さらに言うと患者との対話の部分でも、現場の医師自身がなんとかしたいと思って
いるだけにそこをつかれると理不尽に感じるわけですね。
この過酷な状況で労働条件の悪い病院に勤めている医師はほとんどが信念のもとに
慈善的とも表現しうるような労働を行っていることをご理解いただきたい。

273 :無責任な名無しさん:2006/02/17(金) 01:51:02 ID:e/TQDYUD
付け加えると、
「判決を読め」という趣旨は、おそらく
報道などでは、しばしば事実の一側面のみを誇張したり、
あるいは、誤った方向に導くイメージを与えているため、
そういったものにとらわれた上での発言は、あまり意味がない、
ということなのでしょう。

さらに、判決において認定された「事実」がおかしいのか、
(証拠を見ることができない以上、それを指摘するのは難しい面があるでしょうけど)
それとも事実はともかく、そこで援用されている「経験則」あるいは「法的評価」がおかしいのか、など
判決のどこがおかしいのかを指摘しないと、批判として適当ではないと思います。
とにかく判決の結論がおかしい、というのは、悪い結果が発生すれば全て医者のせいだとする患者と大差ないかと思います。

274 :無責任な名無しさん:2006/02/17(金) 02:02:14 ID:mZdqMKmw
抽象論で言えば、交通事故において、
制限速度50km/hの道路を
80km/hで走行していた・・・低水準の規範意識
65km/hで走行していた・・・平均的な規範意識
50km/hで走行していた・・・高度な規範意識
と評価するとして、
道路の状況からすれば、速度制限を守る人は少ない、
場合によっては道路のスムースな流れを妨げる、としても、
やはり制限速度を超えた65km/hというのは、過失とせざるをえないわけですよね。
多くの人が守っていないルールだとしても、ルールを守っていなかったことによって
問題を生じさせた時には、その問題の責任を負うことになるかと思います。

もちろん、こういう比ゆが、単純に医療の現場に当てはまるものではないのは
重々承知ですが、とりあえずあげさせていただきました。

275 :無責任な名無しさん:2006/02/17(金) 02:24:10 ID:5DsGO1u8
>>271
> あと、アメリカのどこかの調査によると医療訴訟の多くは医療ミスに関係ない
> ところで行われているとのことです。

これに詳しい↓

http://www.igaku-shoin.co.jp/nwsppr/n2002dir/n2489dir/n2489_05.htm

276 :無責任な名無しさん:2006/02/17(金) 02:31:32 ID:5DsGO1u8
>>273
判決を読め、などという上意下達の文言はもちろん大間違い。
そのような言い方をする者は直ちに資格剥奪すべきである。
なぜなら、医学用語を殆ど交えずに懇切丁寧に説明した文書
に署名捺印されたものを提出してもなお、同意の証拠として
採用しないのはほかならぬ裁判所だからである。

通常法学というのはあくまで論理に基づいて結論を出そうとする。
医学と同様。そこでは一つの仮説(ないし判決でもいい)に対して、
反対の立場であったらどうか?とか逆の行為があったらどうか?
という検証をすることで結論に対する矛盾などを検証するということ
が頻繁に行われる。科学であれば当然のこと。

その法学に基づいた判決を、せめて行えと言いたいわけだ。

医療界<−>法曹界
医療事故<−>判決の間違い

と置き換えたとき、果たして判決が要求していることを判事や
弁護士が医師同様に果たしうるのか?

できないのだとすれば、医師は逃散するしかない。
医療制度が不備かどうかと法律面からの結論は別であるとするのなら、
まずは法曹界の解体からはじめよ。話はそれからだ

277 :無責任な名無しさん:2006/02/17(金) 02:34:44 ID:5DsGO1u8
>>276
と、崩壊しつつある医療界から言ってみたわけだ。

国敗れて裁判所ありw

278 :無責任な名無しさん:2006/02/17(金) 11:22:02 ID:/vgwzmNP
>>273
医療裁判で不当な判決と思われるものについてどこがおかしいかは今まで議論してきたはずです。
過去ログを読みましょうね。

>>274
その比喩はかなり当てはまらないですよ。
法律でこうあるべきと言及されている事柄であるという部分しか共通点がない例を引っ張ってきても
抽象的かつ共通点が少なすぎて説得力に欠くと思うのですが・・・?
例を出すのは分かりやすく論じるうえで有効ではありますが、最近の世の中では
適当な例を持ってきて議論をはぐらかすということをされる方が多いですが、もう少し
論理的にせめられてはいかがでしょうか?

279 :無責任な名無しさん:2006/02/17(金) 11:27:36 ID:/vgwzmNP
>>274
そもそも前提が65キロは超えたことになっていますが、私は実際相当程度の過失があれば
有罪でかまわないといっております。
しかし実際に医療の基準でも微妙な例などで医療の基準を裁判で決められてしまうなど、過失
と思えないようなことが有罪にされるなど、まぁ今まで挙げてきたような問題ですね。
そもそも、高速道路でのスピードなど本人の心がけでひかえることができるのに対し、
医師の仕事は基準の中で精一杯努力をした結果です。
まずそこから大きく違いますね。

280 :無責任な名無しさん:2006/02/17(金) 11:35:25 ID:clSbgeFq
ID:/vgwzmNP氏の指摘は尤もですね。
今後ともよろしくお願いします。

では、この件については医師はどうあるべきでしょうか。
法的な視点から今後の方針を御指導いただけると幸いです。

最高裁で、エホバの証人患者の
自己決定権の輸血拒否を認めず、輸血をした医者が有罪になっている。
News http://www.jwic.com/n022900.htm
「同意なき輸血」の賠償確定=エホバの
証人訴訟−最高裁判決(時事通信)

患者の自己決定権の検査拒否を認め、
検査をしない医者が有罪。
では、「同意なき検査」をすればよかったのか??
検査拒否患者肝癌死 医師の責任
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1134230141/

281 :無責任な名無しさん:2006/02/17(金) 11:44:31 ID:clSbgeFq
あと、この判例の考察もお願いします。
この例では帝王切開→未熟児(低体重出生児)に対する一般的な処置を行っていたようですが

 帝切障害訴訟:徳島県に1億円の賠償命令確定 最高裁
徳島県立中央病院で帝王切開して出産した子供が脳障害を持ったのは、
医師の不適切な 医療行為が原因として、大阪府の両親らが県に約1億
5500万円の損害賠償を求めた訴訟で、 最高裁第2小法廷(今井功裁判長)は3日付で、県側の上告を棄却する決定を出した。請求
を棄却した1審判決を変更し、県に約1億1300万円の支払いを命じた
2審判決が確定した。
2審・大阪高裁判決(05年9月)によると、母親は92年6月に同病院に
入院、約3週間後に帝 王切開を受けたが、男児は出生直後の呼吸不全が原因
で脳性まひになった。1審は病院側 の過失を認めなかったが、2審は「肺機
能が未成熟な段階(31週)の出産で、病院側には厳 重に子どもの呼吸管理
を行う注意義務があった」などと医師の過失を認めた。【木戸哲】
毎日新聞 http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/gyousei/news/20060207k0000m040037000c.html

282 :正義の使者:2006/02/17(金) 14:54:19 ID:IF0Vk/AK
いいスレだ!

283 :無責任な名無しさん:2006/02/17(金) 15:28:25 ID:TxlcCdjW
包丁を持った狂人に襲われたと思って人生を諦めるしかないんだろうね。
そのまま刺されるか、
格闘して刺し返してムショに入るか。
どっちに転んでも地獄。
法律の先生方は解決法なんて考えてないよ。

284 :無責任な名無しさん:2006/02/17(金) 17:39:56 ID:MBOEDIm+
医療保険が低レベルな医療を医師に強いているとしたら、
なぜ患者側は厚生労働省を訴えないんでしょうかね?
勝訴は難しいかも知れんが、ある面では医師と患者が
共闘できると思うのに。

285 :無責任な名無しさん:2006/02/17(金) 17:48:36 ID:SZGaSsbf
では今後はその方向に誘導お願いします >弁護士

286 :あほ@外国人参政権反対:2006/02/17(金) 18:17:30 ID:Dh75k+Pi
>>284
茶々入れちゃ悪いとは思うんだが思わず突っ込んでしまう。
「法律家は患者にならないのかよ!」

287 :無責任な名無しさん:2006/02/17(金) 22:21:39 ID:TxlcCdjW
>284
要求すれば検査もしてくれるし点滴もしてくれる。
介護に難渋なジジババも入院させてくれる。
患者サイドになんの不満もないでしょ。
あるのは医者は悪者という偏見のみ。

288 :無責任な名無しさん:2006/02/17(金) 23:14:05 ID:pWUw3UdN
>284
だって低レベルの医療の改善を訴えれば、
結局自分たちがより多くの金を払うことになるのだから。
それはないと思う。
マスコミ的にもあくまで
医療費には無駄があるはずあるに違いないからさらに削れ
というキャンペーン継続中なわけですし。
具体的にどこが無駄なのかを指摘はしないけど。
(医者の給料が高すぎるという仄めかし以外には)

289 :無責任な名無しさん:2006/02/17(金) 23:14:52 ID:/vgwzmNP
正確に言うと医療保険自体が悪いんではないです。
むしろ日本は皆保険制度でほぼすべての人が、貧乏な人も含め高度な医療を受ける
ことができ、世界でダントツの保険です。
これにより世界1位の長寿が実現されているといっても過言ではないです。
では何がいけないか?
それは、皆保険制度なために国民1人当たりが1年に医療機関にかかる回数がべらぼうに多いんです。
海外の4倍らしいですよ。
でも日本の1人あたりの医師数は欧米と同じです。
つまり4倍忙しいんですよ。
ではどうなるかというと、医師の過剰労働と、3時間待ち5分間診療です。
しかし、こういう場合、マスコミの今までの報道によって、患者は国じゃなくて
医師に対して不満を抱くわけです。
自分が不利益を受けているのに、本当に悪いのは国の制度であることがわかってないし、
普段は医療機関に頻繁にかからない人は別にいいやと思ってしまう。

他方、医療を維持してきた医師も過剰労働につかれきっています。
最近は訴訟や厚生労働省による研修制度改悪で医師が燃え尽きて逃げ出して
るから問題が表面化して僻地に医師が足りないとか言うことになっているわけです。
本当は、都会でも医師数は足りないんですけどね。
実際、産婦人科などは都会でも崩壊寸前ですね。

つまり、日本の医療は質が高いが、少ない医療費でその質を維持するには無理があるということです。
そして、マスコミが医師を悪者に仕立て上げたせいで、国民は問題の本質を知らないのです。
なぜマスコミが医師をこんなに叩くかといえば、その理由の一つに、医療機関は広告を出しては
いけないという法律があります。つまり、医療機関はマスコミのスポンサーになりえないので、
マスコミにしてみれば叩き放題なんですよ。

290 :無責任な名無しさん:2006/02/17(金) 23:48:01 ID:2FudE9RB
>>278
比ゆの点のご指摘はそのとおりですね。

>過失と思えないようなことが有罪にされる
通常の事案では、医師の鑑定によって過失と評価できる余地が生じるわけですから、
仮に、その医師が間違っているというのであれば、より良い鑑定を出してもらうしかないですね。
(民事訴訟であれば、証拠の提出は当事者のすべきことですし)

>医師の仕事は基準の中で精一杯努力をした結果です。
システム的不備が、悪い結果を生じさせるという点への憤りは理解できるところですが、
そのような制度的問題を、過失に関する判断の基底事実として
どこまで取り込めるかは、なかなか容易でない問題をはらんでいるように思います。

参照までに(不確定な要素が多すぎる点は、ご了承いただけると幸いです)。
全国の届出「医師数」は270371人(平成16年12月31日現在)。
医療過誤訴訟の提訴数は1104件(平成16年)で、約40%の勝訴率ですから、過誤は年間で約440件となり、
結局、過誤発生は一人当たり0.16%(年)となります。

他方、全国の弁護士数21421人(平成17年)で、
弁護士会による弁護士が懲戒処分を受けたのは49件(平成16年)で、
結局、懲戒発生は一人当たり0.22%(年)となります。

291 :無責任な名無しさん:2006/02/17(金) 23:54:40 ID:2FudE9RB
>>280

まず、>>267ということをご理解いただいたうえで、一言述べるなら、
同意の存否等について、事案を抽象化するのではなく、
具体的にその違いを理解されると良いかと思います。

(前者は合意に反した点、後者は十分な説明をしたかどうかの点が、
 それぞれ問題となっているように思われますし。)

>>281
抽象的な考察を求められても、医学的能力がありませんからお答えできません。

292 :無責任な名無しさん:2006/02/17(金) 23:59:44 ID:2FudE9RB
よく見たら、私が尋ねられているわけではないので、
>>291はお目汚しということで、スルーしてください。

293 :無責任な名無しさん:2006/02/18(土) 00:11:46 ID:rK6TgJb7
>>290
とりあえず軽く突っ込みを入れておきますが、医師の民事訴訟と弁護士の懲戒を
並べるというあたり法曹の関係者ではなさそうですが。。。
この2つはかなり質が違うと思うのですが。
あと、医師は医師免許に対する処分もありますが医療訴訟は賠償金がべらぼうでございますよ。
その点も弁護士とは全く違いますよね。
悪質な例については刑事責任も問われますが、これはしょうがないですね。

294 :無責任な名無しさん:2006/02/18(土) 00:14:26 ID:aJw4OaMk
>290
原告側の鑑定人がトンデモな人で、かつ裁判官がそちらの意見を採用したら、
どうしようもないです。
割り箸事件でも、脳底部の静脈を貫通した症例をオレなら助けられると豪語したそうですし、
心膜炎事件でも心電図をとれば容易に診断出来るとのたまったらしい。
前者の場合百歩譲って鑑定医師なら助けられたとしてもそれが脳神経外科医の標準的技術なのか、
後者なら心不全症状が出ていない段階で鑑定医師でも心電図をとろうとしたか、甚だ疑問であります。

295 :無責任な名無しさん:2006/02/18(土) 00:57:10 ID:rK6TgJb7
ホント鑑定人酷い人を連れてきてそれを採用するって最悪ですね・・・

296 :無責任な名無しさん:2006/02/18(土) 02:38:56 ID:7b9h1W6L
>>295
違うよ、普通の世間ずれしてない医者を連れてきて、
こてんぱんにこき下ろすんだよ。顔色皆無、ガクブルにしといて、
最後に、あなたにはこんな症例、見ることもできないんですね?
ということはあなた医者じゃないんですね!?かなんか尋問すんだよ。

ああいうのはな、ドラマなんかでいくらシミュレーションしてっても
本番じゃ通用しないのさ。

それでそういう証言になり、その最後の一言だけが証拠として採用
される。
だからだよ、採用する判事がど阿呆の無能の大ばか者で、人間心理
も心情もわからない人間未満のロボットで、機械作業しかできない
奴で存在自体が大罪だと、こういうわけだ。

これからはローテに法廷闘争とマスゴミインタビュー対策必須だよ

その前に、医学部はやめとけって話だなw

297 :無責任な名無しさん:2006/02/18(土) 09:21:47 ID:wWga5VOb
「角を矯めて牛を殺す」と言う諺が、これほど当てはまることは
ないのでございます。

298 :無責任な名無しさん:2006/02/18(土) 10:41:49 ID:Y7+nlSbv
>>293
医師が他の業界に比べて、いかに理不尽で不当な状況にあるかの立証は、
医師側にあるのですから、制度的問題であることを積極的に示していただけませんか?

例えば、ある方が、
>この過酷な状況で労働条件の悪い病院に勤めている医師はほとんどが信念のもとに
>慈善的とも表現しうるような労働を行っていることをご理解いただきたい。
と述べてますが、
交通事故を起こしたトラック運転手が、
「トラック業界の過酷な労働条件の下で生活するには、睡眠不足のまま運転するのもやむをえなかった」
と主張しても認められることはありません。
このような主張と異なる正当性を、資料なりでしめしていただけると幸いです。

299 :あほ@外国人参政権反対:2006/02/18(土) 10:49:08 ID:EnGEHDw2
医師法第19条 診療に従事する医師は、診察治療の求があつた場合には、
正当な事由がなければ、これを拒んではならない。

所謂医師の応招義務について(三○医第九〇八号)
1 医師法第十九条にいう「正当な事由」のある場合とは、医師の不在
又は病気等により事実上診療が不可能な場合に限られるのであって、
患者の再三の求めにもかかわらず、単に軽度の疲労の程度をもって
これを拒絶することは、第十九条の義務違反を構成する。
2 医師が第十九条の義務違反を行った場合には罰則の適用はないが、
医師法第七条にいう「医師としての品位を損するような行為のあった
とき」にあたるから、義務違反を反覆するが如き場合において同条の
規定により医師免許の取消又は停止を命ずる場合もありうる。

>>298あと、
> 交通事故を起こしたトラック運転手が、
> 「トラック業界の過酷な労働条件の下で生活するには、睡眠不足のまま運転するのもやむをえなかった」
> と主張しても認められることはありません
「認められない」ことと「それが正当な判決である」ことは何の関係もありません。

300 :無責任な名無しさん:2006/02/18(土) 10:53:25 ID:EwZI2u5X
ひどい鑑定人の書く鑑定書より、
劣った内容に見える鑑定書しか書けない大多数代表の「普通」の鑑定人か。

301 :無責任な名無しさん:2006/02/18(土) 11:15:33 ID:bR1sEiAp
>>298
医学とか法律とか関係なく、全然判ってない。
敢えて判らないふりをしているならへたくそ。

302 :無責任な名無しさん:2006/02/18(土) 11:16:51 ID:xjS8NBMo
ま、逃散ということで。

303 :無責任な名無しさん:2006/02/18(土) 12:26:01 ID:rK6TgJb7
>>298
散々示してきましたよ。過去ログ読みましょう・・・と何度言ったら(ry
まぁそういう人のためにも、簡単にまとめますね。

まず1つ目です。
>>289あたりにも書いていますが、日本は皆保険制度です。他国はお金のある人しか
高質な医療を受けられない。でも誰が病気になっても医療費を払ってくれる皆保険
制度のためにはその分お金がかかるというのは分かっていただけると思います。でも
日本の医療費のGDPに対する割合は他の先進国の半分です。1人あたりの医師数
は他国と同じですが、皆保険制度で国民が4倍病院にかかる(モラル・ハザードの効果もあり)
ので、医師は4倍忙しくなって、医師と患者が不利益をこうむるわけですね。


304 :無責任な名無しさん:2006/02/18(土) 12:28:20 ID:rK6TgJb7
こんな状況ですが、厚労省は次々と現場破壊のための方策を繰り出してきます。
その1つが、スーパーローテと呼ばれる研修制度です。
スーパーローテでは、研修医は特定の科を回るのは義務です。産婦人科と小児科
を1ヶ月ずつ回らなければなりません。一見マルチな能力を持つ医師を育てる
ことができるすばらしい制度なんですけど、大きな問題があるんです。それは、
研修医の教育に対する労力です。産婦人科や小児科はもともと医師の5%も進まない
科です。診療科は他にもたくさんありますから。でもこの制度だと、すべての研修医が
小児科と産婦人科に回らなければいけません。そうするとどうなるか?中堅の医師が、
1ヶ月しかいない若手を教育しなければなりません。それも、今までは自分の科に入局
した医師を数年間かけて教育すればよかったのですが、今度はほとんどが他の科に行く
医師なのに、今までの30倍程度の数の研修医を教育する羽目になります。1人がいる
時間は1ヶ月ですが、さすがに30倍となると教える方の手間はすごいです。
しかも1ヶ月間教えてやっと乳児の採血ぐらいは一人でやってもらおうと思ったころには
他の科に移ってしまう。教える手間ばっかりで全く労働力にならないんですよ。
加えて、2年の研修を終えて、産婦人科や小児科に入局してきた医師を、ここから2年間
かけて教育しなければならないんです。だって、研修では1ヶ月触れただけですから、
ほとんど何もできません。旧制度における研修医と同じ位置ですね。
これは他のどの科にもいえることで、研修中は教育するばかりで労働力にはならず、
研修を終えて入局してきてから2年間研修すると。この制度では、途方にくれるほどの
人数の自分の科には入ってこないであろう医師を教育することで、莫大な負担になるのです。
そして、今はこの制度が開始されてからちょうど2年目になりますが、この2年間は
以前のいわゆる研修医という存在が消えていたんです。よく考えてみてください。
そして、この研修制度の初年度の医師が各科に入局することでやっと来年から
以前の制度で言うところの研修医が供給されます。この2年間は研修医なしでかつ
他科に進む医師を大量に教育するという、本当に地獄の状態だったんですよ。


305 :無責任な名無しさん:2006/02/18(土) 12:28:59 ID:rK6TgJb7
こんな状況で、厚労省の攻撃の中で医療の質が低下していくのを国民が何も言わないのは、
マスコミの医者たたきの責任は大きいです。これも前に書きましたね

306 :無責任な名無しさん:2006/02/18(土) 12:31:00 ID:rK6TgJb7
この研修制度のせいで医師が疲れ果てて特に小児科、産婦人科ではもう
過剰労働できないという医師が多いですね。

307 :無責任な名無しさん:2006/02/18(土) 12:37:11 ID:rK6TgJb7
まだまだ制度上の問題はいくらでもあります。
あとは他の人にお任せしますね。

308 :無責任な名無しさん:2006/02/18(土) 15:01:01 ID:wWga5VOb
辞めるというのは、非常に重い決断だと思います。
司法制度に不満を抱く裁判官もいると思いますが、
実際辞める人はあまりいないでしょうね。

309 :無責任な名無しさん:2006/02/18(土) 15:15:40 ID:w1K7I7mi
そういう各国(どこの国を念頭に置いているのか分かりませんが)では、
医療事故率が低いのに、
日本では無視できないほどに医療事故率が高いというデータはあるんですか?

310 :無責任な名無しさん:2006/02/18(土) 15:22:26 ID:3n+Jo4d8
医師の登録数って右肩上がりのままじゃん。
廃業廃業といっていても、現実の数字がついてこないんじゃ、
説得力なしだわな。

311 :無責任な名無しさん:2006/02/18(土) 15:40:56 ID:DUgDghmb
医師国家試験合格すると、医籍登録して医師免許が
もらえますが、この登録数の事を言っているんですけど?

他業界に去ったり定年・結婚退職したり実働してなくても
免許保持していれば登録数にカウントされるわけで。
しばらく前のニュースですが手塚治虫が死んだ後も家族
が免許返上してなかったから、もしかしたら死後も引きつ
づきカウントされていた可能性ありますね。

医籍登録数ってそういう制度の下でのカウントですけど?

312 :無責任な名無しさん:2006/02/18(土) 16:34:25 ID:rK6TgJb7
>>309
日本ではそんな状況下でも必死に労働してミスも少なくしてきたんであって、
ミスは非常に少ないですよ。
でもそれは現場の努力によるものです。
ミスが少ないから過剰労働でもいいとか、ミス少ないんなら医者を働かせておけば
いいとか言う意見にうんざりして医師はもう辞め始めてるんですね。
医師は気づいちゃったんです。
努力すればするほど搾取されるんだって。
ただ、その代わりに医師は逃げています。
産婦人科と小児科のような科から逃げているわけですね。
産婦人科と小児科の入局者予定者数は、今年だけでも去年の3分の1です。

313 :無責任な名無しさん:2006/02/18(土) 16:37:11 ID:rK6TgJb7
ちなみに、そういう各国、という表現から、ある特定の国を取ってきて語ってるんだろう、
全体的に見ればそうではないだろうと思っていらっしゃる感じはしますが、実際に
アメリカなど、先進国ほぼすべてについてと比較しております。

314 :無責任な名無しさん:2006/02/18(土) 16:42:55 ID:rK6TgJb7
1例なので参考程度ですが、これを見てみると面白いです。

http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1140232723/

315 :無責任な名無しさん:2006/02/18(土) 16:44:06 ID:rK6TgJb7
>出産は母子ともに健康で当たり前と思わせるぐらい
日本の周産期医療は素晴らしいものだった

しかし、不可抗力の不幸を背負ってしまった人の
個人的な恨みによって、日本の素晴らしいシステムは崩壊しつつある


とか、今の日本の状況をよく表してますね。

316 :無責任な名無しさん:2006/02/18(土) 17:30:28 ID:EYPpp+KX
私は、法曹関係者とその家族が受診されると
突然、猛烈な下痢に襲われるようになりました。
そのため、処置を誤る恐れがあり、法曹関係者とその家族の方は
丁重に他院へご紹介するように心がけています。

日本国中の医師が、私のように突然、下痢になれば
日本の医療は良くなると思います。

317 :無責任な名無しさん:2006/02/18(土) 17:41:52 ID:MQ30CFaL
>314

かなり純度の高い燃料だなw

医療ミス?医療過誤だろ?
言葉の意味さえ知らんDQNマスゴミ、そして患者が死ねば全て
有罪のDQN裁判官

もう産科は終わったなww

産科のDrは日本からいなくなればいいんだ。
漏れの奥さんが出産する時は個人的に頼むから別にうちは困らんw


318 :無責任な名無しさん:2006/02/18(土) 17:46:53 ID:bR1sEiAp
>>314
弁護士さん、出番ですよ。

民事事件の着手金と報奨金の算定表 (東京弁護士会弁護士報酬会規参照)

経済的利益          着手金         報酬額

300万円以下          8%          16%
300万円〜3000万円  5%+9万円     10%+18万円
3000万円〜3億円    3%+69万円    6%+138万円
3億円以上         2%+369万円   4%+738万円


注)2004年4月に報酬等基準規定は廃止され、弁護士は依頼者との間で
 自由に報酬の基準を設定することができるようになりました。




319 :317:2006/02/18(土) 17:49:13 ID:MQ30CFaL
おっと、漏れのほうがDQNだったな

医療過誤の定義を間違えて覚えていたのか
いつのまに変わってしまったのか…



320 :無責任な名無しさん:2006/02/18(土) 17:50:41 ID:YIkNeYkO
民事と刑事の区別がつかない医者ばっかり書き込みしているのがイタイ。
民事の事案で「有罪」とか言っているしw

321 :無責任な名無しさん:2006/02/18(土) 17:52:02 ID:uzPWTeSP
早い話、裁判官は理系を敵に回すなよってことだな。クソ理系ウザくってしょうがない。

322 :317:2006/02/18(土) 17:53:36 ID:MQ30CFaL
>320

お互い様だろ、医学の事何も知らんで判決出してるのが喪前らの仲間だよ。

323 :無責任な名無しさん:2006/02/18(土) 18:15:25 ID:bR1sEiAp
>>322
だな。合併症、偶発症、副作用、ミソも糞も全部おんなじ。
こんなのも区別できない法律家、イタイ。

324 :無責任な名無しさん:2006/02/18(土) 18:25:37 ID:YIkNeYkO
>>322>>323
民事事件の話なら,医者側の立証が不十分だったってだけの話。
手抜きは負ける。当たり前。

325 :無責任な名無しさん:2006/02/18(土) 18:30:43 ID:bR1sEiAp
>>324
要は弁護に金をつぎ込めってことか?

326 :無責任な名無しさん:2006/02/18(土) 18:34:13 ID:EYPpp+KX
弁護士や裁判官のお世話にならずに生きていく人間は多いが
医者の世話にならないで生きていく人間はいない。

327 :無責任な名無しさん:2006/02/18(土) 19:23:40 ID:2wXqR0eJ
>>324
医者側は悪魔の証明を求められるからな。
重箱の隅をつつかれたら、結果が悪けりゃ何をどう言いつくろっても不十分と言える。
痴漢冤罪訴訟と同様、圧倒的に被告側が不利。

328 :無責任な名無しさん:2006/02/18(土) 19:29:28 ID:1qv0aO+q
もりあがってますね〜。

329 :無責任な名無しさん:2006/02/18(土) 19:57:13 ID:3fO39r/J
>>327
医療訴訟の原告勝訴率は約40%、
通常訴訟の原告勝訴率は約85%
(うち人証調べを行ったものは約70%)

医者には悪魔がたくさんいるんですね

330 :無責任な名無しさん:2006/02/18(土) 20:11:40 ID:tuNShwMF
>>311
具体的な数字にしてくださいよ。
そういう理由があるから、
1:実働の医者の数は、表面的な数字より増えていない
2:実働の医者の数は、ほぼ増えていない
3:実働の医者の数は、激減している
のいずれにあたるんですか??????

>>299
じゃあ、仮に厳しい労働条件により運転手が居眠りをしてしまったトラックが、
あなたの診療所に突っ込んできても
あなたはその運転手に損害賠償を請求しないんですね。
なんといっても不当な権利行使ですもんね。

331 :無責任な名無しさん:2006/02/18(土) 20:16:02 ID:rK6TgJb7
>>320
それは同じことだと思いますよ。
民事では有罪という言葉は使わなくても要は負けたら「有罪」ですよね。

むしろ法律関係者なのに行政処分と民事訴訟の区別がつかない人がいたことは驚きですね。
ってまぁ関係者じゃないのかもしれません。

332 :無責任な名無しさん:2006/02/18(土) 20:33:22 ID:dA9Hbcw9
>民事では有罪という言葉は使わなくても要は負けたら「有罪」ですよね。
何が言いたいのか分からないですね。
民事で負けたら医師免許剥奪になるから医者にとっては事実上の「有罪」だ、
といった趣旨でしょうか。

333 :あほ@外国人参政権反対:2006/02/18(土) 20:42:26 ID:e2zCapDi
>>330
> あなたはその運転手に損害賠償を請求しないんですね
子供の口喧嘩かよ(笑

火病ってる馬鹿は放置するが
彼の言葉は正に真実の一端を含んでいる。
> じゃあ、仮に厳しい労働条件により運転手が居眠りをしてしまったトラックが
実際の事故ではこういう事実が判明するのには時間がかかり、
最初は「居眠り運転のトラック突っ込む」ぐらいの一般的認識しかない。
「本当に運転手の不注意なのか?」
「本当に単なるミスで突っ込んだのか?」
という疑念を持った誰かが調べなくてはならない。

ところが>>330
「最初から運転手が過労で居眠りをしてしまった結果であることがわかっている」という
前提を元に問答をしている。
このように「原因がはっきりしていないのに自分勝手な原因を決め付けて議論を進める」
という法律家特有の議論癖は
俺達一般人には理解できないし、まして医学的事実を元に議論する癖がある医者には
理解できないだろうと思う。

334 :無責任な名無しさん:2006/02/18(土) 20:47:20 ID:1qv0aO+q
医師の皆さんが勝てるように一言

医師は「おれはミスってない、標準的な治療をした」
と主張していますが、それは実は裁判の争点としては二次的な争点で
争点は
1、ミスをしていないか
2、説明義務や患者の要望に応えたかどうか
3、2を出来なかったときそれに至る事情はどうだったか
の3つぐらいの争点があると思うのですが
負けた医師は1のみ争って2と3は相手(患者)の言い分をほとんど
争っていないと思うのです。
裁判というものは主張しないものは取り上げないという原則があります。
すると相手の主張が通ってしまうんですよ。


335 :無責任な名無しさん:2006/02/18(土) 20:48:39 ID:2wXqR0eJ
>>329
医療訴訟の判決1つの裏に10の和解(金で解決)があるわけだが

336 :無責任な名無しさん:2006/02/18(土) 20:51:38 ID:aJw4OaMk
>329
痴話喧嘩や暴力、金や利権の争い事の裁判と
人助けの好意に対する逆恨みの裁判とを比較されても
困るんですが・・・

337 :無責任な名無しさん:2006/02/18(土) 20:54:53 ID:aftw9ULL
>>333
証拠はおろか判決文さえ読んでいないような人たちが、
不当判決不当判決と叫ぶこのスレですが、
そういった人たち向けの言葉がちりばめられてますね。

338 :無責任な名無しさん:2006/02/18(土) 21:01:16 ID:rK6TgJb7
なんかこのスレ見て、いりょう崩壊はあきらめるしかないんだと分かったよ。

339 :無責任な名無しさん:2006/02/18(土) 21:01:47 ID:bR1sEiAp
>>334
要は、その当時、2,3が相手にとって不十分で、
結果が思わしくなく相手が不満を持ってしまったら、
もうどうにもならない、と言うことですね。

尽きない要望に限られた時間で応えるのはできれば良いけど
実際は難しい。つまり、2,3を争点にされたらなんともし難いと。

340 :あほ@外国人参政権反対:2006/02/18(土) 21:10:37 ID:e2zCapDi
簡単に言えば
「こんな全然違う世界に巻き込まれるのが嫌なら医者を辞めろ」と。
見事な嫌なら辞めろ委員会でした。

341 :無責任な名無しさん:2006/02/18(土) 21:18:53 ID:1qv0aO+q
>>339
いえ、医師もそれについての立証を行うべきかと…
例えば肝癌説明の訴訟についてですが
争点は「検査をしなかったのは患者が拒否したから」
のはずなのに医師は「俺はミスをしていない」
と的外れな立証をしていますよね。
医師側とすれば「看護婦」や「医師と仲の良い患者」の
陳述書を活用して反論すれば良かったと思うのですが
全くしなかったようです。
裁判官の判決を深読みしないと分からないと思うのですが
判決文からは患者が悪いのは分かっているが
主張しないので患者の勝訴とします。との趣旨が読み取れます。


342 :無責任な名無しさん:2006/02/18(土) 21:25:09 ID:2wXqR0eJ
あれ?

>病院側は「検査を勧めたが断られた」と主張したが、笠井裁判長は
>「患者から断られた場合、検査の重要性を十分説明すべきだ。
> 1度断られたことが検査を怠ったことを正当化するものではない」と退けた。

主張してるみたいだけど。

343 :無責任な名無しさん:2006/02/18(土) 21:32:41 ID:tEVhjzpB
やっぱダメじゃん>裁判官

344 :あほ@外国人参政権反対:2006/02/18(土) 21:34:58 ID:e2zCapDi
>>342
つまり「患者はツンデレなので一度目はウソ」って判決を下すのがサイバンチョの役割なのか(笑

345 :無責任な名無しさん:2006/02/18(土) 22:11:02 ID:1qv0aO+q
「この患者の性格や今までの言動から考えて
要請を素直に受け入れる状態でなかった」
と立証すれば良かったのではないかと…
まあ結果論ですが

346 :無責任な名無しさん:2006/02/18(土) 23:03:19 ID:2wXqR0eJ
なるほど。

>医師側とすれば「看護婦」や「医師と仲の良い患者」の
>陳述書を活用して反論すれば良かったと思うのですが
>全くしなかったようです。
>判決文からは患者が悪いのは分かっているが
>主張しないので患者の勝訴とします。との趣旨が読み取れます。

これが

>「この患者の性格や今までの言動から考えて
>要請を素直に受け入れる状態でなかった」
>と立証すれば良かったのではないかと…

こうなるのが法曹界なのですね。

347 :無責任な名無しさん:2006/02/19(日) 00:08:26 ID:ypcEZ7UT
342 名前:卵の名無しさん[] 投稿日:2006/02/18(土) 20:53:38 ID:3rw+9h890
胎盤癒着の執刀経験なし 逮捕の医師、県が会見
 記者会見する福島県病院局の秋山時夫局長(右)=18日午後、福島県庁
 帝王切開手術で女性を死なせたとして業務上過失致死などの疑いで逮捕された福島県立大野病院(福島県大熊町)医師加藤克彦容疑者(38)は、
胎盤癒着の執刀経験がなかったことが18日、分かった。
 これまでの富岡署の調べで、癒着の可能性がありながら、手術には執刀した加藤容疑者以外に産婦人科医が立ち会っていなかったことが分かっており、
富岡署は病院関係者から経緯などについて事情を聴いている。
 福島県病院局によると、加藤容疑者は2004年度には大野病院で約200例の出産を手掛けるなど中堅の産婦人科医。帝王切開はうち約40例あったが、
胎盤の一部が筋肉に癒着してはがれにくいケースの執刀経験はなかったという。
(共同通信) - 2月18日18時57分更新

343 名前:卵の名無しさん[sage] 投稿日:2006/02/18(土) 23:10:35 ID:Ox9Wzwbi0
この事から得られる教訓は、
1) 最低 2名の産婦人科医と麻酔科医が揃わない環境では帝切は拒否。
   したがって、帝切を要する可能性がある、全ての分娩は拒否。
   つまり分娩は拒否。
2) やっぱり産科やってる奴はクビちょんぱ並の馬鹿。

344 名前:卵の名無しさん[sage] 投稿日:2006/02/18(土) 23:25:59 ID:dlDg7Moh0
当局よりF島県についての危険情報がでました
http://www.geocities.jp/fiveyers/anzen/

345 名前:卵の名無しさん[sage] 投稿日:2006/02/18(土) 23:26:17 ID:xZ80KUSB0
若年女性に子宮全摘しろだの、
ババアの乳房とって取り過ぎで苦痛を与えただの
司法って都合の良いように正解をつくれるから楽だなぁ。
医者は世界標準に乗っ取ってやっても間違いとみなされるのにな。
ある意味「権威者の意見」を正しいととってるわけで
EBMにおいてはもっとも信頼性の低いデータなのにな。

医師国家試験の答えは全て
「さいばんかんにせいかいをきく」の選択肢にマーク、これでOKってことだよ、受験生諸君

348 :無責任な名無しさん:2006/02/19(日) 00:18:50 ID:ah6rtY2+
つ「司法は終始一貫ご都合主義」

なんだ、マスゴミと一緒か

349 :名無し検定1級さん:2006/02/19(日) 00:31:57 ID:B16UWkS+
毎日の
外科系医師の仕事は
検査や手術などの医療行為において
さじ加減、とっさの判断、ぎりぎりの選択などの連続。

個々の手技は、毎日消化しなければならない
流れていく膨大な仕事の中のひとつに過ぎない。
司法は何ヶ月もかけて、その中の一つの
事故を犯罪として
組み立てる。

さらに
司法やマスコミは、
確率論でしか担保しえない、
不確定性の高い、生身の人間の疾病の診断や治療を

完全に因果関係を説明しうる、テレビや車の修理などの契約と 
同じ視点、論点で強引に論じ、便宜的に安易に因果関係をひきだし 
契約違反だと、医療関係者を たたきに叩いている。

そもそも 応召の義務などという前近代的、人権無視の法律で 
医師が拘束されるのをいいことに、
安易に医療側の契約不履行を
有責として処理する
傾向がはなはだしい。

明らかに異常な事態です。

日本の医療が崩壊するぞ。

350 :無責任な名無しさん:2006/02/19(日) 00:38:56 ID:eR2bko1A
こんな所で粘着している医師どもは、崩壊してよいかもな。

351 :無責任な名無しさん:2006/02/19(日) 01:02:24 ID:ypcEZ7UT
敗北宣言?

352 :無責任な名無しさん:2006/02/19(日) 06:20:48 ID:sB7ATQM8
>>348
> つ「司法は終始一貫ご都合主義」
>
> なんだ、マスゴミと一緒か

所詮文系ですから。俺らはJBMにいそしみましょ。

353 :名無し検定1級さん:2006/02/19(日) 10:11:19 ID:B16UWkS+
癒着胎盤について説明しとこう

1.手術前に「癒着胎盤である」 と確実に診断する方法はない
2.手術が始まっても、「癒着胎盤である」 と確実に診断するには
  胎盤を剥がしてみて、剥がれないってことを確認するしかない
3.つまり、手術して、胎盤剥がしてみたら剥がれにくくて、そのうち大量出血が始まった、
  ってところに至って初めて 「癒着胎盤」 の診断が付く
4.そこからは、あわてて輸血を用意しながら、できれば手術室の外の家族に説明して、
  子宮摘出を認めさせて(これをしないと訴訟になる、たとえ事前に説明していても)、
  で、めちゃめちゃ焦って子宮を取る
  それでも5〜10L出血するのが癒着胎盤。
  輸血が間に合わなければ、母体は死んでしまう。

やってみなければ癒着胎盤かどうか分からないけど、もしそうだったら命が危ない
しかもそんなことはめったに起きない、珍しいこと。


354 :無責任な名無しさん:2006/02/19(日) 10:17:19 ID:PT4urNZy
これからカイザーの前には癒着胎盤の可能性を説明書に書いて、
緊急時には至急摘出するのに同意します、と同意を得てからしないとダメだな。


355 :あほ@外国人参政権反対:2006/02/19(日) 10:22:54 ID:AoBIfwMC
>>354
・一回の同意では本当に同意したとは思えない
・被害者に著しく不利な同意書など認めない
・そもそも成功するなら同意書など必要ない
こんな感じで無意味にされちゃうのでは。

356 :無責任な名無しさん:2006/02/19(日) 12:45:28 ID:y6oxi6SN
>335 :無責任な名無しさん :2006/02/18(土) 20:48:39 ID:2wXqR0eJ
>>329
>医療訴訟の判決1つの裏に10の和解(金で解決)があるわけだが
専門バカもここに極まれり、ですね。
通常訴訟では和解がないと思っているんですね。

357 :無責任な名無しさん:2006/02/19(日) 14:20:32 ID:Ws7TgrTd
>356
訴訟にまで至らないトラブルが多いっていってるんじゃないの?
(病院側もミスを認めるケースでは訴訟にならない、
 ミスはなかったが結果が悪かったケースで訴訟になる率が高く 
 よって原告勝訴率が低くなる)

あと通常訴訟がどんな手続きで行われるかなんて
自分が関係者にならなきゃフツーまず知らないと思うけど。
そんな誇らかに言わなくても… 

358 :無責任な名無しさん:2006/02/19(日) 17:11:26 ID:huh6pa7p
我々弁護士は医学・医療の発展・衰退など興味はない。

大事なのは
・法律に従って、自分の良心に従って勤めるだけである。

医学的に正しいかどうかは問題ではない。
あたりまえだろ。

359 :無責任な名無しさん:2006/02/19(日) 17:15:26 ID:7u/wa4RE
>>318

>我々弁護士は医学・医療の発展・衰退など興味はない。
>
>大事なのは
>・法律に従って、自分の良心に従って勤めるだけである。

その通り。
あと、お金ね。これ大事。

民事事件の着手金と報奨金の算定表 (東京弁護士会弁護士報酬会規参照)

経済的利益          着手金         報酬額
300万円以下          8%          16%
300万円〜3000万円  5%+9万円     10%+18万円
3000万円〜3億円    3%+69万円    6%+138万円
3億円以上         2%+369万円   4%+738万円

手間の割に少ないぞ。もっと増やせよ。




360 :無責任な名無しさん:2006/02/19(日) 22:35:22 ID:CCSqW02f
>医学的に正しいかどうかは問題ではない。
>あたりまえだろ。

所詮文系、科学などわからないということですね。さもありなん。

361 :無責任な名無しさん:2006/02/19(日) 22:40:12 ID:RQtfQyep
てことは法律が間違ってるんだな

しょうがないな

362 :無責任な名無しさん:2006/02/19(日) 23:15:44 ID:5MCWCThH
>医学的に正しいかどうかは問題ではない

こう言われたらどうしようもないですね。
裁判官が正義。
朕は国家なり。

363 :無責任な名無しさん:2006/02/19(日) 23:40:00 ID:s/iow4gF
>>362
だから、そこで諦めちゃうから駄目なわけで
患者が355みたいな反論をしたら
医師も色々反論して双方の言い分を出し合って
その結果を裁判官が判定するのです。



364 :あほ@外国人参政権反対:2006/02/19(日) 23:46:00 ID:hmvUM5Le
つーかもう「法律家は医学的事実を判断する能力がない」って結論が出てるんだから
判決出すだの訴えるだのあきらめて事故調査委員会制度創設に尽力したら?>法律家

365 :無責任な名無しさん:2006/02/20(月) 06:28:18 ID:nQAVtFdB
>>358
> 医学的に正しいかどうかは問題ではない。
> あたりまえだろ。

つまり「俺が悪いのではない。俺の言うとおりにならない現実が悪いのだ」と。
まるで朝日ですな。文系ってみんなこうですか?

366 :無責任な名無しさん:2006/02/20(月) 06:55:57 ID:NvWoRd/n
医学的に正しいかどうかは、とても重要だよな。
だれがどう考えても。

367 :無責任な名無しさん:2006/02/20(月) 12:24:59 ID:PgKFOlaq
だから、司法の連中と100年議論しても無駄。
実力行使あるのみ。
司法関係者とその家族の診療は拒否する。
救急に受診しても、見殺しにする。たらいまわしにする。
このが日本の医療を救う唯一の行動。

368 :無責任な名無しさん:2006/02/20(月) 12:33:01 ID:FdYari1K
性質悪いから訴えられて負けるだけだぞ

369 :無責任な名無しさん:2006/02/20(月) 13:14:01 ID:GyW1KNbM
裁判所が理系の発想に合わせるっていう努力が足りないんだな。
だからモメる。
理系は永遠に法律家の発想に合わせることはない。

370 :あほ@外国人参政権反対:2006/02/20(月) 13:31:18 ID:0C/8kuKD
もうグダグダだな。
「性質が悪い」と負けるのか(笑
真実とか学問とかどーでもいいと白状してるようなもんだ。

371 :無責任な名無しさん:2006/02/20(月) 16:01:57 ID:+ggK3KpD
>370
(;´Д`)ハァ?

法曹関係者は「性質が悪い」から訴えられえる、そして負けるぞ、という意味なんだが

もっと良く嫁

372 :無責任な名無しさん:2006/02/20(月) 18:41:48 ID:zyxBdMff
>>366
患者が考えても?

373 :無責任な名無しさん:2006/02/20(月) 19:03:39 ID:3pqNJsRd
前々から気になっていたのだが、
弁護士というのは患者側から裁判の依頼があれば、その内容が
・患者サイドの病院への恨み
・金目的
・患者サイドの医療への無知からくる思い込み
・過剰な被害意識・権利意識による誤った主張
とわかったとしても、
@金になるとわかれば引きうけるのか。
それとも、
A「それはあなたの誤解によるものです。金や裁判で解決するものではありません。」
といって、患者側をさとすのか。
B逆に「それは裁判をやるべきです。たっぷり請求しましょう。」とたきつけるのか、
どういうスタンスなのか。

頼む、教えてくれ。

374 :無責任な名無しさん:2006/02/20(月) 19:51:49 ID:wgRhvW7X
>>366
>医学的に正しいかどうかは、とても重要だよな。
>だれがどう考えても。

そのとおり。
ただし,裁判官は医学の専門家ではないから,医師側病院側の立証が不十分だと「医学的に正しくない」判決が出ることはありうる。
そしてそのような判決が出ても,全然不思議ではない。
仮に真実は医師が正しいとしても,主張と証拠が不十分なら負ける。これ民事裁判の基本中の基本。
裁判は正しい方が勝つんじゃない。きちんと主張立証をした方が勝つ。
このあたりをよく分かっていないお医者さんがここには多すぎるように思われる。


375 :無責任な名無しさん:2006/02/20(月) 19:57:05 ID:wgRhvW7X
>>373
これは,「立証の点からすると勝訴困難であると弁護士が判断した場合」という前提の話?
それとも医療過誤について「証拠上立証可能と弁護士が判断した場合」の話?
どちらかによって答は変わる。(俺の場合は)

376 :無責任な名無しさん:2006/02/20(月) 20:09:02 ID:3pqNJsRd
>375
「立証の点からすると勝訴困難であると弁護士が判断した場合」と
「証拠上立証可能と弁護士が判断した場合」
についてわかりやすく説明してくれ。


377 :無責任な名無しさん:2006/02/20(月) 20:09:50 ID:wgRhvW7X
>>373
まあ373氏の書き方からすると,証拠がないにもかかわらず,っていう前提なんだろうな。
証拠がないと判断した場合には,患者の目的が>>373に列挙してあるどれであっても,「証拠がないから勝てません。どうしてもやるなら他の弁護士に依頼してください」と言って断る。

378 :無責任な名無しさん:2006/02/20(月) 20:13:52 ID:wgRhvW7X
>>376
つまりカルテやらレントゲンやらの医療記録から医療過誤が立証できるかどうか,という判断のこと。もちろん弁護士は医学の素人だから,弁護士がカルテを見て直ちに判断する,ということは普通はない。
協力してくれる医師を捜し出してその医師の意見を聞いて,っていうことになるのが普通だと思う。


379 :無責任な名無しさん:2006/02/20(月) 20:23:59 ID:wgRhvW7X
ちなみに医療過誤訴訟は

証拠保全(医療記録の証拠確保) → 証拠の検討 → 立証の見通しあり → 訴訟など次のステップへ
→ 立証の見通し無し → 中止
っていう順番になることが圧倒的に多い。
上に書いたのは,証拠保全をして証拠の検討をした後の時点での話。

最初の証拠保全の段階では,>>376の「患者サイドの病院への恨み」etc.の理由で断ることは弁護士はしないんじゃないかな。
最初に患者サイドの話を聞いただけでその言い分が「患者サイドの病院への恨み」などによるもので正当な主張に値しないと弁護士が判断するのは無理だと思うから。


380 :無責任な名無しさん:2006/02/20(月) 20:26:25 ID:wgRhvW7X
ちょっと書き込みが変になった。
「証拠の検討」の結果次第で,
「証拠の検討 → 立証の見通しあり → 訴訟など次のステップへ」  と,
「証拠の検討 → 立証の見通し無し → 中止」 とに分かれる。


381 :無責任な名無しさん:2006/02/20(月) 20:40:29 ID:3pqNJsRd
>378
協力してくれる医師ってどうやって捜すんだ?
心筋炎訴訟もそうだが、DQNな判決がでるときは異端の医師がずれた鑑定書を
書いているようだが、
「患者側にたって鑑定書をかいてくれる医師のリスト」みたいのがあるのか?
又、
弁護士はその医師が医学の世界ではイタンとされていると知っていて、依頼しているのか?
協力医師の臨床のれべるとかは気にしないのか?


382 :無責任な名無しさん:2006/02/20(月) 20:59:14 ID:wgRhvW7X
知人友人あらゆるツテ。
「患者側にたって鑑定書を書いてくれる医師のリスト」というのが「医学的に間違っていることでもそれをあえて曲げて患者側にたって鑑定書を書いてくれる医師のリスト」という意味なら,知らない。
「医学的に医療過誤があったと判断される場合にその判断に沿って患者側にたって鑑定書を書いてくれる医師のリスト」なら,あるところにはある。
イタンとされている,というのは,「医療過誤訴訟に協力する」こと自体がイタンということなら,当然知っている。その医師の医学的判断がイタンかどうか,ということなら,そのような場合に直面したことがないから,自分では分からないな。
医師の「臨床レベル」は気にはなる。もっとも,医師の「臨床レベル」の高低を弁護士が判断することは容易ではないから,医師の「臨床レベル」が低いと弁護士が分かっている,という場合は多くないのではないかな。


383 :無責任な名無しさん:2006/02/20(月) 23:19:53 ID:xYYVfi1v
タイトルとスレの内容が全く違う気がしますがちょっと質問です。
医療訴訟の着手金35万とある患者のHPに有ったのですが
着手金35万ぐらいだと証拠の検討までやってくれるのでしょうか?
それとも証拠の検討から別料金ですか?
すれ違いだったらごめんなさい。

384 :無責任な名無しさん:2006/02/20(月) 23:38:10 ID:cGXK8zBY
つまり法曹側としては、治療の是非(医師・患者側両方の意味で)はともかく
ケンカのルールもまた重要ということだな。DQN判決はルールのはきちがえもあると。

385 :無責任な名無しさん:2006/02/21(火) 07:37:39 ID:2B1A1UUS
同僚が証人として出廷した時には、
臨床経験数や使用している参考書、認定医・専門医習得の有無などを聞かれたらしい。
医師としての信頼度を下げようという作戦。
で、原告側証人に「教授」や「院長」の肩書きを持ってきて、
裁判官の心証をよくする、と。

386 :無責任な名無しさん:2006/02/21(火) 12:47:41 ID:D2YetTAq
>>374
>医学的に間違っていても、立証できた方が勝つ・・・・
一見、正しい意見のように見えるが、アホ判事によるアホ判決が
判例として医療現場をしばって、医学的に無意味・無駄・かえって有害な
ことを日本中に強制している愚かな現状を無視してるな。
このことが、日本国民の健康に及ぼす悪影響についての責任は
アホ司法はとらないわけだ。クズ・ゴミ以外の言葉が見当たらない。

387 :無責任な名無しさん:2006/02/21(火) 16:16:00 ID:fO+hI8pc
>>386 「現状を無視」も何もない。民事訴訟がそのような制度設計になっているのだから。
文句があるならそのような民事訴訟の制度を設計した立法府に言ってくれ。

388 :あほ@外国人参政権反対:2006/02/21(火) 16:17:58 ID:ytl2YCkd
単に法律家に判断能力がないだけの話なのに仕組みに責任を転嫁してる(笑

389 :無責任な名無しさん:2006/02/21(火) 17:07:50 ID:fO+hI8pc
>>388 
民訴の基本も理解できない君がかわいそう。ご愁傷様。


390 :>>387:2006/02/21(火) 18:27:27 ID:2aX7G09l
そのような制度設計による運用により、著しく公益に反する結果が生じうる
可能性が高いと見込まれる場合でも、それは止むなしとお考えですか?

391 :無責任な名無しさん:2006/02/21(火) 19:06:45 ID:fO+hI8pc
止む無しとは思いません。
個別の事件の当事者の一方が不十分な立証活動をおこなったためにその事例に対する(不合理な)判断が一般化されて適用されることが(医療過誤訴訟に限らず)大いに問題があることは間違いありません。
ただ,専門家訴訟以外では,裁判所も,自らの判断の影響を推し量ることは比較的容易だけれども,医療過誤のような専門家訴訟においては,その高度な専門性故に,裁判所も,事案に対する判断が医療実務に与える影響を推し量ることは難しい面はあるとは思います。
近時,医療過誤訴訟に専門委員制度が導入されたのも,裁判所が高度に専門的な事件の判断をすることの困難さを裁判所自身が認識しているからだと思います(専門委員制度の導入により原告勝訴率は下がるかもしれません)。

392 :無責任な名無しさん:2006/02/21(火) 19:36:48 ID:qn9QsidI
ちょっと気になったので質問いいですか?

>近時,医療過誤訴訟に専門委員制度が導入されたのも,裁判所が
>高度に専門的な事件の判断をすることの困難さを裁判所自身が認識しているからだと思います
専門委員制度ってのはさ、
裁判所が専門委員制度という制度を作るって決めて、裁判所の手で作られたんですか?

393 :390:2006/02/21(火) 19:36:53 ID:2aX7G09l
>>391
ご回答ありがとうございます。
2004年に専門委員制度が設けられたのですね。勉強になります、
というか私が不勉強なだけですが。

>専門委員制度の導入により原告勝訴率は下がるかもしれません

医療過誤訴訟に力を入れている弁護士さんは、この制度をかなり
嫌っているようですね。

394 :無責任な名無しさん:2006/02/21(火) 20:16:06 ID:dldX2V5w
あほが馬鹿っぷりを遺憾なく発揮しているな

395 :無責任な名無しさん:2006/02/21(火) 20:58:11 ID:fO+hI8pc
>>392 最高裁が最初に言い出したかどうかはともかく,最高裁の意思でもあったことは確かです。
http://www.kantei.go.jp/jp/sihouseido/komonkaigi/dai2/2siryou2.html

396 :無責任な名無しさん:2006/02/21(火) 21:17:09 ID:W/KsKTZh
>>394
おう、医療訴訟乞食のとこの工作員か
おまえのとこも近々オマンマの食い上げだな W


397 :>>394:2006/02/21(火) 21:37:54 ID:W/KsKTZh
間違えた
乞食は人様の善意につけこむが、おまえらは人様の不幸に
つけこんでるな。 乞食以下だった。 スマソ

398 :無責任な名無しさん:2006/02/21(火) 21:39:32 ID:qn9QsidI
>>395
情報ありがとうございました。

399 :無責任な名無しさん:2006/02/21(火) 22:09:09 ID:Pm9k8Hwa
患者の権利を守ろうとする動きはないのですか?

400 :あほ@外国人参政権反対:2006/02/21(火) 22:55:19 ID:6k6YxnQM
>>399
患者の「生きる」権利を守るなら
裁判官や弁護士より医者を守るほうが…。

401 :無責任な名無しさん:2006/02/22(水) 00:11:27 ID:wJ/9PLwY
司法だけでなく、産科絶滅を期して警察も産科包囲網に参戦します。

http://society3.2ch.net/test/read.cgi/police/1124105334/l50

402 :無責任な名無しさん:2006/02/22(水) 00:34:11 ID:09clq4gf
昔は医師が少ないから、
医師の機嫌を損ねたら診察してもらえないデメリットが大きかったから、
泣き寝入りするしかなかった。
過去に逆戻りしつつあるということか。

403 :無責任な名無しさん:2006/02/22(水) 01:00:37 ID:G5OKx5Ng
ひどい話ですね。


逮捕された産婦人科医師を救え
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1140303938/


404 :無責任な名無しさん:2006/02/22(水) 02:21:52 ID:W3lhLDLT
結局なんだ、勝訴したとしても原告の訴訟の真意なんぞ一片も汲まないまま
判決してることが多々あり、逆も真であって、判決を左右するのは「正しい手続きを
行ったかどうか」だけの場合が多いということか。

なら法廷の一番奥には簡単に誰でも判例ぐぐれるPCでも並べておけ馬鹿

判事ってのは猿以下だな。いや、猿にはまだ感情というものがあるので、
以下は猿に失礼だ。未満というべきだな。

405 :無責任な名無しさん:2006/02/22(水) 07:48:02 ID:0ZrWrunz
医者は神聖にして侵すべからず
か。

406 :無責任な名無しさん:2006/02/22(水) 08:01:03 ID:TC7QeH4e
>>405
つーか、社会正義の追求は重要だ、だけど公益を守ろう、公序良俗を
維持しようってスタンスで物事を考えないといけないよねって話。

407 :無責任な名無しさん:2006/02/22(水) 13:05:14 ID:NGaVS2fs
>>405 ギルドってそういうもんじゃなかろうか。

408 :無責任な名無しさん:2006/02/22(水) 13:22:03 ID:kH/y0QsR
どうせ地球は温暖化で100年もすれば住めなくなる。
その前に、日本人の人口を極力減らしておくというのは、
案外人道的なのかなあと思う。


409 :無責任な名無しさん:2006/02/22(水) 19:46:12 ID:tPIxeAjc
猿未満の判事を
説得できる6割の医者と弁護士
説得できない>>404を含む4割の医者と弁護士
この違いは何なんだろうなあ。

410 :無責任な名無しさん:2006/02/22(水) 20:44:11 ID:0Gikgyri
胎盤癒着のお医者さんは大丈夫なんですかね?
他スレの書き込みを見たら敵(上司)に弁護士を紹介されたらしいけど。
なんか負けそうな悪寒

411 :無責任な名無しさん:2006/02/23(木) 02:31:05 ID:W1AJecXe
人権啓発講演会
 「たとえ疑惑は晴れようとも」 河野義行氏
  港北区公会堂(横浜市) 2・24(金)14:00(開場 13:30)
  
医療従事者必見:精神科医を見込み逮捕した事件。
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/doctor/1140229494/

  疑惑のDV冤罪:通報の謎。
http://ivory.ap.teacup.com/giwaku2006/
 DV法冤罪事件:判決の誤り (公判調書などの分析資料)
http://green.ap.teacup.com/judge2006/
  冤罪事件:判決の検証 (判決・再審:判決後)
http://black.ap.teacup.com/judge2005/  
DV法冤罪事件:判決の誤り (公判調書などの分析資料)
http://green.ap.teacup.com/judge2006/




412 :無責任な名無しさん:2006/02/24(金) 20:09:24 ID:GTRWI4MF
http://fukanju.exblog.jp/3236331/



413 :無責任な名無しさん:2006/02/24(金) 23:43:09 ID:g2AXBa8r
裁判官の 日本の医療の実態を無視した、
過度の医療側への要求と 日本の医療破壊との間には
密接な因果関係があるとするのが相当である。


414 :アジアシステム開発とヒラノ産業の裁判結果 ◆8eembXeqR6 :2006/02/25(土) 15:27:43 ID:4rElpMf6
裁判官が病んでいるのだから、
赤塚信雄裁判官の治療を先にするのが相当である。

415 :無責任な名無しさん:2006/02/25(土) 23:36:47 ID:MGgsI098
産科医絶滅史 〜産科医逮捕の衝撃〜 第5巻
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1140315330/

416 :無責任な名無しさん:2006/02/25(土) 23:37:25 ID:jPJKniZH
大学生の娘が子供を産む時まで産科医は存在するのだろうか?
心配だ。一応今は都会に住んでいるが、結婚して僻地へ絶対いか
ないようにしなければ。都会ならあと10年ぐらいは大丈夫?

417 :無責任な名無しさん:2006/02/26(日) 00:18:03 ID:kGiN5EjX
>>416
その後、この産科医はどうなったの?

418 :無責任な名無しさん:2006/02/26(日) 01:47:47 ID:LLaiFpDF
異常死体の届出については、平成16年4月の東京広尾病院の消毒薬御注事件での最高裁判例によって、
医師の場合には、黙秘権が認められないと結論が出ているのです。
 私自身、医師をしながら、司法試験を勉強しようと決意した時期で、その判例の恐ろしさを知り、
第一線から、完全に足を洗いました。
 その判例の影響がいよいよ来たようですね。
 最高裁は、判例変更を滅多にしないので、国会による立法的解決が必要ですが、小泉政権では無理でしょう。
 とになく、今は、@救急を診ない、A危険な手技はしない、B重症は持たない、C公立病院には勤めない
 ということを徹底して、日本全国で、医療難民を出して、国会が法整備をするのを待つしかありません。
 上記@ーCが、絶好の防空壕です。




419 :無責任な名無しさん:2006/02/26(日) 12:22:04 ID:SAj1jLjH
                      ∴∴∴∴ 
                    ∴∴∴∴∴∴
       | ̄P━━━━━━∴∴∴∴∴∴∴∴
        /  \
      | ̄ ̄ ̄|
      | エア   |
      | ダスター|
      |   . |
      |   . |
      |___|


420 :無責任な名無しさん:2006/02/26(日) 22:31:40 ID:LpkW9sRr
>>418
2年前の春、医師は基本的人権が最高裁によって否定されてるってことですね....

421 :無責任な名無しさん:2006/02/26(日) 22:45:13 ID:LLaiFpDF
ひどい話だ。
日本に人権はあるのか?


422 :無責任な名無しさん:2006/02/27(月) 00:26:03 ID:HGgy580C
人事院が公務員の給与を決定するときに用いる企業は従業員100人以上の企業のみ、これを従業員10人以上に直すと次のような結果が。

        公務員   民間   格差
青森県   734万  450万  284万
長崎県   726万  463万  263万
長崎市   726万  463万  263万
大分県   743万  483万  260万
秋田県   723万  466万  257万
山県県   736万  486万  250万
岩手県   715万  472万  243万
別府市   716万  484万  232万
沖縄県   703万  471万  232万
東大阪市  886万  657万  229万
日田市   713万  484万  229万
大分市   701万  484万  217万
島根県   706万  491万  215万
熊本県   715万  501万  214万
宮崎県   698万  484万  214万
鹿児島県  727万  513万  214万
尼崎市   829万  616万  213万
佐賀県   700万  493万  207万
むつ市   658万  451万  207万
西宮市   822万  616万  206万
大村市   668万  464万  204万
武田市   687万  484万  203万
福島県   729万  527万  202万
富山県   725万  527万  198万
新潟県   706万  510万  196万


423 :無責任な名無しさん:2006/02/27(月) 22:13:03 ID:gb9nVCNA
>>418
その程度、保険に入っておけば済む話だろうに。
それもできないほど待遇が悪いのか?

424 :無責任な名無しさん:2006/02/28(火) 12:56:26 ID:yUQeJdC5
司法関係者とその家族は手遅れになるように
できるだけ時間をかけて、たくさん検査をしまくったあげくに
(より完璧な医療が受けられるように)
National centerへ
たらいまわしを推奨します。

425 :無責任な名無しさん:2006/02/28(火) 19:16:07 ID:RxVJk++K
裁判所は、24時間365日
医療行為に対する医療機関からの問い合わせを
受け付ける窓口を設置します。
当然、患者の命に関わる事ですから、
即座に医療機関に指示する義務があります。
対応した裁判官が即決出来ない場合には、
複数の裁判官を召集、討議を行い、正しい医療行為を決定します。
その間に患者に問題が起こった場合には裁判官に刑事責任がつきます。


どうでしょう。これで医療事故は激減でしょう?

426 :無責任な名無しさん:2006/02/28(火) 19:39:14 ID:bD1QrRMA
>>425
君はすでに呪縛霊になっているようですね。

427 :無責任な名無しさん:2006/02/28(火) 20:08:25 ID:Llo5ZVc/
>>425が無能なことだけは分かったw

428 :無責任な名無しさん:2006/03/01(水) 00:18:18 ID:j8FuvJTv
馬鹿裁判官殿に一度、馬鹿裁判官殿自身の破壊的影響力がどのような
ものか、教えてさしあげねばなるまい。
それはもう一国を崩壊させるほどのものでござる。

429 :無責任な名無しさん:2006/03/01(水) 01:47:15 ID:ZanLvpbK
>>428
一国のことなんか、弁護士はもちろんだが最高裁の判事ですら、
一顧だにしてないつーの。

簡単な話なんだよ。奴らの嫁が妊娠したとき、少しでも異常があれば、
引き受け手はいない。子供が病気のときに、搬送先は無い。
それだけのことさ。

430 :無責任な名無しさん:2006/03/02(木) 00:00:49 ID:V/kAnthS
殺してから気づいてください。
自分が殺したのだと。
裁判官。

431 :無責任な名無しさん:2006/03/02(木) 20:36:40 ID:J93NU1jR
裁判所が平等と思っていると痛い目にあいますよ。絶対に信用しないことです。

432 :無責任な名無しさん:2006/03/02(木) 20:39:09 ID:J93NU1jR
【知っておくべき極めて重要な点】

・ 現在の裁判官のDV事実認定基準は不正を極めている。

   いい加減などというレベルのものではなく、誰にでもわかる「女のあからさまな嘘」、
   誰にでもわかる「女の矛盾した主張」を「裁判官が故意で事実に捏造」している。

・ よって、現在の裁判官の「男性差別の不正なDV事実認定基準」では、
 母親の主張するDVを事実として根拠にすることは一切できない。

→裁判官の不正なDV認定は、
・【民事事件を刑事事件に巧妙にすり替える「司法の罠・欠陥」】と指摘されており、また、
・【裁判官による裁判への信用失墜行為】、及び、
・【裁判官による司法制度破壊行為】として、大きな社会問題となっている。


【裁判官の犯罪・その手口】

1.裁判官は「女の明らかな嘘DV」を「事実」に捏造し、男性を「DV冤罪」に陥れる(民事)。
→まずここで、「女=被害者、男性=加害者」の図式をデッチアゲる。

2.捏造裁判官の捏造した「嘘DV」の「捏造事実」を根拠にして、次の偽装裁判官が夫に
  「子供と自宅への接近禁止命令」を出す(本来は民事だが、刑事事件に捏造するための布石)。

→偽装裁判官によって濡れ衣を着せられた無実の男性は、
・「子供を愛すること(人間の根源的心情)」と
・「裁判官による不当な財産権侵害(裁判官の犯罪)」
などの理由により、子供に会う。また、生活維持のため、自分の固有財産保全のため、
証拠保全のためなどにより、当然、自宅へ帰る必要があり、帰る。
すると、「夫は刑事犯」として裁判官にデッチアゲられる。

これが、「不正裁判官の罠」であり、「不正裁判官による悪質な人権侵害行為」である。

433 :無責任な名無しさん:2006/03/03(金) 12:15:38 ID:eig7QTZ0
      ∧_∧      ∧_∧                       ∧_∧  ∧_∧
     _( ´∀`)    (゚∀゚  )                     (  ´∀) (゚∀゚  )
  三(⌒),    ノ⊃    ( >>1 )   糞スレは            .≡≡三 三ニ⌒)    )   立てるなって
     ̄/ /)  )      | |  |                      /  /)  )  ̄.| |  |           
    . 〈_)\_)      (__(___)   1                 〈__)__)  (__(___)    2

         ∧_∧  ,__ ∧_∧                           ヽ l //
        (    ´)ノ ):;:;)∀'''')                ∧_∧(⌒) ―― * ―――
        /    ̄,ノ'' バ  )   言っただろうが.      (    ) /|l  // | ヽ   ヴォケー!!
       C   /~ / /   /                  (/     ノl|ll / / |  ヽ
       /   / 〉 (__(__./      3             (O  ノ 彡''   /  .|        4
       \__)\)                        /  ./ 〉
                                    \__)_)

434 :無責任な名無しさん:2006/03/03(金) 14:35:20 ID:wbIlv61r
産婦人科がガラガラと音をたてて崩壊しています。

警察・司法の連携プレイお見事。まさに狙いどおりですね。


http://mytown.asahi.com/fukushima/news.php?k_id=07000000603030004

435 :無責任な名無しさん:2006/03/03(金) 22:57:20 ID:q0duvDjS
「医者の不養生」
医者というのは、他人を非難することにはきわめて饒舌なのに、
何故か自分が非難されると、意味不明な妄言を吐き散らす。
このスレを見ると良く分かりますね。

436 :無責任な名無しさん:2006/03/04(土) 00:20:13 ID:Vod+MAqN
訴訟のあらしで
医者不足加速です.

産科医絶滅史 〜出産半年待ち〜 第6巻
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1141359440/

【当然だな】小児科入局者激減
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1138161156/





437 :無責任な名無しさん:2006/03/04(土) 13:10:08 ID:ZGIcIruG
>435
「他人を非難することにはきわめて饒舌なのに」
それは検察や裁判官、弁護士の持っている特性だろ。

438 :無責任な名無しさん:2006/03/04(土) 14:21:10 ID:lDPFFO/2
>>437
まったくだね。

>>435
世の中の現実を見てから出直せ。それとも、妄言なんていうとこ
みると、中国系か半島系か?

439 :無責任な名無しさん:2006/03/05(日) 00:30:54 ID:bSYwfQPt
日本には、世界に誇る日本独自のシステム、
医療行為(の結果責任)による刑事罰という
とんでもないシステムがある。

日経メディカル2003年6月号の特集記事「医師と刑事責任」によると
米独では医療事故で刑事罰が課せられることはまずない。
個人を罰するのではなく、システム上の問題点を改善することこそが
重要であるという考え方だ。
医師個人には再教育や医療施行上の制限などの行政処置が
専門の委員会の勧告の下に行われる。


440 :無責任な名無しさん:2006/03/05(日) 03:33:33 ID:bwWF+D/p
医師側が非常に困っているのは
・医学的に正しくても裁判で病院側が負けて、高額の賠償が命じられてしまっていること。
・それに伴う風評被害が極めておおきい。
・裁判による損害は仮に保険に入っていたとしても極めて大きい
(自動車事故で電柱やガードレールや他人の車をきづつけて保険をつかって
 補償する、というのとは全くちがう)
・新聞・テレビなどはまともに医療を報道しない
(稚拙すぎて、話にならない。医療事故を合併症なのか、人為的なものなのか、
技術的なものなのか、を完全に無視して、「医療ミス」として報道する)
・自分の義務や責任を放棄して尋常ではない権利を主張する患者が増えすぎている。
(一般社会では 「クレーマー」「脅迫」「恐喝」にあたるほど)

などなどです。



441 :無責任な名無しさん:2006/03/05(日) 05:33:23 ID:X3IvVL3P
医者の報酬が高すぎることに長い間あぐらをかいていたことが大きい。
医者になっていく過程を考えると公務員化すべきと思う。

442 :無責任な名無しさん:2006/03/05(日) 08:23:50 ID:3O5hFEt8
>>441
池沼乙

443 :無責任な名無しさん:2006/03/05(日) 19:08:54 ID:oGmYyeyX
>441
それは賛成。公務員の特権が全て認められれば公務員になりたい。
ただし、医療費は現在より相当増えるし、受診制限
も起こるし、国民にとっては負担が増えること間違いなし。

444 :無責任な名無しさん:2006/03/05(日) 22:17:21 ID:IrcNL4tZ
裁判官は法律に従って判断するだけと言うが、
事実認定は裁判官の能力に大きく影響される。
自然科学の常識が無い、知らない事への想像力が無く
謙虚さが無いから事実認定が現実とかけ離れている。
その上、自分達の認知能力が低いことに気付いていない。
事実認定が誤っているから、いくら法律に基づいて判断し
心証で判断しても誤った判決が出る。
医療は人間では変えようもない自然法則に従っている。
判決があまりに現実と乖離した判断をするため
訴訟の多い分野で医師の逃避が起こっている。
特に僻地の病院にもかかわらず裁判で都会の医療レベルが
要求されるため僻地医療が崩壊している。
心筋炎訴訟がまともな判決と考える人は小児科医2人で24時間救急を行って
夜間も睡眠を取らずに尚且つ重症入院患者を診ている現状を知るべきだ。
要求される注意義務は物理的に不可能に近い。
裁判では人手不足は理由にならないと良く言われるが、
それなら現状では都会以外の病院はほとんど閉鎖しないといけなくなる。
これが国の医療費削減の政策のため人手不足となっていても家庭を犠牲にして
自分の体を犠牲にして本当に無理して支えていた医療関係者に対する仕打ちなのか。
将来日本の医療が崩壊することが本当に現実となってきているが
その責任は司法にもあることを認識すべきだ。

445 :無責任な名無しさん:2006/03/05(日) 22:21:11 ID:5jwPAaMO
裁判官は まで読んだ

446 :無責任な名無しさん:2006/03/05(日) 22:24:14 ID:HMaBMz+j
法律に までも読んだ

447 :無責任な名無しさん:2006/03/05(日) 22:31:55 ID:flm7mjoa
医者は日本語がめちゃくちゃ まで読んだ。

448 :無責任な名無しさん:2006/03/05(日) 22:34:37 ID:oGmYyeyX
医療訴訟の裁判官は最低限、医師免許を取得し
臨床経験10年以上あるものが担当すべきだ。
そんな裁判官はいないし、いたとしても人手不足になる?
そんなこと理由にはならない。

449 :無責任な名無しさん:2006/03/05(日) 22:45:07 ID:d4z7nUu0
全て読んだ。定めし正論。
よくまとまっている。

ただひとつ誤解がある。法学では自然科学を科学として認識してはいないが、
必然とか自然といった言葉や考え方はよく用いられるようだ。

現状が続けば逃散とそれによる医療過疎、またインフラがあっても防衛医療
傾向は避けられない。それは自然な流れであり、必然であるから、この際、
これについて医師に責任はなく、また、(医師にとっては極めて不思議である
が)判決を行っている判事にも責任はない。

こうした法体系を放置している立法府に問題と責任がある。というのが
「自然な」結論です。

つまり、文句を言わずにさっさと逃散せよ。病院医院はどんどん閉鎖、
難症例はすべてたらいまわしの上最後は放置。
これが自己防衛という点で極めて自然なことであり、少なくとも司法に
これを罰する権限は、法学上、あり得ない。唯一、期待権とやらを除いて...

450 :無責任な名無しさん:2006/03/05(日) 23:42:50 ID:uJqs+jIj
>449
どんどん逃げれば良いんでないの?
医療過疎とかそういうことは医師会のお偉方とか、政治家が考えること

逃げずにミスをしたら医師のせいというのも
正直者は馬鹿を見るみたいで悲しいですが…

451 :無責任な名無しさん:2006/03/06(月) 08:17:05 ID:ePbW1+qF
>>448の結論がsmartだと思うね。

452 :無責任な名無しさん:2006/03/06(月) 14:45:16 ID:py+FiQgz
>>449
自然法則での必然とは本当に疑問をはさむ余地がないものだが、
法学上の自然とか必然とは単なる事実認定での心証にしか過ぎない。
事実認定の誤りを立法府や法体系の責任にしていることが
本当の問題であることに気付いていない。
いくら立法府が法律を作っても、自然法則と異なり
その解釈で運用が変えられる法律では同じ問題が起こる。
医療裁判の判決文を読むと、明らかに科学的に誤っている推論を
堂々と恥ずかしげも無く書いていることに気付いていない。

453 :無責任な名無しさん:2006/03/06(月) 14:49:07 ID:SFNCll05
>>452
>医療裁判の判決文を読むと、明らかに科学的に誤っている推論を
>堂々と恥ずかしげも無く書いていることに気付いていない。

科学的思考が得意じゃないなら、赤ペン先生に添削して
貰えばいいのにね。なんでしないんだろう。プライドが高いから?

454 :無責任な名無しさん:2006/03/06(月) 19:13:58 ID:s/0vMN3T
>>452
裁判は科学だ!
とか意味不明のことを言っているとまた悪くないのに負ける。


455 :無責任な名無しさん:2006/03/06(月) 23:29:04 ID:Pue0zAjD
土俵にボクシングを持ち込んだら負けるんじゃないの。

456 :無責任な名無しさん:2006/03/07(火) 00:25:49 ID:eL4Xkjqq
318 :卵の名無しさん :2006/03/07(火) 00:12:46 ID:5q+09N5IO
>>305 お気遣いありがとうございます。
法曹関係の夫に産科閉鎖による分娩予約が
困難なことを説明したとき理解したようでした。
今回の例を話しても実感がなく他人事です。
法曹関係者には痛くも何ともないのでしょう。
法律の尺度で医療を観る人達に訴えても無駄だと分かりました。
現場で頑張る先生方も無理なさらず
家族や愛する方を守って欲しいと思います。


457 :無責任な名無しさん:2006/03/07(火) 14:38:31 ID:QvBTXs7C
>441
年収 
パイロット 2000万(機長は 3000万)
弁護士 2000万
テレビ局社員 1500万
税理士 1200万
医師 1100万

医師は退職金などまともな福利厚生なし。
その資格、責任と高度の専門性に比べ、著しく安い。
しかも、大学は6年間あるので、まともに働けるようになるのが、他の職業と比べて遅いので、生涯でかせぐ額も安い。
医師は学者であり、かつ職人だったので、今まで金のことを文句言わず、私生活を犠牲にして、黙々と働いてきたため、こんなことになった。

今まで、だまされていたことに医師は気付いてきたので、不当に安い賃金と過剰な労働に嫌気がさして、辞めていき、どんどん医療崩壊がすすんでいる。


458 :無責任な名無しさん:2006/03/07(火) 15:26:48 ID:I+oxresg
犯罪者に親切にしたい裁判官の判決

“女子高生コンクリート詰め殺人事件”になされた判決

足立区綾瀬の少年らは、夜8時過ぎ帰宅中の女子高生を拉致し、自宅2階に40日間
監禁、殺害した。遺体はドラム缶に入れコンクリートで固め、江東区の空き地に棄てた。
監禁中、手足に揮発性油を塗りライターで火を付け、被害者が熱がるのを見て笑い転げた。
肛門に瓶を入れ蹴り込んだり、性器を灰皿代わりにしたりと陵辱の限りを尽くした。
監禁場所は木造家屋2階であったが、階下に同居する少年の両親は、「知らなかった」
と主張し逮捕さえされなかった。

犯行内容=判例集(法務省作成)
http://courtdomino2.courts.go.jp/kshanrei.nsf/0/AA7836E2A5E1E03449256CFA0007BACA/?OpenDocument

検察官冒頭陳述  http://www.geocities.jp/zenbo2005/  (実名記載)

犯人らは主犯を除き、全て6年程度(未決勾留期間を除く)で出所。
再犯する者、犯行を自慢する者など、反省はない。
犯人のひとりの親は当時生活保護を受け、損害賠償は約80万円であったが、
判決直後にマンションを購入した。
犯罪被害者に配慮した判決がなされることは希である。


459 :無責任な名無しさん:2006/03/07(火) 23:21:43 ID:elY/99Ie
県立総合病院産婦人科、ベテラン医師退職で制限も
http://www.shizushin.com/local_social/20060120000000000010.htm
伊豆赤十字病院、4月から産婦人科休診 (静岡新聞 2006/01/24)
http://www.shizushin.com/local_social/20060124000000000042.htm
新城市民病院の産婦人科が休診の危機
http://www.tonichi.net/articledetail.php?artid=10922
大阪鉄道病院 産科閉鎖
http://www.jrosakahosp.jp/news/sanka_kyushin.html
産婦人科11日から休診/「医師不足で派遣困難に」
http://www.fukushima-minpo.co.jp/news/kennai/20060302/kennai-20060302095531.html
十和田市立中央病院 産婦人科の入院及び産科の外来診療 休診
http://www.hp-chuou-towada.towada.aomori.jp/
医師不足で産科“休診” 南砺中央病院、小児科も半日診療 富山
http://www.toyama.hokkoku.co.jp/_today/T20050601004.htm
出産医療の春再開断念 庄原日赤 広島県
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200602030068.html
京丹後市立弥栄病院 4月から分娩受け入れ休止 京都府
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060207-00000014-kyt-l26
産婦人科医不在/確保へ署名 岩手県立宮古病院
http://www.iwate-np.co.jp/news/y2005/m02/d04/NippoNews_7.html
市立函館病院産科 4月から休診
http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__1717696/detail
産科、一時休止へ 宇都宮社会保険病院
http://www.shimotsuke.co.jp/hensyu/news/060228/news_1.html
下伊那赤十字病院 4月から産科休診
http://www.nagano-np.co.jp/modules/news/article.php?storyid=2679
富田林病院 産科休診
http://www.tonbyo.org/sanka.htm
新規の出産受け入れ 3病院 来月までに中止 北九州市
http://www.nishinippon.co.jp/media/news/news-today/kitakyu.html#002

460 :無責任な名無しさん:2006/03/08(水) 21:03:51 ID:MqJysXcA
尾鷲総合病院:やっと確保の産婦人科医、報酬5520万円 市民は“困惑” /三重

 ◇平均の3倍「チームワーク心配」
 医師不足に悩む尾鷲市が独自に確保し、昨年9月から市立尾鷲総合病院に招いている産婦人科医の年間報酬が
5520万円に上ることが7日までに分かった。同病院の医師の平均給与は約1500万円。その3倍以上の破
格な報酬に市民からは「産婦人科医の存続は有り難いが、市の財政事情から考えると高額すぎるのでは」と困惑
する声も出ている。
 6日に開かれた尾鷲市議会の一般質問で、小倉益男・同病院事務長が、産婦人科医の報酬について「年間契約
の顧問料として5520万円」と答えた。
 同病院の産婦人科医は、三重大学医学部付属病院から派遣されていたが、付属病院の医師不足に伴い、昨年7
月以降、派遣がストップ、常勤の医師がいなくなった。これを受け、市民団体が同科の存続を願う活動を展開、
6万人を超す署名を集め、三重大と県に陳情した。しかし、派遣は再開されず、市独自で探した結果、津市の開
業医が9月から来てくれることになった。
 伊藤允久尾鷲市長は、今回の待遇について、開業医を閉めて来てもらう特別な事情や本人の希望なども考慮し
て決めたという。
 これに対し、市民団体のメンバーの一人、高田大礼・尾鷲自治連合会長は「他の医師とあまりにも格差がある
と医師のチームワークが乱れるのでは」と心配する。また、存続を願う署名をしたという市内の主婦(36)は
「お金優先のように思えて悲しい」と話し、市内の別の主婦(61)は「医師の受け入れはお金だけの問題では
ない。医療過疎地ではいかに医師を大事にし、育てていくかが重要。今回の報酬問題は、医師を思いやる市民の
気持ちも問われている」と話した。【七見憲一】
〔三重版〕

毎日新聞 2006年3月8日

ソース:
http://www.mainichi-msn.co.jp/chihou/mie/news/20060308ddlk24100074000c.html

461 :無責任な名無しさん:2006/03/09(木) 10:33:08 ID:Z4KVPdvb
絶滅危惧種の産科医狩りを続ける限り、高値取引は仕方が無い。

462 :無責任な名無しさん:2006/03/09(木) 13:57:31 ID:BrQ5TFrC
今まで医師に対しての評価・報酬が不当に低すぎたので、今回の全国的な医療崩壊で医師の待遇は少しはまともになるかもしれません。

例えば、通常の臨床の医師で私生活を犠牲にして年間に何百人ものの生命を救う仕事をしています。過剰な責任を押し付けられた状態で、少ない人数で行っております。
これほどの仕事をしていながら、その報酬は 一般のテレビ局社員以下 です。
とてもまともな状態と思えません。しかも、あるテレビ局で女子アナが「医者は給料もらいすぎ。」などと発言してました。
(テレビ局社員1500万円     医師 1100万円)
マスコミは現場の医師の士気を下げ、医療崩壊に大きく貢献しました。

過剰な責任を押し付けられた状態で、決して厚労省や政府は守ってくれるわけではありません。むしろ現場の医療を無視し、壊滅状態に追い込んでいます。

医師の待遇をせめてまともなものにするため、医師の給料は現状より大幅に上げる必要があるでしょう。


463 :無責任な名無しさん:2006/03/09(木) 18:42:25 ID:p1v6HTvD
簡単じゃん、患者の身元確認の際に
法曹関係者だったら悟られんよう似みんなうちでは
手におえないって断っちゃえよ。


464 :無責任な名無しさん:2006/03/09(木) 19:40:58 ID:sK12MDMR
>>462
医者を辞めてテレビ局に転職すれば万事解決
そんなにやなら早く辞めるべき。

465 :無責任な名無しさん:2006/03/09(木) 22:11:38 ID:LAS33LNW
>464
今年は知り合いでも
小児科辞めた人、
地域基幹病院内科をやめた人(複数)
胸外をやめて形成に行くひと、
いっぱいいるなあ。
無論いつの年でも転科とか開業とかする人はいるわけだけど。
地域の人不足はおかげさまで例年になく加速しています。

辞めたいと書き込みしているだけの人々もそのうち辞めると思う。
ご忠告ありがとう、でもマスコミに関わりを持つ仕事はしたくないよ。

466 :無責任な名無しさん:2006/03/09(木) 22:17:34 ID:EVbCUuY3
>>465
恥ずかしすぎるもんね。
本人たちはそう思ってないっぽいけど、
普通の精神ならちょっとした識者には言えないよね
「マ ス コ ミ 関 係 で す」なんて。

467 :無責任な名無しさん:2006/03/10(金) 00:56:37 ID:u/I/HlcQ
>>466
いえてるな。
マスゴミ関係なんて話が出た途端に、もうとっととその場を辞退したい気持ちで
一杯になるよ。まずは黙るな。トイレに駆け込んで、出て来がてら用事思い出した
とばかりに一目散だ。ヤクザと一緒に居るほうがまだマシだ。

もっともヤクザも上行くと自民党と仲良しなのがぞろぞろ出てくるんで、
これまた困るんだが....

四面楚歌な気分

468 :無責任な名無しさん:2006/03/10(金) 08:05:26 ID:32qnUKxs
>消費者金融やクレジットなどの高金利に悩む多重債務者を救済しようと、群馬弁護士会は、多重債務に関する
>法律相談を初回(三十分)に限り無料とした。また、同弁護士会は無料化を記念し十一日、電話による
>「多重債務相談無料化記念一一〇番」を実施する。

>同相談の無料化は静岡や埼玉、栃木の弁護士会に続く取り組み。相談は弁護士との面談方式で、前橋、高崎、桐生
>太田、伊勢崎、館林、吾妻、沼田、長野原で、週一、二回実施。今までは初回に必要だった五千円が無料になる。
>事前に電話予約が必要で、受け付け電話番号は027(234)9321。

>十一日の「一一〇番」は午前十−午後一時。弁護士五人が電話で対応する。相談事前予約番号か、027(233)4804へ。
>消費者金融業者などの多くは、利息制限法の上限(年15−20%)を超えながら、出資法の制限(年29・2%)を
>下回るため刑事罰がない「グレーゾーン」の金利で貸し付けている。弁護士会は、最近の最高裁の判例をもとに
>「グレーゾーンの金利は払う必要がなく、支払期間が長ければ過払い金の返還を請求するできる場合もある。
>一人で悩まず弁護士に相談を」と呼び掛けている。

>>> 東京新聞 2006/03/09[**:**] <<
http://www.tokyo-np.co.jp/00/gnm/20060309/lcl_____gnm_____003.shtml

医者が無料で診療することなんて天変地異でも起こらない限りないですよね。

469 :無責任な名無しさん:2006/03/10(金) 08:41:45 ID:1R1cAVC8
>>468
> 医者が無料で診療することなんて天変地異でも起こらない限りないですよね。

天変地異(ただし後付け)ならよく見るし聞く話だが。

470 :無責任な名無しさん:2006/03/10(金) 08:45:46 ID:7H38sDkH
>>468
ん? タダで最後までやってくれるの? 客寄せパンダをタダにしますって話とちゃうん?

471 :無責任な名無しさん:2006/03/10(金) 17:34:19 ID:V0DriALy
・被告人を犯罪者に仕立て上げたら普通の弁護士に戻る。
・普通の弁護士も国選弁護人中は、特別公務員なかのどうかご意見欲しいです。
・無実を訴える被告人に接見して否認事件であり冤罪事件である事を確信した
札弁推薦の国選弁護人愛須一史が真犯人の道庁職員、地検、地裁と連携して無
実の被告人を精神的に追い詰め、「実刑か執行猶予」を選択させて有罪判決を
甘受させた例がある。
・弁護士も信用できない時代、道民は、道警に逮捕されたら諦めよう。



472 :無責任な名無しさん:2006/03/10(金) 19:29:52 ID:DxUvMUm5
よく近所で、ジジババの行列が出来ている。
なんやら日用雑貨や食品を無料でくれるらしい。
ただし最初はタダでも後になって・・・・
俗に言う催眠商法。
みんな霞食って生きているんじゃないから。

473 :無責任な名無しさん:2006/03/10(金) 23:46:44 ID:u/I/HlcQ
>>468

お前ら(弁護士たち)な、無料検診で拾った患者(クライアント)からは
初診料(着手金)取ったらあかんぞ。
そういうことするヤシは弁護士登録抹消だからな!

とまぁ、せめて保険医の気持ちをわかって欲しくて書いてみた....

474 :無責任な名無しさん:2006/03/11(土) 02:24:59 ID:oH6H0eyR
レスを見る限りでは、医者が無料で患者を診断することはなさそうですね。

475 :無責任な名無しさん:2006/03/11(土) 09:49:41 ID:5yu0wI7z
ムンテラとか完全にただ働きですが?

476 :無責任な名無しさん:2006/03/11(土) 11:21:30 ID:Bf9R1a+c
踏み倒し

477 :無責任な名無しさん:2006/03/11(土) 17:43:42 ID:rctOADR+
【福島】逮捕された産婦人科医師を救え

http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1141994719/l50

みなさん、どのような展開になるでしょうか?
予想してください。

478 :無責任な名無しさん:2006/03/11(土) 18:03:41 ID:4fNsF+jE
これでも懲役6年 「嘘だろー」裁判官!!

女子高生の強姦殺人事件
「湊 *治」は、帰宅中の女子高生を夜8時過ぎ誘拐して自宅2階に40日間
監禁し、暴行虐待した。邪魔になると殺害しコンクリート詰めにして棄てた。
監禁中に、女子高生は陰毛を剃られ全裸で踊らされ、手足には揮発性油を塗られ
ライターで点火されたりした。 女子高生が苦しむのを見て、「湊 *治」や
「垣*孝*」らは笑い転げた。 異物挿入により、性器と肛門がつながるほど
になっていた。

女子高生コンクリート詰め殺人事件の犯人
http://www.geocities.jp/zenbo2005/  



479 :無責任な名無しさん:2006/03/12(日) 03:21:08 ID:uH+rfYzw
あんた被害者遺か?関係者か?関係ないのににそんなスレ立てあら法に触れるぞ 元弾地方判所判事補

480 :無責任な名無しさん:2006/03/12(日) 03:25:41 ID:uH+rfYzw

あんた被害者遺族か?関係者か?関係ないのににそんなスレ立てたら法に触れるぞ 元弾地方判所判事補

481 :無責任な名無しさん:2006/03/12(日) 08:17:53 ID:YrfQLCFF
>>473
着手金は初診料ではない。
むしろ診察料の前払いに近いだろう。

482 :無責任な名無しさん:2006/03/12(日) 10:58:03 ID:BX8+7YaO
弁護士も
・応召義務を持つ
・国民皆保険
にしよう。

そうすれば
真夜中(午前1時,3時など)の時間にDQNの依頼者がやってきて「隣の
家の犬がわんわんほえていて眠れないので、訴えたいんだけど。」といった
案件にもちゃんと仕事を拒否しないようにして、医師の勤務の過酷さを少し
は実感するかもしれない。
そして、
皆保険制度で政府が値段を決めるようにして
相談料は30分250円くらいにしよう。

弁護士の方々
少しは自分らの既得権益を反省しろ。
君たちの待遇はは恵まれすぎているので。

483 :無責任な名無しさん:2006/03/12(日) 11:37:04 ID:UQps3usL
>>481
初診料は、その名の通り診察料だよw

着手金の名前はどうなってる?




もうこの頭の悪さはなんとかならんのかね。
ああだこうだと言葉をこねくりまわして解釈で逃げようとする。
本質なんかおかまいなしに自分の好みの結論だけを探し回る。
ドクターショッピングするDQNに近い感性が業界全体に蔓延
してるんだね。法曹界って。

484 :無責任な名無しさん:2006/03/12(日) 12:58:07 ID:YIMusqZA
俺が弁護士に依頼したとき、着手金を取ったのだが、
手紙一本で解決した。簡単に終わったので、着手金だけでも
払い過ぎと思っていたら、成功報酬を要求してきた。
初めに成功報酬のことは聞いてなかった。
あんたらの業界はインフォームドコンセントというのは
存在せんのか?

485 :無責任な名無しさん:2006/03/12(日) 13:15:20 ID:hOIGrY95
最近の医療訴訟では
・医師側は極めて不条理な 結果責任 を負わされ、
・患者側が勝つように 後付けで 注意義務違反・説明義務違反 で
異常な賠償を要求されている。

弁護士にも
@結果責任を負わせ、
A注意義務違反やB説明義務違反を適応しよう。

例えば裁判で負けて6千万の支払いを命じられたら
@その責任をとって弁護士は依頼者に9割を支払う
Aちゃんとデータをとって注意深く弁護していたら勝てたのに負けたので、
慰謝料3千万円を依頼者に払う。
B成功報酬を要求することを事前に説明してないのに、依頼者に要求したら、
説明義務いはんで慰謝料1000万を依頼者に払う。

こんな感じで弁護士改革をしよう。
弁護士はもうけすぎ。

486 :無責任な名無しさん:2006/03/12(日) 17:43:56 ID:WRW0A5MY
>>483
診察料の仕組みよくわからんのだが、
医者は初診料さえ取れば、たとえば注射をしたり、聴診器をあてたり、
診断書を書いたり…といったことをしても、他に料金はかからんのだっけ?
弁護士の着手金には、内容証明を書いたり、訴状を書いたり、
準備書面を書いたり、という仕事の分の料金も含まれている。
成功報酬は、本来着手時にもらって良い分を、
失敗した場合にもらうのは申し訳ないから、
成功を条件に請求するという面が強いんじゃないだろうか?
報酬体系が異なる場合、弁護士の報酬を医者の報酬になぞらえるのには無理があるんじゃないか?

487 :無責任な名無しさん:2006/03/12(日) 17:51:52 ID:WRW0A5MY
>>484
着手金がどういう内容のものかわかりにくい面はあると思う。
成功報酬の請求をすることを説明しなかったのも、悪いと思う。
ただ、着手金は、どの時点で解決するにせよ、
その事件に取り組むことに対する報酬と考えるべきだろう。
弁護士としては、早いうちに事件が解決すれば、
その分効率よく稼げるということになるが、
着手の時点では、どの程度で解決するかは予測が難しい。
長引くリスクも考慮した着手金を請求するのはその意味で当然だろう。
早く終わったから返せという性質のものではない。

488 :無責任な名無しさん:2006/03/12(日) 18:00:16 ID:WRW0A5MY
そして、成功報酬も報酬の分割払いなのだから、
支払うべきものであることになる。
ただ、繰り返しになるが、その弁護士の請求方法には問題がある。

>>485
慰謝料額はともかく、Aは今でも十分可能だろうし、
理論的にいっても当然請求されるべきだ。
Bは、慰謝料まで取れるか疑問。とれても数万と言ったところか。
@は、結果責任とは別次元の問題だろう。
もともと6千万の請求をされていたのなら、
弁護士がそれを肩代わりする理由はないように思う。
むしろAの問題の中で解決すべきだろう。

489 :無責任な名無しさん:2006/03/12(日) 18:20:46 ID:Sp2Jnm/Q
>>485
医者が敗訴すると大きく医療雑誌等で報道されるので
目立つが悪くないのに負けるのはほんのわずかな人だけ
不十分な立証活動の付けですよ。

当事者の立証活動が不十分な場合裁判官は主張するように
促してくれますが、的確に主張するのは難しい。
(注意義務違反・説明義務違反が争われているのに治療法の説明
ばっかりで肝心の説明義務違反の反論が少ししかない事がある)

裁判では主張したことのみだけで判断する原則がありますので
それだけで判断すると医師敗訴となるのです。
そんな馬鹿な…と考える人がいるかもしれませんが
裁判所が「おまえにはこんな主張があるだろう」と
やってしまうとかえって不公平だと言うことでこのような
制度になっていますので医師の方々もご了承下さい。


490 :無責任な名無しさん:2006/03/12(日) 19:37:38 ID:UQps3usL
> >>483
> 診察料の仕組みよくわからんのだが、

判らないときはどうするんだ?え?
調べるか、知っている人を探して聞くかするのが正しい解決法じゃないのか?
お前は推測に基づいて理屈を組み立てて、それが正しいと誰を説得できると
思うんだ?

こういう馬鹿を雇っちゃ、そりゃ勝てる裁判も負けるわな!!!

> 医者は初診料さえ取れば、たとえば注射をしたり、聴診器をあてたり、
> 診断書を書いたり…といったことをしても、他に料金はかからんのだっけ?
> 弁護士の着手金には、内容証明を書いたり、訴状を書いたり、
> 準備書面を書いたり、という仕事の分の料金も含まれている。
> 成功報酬は、本来着手時にもらって良い分を、
> 失敗した場合にもらうのは申し訳ないから、
> 成功を条件に請求するという面が強いんじゃないだろうか?
> 報酬体系が異なる場合、弁護士の報酬を医者の報酬になぞらえるのには無理があるんじゃないか?

お前の頭で社会に出ていること事態に問題があると証明されたよ。

491 :無責任な名無しさん:2006/03/12(日) 20:15:46 ID:67GBdkfV
>>490
ためにする議論だね。
よく分からんというのは、謙譲だろ。
具体的にどの行為が何点かまでは知らない、とかそういうことだろ。
そういう君は知ってるのかね?
医者は初診料だけで手術までやってくれるのか?え?

492 :無責任な名無しさん:2006/03/12(日) 20:20:37 ID:67GBdkfV
なぜ謙譲というか控えめに言ってるとわかるかというと、
診断書料は明らかに別料金だから。
もとはといえば、診療報酬と弁護士法週の差異も分からず批判した方が間違ってる。
どう見ても逆切れw


493 :無責任な名無しさん:2006/03/12(日) 21:18:20 ID:PJQlXBgl
>489
注意義務違反・説明義務違反が争われているのに治療法の説明
ばっかりで肝心の説明義務違反の反論が少ししかない事がある

その点で気になるのだが、例えば
80歳代の末期癌の患者で癌による痛みが強くて、もともと予後は極めて厳しい状態。
このときに痛み対策として、モルヒネの注射をして、その翌日に死亡したとしよう。
臨床の現場では、病気による経過であり、何も問題はないのだが、
もし患者の家族が「おれはそんなに悪いとは聞いていなかった。死期が早まる薬を
使うなんて聞いてなかった。死に目に会えなかった。」
などと騒いでうったえたら、やっぱり
説明義務違反・注意義務違反 で病院側は負けるのか?

頼む、教えてくれ。



494 :無責任な名無しさん:2006/03/12(日) 21:24:14 ID:67GBdkfV
>>493
因果関係の問題と思う。
その「翌日の死」がモルヒネの影響を多少受けているとしても、
癌による死といえるかが問題ではないだろうか?

495 :無責任な名無しさん:2006/03/12(日) 21:29:48 ID:PJQlXBgl
>494
モルヒネをしなかった場合はもがき苦しんで3日後位に亡くなっただろう
ことが予測され、
モルヒネをしたことにより、もともと状態が良くなかったところに呼吸抑制が加わり、
死期が二日ほど早くなったとしよう。

この場合は因果関係あり、といえるのか?いえないのか?

496 :無責任な名無しさん:2006/03/12(日) 21:37:42 ID:67GBdkfV
>>494
もともと状態が良くなかったのと呼吸抑制の関係を調べたくなるね。
いずれにせよ3日程度しかもたなかったのだとすれば、
因果関係はないという方向にずいぶんと傾く。
ただ、これだけの条件からありなしをいうのは難しい。
医者が、〜の可能性を否定できないという感覚に近いといえば分かってくれるかな?

497 :無責任な名無しさん:2006/03/12(日) 21:51:15 ID:PUdRtXSR
>>493
普通に反論すれば通常負けない
ただ、相手も上手く立証してくると思うので適切に反論する事


498 :無責任な名無しさん:2006/03/12(日) 21:55:27 ID:Gy/JD3U4
>>495
モルヒネを投与したことに注意義務違反がなければ、
「死期が二日ほど早くなった」ことは結果にすぎないだろ。

「説明義務」
医師の裁量権がどこまで及ぶかの問題だなぁ。



499 :無責任な名無しさん:2006/03/12(日) 21:58:29 ID:PJQlXBgl
>496,497
因果関係はないが、家族に充分にモルヒネの副作用を説明しなかったので、
説明義務違反で、病院ならびに市は患者側に慰謝料1500万円払え、という
ことになる可能性はあるか?

このあたりが、臨床医がわが非常に気になる。

500 :無責任な名無しさん:2006/03/12(日) 22:07:14 ID:Gy/JD3U4
>>499
>慰謝料1500万円払え

十分な説明もなく危険性の高い手術を施した結果、
死期を早めたというなら理解できるが。

そんなに高額にはならんだろ。
せいぜい100万円くらいか?


501 :無責任な名無しさん:2006/03/12(日) 22:12:37 ID:PJQlXBgl
>500
なるほど、なら例えば
癌や心臓の手術で合併症が起きて死亡する確率が2%と説明して、同意書も
とって手術した場合で、
不幸なことに合併症で患者が死亡したとき

患者の家族が「そんなに危険な手術だと知っていたら、受けさせなかった。
聞いてなかった。」などといいはって訴えたとき

「充分な説明もなく、危険な手術をしたので、説明義務違反である。
1500万円払え。」
との判決がでる可能性はある?

教えてくれ。

502 :無責任な名無しさん:2006/03/12(日) 22:20:49 ID:Gy/JD3U4
>>501
本人に危険性が高いことを説明していれば、
問題ないだろ。



503 :無責任な名無しさん:2006/03/12(日) 22:28:26 ID:PJQlXBgl
>502
本人は死んでいるよ。
実際の医療の現場では例え、術前に合併症・死亡の説明をして承諾書
をとっても
「そんな説明は聞いてない。」とごねるDQNはざらにいます。

現に最近の医療裁判では 例え同意書をとっていても
説明義務違反で負けています。

説明義務違反を使わないで、注意義務違反を使って、高額な賠償金を
患者側に払うように命じる判決が続いています。
(その注意義務違反も 医療・医学の常識を無視して、後付で「あのとき〜していれば、
患者は助かったのに。」などという粗悪な理由による)


504 :無責任な名無しさん:2006/03/12(日) 22:57:25 ID:UQps3usL
>>503
仕方ないだろ。
初診料というのがどういう行為に対して支払われているのか、なんて文書できっちり
定義され、通達で制限され、おまけに公表されてることを調べもせずに、自分が知らない
と述べてるのは謙遜なんだ、なんてほざくような馬鹿が関わってるんだから。

診断書料と診断の関係もどうやらわからんらしいしwww

議論の論点も、前提や仮定を支える証拠も、すべていい加減、調査すらしようとしない
で想像ですべて進めていく、常の態度がそうなんだろうね。カス丸出しだ。

そんな奴にまで、教えてくれ!と頼みたくなる>>493先生、良医すぎ。不当逮捕監禁まっしぐら
だよ。なんとか上手に世渡りできるようにしないとね。

505 :無責任な名無しさん:2006/03/13(月) 00:43:32 ID:wYxZgRzZ
>>504
とりあえずさー、
「初診料」と「着手金」がどう同じなのか説明してくれよ。


506 :無責任な名無しさん:2006/03/13(月) 00:56:06 ID:6N103ZYk
>>505
とりあえず、初診料について知らないなら聞いたらどうだ?

私は存じませんので、お教えください、お願いします。

と言え。まずは。
話はそれからだ。

507 :無責任な名無しさん:2006/03/13(月) 13:35:30 ID:SYkg8nEG
前置胎盤の出血
*******徳島新聞(2月7日付)より

県側の敗訴確定 中央病院脳性まひ訴訟、最高裁が上告棄却

 徳島県立中央病院で帝王切開し、出産した子供が脳性まひになったのは医師の不適切な対応が原因として、
大阪府の両親らが県に約一億六千万円の損害賠償を求めた訴訟で、最高裁は六日までに県の上告を棄却した。
病院側の医療ミスを認め、県に約一億一千万円の支払いを命じた二審大阪高裁判決が確定した。

 二審判決によると、母親は一九九二年六月、同病院で帝王切開することが多い「前置胎盤」と診断され入院。
医師は「いつ大出血が起こるか分からない」などとし、子供が三十一週の段階の七月に帝王切開した。

 一審の大阪地裁堺支部は、両親らの請求を棄却。二審の大阪高裁は一審判決を変更し、子供が三十一週の段階で、
少量出血する程度だったのに帝王切開したため、出産後の呼吸不全が原因で脳性まひになったとして、病院側の医療ミスを認めた。

 塩谷泰一県病院事業管理者は「県側の主張が認められず、極めて残念だ。今後とも医療安全対策については懸命に取り組んでいきたい」と話している。



508 :無責任な名無しさん:2006/03/13(月) 16:57:04 ID:ETVv/efv
  ミミ彡ミミミ彡彡ミミミミ
,,彡彡彡ミミミ彡彡彡彡彡彡
ミミ彡彡゙゙゙゙゙""""""""ヾ彡彡彡
ミミ彡゙         ミミ彡彡
ミミ彡゙ _    _   ミミミ彡
ミミ彡 '´ ̄ヽ  '´ ̄` ,|ミミ彡
ミミ彡  ゚̄ ̄' 〈 ゚̄ ̄ .|ミミ彡     ________
 彡|     |       |ミ彡     /
 彡|   ´-し`)  /|ミ|ミ   /こんばんは、愚民共。
  ゞ|     、,!     |ソ  <  どうよ俺の改革は結局 もう半年で退任だが
   ヽ '´ ̄ ̄ ̄`ノ /     \   しっかり増税はやっただろ 歳出抑制 さてなんのことやらw
    ,.|\、    ' /|、       \                増税改革なんていうんじゃねぇぞ おめぇら
 ̄ ̄| `\.`──'´/ | ̄ ̄`. ∩   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    \ ~\,,/~  /      | |
     \/▽\/    (^^ ^|)


509 :無責任な名無しさん:2006/03/13(月) 17:35:27 ID:SunrxyiJ
ある病気にある治療をする。

100000万人に治療して99990人が改善。
100人に副作用。
1人が副作用で死亡。

法曹関係者に聞きたい。
医学的にはこういう治療は「安全」と考えるのだが。
裁判では「危険」と判断するのか?


510 :無責任な名無しさん:2006/03/13(月) 17:59:06 ID:kPovIIr6
>>509 訂正しとく

ある病気にある治療をする。
100,000人に治療して99,900人が改善。
100人に副作用。
うち1人が副作用で死亡。
法曹関係者に聞きたい。
医学的にはこういう治療は「安全」と考えるのだが。
裁判では「危険」と判断するのか?


511 :無責任な名無しさん:2006/03/13(月) 21:54:44 ID:KBu8C2K9
抗 議 文


平成18年3月10日


茨城県産婦人科医会 会長 石渡  勇
            日本産科婦人科学会茨城地方部会 会長 吉川裕之
            茨城県医師会 会長 原中勝征


  
 先ずは、ご逝去された患者様とご家族ご親族の皆様に対し哀悼の意をささげたいと思います。
 さて、平成18年2月18日、福島県立大野病院産婦人科医師、加藤克彦氏(以下、医師)が業務上過失致死および医師法違反の被疑により逮捕、
富岡警察署に勾留、3月10日福島地裁に起訴された件に関し、茨城県産婦人科医会(以下、医会)、日本産科婦人科学会茨城地方部会(以下、学会)、
茨城県医師会(以下、医師会)は、誤った医学的判断および医師法解釈による不当な行為と考え、遺憾の意を表明すると共に抗議するものであります。

http://www.ibaog.jp/topics/20060310.html

512 :無責任な名無しさん:2006/03/13(月) 23:12:11 ID:KBu8C2K9
加藤医師逮捕に対する抗議声明

日本産科婦人科学会
日本産婦人科医会
http://www.jsog.or.jp/news/html/announce_10MAR2006.html

茨城県産婦人科医会
http://www.ibaog.jp/

神奈川県産科婦人科医会
http://www.kaog.jp/

全国保険医団体連合会
http://hodanren.doc-net.or.jp/news/teigen/060309sannfujin.html

大阪府保険医協会
http://osaka-hk.org/

東京都医師会
東京都病院協会
http://www.tokyo.med.or.jp/kaiin/news/detail.php?NI=NW00198



513 :無責任な名無しさん:2006/03/17(金) 08:16:47 ID:t/cO1B/w
マスコミが医者叩きばっかりやってるから
警察、検察まで影響されて
たたきにはしってる.....


「医師の逮捕は不当」と2学会が会見
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn/20060316/20060316-00000049-jnn-soci.html

514 :無責任な名無しさん:2006/03/17(金) 18:31:28 ID:48305j1Z
角を矯めて牛を殺す。

まさに諺通りのことが行われている。

もう、お前ら牛乳は飲めないぞ。

515 :無責任な名無しさん:2006/03/17(金) 21:14:31 ID:v66i0vlF
どうやらアホ法曹どもは、医師個人に医療行為に訳の分らない
過重な責任を負わせることが「政策」だと思っているようですね。

いくらあのアホ首相でも、そんな訳のわからない「言いがかり」をつけられてはかわいそうですね。
自民党やあのアホ首相がそんな政策を表明したことは一度としてないですね。

何か勘違いしてるバカがいますが、アメリカでは医療に関する民事訴訟は多いですが、刑事的にはよほどのことがない限り免責されます。
訴訟大国化と、1のいってる問題は根本的に別の問題です。
ヒステリックに医師にあらゆる責任を押しつける検察、裁判所は、訴訟マニアなみに異常です。

通常の医療行為を、いやそれ以上の品質の医療を提供しながら逮捕される国は、先進国、発展都市途上国含めて日本だけ。
司法の「貧しさ」は、世界でダントツです。
人口あたりの弁護士の数とかそういう問題を超えている。

このスレをみて、改めてそれを感じました。
ちなみに、弁護士はまだマシですが、裁判官は、ほんとに「措置入院レベル」の人が大多数です。
数十人しか話したことないですが(判事補含む)、裁判官なんてそんなにたくさんいないから、サンプリング数としては適当でしょう。
「自分の周りだけ見てうんぬん」は、統計的根拠を示してからいってね。


516 :無責任な名無しさん:2006/03/18(土) 02:44:34 ID:QMPePHNU
>>515
君こそ「措置入院レベル」だろうがw

517 :無責任な名無しさん:2006/03/18(土) 06:53:47 ID:Ou7r4bXY
弱々しいな

518 :無責任な名無しさん:2006/03/18(土) 13:20:32 ID:JLDFOxed
福島県の産婦人科逮捕事件は医療関係者の中では
・医療行為自体に過失がなく、届け出にも過失がなく、逮捕された医師は無過失である。
・福島警察・検察が功をあせり、病院内でのふだんの日常診療において起こりうる術後死
 亡を先走って、勘違いして不当逮捕してしまった。
との見方が主流になっております。

そのため、医療関係者は今回のこの事件で
不当逮捕 したことに関して
警察・検察がどのように責任をとるのか、興味津々でみております。

不当逮捕なので、担当した部署にはどのような厳しい処分がおりるのか、注目しております。


519 :無責任な名無しさん:2006/03/19(日) 00:58:19 ID:ER4OLdhc
・札幌弁護士会は、北海道新聞社と共謀して道新紙上で《当番弁護士費用は、
無料》と思わせる虚偽宣伝を行いそれを信じた依頼人と弁護士間でトラブルを
引き起こしていた。
・その札弁が仕掛けた≪当番弁護士を支える市民の会・札幌≫の市民会員が「
被疑者やその家族等の依頼で警察が弁護士会に連絡すると当番の弁護士が被疑
者に接見を行い、概要を聞いて事件の規模を確認し、着手金と成功報酬額を提
示して委任契約に至っているもので実態は、私選で有料の営業行為である。着
手金、成功報酬を払えない被疑者には、二回目の接見も弁護活動も行わないな
いのであるから、初日から無料の当番弁護士が判決まで奉仕活動しているが如
く宣伝するのは、問題である」等と指摘すると会を操って来た松村弁護士は「
当番弁護士は、ボランティアでやっている」等と言い訳し、会員が「弁護士会
は初日出動一件当たり五万円の補助を出している。その原資は、弁護士が無実
を主張し、保釈請求を依頼する被告人には、一切の刑事記録を見せずに実刑の
可能性を強調して精神的に追い詰め、裁判所あて起訴事実を認める上申書の提
出を指示し、事件相手への見舞金支払いを指示し、弁護士会には、弁護士負担
で刑事贖罪金を支払い、それを検察庁と裁判所に通知して執行猶予付有罪判決
を出させる段取りをしている事例がある」と指摘した事から、急遽、道新記事
は、《当番弁護士費用は、初回一回のみ無料》に訂正された。



520 :無責任な名無しさん:2006/03/19(日) 06:42:19 ID:bj9oGw7X
その原資は、弁護士が無実
を主張し、保釈請求を依頼する被告人には、一切の刑事記録を見せずに実刑の
可能性を強調して精神的に追い詰め、裁判所あて起訴事実を認める上申書の提
出を指示し、事件相手への見舞金支払いを指示し、弁護士会には、弁護士負担
で刑事贖罪金を支払い、それを検察庁と裁判所に通知して執行猶予付有罪判決
を出させる段取りをしている事例がある」と指摘した事から、

この部分意味不明

521 :無責任な名無しさん:2006/03/19(日) 11:39:03 ID:mxXX7RNZ
つまり救急受診した患者様に検査や所見の結果を全くふまえずに
「治療しないと死にますよ。初診料だけは無料にしますが、
ここから先は正規の料金を請求します。それでもよければお帰りください」

…ってこと?ビジネスモデルに使えそうだな。「今なら無料!救急受付はこちら」w

522 :無責任な名無しさん:2006/03/19(日) 20:04:48 ID:zwYcFwIN
>>521
書いてあることはそうだが、
原資は〜の後の文章としては意味不明だろ?

523 :無責任な名無しさん:2006/03/19(日) 20:35:45 ID:1pi+UGpf
「弁護士会には、弁護士負担で刑事贖罪金を支払い」って
なんで弁護士が自腹切らなきゃいけないんだ?あり得ないだろ。
そもそも、当番弁護士が担当する起訴前に刑事記録なんて見れるはずがない。
起訴前に(起訴状が届いてもないのに)裁判所に通知する意味なんてないし、
受け付けてもくれないだろう。
どこからこんな間違いだらけの文章を拾ってきたんだ?

救急受診とも比較できない。
起訴されれば国選がつくから、「治療しないと死にます」なんてことはない。
当番弁護士も裁判所に上申してそのまま国選にしてもらったりもするし、
ここから先は正規の料金を請求します、なんてのも全ての場合ではない。
そもそも接見(問診)はするんだから、所見の結果を踏まえないってのも
やや違う気がする。それから、弁護人がする「検査」ってなんだ?

524 :無責任な名無しさん:2006/03/19(日) 21:43:24 ID:mxXX7RNZ
>>522 同意。主語が二つあって間の句読点も変なんだが、これが法曹の文体?

>>523
> そもそも接見(問診)はするんだから、所見の結果を踏まえないってのも
> やや違う気がする。それから、弁護人がする「検査」ってなんだ?

医療費を払えない患者には、二回目の診察も治療も行わないないのであるから、

救急外来での治療を依頼する患者には、一切のデータを見せずに生命にかかわる疾患の
可能性を強調して精神的に追い詰め、治療の継続に同意する旨の書類の提出を指示し、

…と読み替えられると思ったんだが。変かな。

525 :無責任な名無しさん:2006/03/19(日) 22:14:32 ID:2kRPklF/
>>524
「一切のデータを見せずに」というけれど、当番弁護の段階では、
弁護人が事件記録を見ることはほぼ不可能。警察や検察が見せてくれるはずない。
被疑者の言い分を聞いて、よほどのことがない限り、被疑事実に間違いがないと思われれば、
場合によっては実刑の可能性を示唆するのは当然だろう。
病気の診断の仕方は分からないけれど、
刑事事件の場合、接見の結果、自白している場合には、情状で争うし、
弁解がある場合でも、法的に無意味だったり、極めて不合理な場合には、
裁判で通用しないことを説明して、自白するよう勧めることはあり得ると思う。
そのやり方に上手下手はあるだろうけれど。

それに当番弁護士がつけなくても、起訴されれば、国選がつくんだから、
2回目の診察は行われないけど、また別の機会に無料診察・治療が受けられる
(判決で国選費用が請求されることはあり得るが、実刑ならまず請求されない)。


526 :無責任な名無しさん:2006/03/19(日) 22:25:40 ID:2kRPklF/
>>524
それは内容からして、法曹を批判している人の文章でしょう。

527 :無責任な名無しさん:2006/03/19(日) 23:13:07 ID:mxXX7RNZ
なんだ、つまり議論そのものの意味がないのね。失礼。

528 :無責任な名無しさん:2006/03/19(日) 23:34:24 ID:mxXX7RNZ
だけだとせっかくレスつけてくれた>>525-526に失礼なので。世間話的ではありますが。

>>525
> 「一切のデータを見せずに」というけれど、当番弁護の段階では、
> 弁護人が事件記録を見ることはほぼ不可能。警察や検察が見せてくれるはずない。

なんだ、じゃ救急外来に来た患者さんの、問診票みて最初の話を聞いたところ(データは
見せようにもまだ出てきてない状況)だ。

> 病気の診断の仕方は分からないけれど、

診断というか、一般的な外来初診の場合は
1)待合室で問診票書いてもらって血圧や体温測ってもらって
2)話を聞いて身体所見をとって、必要なら採血やX線写真、CTに行ってもらって、
3)その結果が揃ったら病気の診断を下して、再度診察室に入ってもらって説明、
4)薬の処方をしたり再診や追加検査の予約をして、はい、お大事に。

もちろん重篤な人や入院の必要な人だと上の流れのいろんな部分が変わるけど、
救急でも基本的にはこんな流れ。2)の後ろのところで結果が出るまでに本人や家族に
「今のところはこんな状況でこんな風に考えてます」と説明することもあるから
そこんとこに相当する話ですね。そりゃもちろん怖い話も可能性があればしますわ。

一応、応えてくれたお礼に。そいでは流れを元にもどして、と。

たとえば火事場の消防士、たとえば玄倉川のレスキュー隊、たとえば救急の医師、
助けようと試みるも力及ばず助けられなかった場合、タイーフォなのはどれでしょう?
後だしで「あの時ああしていれば助けられたはず」というのはどの職業でもあるよね。

529 :無責任な名無しさん:2006/03/20(月) 18:43:55 ID:Bbv9RHYT
日本一判決の短い判事、司法の“蛇足”を暴く!!
「判決文の半分、判例の8割」必要ない
http://www.zakzak.co.jp/top/2006_03/t2006032015.html

530 :無責任な名無しさん:2006/03/23(木) 22:40:38 ID:jHzIkOLE
日本衰退史 −序章− 

若手の産婦人科志望者が4割減
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1143032900/



531 :無責任な名無しさん:2006/03/24(金) 00:46:22 ID:tWzOE0Yx
:a:2006/03/23(木) 19:50:16 ID:???
それにしても私が憂慮しているのは医療ミスで医師が警察に逮捕されたり、逆に
医師が死亡交通事故を起こしたりした場合に医道審議会から医師免許の停止を
食らったりする事態です。医療ミスを起こせば民事訴訟は免れないとしても
なぜ警察が出てきて逮捕されるのでしょう。一般的に先進国では医療ミスを起こしても
それが故意でない限り刑事訴追は免責となるのが普通だと聞いています。
アメリカの同僚に日本で最近逮捕された産婦人科医師の話をすると、「お前らの国は
どういう人権してるんだ?もっと医者が声を上げて訴えていかないとだめじゃん」
といわれました。


532 :無責任な名無しさん:2006/03/24(金) 14:24:21 ID:+katWsDT
本人は納得していても もう死んでしまっていない。
本当に説明を聞いていない身内がいくらでも湧いてくるし。
訴訟のネタはいくらでもあるんだよね。

533 :無責任な名無しさん:2006/03/25(土) 00:53:30 ID:uc1f8FnL
>530
4割減は例のふくすま県の産科医逮捕事件がある前の調査。
事件後はさらに激減か?

注)帝王切開による妊婦死亡が事件じゃなく、逮捕が事件である。

534 :無責任な名無しさん:2006/03/25(土) 13:03:52 ID:mVOrA9Xx
お前ら日本が滅んでいく様、よく見ておけ。

535 :無責任な名無しさん:2006/03/28(火) 10:41:04 ID:bha2A93D
【福島】不当逮捕された産婦人科医師を救え14
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1143205093/

患者7人殺害か呼吸器外し外科医…富山
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1143289931/

僻地医療の自爆燃料を語る16
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1143020475/

【蟹工船】舞鶴の病院もう医者はこない5【4ドミノ】
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1141217987/

産科医絶滅史 〜出産は当選者のみ〜 第7巻
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1142655849/

【僻地】尾鷲市民病院産科は年収5500万【産科】
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1141736378/

【タダ働き】杏林大学病院第5病棟【奴隷募集】
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1140549015/

医師会は会員の味方?4
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1133879080/

公立病院の勤務医の給料2
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1141969210/

536 :無責任な名無しさん:2006/03/28(火) 11:23:19 ID:FhpfFsHg
法匪としかいいようがない法曹が増えているのは確実なんだよね。

537 :無責任な名無しさん:2006/03/28(火) 16:20:24 ID:SZuQMBUo
裁判官が日本を滅亡に導く
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/shikaku/1139370784/

産科・小児科医療崩壊は医療訴訟が原因
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/jurisp/1139405334/

裁判官の部屋 その3
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/shikaku/1137575282/

【厚生】厚生労働省について語ろう5【労働】
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/koumu/1137512757/

538 :無責任な名無しさん:2006/03/28(火) 23:47:37 ID:LBIXaoDC
<割りばし事故>4歳児死亡、両親「真実」求め6年余

 東京都杉並区で99年7月、高校教諭、杉野正雄さん(54)の三男隼三ちゃん(当時4歳)の、
のどに割りばしが刺さり死亡した事故で、業務上過失致死罪に問われた
元杏林大付属病院の医師(37)に対する判決が28日、
東京地裁で言い渡される。事故から6年8カ月。02年11月の初公判から
計43回の公判の大半を傍聴した正雄さんと母文栄さん(49)は
「隼三の死が無駄にならなかったと思える判決を聞きたい」と語る。
 隼三ちゃんは99年7月10日、盆踊り会場で転び、持っていた綿あめの割りばしをのどに刺した。
救急車で三鷹市の杏林大医学部付属病院に運ばれ、担当医は塗り薬をつけただけでCTスキャンなどはせず自宅に帰した。
翌日、隼三ちゃんは死亡した。
 02年8月に担当医は起訴されたが無罪を主張。両親にとって裁判は苦痛の連続だった。
毎回の公判で事故を追体験させられ、悲しみが深くなる。傍聴席の最前列に座ると検事調書の解剖写真が見え、
正雄さんは目をそむけようと眼鏡を外した。
 それでも両親は法廷に通い続けた。「隼三にはもう運動会も入学式も卒業式もなく、
この法廷だけが主役の舞台。裁判の場で隼三のことが語られている限り、親として見守り続けたい」(文栄さん)からだ。
 証人出廷した文栄さんは、母親の自分が悪かったように
「100%担当医の責任だと考えているのか」と問われたこともあった。
「こんなにつらいなら、事実なんか分からなくてもいいから裁判をやめたい」という思いもよぎった。
 隼三ちゃんが生前、正雄さんと一緒に近くの公園で拾ったドングリは、
庭のプランターで正雄さんの背たけほどの高さに成長した。
「医師は潔く過ちを認め、患者や遺族を傷つけることが今後は起こらないでほしい」。
2人はそう願う。【佐藤敬一】

539 :無責任な名無しさん:2006/03/29(水) 14:47:12 ID:mL1DMisS
>医師は潔く過ちを認め、患者や遺族を傷つけることが今後は起こらないでほしい

随分、都合のいい主張だな。
「母親の自分が悪い」当然だろ。

540 :無責任な名無しさん:2006/03/30(木) 12:55:19 ID:EiGSlq+4
そんなに医者の気持ちが分からないのだったら
36時間裁判をぶっ続けにやってみろ(それも2-3年間続けて)
判断ミスしたら逮捕してやるからな

541 :無責任な名無しさん:2006/03/30(木) 20:19:53 ID:OhbH8Sfr
母親は潔く過ちを認め、救急医療や医師を傷つけることが今後は起こらないでほしい


542 :無責任な名無しさん:2006/03/30(木) 21:32:04 ID:CCtw/HTy
>541
残念ながら日本はアメリカのように訴訟社会に向かっているので
今後、増えてくるでしょうね。
医師という職業も今後大変になるんでしょうね、特に救急や産科は


543 :無責任な名無しさん:2006/04/02(日) 00:55:06 ID:a8QQaGVN
最近は、反省の真似もできないチンパンジーや「先生」が増えている。
そういったのが、世迷言ってる。大体、訴訟起こしてるのは誰だ。
自分たちがやってるくせに、他人事みたいに、よく言えるもんだ。



544 :無責任な名無しさん:2006/04/02(日) 09:21:46 ID:Nem/GxsC
国会で枝野議員による福島産婦人科医逮捕事件に関する質疑

http://www.shugiintv.go.jp/jp/wmpdyna.asx?deli_id=29952&media_type=wn&lang=j&spkid=153&time=00:08:02.3

法務大臣に危機感や責任感、無し。
全くの他人事。


545 :無責任な名無しさん:2006/04/03(月) 17:23:34 ID:0w6UASsb
宮城県の司法は裁判所も含めてテロリズムだと思う。


546 :無責任な名無しさん:2006/04/05(水) 01:05:57 ID:jnUxT8LR
そんなに医者の気持ちが分からないのだったら
36時間裁判をぶっ続けにやってみろ(それも2-3年間続けて)
判断ミスしたら逮捕してやるからな


547 :無責任な名無しさん:2006/04/05(水) 01:08:50 ID:MUMz2pr4
>>546
36時間連続で手術でもしているのですか?
裁判官も夜間令状当番に当たったときは36時間連続勤務なんて当たり前にありますが、何か?

548 :無責任な名無しさん:2006/04/05(水) 01:32:46 ID:PW8zcjdy
>>547
裁判官の文系の少ない頭脳がもとの判断ミスで人権侵害しても、少ない頭脳振り絞ってごまかし通すだろ。

それに逮捕するのは警察官とかだから裁判官自身は矢面に出て来ないで良く、
とりあえずは当事者からギャーギャー喚かれることはねぇだろ?

そんな仕事なら120時間連続勤務だってできるわいw
夜間令状当番たってほとんどは寝てるか寝ながら適当な令状打ってんだろうよ、塵芥裁判所の裁判官君よww

549 :無責任な名無しさん:2006/04/05(水) 01:51:24 ID:MUMz2pr4
>>548
いかにも頭の悪そうな文章ですねw

550 :無責任な名無しさん:2006/04/05(水) 01:55:02 ID:qc9w5NO2
>>547
夜間令状当番って、一晩に何十件位の対応をなさるのですか?
翌日の日中勤務にはどの程度の影響がございますか?

551 :無責任な名無しさん:2006/04/05(水) 02:02:19 ID:R6RqYwR4
人権保障のために、国会が人身保護法を制定しているのに
裁判所が規則で当事者適格をかなり限定しているのはおかしい。
裁判所には人権を保障しようという考えはないのだろうか。

552 :無責任な名無しさん:2006/04/05(水) 13:35:24 ID:GOanWSEw
>547

うん、医者の俺でも出来そうな仕事だな。

楽そうだから代わってやってもいいぞ。

553 :無責任な名無しさん:2006/04/05(水) 18:11:10 ID:ug1c8rVO
( ̄ー ̄)ニヤリッ

554 :無責任な名無しさん:2006/04/06(木) 19:44:54 ID:v/+21ROu
内科医ぐらいなら俺でも出来そうだな。
代わってやるよ>552

555 :無責任な名無しさん:2006/04/06(木) 21:48:31 ID:9T8Kw2qo
>>554
じゃ、とりあえず外来50人と病棟20人こなしといてくれ。

あ、あとコーヒー牛乳とメロンパン。それとマイルドセブンな。

556 :無責任な名無しさん:2006/04/06(木) 23:24:03 ID:B8gDGirg
割りばし事件無罪についてはノーコメンツですか?

557 :実習生さん:2006/04/06(木) 23:45:58 ID:q/gOb2fF
>1
>...医療訴訟において理不尽な判決が続出していることが
>真の原因です。...




まったく正しいです。




558 :無責任な名無しさん:2006/04/07(金) 00:52:48 ID:ir5dGlg0
>555 :無責任な名無しさん :2006/04/06(木) 21:48:31 ID:9T8Kw2qo
>>554
>じゃ、とりあえず外来50人と病棟20人こなしといてくれ。

>あ、あとコーヒー牛乳とメロンパン。それとマイルドセブンな。

こんなバカみたいな文章書いて、
悦に入っている人ってどんな人?

559 :無責任な名無しさん:2006/04/07(金) 08:29:29 ID:/av6Be1T
春だからね。

560 :無責任な名無しさん:2006/04/07(金) 17:53:46 ID:nwpTmjSP
>>558
裁判官の分際で人をバカにしたらいかんだろw
せいぜいお粗末な判決出して国民に迷惑かけんこった、
引きこもりの社会の汚物の裁判官君ww

561 :無責任な名無しさん:2006/04/07(金) 20:40:39 ID:/av6Be1T
>>560は、周りの人がみんな裁判官に見える妄想にとりつかれたようだねw

562 :無責任な名無しさん:2006/04/07(金) 22:39:15 ID:2IYLFAXu
>>561
で お前は引きこもり裁判官と同類の無職か、法律ヲタ君とw

563 :無責任な名無しさん:2006/04/08(土) 00:08:37 ID:ZWUe4zog
かくて基地外だけがこのスレに残るとw

564 :無責任な名無しさん:2006/04/08(土) 17:50:12 ID:30zjtx8f
  少年犯罪に甘い裁判官が日本を熱望に導く(強姦事件)
女子高生が、夜8時過ぎ帰宅中、足立区綾瀬の少年らに誘拐されて40日間監禁、
陵辱の限りを尽されて殺害された。少年らは、女子高生を全裸で踊らせ、体にオイル
を塗って火を着け、熱さに悶え苦しむのを見て笑い、性器に棒を押し込み陵辱した。
 女子高生コンクリート詰め殺人事件 http://www8.ocn.ne.jp/~moonston/lynch.htm
 (表示画面の最後。性器を灰皿代わりにしたことなどを記載)
犯人の実名  http://www.geocities.jp/zenbo2005/  

主犯以外の犯人の服役期間は、未決勾留期間を除き全て6年程度であった。
出所後は、再犯する者、犯行を自慢する者などが多く、社会復帰した者も
「事件は済んだことであり、自分たちは無関係」と発言している。
主犯については、刑期満了以前の仮保釈が準備中であるという。
司法関係者の犯罪被害者への配慮は少なく、今の法務大臣でさえ「凶悪犯罪に
裁判所が死刑判決をしても、自分は死刑執行を許可しない」との態度を取っている。


565 :無責任な名無しさん:2006/04/08(土) 22:41:37 ID:1S4CiOq6
>>564
コピペにレスするのもなんだが、
元少年たち(?)には是非、次は裁判官を物色して、同様の事件を
やっていただくよう、お願いしたいもんだね。

566 :無責任な名無しさん:2006/04/09(日) 02:00:16 ID:SpUXjKoU
>>565
「甘い裁判所も2度目には厳しい」と言われるのがオチ。


567 :無責任な名無しさん:2006/04/10(月) 20:46:17 ID:Tufo0voa
>544
医師版で産婦人科医逮捕事件は話題になっているが、
医師側に過失がなく、不当逮捕である、というみかたが強くなってきている。

仮に、不当逮捕だとしたら、担当した警察・検察は何か処分をうけるのか?

それとも処分を受けるのを避けるために何が何でも有罪にもっていこうとするのか?

568 :無責任な名無しさん:2006/04/10(月) 20:47:03 ID:C0ptFMNO
>>567
受けない。

569 :無責任な名無しさん:2006/04/10(月) 21:10:32 ID:Tufo0voa
>568
この事件は医学的には過失がないので、恐らく無罪になるはずだけど、
そうなったら、この逮捕も不当逮捕とはっきりいえるようになるはずだけど、
検事や警察署長は 降格 とか 組織の倫理委員会などで処罰 されたりしないのか。

法律では処分されなくても、組織内では処分されるということはないのか。

570 :無責任な名無しさん:2006/04/10(月) 21:17:11 ID:C0ptFMNO
しまった。飯食いながらだったから、ネタスレに書き込んでしまった。。。
一応答えるけど、

>>569
処罰はない。
もちろん、処分もされない。

571 :無責任な名無しさん:2006/04/10(月) 21:22:44 ID:0Uj+XUxS
>569
建前上は処分されない。


572 :無責任な名無しさん:2006/04/13(木) 23:38:13 ID:lVxIyIaB
法が変われば さばきが変わる。

裁判官が変わるか
時代が変わるか、
国が変われば
 判決が変わる。

しかし 人の命の重みも
それを守る仕事をする 人の重みは永遠に変わらないはずだ。
裁判官は、それを、どれだけ客観的に 裁けるんだ?

573 :無責任な名無しさん:2006/04/14(金) 02:11:57 ID:01gJpXNy
そもそも「客観的な裁判」なんてあるのか?
それができるなら、コンピュータに裁判させられるのだが。

574 :無責任な名無しさん:2006/04/14(金) 08:36:19 ID:6kNBPHNi
>>573
可能な限り客観的であろうとする努力を、ほんの少しでも行った形跡が
認められる裁判、で十分なのですが。

医療裁判に関して言えば↑すら期待できない。
裁判所の中じゃ胎児が呼吸したりするらしいし。

575 :束線止め(ケーブルタイ):2006/04/15(土) 02:57:38 ID:DCx39i0J
鳴防止のため、束線止め(ケーブルタイ)を金属構造物に使用した。
メトロノームの錘を移動させるのと同じ原理で、共振を一部減じえた。
公園、駐車場のフェンス、標識、水道管、湯沸かし器配線、洋室のえもん
かけ、ベランダ柵、階段手摺、雨水管などである。

http://yellow.ap.teacup.com/centerminami/

人体に有害な振動を生ずる共鳴現象は確かに存在しており、根源的でなくとも
健康障害防止のため、国、地方公共団体は、防止策を講ずる必要がある。


576 :無責任な名無しさん:2006/04/15(土) 15:13:00 ID:roxCmlvJ
人類は3次元世界に生きている。

ところで我々人類がタイムワープの技術を開発し、過去の世界に
干渉できるようになり、そして過去に干渉した時に現在の世界に
影響があるのではなく、平行時間軸ができてそこに新たな歴史が
刻まれるとしたら、それは4次元世界ではなく5次元世界になる。
人類がタイムワープの技術を手に入れれば、人類が支配できるのは
4次元世界ではなく5次元世界になるわけだ。

そしてこの5次元世界が神の作った仮想世界であり、神は独自の
3次元空間の中で我々の5次元世界を観察しているとすれば、神の
世界は我々から見て8次元の世界にいることになる。

神は8次元世界に存在する!

577 :無責任な名無しさん:2006/04/15(土) 16:45:06 ID:WvMZaGuT

春ですねぇ〜

578 :束線止め(ケーブルタイ):2006/04/17(月) 02:20:36 ID:52Cj6x0V
束線止め(ケーブルタイ); 当公団住宅の場合、階段室(12階まである)
の束線止め(ケーブルタイ(金属製音叉様で、ハープのよう)がある。束
線止め(ケーブルタイ)で手摺を一部止めると、音叉の原理に従った共鳴が
減じて、ときどき来る一過性の激しい揺れが小規模になった。倒壊の危険は、
今そこにある危機である。
http://yellow.ap.teacup.com/centerminami/

579 :破産者:2006/04/21(金) 08:04:23 ID:++mTict5
本当に困った裁判官。鳥取地裁米子支部にこの間までいたM本Y紀子。
本人訴訟の当事者に対してとにかく高圧的。
いつまでもこんな小さな金額で長々と争うんじゃない,和解しろだって。
弁護士にはへいこらしているのに,本人に対しては極めて攻撃的で横柄。
言い分を全く聞かずに,すぐにキレる。
判決も支離滅裂で何を言いたいのか分からない。


580 :無責任な名無しさん:2006/04/21(金) 18:04:51 ID:gi2LE/Jd
裁判所って、ずいぶんと開かれた組織なんですねえww
最高裁判所の委員に、アレフ(オウム真理教)代理人弁護士がなれるんですからww

最高裁判所公式サイト「裁判の迅速化に係る検証に関する検討会委員名簿」
http://courtdomino2.courts.go.jp/shanyou.nsf/0258b7a1680aa82849256467004875a6/89c379f1444c878d49256e01000a86c0?OpenDocument
宗教団体アレフ広報部公式サイト
http://info.aleph.to/sinnpou/s000117.html

581 :無責任な名無しさん:2006/04/22(土) 08:05:08 ID:9lHm8V+O
>>579
その名前だけで、免責審尋でいじめられた破産者との推定が働くが・・・

582 :無責任な名無しさん:2006/04/22(土) 09:09:29 ID:7oknNumN
>>579様へ
私と同じように、つらい思いをされたのですね。心から同情いたします。
『M本Y紀子』なんて、伏字にして差し上げる必要はまったくないですよ。
どうぞ御遠慮なく実名をさらしてやって下さい。そもそも、裁判は公開が原則です(憲法82条)。
また、相手が裁判官で、書込みが事実であれば、名誉毀損にはなりません(刑法230条の2第3項)。
現に、公務員板では、経済産業省の谷みどり等、実名が何百人分も出てきています。

私も、もし裁判で負けたら、裁判官の実名をさらすつもりです。
私は、子供を連れて家出した妻から離婚裁判を起こされ、親権を争っています。
妻は、家出前、子供への虐待を繰り返していました。
ですから、妻に親権がいけば、子供に危害が及ぶ危険が高いのです。
もし、妻に親権がいくような判決が出たら、裁判官の実名をさらすつもりです。
2ちゃんねるで削除されたら、自分でブログを立ち上げてでも、さらすつもりです。
裁判所のためにも、裁判所のウミを出してやることが必要不可欠であると思います。

583 :無責任な名無しさん:2006/04/22(土) 11:56:41 ID:GxFFuqa1
>私も、もし裁判で負けたら、

これだけで、私利私欲、嫌がらせのために名前を公表しようという意図が明白だね。

584 :無責任な名無しさん:2006/04/22(土) 12:41:57 ID:2Rmp1tZC
583よ、M本Y紀子はオマエだろ。

585 :無責任な名無しさん:2006/04/22(土) 14:40:41 ID:9lHm8V+O
>>582
裁判に勝ちたいなら、こんなところに書いてないで
弁護士と今後の立証方針を相談すべし。

586 :無責任な名無しさん:2006/04/22(土) 18:57:28 ID:ttWlvmOb
>>585
別に後者を行いつつ、ここに書いていても良いと思うが。
排他的な行為じゃないよな?

587 :無責任な名無しさん:2006/04/22(土) 20:28:44 ID:9lHm8V+O
排他的ではないが、ここに書いても事件を有利に進めるには生産的ではない罠。


588 :無責任な名無しさん:2006/04/25(火) 14:34:04 ID:STrxhmlC
産科・小児科医療崩壊は医療訴訟が原因Part2
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/jurisp/1145928809/
1 名前:法の下の名無し[sage] 投稿日:2006/04/25(火) 10:33:29 ID:iQSLnLwx
産科・小児科医療がが全国で崩壊の危機に瀕しています。
診療報酬が少ない、激務であることも事実です
しかし産科・小児科医師の志望者が激減している理由はそれだけでは
ありません。医療訴訟によって今まで吸っていた甘い汁が吸えなくなった
事が真の原因です。産科・小児科医療が崩壊すれば、誰が子供を産
もうとするでしょうか。少子化はさらに加速し日本は本当に滅びるでしょう。
善意で産科・小児科を目指す若者を育て、金目当ての守銭奴医者を
どうしたら排除できるのか。そのための法制度はいかに築いていくべきな
のか?
法律家としての議論・提言をお願いします。

お約束
法律家に対して便汚士、放屁、法匪、などと蔑む医者が大量にいますが、
そのような職種なので哀れみながらスルーしましょう。
ときどきまともな人が出てきますのでその人へは冷静な対応をお願いします。
都合が悪くなったらスルーする人もスルー。

前スレ
産科・小児科医療崩壊は医療訴訟が原因
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/jurisp/1139405334/

2 名前:法の下の名無し[sage] 投稿日:2006/04/25(火) 11:41:33 ID:sOc3dPDD
新スレ立ったんで一つ頼みたいんだが、
裁判所サイトで医師の目線から見ておかしいとされる判決を何個かPick Upしてくれないかい?
当方法学側なのでよくわからんのですよ

589 :無責任な名無しさん:2006/04/30(日) 11:39:32 ID:dVGbpFeF
医師側には 応召義務 というとてつもなくやっかいな義務があります。
これはものすごくやっかいで特に僻地の公立病院では甚大な被害にあっています。
例えば)
・午前2時頃に「三日前から熱が出て、頭もボーとする。頭のCTとってくれ。」
・救急外来に親が子供を連れてきて「まだか。まだか。おれは客だぞ。うちの子にもしもの
ことがあったら、訴えてやる。」とどなり、騒ぐ光景は日常あたりまえのこととしてみられます。
(救急外来は混んでおり、自分の順番が来るのに時間がかかるという当たり前のことが
 わからない親がものすごく多い。)
・心筋梗塞で病院に搬送され、全力で治療したが、改善せず死亡したときに、病院に来たのに、死ぬのは
おかしい。医療ミスだ。謝罪して賠償金1億2000万払え、と騒ぐ家族。
(喫煙60本でかつ進行した糖尿病・高血圧があり、いつ心筋梗塞が起きてもおかしくないほど、
自分の体の健康管理を怠りすぎていたということは全く無視し、執拗に謝罪と金を要求して、訴訟を
起こしたがる家族たち。)

応召義務を悪用するDQN により医療の崩壊が更にすすんでいます。

応召義務を悪用した患者側に何らかのぺなるていーを課すことってできないのか。

590 :無責任な名無しさん:2006/05/03(水) 01:09:58 ID:ZybMMAm9
王将義務と資本手技は共存すること能わず

591 :無責任な名無しさん:2006/05/03(水) 23:35:59 ID:KSDar1og
ヤブ医者ブログ
http://blogs.dion.ne.jp/yabudoc/archives/3025946.html
2006年03月13日 医療刑事事件における裁判官の利益

福島県における帝王切開後妊婦死亡の民事訴訟は7年間も要した上,ネット記事には
---死亡原因については「裁判所が認定しなければならないものではない」と判断を避けた---
とあります.
 もしこれに近い文言が実際の判決文に含まれていたとすると司法界からは大きな批
判があったのではないかと考えます.

「法に関することは司法が判断するのが当然」という考えからです.

 そうは言っても死因の認定が一部の裁判官には荷が重いのは当然で,この判決を出した
裁判官は正直な人だと思います.

 「専門家からなる第三者機関が医療事故を審査すべきだ」という主張を裏付ける根拠の一
つがここにはあります.ただし,「裁判官が白衣を着てはならない」が持論の方々には通用
しない主張ですけどね.

 そしてこうした持論をお持ちの方々が後押しする中で,帝王切開死亡事故の担当医が
逮捕・起訴されたと私の目には映ります.

592 :無責任な名無しさん:2006/05/03(水) 23:36:58 ID:KSDar1og
>>591
刑事訴訟となる医療事故が増えると,民事医療訴訟にどういう影響を与えるのでしょうか?
あくまでも有罪判決が増えると仮定した場合ですが,刑事訴訟の判例は医師の責任をより
明確化するため,民事訴訟における争点(医師にどこまで責任を問えるか)の早期明確化
に寄与すると思われます.

 経過を観察し易い刑事訴訟の成り行きは,民事における審理のモデルもしくは参考として
方法論確立にも寄与すると思います.

 さらに,「刑事責任まで問えるほど医師の過失責任は大きい」が定着すれば,当然民事に
おいても医療側有責事例の増加に繋がると思います.これは前の記事で書いた,「鑑定運
用改善」の名の下に医療側不利の場合に鑑定申請却下する方向性と合致して,審理スピ
ードアップに寄与します. 
 
 医療側敗訴率増加は早期和解例増加に繋がり,これも審理を早めます.

 つまり,刑事医療訴訟で有罪例が増加することは,民事医療訴訟のスピードアップひいて
は未済医療訴訟の消化に繋がり,裁判所としてはハッピーなわけです.

 たぶん一部の裁判官は,センセーショナルで医師が有罪となる刑事医療裁判を望んでい
ると思います.

593 :無責任な名無しさん:2006/05/08(月) 23:41:46 ID:xTuuJ2+B
>一部の裁判官は,センセーショナルで医師が有罪となる刑事医療裁判を望んでい
>る

そうですね。
弱者にやさしい、大岡裁き、
悪代官こらしめる水戸黄門、とだぶらせて、マスコミ、大衆から大歓迎。

”画期的な判例”だとか評されれば
 ノーベル賞とったような、天にも昇る気分でしょう。
老輩裁判官が ”歴史に名を残せたぞ”と、ほくそえむ姿が目に浮かぶようです。


594 :警察の取り調べは対象外。 :2006/05/10(水) 09:38:53 ID:r3jANel3
法務・検察当局は九日、検察官による容疑者の取り調べの一部で、
録音・録画(可視化)を試行導入することを決めた。東京地検のほか大阪地検でも実施する
方向で検討。「自白偏重の温床」の密室での取り調べの改善につながることも期待される。
これまで録音・録画に一切応じなかった捜査当局にとって重大な方針転換となる。
 試行は裁判員制度の対象事件のうち、起訴後の公判で被告人の供述調書の任意性が争点に
なると予想される場合に限る。一般国民から選ばれる裁判員に分かりやすく客観的に供述調
書の任意性を立証することが狙い。

 2月24日 706便事故第5回公判 その4  (別件で、名古屋で問題とされた検事の調書作成方法)
http://www.jalcrew.jp/jca/news-htm/17/17-157.htm
   名古屋地検在任中の秋霜烈日。

 現行の刑事裁判では、捜査段階の供述調書と、法廷での被告人質問に食い違いが生じると、調書の
任意性が争点として浮上する。法廷では警察・検察による取り調べ・調書作成の過程で暴行や脅迫な
どがあったかどうかについて証人尋問が繰り返され、審理が不毛に長引くことがある。
 録音・録画の試行は、裁判員制度の対象事件の中でも「取り調べの機能を損なわない範囲内で相当
と認められる部分」に限定。検察官は経験則などから、公判で被告人の供述調書の任意性が争われる
と予想される事件について適用する。警察の取り調べは対象外。


595 :警察の取り調べは対象外。:2006/05/10(水) 09:40:35 ID:r3jANel3
 裁判記録は、訴訟指揮で罵倒の言葉が省かれていたり、改竄されるもの
なんですけれどね。

596 :無責任な名無しさん:2006/05/10(水) 20:53:19 ID:cdN84QDu
司法書士の新名称が事務弁護士または弁護事務士を短くした、
弁事士に決まりました。
英訳はSolicitorです。
弁事士は日本版の事務弁護士だそうですよ。

597 :無責任な名無しさん:2006/05/18(木) 22:13:51 ID:9PFbchW5
>>>593>一部の裁判官は,センセーショナルで医師が有罪となる刑事医療裁判を望んでい
>>る

>そうですね。
>弱者にやさしい、大岡裁き、
>悪代官こらしめる水戸黄門、とだぶらせて、マスコミ、大衆から大歓迎。
>
>”画期的な判例”だとか評されれば
> ノーベル賞とったような、天にも昇る気分でしょう。
>老輩裁判官が ”歴史に名を残せたぞ”と、ほくそえむ姿が目に浮かぶようです。
>

”一部”でなく かなりの裁判官が、じゃないでしょうか。

598 :無責任な名無しさん:2006/05/19(金) 10:15:55 ID:vrZBhMkq
医療系裁判において、不思議と藤山裁判長は大岡裁き的な判決出してないよねぇ

599 :無責任な名無しさん:2006/05/22(月) 21:32:59 ID:VswQopge
>>6
> 最高裁で、治療ガイドラインを作ってくれないかな。
> 学会のガイドライン通りでは、何をやっても刑事で有罪になりそう。

むりむり、最高裁の低脳裁判官たちが、それをできると思っている、あんたが悪い。おお悪だ。



600 :無責任な名無しさん:2006/05/22(月) 21:36:47 ID:VswQopge
>>585
> >>582
> 裁判に勝ちたいなら、こんなところに書いてないで
> 弁護士と今後の立証方針を相談すべし。

あほ、ばか、金儲けの弁護士なんか、むだ、そんなくだらんこと言う人は、出てこなくていい。
くその役にもたたんから、ひっこんどれ!


601 :無責任な名無しさん:2006/05/22(月) 21:40:40 ID:VswQopge
>>572
> 法が変われば さばきが変わる。
> 裁判官が変わるか
> 時代が変わるか、
> 国が変われば
>  判決が変わる。
> しかし 人の命の重みも
> それを守る仕事をする 人の重みは永遠に変わらないはずだ。
> 裁判官は、それを、どれだけ客観的に 裁けるんだ?

そんなの、見てないもの。自分が公務員として金儲けできればいいにきまってる。
そんなこと、解らないの? 子供だね。 裁判なんて、大人の遊び、ゲームに決まってんじゃん!

最初で最後は、殺し合い。先に殺したが、勝ち。千年まえも、1万年まえも、同じ。


602 :無責任な名無しさん:2006/05/23(火) 01:56:58 ID:wcNVt6sV
>>601
裁判官じゃあカネ儲けはできないだろよ。
それに1万年前の恐竜並みのアタマスカスカな椰子にしか務まらんだろな、こんなクサレ仕事。

603 :無責任な名無しさん:2006/05/23(火) 11:06:33 ID:WwDUd2DS
>>602
> それに1万年前の恐竜並みのアタマスカスカな椰子にしか務まらんだろな、こんなクサレ仕事。

1万年前の恐竜並みのアタマスカスカな椰子だからこそ務まっ(ry

604 :無責任な名無しさん:2006/05/23(火) 19:03:29 ID:Cqi3CeUf
>>603

アタマスカスカな椰子、圧力をうけているのでつかね?
医療費削減が声高くいわれている折ですから、

605 :無責任な名無しさん:2006/05/24(水) 17:34:07 ID:ri89xbE6
 将棋では、(3、3)歩、(1、1)玉、等と症状が明解です。囲碁も似ています。
ですから、将棋や囲碁では定石がある場合は、定石に従うほうがいいのです。
医療も定石(常識)を無視すれば、裁かれても仕方ないかも知れません。
でも、将棋や囲碁と違ってそれぞれの患者が、それぞれの症状を表します。
(3.4、2.7)金なんていうのもあるでしょうし、(-5.9、-20.3)銀なんてのも
医療界の症状(棋譜)ではありなんです。それを、検査や診察で捉えて
相手に勝つ(治療)しなければなりません。

 しかし今、裁判の結果に対応して、続々と新しい、定石が生みだされつつあります。
この定石は、医療を育てるのにも、あるいは、患者のためにも、経済的にも、さらには
日本にとっても、あまりよくありません。どうして、このような変な定石(常識)を
生み出してしまったのでしょうか?医療界が作ったのではありません。


606 :無責任な名無しさん:2006/05/24(水) 17:35:16 ID:ri89xbE6
 将棋では、(3、3)歩、(1、1)玉、等と症状が明解です。囲碁も似ています。
ですから、将棋や囲碁では定石がある場合は、定石に従うほうがいいのです。
医療も定石(常識)を無視すれば、裁かれても仕方ないかも知れません。
でも、将棋や囲碁と違ってそれぞれの患者が、それぞれの症状を表します。
(3.4、2.7)金なんていうのもあるでしょうし、(-5.9、-20.3)銀なんてのも
医療界の症状(棋譜)ではありなんです。それを、検査や診察で捉えて
相手に勝つ(治療)しなければなりません。

 しかし今、裁判の結果に対応して、続々と新しい、定石が生みだされつつあります。
この定石は、医療を育てるのにも、あるいは、患者のためにも、経済的にも、さらには
日本にとっても、あまりよくありません。どうして、このような変な定石(常識)を
生み出してしまったのでしょうか?医療界が作ったのではありません。


607 :無責任な名無しさん:2006/05/24(水) 19:34:28 ID:77cGgB5t
>>605
そのうち囲碁や将棋の名人戦とかで逮捕者が出るかもわからんね。
「あの12歩成が悪手で、ここを67銀としていれば、相手の穴熊を攻略できた可能性が高かった。
イチかバチかで将棋を指してもらっては困るし、結果として多くのファンの期待を裏切った。
これは期待権の侵害に相当する」とか。

608 :無責任な名無しさん:2006/05/24(水) 21:35:49 ID:ri89xbE6
>>607

レス、サンクス、「おっしゃりたいこと本当によく伝わりました」

(by 605 606 ダブってごめん)



609 :無責任な名無しさん:2006/05/24(水) 22:58:23 ID:ri89xbE6
>>607
アナグマ攻略は自分もしてもらいたいと思っています。
イチかバチかでない方法で望んでほしかったです。
自分はアナグマ攻略の前に消えていく方ですけれども。
自分は将棋は素人なので、今回のレスは結構解読困難
でした。もし、機会があれば、また、このようなレス
よろしくお願いします。

610 :無責任な名無しさん:2006/05/25(木) 07:22:17 ID:Q6GDKYi0
大多数の医師は良心的です。
法曹界も、おそらくそうであるように。

大多数の良心的な医師が「理不尽」だと感じるかどうか、が重要ではないでしょうか。
良心的な医師ですら納得できないような司法の状況ならば、産科は滅ぶしかないのです。



611 :無責任な名無しさん:2006/05/25(木) 08:32:29 ID:0tGr3Wlx
大多数の医者の一人と自認しております。今の司法判断は理不尽です。
自分の後輩たちに、患者さんの命を救うために全力を尽くせと語る前に
「裁判で変なこと言われない様に気を付けろよ。」
と釘をささなければならなくなっています。
産科はもうすぐ滅びます。

612 :無責任な名無しさん:2006/05/25(木) 09:57:45 ID:SErkfF/Y
 筆者の居住地域にある妄信は、流言蜚語を信じ込んだだけであり、根拠
を問うと何も答えられない場合が多い。Walkerのいう一次妄想
の指標(思考によって媒介されない・了解不能性・了解関連全体の変化)
を満たし、まさに文化大革命であり、Naziのユダヤ人排斥に等しい。

検察官の思い込み;捏造調書による冤罪事件。(中央日報自由掲示板;韓国)
http://japanese.joins.com/forum/board/view.php?no=49581&page=1



613 :無責任な名無しさん:2006/05/25(木) 12:08:35 ID:Q6GDKYi0
大多数の良心的な医師が理不尽と考えるのならば、それは司法の敗北でしょう。

結局、法の精神とは、良心に誓って妥当かどうか、ということに尽きるのでは
ないでしょうか?
専門家ではないので、理論的なことは分かりませんが。。。

614 :無責任な名無しさん:2006/05/25(木) 17:09:43 ID:t6T6sGvK
>>609

×イチかバチかでない方法で望んでほしかったです
○イチかバチかのような無法則でない方法で臨んでほしかったです


615 :無責任な名無しさん:2006/05/25(木) 23:15:29 ID:69kvHKxS
イチ(10%)かバチ(80%)か、で、80%が死である場合、
掛けることこそが人間存在の必然であるが、
司法はそういう根本的な本能そのものを否定している。

よって、非論理的かつ非科学的なばかりか、非生理的、非自然的、
ついには非宗教的ですらある。

根源的に、存在そのものが無意味だと言っても、ある面、過言とは言えまい。
自然科学は、存在は必然であり、発見を待っているだけ、というのとは対極だな。

616 :無責任な名無しさん:2006/05/26(金) 03:54:45 ID:0BQ2NQbq
金持、弁護士、公務員なら、詐欺をやっても隠蔽するというのが日本の裁判官。


617 :実習生さん:2006/05/26(金) 22:45:31 ID:Egkz3/p4
>特報・首都圏 医師不足!患者の命が救えない 
>
>06/02(金) 19:30 〜 06/02(金) 20:45 NHK総合
>▽あなたの町の病院は大丈夫?
>▽医師確保で競争激化
>▽激務はイヤ?若手医師の本音
>▽徹底討論 

激務は嫌じゃ無かったよ。
むしろ病院中走り回って充実していた。
給料高くなくとも、やりがいがあった。
昔は不信の目でみられたりせず、感謝されたからね。

しかしすぐ訴えられたり、逮捕されるようになった。
患者や家族の態度も、猜疑心や不信感をひしひしと感じるようになった。

もう自分をけずって、医療に尽くすのは終わりにしたいと思う。
これからは自分と家族の為に生きていく。

もう知らないよ。


618 :無責任な名無しさん:2006/05/27(土) 17:39:24 ID:V6S4wkDR
産科、小児科はもう詰みだな。

619 :無責任な名無しさん:2006/05/30(火) 22:28:32 ID:2Mn8tbZW
ふむぅ
なるほどよのう

620 :無責任な名無しさん:2006/05/31(水) 20:52:18 ID:54WlD3OF
産科医・小児科医は投了すると思うよ。

621 :無責任な名無しさん:2006/06/06(火) 22:07:44 ID:7ziQC8EN
草加事件
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8D%89%E5%8A%A0%E4%BA%8B%E4%BB%B6
「異質の」冤罪事件 神山啓史
http://www.rikkyo.ac.jp/univ/araki/naraki/shirase/houdai/skkamiyama.htm

 裁判官を万能視するのはやめましょう。稀代の冤罪事件;草加事件は、O型とB型の
血液型が混じてAB型になるという事実認定を本気で判決に書いています。私の冤罪事件も、
1.血圧100/60 脈拍数60台の女性が、セルシン30mg経口服用したと供述して
いるのに、救急処置だと認めないこと。
2.セルシン30mg経口服用の薬物動態を明確にしても、事件後に立位で過ごした被害
者供述を信用できるとし続けること。
は、著しく奇異であると一年前にすでに主張しましたが、裁判官は理解できずに再審請求
を棄却しています。裁判官は、特異な技術屋だと思ってください。 私は、昨年は収入は
ほとんどなく、犬のような生活を強いられ、性犯罪者だとのよくわからないレッテルを張
られ、駅に行くまで根拠のない罵倒が何十回となく浴びせられます。家の湯沸かし器の
配管の螺子を緩められ錠を破壊され、住民エゴを受け続けるのに、所轄が動かない。
それが冤罪です。
   日本のDV防止法の立法瑕疵。
http://japanese.joins.com/forum/board/view.php?no=48747&page=1
  検察官の思い込み;捏造調書による冤罪事件。(中央日報自由掲示板;韓国)
http://japanese.joins.com/forum/board/view.php?no=49581&page=1
  救急処置誤認逮捕:冤罪事件その後。 診断書証拠無効。
http://japanese.joins.com/forum/board/view.php?no=50519&page=1

622 :無責任な名無しさん:2006/06/07(水) 03:24:28 ID:UgT/lDY0
>>621

 経験した者でなければ、全く理解しがたい苦悩ですよね!まずは、この場所
に書き込んで頂いた(私がこの文章を読めた)事に御礼申し上げます。実は私も、
非常に似た、経験をしている最中の者です。鍵を付け替えても、何者かが侵入
した痕跡がありあり。あからさまに、私自身が在宅中に解錠された事(ドアは
開かなかった)もあります。外出中には、本人でなければ(他の人には)普通に
思われる様な色々な、嫌がらせの言葉も耳にします。

 さてと、これらの事が偶然、あるいは幻聴、幻視であれば、単なる私の被害
妄想、あるいは精神の病気と言う事になります。では、なぜこのような事が起
こるのか? 医師の偏在(小児科、産婦人科、救急、脳外、僻地医が不足)の折、
私には離島へ行ってもらいたいとの事でした。なんでも、従わないときには、
何らかの問題(交通事故)などを起こさせて、司法取引?をするとの事です。

 このような、情報を耳にしますと、逆に動揺されるかも知れませんが、心を
強くもって、負けないよう頑張ってください。ご健闘、お祈り申し上げます。



623 :無責任な名無しさん:2006/06/07(水) 03:35:16 ID:UgT/lDY0
>>621


http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1144593788/ ( -> 120)


624 :無責任な名無しさん:2006/06/08(木) 00:59:35 ID:PYP5tbXY

法律って何ですか?

すべては自然法に帰するものなんですか?

自然法って?なんなんですか?

from まだ医師です。

625 :無責任な名無しさん:2006/06/09(金) 00:05:11 ID:euUA+2UL
議員会館への警告文。(昨年度)
http://japanese.joins.com/forum/board/view.php?no=50769&page=1



626 :無責任な名無しさん:2006/06/12(月) 04:55:48 ID:bVA2XJRb

>>739 :卵の名無しさん :2006/06/12(月) 03:20:11 ID:Ds1EBp1y0

やっぱり民意は無視できないよなぁ
民意は産婦人科撤退、(小児ふくめ)救急撤退、外科撤退を望んでいるんだから
無視するわけにもいくまいよ


627 ::2006/06/12(月) 05:11:36 ID:bVA2XJRb

>>http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1149065212/

628 ::2006/06/12(月) 06:00:39 ID:bVA2XJRb
>>http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1149065212/

735 :卵の名無しさん :2006/06/11(日) 23:58:00 ID:zFncK9pA0
http://messages.yahoo.co.jp/bbs?action=m&board=1834664&tid=ja1eg8a9a4ga4nbbba2j0enejx2u2ulga4n4m5a1&sid=1834664&mid=292
他の自治体の司法関係者は、今回の逮捕劇は前例のないものと認めているようです。
>ただ、司法も世論を無視はできないそうで、今回の逮捕劇における福島県住民のさめ
>た反応が予想外であったとも言っています。つまり、「騒いでいるのは医療従事者のみ
>で、一般住民はこの逮捕を支持している。」と福島の司法関係者が判断している現状が
>あるのが、富山や北海道の尊厳死問題への司法の関わり方との大きな違いです。
>言い換えると、「福島県以外では、このような事案は民事の問題であって刑事事件とし
>て扱われることはありえない。」なのです。こんな土地で日々逮捕におびえながら生き
>るより、医師を大事に扱ってくれる土地は日本中どこにでもあることを福島県の勤務医
>もっと真剣に考えるべきでしょう。
 
>>>福島県の勤務医もっと真剣に考えるべきでしょう。 <<<



629 :無責任な名無しさん:2006/06/13(火) 02:40:27 ID:oTi3i6qi

↑の>>622 です。

他の方には意味のない、あるはあったとしても、無視し得るほどの
そのような言葉を、随分かけられました。慣れてしいましたけれど。
さて、この様な事はいかにして可能で、どうすれば、なしうるのか?

私が精神異常者でないとするならば、それ相応の、ある程度の組織が
必要です。その組織がどのような組織かは別として、少なくとも
盗聴が可能な組織だとおもいます。その様な(私にとっては気に障る
言葉を誰かを使って言わしめた)事はその事が可能で、かつ実現できる
組織ということになります。それ相応の力がなければ出来ません。

こちらとしては、次々と理不尽な事が起こる中、自分の心の安定を
を保つので精一杯です。医業にも戻れそうにない今日この頃です。

630 :無責任な名無しさん:2006/06/13(火) 02:51:35 ID:oTi3i6qi

>>http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1144593788/ の225 
結構な迫力と思います。

274 :卵の名無しさん :2006/06/13(火) 01:08:45 ID:2l+7C4kn0
>>255
>マスコミが広い視野を持ち、患者の権利にそんなに
>敏感なら、交通事故外傷患者の損保による「治療中止」、
>「払い渋り」を、さっさと報道したら?

>国家資格のある医師が診察した結果の医学的な証明である
>主治医の診断書を、医師法違反で、損保・損保弁護士が平気で、
>否定してるよね。結果、自殺・ノイローゼにまで、追いこまれてる
>患者もいるじゃない。
>彼らの基本的人権を、どう考えてるのかな?

>どうせ、狭い世界にいないから広い視野をもったマスコミは、
>莫大な広告料という利権に結びついた損保の人権侵害なんて、
>報道する気もないくせに。。。
>つまらないドクハラやナスハラなんて、及びもつかない規模の
.>患者の権利の侵害じゃないですか?
>自らの金蔓は大事にしておいて、ひとりの医者という個人の
>つまらない揚げ足取りをして、
>「正義の味方」の自己満足をする―痩せたソクラテスではない
>太った豚っていう感じ、ですか?

>それとも、文系エリートの象徴である弁護士や裁判所は、
>叩けないのかな?
>医療過誤の勝訴率が3割、というのは、医療の専門性というより、
>弁護士の無能のせい、だと思う。
>「弁護過誤」だよね。


631 :無責任な名無しさん:2006/06/22(木) 21:14:34 ID:yS2ItfPd
水戸簡易裁判所で交通事故の小額訴訟で、被告側の保険会社として出席しました。
担当は女性の裁判官で、超有名人、今回は過失10:90の事故が65:35という判決でした。
はじめから青写真ができていることと、強いものの味方(原告やうるさそうな人)それと交通事故を知らないので本当に迷惑します。過失割合も根拠の無い数字です。どなたか対抗手段教えてください。




632 :無責任な名無しさん:2006/06/25(日) 04:57:55 ID:lhPB9Ld+
>>631
判決が出た後なら、異議申立て(民訴378条)しかないね。ただし、これも簡裁での審理になる。
地裁以上での判断が欲しいなら、第1回口頭弁論前に通常訴訟へ移行させる旨の申述をしておく
べきだったが、今回は手遅れ。

633 :THE OKULAHOMA JUDGE HAVE BEEN USED PENIS PUMP IN COURT.:2006/06/30(金) 02:48:16 ID:0Q1y6txo
THE OKULAHOMA JUDGE HAVE BEEN USED PENIS PUMP IN COURT.

Former Judge Donald D. Thompson, a veteran of 23 years on the bench,
is on trial on charges he used a penis pump on himself in the courtroom
while sitting in judgment of others.
http://news.yahoo.com/s/ap/20060628/ap_on_re_us/indecent_exposure

Former Judge Donald D. Thompson have been used his penis pump
at the time of the testimony of women, and before judicial reporter.


634 :へたれ:2006/07/04(火) 22:04:34 ID:FfKidKHF
日本の裁判官はへたれだ!
自分の判断で人が死ぬことになるとういうことを恐れているただの腰抜けどもだ!!
これなら陪審員制度にして一般人が判決を下したほうがまだ被害者の遺族や人々が納
得のいく判決を下せる!!
裁判員はみんな、事件を他人事のようにしか思ってないんだろうな。そうでなければ、
あんな甘っちょろい判決を下せるはずがない!

635 :無責任な名無しさん:2006/07/09(日) 12:13:39 ID:eIkAh2/N
>>630
太った豚と言えば松本有紀子。別名寝豚裁判官と呼ばれている。

636 :人権弾圧の夏。:2006/07/12(水) 23:53:22 ID:EL9bC+10
横浜市営地下鉄4号線工事中;最悪の被害を生んだ夏。
 異常な息苦しさ、のどが自由に動かない感じが強かった。
 これを認めるのでは、裁判官といっても、民族裁判所なみ。

 CENTER MINAMI 19 AUG. 2004. PART1
http://www.youtube.com/watch?v=3MiGAG6VoUY
 CENTER MINAMI 19 AUG. 2004. Part 2
http://www.youtube.com/watch?v=nXaTCW8KOks



637 :無責任な名無しさん:2006/07/17(月) 10:53:50 ID:sCPqfwqy
東京地裁で現にあった事です。

http://sdseminar.exblog.jp/2260333
証人尋問ではありえない「答えたくない」という証言拒否をしました。刑事訴訟法では、証人は正当な理由が
なく証言を拒む事を禁じています。黒須伸一氏は「山口弁護士・紀藤弁護士のブログに面白おかしく書かれるか
ら」という理由で証言を拒みました。勿論、こんなのは正当な理由にはなりえません。
こんな事を認めてしまったら「新聞・雑誌の記事に書かれるから」証言拒否みたいな事も認められてしまいま
す。しかし、裁判長は「証人の気持ちも理解できる」と暗に証言拒否を認める発言をしました。
--------------------------------------------------------------
最近の判事は法律を知らなさ過ぎる。本当に司法試験通ったのか?替え玉受験じゃないのか??

638 :無責任な名無しさん:2006/07/30(日) 21:46:00 ID:K8IGiy5r
DV冤罪;無罪である理由。
http://ivory.ap.teacup.com/proof2006/

639 :無責任な名無しさん:2006/07/30(日) 21:51:34 ID:QhpYL4k7
弁護士の過失責任とか、その損害賠償って聞いたことないな。

640 :弁護過誤は損害賠償請求の対象:2006/08/01(火) 09:23:34 ID:o7uFpGfx
家裁に訴えてはいけない本当の理由。(離婚訴訟)
http://star.ap.teacup.com/falsejudge2005/
「家裁に訴えてはいけない本当の理由。2」
http://black.ap.teacup.com/kasai2006/





641 :無責任な名無しさん:2006/08/06(日) 22:49:52 ID:O9/n6Uvl
スレ名と似た 井上薫著が出てるね

でたらめ判決が日本をつぶす
扶桑社 (2006-07-30出版):\1,575

642 :無責任な名無しさん:2006/08/07(月) 02:48:24 ID:HJQ4y61I
ここに狂ったDQNがいます(ノA`)
ビシッと言ってやってください

http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/car/1154334009/189

643 :無責任な名無しさん:2006/08/11(金) 20:22:21 ID:vpdkNIi/
↑ 読むのメンドイ どれ?

644 ::2006/08/12(土) 12:39:34 ID:RJANcE33
>>642
> ここに狂ったDQNがいます(ノA`)

DQNってなんですか?


645 :無責任な名無しさん:2006/08/12(土) 12:40:22 ID:OnxhwLxf
>>644
http://www.google.com

646 :無責任な名無しさん:2006/08/15(火) 03:31:24 ID:xGfeBl1z
裁判官が審理の際に原告の主張する経験則と、被告の主張する解釈とが対立した際、担当裁判官が
原告に経験則の釈明を求めて来ました。
経験則は経験則であって、それ以上でもそれ以下のことでもないと思うのですが、この場合どう
対処するべきですか?

647 :ご意見をうかがいたい。:2006/08/16(水) 09:18:59 ID:jMxss+l9
北沢章功裁判官 −まれに見る珍判決−
http://sun.ap.teacup.com/kitazawashoko/

このような人権蹂躙判決は、裁判所の権威を失墜させるものである。
1.原告が「精神病」であるといかなる証拠に基づかず記載したこと。
2.原告は、被告が原告の口座から300万円近い多額の金銭を移した
口座を知らされていない。
3.原告は、多額の金員を移した先の口座を知らせないことは、夫婦が
共同生活を送る上での義務に違反していると考えて提訴しているのに、
北沢章功裁判官は、「原告はビョ−キだから、被告との間の金銭についての取
り決めを忘れたのである」とこじつけた上、人権を蹂躙している。

648 :無責任な名無しさん:2006/08/17(木) 17:43:47 ID:pb4y+900
いよいよ我等がリーダー東京地裁の福田剛久さんが
最高裁の局長になるらしいよ。
福田さんといえばALS患者の選挙権訴訟で
憲法違反って宣言してくれた人だし当然か。
最高裁で落雷の危険を予見しなかったサッカー部の
引率者に責任を認めたけど、そういう判決の流れを
作った人だよね。
スピッツ犬の医療過誤に80万円の慰謝料とか認めた
って心優しい面もあるらしいし。
本命といっていいね。

649 :DV防止法の悪用;虚偽申立ての実態:2006/08/19(土) 20:25:39 ID:/3JhByHF
DV防止法の悪用;虚偽申立ての実態。
http://fine.ap.teacup.com/stupidjudge2006/

裁判官の事実認定過誤をもたらすような陳述書を、平気で裁判所に提出する
弁護士は困り者である。

650 :無責任な名無しさん:2006/08/19(土) 22:37:43 ID:TSGAPJnU
【日本消滅のお知らせ】 産科医続々廃業。「死産」を届けると「業務上過失致死」
http://news20.2ch.net/test/read.cgi/news/1155979837/




651 :無責任な名無しさん:2006/08/21(月) 09:44:36 ID:LkHUbf/P
裁判・司法
http://society3.2ch.net/court/

652 :無責任な名無しさん:2006/08/28(月) 20:13:14 ID:5zh0GRaW
三好達元最高裁長官。
最高裁長官時代に、司法予算をビール劵に換え、司法記者クラブに配るなど、
マスコミへの接待に使っていた。
http://www.incidents.gr.jp/0209/terasawa020915/terasawa020915.htm
「愛媛玉串料訴訟」最高裁大法廷判決で、「合憲」とする少数意見を述べた。
http://jinja.jp/jikyoku/jikyoku/tamagushi.html
現在、「日本会議」会長。

草場良八元最高裁長官。
1990年(平成2年)2月20日 矢口洪一長官の後を継ぎ、最高裁判所長官に就任。
1995年(平成7年)11月7日 退官。定年の3日前に、村山富市首相(当時)に
会いに官邸を訪ね、後任の最高裁判所長官に三好達判事を推薦したいと切り出
したところ、最高裁判所の判断を尊重すると、草場案があっさり通った。
この人事に関しては、前長官の矢口と現長官の草場との間で確執があったと囁
かれたが、真意は定かではない。草場を最高裁判所長官に決めるにあたり、
矢口前長官が周到に準備したことは杞憂に終わった。歴代最高裁判所長官の人事
について、吉田茂首相が田中耕太郎に固執し、佐藤栄作首相がリベラル派の田中
二郎を排して、保守派の大物石田和外を登用したのと比べ、村山首相は、何とも
安易な判断であったかと指摘されている。

653 :無責任な名無しさん:2006/09/01(金) 22:04:02 ID:5q0br1YE
2005年04月22日(金) 12時01分
「医療ミス」記事の名誉棄損認めず=割りばし死亡事故で診察・東京地裁
(時事通信) 東京都杉並区で1999年、転倒した男児=当時(4)=の
のどに割りばしが刺さり死亡した事故をめぐり、診察した男性医師(37)
=業務上過失致死罪で公判中=が、医療ミスと断定する雑誌記事で名誉を傷つ
けられたとして、「主婦と生活社」に300万円の損害賠償を求めた訴訟の判
決で、東京地裁(小池裕裁判長)は22日、請求を棄却した。
 小池裁判長は「男児の死因は社会的関心が高く、公益目的だった」と指摘。「過失を断定しているとはいえず、『ミスを隠ぺい』という表現も相当性を逸脱するとまではいえない」と述べた。 
(時事通信) - 4月22日12時1分更新
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050422-00000617-jij-soci









654 :「裁判に文句あるんだったら、日本から出て行きなさいよ。」:2006/09/02(土) 21:02:41 ID:RCQjckvz
平成18年9月2日 20時35分 神奈川県警警官 
電話口にて
「裁判に文句あるんだったら、日本から出て行きなさいよ。」

再審請求;救急処置を傷害と誤認した事件。
 http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1154645617/

655 :無責任な名無しさん:2006/09/04(月) 01:10:00 ID:xmLYlhIz
http://www003.upp.so-net.ne.jp/medical/

眠れる獅子を起こしてしまったというか、とうとう核爆弾を起爆させてしまったDQN医者とDQN裁判官。
原告が忌避の申し立てまでした中○信○裁判官ってどんなぬるぽ?






しかしこの原告テラコワスw

656 :無責任な名無しさん:2006/09/20(水) 19:21:23 ID:unbJ3R6o
a

657 :無責任な名無しさん:2006/09/20(水) 20:17:46 ID:bZXF4bO0
訴状や準備書面の中でうそをついていることを処罰や損害賠償請求できないのでしょうか?

658 :無責任な名無しさん:2006/09/22(金) 21:24:28 ID:NJza/AfY
弁護士は2! 
投稿者:総務担当 投稿日:2006/09/21(Thu) 08:27 No.10046

弁護士ごときが、「医師免許も持っていないのに、
他者の医療情報を犯罪入手している損保から預かって審査できるはずもないのですよ」
そんなまねが合法に出来る法律があるなら、医師免許なんて元々不要だろ!

この弁護士、今度は厚生局の医療監視専門官さんから同じ質問、
「何で弁護士は損保から被害者の医療情報を受け取って扱えるのか?
法律で回答を求める!」と問われてしどろもどろです!
で、言った言葉が「何が問題か分からない!」だってさ


659 :無責任な名無しさん:2006/09/22(金) 21:30:50 ID:NJza/AfY
 Y−清水さん、神奈川県での医療情報の強制押収事件、知っているかい?

 清水ーいいいえ、知りません!”と、言う事で一応の説明をしまして!”

 Y−こう言う経緯でさ、神奈川県警が堀産婦人科から診療記録とかを押収し
た案件、刑事訴訟法第197条だけを見て、横浜地裁が刑事訴訟法第99条、
106,7条規定によって捜索差し押さえ許可証を発行し、
横浜地検検事が刑訴法第108条規定により、
警察を指揮して診療記録等を押収したんだけどね、
刑事訴訟法第105条規定を見れば、
こんな押収は法律違反であると判ったんだよ!
君、刑事訴訟法第105条規定知ってた?

 清水ー六法全書を見れば分りますよ!

 Y−、、!!君弁護士だろ!誰だって六法全書を見れば分るんだよ!
私が言っているのは、法律家なら空で法律位並べてみろと言う話だよ!
何が法律家だよ!日本の法律家と言うのは私が法律で向かっても
10分の1も法律で返せないだろ!それでプロと言えるのか!
君、私の生きた法律知識の数分の一からもっと下だろ、生きた法律知識が!

 清水ー、、はあ、、!!

 Y−まあ、誰も彼もが、だと思うけどね”普通に考えて普通に法律を読めば
、医療情報の強制押収等司法には不可能だと理解出来るんだよ!”
刑事訴訟法第105,149条規定も呼んで組み立て出来ずに
長年違法に診療記録の押収を行って来た司法資格者がおかしいんだよ!
それを指摘されるまで気付かないんだからね!



660 :無責任な名無しさん:2006/09/22(金) 21:40:19 ID:NJza/AfY

草加事件は犯人とされ起訴された少年の血液型がB型かO型で被害者の女子中学生の血液がA型

・女子中学生(A型)の体に付いていただ液の血液型がAB型
・女子中学生の衣服に付着していた男性の体液の血液型もAB型

二審判決で「女子中学生の垢(A型)と少年のだ液(B型)が混合し、AB型を示した可能性がある」
として有罪を言い渡した

結局、少年達は抗告したが、東京高裁は抗告を棄却、最高裁も89年7月、再抗告を退け
一般刑事裁判での再審請求に当たる「保護処分の取り消し」を3度申し立てたが、
保護処分が既に終了したことなどを理由にいずれも退けられた

日本の裁判史に残る誤審・冤罪と言われてる

ちなみにこの事件を担当した検察には行列が出きる住田弁護士もいた




661 :無責任な名無しさん:2006/09/23(土) 04:43:13 ID:otpjiwZu
悪辣な裁判官をのさばらせてる裁判官弾劾法こそ改正すべきだよ。


662 :無責任な名無しさん:2006/09/23(土) 23:54:48 ID:FKtqDAOJ
age

663 :無責任な名無しさん:2006/09/24(日) 14:11:15 ID:Fr0SUEV8
a

664 :無責任な名無しさん:2006/09/24(日) 21:58:15 ID:Fr0SUEV8
M 更年期のヒスの入った中年のデブ。消費者の敵


665 :無責任な名無しさん:2006/09/25(月) 22:48:04 ID:2rT152Nw
>>664
kwsk

666 :無責任な名無しさん:2006/10/02(月) 18:45:21 ID:GqdTHS3L
www

667 :無責任な名無しさん:2006/10/03(火) 06:14:51 ID:tuSSXtaD
滝川教育委員会が今の日本の風潮を代表してくれてる。(いじめがあっても)
「あってはならないことは無かったことにする。」という「伝統」で厚顔無恥に主張する。
「保身・隠蔽構造」の典型。その「保身・隠蔽構造の本山、巨悪の根源」が法曹界。


668 :無責任な名無しさん:2006/10/03(火) 06:16:31 ID:tuSSXtaD
誤爆

669 :無責任な名無しさん:2006/10/03(火) 16:25:52 ID:6id2Ypqh
誤爆に見えん

670 :無責任な名無しさん:2006/10/08(日) 22:37:16 ID:kIUkmEUh
★茨城・つくば市の病院前で医療過誤訴訟を起こしていた69歳男性が焼身自殺

茨城・つくば市の病院前で、医療過誤訴訟を起こしていた男性が焼身自殺した。
5日昼前、つくば市の筑波メディカルセンター病院の前で、つくば市の男性(69)が灯油を
体にかけ、焼身自殺を図った。男性は病院に運ばれたが、6日午前2時すぎに死亡した。
男性は、この病院で直腸がんの手術を受けた際、後遺症が残ったとして、損害賠償を
求める裁判を起こしていた。

別件ですがこのような事件もあったようです
【医療過誤】医師3人を書類送検 術後管理の誤りで死亡 茨城県警[03/02]
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1141302616/ (2006/03/02(木) 21:30:16)

9 名前:管理人 投稿日:2006/10/07(土) 23:56:28 ID:

皆様の温かいご弔詞を賜り、亡き父に代わりまして篤く御礼を申し上げます。
本日滞りなく荼毘に付し、家族の待つ住まいに帰って参りました。

最期まで救命に努力してくださったICUの医師・看護師の皆様には、ご芳情のほど誠にありがたく深く感謝申し上げます。

先月5日以降、故人はまるでつき物が落ちたように穏やかになり、私に対する感謝、母親に対する愛情を口にするようになっておりました。
私はその物腰に対して、家族の絆が強くなったのだと身勝手な判断をしてしまい、故人が伝えたかった大切なシグナルを見落としてしまいました。
故人の耐えがたい苦しみ、悲しみを理解していたつもりなのに、実は何も感じ入ることができていなかった。

悔やんでも悔やみきれないことですが、心が折れてしまっていたことに気付くことができず迂闊でした。
今後も亡き父の鋼の遺志を引き継ぎ、真実の究明に向けて鋭意努力して参るつもりでございます。
皆様には、これからもご指導・ご鞭撻のほど切によろしくお願い申し上げます。

冨田将史拝

参考サイト
http://www003.upp.so-net.ne.jp/medical/


671 :無責任な名無しさん:2006/10/17(火) 23:21:04 ID:TgCDGvAj
46 :損保犯罪被害者の会 :2006/09/26(火) 00:25:47

 @交通事故に遭った場合でも「損保、弁護士、裁判所と言うのは”
独自のカルト医学論を持っているんですよ!”
素因の競合、なる医学論をね!」

 ;30代、40代以上の女性と言うのは更年期障害でヒステリーだから
ムチ打ちは5割、残りの5割は更年期障害のせいだ!
 ;精神の病が有るとムチ打ち等は割合?が減るんだ!
つまり、キチガイは怪我などしないんだ理論を持っている。

被害者に”トラウマとかがあるでしょう、交通事故の!
ですから「心療内科を受診して下さいね!”」 と
 ;いかにも親切そうに言って「心療内科とかを受診させて
  心療内科に睡眠導入剤、精神安定剤とかを投与させる!で”
ここからレセプトを抜いて言うんですよ!
お前の鞭打ちは半分はキチガイだから、
つまり気のせいだ! 賠償は半額!!!
(上記の薬の副作用は、鞭打ちの自覚症状と似ている物がある。
 つまり、鞭打ちではなく、薬の副作用と言いがかりをつけるために
 あらかじめ、診療内科を受診させる)




672 :無責任な名無しさん:2006/10/17(火) 23:22:17 ID:TgCDGvAj
これが日本における「カルト賠償手法、損保、共済、日弁連、
裁判所バージョンです!

後、警察用診断書は実際の事故被害より思いっきり短く書いておく、
プラス、事故調書も3〜4分の一に事故事実を小さく改竄しておいて、
不起訴処理をして事故の当事者には調書の入手不可!としておき、
ただし、 ;損保、共済にだけは「弁護士会と裁判所を通じて検察庁、
未成年事件の場合には家裁からコッソリ横流し、
(おまえの事故はこんなに軽い。そんな怪我などする訳がない。
 主治医の診断は間違っておる)
と言いがかりをつける、という物凄い制度?も有りますよ!

 ;こんな恐ろしい手口、他が満載された「医療調査、紹介の留意点、
交通事故診療を巡る諸問題、医研センターテキスト(慶應大学医学部
謹製)は”コピーして 送付しています。(人権侵害と騒がれ)、
もう売ってませんので、この本は!



673 :無責任な名無しさん:2006/10/17(火) 23:23:16 ID:TgCDGvAj
年間1万人近くが氏んでも、
自動車メーカーの責任は完全スルー。

年間5千人がサラ金苦で自殺→保険金はサラ金業者になってもスルー

674 :無責任な名無しさん:2006/10/18(水) 11:10:57 ID:gfaU7ski
問題のある裁判官名を教えてください
ttp://www.tosu.biz/nandemo/index.html


675 :無責任な名無しさん:2006/10/19(木) 16:07:34 ID:AP7FtTZX

>>673

何でも、サラりー金融は天下り先だとか。
だからスルーなのではないのですか?

詳しい方フォローお願いします。

676 :無責任な名無しさん:2006/10/19(木) 21:00:02 ID:4fVDjRvs
http://www.tv-asahi.co.jp/scoop/update/special_back/20060305_010.html
おばけよりこわいな。

677 :無責任な名無しさん:2006/10/26(木) 14:55:29 ID:OCsY9ns9

文藝春秋 2006年11月号 P86

「裁判官も見て欲しい」 周防正行



678 :無責任な名無しさん:2006/10/26(木) 23:46:10 ID:T82Ovn/2
>>677
そういうなら全裁判官に招待券を配布すれば、と言ってはダメ?


679 :無責任な名無しさん:2006/11/07(火) 22:03:34 ID:ElCo5EsO
>>678
駄目。
鑑賞したあと だんまりで 宣伝にならない。
一方的に「配ったよ」は 宣伝になるかもしれないが
そのまえに 受け取ってもらえないかも?

680 :無責任な名無しさん:2006/11/09(木) 12:48:13 ID:N9DDCc95
>>673

勿論、人ひとりの命は地球の重さより、重い。
が、しかし、〉670もそうだけど、何故に医療過誤ばかりを大々的に
取り上げて、一万人の命は無視するのか。

数は、問題ではないのか。

サラリー金融・損保生保の不払いによる自殺・車体の設計ミス、
医師ひとりのミスの追求の方が、万人の命に変える意義があるとでも?
紙面をさけば、救えるべき一万人の命を犠牲にしても?




681 :無責任な名無しさん:2006/11/09(木) 12:50:49 ID:N9DDCc95
証人出廷を! 
投稿者:総務担当 投稿日:2006/11/09(Thu) 06:50 No.11502

事件番号 平成18年(ワ)第748号

        証人呼び出状
                  平成18年11月7日
証人 大塚 邦夫殿
          札幌地裁民亊2部3係
                裁判所書記官 北川 哲平

       TEL011−231−4200内線5206

貴方は、下記の事件に付き、別紙の尋問事項に関して証人として
尋問される事になりましたから、下記の期日に下記の場所へお越し下さい。

なお、証人として裁判所で証言する事は”
国民としての大切な義務です”
正当な理由無が無いのに来られない時は、法律上の制裁
(訴訟費用の負担、罰金、科料、拘留、拘引)を受ける事があります
からご注意下さい。

期日 平成18年12月7日 午前11時20分
   口頭弁論期日

場所 札幌地方裁判所 第7号法廷7階



682 :無責任な名無しさん:2006/11/09(木) 12:59:52 ID:N9DDCc95
恐喝か?裁判所の 
投稿者:Y本 投稿日:2006/11/08(Wed) 19:34 No.11494

先ほどやっと家に戻りまして、院長から送られて来た「証人尋問の呼び出し
状を見てビックリ仰天しました!(~_~;)」

こいつ等「民事訴訟の呼び出し状に”証人として出廷する事は”
国民の義務である!”途、当り前の文言の後に何と、法律も書かずに!」
「正当な理由無く出廷を拒んだ場合には、訴訟費用を持たされるだの!
罰金刑になるだの!身柄の拘留、拘引もされる事があるんだ!”
こんなとんでもない文言を並べて有るんですよ!民亊の証人申請に!
こいつ等のとんでもなさはここまで来ていたんですね!
「裁判所よ、民事訴訟の証人尋問拒否で罰金だの身柄拘留だのをされる
と言うのなら、キッチリと”この場合には民事訴訟法の第何条によって
罰金、身柄拘留になると書いて出せよ出来ると言うのならな!」

民事訴訟法の何処に「主治医が医師法違反犯罪になる医療情報の横流し
を拒みますとやったら罰金だの身柄拘留だのに処されるとした法律条文
が有ると言うんだ!有るなら示してみろ!第一だ!」

「国民の義務行為に罰金男夫身柄拘留だのとされる法律が有るのか?
この文言は刑事事件での証人申請を拒んだ場合の法律上の決まりだろ!”
刑事事件だと、国民の基本的人権を守る、冤罪とかから、の為に証人
申請に一定の強制力を持たせているんだよ!」

民亊の、それも「賠償金の犯罪踏み倒し目的での医師法違反強制証人
尋問の拒絶に刑事罰則が適用になるか!だったらどちらにしても刑事
犯罪になると言う事だろ、出廷して証言しても出廷しなくても!
だったら医師法違反を止めるに決まってるだろが!」


683 :無責任な名無しさん:2006/11/09(木) 19:05:23 ID:tn69JjId
裁判官と官僚とでは、裁判官の方が上でしょ? (両者ともわが国で最高の頭脳集団) 



684 :1:2006/11/09(木) 21:14:17 ID:N9DDCc95
だったら皆にも! Y本 - 2006/11/08(Wed) 19:39 No.11495

折角ですから「この呼び出し状を最高裁長官、
法務大臣とかにも送っていただこうでは有りませんかいっその事!」

面白いと思いますよ「法務大臣に、最高裁長官に対して
”証人出廷を拒んだ場合には訴訟費用を持たされる、罰金刑になる、
身柄拘束や拘引の刑事処分を受ける場合がある!”
この文書を送って頂くとさ!」

多分物凄く怒るだろうな、
最高裁長官も法務大臣もね!まあ、国民すべからく平等なんだし,
遣って頂きましょう
橋本裁判官には!この方々の証人申請と、
この脅し行為的文書発送をね!


685 :1:2006/11/09(木) 21:16:45 ID:N9DDCc95
札幌地裁 御中
 投稿者:総務担当 投稿日:2006/11/06(Mon) 10:51 No.11447

平成18年11月6日
札幌地方裁判所民事第2部3係 御中
                 札幌市 大塚脳神経外科
                     院長 大塚邦夫

・平成18年(ワ)第748号事件における私への本人尋問要請
(平成18年2月7日)は以下の理由により拒絶させて頂きます。

1、平成18年6月1日付、山本弘明氏分の医療情報開示を目的と
したる送付嘱託申立て文書(札幌地裁民事2部3係北川書記官)
に対して、当方より御庁宛に発行したる平成18年6月6日付、
送付嘱託拒絶文書に準ずる法律論を持って上記証人申請は
拒絶させて頂きます。

2、刑事訴訟法においてさえも、刑訴法105条により
司法機関からの医療情報押収拒絶権が明記されておりますし、
刑訴法第149条においては、医療情報の証言拒絶権が
明記されておりますし、医師免許もなく、医療機関でもない裁判官、
損保弁護士、交通事故加害者、損害保険会社、一般傍聴人相手に
山本弘明氏の病状を話した場合、まして加害側からの要求に応じて
患者様の病状を話したとなれば、私大塚邦夫医師は間違いなく
医師法大17、24条違反行為を行なったこととなりますので、
かかる明確なる医師法違反行為は拒絶させて頂きます。


686 :1:2006/11/09(木) 21:22:19 ID:N9DDCc95
3、私大塚邦夫からは山本弘明氏の本件交通事故治療経過を証する
医証としまして、平成17年9月12日から、症状固定日である
平成18年9月29日まで毎月分の経過診断書、及び診療報酬
明細書を提出しておりますし、札幌区検察庁西川俊典副検事宛に
私が証言し、作成された平成18年7月5日付、
山本弘明氏の受傷経過を証したる刑事調書計4枚も甲38号証
として上記裁判に証拠提出されている経緯も山本弘明氏より
確認済みとなっておりますので、医師免許所持者たる私大塚邦夫
としての山本弘明氏に対する平成17年9月12日、
及び平成18年4月3日付受傷に付いての診断は十分証明できて
おりますことも申し添えておきます。

4、なお、山本弘明氏より、上記訴訟において、
交通事故賠償については特に超法規的措置として裁判所、
弁護士、損保、加害者相手に患者の医療情報を医師法違反を
承知の上で流出させる事が合法か否かを証明する目的での、
最高裁長官を始め、法務、厚労、財務、金融、国交省各大臣、
及び検事に対する証人申請が行なわれた旨文書を持って
伝えられておりますので、仮に上記国家を代表致します方々による
医師法違反での刑事訴追、行政処分免除が得られるのでしたら、
本件裁判においての証言を再考させて頂きます。

5、山本弘明氏からは、平成18年11月2日、札幌地検に対し、
本件裁判上における二度目の当方に対する医師法違反要請が
認められたので医師法違反で捜査するべきである、弁護士、
裁判所をと申し入れがなされている事実も伝えられております以上、
私大塚邦夫医師と致しましては国家からの特例法破り許可なくしては
一切医師法違反を承知しての平成18年(ワ)第748号事件に
おける証人尋問には応じることはできませんことを今一度ご理解下さい。




687 :法務省も絶句! :2006/11/11(土) 08:37:16 ID:058qObR1
法務省の刑事法制菅理官室の滝沢氏と昨日話し合い致しましたが
「民事訴訟に於いて医師が医師法違反になるから
患者の医療情報等を法廷で証言は出来ないと文書で回答したにも係らず、
裁判所は罰金刑だの身柄拘束も有るぞ、証言の拒否は!」

こんな証人出廷要呼び出し状の発送を行った問題に付いて、
主治医の身柄拘束をどうやって出来るのか
法務省よ、法律を教えてくれ!と聞いたら「当然、回答等不可能でした!」

Y−滝沢さん、良いですか”
罰金刑だの身柄拘束だのとなるとここからは刑事事件なので、
刑事訴訟法に移行するんですよ!法律上ね!”
民事訴訟法で罰金刑だの身柄拘束は出来ません!
民事訴訟法にこんな事出来る強制力は有りませんから!

滝沢ー、、そうなんですか?
Y−民事訴訟と言うのは個人の金銭の争いです、
あるいは金銭的価値に置き換えられる事件乃争いです!
刑事事件で重要証人に対して身柄拘束も出来る決まりになっているのは”
刑事犯罪の容疑者と言うのは法律上推定無罪なので、
国家と言う巨悪に人権侵害を受けて居る善良な国民を
国家悪から救済する必要があるので、重要証人は証言する時まで
状況によって身柄拘束もできる決まりと手順になっているんですよ!”
 此れは”基本的人権が理解できれば分るんですよ!”
Y−民事訴訟などは所詮は個人間の金銭の争いです!
国家と同等の、憲法で定められている基本的人権の争いでもない所か、
損保だの弁護士だのの犯罪業務の遂行の目的だけを見て
被害者の基本的人権を踏み躙って構わない!
主治医に医師法違反を強制してやるんだ!と遣り続けている
弁護士と裁判所ガ狂っているんですよ



688 :法務省も絶句! :2006/11/11(土) 08:41:16 ID:058qObR1
Y−民事訴訟などは所詮は個人間の金銭の争いです!
国家と同等の、憲法で定められている基本的人権の争いでもない所か、
損保だの弁護士だのの犯罪業務の遂行の目的だけを見て
被害者の基本的人権を踏み躙って構わない!
主治医に医師法違反を強制してやるんだ!
と遣り続けている弁護士と裁判所ガ狂っているんですよ!

滝沢ー札幌地裁の案件ですよね?
Y−このケースはね、
しかしこんな精度は国中で行なわれている医師法違反を基本とした
弁護士会と裁判所ぐるみの司法犯罪制度ですよ!
法務省もこの問題は数年前から知っていますよ、

滝沢ーああ!笠原さん!
Y−弁護士の医師法違反業務を裁判所も結託してやり続けようと
必死になった挙句がもう周りすら見えない処まで
突っ走る状況に追い込まれたんだろうしね、
弁護士も裁判所も!今まで世間が知らなかったからね、
こんな司法犯罪事実などをさ!



689 :無責任な名無しさん:2006/11/15(水) 23:35:30 ID:WuTPC8A8
知らなかった!

690 :無責任な名無しさん:2006/11/16(木) 01:28:33 ID:GOYQQ8Gf
書記官風情が! 
投稿者:総務担当! 投稿日:2006/11/15(Wed) 06:43 No.11631

たかが書記官風情が国家資格者の医師相手に良くもまあ、
ここまで傲慢極まる「犯罪の強要を堂々と行なえるものですよね!”
院長はご丁寧に札幌地裁民亊2部3係の北川書記官、あの餓鬼に!”」

「12月7日の証人尋問には出廷出来ません!
患者さんも居ますし、患者さんの情報を(裁判所で)話す事は
情報漏えいに成ってしまいますので絶対に証人申請には応じません!」

この様にご丁寧に「法律と常識に則った電話でも!
の回答を行ったのですが、この書記官風情は!”
7日が不都合だと言うなら別の日に証人出廷すれば良い!”」
と院長に指図したんです!
院長は怒って!「私は違法行為になるから証人出廷はしない
と言っているんだ!絶対に証人出廷はしないからな!」
と北川書記官に答えていました!

書記官風情が 国家資格者の院長に
「医師法違反を、刑法第134条違反を行え!
と命じられるのですから物凄いですよね
札幌地裁と言う所は、
しかしコイツの所業は明らかに”公務員職権乱用罪です!”」

餓鬼までもが平気で国民相手に有りもしない権力をひけらかして、
こうやって弁護士犯罪利権を守る為だ!
で「医者に国民に犯罪まで強要する!犯罪司法業務の被害を与える、
此れが裁判所の、司法集団の実の姿なんですよ!



691 :無責任な名無しさん:2006/11/16(木) 12:49:25 ID:GOYQQ8Gf
根本の部分を!
投稿者:Y本 投稿日:2006/11/12(Sun) 08:15 No.11574

交通事故に於ける「医療情報の犯罪司法ぐるみ
損保、共済に犯罪便宜を図るんだ!手口も
根本の法律体系がキチンと見えさえすれば
単なる弁護士と裁判所ガ被害者の医療情報と言う恐喝ネタを
強引に!犯罪手口で分捕って来て!」

この恐喝ネタを「人身賠償金を脅してでも踏み倒すのに悪用している
現実がキッチリ見えるんですよ!”
医者でも無い損保、弁護士、裁判官が被害者の医療情報を脅し取って、
今は脅し取りですよね、この間まではだまし取りでしたけどね!”
脅してでも取った医療情報を今度は単なる言い掛かりの材料に、
恐喝の材料に使う!」

此れが交通事故における人身賠償の根本の
犯罪司法結託の手口ですよ!「此れと合わせて、
交通事故事実も被害者の診断書も事故事実の3〜4分の一位に
小さく捏造して不起訴処理!”事故被害は小さかったんだ!
此れが証拠だ!賠償はしないからな!”の
警察、検察、裁判所ぐるみ弁護士、損保利権用刑事訴訟法違反を
超えたシステムも有るんですよ!」

法務省もこの手法はグルですけどね!
「未成年者の加害者用には家裁もグルになって
損保弁護士に電話一本ぐらいの連絡で気軽に
未成年者の加害者刑事記録をバンバン横流ししていますよ、
ね?ニッセイ同和!(^^♪」



692 :無責任な名無しさん:2006/11/19(日) 01:53:52 ID:9Gc9AQ/+
なにこれ…
とりあえず、カギ括弧がうざい。

全然意味わからん。
法律語る前に、日本語勉強したほうがイイよ。

693 :無責任な名無しさん:2006/11/19(日) 15:39:29 ID:YlfPvckg
意味がわからないのは、君の理解力が低いという事。

法曹の文章より、「よほど、分かりやすいといえなくもない」
(真似てみた)
世の中は、下らない修辞学より、中味なんだよ。

わかりますか?  ボクちん。


694 :無責任な名無しさん:2006/11/19(日) 15:54:00 ID:7IJhOqCk
患者本人が同意してるんだろ?
問題ないじゃん。条文の表層的理解と屁理屈をこね回してるんじゃないぞ。

民事の証言拒絶でも,訴訟費用の負担や過料(民事訴訟法192条),
さらに悪質だと罰金や拘留(同193条),裁判所への拘引(同194条)もある。

695 :無責任な名無しさん:2006/11/19(日) 19:31:51 ID:jorR5lRD
さすが亡国の徒、司法やりたい放題だな。

696 :無責任な名無しさん:2006/11/20(月) 01:18:29 ID:n/dffLyr
>>694
やはり、文系脳は理解が表層的で、思考力推理力に欠けるね。

患者の同意があれば、何をしても良いという物ではない。
例えば、臓器売買に患者が同意すれば、OKなのか?
違法であり、倫理に反していれば、例え患者が同意していたとしても
医師は拒否出来るし、拒否する。

患者の目線と医師の目線は違う。

弱い立場にある患者が、賠償のために自らの医療情報の提供に同意し
それが患者自身に不利になる事に気づいていないのだから、
医師がより高い見地から、医師法と自らの良心に基づき
患者のために証言を拒絶しているのだから、司法であっても強制する
事はできない。

これ以上の詳しい議論は、個々に相手にしている暇はないので、
下記のHP掲示板にて。


●「損保犯罪被害者の会」


697 :無責任な名無しさん:2006/11/20(月) 01:29:13 ID:zn1H185j
何,勝手に立法論を語ってるんだ?
患者に賠償請求されなよ。

698 :無責任な名無しさん:2006/11/20(月) 01:36:26 ID:zn1H185j
>患者の同意があれば、何をしても良いという物ではない。
>例えば、臓器売買に患者が同意すれば、OKなのか?
この事例は違うだろが。事例をすり替えるなよ。

>違法であり、倫理に反していれば、例え患者が同意していたとしても
>医師は拒否出来るし、拒否する。
違法というのは法的な評価。法的評価は裁判所が下したものが絶対。それに
批判を加えるのは自由だが,裁判に負けた負け犬の遠吠えと同じ。
証言拒否できるのは法律上の根拠があって可能になるもの。
患者の医療情報は本来患者のもの。医者のものではない。

>患者の目線と医師の目線は違う。
これは同意する。

>弱い立場にある患者が、賠償のために自らの医療情報の提供に同意し
>それが患者自身に不利になる事に気づいていないのだから、
不利になるというのは,裁判上?なら,根本的に勘違いしている。というか
むしろ電波系としか・・・

>医師がより高い見地から、医師法と自らの良心に基づき
>患者のために証言を拒絶しているのだから、司法であっても強制する
>事はできない。
単なる一個人の見解に過ぎないと評価されるものでしかない。


699 :実習生さん:2006/11/21(火) 01:34:14 ID:zmCqsse0
あまりにひどすぎて
あいた口がふさがりません。

 ”脳腫瘍を特定し、適切に治療すれば、治癒の可能性があった”
 http://mytown.asahi.com/mie/news.php?k_id=25000000611180002

私の勤務する病院では MRIは予約劇混みで
頭痛の精密検査でも、脳卒中などの急患以外は
検査まで2週間待ちです。

さらに こんな症例で
”適切に治療すれば、治癒の可能性があった”
なんてことは 現代医学ではありえません。
裁判官は現実の臨床がどんなものか
おわかりでしょうか?


700 :無責任な名無しさん:2006/11/21(火) 02:03:08 ID:19TycPBq
>>699
記事の読解能力がないようですね。裁判所はそこまで言っていませんが。

701 :無責任な名無しさん:2006/11/21(火) 02:03:15 ID:EauoU9Wk
この領域の権威医師の鑑定してるんだろうけどな。雑魚がほざくな。

702 :無責任な名無しさん:2006/11/21(火) 02:05:19 ID:J42qdqwv
わかってないと思うよ。
医大だと、1ヶ月待ちという事も・・・。

裁判を経験し、わかったこと

1.裁判官は真実をもとに判断しない。
2.裁判官は真実を捻じ曲げる。
3.裁判官は法を勝手に解釈する。
4.裁判官は自分の気分で当事者の一方を勝たせる。
5.裁判官は自分が偉いと思っている。
6.裁判官は法律を十分勉強していない。
7.裁判官は思い込みと決め付けで判断する。
8.裁判官は自分の間違いを認めない。
9.裁判官は当事者が苦労して書いた準備書面にほとんど目を通さない。
10.裁判官は判決書に嘘を書く。しかし上級審はこれを咎めず、
. 多くは事実誤認を言い立てているに過ぎないとして当事者の控訴、
  上告を退ける。






703 :無責任な名無しさん:2006/11/21(火) 02:21:46 ID:J42qdqwv
>>701
鑑定は、医師法違反。

704 :無責任な名無しさん:2006/11/21(火) 02:39:05 ID:EauoU9Wk
お医者さんの世界は誰からも避難され得ない聖域なんですねなんですねw

705 :無責任な名無しさん:2006/11/24(金) 23:22:33 ID:QnzpODy+

>>702

この間、拘置されたけど、それで思うのだけれど、多分全部根拠薄弱!!!!!


706 :無責任な名無しさん:2006/11/24(金) 23:26:16 ID:QnzpODy+

>>704

この間、医師止める決心して、それで思うのだけれど、確実に根拠薄弱!!!!

707 :無責任な名無しさん:2006/11/25(土) 01:03:25 ID:Y56Acj++
今日の朝日新聞に記事になってたが、

産科医が叩かれ、
助産婦以外の分娩が叩かれ、
そしてお産する場所がなくなった。

そんなこと知るか。


708 :実習生さん :2006/11/25(土) 01:04:06 ID:Y56Acj++
今日の朝日新聞に記事になってたが、

産科医が叩かれ、
助産婦以外の分娩が叩かれ、
そしてお産する場所がなくなった。

そんなこと知るか。


709 :無責任な名無しさん:2006/11/25(土) 23:55:16 ID:KuaEx+QB
>>704
文句は、厚生労働省に言ってオクレ。
結局のところ、荒漏の決定した枠組のなかで、
やるしかないのだから。

5分診療でも、日本の医師が優秀で命を救おうという
使命感が強かったからこそ、高度な医療レベルを保て、
日本人の平均寿命が上がった、とは言えると思う。



710 :無責任な名無しさん:2006/11/25(土) 23:59:26 ID:KuaEx+QB
>>705
ローに行って、法曹資格をとって、
司法と戦うしか、医療と日本を救う道はないよ。

711 :無責任な名無しさん:2006/11/28(火) 23:13:58 ID:n8rzjzAJ
>>673
>年間1万人近くが氏んでも、自動車メーカーの責任は完全スルー。
完全スルーではないでしょうね その自動車事故の内容にもよるよ。
あと はずれるが 「1万人近くが」は 死亡時間判定による数字。
人は いつかは死ぬ。天寿全う老衰でのは2−3%とか。
道路で転んで 頭打って死んだは 道路管理者の責任か
持ってた杖の不具合か?

>年間5千人がサラ金苦で自殺→保険金はサラ金業者に
>なってもスルー
「なっても」は「渡っても/行っても」かな?
その前に なんでサラ金苦になったの?を スルーするのかが
不思議なんだが? > オマイ 要説明!
武富士やアコムレイクほか(闇金街金は もちろん)の取り立てが
厳しいのは周知でしょうが JCB(代表)からのも・・・は
かえって あんまし周知ではない。と僭越ながら 警告して置こう。

712 :無責任な名無しさん:2006/11/29(水) 00:20:15 ID:ZXe/6aMc
>>711
説得力ナサスwwwwwwww

713 :無責任な名無しさん:2006/11/29(水) 05:11:12 ID:bxuG/b3w
裁判官
判決文が長いのはまだ許せるが、一文が異様に長いのが許せん。

714 :無責任な名無しさん:2006/11/29(水) 15:17:50 ID:F8Th86R0
>>713
それはきみのおつむが足りないから
日本語的に正確な文章を書かせたら、裁判官にはかなわん
もちろんごく一部の例外もいるが

715 :無責任な名無しさん:2006/11/29(水) 16:32:10 ID:GMkdEIXJ
文が長いのはそれだけで害悪っていう当たり前の事を
文系では習わないからなw

716 :無責任な名無しさん:2006/11/29(水) 22:02:07 ID:ZXe/6aMc
読み難い、誤解を招く文書を出しておいて開き直るのが文系クオリティ

717 :無責任な名無しさん:2006/11/30(木) 00:37:28 ID:+awlc4H/
>>714
(百歩譲って)日本語的に正確だとしても
世界的には、incorrect
「正しい判決」という中味を問題としていないのか

718 :無責任な名無しさん:2006/11/30(木) 00:38:42 ID:+awlc4H/
税金で高給をとり、滅茶苦茶な判決を垂れ流す裁判官は
税金泥棒であり、法に規定がない犯罪を犯す者。
早くこいつらを駆除しなければ税金の無駄遣いどころか税金の悪用だ。





719 :無責任な名無しさん:2006/11/30(木) 00:44:51 ID:PMTvLPyi
負けたんだね。
こんなところで吠えていても

     「 負 け 犬 の 遠 吠 え 」

ですよ

720 :無責任な名無しさん:2006/12/01(金) 00:15:24 ID:7QzemIqC
負けてなんて、いないよ。
裁判官や司法を批判すると「負けた腹いせ」
としか考えないから、そういった理解力・思考能力の欠如が
事実認定を誤り冤罪を生み出しているんだよ。

世の中には、たとえ自分の事でなくても、
他人の痛みに義憤を感じる事の出来る人間もいるんだよ。
キミだって、自分の痛みを理解し、
共感してくれて、少しでも治してあげよう、痛みを取り除いてあげよう、
という気持ちがまったくない医師には、
診てもらおうとは思わないでしょう。

医業を志した人間には、多少なりとも
そういった優しい心根があるんだよ。

以下、コピペ

721 :無責任な名無しさん:2006/12/01(金) 00:18:26 ID:7QzemIqC
疑惑の銃弾事件の判決もひどい。
女房の殺害をAV女優に依頼したという証言もあったりして
限りなく黒に近いのに無罪。

一方で東住吉冤罪事件では検証実験でありえない放火を認定して無期懲役判決。

裁判官は頭がおかしいのが大半のようだ。
裁判官任用基準を改善しないと一般市民としては不安でならない。


722 :無責任な名無しさん:2006/12/01(金) 00:22:18 ID:7QzemIqC
事実認定がおかしい。
事実認定とは、実在たる実際の事実(真実)を認定するものではない点。
真実と事実認定とが乖離していてもかまわない点。
冤罪もイカサマな事実認定から発生する。
オット、事実認定は裁判官の権限。認定されたものを事実としてスタートする
のだから、認定された事実をもとに判断を行った場合、したり顔で、

「こ の 判 決 文 の 判 断 に お か し な と こ ろ は な い」

と言うんだったな。
決して「事実認定がおかしい」とは言ってはいけないこと。


723 :無責任な名無しさん:2006/12/01(金) 00:23:04 ID:7QzemIqC
ホリエモン関連掲示板からコピペ

>真実を知っていながらにせものの事実を作ろうとしているのだから、偽証罪相当の罰則が必要だ。
>今のところ、検察官にはそういう危機感が全然感じられない。

もっと恐ろしいこと教えてやろうか。
たとえ検察、または、被告が示した物的証拠であっても、裁判官はこれを不採用にすることができる。
証拠の採否は裁判官の権限であること、知ってる?法曹において真実は神聖なるものではないのだよ。
あくまでも、裁判官が「便宜上の事実」を決めることができる。
この「便宜上の事実」のことを「事実認定」という。「便宜上の事実」は真実と乖離していても、
裁判官には何の責任もない。「便宜上の事実」(認定された事実)には既判力がないのだから、
「便宜上の事実」をデッチ上げることができれば、無実の人間を犯人に仕立て上げることも自由自在
だよね。これが現代日本の法曹事情だよ。
詳しくは「裁判官が日本を滅ぼす」という本に載っているから読んでね。



724 :無責任な名無しさん:2006/12/01(金) 00:23:52 ID:7QzemIqC
>日本の検察特捜、裁判所をなめるでない。
>彼らは法律を逆手に取った悪知恵が働く。
>『冤罪」といっても裁判でやり方で『白も黒にできるんだよ

そうだな。裁判官の「事実認定を行う義務」を自由に事実関係を捏造認定できる権利だとスリ替えてみたり、
検察の最良証拠主義を、証拠を隠蔽できる権利だとスリ替えてみたりと、庶民がボヤボヤしてるとやつらは
何をしでかすかわからない。
これからは、庶民が法律の素人であることは許されない時代になるんだよ。法律をもっと勉強しようね。
法律のことを知らないと悪い人に騙されちゃうよ。




725 :無責任な名無しさん:2006/12/01(金) 00:25:24 ID:7QzemIqC
>>http://school5.2ch.net/test/read.cgi/shikaku/1162781162/136

できるらしいね。
それを最良証拠主義といって、膨大な証拠をより分け一番良い証拠だけを提出すればいいことになってる。
だから、自分たちが書いた筋書きにとって不都合な証拠は隠匿できるわけ。
もっといえば、裁判官にも証拠をより分ける権利がある。
だから、いくら無実の証拠があったとしてもそれを認めなければ、いくらでも有罪にできる。
ゆえに検事さまと裁判官さまの心象が一番大事な要素になるんですね。

だからホリエモン不利をいう人の多くは、心象がわるいというんです。
でも、それでほんとうに裁判所は真実を追究することができる場所になっているんでしょうか。
検察の筋書きに服従し、裁判官の誘導に従えば、真実の裁きを受けることになるんでしょうか。
日本の司法がいかに未熟で未完成なものかをもう一度考える必要がありますね。

そこで導入されるのが、一般人を無作為に選ぶ陪審員制度。
しかし、すべての証拠を開示されないのだから、そこにある証拠だけで判断しなければならない。
ちょうど、ホリエモンがマスコミの情報操作、イメージ操作で大悪人になっているのと同じ状況をいくらでも
作り出せるわけ。
一番重要なのは、すべての証拠を開示すること。
そして、合理性を重んじるがために人の一生を台無しにし、無罪の人を死刑にする最良証拠主義をやめることです。




726 :無責任な名無しさん:2006/12/01(金) 01:07:31 ID:GJ1c1zu7
【裁判】 「横向きで寝てた男性、女性の胸に触れても不合理と言えぬ」 "新幹線で痴漢"被告に無罪判決
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1164858940/

727 :無責任な名無しさん:2006/12/01(金) 01:58:56 ID:tASfT85H
じゃあ裁判官には探偵のように国家権力を使って真実を追究するための権力を与えようwwwwwwwwwww

728 :無責任な名無しさん:2006/12/01(金) 05:38:37 ID:BNiGN00C
マジレスすると、国家権力を使って真実を追究するための権力は探偵以外には
与えるべきでない。

729 :無責任な名無しさん:2006/12/01(金) 06:31:41 ID:nPyN5VCR
榎木津様だけにその権利はあるべきだな。

730 :無責任な名無しさん:2006/12/02(土) 09:51:08 ID:KaaRrB8E
「保身」が全ての役人根性は「見ザル、言わザル、聞かザル」で徳川時代いらいの封建制守旧派思想。

「見てみぬふりするのは罪悪である。」という倫理観、立法精神は「苛め(集団リンチ)られるほうに
問題がある。」と言ってきた集団主義の公務員や「革新ホウソウカイ」とは逆のものだな。

集団主義の代表例が、山形マット集団殺人事件で集団テロリズム主義に媚びた仙台高等霊長類園の珍判事ーたち。

もっとも、ホウソウ海に棲息するサル烏賊たちは、反省の真似もできないが。



731 :無責任な名無しさん:2006/12/09(土) 18:13:29 ID:xr7amvH+

age

732 :無責任な名無しさん:2006/12/10(日) 16:49:33 ID:tdKkXMep
DV捏造弁護士資料庫
資料集(直) http://welcome.fine.to/happiness~/bbs/dv/bbs2/003/guest.php           
HP      http://welcome.fine.to/happiness~/bbs/dv/upup.php




733 :無責任な名無しさん:2006/12/12(火) 17:27:43 ID:CyGK3KVZ
医療関係者も無茶させられてるんだな。

この国は公務員以外は幸せにはなれないのか・・・

734 :無責任な名無しさん:2006/12/18(月) 14:52:24 ID:TKDmMv5o

 医療経済・政策

>>http://homepage2.nifty.com/iryo-kyoto/newpage5.htm#kokuritsu


 米国医師会は賠償金や保険掛け金などに基づいて19州を「危機州」に指定。
ペンシルベニア州では呼吸器専門医、神経科医、産科医など約1,100人の医師が廃業、転居などを強いられた
。医師の間で医療危機を皮肉った標語が広まっている。「病気ですか?まず弁護士に相談しましょう」。
訴訟社会が生んだ医療現場の混乱は当分先行きが見通せない状況だ。

735 :無責任な名無しさん:2006/12/18(月) 15:10:48 ID:OMoyPTBK
>>734
>飛行機内の急患診察依頼のアナウンスに対して、訴訟が怖いから対応しないと明言した
>米国滞在経験が長い日本人医師を思い出しました。

あったか?そんな事件。

736 :無責任な名無しさん:2006/12/18(月) 15:25:54 ID:TKDmMv5o

>>http://square.umin.ac.jp/massie-tmd/kakaritsuke37.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
かかりつけ医通信     第37号   2002年8月1日発行
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

○ドクターフィー、ホスピタルフィー・・・すごい職員数の違い

その理由は例えば日本では一般病院のベッド100床に対して医師数は13人、看護師は
44人以上が施設基準ですが、アメリカでは医師は72人、看護師は221人にもなり、
アメリカでは日本の5.5倍の医師と、5倍の看護師がいると言うわけです(1998年OECD統計)。
また同じような規模での病院の職員数を比較した資料では、ボストンのSE病院では
ベッド数350床に職員2011人、病床数310床の日本の国立病院では総職員数200人で、
アメリカの方が約10倍であるとのことです

737 :無責任な名無しさん:2006/12/18(月) 16:04:05 ID:uFUlIuTC
■検察事務官、庁舎7階から転落死■
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20061218ic04.htm

これと関連あるのかね?
http://www.moj.go.jp/PRESS/010309-1.html

738 :無責任な名無しさん:2006/12/20(水) 17:24:03 ID:vlifUgnC

>>735

 症状をアナウンスして、専門なら名乗る意志はあるのではないだろうか?
これだけ、専門分化した世の中で、専門外の問題に安易に首を突っ込むの
は、訴訟の危険があると認識しているだけのことだと思う。

 一方、法曹界はどうだろうか?緊急裁判なんてあるのだろうか?そして、
適切に対応しないと、訴訟されるとか?救急車の後をついてまわる弁護士
などと揶揄されるが、飛行機の中で他に手助けできるものもいない中では
どうであろうか?

739 :3才の息子の幼児時代は階級章と引き換えに:2006/12/31(日) 18:29:13 ID:uSFJ4pUs
警部昇任試験の前の日曜日、横浜市都筑区の閑静な住宅街の一角で
見込み逮捕による冤罪事件が生じました。うそをついて父親を
拘禁施設に追い落として、知らぬ存ぜぬは通じません。
子供の生死をご存知の方はおしらせください。
 happa_prr@yahoo.co.jp
横浜地方裁判所の汚点;ご意見をうかがいたい。
http://that4.2ch.net/test/read.cgi/x1/1166926681/


740 :無責任な名無しさん:2007/01/09(火) 15:42:44 ID:V8BZB1kM
三重上空の日航機乱高下事故、機長に控訴審も無罪判決
(読売新聞 - 01月09日 10:10)
 三重県志摩半島上空で1997年6月、香港発名古屋行き日本航空706便(MD―11型機)が激しく上下に揺れ、
乗員1人が死亡、乗客13人が重軽傷を負った事故で、業務上過失致死傷罪に問われ、
1審で無罪判決を受けた機長高本孝一被告(56)の控訴審判決が9日、名古屋高裁であった。

 門野博裁判長は、検察側の控訴を棄却し、高本被告に改めて無罪(求刑・禁固1年6月)を言い渡した。

 検察側は「被告の意図的な操縦かん操作(オーバーライド)により自動操縦が解除されて機体が制御不能になり、
事故が起きた」と主張していたが、判決は「自動操縦の解除が被告のオーバーライドによるものとは認定できず、
犯罪の証明がない」とした。

-------------------------------------------

どうしてこういう判決は下せて医療裁判だと思考停止しちゃうのか不思議だねぇ…

この裁判官がまともなだけかな?

741 :無責任な名無しさん:2007/01/11(木) 16:20:23 ID:FaT/necI
6人死傷事故、業過で懲役6年…危険運転適用せず
1月11日12時59分配信 読売新聞


 愛知県春日井市で昨年2月、乗用車を飲酒運転したうえ、赤信号を無視してタクシーと衝突し、
運転手や乗客ら4人を死亡させ、2人に重軽傷を負わせたとして、危険運転致死傷罪などに問われた同市、
会社員桑山健被告(27)の判決が11日、名古屋地裁であった。

 伊藤納裁判長は「(桑山被告が)交差点の信号は青信号だと思い込んでいた可能性があり、
赤信号をことさらに無視したとはいえない」として同罪ではなく、業務上過失致死傷罪で懲役6年(求刑・懲役20年)を言い渡した。

 検察側は「赤信号をことさらに無視し、多数の命を奪った」として、量刑の重い危険運転致死傷罪の適用を主張。
弁護側は「赤信号を青信号に見間違えた過失による事故で、業務上過失致死傷罪にとどまる」と争っていた。


-----------------------------------------------------------------

4人殺してもただの業務上過失致死。

裁判官に裁量権なんて持たせない方がいいんじゃないの?w

742 :無責任な名無しさん:2007/01/11(木) 16:23:56 ID:FaT/necI
あげ

743 :無責任な名無しさん:2007/01/11(木) 20:30:10 ID:tKi1Kdy9
一日も早く裁判員制度を実施して一般人の常識を法廷に持ち込まなきゃいけねーな。

http://big-hug.at.webry.info/200701/article_2.html


744 :無責任な名無しさん:2007/01/12(金) 13:59:54 ID:dcg1uwLx
周防正行監督作品:「それでもボクはやってない」

【あらすじ】

ある日、フリーターの金子徹平(加瀬亮)は
就職を希望する会社の面接を受けるため電車に乗っていた。
目的の駅に到着し、電車を降りた瞬間、
ひとりの少女に呼び止められ、車内で痴漢をしたと非難される。
身に覚えのない撤平は否認するも、駅員達には信じてもらえず
そのまま警察に通報、拘留されてしまう。

無罪である以上すぐにも釈放されると思っていた撤平を
待ち受けていたのは、否認は拘留期間が長引くだけだと言う警察官、
素直に罪を認めて示談金を払ってしまえとそそのかす弁護士など、
「痴漢をした」と決めつけている人間達のみ。
撤平の無罪を信じてくれる人間は誰一人としていなかった。

理不尽な取り調べを受けながらも無罪を主張し続ける撤平は
やがて検察から起訴されてしまう。
法廷で闘う決意をした撤平を助けてくれたのは、
母・豊子(もたいまさこ)と友人の佐藤(山本耕史)、
新人弁護士の須藤(瀬戸朝香)と、その上司である荒川(役所広司)。
彼等の力を借り、無罪を勝ち取ることが出来るのだろうか・・・

745 :無責任な名無しさん:2007/01/14(日) 00:13:40 ID:azdZVvNs
d

746 :無責任な名無しさん:2007/01/15(月) 01:57:53 ID:PWMhGbs/
ざっと読ませていただきました。以下は素人の感想です。

患者の家族は必死なんです。家族の命が失われたから。
そんな家族の命を託された医者が、家族と同じ必死さで治療に当たっていなかったならば、文句を言われても仕方が無いと思います。
それが人情ですから。

医者からみて不当な判決も、そうした社会一般の人情によって支えられているのだと思います。

人の命を預かる仕事に、自らの意思で、自分ならば大丈夫だと考えて医者になったのでしょう。
命の重さ、それがもたらす影響に耐えられないのであれば、医者である資格はありません。

747 :無責任な名無しさん:2007/01/15(月) 02:49:00 ID:av0HBKsH
>人の命を預かる仕事に、自らの意思で、自分ならば大丈夫だと考えて医者になったのでしょう。
>命の重さ、それがもたらす影響に耐えられないのであれば、医者である資格はありません。

残念ながら、そのような影響に耐えられる人間はほとんどいないのですよ。
だから、産婦人科はますますいなくなる。
そのうち外科をやる人間はどんどん少なくなるでしょうね。
まあ、資格のある人間がいないからしょうがない、ということには
なるのでしょうけど、それがよいのかどうか・・






748 :無責任な名無しさん:2007/01/15(月) 17:43:19 ID:5hYUoh0q

命の重さ、それがもたらす影響≠文句

バカは百万年ROMってろ

749 :無責任な名無しさん:2007/01/15(月) 19:01:27 ID:ZnYSTfFK
たとえば遅発一過性徐脈が出て帝切したけれど脳障害が残ったと言うときは
脳障害の根源は、帝切した産科医ではなく不完全な胎盤を形成した妊婦(母体)だろ
訴えるなら産科医じゃなくて母ちゃんじゃないのか?

強度偽装のマンションを買わされた人が姉歯やらの代わりに建築作業員を訴えるような
筋違いな訴訟が起こって、しかもそれで訴えを認める判例が出たりしているから困る

750 :無責任な名無しさん:2007/01/15(月) 19:22:45 ID:PWMhGbs/
>747
確かにそうですね。医者のリスクを分散する制度的な保証が必要だと思います。

>748
患者の意見を真摯に聞かず、文句と言い切る医者の姿勢が批判の対象になっていることに気付くべきです。
医療訴訟により医療の質が向上していることも、また事実です。

751 :無責任な名無しさん:2007/01/15(月) 19:29:55 ID:5hYUoh0q
>750

>患者の意見を真摯に聞かず、文句と言い切る医者の姿勢が批判の対象になっていることに気付くべきです。

言ってねぇよ。
なぜ素人は 「all or none」 の思考しかできないんだ?
今の傾向として言いがかり、文句の割合の方が多いと思うよ。そういった現状を知らずに
素人がゴチャゴチャ言うなと言ってるんだよ

>医療訴訟により医療の質が向上していることも、また事実です。

全く分かってない。医療萎縮、過剰医療の方向へ向かっている。
過剰医療なんてのは今散々に問題なっている医療経済からしたら
犯罪的な行為だ

何でも表面的な事だけあげつらって書かないいでくれる

752 :無責任な名無しさん:2007/01/16(火) 09:22:53 ID:BMyEHt46
>>746
> そんな家族の命を託された医者が、家族と同じ必死さで治療に当たっていなかったならば、文句を言われても仕方が無いと思います。
> それが人情ですから。

じゃ、病院に自分の親放り出して見舞いにも来ない、治療の必要なくなって家に連絡してもなしのつぶてで
病院に延々と自分の親を飼わせてるヤシの人情は?一般的で別に特別なケースじゃないぞ。

救急車で運ばれてきておみとりコース。最期が近いと家族に連絡しても「うちは関係ありません。市役所に相談して
テキトーに処理してください」と言い放つヤシの人情は?これも別に特別なケースじゃない。

なんかさぁ、自分の知ってる世界が全てだと思ってない?想像力なさすぎ。

753 :無責任な名無しさん:2007/01/17(水) 00:30:23 ID:CgFhHsnO
>751
あげつらうつもりは無いです。
ただサービス業で、素人がごちゃごちゃ言うなと言っても経営できるのは病院と法律事務所くらいのものです。
医者以外にも説明義務違反で高額の損害賠償責任を問われている専門職はいくらでもあります。専門職であれば当然と世間は考えるでしょう。
一般企業がクレーム対策にどれだけの手間とコストを掛けているのか考えてください。
意識改革できなければ淘汰されるのみですし、むしろそれが望ましいです

過剰医療で利益を得たのは医者と製薬会社のみです。
患者にも、税金を負担する国民にも害悪以外の何物でもなかったことです。
問題意識を持っているのであれば医者自ら啓発活動すべきですし、過剰医療で医者が破綻しても自業自得でしょう。

>752
不幸なケースに遭遇して、それを一般化していませんか。
確かに、そういったケースはあるでしょうが、一般的とまで言えるでしょうか。
すれてしまって、想像力が欠如しているのはあなたでしょう。
あなたにとっては、たくさんいる患者の一人でも、それぞれの患者にとっては一生のうちで何度かの大きな問題です。
患者を勝てにカテゴライズせず、個々の患者と向き合い、個々の痛みを感じ取る努力をしなければいけないのではないでしょうか。これはどのような仕事をしていても同じだと思いますが。

また、家族に患者を押し付けられることが苦痛なのであれば、やめればいいだけです。
それを生業にしているのでしょう?
普通の職業よりも、不幸な事案に出会いやすい職業であることは理解できますが、それを一般化して自分を正当化することは許されない職業なはずです。



754 :無責任な名無しさん:2007/01/17(水) 01:03:35 ID:HaglbXiH
>高額の損害賠償責任を問われている専門職はいくらでもあります。

じゃあいくらでも挙げてみてください。

過剰医療で利益を得たのは医者と製薬会社?

だからお前は世間知らずと言っているんだよ。

もう引っ込め

320 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)